日本酒ウォッチ

最新の記事

【2021年最新版】フルーティーで女性に人気な日本酒30選

お酒好きな女性へのギフトやお祝いとして、フルーティな日本酒を探している方向けに、飲みやすくフルーティで人気のある日本酒をご紹介! フルーティーな日本酒は飲みやすく、日本酒初心者やアルコールのクセが苦手な女性にもオススメ。この記事では、フルーティーな日本酒の代表銘柄をご紹介。ご自分用やギフトの参考にしてもらえたら嬉しいです!(記事の後半に、少し日本酒からフルーティな香りがする理由についても解説しています!) 1.フルーティーな日本酒30選 フルーティーな日本酒がどのようなものか分かったところで、実際にフルーティーな日本酒を楽しむにはどのような銘柄があるのかを紹介していきます。 ここで紹介する銘柄はフルーティーな日本酒のほんの一部に過ぎませんが、代表的な銘柄をいくつか厳選しました。フルーティーな日本酒選びの参考にしてみてくださいね。 1-1.花の香 純米大吟醸 桜花 「花の香(はなのか)」は、1902年に創業した熊本県の酒蔵、花の香酒造の代表銘柄です。 2017年には、フランスのソムリエが審査員を務めるKURA MATER2017で審査員特賞を受賞。パリの5つ星ホテルでも採用されるなど、世界でも高い評価を得ています。 現代では珍しい「撥ね木搾り(はねぎしぼり)」という製法でゆっくりと時間をかけて搾られており、まさに花のように華やいだ香りが魅力の日本酒です。 (出典元:IMADEYA ONLINE STORE) 1-2.十四代 純米吟醸 中取り 藩州山田錦 山形県の高木酒造が醸造する「十四代(じゅうよんだい)」は、芳醇旨口の代表格。「酒未来」「龍の落とし子」「羽州誉」といった独自の酒米を開発し、その人気の高さから入手困難な日本酒のひとつでもあります。 そのスタンダード品となるのが「純米吟醸中取り」。メロンのようにフルーティーな香りとジューシーな甘みがあり、人気の高さも納得のおいしさです。 (出典元:amazon.com) 1-3.前 純米吟醸 まるで桃のようにフレッシュな香りと、心地よい甘みの余韻を感じられる日本酒が「前(さき)」です。「前」は醸造元の佐賀県の古伊万里酒造、4代目の蔵元が2008年に誕生させた銘柄です。 エレガントな味わいは世界でも高く評価され、2016年にはインターナショナル・ワインチャレンジで銀メダルを受賞。ぜひ白ワインのようにグラスに注いで、淡白な魚料理とのマリアージュを楽しんでみて下さいね。 (出典元:IMADEYA ONLINE STORE) 1-4.獺祭 磨き二割三分 フルーティーな日本酒ブームの先駆けとなるのが、山口県旭酒造の「獺祭(だっさい)」。 中でも、精米歩合23%を実現させた「二割三分」は、蜂蜜のような甘みと上品な香りが魅力の純米大吟醸です。「三割九分」は桃のように豊かな香り、「純米大吟醸45」は青りんごのような香りと、精米歩合によってその香りも大きく異なります。 二割三分、三割九分、45と、精米歩合の異なる3本が揃ったおためしセットも販売されているので、違いを楽しみたい方にはそちらもオススメです。 (出典元:IMADEYA ONLINE STORE) 1-5.醸し人九平次 「Le K」 VOYAGE (ル・カー ボヤージ) 愛知県の萬乗醸造の日本酒は、ミシュランガイドの三ツ星レストランのワインリストにも並ぶお酒です。「エレガント」をキーワードに造られており、ラベルだけでなく味わいもまたワインのよう。 純米吟醸の原酒である「醸し人九平次 Le K VOYAGE(かもしびとくへいじ ル・カー ボヤージ)」は、桃や洋ナシのような甘さの中に白コショウのような香りを感じる特別な1本です。 (出典元:IMADEYA ONLINE STORE) 1-6.花陽浴 純米吟醸 八反錦 「花陽浴(はなあび)」は、埼玉県の南陽醸造で造られる日本酒です。酒米を55%まで磨き上げ、袋吊りでひとしずくずつ集めた「純米吟醸八反錦」は、うっすらとにごった生原酒。 パイナップルや青りんごのような爽やかな風味は、これぞまさに吟醸酒という香りです。 (出典元:酒泉洞堀一) 1-7.而今 純米吟醸 山田錦無濾過生 三重県から全国へと広がった地酒が「而今(じこん)」です。青りんごのようなフルーティーな香りの純米吟醸は、クリアな甘みとほのかな酸味が絶妙なバランス。 ほのかな微発泡が舌に心地よく、さらにフルーティーなにごり酒も甘口を好む方にはオススメです。 (出典元:酒泉洞堀一) 1-8.鳳凰美田 純米吟醸 Black Phoenix 無濾過本生 栃木県の美しい田園の中にある小さな蔵元、小林酒造の造る「鳳凰美田(ほうおうびでん)」は人気の高さから入手困難になりつつあるお酒です。 個性的なラベルのBlack Phoenix(ブラックフェニックス)は、火入れや加水をしていない純米吟醸酒。白桃や和梨のようにふくよかで柔らかい香りを持ち、どんな料理にも合うスッキリとした甘みが魅力です。 (出典元:IMADEYA ONLINE STORE) 1-9.出羽桜 一路 純米大吟醸 「出羽桜 一路(純米大吟醸)」は、山形県の出羽桜酒造で造られている、数々の賞を受賞している素晴らしい日本酒です。 フルーティーな香り、米の旨味がしっかりしているため濃厚でやや甘口ですが、どんな料理とも合わせやすく、口当たりがいいので、日本酒初心者にもおすすめです。 (出典元:出羽桜酒造株式会社) 1-10.たかちよ 純米おりがらみ 火入 青いラベルが印象的な「たかちよ 純米 おりがらみ...

【2021年最新版】日本酒の純米酒おすすめ25選

純米酒は、米と米麹のみで造られる日本酒です。日本酒は、味のバランスを整えるために醸造アルコールを添加するものもあります。純米酒には醸造アルコールは含まれておらず、米のしっかりとした旨味を楽めるのが特徴です。こちらでは、純米酒のおすすめ銘柄25選をご紹介!酒蔵の個性あふれる純米酒の世界を、ぜひお楽しみください。 1.日本酒の純米酒おすすめ25選 純米酒と表記されていても、淡麗な味わいから濃醇な味わい、フルーティーなものまで個性はさまざまです。原料や製法で生まれる味わいの変化は、日本酒ならではの楽しみでもあります。おすすめの25銘柄を参考に、ぜひ自分好みの純米酒を見つけてみてくださいね。 1-1.岩の井 生もと 純米 神力 岩瀬酒造の造る「岩の井」は、世界的にも評価の高い日本酒です。昭和61年の東京サミットで振舞われたほか、JAL国際線ファーストクラスでも採用。ワインの世界的評価基準パーカーポイントの日本酒版では、95点を獲得しました。 「生もと 純米 神力」は、復活米・中生神力(なかてんしんりき)で仕込んだ酸味が際立つお酒。生もと造りならではの、複雑味のある味わいも楽しめます。温めすぎ、冷やし過ぎは香りが飛んでしまうため、常温からぬる燗で楽しむのがおすすめです。 (出典元:IMADEYA ONLINE STORE) 1-2.赤武 AKABU 純米 紅の武士が印象的な日本酒「赤武」(あかぶ)は、岩手県の若き蔵人が造るお酒です。100年以上の歴史を持つ蔵は、2011年の東日本大震災の津波により流失。2年後の2013年、6代目のもとに集まった若者たちの手によって、赤武酒造の新たな歴史は始まりました。 「赤武」の純米酒は、しっかりした米の旨味がありつつ、フルーティーで飲みやすい味わいが特徴。やわらかな水のような口当たりは、女性からも好評です。「いつも冷蔵庫に入れておきたい」そんな気持ちにさせてくれる、味のバランスに優れた1本ですよ。 (出典元:IMADEYA ONLINE STORE) 1-3.加賀鳶 山廃純米 超辛口 石川県のお酒「加賀鳶」(かがとび)のコンセプトはズバリ、粋!仕込みに使うのは、山田錦や五百万石、金紋錦といった良質な酒米です。米にこだわった純米酒は、深い旨味とキレ味、両方を兼ね備えています。 「山廃純米 超辛口」は、どっしりした米の旨味とともに、適度な酸味を楽しめる1本。超辛口の名のとおり、スパッとした「粋なキレ味」をぜひご堪能ください。 (出典元:IMADEYA ONLINE STORE) 1-4.雨後の月 十三夜 特別純米酒 雨上がりに光る月をイメージして造られたお酒「雨後の月」。広島県の超軟水で仕込まれる日本酒は、澄み切ったきよらかな味わいが特徴です。 「十三夜」と名づけられた特別純米酒には、高級酒米・山田錦を使用。アルコール度数低めに仕上げ、飲みやすさも実現しています。香りもおだやかで甘さ控えめのため、食事と合わせるお酒にもぴったりですよ。 (出典元:IMADEYA ONLINE STORE) 1-5.貴 特別純米 「貴」は、その土地の土壌や風土を意味するテロワールを重視したお酒です。ヨーロッパのワイナリーを訪れた蔵元の経験をもとに、自ら栽培した酒米でお酒を仕込んでいます。 「貴 特別純米」は、蔵の定番酒。すっきりとした酸味とさわやかな旨味を持つ1本です。山口県生まれの純米酒は、濃厚な牡蠣とも好相性。ぜひ、新鮮な魚料理や和食とともにお楽しみください。 (出典元:IMADEYA ONLINE...

【2021年最新版】日本酒のプレゼントにおすすめの純米吟醸20選

純米吟醸は米と米こうじ、水だけを原料に造られる日本酒です。「吟醸造り」という製法を用いることで、華やかな香りが生まれます。今回は、プレゼントにおすすめの純米吟醸20選をご紹介!日本酒通も喜ぶ人気銘柄から、ビギナー向けの低アルコールタイプまでぜひ参考にしてください。 1.日本酒でプレゼントにおすすめの純米吟醸20選 純米吟醸は純米大吟醸に比べ、比較的香りがおだやかでコクのあるタイプが多いことが特徴です。食中酒として楽しむ銘柄も多く「食事と合わせてお酒を楽しみたい」という方にも喜ばれます。 贈る相手に合わせ、産地やネーミング、ラベルデザインを選ぶのも日本酒をプレゼントする楽しみのひとつ。それでは早速、北は北海道から南は九州まで、プレゼントにおすすめの各地の純米吟醸をご紹介していきます! 1-1.山形正宗 純米吟醸 赤磐雄町 「山形正宗(やまがたまさむね)」は原料米にこだわる日本酒です。地元、山形県の出羽燦々(でわさんさん)や亀の尾を中心に、兵庫県産の山田錦や岡山県産の雄町を使用しています。 岡山県産の赤磐雄町(あかいわおまち)で仕込んだ純米吟醸は、繊細でスッキリとした味わい。銘刀にも例えられるキレの良さが際立っています。人気の高い銘柄のため、日本酒ファンにも喜ばれるプレゼントになりますよ。 (出典元:IMADEYA ONLINE STORE) 1-2.〆張鶴 純 純米吟醸 お祝いの贈り物にぴったりの日本酒がこちら「〆張鶴(しめはりつる)」。酒どころで知られる新潟県の地酒です。淡麗旨口のお酒として、日本酒愛好家から根強い人気を得ています。 「純(じゅん)」と名付けられた純米吟醸は香り豊かでふくよかな味わい。後味はキレよく、ついつい盃が進む美味しさです。冷やしても燗でも楽しめるため、贈る相手の好みがわからないときにもおすすめですよ。 (出典元:IMADEYA ONLINE STORE) 1-3.勝山 純米吟醸 「鴒」 サファイア サファイア色のボックスに金文字が映える日本酒「鴒(れい)」。350年以上の歴史を持つ勝山酒造が、料理とのマリアージュを目指して造ったお酒です。 ワイングラスに注ぐと立ち上るのは、メロンのように甘く上品な香り。芳醇でしっかりした酒質は、肉料理とあわせても美味しく楽しめます。「食べることが好き、お酒が好き」という方に喜んでもらえる銘柄です。 (出典元:IMADEYA ONLINE STORE) 1-4.鳳凰美田 芳 純米吟醸 火入 「鳳凰美田(ほうおうびでん)」はフルーティーな日本酒として女性からの人気も高い銘柄です。醸造元は栃木県の田園に建つ小林酒造。生産数は決して多くなく、入手が難しい日本酒のひとつでもあります。 酒米を無農薬で育てる生産者、藤田芳(ふじたかんばし)さんの名前を由来する純米吟醸は、澄み切ったきれいな味わい。米本来のコクもしっかりと残り、食中酒としても楽しめます。「鳳凰美田」のなかでも特別な銘柄のため、日本酒ファンへのプレゼントにもおすすめです。 (出典元:IMADEYA ONLINE STORE) 1-5.真澄 YAWARAKA TYPE-1 「真澄(ますみ)」は長野県の地酒としてその名が知られる日本酒です。時代の変化に合わせ、2017年には大改革を実行。「上質な食中酒」を目指し、さらなる味わいを誕生させました。 「YAWARAKA TYPE-1」もそのなかのひとつ。アルコール度数は12度と通常よりも低く、軽やかな味わいを楽しめる純米吟醸に仕上げています。カジュアルに楽しむ確かな酒として、日本酒ビギナーへのプレゼントにもぴったりの銘柄です。 (出典元:IMADEYA ONLINE STORE) 1-6.白隠正宗...

日本酒の正しい保存方法を学ぶ!マイナス5度が最適って知ってた?

美味しいものも保存方法を間違うと台無しになってしまいます。日本酒も例外ではなく、保存方法には気をつけなくてはいけません。 日本酒には賞味期限が書かれておらず、長期保存に向いている飲み物であることが知られています。 しかし正しい保存方法でなければ長期保存に向いている日本酒でさえ飲めない状態になってしまうこともあります。しっかりと保存の仕方を学んでいきましょう! 1.日本酒の保存のポイントは「光・温度・空気」 日本酒は種類によって保存方法が少し変わってきますが、基本的に冷暗所で保管するのがポイント。冷暗所とは、一定に低い温度で保たれた、日の当たらない暗い場所のことです。1~15℃くらいの場所のことをいいます。 よく冷暗所と呼ばれる場所は、床下や流しの下などです。ちょうどいい冷暗所がないときには、発泡スチロールの容器を使う人もいます。日本酒の保存に冷暗所が適している理由を見ていきましょう。 1-1.日本酒は光に弱い 日本酒の大敵である光。それは紫外線が出ているからなのです。紫外線が出ているのは日光だけではなく、蛍光灯などからも出ているので、室内に置いてあるからといって安心してはいけません。 日本酒の専門店などで冷蔵庫のライトが消えているのは、つけ忘れているのではなく、紫外線を防ぐためだったのですね。たった数分でも日向香(ひなたか)という、匂いの原因になってしまうため要注意。どうしても光を遮ることができないときは、新聞紙で日本酒の瓶を巻くといいでしょう。未開封でも開封後でもとにかく日本酒は光から守ることが大切なのです。 瓶に色がついている理由 日本酒の瓶は緑や茶など濃い色が多くなっています。このように濃い瓶の場合は、紫外線の吸収率がいいため、劣化しにくいといえます。しかし最近は透明や薄い青などでフレッシュな日本酒の印象を与えたり、女性人気の高い日本酒はピンクなど可愛らしい色で売り出したりしているものもあります。このように、薄い色の瓶は光から守ってくれるものがないため、劣化しやすくなっているので、より慎重に保存しなくてはなりません。 1-2.温度の変化で劣化する 温度も紫外線と同じくらい日本酒の味などに影響します。急激な温度変化にも弱い日本酒は、一定の温度に保たれた場所で保管するのが基本です。高温になると、老香(ひねか)という劣化した匂いがしてきます。温度と同じく湿度も保たれた場所で保管しましょう。 日本酒のキャップは金属製のことが多いため、湿度が高いと錆びる原因になります。まれにコルクの栓がしてあることがあります。コルクの場合は乾燥しすぎると、よくないため湿度が高めの場所で保存する方がいいでしょう。 1-3.空気に触れると劣化する 日本酒を開けたあとに劣化する理由は酸化するからです。酸化は空気に触れるたびに起こります。日本酒が瓶に詰められるときは真空状態ですが、開けると気をつけても空気に触れないというのは無理です。空気に触れることで、香りや旨味が生まれる種類の日本酒もありますが、開けてから1週間以上経つと酸化してしまうので開封後はなるべく早く飲みきりましょう。 ここがPOINT! 日本酒の保存は冷暗所(1~15℃くらいの場所)が基本 日本酒は「紫外線」「温度変化」「空気」に弱い飲み物   2.日本酒は縦に置く?横に置く? 日本酒を保管するときは縦置きが基本です。サイズによっては横向きにしないと入らないなんてこともあるかもしれませんが、横向きにするとキャップに日本酒が触れることで味が変化してしまう可能性が。 また縦に置いたときよりも、横の方が空気に触れる面積が増えるため、酸化が早くなってしまうのです。ちなみにワインの空気抜きは日本酒にも使えることがあります。酸化を防ぎたいときは使ってみてはいかがでしょうか。 ここがPOINT! 日本酒を保管するときは縦置きが基本 3.日本酒は冷蔵庫に入れる 生酒や吟醸酒、開封後の日本酒は冷蔵庫で、生貯蔵酒と記載がない純米酒・本醸造酒・古酒などは常温でもOKといわれることがありますが、実は日本酒はマイナス5度が最適な環境なのです。 そのためできれば常に冷蔵庫で縦置きにして保存するのがおすすめ。冷蔵庫ではマイナス5度にはなりませんが、常温よりも良い状態を保つことが可能です。 また「光を防ぐ」効果もあるため、可能な限り冷蔵庫で保存しましょう。 ここまで紹介した保存方法を簡単にまとめてみます。 保存方法 理由など 光を避ける 紫外線で劣化するため 温度差を避ける 急激な温度変化で劣化するため 空気を避ける 空気に触れると劣化するため 縦置きにする キャップに触れると劣化するため 最適な温度 マイナス5度が日本酒に最適です!   4. マイナス5度保管にこだわるなら日本酒セラーが最高! マイナス5度が日本酒の保管に適していることはわかりましたが、冷蔵庫の温度をご存知ですか? 冷蔵庫の種類によって差はありますが、冷蔵室は3~5度、ドアポケット部分は6~9度、チルドは0度前後、野菜室は3~7度、冷凍室は-20~-18度となっています。 こうして温度をみると日本酒にぴったりのマイナス5度の空間が冷蔵庫にはないことがわかります。 いったいどこに保管すればいいのかと悩んでいる日本酒通の皆さん!実は日本酒専用のセラーが発売されています。たくさんの日本酒をそろえている人や、日本酒にこだわりのある飲食店の皆さんには日本酒セラーをおすすめします。 https://sake-5.jp/sake-cellar/ https://sake-5.jp/sake-cabinet-review-2/ ここがPOINT! 日本酒を大事に保管するなら、紫外線を遮断できて温度管理も完璧な日本酒セラーがベスト! 5.まとめ 日本酒はただ置いておくだけではダメなのです。せっかく購入してきた日本酒ですので、美味しく飲めるように保存方法にも気を配りましょう。紫外線から守り、温度や湿度にも気を配ります。 そして日本酒の保管は-5度が最適。 冷蔵庫には-5度という環境が残念ながらありません。美味しい状態で常に日本酒を楽しみたい人は、日本酒セラーも考えてみてはいかがでしょうか。 ここがPOINT! 日本酒の保存は冷暗所(1~15℃くらいの場所)が基本 日本酒は「紫外線」「温度変化」「空気」に弱い飲み物 日本酒を保管するときは縦置きが基本 日本酒を大事に保管するなら、紫外線を遮断できて温度管理も完璧な日本酒セラーがベスト!

【2021年最新版】日本酒のプレゼントにおすすめの大吟醸20選

「大吟醸」はフルーティーで華やかな香りが特徴的な日本酒です。ワイングラスに注ぐとより香りが引き立ち、女性や日本酒ビギナーにも好まれています。今回は、プレゼントにおすすめの大吟醸をご紹介!贈る相手を思い浮かべながら、ぜひ特別な1本を選んでみてくださいね。 1.【2021年】プレゼントにおすすめの大吟醸20選 大吟醸は「吟醸造り」と呼ばれる特別な製法で造られます。吟醸造りとは、よく磨いた米を10度前後の低温でじっくりと発酵させる製法のこと。さらに、精米歩合は50%以下と、一粒の米を半分以上削って仕上げることが大吟醸の条件です。 手間ひまかけて造られる大吟醸は、大切な人に贈る日本酒にぴったり。蔵ごとに違う個性を知れば、より一層喜ばれる1本が見つかりますよ。 1-1.手取川 大吟醸 hoshi キラリと夜空を流れる星を描いた「手取川(てどりがわ) 大吟醸 hoshi」。伝統の味わいを未来につなげようという、手取川オリジンシリーズのひとつです。 「手取川」は、石川県の白山から日本海へ流れる川のこと。蔵では手取川の伏流水を使い、伝統の酒造りを続けています。 「hoshi」は夜空にきらめく星のように、繊細かつ力強い味わいが特徴的。ワイングラスに注ぐと華やかな香りが広がります。「同じ夜空を見上げて喜ぶように、お酒の美味しさを分かち合いたい」そんな方へのプレゼントにぴったりの1本です。 (出典元: IMADEYA ONLINE STORE) 1-2.黒龍 大吟醸 1975年、全国に先駆けて販売された大吟醸「黒龍(こくりゅう)」。今や大吟醸の代名詞として知られるお酒は、日本酒ビギナーへのプレゼントにもおすすめです。 香りは熟れたメロンのようにふくよか。口あたりなめらかで、米の旨味がスゥッと後引くきれいな味わいです。カニや刺身のような魚介類とも好相性。塩辛やからすみのようなおつまみにも合わせたくなる、日本酒好きに喜ばれる銘柄です。 (出典元: IMADEYA ONLINE STORE) 1-3.不動 大吟醸 吊るししぼり 一度火入 「不動(ふどう)」は千葉県の老舗酒蔵「鍋店(なべだな)」で2014年に誕生したブランドです。販売されるのは契約している特約店のみ。日本酒通へのプレゼントにもぴったりの銘柄です。 「吊るししぼり」とは、醪(もろみ)を入れた酒袋を吊るし、自然にしたたる雫を集める製法のこと。さらに、使用するのは高級酒米・山田錦と、とてもぜいたくな1本です。香りは甘くフルーティーで後口はスッキリ。辛口を好む方にも喜ばれます。 (出典元: IMADEYA ONLINE STORE) 1-4.庭のうぐいす 大吟醸 心 ラベルにちょこんと描かれたうぐいすが可愛い「庭のうぐいす」。そのなかでも「大吟醸 心(こころ)」はシックなボトルが目を引く1本です。 精米歩合は38%。高級酒米・山田錦の中心部分、38%のみを使用し洗練された味わいに仕上げています。お酒に込められているのは「最高の酒を造りたい」という杜氏の想い。大切な人への贈り物や、記念日の乾杯にふさわしい大吟醸です。 (出典元: IMADEYA ONLINE STORE) 1-5.八海山...

プレゼントに人気の日本酒!銘酒30選をご紹介します

日本酒が好きな人に日本酒をプレゼントするのは、相手が好きなものなので喜んでもらえることは間違いなしですが、相手に香りや味を気にいってもらえるのか少し緊張しますよね。 今回はプレゼントにぴったりの、失敗知らずの有名な銘柄の人気商品を集めました。辛口や甘口、女性に人気の日本酒までさまざまな種類を一気にご紹介します。 1. プレゼントに人気の日本酒!銘酒30選をご紹介します 人気で有名な日本酒なら失敗すること間違いなし!…とはいえ相手の好みに合わせて選びたいものです。誰もが一度は聞いたことのある人気の日本酒の特徴を見て、ぴったりのプレゼントを見つけましょう。 1-1. 風の森 露葉風 純米大吟醸 華しぼり 「風の森 露葉風 純米大吟醸 華しぼり」は奈良県の油長酒造で造られています。香りは強めでキレがよく、やや淡麗で飲みやすいのが特徴です。風の森は、どの商品も無濾過・無加水の生原酒で、炭酸ガスを微量に感じる日本酒となっています。 (出典元:大和屋酒舗) 1-2. 獺祭 純米大吟醸 磨き三割九分 山口県の旭酒造で造られている「獺祭」。日本酒を飲まない人でも一度は聞いたことがある有名な日本酒です。 「獺祭 純米大吟醸 磨き三割九分」は、その名のとおり精米歩合39%の純米大吟醸で、獺祭の味を一番よく感じられるといわれています。メロンのような濃厚な香りで、甘さはあるもののさわやかでキレが抜群。 冷やして飲むのがおすすめですが、常温にすると香りとコクが強くなるので、いろいろな顔を持つ日本酒です。食事中に飲みたい人へのプレゼントにもおすすめ。 (出典元: IMADEYA ONLINE STORE) 1-3. 鳳凰美田 純米吟醸 五百万石 生 「鳳凰美田 純米吟醸 五百万石 生」は麹米に山田錦、掛米に五百万石を使用している、鳳凰美田を代表する外さない日本酒です。栃木県の小林酒造で造られています。 華やかな香りで甘さはあるものの、ほのかな余韻が残り、淡麗なのですっきりと飲めます。時期によって「生酒」になるときと「火入れ酒」になるときがあります。 (出典元: IMADEYA ONLINE...

開封後の日本酒ってどうしたら?保存方法から劣化の見分け方まで解説!

宅飲みの定番といえる日本酒。上等な銘柄になると、毎日少しずつ飲みたいことも多いですよね。しかし、そこで気になるのが賞味期限です。一度開封した日本酒はいつまで大丈夫なのでしょうか。 今回は開封後の日本酒の賞味期限、保管方法などについて解説していきます。 1.開封後の日本酒の消費期限、経過について 開封前、開封後の日本酒のそれぞれの取り扱いや違いについては、以下の記事で解説しています! https://sake-5.jp/sake-preservation-period/ 1-1. 開封後の日本酒はいつまでが期限? 開封後の日本酒がどれくらいもつかは、保存する環境に大きく影響を受けます。常温で放置していると季節によっては3週間ほどで火落ち菌という菌が繁殖して、異常な酸味を発して飲めなくなってしまいます。 火落菌は酒以外の培地に生育せずメバロン酸を要求する真性火落菌と,普通培地に良く増殖しメバロン酸要求性のない火落性乳酸菌との両者に大別される。<中略>アルコール分15%の清酒に火落菌を植えて30℃に21日間おいた時,非常に良く生育する菌16株とそうでない菌50株との2群にはっきり分かれる。<中略>強い菌のほとんどはホモ型の真性火落菌であり,弱い菌は火落性乳酸菌とヘテロ型の真性火落菌である。 <出典元>日本釀造協會雜誌 65巻(1970),2号 - 火落菌について より 著者:野白 喜久雄 氏(国税庁醸造試験所), 百瀬 洋夫氏(国税庁醸造試験所) ですが、開封後の日本酒も日本酒セラーや冷蔵庫などの、きちんとした環境で管理すれば、数ヶ月〜数年という長い期間、酒質こそ多少変化はしますが、熟成の変化を楽しみつつ美味しく楽しむことができます。 なので、冷蔵庫などの空きがない場合であれば、できれば3週間を目処に飲みきってしまうのが好ましいでしょう。 1-2. 開封後は3日~5日ほどで味や香りなど、酒質が変化してくる 一般的に、開封した日本酒には他の菌が入り込み、劣化してしまうといわれています。ですが、開封直後は固くて荒々しい味わいの日本酒が、数週間も経ってみると酒質が変化して、むしろ飲みやすくなった。ということも多くあります。 適切な環境で保存することを意識すれば、開封後3~5日で味わいの変化は感じられますが、数ヶ月と酒質の変化を香りと舌で楽しむことが可能です!味が変化するのが気になる。という場合は、飲みきりサイズの日本酒を購入したり、飲むタイミングを見計らって開封するのもおすすめです。 また、一升瓶を開けたけど飲みきれないという場合には、小さな容器に移して冷蔵庫で保管するもの良いです。一升瓶と比べ空気に触れる面積が少なくなるため、次に開けた時にもフレッシュな味わいを楽しむことができますよ。 ここがPOINT! 開封後の日本酒は、日本酒セラーや冷蔵庫で保存できれば、数ヶ月〜数年の保存も可能 常温で保存すると、3週間ほどで火落ち菌が繁殖し、酸っぱく飲めない味になってしまう 開封後は3日~5日ほどから、日本酒の酒質の変化を楽しめる 2.製造法による酒質の変化スピードの違い 日本酒は製造法によって酒質の変化のスピードが異なります。ここからは各製造法ごとに違う劣化について詳しく解説していきます。 2-1. 火入れを2度した日本酒(生と表記のない日本酒) 日本酒のなかで最も酒質の変化のスピードが遅いのは、火入れを2度してある銘柄です。火入れとは簡単にいうと加熱処理のこと。熱によって殺菌が施されてあるため、酵母や菌の活動が最小になっているため変質しにくい特性があります。 一般的な銘柄は火入れを2度行うことがほとんど。「生◯◯」という記載がなければ、火入れを2度している=劣化しにくい日本酒と考えることができます。 2-2. 生貯蔵酒や生詰め酒 日本酒には火入れを1回のみで済ませた銘柄もあります。これらの種類は「生貯蔵酒」「生詰め酒」と呼ばれる種類。余分な加熱をしていないためフレッシュな味わいを楽しむことができる点が特徴ですが、2回火入れされた銘柄よりも傷みやすくなっています。 ラベルに生貯蔵酒、生詰め酒の記載があるときは早めに飲み切ることを意識しましょう。 2-3.生酒 日本酒で最も劣化しやすいのが「生酒」という種類です。生酒はまったく火入れをせずに出荷される日本酒。原料由来の新鮮な風味を楽しむことができます。しかし、雑菌が繁殖しやすいデメリットがあるため、日本酒セラーなどのきちんとした保管環境がないと長期保管は難しくなってしまいます。 2-4.お酒ができてから火入れのタイミング それぞれ製造工程の中でどのタイミングで火入れがされているのかを具体的に見てみましょう。 <2回火入れ> お酒ができる→火入れ→貯蔵→火入れ→出荷 <1回(生貯蔵酒)> お酒ができる→火入れ→貯蔵→出荷 <1回(生詰め酒)> お酒ができる→貯蔵→火入れ→出荷 <0回(生酒)> お酒ができる→出荷   ここがPOINT! 「生」という言葉がついているものは、「火入れ」が少ない、もしくはしていないので変質しやすい 3. 日本酒が悪くなっていないかの判断ポイント 開封後の日本酒が、もしすでに劣化していたら…と心配になる事がありますよね。日本酒の劣化は次の要素で確かめることができます。 3-1. 黄色っぽくまたは茶色っぽく色が変化している(安心度70%) 日本酒は時間が経過することで、茶色に変色していることがあります。この場合は劣化しているのではなく、日本酒に含まれているアミノ酸による影響。飲んでも体に影響はありません。 しかし、茶色に変色した日本酒は飲むことに抵抗がありますよね。その場合は煮込み料理などの調味料として使うのがおすすめです。日本酒特有のコクが追加されるので、飲み切れない場合も料理酒として使っていきましょう。 3-2. 口に含んだときに変な酸味がある(安心度50%) 日本酒が劣化する原因の多くは空気に触れることによる酸化です。日本酒が酸化すると見た目に大きな変化はありませんが、味が格段に落ちます。 もし、開封後の日本酒を飲んだときにピリッとした辛さ、酸味を感じなければ酸化している可能性が高いです。不良品というわけではないので、誤解しないように注意してください。 3-3. 白い濁りが発生している(安心度30%) 白ボケという、酵素蛋白粒子が成長して白くなっている現象か、火落ち菌というものが繁殖しているサインの可能性があります。前者であれば飲めますが、後者の火落ち菌の場合はあきらめるしかありません。 火落ち菌とは? 火落ち菌とは特殊な乳酸菌の一種です。アルコールのなかでも繁殖できる性質を持っており、お酒にとっては天敵。火落ち菌が繁殖すると、日本酒が白く濁り、鼻をつく独特な臭みを発します。 火落ち菌自体は体に害がないので飲んでも問題はないです。しかし、火落ち菌によって劣化した日本酒はとても飲めた味ではありません。日本酒から異臭を感じたときは飲まずにそのまま捨てたほうがいいでしょう。 タンパク混濁とは? 日本酒の濁りはただの「タンパク混濁」の可能性もあります。タンパク混濁とはその名のとおり、日本酒に含まれるタンパク質が固形化する現象。もともとの成分が沈殿して白く濁ったように見えるのです。 この場合はとくに風味の劣化といったものはありません。火落ち菌が増殖していると勘違いして捨てるのはもったいないので、匂いをチェックして判断してください。 ここがPOINT! 白く濁っている日本酒は「火落ち菌」が繁殖し、酸味で飲めなくなっている可能性があるので要注意 4. 開封後の日本酒の正しい保管場所について 日本酒は一度開封したら適切な場所で保管することが大事です。以下の条件を満たす場所なら変質するスピードを遅くすることができるので、参考にしてみてください。また、もっともオススメなのは日本酒セラーなどの日本酒の保存に適した環境を用意することです! 日本酒セラーって何?気になる方はこちら! https://sake-5.jp/sake-cellar/ 4-1. 涼しい場所 日本酒の保管に一番大事なポイントは涼しい場所であることです。室温が高い場所では雑菌が繁殖しやすくなり、衛生的によくありません。できれば直射日光の当たらない暗所に置いておきましょう。 日本酒は温度変化に弱い性質があります。同じ涼しい場所でも、時間帯によって急激に低温になるような場所は避けてください。温度の変化が少ない場所を選ぶことが大切です。 お酒の種類によって多少異なりますが、一般的には5度前後の涼しい場所であれば2年ほど、15度ほどの一定温度であれば1年ほどの保管が可能と言われています。 4-2....

【2021年最新版】特別な日の記念に。名入れ日本酒おすすめ5選!

大切な方への贈り物や記念日のプレゼントに人気なのが、名入れができる日本酒です。ラベルにメッセージを入れられるものは、還暦祝いや誕生日のギフトにもおすすめ。大吟醸や純米酒など、相手の好みに合わせた日本酒を選べばより一層喜ばれます。 こちらでは、名前を入れられる日本酒ギフト6選をご紹介していきます。デザイン性や味の種類など、ぜひ参考になさってくださいね。 1.プレゼントをする上で名前入りの日本酒の選び方は? 名前入りの日本酒は、他にはない特別感を演出できるのが魅力です。見た目も華やかで、特別な感謝や祝いの気持ちを伝えることができます。 そのうえで選ぶ際に気を付けたいのが、日本酒の味や香り。日本酒は種類によって味わいが大きく異なるため、甘口や辛口など相手の好みに合わせた銘柄を選ぶのがおすすめです。普段から日本酒を飲む方へのプレゼントには、食事と合わせやすい香りおだやかな純米酒。フルーティーな香りが特徴の吟醸酒であれば、日本酒を飲み慣れない方にも喜んでいただくことができます。 また、720ml容量の四合瓶は扱いやすいサイズ感で、飲み終わった後はインテリアとして活用できるのもポイント。似顔絵や特別なメッセージを入れられるものは、記念品としていつまでもそばに置いておくことができますよ。名入れできる文字数やメッセージなど、贈るシーンに合わせたデザイン性も重視しながら特別な1本を選びましょう。 ここがPOINT! 甘口や辛口など相手の好みに合わせた銘柄を選ぶのがおすすめ 普段から日本酒を飲む方へのプレゼントには、食事と合わせやすい香りおだやかな純米酒 飲み慣れていない方にはフルーティーな香りが特徴の吟醸酒 大きすぎず小さすぎない四合瓶(720ml)サイズがおすすめ 2.プレゼントに人気の名入れ日本酒5選! プレゼントに人気の名入れ日本酒は、高いデザイン性と確かな酒質が人気のものばかり。ぜひ、それぞれの特徴をチェックしてみてくださいね。 2-1.名入れ彫刻の日本酒 獺祭 磨き三割九分 「獺祭」(だっさい)は、山口県の旭酒造が造る日本酒です。「真に美味しい酒」を目指す獺祭は、すべてが香り高い吟醸酒。米の磨き歩合の最高峰となる23%を実現したことをきかっけに、国内はもちろん世界でも高い人気を得るお酒となりました。 確かな酒質と知名度を誇る獺祭は、お酒好きな方への大切なプレゼントにもぴったり。重厚感のある名入れ彫刻は、ゴールドとシルバー2種類から選べます。中身は獺祭の定番酒でもある純米大吟醸。すっきりとした美味しさは合わせる料理を選ばず、食中酒にもおすすめです。 ボトルデザインは誕生祝いから還暦祝い、退職祝いや昇進の御祝いまで全18種類。オリジナルデザインにも対応しており、世界にたったひとつの日本酒ボトルを作成できるのも嬉しいですね。 (出典元:ギフトモール) 2-2.名入れ 大吟醸 より特別感のある日本酒を贈りたいという方におすすめなのが、オリジナルメッセージをデザインできる「名入れ大吟醸」です。ラベルに入れるメッセージと名前は、全部で20文字まで選択可能。デザイナーが一枚ずつ描くラベルは、既製品にはない優しさと温かみを感じさせます。 中身は静岡県の浜松酒造が造った大吟醸。酒米の最高峰である山田錦を40%まで磨いて仕込むお酒は、フルーティーな香りが立ち上るやや辛口のお酒です。くせが少なくバランスに優れ、幅広い味のニーズに対応できますよ。 飲み終わった後はインテリアとして活用できる720mlサイズもポイント。高級感あふれる桐箱におさめられ、祝いのシーンを華やかに演出してくれます。 (出典元:楽天市場) 2-3.手書き名入れ 一年熟成・純米吟醸雪舟 普段なかなか口にできない思いを伝えたい方には、手書きの名入れボトルがおすすめです。越前ちぎり和紙にプロの書家が描くのは、力強い毛筆の手書き文字。瓶の中には、6年連続金賞受賞の酒蔵「田邊酒造」の1年熟成純米吟醸酒が詰められています。 低温でじっくりと熟成したお酒は、コクのある深い味わいが魅力。どっしりとした米の旨味がありながらもキレが良く、日本酒好きも納得の美味しさです。 プレゼントをさらにグレードアップさせるのは、丁寧なラッピングの仕上げに結ばれる「花むすび」。1本の糸が織り成す花模様が、豪華な装いを演出します。希望に合わせ、ありがとうの気持ちを表すメッセージカードを付けることもできますよ。 (出典元:楽天市場) 2-4.名前入り毛筆彫刻ボトル純米酒 「日本酒は米の旨味を感じる純米酒が好き」という方への贈り物におすすめなのが、彫刻ボトルの純米酒です。彫刻文字は、地元の書家が一文字ずつ心をこめて書いたもの。パソコンにはない温かみのある文字を、職人がボトルに彫刻していきます。 日本酒は、信州松本の亀田屋酒造店が造る純米酒。北アルプスの伏流水で仕込んだお酒は、スッキリとした辛口の仕上がりです。 日本酒だけでは物足りない!という方には、グラスのセットもおすすめ。名前を彫刻した手びねりのグラスは、使うたびに贈られた喜びを思い出させてくれます。贈る相手の喜ぶ顔、驚く顔を見たいという方にぴったりの名入れボトルです。 (出典元:楽天市場) 2-5.【名入れ彫刻】越乃寒梅 別撰 「越乃寒梅」(こしのかんばい)は、酒どころである新潟県を代表する地酒。香り控えめでスッキリとした味わいは、食事と一緒に日本酒を楽しみたい方に人気です。 こちらの名入れ彫刻は、ボトルのガラス面に直接文字を彫り込むエッチング仕上げ。文字はゴールドに彩られ、高級感あふれる見た目が魅力です。なによりの特徴は、約5,000通りの文字の組み合わせ。メッセージ・名前・日付に加え、送り主の名前やイラストをデザインできます。「祝」「寿」の印や書体も好きなように選ぶことができますよ。 日付の入れられる名入れボトルは、大切な記念日を彩る祝いのお酒にもぴったり。選ぶ楽しさ、贈る喜びを感じられる特別な1本です。 (出典元:ギフトモール) まとめ 名前入りの日本酒は、特別な祝いの気持ちを贈りたいという時にぴったりのプレゼントです。他にはない特別感が、お酒好きに大きな笑顔を届けます。 ぜひ贈る相手の顔を思い浮かべながら、世界にひとつだけの名入れ日本酒を選んでみてはいかがでしょうか。

【2021年最新版】1万円前後でプレゼントに人気な日本酒14選!!

1万円前後の高級な日本酒は、上司の退職祝いや両親の誕生日、敬老のお祝いなど大切なシーンにふさわしいお酒です。酒蔵の中でも上位ランクにあたる純米大吟醸が多く、香り高く確かな酒質は、贈る相手の好みに左右されないというメリットもあります。 桐箱や化粧箱入りの銘柄も多く、特別感もたっぷり。今回は、プレゼントにおすすめの1万円前後の高級日本酒10選をご紹介していきます。 1. 1万円前後でプレゼントに人気な日本酒14選 日本酒を好まれる方なら、普段飲むお酒は2000円前後。5000円以上となると特別なお酒というイメージを持つ方も多いのではないでしょうか。 1本あたり1万円前後の日本酒は、まさに大切なシーンにふさわしい高級なお酒。プレゼントとしても、とっておきの逸品となります。こちらでご紹介する銘柄は、その中でも確かな人気と酒質を誇る日本酒ばかり。各酒蔵のこだわりとともに、ぜひそれぞれの魅力をチェックしてみてくださいね。 1-1. 田光 純米大吟醸 山田錦 鈴鹿山脈の伏流水を使い、全量純米醸造、昔ながらの木槽搾りで造られる日本酒「田光」(たびか)。味のバランスに優れた田光は、一般への直接販売がない特約店限定流通のお酒です。 父であり代表の早川俊介氏、そして息子であり杜氏の俊人氏の手によって仕込まれるお酒は、全量800kg。家族の手によって少量を丁寧に仕込んだお酒は、まろやかさが引き出されたやさしい味わいです。特等米山田錦を原料にした純米大吟醸は、自社保有酵母をブレンドした数量限定品。大切な方へのプレゼントにもぴったりの1本です。 (出典元:IMADEYA ONLINE STORE) 1-2. 鳳凰美田 別誂至高 大吟醸 「鳳凰美田」(ほうおうびでん)は、栃木が世界に誇るとも言われる吟醸酒。かつて蔵のある場所が日光連山の豊富な伏流水に恵まれた「美田(みた)村」であったことから、その名前が付けられました。 昔ながらの和釜で米を蒸し、やさしく搾って丁寧に醸造する鳳凰美田は、甘くフルーティーで官能的な香り。中でも別誂至高は、上質な山田錦を35%まで精米し、搾ったお酒を1滴ずつ瓶に集めた特別なお酒です。日本酒を好む方はもちろん、甘く華やかに香りが女性にも喜ばれる銘品です。 (出典元:IMADEYA ONLINE STORE) 1-3. AKABU 純米大吟醸 極上ノ斬 生 力強い赤い兜のラベルが印象的な日本酒「AKABU」。AKABUは20代の杜氏を中心に集まった、少数精鋭の若者たちによって造られる岩手県の地酒です。1896年に創業し、地元の人々に愛されていた赤武酒造は、2011年の東日本大震災により蔵の大部分を消失。2013年に盛岡に蔵を移した後、当時22歳であった6代目龍之介氏の手によって新銘柄AKABUは誕生しました。 未経験者を中心にスタートしたAKABUは、年々評判をあげ現在では岩手を代表する人気ブランドに。最高傑作となる「極上ノ斬」の生酒は、岩手県最高峰の酒米、結の香を35%まで精米してゆっくり醸造した贅沢な日本酒です。フレッシュな旨味と極上のキレの良さは、若者が造る酒にふさわしい味わい。話題性と確かな酒質が日本酒好きにも評判の銘柄です。 (出典元:IMADEYA ONLINE STORE) 1-4. 三諸杉 袋搾り大吟醸 「三諸杉」(みむろすぎ)は、酒の神が鎮まる地と呼ばれる、奈良県三輪に位置する今西酒造で造られる日本酒です。1660年(万治3年)創業当時から受け継がれ、地元を中心に流通してきたお酒。ふくよかな味わいと芳醇な香りが、これぞ日本酒という風格を漂わせます。 袋搾り大吟醸は、華やかな香りと上品な旨味の絶妙なバランスが魅力的。冷して飲むことで、よりすっきりした味わいとフルーティーな香りを感じることができます。化粧箱におさめられ、御祝いの贈り物にも最適な1本です。 (出典元:IMADEYA ONLINE STORE) 1-5. 獺祭 純米大吟醸...

プレゼントとしておすすめな日本酒の純米大吟醸30選!

酒蔵のこだわりがあふれる純米大吟醸はプレゼントにおすすめのお酒です。吟醸酒ならではのフルーティーな香りを持ち、女性からも人気を得ています。贈り物にするお酒こそ、本当に喜ばれる1本を選びたいもの。 今回は、日本酒ビギナーにおすすめの銘柄から日本酒通もうなる1本まで、プレゼントにおすすめしたい純米大吟醸30選をご紹介します。 1. 「プレゼントにオススメ」失敗知らずで人気な純米大吟醸30選 純米大吟醸とは、精米歩合(せいまいぶあい)の高い酒米を、吟醸造りによって仕込んだお酒のことです。精米歩合とは、日本酒を仕込むために米の外側を削る度合いのこと。純米大吟醸は精米歩合50%以下、つまり一粒の米を半分以上磨いた酒米で作られています。 また、よく磨いた米を10度前後の低温でゆっくり時間をかけて発酵させるのが吟醸造り。冷温で発酵させることで香り成分がもろみに移り「吟醸香」と呼ばれるフルーティーな香りが生まれるのです。 さらに、純米大吟醸は醸造アルコールが添加されていません。つまり、米と米こうじ、水のみで造られるお酒になります。 華やかな香りを持つ純米大吟醸は、日本酒好きはもちろん、女性へのプレゼントにもおすすめ。ぜひ贈る相手を思い浮かべながら、ひとつずつチェックしてみてくださいね。 1-1. 獺祭 二割三分 純米大吟醸 発泡にごり酒 日本酒好きなら知らない人はいないであろう「獺祭」。その最高峰となるのが磨き二割三分です。二割三分とは、一粒の米を23%まで磨いて仕込んだお酒のこと。蜂蜜のような甘みを持つ特別な大吟醸を、瓶内二次発酵させたスパークリング酒が発泡にごり酒です。 繊細な泡から立ち上る香りと余韻の残る味わいは、「日本酒界のドンペリ」と呼ばれるほど。まさしくプレゼントにふさわしい、失敗しらずの1本です。 (出典元:IMADEYA ONLINE STORE) 1-2. 鳳凰美田 「夢ささら」 純米大吟醸酒 無濾過本生 鳳凰美田(ほうおうびでん)は、栃木県を代表する地酒です。「夢ささら」は、栃木県農業試験場が13年の月日をかけ開発した新種の酒米。その夢ささらを酒蔵初の挑戦となる精米歩合40%に磨き上げて仕込んだのが、限定酒の純米大吟醸です。 火入れをせず、搾った酒をそのまま瓶詰めした本生原酒は、口当たりがなめらかで芳醇な味わい。限定酒ということもあり、プレゼントにも喜ばれる銘柄です。 (出典元:IMADEYA ONLINE STORE) 1-3. 久保田 萬寿 純米大吟醸 酒どころである新潟県を代表する、淡麗辛口の日本酒と言えば久保田。その中でも、「萬壽」(まんじゅ)は久保田シリーズの最高峰となる純米大吟醸です。 深みのある香りと味わいは、祝いの席やハレの日の乾杯にふさわしい華やかさ。火入れの後にすぐ急冷し、従来より5℃低い温度で貯蔵することで上品な香りを実現しています。大切な人と過ごすひと時を、上質に彩ってくれるお酒です。 (出典元:横浜君嶋屋オンラインショップ) 1-4. 越乃寒梅 純米大吟醸 金無垢 酒米・山田錦を35%まで磨いて仕込んだ「金無垢」は、熟成が進むほど味がのる山田錦ならではの旨味を体感できるお酒です。越乃寒梅といえば、明治40年誕生以来、時代の波に飲まれることなく常に高い品質を維持し続ける日本酒。多くのお酒好きに愛され、贈答用としても支持されています。 香り高い純米大吟醸は冷やして味わうスタイルが好まれる中、低温でしっかり熟成させた金無垢は、温めても香りのバランスが崩れないのもポイント。ぬる燗を好む方にも喜ばれる1本です。 (出典元:IMADEYA ONLINE STORE) 1-5. 醸し人九平次 純米大吟醸...

コンビニで買える日本酒に合うおつまみ12選

日本酒と一緒になにかおつまみが食べたいけど、冷蔵庫の中に何もない! 割りと日常的によくあるシチュエーションだと思います。 そんなときに頼りになるのが最寄りのコンビニ。 いまや、おつまみにもなる様々なおかずやスナック、お惣菜などがたくさんあります。 この記事ではコンビニ、中でもセブンイレブンで購入できるおつまみを紹介します。 1.おつまみとそれに合う日本酒 おつまみは自分が美味しいと感じることができれば、もちろんそれでもいいのですが、日本酒に合うおつまみの選び方を知っていると、日本酒もおつまみもより一層楽しめます。 日本酒は香りと味で大きく4つに分けることができます。香りも高く味も濃厚なのが長期熟成酒や古酒と呼ばれる「熟酒(じゅくしゅ)」。濃い味付けのものや、クセのあるものとも相性がいいのが特徴。濃厚なチーズやカレー、揚げ物、麻婆豆腐など食事にも合わせやすい日本酒です。 フルーティーで香り高いですが味はあっさりとしている大吟醸酒や吟醸酒を「薫酒(くんしゅ)」。合わせるおつまみも、さっぱりした素材の味を活かしたものがおすすめ。白身魚やサラダなどとも相性抜群。白ワインのような感覚で楽しめます。 お米のほのかな香りと濃厚なコクが楽しめる純米酒は「醇酒(じゅんしゅ)」。香りは柔らかいですが味がしっかりしているので、バターなどの洋風で味付けが濃いものによく合います。 香りは控えめで、後味すっきりで辛口の本醸造酒や生酒は「爽酒(そうしゅ)」と呼ばれています。毎日飲むにもぴったりの日本酒といわれており、どんなおつまみとも相性がいいのが特徴です。 2.コンビニで手軽に買えるおつまみ12選 おつまみがほしい、でも作るのは面倒といったときに助かるのがコンビニ。コンビニにも日本酒に合うおつまみがあふれています。コンビニですぐに買える、おすすめのおつまみをご紹介します。 2-1.おでん 寒い冬といったらやっぱりこれ!大定番のおでんです。 コンビニのおでんは自分で作るよりも手っ取り早くしっかりと味のしみたおでんが楽しめるのがいいところですよね。 おでんは、さまざまな食材があるので、どんな料理にも合う本醸造酒や生酒がおすすめ。出汁のほのかな甘みとキレのいい辛口の日本酒がマッチします。 コンビニのおでんと日本酒の相性はさることながら、おでんを食べ終えた後に「日本酒のだし割り」が楽しむことができるのがおでんの最大のポイント。 是非試してみてください。 https://sake-5.jp/sake-sharing/   2-2.漬物 コンビニには実は漬物が豊富。おつまみというと味も濃く、高カロリーになってしまうことも多いので、一品漬物があるとヘルシーでいいですよね。本醸造酒や生酒はもちろんですが、香り高い大吟醸酒や吟醸酒にもおすすめです。 2-3.豆腐と刻みネギで冷奴 コンビニに売っている豆腐と刻みネギに醤油を少量かけるだけであっという間に完成する冷奴。 七味などを振って、辛みを加えることでさらにお酒のすすむお酒となります。 お豆腐がとてもヘルシーなのでカロリーなどを気にしなくていいのも、うれしいポイントですね。 冷奴には、後味すっきりで辛口の本醸造酒や生酒などがおすすめです。 2-4.焼き鳥 コンビニで買える代表格のおつまみの1ついえば焼き鳥。 一口に「焼き鳥」と言ってもさまざまですが、ネギま、もも肉、レバー、つくね、皮に砂肝、手羽など、部位ごとにそれぞれ異なるおいしさがあり、ついつい日本酒も進みます。 コンビニでは塩ダレ系の焼き鳥よりタレであることがおおいので、タレの焼き鳥には辛口よりも少し甘味のある日本酒を合わせると、タレの甘さになじみとてもよく合います。 2-5.ナッツ系のおつまみ おつまみとしての定番のアーモンドやカシューナッツなどもコンビニには置いてあります。 カリッとした歯ごたえと、ナッツのこうばしい香りでお酒が進みます。 こうばしい香りのナッツに合わせるのは大吟醸酒や吟醸酒がおすすめ。 そのままでも十分美味しいですが、軽く七味やブラックペッパーなどを振るとさらにお酒のすすむおつまみになります。 2-6.スナック系のおつまみ 柿ピーを筆頭にコンビニにはさまざまなスナック菓子があります。 たくさんの選択肢がありますので、その日の気分や飲むお酒によって合わせるスナック菓子も変えてみると、思わぬ相性が見つけられるかもしれません。 2-7.とろっと卵黄の半熟煮卵 セブンイレブンの商品の一つである、「とろっと卵黄の半熟煮卵」です。 とろっとしたきれいな半熟具合に、魚介のだしをきかせて煮付けられたお酒が進む商品です。 卵だけでなくだしも美味しいのでお酒のアテに一役買ってくれます。 2-8.コリコリ食感のやげん軟骨 セブンイレブンの「コリコリ食感のやげん軟骨」です。 さっぱりとした塩味に少しだけ焦げ感があって香ばしく、コリコリ食感とお肉も程よくついていて、お酒のアテにぴったりです。 2-8.ごま油塩ソースで食べるサムギョプサル セブンイレブンの「ごま油塩ソースで食べるサムギョプサル」です。 香りのいいごま油にニンニクを効かせた、別添のごま油塩ソースをかけたサムギョプサルが、お酒のお供として最高です。 油が強めなので、合わせる日本酒は、辛口の本醸造酒やフレッシュな生酒がおすすめです。 2-9.やみつき辛旨チョリソー セブンイレブンの「やみつき辛旨チョリソー」です。 パリッとした食感と肉汁がでてくるジューシーさが特徴のチョリソーソーセージ。 やみつき感のある後引く辛さに、思わずお酒を飲むても進みます。 合わせる日本酒は純米酒や大吟醸酒、吟醸酒などがおすすめです。 2-10.いか一夜干し焼 セブンイレブンの「七味でピリッと味付けした、いか一夜干し焼」。 しっとりと柔らかいイカに七味で味付けされら一夜干し焼です。 ピリ辛で思わずお酒に手が伸びて、マヨネーズをつけて食べても絶品。合わせる日本酒は辛口の本醸造酒や純米酒がおすすめです。 2-11.缶つまシリーズ おつまみとしては、いまや定番の缶つまシリーズも気軽にコンビニで購入することができます。 飲む日本酒に合わせて、何種類かから選べることができるのがうれしいポイントですね。 まとめ 冷蔵庫になにもなくても、近くのコンビニに行けばさまざまなおつまみがあります。 今回の記事で気になったものがあればぜひ、おいしい日本酒と共に食べてみてください。

【2021年最新版】男性へ贈るプレゼントに!おすすめの日本酒27選

種類豊富な日本酒はお酒好きな男性へのプレゼントにぴったり!純米酒や大吟醸など本当に美味しい人気銘柄は、上司への贈り物にもおすすめです。 こちらでは、男性へのプレゼントに日本酒が喜ばれる理由と合わせ、おすすめの甘口・辛口の日本酒をご紹介します。それぞれの味の特徴や価格帯を参考に、ぜひ喜ばれる1本を見つけてみてくださいね。 1.男性に日本酒のプレゼントが喜ばれる理由 記念日や誕生日のお祝いはもちろん、感謝の気持ちを表す場面に欠かせないプレゼント。相手の男性がお酒好きの方であれば、やはりお酒の贈り物がおすすめです。 その中でも、日本酒は男性へのプレゼントにぴったり。まずはその理由についてご紹介していきます。 1-1.様々な味や香り、楽しみ方がある 日本酒は、種類によって味や香りが異なるお酒です。フルーティーな香りの吟醸酒やお米の旨味を感じる純米酒など、バリエーションも実にさまざま。きりっと冷やしたり燗酒にしたりと、温度による味の違いを楽しめるのも日本酒の大きな特徴です。 そのため、相手の好みに合わせた銘柄を選べば、より一層喜んでもらえるプレゼントになります。贈られた方も、自分の好みに合わせた飲み方を楽しむことができるのです。 1-2.男性は、残るものより消耗品のほうが喜ばれる傾向がある 男性に贈るプレゼントは何が良いのか、女性の方であれば特に迷ってしまいますよね。食べ物やお酒のような消耗品は、形に残らないためどのような男性にも喜ばれます。 「あまりに高級品だと気兼ねするし、かといって安っぽいものは贈りたくない」という時も、日本酒であれば手ごろな価格で美味しいものを選ぶことができます。 300mlの小ぶりのものから一升瓶までサイズもいろいろ。価格帯も幅広く、予算やシチュエーションに合わせた1本をプレゼントできるのも嬉しいですね。 2.男性へのプレゼントに。失敗しない日本酒の選び方とは 前述したように、日本酒には「辛口」や「甘口」といった味の違いがあります。そのため、事前にリサーチできるのであれば、男性の好みに合わせた銘柄を選べば間違いありません。 日本酒の好みが分からないという時には、男性が好む食事に合わせて選ぶのもおすすめ。ワインのように香り高い日本酒は、和食だけでなく洋食との相性もぴったりです。米の旨味が豊かな銘柄であれば、食中酒として日本酒を楽しむ方にも喜ばれますよ。 2-1.プレゼントには四合瓶サイズ(720ml)を選ぼう 日本酒は300mlの小瓶から四合瓶と呼ばれる720ml、定番の一升瓶までさまざな容量があります。一升瓶は飲みきれないだけでなく、保管に困る可能性もある1800ml容量。そのため、プレゼントにするのであれば冷蔵庫の扉にも収まりやすい四合瓶がおすすめです。 木箱に入った日本酒を選べば、大切な贈り物にぴったりの高級感を演出することもできます。 3.男性へのプレゼントに!おすすめの甘口日本酒15選 「日本酒は甘口が好み!」という男性へのプレゼントにおすすめしたいのが、こちらの4銘柄です。甘口の日本酒は口当たりがまろやかで飲みやすく、ワインやカクテルを好まれる方にも喜ばれますよ。 3-1.風の森 秋津穂(あきつほ) 純米しぼり華 「風の森」は奈良酒の伝統を現代に受け継ぐ日本酒です。地元産の酒米を使い、すべてのお酒を火入れしない生酒に仕上げています。 秋津穂もまた、契約栽培で育てられた地元の酒米。秋津穂100%の純米しぼりのお酒は、素材の旨味と甘みを感じられるすっきりした味わいが魅力です。 (出典元:横浜君嶋屋オンラインショップ) 3-2.黒龍 大吟醸 福井県を代表する名蔵元で造られる「黒龍」。その中でも、大吟醸は山田錦を50%まで磨いて仕込んだ特別なお酒です。 グラスに注ぐと立ち上るのは、フルーツを思わせるような甘くまろやかな香り。心地よい余韻を楽しめる、日本酒好きにも人気の銘柄です。 (出典元:IMADEYA ONLINE STORE) 3-3.陸奥八仙 赤ラベル 特別純米 生原酒 「陸奥八仙」(むつはっせん)は、青森県の地酒として高い人気を持つお酒。辛口日本酒の代表格としても知られる中、赤ラベルは八仙の入門編とも言われる芳醇旨口のお酒です。 栓を開ければ華やかな香りが広がり、口当たりは実にまろやか。魚介類との相性もぴったりで、お刺身のような和食を好む方にもおすすめですよ。 (出典元:IMADEYA ONLINE STORE) 3-4.獺祭 純米大吟醸 磨き三割九分 高い知名度を持つ「獺祭」(だっさい)は、プレゼントにもぴったりの銘柄です。磨き三割九分とは、一粒の酒米を39%まで磨いて仕込んだお酒ということ。米の中心部分だけを使った贅沢なお酒は、香り高く繊細な味わいが魅力です。 容量も300mlから一升瓶までさまざま。箱入りの商品もあり、希望に合わせた1本を選ぶことができます。 (出典元:IMADEYA ONLINE STORE) 3-5.水芭蕉 純米大吟醸 翠 「水芭蕉(みずばしょう)」は、尾瀬の大自然のなかで生まれるお酒です。水辺に咲く水芭蕉の花のように、甘くやわらかな香りを持ちます。 「翠(すい)」は、白桃や洋梨のようなフルーティーな香りが魅力的。口あたり軽やかで、上品な甘みとほのかな苦みが後に残ります。いただくときはしっかり冷やし、ぜひ香りを包み込んでくれるワイングラスで。「自宅で手軽に美味しい日本酒を楽しみたい」という男性には、180ml容量もおすすめです。 (出典元:IMADEYA ONLINE STORE) 3-6.クラシック仙禽 無垢(むく) 「クラシック仙禽(せんきん) 無垢(むく)」は、バナナのように甘く芳醇な香りのお酒です。酒蔵では風土を意味するドメーヌを重視し、仕込み水と同じ水で育てた米を使用しています。 お酒を口にすると驚くのは、ジューシーかつふくよかな旨味。ろ過をしていない原酒そのものの、贅沢な味わいを楽しめます。きっちり冷やしていただくほか、ほどよく温めて楽しむのもおすすめです。 (出典元:IMADEYA ONLINE STORE) 3-7.風の森 雄町...

人気の記事

最新の投稿

読んで日本酒をもっと楽しく