日本酒ウォッチ

最新の記事

2020年世界酒蔵ランキング紹介!40~31位

「世界酒蔵ランキング」は、日本酒コンテストの受賞実績をポイント化し、酒蔵を格付けしたものです。2020年にランキングの対象となった蔵は659蔵。コンテストに参加していない蔵もあるため、ランキングの順位が蔵の優劣のすべてというわけでは当然ありません。 しかし、種類の多い日本酒を選ぶときには、ランキングがガイド役になっています。日本酒ラボでは、2020年酒蔵ランキングの50位~1位までの酒蔵を詳しく掘り下げて紹介していきます。 こちらの記事では40位~31位までの蔵情報やその蔵が造っている日本酒についてなど解説していきますので、日本酒選びの参考にしてみてください。 https://sake-5.jp/world-sake-brewery-ranking-50-41/ 世界酒蔵ランキング2020年の公式サイトはこちらになります。 1.2020世界酒蔵ランキング40~31位 1-1.世界酒蔵ランキング40位タイ:初亀醸造株式会社 第40位タイは、静岡の酒蔵「初亀醸造株式会社」です。原料には安全で高品質な酒米を使用。兵庫県産の山田錦をはじめ、地元静岡産・誉富士を使ったお酒も高い評価を得ています。 「初亀 大吟醸純米 瓢月(ひょうげつ)」は、年2回のみリリースされる限定品。洗練されたボトルデザインにふさわしく、上品な香りと味わいを持つお酒です。「初亀 特別純米酒 粋囲(いきがこい)」は、静岡産の原料にこだわった純米酒。静岡誉が生み出す、まろやかな旨味と甘みの調和を堪能できます。 (出典元:ワイン通販・専門店 ヴィノスやまざき)   1-2.世界酒蔵ランキング40位タイ:大信州酒造株式会社 「大信州酒造株式会社」は、北アルプスの山々に囲まれた長野県松本市の酒蔵です。「大信州 手いっぱい」は「インターナショナル・ワイン・チャレンジ」で銀賞を受賞。その他、「全米日本酒鑑評会」でも多くの受賞歴を誇ります。 蔵が大切にする言葉は「愛感謝」。豊かな自然に感謝をささげながら造るお酒は、澄み切ったきれいな味わいが特徴です。「大信州 辛口特別純米」は、長野県産の酒米「ひとごこち」を使用。やわらかな口当たりと後味のキレが際立ちます。 (出典元:大信州酒造株式会社) 1-3.世界酒蔵ランキング37位タイ:菊池酒造株式会社 岡山県倉敷市から世界へとはばたく地酒「燦然(さんぜん)」。岡山が誇る酒米、雄町を使った銘酒を造りあげるのは、37位タイの「菊池酒造株式会社」です。 「燦然 純米大吟醸 雄町」は、「ワイングラスでおいしい日本酒アワード」で最高金賞を受賞。近年は、『奇跡のリンゴ』で知られる木村秋則氏の指導のもと、自然栽培米の育成にも取り組んでいます。「木村式奇跡のお酒 純米大吟醸」は、フルーティーな香りが心地よい1本。自然栽培で育てられた雄町の豊かな味わいが、口いっぱいに広がる銘柄です。   (出典元:菊池酒造株式会社) 1-4.世界酒蔵ランキング37位タイ:米鶴酒造株式会社 37位タイに続くのは、山形県の「米鶴酒造株式会社」です。「米鶴 醇成」と「米鶴 本醸造」は、全国熱燗コンテストで金賞を受賞。日常に寄り添う、コストパフォーマンスに優れたお酒を造り上げています。 山形原産の酒米を使った「純米大吟醸 亀の尾」は、日本酒通にも愛されるお酒。ぬる燗にすると、ふわっとふくよかな香りが広がります。日本酒を飲み慣れない方には「純米あんだんて」がおすすめ。アルコール度数低めで飲みやすく、体にやさしい味わいを楽しむことができますよ。   (出典元:商品紹介:米鶴酒造) 1-5.世界酒蔵ランキング37位タイ:株式会社小嶋総本店 「株式会社小嶋総本店」は、「KURA MASTER」で2銘柄がプラチナ賞を受賞した酒蔵。代表酒「東光」は、世界17カ国に輸出されています。 「東光 純米大吟醸 山田錦」は、味と香りのバランスに優れた逸品。栓を開けると、熟れたバナナのような甘い香りが広がります。「東光 純米吟醸原酒」は「ワイングラスでおいしい日本酒アワード」で金賞を受賞。冷やしても温めても味のバランスが崩れず、日本酒好きにうれしい銘柄です。 (出典元:商品紹介 | 東光) 1-6.世界酒蔵ランキング36位:浅舞酒造株式会社 36位「浅舞酒造株式会社」の代表酒は「天の戸」。「天の戸 純米大吟醸 35」は、「全米日本酒鑑評会」で金賞に輝きました。 蔵の手掛ける日本酒は、フルーティーなお酒からスッキリ飲みやすい銘柄まで実にさまざま。「天の戸 吟泉」はどんな温度帯でも美味しく、晩酌のパートナーにおすすめです。筆文字で「Land of...

唎酒師が薦める、「獺祭」に合わせるおつまみとそのポイント!

「獺祭をお家で楽しみたい!」というとき、用意したいのが美味しいおつまみ。「獺祭」と相性の良いおつまみは、お酒の香りや味わいをより引き立ててくれます。 今回は、「獺祭」に合う簡単おつまみをご紹介!ぜひ、「獺祭」でお家時間を楽しむときの参考にしてくださいね。 1.「獺祭」に合わせるおつまみ選びのポイント 「獺祭」を造る旭酒造は、純米大吟醸だけを仕込む酒蔵です。原料は米と水、米麹だけ。吟醸造りと呼ばれる手間ひまかかる製法で「獺祭」は造られています。 純米大吟醸の「獺祭」は、フルーティーで華やかな香りが特徴的。そのため、合わせるおつまみも香りを楽しめるシンプルなものがおすすめです。 今回おつまみのパートナーに用意した、3種類の「獺祭」はコチラ! ・獺祭 純米大吟醸 三割九分 ・獺祭 純米大吟醸 45 ・獺祭 スパークリング 45 それぞれの銘柄に合わせたおつまみは、コンビニやスーパーで材料が手に入るものばかり。「今すぐお酒が飲みたい!」というときにも嬉しい簡単レシピなので、ぜひチェックしてみてくださいね。 2.「獺祭 純米大吟醸 磨き三割九分」にはさっぱりタイプ 「三割九分」とは、精米歩合39%のこと。フルーティーな香りが持ち味の「磨き三割九分」には、さっぱりしたタイプのおつまみがおすすめです。 ・鯛のカルパッチョ ・青じそと梅の大根サンド ・チーズ 鯛のカルパッチョは、スーパーで買ったお刺し身に、オリーブオイル+レモン汁+塩を混ぜたソースをかけただけ。お家にあれば、ピンクペッパーをぱらり。タコの切り身でも同じように美味しいカルパッチョが作れます。 青じそと梅の大根サンドは、日本酒のおともにぜひ覚えておきたい一品!青じそとつぶした梅を大根ではさむだけ、というシンプルなレシピながら、日本酒との相性は抜群です。青じその香りと梅の酸味、大根のほのかな甘みが「磨き三割九分」ともマッチします。 フランスでも好まれている「獺祭」は、チーズと合わせて楽しむのもおすすめ。今回はゴーダとミモレットですが、ぜひお好みのチーズとの相性を確かめてみて。意外と思われそうですが、クセのあるブルーチーズもフルーティーな日本酒にはぴったりなんですよ。 3.「獺祭 純米大吟醸 45」には旨味のあるおつまみを 「獺祭」のフラッグシップ「純米大吟醸 45」は、香りがありつつ程よいコクも楽しめる銘柄。少ししっかりした味わいのおつまみとも好相性です。 ・クリームチーズのおかかのせ ・エリンギのトースター焼き クリームチーズにおかかをのせて醤油をちょろっと垂らしたおつまみは、「獺祭」の蔵元もおすすめの一品。ちびりちびりと食べつつ、合間に「純米大吟醸 45」をひとくち。口の中でクリームチーズと日本酒が調和し、よりまろやかな味わいを楽しめます。 エリンギのトースター焼きは、縦にわったエリンギにオリーブオイルと塩をかけ、トースターで焼いただけのもの。仕上げに黒コショウをピリッと効かせるのがポイントです。 「獺祭」を買って帰ったら、手を洗ってエリンギをトースターにイン。着替えてグラスをテーブルにセットしている間にできあがり!という嬉しいおつまみですよ。 また、暑い季節にぜひおすすめしたいのが「純米大吟醸 45」のロック! 合わせたおつまみは、以下の2つ。 ・油揚げのチーズ焼き ・生ハム よりすっきりとした飲み口が楽しめる獺祭ロックは、アツアツの油揚げとも好相性。こちらも油揚げにチーズをのせて、トースターで焼いただけの簡単おつまみです。 コンビニで買った生ハムは、脂とコクが「獺祭」と絶妙にマッチ。「美味しいおつまみがほしいけど何もしたくない…」というときにも、お酒好きを助けてくれる心強い味方です。 4.「獺祭 スパークリング 45」には洋風おつまみ スパークリングタイプの「獺祭」に合わせるおつまみは、シャンパンを意識して洋風にアレンジ。「スパークリング 45」は、シュワシュワ感が心地よくアルコール度数も低め。日本酒を飲み慣れないかたにも「まずは試してみて」とおすすめしたいお酒なんですよ。 ・サーモンとカマンベールのカナッペ ・フルーツ ・バニラアイス 塩味と甘さのバランスが絶妙の、赤い箱のクラッカー。こちらには、オリーブオイルと塩であえたサーモンをトッピング。カマンベールには、ハチミツを回しかけて。おつまみの脂分や塩味も、スパークリングの発泡感がすっきりと洗い流してくれます。 フルーツの酸味や甘みは、スパークリング酒のさわやかな味わいと好相性。夏場には、凍らせたフルーツをスパークリング酒に入れて楽しむのもおすすめです。 甘いバニラアイスは、スパークリング酒片手にひとくちふたくち…。カップにすきまができたら、スパークリング酒を注いでしまいましょう! あぁ、なんとも贅沢…。自分へのご褒美に用意したい、大人のアイスクリームのできあがりです。 5.美味しいおつまみと一緒に「獺祭」を楽しもう! 「獺祭」のコンセプトは『酔うため売るための酒ではなく、味わう酒』。また、旭酒造は『酒のある楽しい生活を提案する蔵でありたい』とも語っています。 蔵人たちが手間ひまかけてひとつのお酒を造るのは、その味わいを楽しむ飲み手がいるからこそ。美味しいお酒に欠かせないパートナー、美味しいおつまみを用意して「獺祭」と一緒にお家時間を楽しんでみませんか? 旭酒造さんのホームページはこちらから

日本酒の本醸造おすすめ15選

本醸造とは、米と米麹のほか、醸造アルコールを原料に造られる日本酒です。醸造アルコールを添加することで、味わいは軽快に仕上がります。 コストパフォーマンスに優れた本醸造は、日常酒としても人気のお酒。こちらでは、お家にストックしたくなる本醸造の人気銘柄、15選を紹介します! 1.日本酒の本醸造おすすめ15選 本醸造には、地域で古くから愛される銘柄が数多く揃っています。コストパフォーマンスの良さと飲み飽きしない美味しさは、日々の晩酌にぴったりだからです。 今回紹介する15銘柄も、各地域から全国へとその名が知られるものばかり。ぜひ、全国各地を旅する気分でお楽しみくださいね。 1-1.酔鯨 特別本醸造 「鯨が水を飲むように、豪快に気持ちよく酒を飲みほしてほしい」。酒蔵のそんな想いが込められた高知の地酒「酔鯨(すいげい)」。特別本醸造は、香り高い吟醸酒と同じ製法で造られています。味わいはスッキリ軽く、しっかりとした酸味もあり食中酒にぴったり。冷でも燗でもバランスのとれた美味しさを楽しめますよ。 (出典元:IMADEYA ONLINE STORE) 1-2.根知男山 本醸造 「根知男山 本醸造」は、新潟県根知産の米と水で造ったお酒です。米の外側を4割削り、雑味のないクリアな美味しさを実現。香りはおだやかで、やさしい甘さをほどよい辛みが引き締めます。合わせる料理を選ばず、すいすいと盃が進む銘柄です。 (出典元:IMADEYA ONLINE STORE) 1-3.乾坤一 本醸造 「乾坤一(けんこういち)」は、宮城県の老舗蔵で造られる日本酒です。地元の原料にこだわり、宮城県産のササニシキでふくよかな味わいを生み出しています。本醸造は、日本酒ファンから根強い人気を持つ銘柄。夏場は冷やで、冬には熱燗でと、どんなときも美味しい1本です。 (出典元:IMADEYA ONLINE STORE) 1-4.うごのつき 特別本醸造 吟醸酒のような華やかな香りが楽しめる本醸造「うごのつき」。品よくきれいな味わいは、まさに雨上がりに浮かぶ月のようです。「広島県の日本酒といえばコレ」というファンも多く、香りと味のバランスは絶妙。おだやかな余韻は日常を少し特別なものにしてくれます。 (出典元:IMADEYA ONLINE STORE) 1-5.喜久醉 特別本醸造 「喜久酔(きくよい)」は、すっきりとした味わいの静岡県の日本酒です。飲み飽きしない美味しさは、有名誌や漫画で大きく取り上げられるほど。冷やでも燗でも「ただただ美味しい」とうなってしまう酒質です。コストパフォーマンスにも優れ、晩酌の定番に人気の高い銘柄です。 (出典元:IMADEYA ONLINE STORE) 1-6.花泉 本醸造辛口 福島県南会津の大自然が生む日本酒「花泉」。本醸造は、辛口のなかにほどよいコクが活きたお酒です。冷で燗でも美味しく、まさに食中酒向きの銘柄。四季折々の食材と合わせ、思い思いに楽しむことができますよ。 (出典元:IMADEYA ONLINE STORE) 1-7.越乃景虎 特別本醸造 名水仕込 新潟県の銘酒「景虎」は、蔵から湧き出る超軟水と、全国名水百選のひとつ「杜々の森(とどのもり)」の湧水で仕込まれるお酒です。口当たりはやわらかで香りもおだやか。辛口でありながらどこかほっとする、上品な味わいです。澄み切った酒質は心地よく、その日の疲れを癒す一杯にぴったりですよ。 (出典元:IMADEYA ONLINE STORE) 1-8.日高見...

日本酒のおすすめ吟醸酒15選

吟醸酒は、華やかな香りとすっきりした味わいが特徴のお酒です。いちばんの魅力は、フルーツにも例えられる「吟醸香」。よく磨いた米をじっくり低温熟成させることで、リンゴやバナナのような香りが生まれます。 フルーティーな香りの吟醸酒は、日本酒初心者にもおすすめ!今回は、日本酒ファンからも人気の吟醸酒の数々を紹介します。 1.日本酒のおすすめ吟醸酒15選 吟醸酒は、淡麗な味わいを持つお酒です。なかには、濃醇な味わいの「味吟醸」と呼ばれるタイプもあります。 フルーツに例えられる香りも、甘いバナナのようなものもあれば、フレッシュなリンゴのような香りなど実にさまざま。 ぜひおすすめ銘柄を参考に、自分だけのお気に入りの1本を見つけてみてくださいね。 1-1.水芭蕉 吟醸 「水芭蕉」の吟醸酒は、エレガントかつキレのある味わいが特徴的。契約栽培米・山田錦のふくよかなコクも楽しめます。上品な香りのあとに残るのは、ほどよい甘み。キリっと冷やしてワイングラスで、ほどよく温めておちょこでと好みに合わせて楽しめるお酒です。 (出典元:IMADEYA ONLINE STORE) 1-2.〆張鶴 吟撰 吟醸酒 日本酒ファンからも人気が高い「〆張鶴」の定番酒。すっきりとクセがなく、まろやかな口当たりを楽しめる吟醸酒です。後味のキレの良さは、淡麗辛口が好まれる新潟の地酒ならでは。ほどよく冷やしてぜひ和食と一緒にお楽しみください。 (出典元:IMADEYA ONLINE STORE) 1-3.越乃寒梅 別撰 吟醸 「日本酒はすっきりタイプがすき」という方にぜひおすすめしたい、越後寒梅。米のふくよかな旨味とともに、スパッとしたキレの良さを感じられるお酒です。冷やでも燗でも美味しい点も、日本酒好きに好まれる理由。好みのシチュエーションに合わせて楽しめる1本です。 (出典元:IMADEYA ONLINE STORE) 1-4.くどき上手 ばくれん 美山錦 吟醸 超辛口 くどく上手の吟醸酒「ばくれん」は、超辛口タイプのお酒です。日本酒の甘辛度合いを示す日本酒度は、+20。+6以上が大辛口になることを考えると、超辛口と言われるのもうなずけますよね。香りはほどよく、すいすいと軽やかな飲み口を楽しめます。 (出典元:IMADEYA ONLINE STORE) 1-5.美丈夫 吟醸 麗 美丈夫(びじょうぶ)の「麗(れい)」は、食事のおともにぴったりの吟醸酒。香りはやわらかく上品で、料理の味わいを引き立ててくれます。後味はスッとキレよく、飲み飽きしない美味しさ。コストパフォーマンスにも優れた1本です。 (出典元:IMADEYA ONLINE STORE) 1-6.出羽桜 桜花吟醸 本生 ラベルに輝くのは「吟醸酒」の大きな3文字。「桜花吟醸酒」は、吟醸酒の先駆けともいえるお酒です。香りは熟れたフルーツのように甘く華やか。コクがありつつすっきりとした飲み口で、合わせる料理を選びません。加熱していないフレッシュな味わいを楽しむためにも、冷やして味わうのがおすすめです。 (出典元:IMADEYA ONLINE...

2020年世界酒蔵ランキング紹介!50~41位

「世界酒蔵ランキング」は、日本酒コンテストの受賞実績をポイント化し、酒蔵を格付けしたものです。2020年にランキングの対象となった蔵は659蔵。コンテストに参加していない蔵もあるため、ランキングの順位が蔵の優劣のすべてというわけでは当然ありません。 しかし、種類の多い日本酒を選ぶときには、ランキングがガイド役になっています。日本酒ラボでは、2020年酒蔵ランキングの50位~1位までの酒蔵を詳しく掘り下げて紹介していきます。 こちらの記事では50位~41位までの蔵情報やその蔵が造っている日本酒など解説していきますので、日本酒選びの参考にしてみてください。 世界酒蔵ランキング2020年の公式サイトはこちらになります。 1.2020世界酒蔵ランキング50~41位 1-1.世界酒蔵ランキング49位タイ:宮下酒造株式会社 「宮下酒造株式会社」は、大正4年創業の岡山の酒蔵です。全国新酒鑑評会で入賞。世界的な酒鑑評会の「インターナショナル・ワイン・チャレンジ」では「極聖(きわみひじり) 純米大吟醸山田錦」が銀賞を受賞しています。 「極聖」は、蔵のフラッグシップとなるお酒。地下100mからくみ上げた旭川の伏流水を仕込み水に使っています。大吟醸は華やかな香りが印象的で、まろやかな味わいが心地よい銘柄です。「純米大吟醸 楽聖 雄町米 一割五分磨き」には精米歩合15%という高精米の雄町米を使用。澄み切ったクリアな飲み口を実現しています。 (出典元:宮下酒造株式会社)   1-2.世界酒蔵ランキング49位タイ:株式会社大田酒造 「太田酒造」は、厳寒期のみ少量仕込みにこだわる酒蔵です。地元三重県産の酒米を原料に、「半蔵」をメインブランドに製造しています。 「全国熱燗コンテスト」では、「特別純米酒 半蔵 辛口」が金賞を受賞。「純米吟醸 半蔵 磨き40」は、G7伊勢志摩サミットの乾杯酒にも選ばれました。近年は新ブランド「半蔵 &」も誕生し、米の香りと甘みを活かした味わいが高い注目を集めています。 (出典元:株式会社 大田酒造) 1-3.世界酒蔵ランキング49位タイ:株式会社DHC酒造 酒どころ新潟県に蔵をかまえる「DHC酒造」。清らかな雪解け水から生まれる日本酒は、キレのあるスッキリとした味わいが人気です。 「越乃梅里 特別純米酒」は、全国熱燗コンテストで金賞を受賞。「嘉z山(かやま) 純米吟醸 生無濾過生原酒」は、香りと甘み、酸味とキレのバランスに優れたお酒です。上品な香りの日本酒は、ワイングラスに注いで楽しむのもおすすめですよ。   (出典元:DHC酒造) 1-4.世界酒蔵ランキング49位タイ:天鷹酒造株式会社 栃木県の酒蔵「天鷹(てんたか)酒造」。代表酒「天鷹」は、「ワイングラスでおいしい日本酒アワード」で3銘柄が金賞を受賞しています。 蔵が目指すのは、するりと入って飲み飽きしない酒。「有機純米吟醸 天鷹 五百万石」は、有機栽培の酒米を使用し、さわやかな香りを実現しています。「大吟醸 天鷹 三割五分磨」は、山田錦を35%まで精米して仕込んだお酒。軽やかなのど越しが心地よく、すいすい飲み進めてしまう美味しさです。 (出典元:商品案内|天鷹酒造)   1-5.世界酒蔵ランキング48位:株式会社吉田酒造店 「全米日本酒鑑評会」で数々の金賞受賞歴を持つ酒蔵、「株式会社吉田酒造店」。地域の風土と文化に育まれた味わいは、今や世界でも高い評価を得ています。 「手取川 純米大吟醸 本流」は、山田錦を100%使用。蜂蜜のように甘くまろやかな香りが印象的です。「吉田蔵 純米大吟醸」は、地酒本来の姿を追求して生まれたシリーズ。地元の酒米と酵母を使い、きよらかな味わいを実現しています。フランスのトップソムリエが審査する「Kura Master」では、ゴールド賞を受賞した銘酒です。 (出典元:株式会社吉田酒造店) 1-6.世界酒蔵ランキング47位:株式会社遠藤酒造場 「遠藤酒造場」は、1864年から歴史を引き継ぐ酒蔵です。桜の名所百選にも選ばれる臥竜公園の近くで、地元に根付く酒造りが続けられています。 「渓流 純米大吟醸」は、芳醇な香りが特徴的なお酒。絹のようになめらかな味わいは、日本酒ファンにも愛されています。「彗-シャア- ドナティ 初汲み純米吟醸」は「ワイングラスでおいしい日本酒アワード」で金賞を受賞した銘柄。研ぎ澄まされたクリアな味わいは、食事に合わせる日本酒にもぴったりですよ。 (出典元:遠藤酒造場) 1-7.世界酒蔵ランキング45位タイ:辰馬本家酒造株式会社 第45位は兵庫県の酒蔵「辰馬本家酒造株式会社」。創業は1662年という、350年余りの歴史を持つ老舗蔵です。 「超特撰...

日本酒の「獺祭」に込められた名前の由来は?本来の漢字の意味も含めて解説!

(サムネイル出典元:旭酒造株式会社) 日本酒で有名な銘柄「獺祭」。あまり日本酒について詳しくないという方でも名前くらいは聞いたことのあるという銘柄です。 ですが「獺祭」という言葉、あまり聞き慣れないですよね。本来の意味やこの名前がつけられた由来とはどういうものがあるのでしょうか。 この記事では「獺祭」の意味について紹介します。 1.辞書的な「獺祭」の意味 辞書的な意味の「獺祭」は以下の意味となります。 カワウソが漁った魚を岸辺に並べる習性を祭祀の供物にたとえた表現。転じて、机に文献をずらりと並べて調査あるいは引用するさまをたとえた故事成語。「獺祭魚」とも呼ばれる。 (出典元:weblio辞書) 獺祭の「獺」の字はカワウソを意味しています。カワウソが漁った魚を岸辺に並べる習性を祭祀の供物にたとえた表現なので、読んで時のごとくの意味となっています。   2.日本酒の「獺祭」の由来 日本酒の「獺祭」の由来は、蔵元が存在する山口県の最東部、岩国市の地名「獺越」から一字とったものとされています。 また、もうひとつの由来とされるのが、自身を「獺祭書屋主人」と名付けたかつての文豪、正岡子規の存在。伝統にとらわれない新しい日本酒を作りたいと考えていた蔵元は、明治の日本文学に革命を起こした正岡子規に酒蔵の姿を重ねたのでした。 旭酒造は「酒造りは夢づくりである」という信念のもと、変革の中から生まれる新しい日本酒を「獺祭」と名付け、世に送り出したのです。 3.獺祭の種類にある言葉の意味 獺祭には「磨き二割三分」「獺祭 遠心分離」「磨き その先へ」などいくつかラインナップがあります。 それぞれちゃんとした理由があり名前がついています。 3-1.「磨き」とは 「磨き」とは精米歩合のことを表しています。例えば「磨き 二割三分」は精米歩合23%、つまりお米の8割近くを削っているということです。 「磨き その先へ」は二割三分からさらにお米を削った日本酒になります。 精米歩合については、こちらの記事で解説しています。 https://sake-5.jp/sake-migaki/ 3-2.「遠心分離」とは 米が溶けた醪(もろみ)を透明な酒と粕に分けることを上槽といいます。上槽には、大きく分けて「袋吊」「槽(ふね)」「ヤブタ式」「遠心分離」といった4種類の方法があり「遠心分離」はその1つです。 旭酒造は日本で初めて酒の醸造工程に『遠心分離機』を導入しました。 機械で圧迫しないため、もろみにストレスがかからず、本来の風味や香りを保つことができているのです。 まとめ 「獺祭」の本来の意味と旭酒造で造られている「獺祭」の名前の由来について紹介しました。 「酒造りは夢づくりである」という信念は、世代が変わっても旭酒造の中でいまも連綿と受け継がれています。 獺祭についてはこちらの記事で詳しく解説しているので、ぜひ見てみてください。 https://sake-5.jp/sake-dassai/

日本酒の純米吟醸おすすめ25選

純米吟醸は、米と米こうじ、水のみで造られるお酒です。純米大吟醸との違いは、米の精米度合い。純米吟醸は米の中心部分をより多く残すため、コクと旨味を活かした仕上がりになります。 ひとくちに純米吟醸といっても、香り立つものからスッキリ系まで個性はさまざま。今回は、日本酒ファンだけでなく、日本酒初心者にもオススメの人気銘柄をご紹介します。 1.日本酒のおすすめ純米吟醸25選 1-1.鳳凰美田 純米吟醸 本生 鳳凰美田は、華やかな香りとしっかりした旨味が人気のお酒です。「無濾過 本生」は、メロンのように爽やかな香りが特徴的。純米吟醸ならではの、軽やかな味わいを楽しめます。四合瓶が1,000円台と、コストパフォーマンスにも優れた1本です。 (出典元:IMADEYA ONLINE STORE) 1-2.春霞 純米吟醸 緑ラベル 美郷錦 「春霞」が熱意を注ぐ秋田県産の酒米、「美郷錦」で仕込んだ純米吟醸です。米のやわらかな旨味を、豊かな地下水と酵母が引き出しています。ほのかな甘さと爽快な酸味が心地よく、食中酒にもぴったりの銘柄です。 (出典元:IMADEYA ONLINE STORE) 1-3.会津中将 純米吟醸 夢の香 福島県の酒米「夢の香」と、福島酵母の「うつくしま夢酵母」の出会いで生まれたお酒です。口元で広がる香りは、あくまでもおだやか。口に含むと、クリアな旨味とやわらかな甘みが感じられます。後口のキレも良く、辛口ファンにも好まれるバランスのとれた味わいです。 (出典元:IMADEYA ONLINE STORE) 1-4.赤武 AKABU 純米吟醸 山田錦 若き蔵人たちが造り上げる銘酒「赤武」(あかぶ)。こちらの純米吟醸には、蔵で初めてとなる兵庫県産「山田錦」を使用しています。香りは熟したメロンのように上品で華やか。ふくよかな米の甘みに、やさしい酸味が寄り添います。澄み切った味わいがついつい後引く、芳醇旨口のお酒です。 (出典元:IMADEYA ONLINE STORE) 1-5.黒龍 純米吟醸 茶ラベル 日本酒ファンからも人気の高い「黒龍」の純米吟醸です。福井県の酒米「五百万石」の深い旨味を、伝統の技で引き出しています。上品な香りは、もぎたてのイチゴや切ったばかりのリンゴのよう。口当たりは軽く、少し味の濃い料理との相性もばつぐんです。 (出典元:IMADEYA ONLINE STORE) 1-6.自然郷...

日本酒と焼酎の違いをご紹介!製造方法や原料の違い、それぞれの魅力など

日本で古くから飲まれているお酒、日本酒と焼酎。居酒屋などで必ず目にする人気のお酒ですが、その違いとなると案外知らない方も多いのではないでしょうか。 こちらでは、製造方法や原料といった日本酒と焼酎の違いについてご紹介していきます。それぞれの特徴を知れば、お酒を飲むのがもっと楽しくなりますよ。 1-1. 製造方法が違う(日本酒=醸造酒、焼酎=蒸留酒) 日本酒と焼酎の大きな違いとなるのが、その製造方法です。日本酒は製造方法によって「醸造酒」、焼酎は「蒸留酒」に分類されます。 「醸造酒」とは、米や麦などの原料を酵母によってアルコール発酵させるお酒です。アルコール発酵には原料に含まれる糖分が必要なのですが、日本酒の場合は原料の米に糖分が含まれていないため、米のデンプンを麹(こうじ)で糖化することで発酵を促しています。 一方、「蒸留酒」は醸造酒を加熱し、気体となったアルコールを集め、再び冷やして液体に戻したお酒です。醸造酒を一度気体にすることで、よりアルコール度数の高いお酒を作ることができます。そのため、一般的な醸造酒のアルコール度数が20度程度であるのに対し、蒸留酒は40度を超えるものも珍しくありません。 酒税法では日本酒のアルコール度数は22度未満に定められており、市販されている日本酒の多くは15度前後となっています。一方、焼酎のアルコール度数は「甲類」と呼ばれる連続式蒸留酒で36度未満、「乙類」や「本格焼酎」と呼ばれる単式蒸留焼酎は45度以下に定められています。 市販される焼酎のアルコール度数も日本酒より高く、20度から25度のものが多いのが特徴です。 POINT:製造方法が違う→アルコール度数や糖質、カロリーに差がある 製造方法によって生まれる違いは、アルコール度数だけではありません。日本酒と焼酎では、糖質やカロリーといった栄養素も異なります。 以下の表は、日本酒と焼酎それぞれ100mlあたりに含まれるカロリーと糖質量になります。 カロリー 炭水化物(糖質量) 日本酒 103~109kcal 3.6~4.9g 焼酎 146~206kcal 0g 参考:文部科学省「日本食品標準成分表」 日本酒も焼酎も種類によって数値は異なりますが、それでも焼酎のカロリーは日本酒の2倍近くあることになります。ダイエット中の方にとってはびっくりしてしまう数字かもしれません。 しかし、前述したように焼酎はアルコール度数の高いお酒です。そのため、日本酒のようにストレートでそのまま口にするより、ロックやお湯割り、ソーダ割りなどで飲むことが多くなります。結果的に、一度あたりの摂取量は日本酒よりも少なくなると考えられるでしょう。 1-2. 原料が違う 日本の伝統的なお酒である日本酒は、お米を原料に作られています。一方、焼酎は米や芋、そばなどさまざまな原料から作られるのが特徴です。 日本酒と米焼酎の原料は「お米」で共通しているのですが、焼酎は食用の米を原料にするのに対し、日本酒は「酒造好適米(しゅぞうこうてきまい)」と呼ばれる日本酒用の米を原料に作られています。 酒造好適米は食用米に比べ粒が大きく、「心白(しんぱく)」と呼ばれる中心部分が占める割合が多いお米です。 日本酒を作るためには、米の外側に含まれる栄養素が味の雑味となるため、外側をあえて削る精米をしなくてはいけません。この精米の度合いが日本酒の味や香りの決め手となるのですが、粒の大きな酒造好適米であれば、より美味しく香り高い日本酒を作ることができるのです。 また、日本酒は米を原料にした醸造酒。つまり、日本酒を蒸留すれば米焼酎ができあがることになります。そのため、有名酒蔵の中には、日本酒だけでなく焼酎を製造販売することで知られる蔵元もあります。 1-3. 風合い・香りや味が違う 醸造酒である日本酒は、香りや味わいに酒米の特徴が残るのがポイントです。ブドウを原料にした醸造酒であるワインもまた、その色や香りを楽しむお酒として有名ですよね。 そのため、日本酒は他の飲料で割ることなく、ストレートで冷酒や燗酒にして味わうのが一般的です。 一方、蒸留酒である焼酎は香りや風合いがかなり洗練されています。焼酎だけでなく、ウィスキーやジン、ウォッカといったお酒も蒸留酒であると言われればイメージしやすいのではないでしょうか。 アルコール度数も日本酒と比べると高いため、ロックにしたり炭酸で割ったり、チューハイのように他のリキュールと合わせることも多いお酒になります。 2. 健康やダイエットに良いのはどっち? 原料や製造方法が異なる日本酒と焼酎。「健康やダイエットが気になるけれどお酒は飲みたい!」という方にとっては、一体どちらが良いか気になるところですよね。 ここからは、日本酒と焼酎の栄養成分についてチェックしていきましょう。 日本酒のカロリーや糖質など、詳しくはこちらの記事で解説しています https://sake-5.jp/sake-diet/ 2-1. 健康に良いのは日本酒! 日本酒は美肌効果があると耳にしたことがある女性も多いのではないでしょうか。しかし、日本酒には美容だけでなく、ストレス解消や血行促進など体に嬉しい効能がたくさん含まれているのです。 まず注目したいのが、日本酒に含まれる「コウジ酸」と「フェルラ酸」。コウジ酸にはシミを抑制する効果、フェルラ酸には老化を防止する効果があると言われており、日本酒を飲めば肌の内側からアンチエイジング効果を期待することができます。 また、日本酒のアルコール成分にはセロトニンの分泌を促す作用が含まれています。セロトニンとは、気持ちを落ち着かせたり不安を抑えてくれる脳内物質。そのため、日本酒を摂取するとストレス解消につながると考えられているのです。 他にも、アルコールの中で日本酒にもっとも多く含まれている「アミノ酸」は、血行を促進させたり記憶力向上に役立つなど健康効果もばつぐん。 もちろん飲みすぎは禁物ですが、1日1合(180ml)程度であれば、日本酒の成分はおおいに健康につながると言えるでしょう。 2-2. ダイエットに良いのは焼酎! 蒸留酒である焼酎には、前述したように糖質が含まれていません。日本酒と比べるとカロリーは高くなりますが、栄養素が含まれていないためエンプティカロリー(空のカロリー)とも呼ばれているのです。 アルコールのエンプティカロリーは熱として分解されやすく、身体に蓄積されにくいためダイエットを気にする方には日本酒よりも焼酎がおすすめとなります。 ただし、注意しなくてはいけないのは焼酎と一緒におつまみを食べ過ぎてしまわないこと! お酒を飲むと、ついつい食べ過ぎるという経験はありませんか?これは、アルコールには食欲を促進させる効果があるからなのです。 特に、アルコール度数の高い焼酎を飲む時には注意が必要。ダイエット中はカロリーや糖質の低いおつまみを上手に選んだり、合間に水を飲んで体内のアルコール度数が上がらないように気を付けるなどして、上手にお酒を楽しみましょう。 3. 日本酒と焼酎はどっちが人気なの? 日本酒と焼酎の人気を比較してみると、およそ1.5~2倍近い割合で日本酒の方が多く飲まれていることが分かります。特に、人が集まったりお歳暮でお酒を贈ることの多い年末は、日本酒が高い人気を得ているのが分かりますね。 地方ごとで比べてみても日本酒の人気は高く、米どころであり酒どころである東北を中心に日本酒は広く親しまれています。焼酎が九州地方を中心に好まれているのは、「本格焼酎」とも呼ばれる乙類の焼酎の約80%が九州で生産されているから。 麦焼酎は長崎、そば焼酎は宮崎、米焼酎は熊本に芋焼酎は鹿児島と、それぞれの土地で栽培される豊かな農産物が焼酎の原料となっているのです。 「3M」と呼ばれるプレミアム焼酎「森伊蔵」「村尾」「魔王」もまた、鹿児島県で生産されている芋焼酎なんですよ。 trends.embed.renderExploreWidget("TIMESERIES", {"comparisonItem":,"category":0,"property":""}, {"exploreQuery":"geo=JP&q=%E6%97%A5%E6%9C%AC%E9%85%92,%E7%84%BC%E9%85%8E&date=today 12-m,today 12-m","guestPath":"https://trends.google.co.jp:443/trends/embed/"}); お酒好きな方へのプレゼントにも、日本酒や焼酎はおすすめ。ただし、米だけで造る日本酒と比べ、焼酎は原料によって個性が大きく異なるお酒です。 trends.embed.renderExploreWidget("GEO_MAP", {"comparisonItem":,"category":0,"property":""}, {"exploreQuery":"geo=JP&q=%E6%97%A5%E6%9C%AC%E9%85%92,%E7%84%BC%E9%85%8E&date=today 12-m,today 12-m","guestPath":"https://trends.google.co.jp:443/trends/embed/"}); 贈る相手が普段どのような焼酎を飲んでいるか分かれば良いのですが、そうでない場合にはすっきりとした味わいの麦焼酎や米焼酎がおすすめです。 日本酒で有名な酒蔵の作る焼酎であれば、日本酒好きも焼酎好きもより満足することができそうですね。 4.まとめ 醸造酒である日本酒と、蒸留酒である焼酎。それぞれの違いを知ることで、次回からお酒を選ぶ幅がもっと広がるのではないでしょうか。ぜひお気に入りの銘柄を見つけて、美味しく楽しくそれぞれのお酒を味わってみてくださいね。

SAKEICE6種類、食べてみました!その味は?

いつも日本酒ラボを見ていただきありがとうございます!日本酒ラボの更新をしている中の人です。 今回は、6種類のSAKEICEを食べましたので、そのレビューをしたいと思います!ぜひ、参考になりましたら幸いです。 今回食べたのはこちらの6種類です! 日本酒アイス 抹茶 チョコレート 紫あまざけ 日本酒アイス(男山) 柚子 それでは一つずつ味わいについて紹介していきます。 1.6つの日本酒アイスを紹介! すべてのアイスに共通していることとして、すべてのアイスにアルコールが含まれているため、ずっと冷凍庫にいれていたとしても固くなりすぎずしっとりしていました。反面溶けやすいので注意は必要です。 1-1.日本酒アイス まず紹介するのが一番オーソドックスな日本酒アイスです。 日本酒が含まれていることによるお米のふくよかな甘味と、バニラの甘みがうまく混ざり合い非常においしいです。 アルコールが含まれていることにより、口溶けは非常になめらかで口の中で溶け切ったあとに残る後味はバニラの甘みが消え、日本酒のお米の甘みが残ります。 1-2.抹茶 おいしいけど一番レビューしにくいなあと感じました笑 他の味は先にどちらかの味がきて後からどちらかの味が抜けていくといった感じなのですが、この抹茶に関しては 「どちらの味も同時にした」というような表現が正しいと思います。 抹茶!?日本酒!?抹茶!?日本酒!?と食べながら中の人はとても混乱していました。 抹茶の上品なおいしさの中に日本酒のあまみが溶け込んでいるという印象でした。 後味にお米の甘みが残っていくので、とてもバランスのいいアイスだと思います。 1-3.チョコレート 日本酒とチョコレートはペアリングとしてもあるくらいなので、間違いなくおいしいだろうなと思っていましたが、案の定おいしかったです!個人的にはとても好みでしたね。 味わいとしてはバニラよりお酒感は控えめで、お酒が苦手な人でも美味しく楽しめると思います。 口に入れた時、最初はチョコレートの味がしてからその後日本酒のお米の甘さが抜けていきます。 普通のチョコレートアイスですと、甘さをクドいと感じる人もいるかもしれませんが、このSAKEICEのチョコレートは後味がチョコレートの甘さではなく、日本酒の甘さなのでクドいと感じることは全くありませんでした。 溶けてくると、チョコレートより日本酒の味が強くなってくるので、「お酒の感じがあまり得意ではない...」という方は、溶ける前に食べきるといいですね。 1-4.紫あまざけ 紫あまざけは紫黒米と麹で造られたアイスです。 紫黒米はポリフェノールや食物繊維、その他栄養素が普通のお米より豊富で健康食・美容食として最近話題のお米です。 紫あまざけのこのアイスは、ノンアルコールなのでお酒に弱い方には一番食べやすいかなと思いました。 味わいは本当にお米と麹で作られたというのが、わかるような素朴な甘みです。イメージとしては、色も相まって甘さが控えめな上品なあんこのようだと感じました。 おいしいことは間違いないですが、アイスにしっかりとしたお酒の味を求めているという場合は、この紫あまざけは少し物足りなく感じてしまうかもしれません。 1-5.日本酒アイス(男山) 北海道・旭川の「男山」を贅沢に使用された日本酒アイスです。 食べる前は日本酒感が強いのかなと予想しておりましたが、そんなことはありませんでした! 口溶けは非常になめらかで、一番オーソドックスな日本酒アイスより、さらにミルク感のような味わいを感じました。 一番近い味でいうとラムレーズンに近いかなと思っています。 個人的にはこの6つのなかで一番好きでした!いくらでもたべれそう! 1-6.柚子 柚子のアイスの勝手なイメージで、シャーベットのような食感を想像していましたが、アルコールが含まれていることによって、とてもなめらかな口溶けでした。 口に入れると最初に感じるのは柚子の爽やかな香りとわずかな酸味、その味が消えていくと日本酒の甘みが抜けていきます。 口から全てなくなったときに後味に残るのは、ゆずと日本酒が合わさったほのかな苦味。 苦味と言っても悪い苦味ではなく、また次のひとくちを運びたくなるようなそんなおいしさがあります。 非常に小さい柚子の果肉も入っているように感じました。 まとめ SAKEICE6種食べてみました! 結論から言うとすべておいしかったです。今後も様々な酒蔵さんとコラボして、色んな味のSAKEICEがでてくると思うので要チェックです! ここまで見ていただきありがとうございました。ぜひ機会があれば食べてみてくださいね。

日本酒は料理酒としても使える!日本酒と料理酒に違いなどについて解説

晩酌として人気のある日本酒。自宅にお気に入りの銘柄を常備している人も多いでしょう。 しかし、宅飲み用の日本酒は中途半端に余ることがありますよね。余った日本酒は料理酒として利用すれば、キレイに使い切ることが可能です。 今回は日本酒を料理酒として扱うポイントを解説していきます。 1.日本酒は料理酒としても使える! 1-1.日本酒と料理酒に違いはある? 最初に日本酒と料理酒の違いを説明します。日本酒と料理酒はどちらもアルコール製品。しかし、塩分濃度が違うという特徴があります。料理酒は名前の通り、飲用ではなく料理に使うのが前提です。そのため、一般的なアルコール飲料より塩分を多く加えられています。 料理酒の種類によっては、甘味成分などが添加されているケースもありますね。料理酒はあくまでも「味付け」のために作られているのです。 1-2.日本酒を料理酒として使うポイント 日本酒を料理酒として使う場合、基本的にはレシピに記載されている料理酒の量と同じ量を使えば大丈夫です。ただし、通常の料理酒に比べると塩分が少ないため、出来上がった料理が薄味になることがあります。味見をして物足りないと感じたら、塩を少々加えてください。普段通りの味付けに近づきます。 また、塩分の取り過ぎが気になる人は純米酒を使いましょう。純米酒は日本酒のなかでも米の旨味が強いお酒です。料理酒として使えば、塩分を加えなくても深いコクをプラスすることができます。とくに魚介や野菜の酒蒸しなど、シンプルな料理と相性がいいです。 2.日本酒は調味料にもなる! 2-1.料理の調味料になる 日本酒はしょうゆ、塩と同じ調味料としても活躍します。たとえば、しょうゆダレ。既存のレシピに軽く日本酒を加えれば複雑なコクが生まれます。すき焼きの割り下、照り焼きのタレなど、色々と応用できるテクニックです。 うどんなどの麺をゆでるときにも使えます。お湯に少量の日本酒を加えることで、風味が格段にアップ。鍋物の出汁の代わりとして使う方法もあります。日本酒は幅広い使い方ができるので、料理好きの人はいろいろと試してみてください。 2-2.食材の臭みを抜く効果も? 日本酒には肉、魚介といった食材の臭みを抜く効果があるといわれます。日本酒に含まれるアルコールが食材の臭み成分と反応し、一緒に揮発するという仕組みです。 実際の料理では、調理前の食材を15分から30分ほど日本酒に漬け込みます。あとはキッチンペーパーで水気を取り除けば、臭みが抜けた状態です。日本酒の香りもプレスされています。銘柄によっては独特の香りになるため、なるべく香りにクセがないものを選ぶのがコツです。 注意点は食材を漬け込んだ日本酒を他のことに使わないこと。食材の臭みが溶け出しているので、そのまま料理酒に使えば臭みを戻すことになります。飲んでも本来のおいしさは失われているため、普通に捨てたほうが無難です。 3.日本酒を使うと美味しい料理 3-1.照り焼き 肉や魚の照り焼きに日本酒を使ってみましょう。肉や魚の臭みを消し料理全体にコクが生まれます。 例えば鶏肉の照り焼きなどは、しょうゆと砂糖、などが一般的ですが、砂糖を使わずにみりんと日本酒を調味料として使うことで「美しい照り」がでて、料理全体がまろやかな味になります。 3-2.煮付け ぶり大根や、角煮、肉じゃが等の煮つけ料理にも日本酒は最適です。煮汁の調味料で料理酒を使用していたところを日本酒にかえて調理するだけです。 これらの料理は臭みが気になる料理だとおもいますが、日本酒がその臭みを防いでくれて魚であればふっくらとジューシーに。 肉などの身を柔らかくする効果もあり味を素材の中にぎゅっと押し込めてくれます。 3-3.汁物 汁物にも日本酒を使うと美味しくなります。昔から潮汁と呼ばれる魚介類のだしを塩などで味付けしたハマグリの汁物や鯛の汁物などがありますが、これらに使うのも料理酒より日本酒がおすすめです。 臭みが残らず美味しく出来上がります。また、とん汁やけんちん汁といったものにも日本酒を使うと風味良く美味しく仕上がります。   4.料理に使う日本酒はどの銘柄がいい? 料理に使う日本酒は普段飲んでいる銘柄の余りで大丈夫です。しかし、なかには料理専用に日本酒が欲しいと考える人もいるでしょう。以下は料理酒として使いやすい日本酒の銘柄です。 4-1.沢の鶴 米だけの酒 「沢の鶴 米だけの酒」は100%国産米で作られた純米酒です。大量生産の日本酒に使われる醸造アルコール、酸味料といった添加物を一切使用していないのがポイント。料理に使えば純粋な米の旨味だけをプラスすることができます。健康志向の人におすすめです。 もちろん、普通に飲んでも米の豊かな香りを味わえます。価格もお手頃なので、コスパのいい万能な日本酒です。 (出典元:amazon.co.jp) 4-2.月桂冠 山田錦純米 「月桂冠 山田錦純米」は酒造米として名高い「山田錦」を使った辛口純米酒。複雑で豊かなコクがあるのが特徴です。料理酒として使えば、他の調味料を使わなくても十分に食材の旨味を引き出してくれます。香りも立つので、煮込み料理と相性がいいです。 普通に飲めば、日本酒らしいキレの良さを味わえます。お酒好きの人におすすめしたい1本です。 (出典元:amazon.co.jp) 4-3.黒松白鹿 ひとめぼれ 純米 岩手のブランド米「ひとめぼれ」を使った純米酒が「黒松白鹿 ひとめぼれ 純米」です。ほんのりした酸味があり、料理酒に使えばあっさりした仕上がりにしてくれます。肉や魚を煮込むときに使ってみるといいでしょう。調味料として使うワインの代用も考えられます。 口当たりが軽く飲みやすいので、料理をしながらの一杯にも最適。お酒が苦手な人や女性でも楽しめる日本酒です。 (出典元:amazon.co.jp) まとめ 日本酒を料理酒として使うポイントを解説してきました。通常の料理酒は味付けのために塩分が高くなっています。日本酒で代用すれば、余分な添加物を使わずに料理を仕上げることが可能です。食材の臭み抜きといった下ごしらえにも便利。 料理用の日本酒が欲しい人は、今回紹介した銘柄を参考にお気に入りのものを探してみてください。料理の幅が格段に広がっていくはずです。

知ればもっと日本酒が好きになる!初心者が日本酒について学べる本を紹介

実際に日本酒をたくさん飲んで学ぶというのも立派な方法ですが、日本酒に関する本から日本酒に関する知識を学ぶという方法もあります。 今回は日本酒について学びたいと思っている初心者の方から、日本酒好きな方まで楽しめる日本酒に関する本を紹介していきます。 1.日本酒初心者におすすめの本 1-1.ゼロから分かる! 図解日本酒入門 タイトルに「図解日本酒入門」とある通り、日本酒のあらゆる疑問に対してイラストを交えて解説がされています。 お店ではどんな順番で飲むのが良い?」「特定名称酒ってどう違うの?」「ラベルの用語が難しい」「日本酒と料理の合わせ方は?」「このお酒は、冷やと燗どっちで味わうのがいい?」「飲み切れなかった日本酒の保存方法は?」などなど、日本酒についてこれから詳しくなりたいという方におすすめの一冊です。 【内容】 ●第1章●まずはお店で飲んでみよう スパークリング日本酒/大吟醸/吟醸/純米/お燗/古酒とは ほか ●第2章●ウチ飲みの楽しみ方 おすすめの酒器/お燗のつけ方/凍らせて楽しむ日本酒/おつまみレシピ ほか ●第3章●お酒を買いに行こう ネットで買う時の注意点/ラベルの見方/酒の賞味期限と保存方法 ほか ●第4章●日本酒、素朴な疑問 特撰・上撰・佳撰とは/日本酒の造り方/酒蔵はどうなっている/酒粕活用術 ほか ●第5章●旅飲みのすすめ 見学できる酒蔵リスト/全国おすすめ日本酒リスト ●巻末● 日本酒用語事典/日本酒テイスティングシート ほか (出典元:amazon) 1-2.蔵元の娘と楽しむ日本酒入門 名酒「喜楽長」でおなじみ、2020年に創業200年を迎えた老舗蔵喜多酒造。 28歳の九代目次期蔵元/喜多麻優子氏が「日本酒飲みたくても何から、どうやって飲めばいいのか分からない」と悩む方のために造り手・飲み手両方の視点から日本酒の全てを分かりやすい言葉で伝えています。 【内容】 <はじめの一歩編> 知識ゼロからの「日本酒の飲み方」/初めてでも安心の「日本酒の選び方」/知っておきたい「日本酒の基礎知識」 <もう一歩編> より好きになれる「日本酒との付き合い方」/美味しさの秘密が分かる「酒造りの現場」/知ればナットクの「日本酒トリビア」 <レシピ編>おつまみ16種&日本酒割りの方法(いずれもペアリング情報付き) (出典元:amazon) 1-3.妄想図解!知識ゼロでもわかる 日本酒はじめ 数ある日本酒の中から、自分の好みやその時の気分、料理とのペアリングを考えて日本酒を選ぶのはなかなか難しい。 酒店でも居酒屋でも、なんとなくで日本酒を選んでいる、そんな方に向けて、マンガや図解で日本酒についてわかりやすく解説がさなされています。 日本酒のラベルに記載されている「吟醸」「冷やおろし」「山廃」など、計24種の用語がキャラクター化されており、本誌内に登場し、わかりやすさがましているのもポイントです。 【内容】 STEP1 日本酒のラベルを読めるようになる! 特定名称酒ってなに?(吟醸酒/純米酒/本醸造酒) 日本酒のいろいろ(新酒/冷やおろし/古酒/無濾過/荒ばしり/生酛/山廃/どぶろく など) 酒米のちがい(山田錦/雄町/美山錦/五百万石/愛山/亀の尾 など) STEP2 日本酒を選ぶ、飲む、ペアリングする 味わいの方向性4タイプ どのタイプが好き?Yes・No診断 おいしい温度帯 タイプ別 料理とのペアリング 季節のたのしみ STEP3 日本酒を深める 日本酒ができるまで 水のはなし/酵母のはなし 日本酒用語辞典 おすすめ日本酒ガイド (出典元:amazon) 1-4.ちょっと知ると、もっと好きになる 日本酒超入門 呑みたい酒の見つけ方 居酒屋で、酒屋で、家飲みで、自分が「飲みたい」と思える日本酒に出会うための、日本酒居酒屋店主・酒ソムリエによる初心者向け実践ガイドになるのがこの「ちょっと知ると、もっと好きになる 日本酒超入門 呑みたい酒の見つけ方」です。 他の書籍とは違い、「自分が飲みたいと思える日本酒に出会うための方法」に特化しています。 まだ自分にとってこの銘柄が好きだ!というものに出会えていない方は、ぜひ手にとってみてはいかがでしょうか? (出典元:amazon) 1-5.日本酒の教科書 「教科書」の名にふさわしい日本酒の基本(原料、製造過程、蔵の一日、テイスティング、作法など)が丁寧に解説されています。 さらに、350種類もの厳選日本酒カタログを都道府県順に紹介。それぞれのお酒に対して、香り、味わい、料理との相性、適温、度数、蔵元名などがぎゅっと詰まった一冊となっています。 【内容】 第1章 日本酒を造る(基本の巻ー日本酒に秘められた思いと造りの概要/米の巻ー酒造りは米の吟味から始まる。米は酒 ほか) 第2章 日本酒を味わう(日本酒の4つのタイプ/日本酒と料理の相性/日本酒のおいしい飲み方 ほか) 第3章 美味い日本酒を知る(久保田/越乃寒梅/八海山 有名銘柄のランク違いを飲み比べ/厳選の日本酒351) (出典元:amazon) 2.もっと日本酒のことが好きになる日本酒の本 2-1.日本酒マニアックBOOK 監修を務めているのはNHK Eテレ『きょうから飲み方が変わる! 日本酒のいろは』(NHK出版)や『うまい日本酒の選び方』(エイ出版)などを手がけてきた酒ジャーナリストの葉石かおり氏。 うまい酒紹介や日本酒入門など、これまでに多数出ている本とは全く違う気楽に読めて面白く、日本酒の多角的なあれこれがわかる一冊となっています。 内容(一部) ・魅せる・酒漢(イケメン蔵元グラビア) ・一升瓶とわ・た・し(藤代冥砂撮りおろし) ・漫画家ラズウェル細木インタビュー ・日本酒マニアック銘柄 ・日本酒界のゆるキャラ「山川光男」 ・缶詰で作る日本酒のアテ ・6号酵母誌上サミット ・マニアックな酒を醸す次世代蔵元の横顔 ・酒米の系譜 (出典元:amazon) 2-2.新版 厳選日本酒手帖 2014年刊行『厳選日本酒手帖』の内容が改訂され、32ページ増とさらに内容が充実しました。 日本全国のおすすめ約150の蔵元から、定番の1本や蔵元がぜひ飲んでほしいとお酒などが紹介されており、どれも納得のおいしさです。 ラベルの読み方や、純米や大吟醸など名称の解説付きで、自分好みのお酒選びに役立ちます。 また酒器やお燗のつけ方などもご紹介。おうち時間が増えたいま、おうちでおいしいお酒を飲むためににぴったりな一冊です。 (出典元:amazon) 2-3.蔵人直伝 日本酒つまみ 人気酒蔵の蔵人たちがお酒と合わせて食べている絶品おつまみと日本酒好きが集まる老舗酒屋&人気の日本酒居酒屋が提案する日本酒のペアリングおつまみレシピの本です。 日本酒をもっと美味しく楽しむためのお役立ちコラムも充実!しており、旨さを引き出す日本酒の温度帯(お燗のつけ方)、グラスが違うと味が変わる(酒器選び)なども紹介されています。 (出典元:amazon) まとめ 初心者の方が日本酒について学べる本や、日本酒がもっと好きになれる本について紹介しました。 インターネットで検索すればだいたいのことは調べることができる昨今ですが、本からしか学べないことも中にはあります。 ぜひお手にとってみてはいかがでしょうか?

日本酒初心者は飲み比べセットがベスト!その理由とおすすめセット16選を紹介

日本酒の飲み比べセットは、色々な味を楽しみたい方におすすめです。純米酒や大吟醸など味の種類が多い日本酒の中から、自分のお気に入りを見つけることもできます。 酒店おすすめのセット商品は、大切な方へのギフトとしても人気。こちらでは、日本酒の 飲み比べセットをおすすめする理由と、人気商品を合わせてご紹介していきます。 1.初心者に日本酒の飲み比べセットがオススメな理由 いくつかの日本酒を合わせて販売している飲み比べセットは、日本酒を飲み慣れていない初心者の方にオススメです。ひとくちに「飲み比べセット」と言っても、そのテーマは日本酒の種類のように多種多様。同じ酒蔵の日本酒を集めたもの、季節ごとのテーマで揃えたものなどバラエティに富んでいます。 まずは、初心者の方に飲み比べセットがオススメな3つの理由について解説していきますね。 1-1.一度に色々な日本酒が飲めて比べることができる 日本酒は、甘口や辛口、スッキリ淡麗に芳醇旨口など、さまざまな味の種類があるお酒。また、生産される土地によってもその個性は変化し、種類の多さは日本酒の楽しみであると同時に、日本酒が難しいといわれる理由のひとつにもなっています。 「日本酒は種類が多すぎてどれを選んだらよいか分からない…」 そんな初心者にぴったりなのが、一度に色々な味に挑戦できる飲み比べセット。 「自分は甘口より辛口の日本酒の方が好みかも」 「大吟醸の香りってこんなにフルーティーなんだ!」 と、日本酒の入門編として楽しみの幅をより広げることができるのです。 自分のお気に入りの味を見つけておけば、お店で日本酒を注文したり店頭で選ぶ際の目安にもなります。飲み比べセットをきっかけに、日本酒の奥深さを知ることができますよ。 1-2.一本ずつ買うよりも安くなっていることが多い 日本酒は、種類が多いだけにたくさんの味を楽しもうと思うとそれだけ費用が掛かってしまいます。1本あたり数千円のものから中には数万円する高額なものまであり、初心者はどれから手をつけて良いか迷ってしまいますよね。 一方、費用の面でもお得なのが飲み比べセット。一度に数本をまとめて販売できる飲み比べセットは、1本あたりの価格が安く抑えられていることが多いのです。 サイズも一升瓶からミニボトルまで幅広く、初心者の方でも気軽に色々な味に挑戦することができます。 1-3.酒店オススメの銘柄がセットになっている 初心者にとって飲み比べセットが嬉しいポイントは、酒店オススメの銘柄がまとめて販売されていること。多くの種類を知り尽くした酒店オススメの日本酒であれば、日本酒を飲み慣れない初心者の方でも安心して購入することができますよね。 酒店がオススメする飲み比べセットには、ひとつの銘柄の「大吟醸・吟醸・本醸造」をまとめたものもあります。このようなセット品では、同じ銘柄であっても、米の削り具合や仕込み方によって味に違いがあることを感じ取れます。 また、「夏酒セット」や「秋のひやおろしセット」など、季節に合わせた飲み比べセットも初心者にはオススメ。一度に色々な酒蔵の季節商品を味わえるのも、飲み比べセットならではの醍醐味です。 実際に酒店に足を運ぶ際には、それぞれの飲み比べセットについてのこだわりを店主から直接聞くのもまた楽しみのひとつですよ。 2.オススメの日本酒飲み比べセット16選 ここからは、オススメの日本酒飲み比べセットをご紹介します。お家で楽しむためのセットから、日本酒好きな方へおすすめのセットまで、幅広いラインアップをぜひ参考になさってください。 2-1.すべて味わいの違うセットはお中元にも「人気蔵5本セット」 酒店選りすぐりの5本セットは、すべて味わいの異なる地酒。300mlの飲みきりサイズで美味しい時期を逃すことなく楽しむことができます。 中でも注目すべきは、京都府の木下酒造が造る「玉川」。来日した際に日本酒の魅力にはまったというハーパー杜氏の造るお酒は、ビオワインのような自然な味わいが魅力です。 また、縁起の良い名前の「来福」はふくよかでマイルドな味わいの純米酒。広島県の「天寶一」に茨城県の「大観」と、市場での評価も高い地酒も並びます。 香り高い日本酒の代表格である「獺祭」も加わるセット品は、大切な人への感謝の気持ちを表す品としても最適。お酒好きな方への贈り物をお探しの方も、ぜひチェックしてみてください。 (出典元:楽天市場) ・獺祭(だっさい) 純米大吟醸 磨き45 ・純米吟醸 玉川 ・来福 特別純米 ・天寶一 特別純米 ・富士大観 純米吟醸 価格 4,400円 (税込) 2-2.おうち時間におすすめ「辛口日本酒3本セット」 「辛口ってどんなお酒?」「辛口のお酒で家飲みしたい!」という方におすすめなのがこちらのセット。酒店が選ぶ3本は、和食だけでなく洋食とも相性の良い日本酒です。 宮城県の超辛口日本酒「日高見」は、お燗にしても楽しめる辛口日本酒の代表格。山口県の「貴」は、辛口でありながら米の旨味を感じることのできるお酒です。 「来福」の超辛口は香りが控えめなため、繊細な和食との相性も抜群。料理と日本酒とのペアリングを存分に楽しむことのできるセット品です。 【うちですごそう】家飲み辛口日本酒セット(各720ml) ・日高見 超辛口純米酒 ・貴 濃醇辛口 純米酒 ・来福 純米吟醸 超辛口 価格:3,673 円(税込3,966 円) 2-3.新潟地酒飲み比べ5本セット 米処と酒処でおなじみの新潟の地酒5本セットです。おいしい新潟の地酒の中でも全国新酒品評会で金賞受賞酒蔵のお酒のみに厳選されています。 「越乃寒梅」は適度な酸味と辛口でなめらかな口当たりが特徴。「八海山」は淡麗なスッキリとしたのみ口で料理の邪魔をせず食中酒として楽しめます。 「菊水 本醸造生原酒」はフレッシュな果実のような香り、コクのあるしっかりとしたうまみが織りなす豊かな味わいです。「北雪 金星 生貯蔵酒」はキレよく飲み飽きない辛口のお酒でお燗から冷酒まで幅広くどんな料理とも合うお酒です。 「厳選辛口 吉乃川」はきれいな口当たりが特徴で自然の旨味でスッキリとした辛口です。 新潟地酒飲み比べ300ml×5本セット ・越乃寒梅 ・八海山 ・菊水 本醸造生原酒 ・北雪 金星 生貯蔵酒 価格:3288円(税込) (出典元:楽天市場) 2-4.高知の地酒 辛口 飲み比べ 6本セット【300ml×6本】 土佐の辛口酒を主体に、6種の飲み比べを楽しめるセットです。高知県に18ある酒蔵を唎酒師自らが訪問。選りすぐりの銘柄が勢ぞろいしています。辛口といっても味わいはそれぞれに異なるため、自分好みのお気に入りの1本を見つけられますよ。 (出典元:楽天市場) ・安芸虎(あきとら) 純米吟醸酒 ・美丈夫(びじょうふ) 吟醸酒 ・文佳人(ぶんかじん) 純米吟醸酒 ・桂月(けいげつ) 特別純米酒 ・司牡丹(つかさぼたん) 特別純米酒 ・久礼(くれ) 吟醸無濾過 販売価格: 4,980円(税込み) 2-5.杜氏の技術が光る!低アルコール日本酒2本セット アルコール度数を12~14度に抑えた飲みやすい2本セットです。加水をするのではなく、酵母の働きをコントロールしながら低アルコールを実現しています。「勝山」「風の森」それぞれに、ジューシーでフレッシュな甘みが印象的。「これが日本酒?」とうれしい驚きを与えてくれるセットは、日本酒初心者にもおすすめです。 (出典元:IMADEYA ONLINE STORE) ・勝山 純米吟醸 鴒 サファイア ・風鴒の森 ALPHA TYPE1 販売価格: 5,115円(税込み) 2-6.青森三蔵 NOSTALGIAセット 720ml×3本 青森県3蔵の、秋あがり3本セットです。秋あがりとは、冬に仕込んでひと夏寝かせたお酒のこと。穏やかな香りとまろやかな旨味を持ち、「ひやおろし」とも呼ばれます。使用しているのは青森県の酒米「華吹雪」。ぜひ、蔵ごとに異なる味わいを楽しんでみてくださいね。 (出典元:IMADEYA ONLINE STORE) ・田酒(でんしゅ) ・鳩正宗(はとまさむね) ・陸奥八仙(むつはっせん) 販売価格: 4,950円(税込み) 2-7.Actiba2020 千葉県産山田錦 火入れ 5本セット 720ml×5本 千葉県の約40の酒蔵が集結したプロジェクト「Actiba」(アク千葉)で生まれた飲み比べセットです。使用しているのは、同じ度合いで精米した千葉県産の酒米。酒蔵の仕込みよって生まれる、それぞれの味わいを楽しむことができます。お気に入りの1本をきっかけに、蔵のスタンダード品を試してみるのもおすすめです。 (出典元:IMADEYA ONLINE STORE) ・木戸泉 ・東灘 ・福祝 ・甲子 ・仁勇 販売価格: 8,250円(税込み) 2-8.【仕込み水違い飲み比べ】上川大雪...

人気の記事

最新の投稿

読んで日本酒をもっと楽しく