日本酒ウォッチ

最新の記事

-高級日本酒という新しい選択肢を-ラグジュアリー日本酒ブランド「MINAKI」の魅力を紹介

2022年に誕生したラグジュアリー日本酒ブランド「MINAKI」。 販売直後から世界最高峰のワイン品評会「IWC」でのトロフィー賞を始め、6つの世界的品評会で受賞。また発売から1年で、ミシュラン星付きレストランや5つ星ホテル100店舗以上で提供されています。 2023年には、新シリーズ「極幻 FORMULA.2」が国際的コンペティションで金賞を受賞するなど、国内外で高い注目を集めています。 今回は「MINAKI」の魅力をたっぷりと解説。ブランドに込められた想いやこだわり、おすすめのペアリングなどご紹介します。 1.ラグジュアリー日本酒ブランド「MINAKI」とは 「MINAKI」は、2022年2月に株式会社REBORNが立ち上げたラグジュアリー日本酒ブランドです。 2023年の「全米日本酒歓評会」では、「極幻 FORMULA.2」が発売から約半年、初出品で金賞を受賞。フラッグシップの「極幻」も銀賞を受賞するなど、2年連続で世界的評価を得ています。 香りは上品でクリアな味わい。ラグジュアリーな世界観を纏う「MINAKI」は日本酒に馴染みがない人でも飲みやすく、特別な贈り物としても支持されています。 1-1.人生の節目に開けたくなる、特別な1本を 株式会社REBORN代表の皆木 研二氏は、今では考えられないものの、5年前までは日本酒に触れる機会がほとんどなかったといいます。 そんな皆木氏が日本酒の魅力に気付くきっかけとなったのが、日本全国を回るなかで出会った各地の日本酒の存在。 その土地の歴史と伝統を受け継ぎながら、脈々と進化を続ける日本酒に惹かれたという皆木氏は「世界中の人が人生の節目に開けたくなる、特別な1本を」という想いを胸に、確かな醸造技術をもつ杜氏とともにプロジェクトをスタートさせました。 「MINAKI」の醸造パートナーは、山形県の「奥羽自慢」と青森県の「八戸酒造」。どちらも伝統と革新、高い技術をあわせもつ酒蔵です。 さらに、徹底した市場調査や全国のシェフ・ソムリエとのディスカッションを重ね「MINAKI」にしか生み出すことのできない唯一無二の酒造りを実現しています。 1-2.ラグジュアリー日本酒に込められた想い 「MINAKI」の小売価格は1本(720ml)あたり2〜3万円台。日本酒の一般的な価格が2〜3千円であることを考えると、高級な部類であることがわかります。 「日本酒は安酒といった昔ながらのイメージのままだと、酒蔵には利益が残らず、日本酒という文化が衰退してしまう」 そう考える皆木氏が大切にしているのは「日本酒好きな方はもちろん、今までワインやシャンパンを飲んでいた方にも高級日本酒という選択肢を提案したい」という想いです。 設立当初、高級日本酒のコンセプトは世間で簡単に受け入れられるものではありませんでした。 しかし、皆木氏が飲食店に直接アプローチをし、1軒1軒ていねいに対話を重ねるなかで「MINAKI」ブランドへの共感の輪は広がっていきます。 何より人々の心を動かしたのが、各界のシェフたちが「美味しい」と語る確かな味わい。 現在はミシュラン星付きレストランをはじめ、5つ星ホテルや老舗旅館など約100店舗以上で「MINAKI」は提供されています。 2.新シリーズ「極幻 FORMULA.2」のこだわり 今回ご紹介するのは「極幻 FORMULA.2」。代表作「極幻」の新シリーズとなる日本酒です。こだわりの原料と製法、蔵の高い技術により「極幻」の新たな姿が表現されています。 2-1.山形県オリジナル酒米「雪女神」 「極幻 FORMULA.2」の原料米は、山形県オリジナルの酒米「雪女神」です。 山形県は、香り華やかな“吟醸酒”の出荷割合が高い吟醸王国。雪女神は山形県初の大吟醸向け品種として誕生しました。 粒が大きく、心白(しんぱく)と呼ばれる中心の白く濁った部分の発現率が高い雪女神は、小さく削った米を用いる吟醸酒造りに適しています。 雑味の原因となり得るタンパク質の含有量も少なく、酒質のきれいな仕上がりは、高級酒米・山田錦に匹敵するといわれるほどです。 2-2.精米歩合29% 精米歩合(せいまいぶあい)とは、玄米を削った後に残る割合を数字で示したものです。例えば「精米歩合60%」と表示のある日本酒は、外側を40%削った米を原料に造られています。 米を削ることは「磨く」とも表現され、よく磨いた米を用いるほど、日本酒は香り華やかでクリアな味わいに仕上がりやすいといわれています。 「極幻 FORMULA.2」の精米歩合は29%。酒米の特性を最大限引き出すため、雪女神を小さく磨き上げて造られた日本酒です。 酒米を小さく磨くのは容易なことではなく、酒蔵の高い技術力と時間を要します。「極幻 FORMULA.2」もまた、パートナーである酒蔵の醸造技術により生まれる逸品です。 2-3.パートナーは山形県の奥羽自慢 「極幻 FORMULA.2」の醸造パートナーは、山形県の奥羽自慢。1724年創業の老舗蔵です。 酒造りに用いられるのは超軟水の天然の井戸水。また、長期低温醸造に適した冬の寒さが上質な酒を育みます。 米に水、そして人と気候風土。「極幻 FORMULA.2」には、「土地への愛情や背景、ストーリーなどすべてを含んだラグジュアリー日本酒を提供したい」というブランドの想いが体現されています。 3.「極幻 FORMULA.2」の味わい 「極幻 FORMULA.2」の大きな特徴は、さわやかな香りと上品かつ繊細な口当たりです。 ポンという音とともに抜栓すると、たちまち青リンゴのように瑞々しい香りが広がりました。 色合いは自然のままの絹糸を思わせるやわらかな黄色。ワイングラスに注ぐと、より豊かな香りを堪能できます。 するりと口に流れる印象は清らかな水のよう。品の良い甘さと適度な酸味、ほんのりとしたコクが一体となり心地よい余韻とともに静かに消えていきます。 時間の流れで表情が変化する「極幻 FORMULA.2」は、食前から食中、食後とゆったりとお酒を楽しみたいときにもおすすめです。 青りんごのようにフレッシュな香りは、やがて白桃を思わせる甘くまろやかな香りに。クリアな酒質はあわせる料理を選ばず、幅広いシーンでラグジュアリーな“時”を演出してくれます。 3-1.日本酒を知るきっかけの1杯に 「初めて日本酒を飲む人にも美味しいと言ってもらえる味わいを目指した」という「MINAKI」のお酒は、日本酒を知るきっかけの1杯としておすすめです。 上品な香りとクリアな旨味のバランスに優れ「日本酒はアルコール感が強く飲みづらい」というイメージがある方ほど「これが日本酒?」と嬉しい驚きが得られます。 1度日本酒の入口に立てば、「もっと甘いお酒が飲んでみたい」「より味の濃いタイプを」と新たな扉が開かれるはず。 洗練されたボトルデザインも美しく、これまでワインやシャンパンを手土産にしていたようなシーンにも「高級日本酒」という新たな選択肢を与えてくれます。 3-2.「極幻 FORMULA.2」のペアリング 「極幻 FORMULA.2」の繊細でピュアな味わいは、素材のフレッシュ感を楽しみたい一皿にぴったり。ぶどうのジューシーな香りと甘み、カッテージチーズの酸味がお酒の個性と絶妙にマッチします。 仕上げにオリーブオイルを回しかけ、アクセントにバルサミコ酢を少々。白ワインをあわせたくなるようなシーンにも、ラグジュアリー日本酒「極幻 FORMULA.2」が華を添えてくれます。 「極幻 FORMULA.2」は和食の王道、刺身のパートナーとしても本領を発揮。きれいな酸味が素材の繊細な味わいを引き立てます。 寿司の名店をはじめ、名だたる中華レストランでも提供されるラグジュアリー日本酒「極幻 FORMULA.2」。日常を彩る1杯として、ぜひ好みのペアリングを見つけてみてください。 4.「MINAKI」はどこで買える?3種のラインナップ ラグジュアリー日本酒ブランド「MINAKI」のアイテムは公式サイトで販売されています。ラインナップは、スパークリング日本酒を含む全3種です。また、「極幻」シリーズは火入れと生酒の2タイプから購入できます。 4-1.極幻〜GOKUGEN〜 ラグジュアリー日本酒ブランド「MINAKI」のフラッグシップ。雑味がなくやわらかな口当たりは、食中酒としても最適。 極幻 価格:32,780円(税込) 製造場所:山形県 原料米:兵庫県産山田錦100% 内容量:720ml 精米歩合:17% アルコール分:15% 火入れ:1回 同封物:オリジナルボックス、ギャランティカード、ブランド紹介冊子 極幻(生酒) 価格:36,080円(税込) 製造場所:山形県 原料米:兵庫県産山田錦100% 内容量:720ml 精米歩合:17% アルコール分:15% 火入れ:0回 同封物:オリジナルボックス、ギャランティカード、ブランド紹介冊子 4-2.極幻 FORMULA.2 代表作「極幻」のシリーズとして、新たな姿を表現する一本。シリーズにふさわしい上品さと存在感のある味わいが魅力。 極幻|FORMULA.2 価格:21,780円(税込) 製造場所:山形県 原料米:山形県産雪女神100% 内容量:720ml 精米歩合:29% アルコール分:15% 火入れ:1回 同封物:オリジナルボックス、ブランド紹介冊子 極幻|FORMULA.2(生酒) 価格:25,080円(税込) 製造場所:山形県 原料米:山形県産雪女神100% 内容量:720ml 精米歩合:29% アルコール分:15% 火入れ:0回 同封物:オリジナルボックス、ブランド紹介冊子 4-3.珀彗 HAKUSUI 青森県の八戸酒造をパートナーに造り上げたエレガントなスパークリング日本酒。和洋中とあわせる料理を選ばないドライな口当たり。 珀彗 価格:27,280円(税込) 製造場所:八戸酒造(青森) 原料米:青森県産吟烏帽子 内容量:720ml 精米歩合:非公開 アルコール分:11% 「MINAKI」の詳細はこちら https://minaki-sake.com/ まとめ 約2000年もの長い歴史のなかで、進化を遂げてきた日本酒。かつて神に供える神聖なものだったお酒は、やがて庶民の間へと広まり人と人とを繋いできました。 ラグジュアリー日本酒ブランド「MINAKI」は、令和の日本から世界へと新たな日本酒の魅力を発信しています。 日本酒入門編としても高いポテンシャルをもつ「MINAKI」。上質な1杯をきっかけに、日本酒の新たな扉を開いてみてはいかがでしょうか。

甘酒の長期保存には冷凍がおすすめ!甘酒の冷凍保存方法を解説。

甘酒は、冷凍保存できる飲み物です。「大量にあって日持ちが心配」というときは、冷凍庫で保存することをおすすめします。 甘酒は冷凍しても完全には固まらないため、シャーベットのように食べることも可能です。今回は、甘酒の冷凍方法や、冷凍した場合の保存期限などご紹介します。 1.甘酒の保存に冷凍がおすすめな理由 甘酒には、米麹を原料にする「麹甘酒」と酒粕を原料にする「酒粕甘酒」の2種類があります。 麹甘酒は、炊いた米に米麹と水を混ぜ、発酵させたものです。酒粕甘酒は、酒粕に砂糖と水を加えて作ります。 手作りした甘酒や、開封後の市販甘酒の消費期限は、冷蔵で2日から1週間ほどといわれています。特に、手作りの麹甘酒の場合、発酵温度が低いと雑菌が繁殖する可能性があるため注意が必要です。 加熱殺菌(火入れ)をしている甘酒であれば雑菌の繁殖は抑えられますが、いずれにしても早めに飲み切る方が安心です。 日持ちのしない甘酒も、0度以下の冷凍保存であれば1カ月ほど保存できます。冷凍しても味や栄養素に大きな影響はありません。甘酒をより良い状態で長期保存したいときは、冷凍保存を検討してみてください。 2.甘酒の冷凍保存方法 甘酒を冷凍保存する際は、小分けにするのがおすすめです。冷凍期間が長くなるほど風味は落ちるため、冷凍であっても早めに飲み切るように心がけましょう。 2-1.甘酒の冷凍保存方法 甘酒を冷凍保存する際は、殺菌したタッパーやジッパー付きの保存袋などを使います。雑菌の繁殖を抑えるために、ジッパー付きの保存袋は新品を用意しましょう。 甘酒は冷凍しても完全には固まりません。シッパー付きの保存袋なら、ほしいぶんだけ割って使えます。タッパーに小分けにしたときは、必要なぶんだけきれいなスプーンですくって使用してください。 2-2.冷凍した甘酒の保存期間 冷凍保存した甘酒は、1カ月を目安に飲み切りましょう。冷凍することで雑菌の繁殖は抑えられるものの、期間が長くなるほど甘酒の風味は落ちていきます。 長期間冷凍庫に入れていると、冷凍焼けすることもあるかもしれません。よりおいしい状態で甘酒を楽しむのであれば、なるべく早く消費することをおすすめします。 3.冷凍した甘酒の解凍方法 冷凍した甘酒は、冷蔵庫で自然解凍するのがおすすめです。解凍を急ぐ際は、常温で自然解凍させるのもよいでしょう。 自然解凍なら、冷凍で眠っていた酵素が再び活性化し栄養価の高い甘酒を飲むことができます。 解凍を急いで電子レンジにかけると、温度によっては酵素が死滅してしまう可能性があるため注意してください。特に、火入れをしていない甘酒は、冷凍状態でも酵素が残っているため自然解凍がおすすめです。 冷凍しても完全に固まらない甘酒は、シャーベットとして食べることもできます。その際は、とりわけるスプーンも煮沸消毒しておくと雑菌の混入を防ぐことができ安心です。 4.甘酒を冷凍保存するときの注意点 甘酒を冷凍保存する際は、密閉できるプラスチック製の容器を使いましょう。空気に触れる面積が少ない密閉容器であれば、雑菌の繁殖が抑えられ、甘酒の風味も損なわれません。 また、プラスチック製でなくガラス製の容器の場合、冷凍した甘酒をスプーンですくう際に割ってしまう恐れがあります。そのため、保存には冷凍に対応したプラスチック製容器を使うのがおすすめです。 まとめ 甘酒は「飲む点滴」と呼ばれるほど栄養豊富な飲み物です。特に、麹甘酒はノンアルコールのため、小さな子どもやドライバーでも安心して飲むことができます。 甘酒の冷凍保存は、ほしいときにほしい量だけ使えることが大きなメリットです。今回ご紹介した方法を参考に、ぜひ日常に甘酒を取り入れてみてください。

【2023年最新版】岩手の日本酒おすすめランキングTOP14!南部杜氏発祥の地で造られる日本酒を紹介

日本三大杜氏「南部杜氏」発祥の地である岩手県では、良質な水と米を使った日本酒が造られています。キレのある辛口酒やフルーティーな香りの甘口のお酒など、幅広いタイプが揃うエリアです。 今回は、岩手の日本酒の魅力をたっぷりとご紹介します。おすすめ銘柄もぜひ参考にしてください。 1.岩手の酒造りを支える「南部杜氏」 「南部杜氏(なんぶとうじ)」は、岩手県花巻市石鳥谷町を拠点とする杜氏集団のひとつです。 そもそも杜氏とは、酒造りの大きな責任を担う最高責任者のこと。岩手の「南部杜氏」と新潟の「越後杜氏(えちごとうじ)」、兵庫の「丹波杜氏(たんばとうじ)」は日本三大杜氏と呼ばれています。 かつて農家の副業として誕生した南部杜氏の技は、現在まで脈々と受け継がれてきました。全国でも評価の高い岩手の日本酒は、美しい自然が育む米と水、南部杜氏の技によって生み出されています。 2.岩手で日本酒を醸す酒蔵 岩手県には、北は二戸市から南は一関市までおよそ21の酒蔵が存在します(令和4年12月時点)。200年近い歴史を誇る老舗蔵から、若き蔵人が活躍する蔵まで個性はさまざま。各蔵で南部杜氏の伝統を受け継いだ酒造りが続けられています。 2-1.赤武(あかぶ)酒造 1896円(明治29年)創業の蔵を率いるのは古舘杜氏。2014年(平成26年)、東日本大震災で被災した蔵を引き継ぎいだ当時、古舘氏は若干22歳でした。 全国最年少杜氏として立ち上げた「AKABU」ブランドは、初の全国新酒鑑評会で金賞を受賞。今では岩手を代表する日本酒として幅広い層に親しまれています。 2-2.南部美人(なんぶびじん) 2022年(令和4年)に120周年を迎える南部美人は、「日本酒でKANPAI」をコンセプトに岩手から世界へと日本酒文化を発信する酒蔵です。 国内外のコンペティションでは、ゴールドをはじめとする数々の賞を受賞。香り良くほんのり甘い「あわさけスパークリング」は、G7広島首脳会議のワーキングディナーに採用されています。 2-3.紫波(しわ)酒造店 「南部杜氏発祥の里」として知られる紫波町の酒蔵です。原料米は岩手県産。仕込みには、神社境内の清涼な湧水と同じ水系の水が用いられています。 酒造りを率いる小野杜氏は、南部杜氏初の女性杜氏です。岩手の自然と人が育む日本酒は口当たりなめらかで、やさしい味わいに満ちています。 2-4.川村酒造店 南部杜氏のふるさと、花巻市石鳥谷町の老舗蔵です。創業者の川村酉与右衛門氏は、南部杜氏組合の設立に尽力した人物でもあります。 醸すのは、醸造アルコールを用いない純米酒のみ。まろやかなコクとキレを併せ持ち、冷やして、常温で、温めてと幅広い温度帯で楽しめることが魅力です。 2-5.あさ開(あさびらき) 南部杜氏、藤尾杜氏は2005年度の厚生労働大臣賞「現代の名工」に選出。杜氏の手によって丁寧に醸される「あさ開」は、全国新酒鑑評会にて平成以降30回の入賞を果たしています。 純米酒をベースとした「和のリキュール」も手掛けるなどラインナップも豊富です。受け継がれてきた伝統を基調に新たなジャンルを切り開いています。 2-6.喜久盛(きくざかり)酒造 1894年(明治27年)、岩手県の北上市に設立された喜久盛酒造の蔵は、東日本大震災により半壊。その後は花巻市で廃業する酒蔵を間借りする形で、喜久盛酒造の酒造りが再開されます。 2014年(平成26年)からは南部杜氏を迎え、岩手県産米を原料とする全量純米酒の酒造りを開始。再興を支えた日本酒「タクシードライバー」は、知る人ぞ知る銘酒として日本酒ファンからの注目を集めています。 2-7.浜千鳥(はまちどり) 釜石市の酒蔵、浜千鳥が目指すのは自然とひとつになった酒造り。仕込み水には、北上山地系仙磐山の伏流水が用いられています。 やわらかな軟水で仕込まれるお酒は、口当たりやさしくクリアな味わい。社員は南部杜氏協会に所属し酒造りの基本を学ぶなど、伝統を継承しながら丁寧な酒造りが続けられています。 2-8.月の輪(つきのわ)酒造店 「企業としてではなく家業として」を理念に、南部杜氏の伝統を継承する酒蔵です。技術の革新を目指し、酒造りには不向きといわれる、もち米を100%用いた純米酒も醸しています。 直売店では、原料に米こうじを用いたジェラートを販売。トマトやいちごなど季節の地元食材と組み合わせたメニューは、地元のみならず観光客からも人気です。 2-9.吾妻嶺(あづまみね)酒造店 岩手県内でもっとも古く、南部杜氏発祥のきっかけとなった酒蔵です。製造するのは、あえて香りを抑えた純米酒と純米吟醸酒のみ。仕込みのすべてに目が届くよう、製造量は年間3万本に限られています。 自社田で栽培した酒米をはじめ、岩手県産の酒米を使用するなど地元にこだわった酒造りが特徴です。 2-10.菊の司(きくのつかさ)酒造 蔵が建つのは、冬場の冷え込みが厳しい盛岡市。真冬には日中でも氷点下になるという寒さが「菊の司」の酒造りを支えています。 清らかな軟水を仕込み水に、じっくり低温発酵させた日本酒は香り華やかでメリハリある味わい。なかでも看板商品「てづくり七福神」は、吟醸酒の先駆けとなったお酒です。濾過や加熱処理をしていない「innocent-無垢-」は、搾りたてのフレッシュな味わいを楽しめます。 2-11.酔仙(すいせん)酒造 酔仙酒造は、東日本大震災により壊滅的な被害を被った酒蔵です。蔵は「日常を取り戻したい」「歴史を繋ぎたい」という想いを胸に、震災後わずか半年で新しい酒の醸造をスタートさせました。 震災前から変わることなく受け継がれているのは、「地元の風土に合った美しい酒」「芳醇にして飲み飽きしない酒」を目指す酒造りの精神。軽快でありながら奥深い味わいは、全国の日本酒ファンに愛されています。 3.岩手オリジナルの酒造好適米・麹菌・酵母 日本酒造りに欠かせないのが、原料となる米、米麹、酵母の存在です。岩手県ではオリジナルの酒造好適米(酒米)や米麹、酵母が開発され、各蔵では「オール岩手産」の日本酒が造られています。 3-1.岩手のオリジナルの酒造好適米「結の香」「吟ぎんが」「ぎんおとめ」 岩手県を代表する酒造好適米(酒米)が以下の3種です。 吟ぎんが ぎんおとめ 結の香(ゆいのか) 吟ぎんが、ぎんおとめの特性は、代表的な酒米・美山錦に匹敵するといわれています。また、結の香は香り高い大吟醸酒用の酒米です。「岩手で最上級の酒米」を目指し研究が重ねられ、交配から10年を経て誕生しました。 結の香を用いた日本酒は、酒米の王様・山田錦と比較しても雑味が少なくクリアな酒質に仕上がるといわれています。 3-2.吟ぎんがに合う麹菌として開発された「黎明平泉」 「黎明平泉」(れいめいひらいずみ)は、2011年(平成23年)に誕生した岩手県独自の麹菌です。岩手県産米の特性に合う麹を目指し、29種類の麹菌から2種類がブレンドされています。 特に酒米・吟ぎんがと相性が良く、県内の各蔵では、岩手県産酒米と「黎明平泉」、オリジナル酵母を用いた日本酒が造られています。 3-3.岩手オリジナル酵母「ジョバンニの調べ」「ゆうこの想い」 米と米麹からお酒を造るには「酵母」の力が必要です。酵母の個性は日本酒の味や香りに影響するため、酵母選びは蔵の腕の見せ所でもあります。 岩手のオリジナル酵母「ジョバンニの調べ」は、華やかで繊細な味と香りを生み出す酵母です。また「ゆうこの想い」を用いた日本酒は、やわらかで温かみのある味わいに仕上がるといわれています。 4.青森の日本酒おすすめ人気ランキングTOP14 ここからは、青森の日本酒おすすめ人気ランキングをご紹介!南部杜氏の技で生まれる銘酒の数々をぜひチェックしてみてください。ランキングはさけのわの順位を元に作成しております。(9月4日時点) 1位.赤武(あかぶ) 若き蔵人の情熱と愛情で生まれる「AKABU」は、清涼感あふれるフレッシュな味わい。口当たりやさしく、米の旨味も存分に引き出されています。フルーティーな香りで飲み疲れせず、日本酒ビギナーにもおすすめです。 2位.南部美人(なんぶびじん) 「淡麗できれいな酒を」とその名が付けられた「南部美人」は、するりと喉を通り抜けるクリアな酒質が魅力です。後口はほんのり甘く、やさしい余韻が残ります。 なかでも世界初、マイナス30度で瞬間冷凍された「スーパーフローズン 瞬間冷凍 純米大吟醸 生原酒」は、生まれたての味わいがぎゅっと詰まった逸品。飲む前に流水などで溶かせば、自宅でも酒蔵で飲む日本酒の味わいを楽しめます。 (出典元:南部美人ネットショップ) 3位.紫宙(しそら) 「紫宙(しそら)」は、紫波酒造店の新ブランドです。岩手県産酒米を中心に、南部杜氏の伝統の技でそれぞれの米の個性が引き出されています。 「純米 無濾過原酒 金色の風」は、豊かな甘みが特徴的な1本。ふんわりとやさしい香りが心地よい酔いへといざなってくれます。 (出典元:紫波酒造店) 4位.酉与右衛門(よえもん) 南部杜氏のふるさと、石鳥谷町生まれの日本酒です。おだやかな香りと奥深い味わいは、三陸の魚介類や山菜料理、肉料理と絶妙にマッチします。 南部杜氏の手により、米の旨味が存分に引き出された純米酒は、冷酒に常温、燗酒と幅広い温度帯で楽しめることが魅力です。あわせる料理、温度を選ばずさまざまなシーンで活躍してくれます。 (出典元:くるみや) 5位.あさ開 平成以降、全国新酒鑑評会にて25回金賞を受賞。厚生労働大臣賞「現代の名工」に選出された南部杜氏が手掛ける「あさ開」は、透明感のあるなめらかな飲み口が魅力です。 木箱入りの大吟醸酒は贈答用にもふさわしく、研ぎ澄まされた上質な味わいを堪能できます。 (出典元:あさ開) 6位.タクシードライバー 喜久盛酒造の5代目蔵元、藤村氏が新たに立ち上げたブランドです。名作映画をもとに誕生し、被災後の蔵を支える酒となりました。 インパクトのあるラベルとネーミング、そして確かな酒質はまさに唯一無二の存在。飲みごたえのある骨太な味わいとキレの良さを堪能できます。 (出典元:佐野屋) 7位.浜千鳥 岩手県の豊かな自然が育くむ浜千烏は、後口のきれいな余韻が魅力です。新鮮な海の幸、山の幸とマッチし食中酒として料理の味わいを引き立てます。 なかでも「浜千鳥 大吟醸」は、キレが際立つ蔵の自信作。酵母・ジョバンニの調べが生み出す上品で繊細な香りを堪能できます。 (出典元:浜千鳥) 8位.月の輪 口当たりまろやかで後口はすっきり。「月の輪」は、コクとキレを兼ね備えた日本酒です。 その個性が特に光るのが「大辛口純米 月の輪」。超辛口でありながら、やわらかな米の旨味がいきています。冷やはもちろん、燗酒にしてふくよかな味わいを楽しむのもおすすめです。 (出典元:月の輪酒造 わかさやネットショップ) 9位.あづまみね 製造するのは純米酒と純米吟醸酒のみ。岩手の食材とのマリアージュを楽しめるよう、あえて香りはおだやかに設計されています。 蔵のスタンダード「あづまみね 純米」は、適度な甘さと酸味が心地よいお酒です。蔵元の兄と杜氏の弟、兄弟蔵で醸される「あづまみね」は生産本数が限られ、蔵のオンラインストアと特約店でのみ購入できます。 10位.菊の司(きくのつかさ) 「菊の司」は地元で古くから愛され続ける日本酒です。日々に寄り添う本醸造酒から贈答用にふさわしい純米大吟醸酒まで幅広いラインナップが揃います。 おすすめは「菊の司 純米酒 吟ぎんが仕込」。米に麹、酵母に水とオール岩手産の日本酒です。ぬる燗にすると香りがまろやかに変化し、米のふくよかな旨味を堪能できます。 (出典元:菊の司酒造) 11位.廣喜(ひろき) 「廣(ひろ)く多くの人々に喜ばれる酒を」と誕生した「廣喜」は、紫波酒造店の代表銘柄です。「米のうまみ」をテーマとしたラインナップには、岩手県産米を使用した日本酒が並びます。 なかでも「廣喜 純米大吟醸原酒 磨き三割五分」は、酒米・結の香の魅力にあふれる1本。上品な香りと甘み、雑味のないクリアな飲み口を楽しめます。 (出典元:紫波酒造店) 12位.酔仙(すいせん) 「酔仙」の大きな魅力は、飲み飽きしないきれいな酒質。好みのつまみをおともにすれば、1杯また1杯と盃が進みます。 数あるラインナップのなかでも注目したいのが、冬季限定の「雪っこ」です。とろりとした口当たりの白い活性原酒で、180mlから購入できます。その味わいは、一度口にすれば次の冬が心待ちになるほど。リピーターも多く、例年10月前後から予約販売がスタートしています。 (出典元:酔仙酒造) 13位.浜娘(はまむすめ) 「AKABU」を醸す赤武酒造の日本酒です。岩手産米や岩手のオリジナル酵母などを原料に、爽やかな香りが生み出されています。 「浜娘 純米酒 弐歳」には、40%まで磨いた岩手県産の吟ぎんがを使用。適度に冷やしてワイングラスに注げば、フルーティーな香りをより一層堪能できます。 (出典元:CRAVITON) 14位.水神(すいじん) あさ開の「水神」は、大辛口の純米酒です。日本酒の甘辛の目安となる日本酒度は+10。一般的に+6.0からが大辛口であることを考えると、そのキレ味がよくわかります。 すっと引いていくその味わいは、肉料理や中華料理などと好相性。ぜひご飯におかずをあわせる感覚で食中酒として楽しんでみてください。 (出典元:楽天市場) まとめ 清涼な水に良質な米、冷涼な気候と日本酒造りに適した条件が揃う岩手県。自然の恵みと南部杜氏の技の出会いにより、岩手のおいしい日本酒は生まれます。 寒さが厳しい東北地方で、古くから人々に温もりを与えてきた岩手の日本酒は、今や全国で笑顔の花を咲かせています。出会えた際はぜひ手に取って、岩手の地を思いながらその味わいを楽しんでみてはいかがでしょうか。

【2023年最新版】秋田の日本酒おすすめ人気ランキングTOP15!美酒王国秋田の日本酒を紹介。

おすすめの日本酒を知りたいときは、都道府県から探すのも1つの方法です。 秋田県は人気の日本酒銘柄が数多く揃い「美酒王国」といわれています。 秋田の酒米で仕込む純米酒や、雪深い時期に長期低温発酵貯蔵させた吟醸酒など、どれも酒蔵のこだわりのあふれる銘柄ばかり。今回は、そのなかでもおすすめの15選をご紹介します。 日本酒初心者の方でも、秋田の人気銘柄を通じて日本酒のトレンドを知ることができますよ。 1.秋田の日本酒の特徴 日本有数の米どころでもある秋田県は、古くから酒造りが盛んな地域です。酒造組合に登録する酒蔵の3分の2は100年以上の歴史を誇ります。 近年は若手蔵元によるユニット「NEXT5」が活躍するなど、秋田の酒蔵は、伝統と新たなチャレンジにより日本酒界を牽引する存在です。 「新政」に「雪の茅舎」、「まんさくの花」、「花邑」など、これらはすべて秋田で造られるお酒の名前です。また、日本酒ファンから支持を集める銘酒の数々でもあります。 秋田の美味しい日本酒の源となるのが、良質な米と清涼な水です。それらを原料に、秋田流「長期低温発酵」により秋田の地酒は造られます。 秋田流長期低温発酵は、秋田の厳しい寒さを活用した醸造法です。雪が降り積もる寒さのなか、低温でゆっくりと醪(もろみ)を発酵させることにより、味わいふくよかでキレのある秋田の地酒が生まれます。 2.秋田で作られる酒造好適米 「米の秋田は酒の国」といわれるほど、秋田県は稲作に適した地域です。酒造りには、炊いて食べる「あきたこまち」のような飯米が使用されることもあります。 また、秋田では酒造りに適した酒造好適米(酒米)が開発されています。代表的な秋田オリジナル酒米が「秋田酒こまち」です。 大粒の「秋田酒こまち」は、より小さく削った米を用いる吟醸酒造りに適しています。日本酒は香り高く、雑味の少ない上品な味わいに仕上がることが特徴です。 3.秋田で日本酒を醸す酒蔵 秋田県には、日本酒ファン注目のお酒を醸す酒蔵が勢揃いしています。秋田の酒蔵を覚えれば、酒販店や飲食店などでの日本酒選びがより楽しくなりますよ。 3-1.新政(あらまさ)酒造 NEXT5のメンバーでもある新政酒造は、日本酒界の革命児と呼ばれる存在です。 秋田県で栽培された酒米を使用し、酒母づくりに採用するのは伝統製法の「生酛(きもと)」のみ。余計な添加物は排除し、1930年(昭和5年)に蔵で発見された「きょうかい6号」酵母だけを用いて酒造りは行われます。 低温保管が基本となるため、販売は四合瓶(720ml)がメイン。「米の磨き度合いが酒の価値を決めるわけではない」というポリシーから、全てのお酒を「純米酒」と表記するというこだわりぶりです。 3-2.齋彌(さいや)酒造店 「雪の茅舎(ゆきのぼうしゃ)」を造る齋彌酒造は、薬剤による殺菌を行わない酒蔵として日本で初めてオーガニック認定を受けた蔵です。 工程差が約6mある傾斜地に建てられた酒蔵は「のぼり蔵」と呼ばれ、坂の上の精米所に運ばれた酒米が、工程を経るごとに下へと移動していきます。 のぼり蔵で仕込みを手がける職人のひとりが高橋 藤一杜氏。手間と技術が必要な「山配もと」を復活させた人物です。「雪の茅舎 山廃純米吟醸」は華やかな香りときめ細やかな味わいを持ち、日本酒通をうならせる1本として知られています。 3-3.両関(りょうぜき)酒造 両関酒造は、入手困難ともいわれる「花邑(はなむら)」を醸す酒蔵です。蔵は、東北の灘とも呼ばれるほど酒造りが盛んな秋田県湯沢市に位置します。 「花邑」の酒造りを指導・監修したのは、幻の酒として知られる山形の地酒「十四代」を造る高木 顕統氏です。 醸造方法や品質管理だけでなく、名前やラベルデザインまで高木氏が監修した花邑は、十四代の遺伝子を持つお酒として日本酒ファンから注目を集めています。 3-4.山本酒造店 明治34年に創業した山本酒造店は、当初は「白瀑(しらたき)」という名の日本酒を造る酒蔵でした。 アメリカの大学で機械工学を学び、東京の音楽プロダクションに勤務していた山本氏が6代目に就任したのは、日本酒業界が低迷期だった時代。より良い酒を追い求めた山本氏は、従来からある杜氏制を廃止し、自らが製造責任者兼杜氏に就任します。 「酒造りは米作りから」と、蔵の仕込み水が流れる田園で酒米を栽培し、仕込むのは純米酒のみ。代表銘柄「山本」は、山本氏の人柄が現れるネーミングと確かな味わいが評判を呼び、今では秋田を代表する地酒のひとつとなっています。 3-5.福禄寿(ふくろくじゅ)酒造 「一白水成(いっぱくすいせい)」を醸す福禄寿酒造は、創業から300年あまりにのぼる歴史を持つ老舗蔵です。現存する大正時代の酒蔵は、全国登録有形文化財に指定されています。 仕込み水には、カルシウムやマグネシウムを多く含む中硬水の湧水が用いられています。華やかな香りと酸味、キレのバランスが良い「一白水成」は、日本酒を飲み慣れない方にもおすすめです。 3-6.日の丸醸造 日の丸醸造は、1689年(元禄2年)創業の老舗蔵です。大正時代には、年間醸造量5000石と東北を代表する酒蔵として栄えました。現在は全国でも珍しい酒米の栽培に取り組むなど、蔵の伝統を受け継ぎながらさらなる挑戦を続けています。 代表酒「まんさくの花」の名前は、1981年(昭和56年)放送の横手市を舞台にした朝の連続ドラマに由来するものです。当時は珍しかった、ひらがなの墨文字を使ったラベルには「きれいで優しい酒質の日本酒を造りたい」という蔵の想いが現れています。 3-7.秋田醸造 「ゆきの美人」を造る秋田醸造は、1919年(大正8年)創業の歴史ある酒蔵です。長年にわたり大手への桶売りのお酒を製造していましたが、2001年(平成13年)から自社商品の開発に着手。マンションの一画を改装した蔵で「ゆきの美人」の醸造が始まりました。 秋田醸造の強みは、低温管理を徹底した設備で1年中酒造りができることです。酒造りは冬場におこなわれるのが一般的ですが、秋田醸造は年間通して搾りたてのお酒を提供しています。 3-8.飛良泉(ひらいずみ)本舗 飛良泉本舗は、東北でもっとも古い歴史をもつ酒蔵です。蔵へと続く土間の入り口には、かつて看板として使用されていたという、金箔で「飛良泉」と書かれたアオウミガメの甲羅が飾られています。 飛良泉本舗の酒造りは、自然の微生物の働きをいかした「山廃仕込み」が基本です。昔ながらの手法でじっくりと熟成させた日本酒は、複雑かつ繊細な酸味と旨味を堪能できます。 3-9.刈穂(かりほ)酒造 「刈穂」を造る刈穂酒造が建つのは、秋田県有数の穀倉地帯です。夏から秋は酒米の栽培に適した気候、冬場は雪が多く酒造りに適した気候と、年間通して美味しい日本酒が生まれる条件が揃っています。 蔵伝統の山配仕込みで仕込んだお酒は、酒槽(さかぶね・しゅそう)と呼ばれる大きな容器で搾られます。醪(もろみ)を入れた酒袋を槽に並べ、上から圧力をかけゆっくりとお酒を搾る手法です。 刈穂酒造ではすべての搾りに酒槽を使用し、蔵に6台ある酒槽は「刈穂 六舟」の名前の由来にもなっています。 3-10.栗林酒造店 清水の郷とも呼ばれる美郷町の栗林酒造店は、地元の米と良質な水を原料に酒造りを続けています。仕込みに用いるのは、地下25mから汲み上げる地下水。原料米の約8割は、秋田独自の酒米「美郷錦」です。 目指すのは、ごはんのおかずとも相性の良い食中酒。蔵では代表銘柄「春霞(はるかすみ)」、「栗林(りつりん)」など、料理の味わいを引き立てる日本酒が醸されています。 3.秋田の日本酒おすすめ人気ランキングTOP15 個性豊かでハイレベルな銘柄が揃う秋田の日本酒。今回は、そのなかでも日本酒ファン注目の15銘柄をご紹介します。ぜひ自分のお気に入りを見つけてみてください。 1位.新政(あらまさ) 「Colors」、「No.6」、「PRIVATE LAB」。それぞれのシリーズで異彩の世界観を放つ「新政」。アルコール感が強く飲みづらい、という日本酒のイメージを跳ね返す繊細な味わいは、多くの日本酒ファンを魅了しています。 「Colors」は、秋田の酒米の個性を堪能できるシリーズ。「No.6」は、加熱殺菌処理をしていない生タイプのお酒です。 「PRIVATE LAB」には、酸味のきいた日本酒や低アルコール酒などが並びます。日本酒の幅の広さ、楽しさを体感できる日本酒ビギナーにぜひおすすめしたい秋田の地酒です。 (出典元:新政) 2位.雪の茅舎(ゆきのぼうしゃ) 蔵内に湧き出る良質の水と、こだわりの酒米で醸される「雪の茅舎」。酵母は自家培養酵母を用い、穏やかで心地よい香りを生み出しています。 なにより欠かせないのが、高橋 藤一杜氏をはじめとする職人の技です。杜氏が復活させた「山廃もと」で醸される「純米大吟醸」は、繊細な酸味と豊かな風味を堪能できます。 黄色いラベルの「山廃本醸造」は燗酒でも美味しく、山廃ならではの複雑な香りと奥深い味わいが魅力です。 (出典元:雪の茅舎) 3位.花邑(はなむら) 幻の酒「十四代」の遺伝子をもつといわれる「花邑」が目指すのは、「一盃で記憶に残る味わい」です。果実を思わせる香りは実にエレガント。後口には透明感のあるやさしい甘味が広がります。 原料米には山田錦をはじめ、雄町や秋田酒こまちなどが用いられています。入手困難な銘柄ではあるものの、それぞれの味わいを試さずにいられない日本酒です。 (出典元:両関酒造株式会社) 4位.山本 「ウキウキ」や「ドキドキ」など、思わず笑顔になってしまうネーミングが楽しいお酒「山本」。仕込み蔵にはスタッフお気に入りの音楽が流れるなど、「山本」がもつ楽しいムードは酒造りの段階からスタートしています。 多くの日本酒ファンが魅了されるその味わいは、もちろん本格的。なかでも「ど辛」は、辛いだけではない甘さと旨味を兼ね備えた1本です。用いる酵母は「セクスィー山本酵母」と、ここにも遊び心が満載。人と人とを笑顔でつないでくれるハートフルな日本酒です。 (出典元:株式会社山本酒造店) 5位.一白水成(いっぱくすいせい) 「一白水成」は、福禄寿酒造が2006年(平成18年)から新たにスタートさせたブランドです。その名には「白い米と水から成る、一番旨い酒を」という想いが込められています。 今では秋田の地酒の定番となった「一白水成」は、華やかな香りが特徴的。通称“いっぱくピンクラベル”の「純米吟醸 美郷錦」は、秋田の酒米・美郷錦のふくよかな味わいを堪能できます。ベーシックな「純米吟醸」は、適度な酸味と旨味があり食中酒にもおすすめです。 (出典元:福禄寿酒造株式会社) 6位.まんさくの花 「まんさくの花」は、秋田県の中でも有数の豪雪地帯である横手市で造られるお酒です。雑菌さえも繁殖しない過酷な寒さと、井戸からくみ上げた地下水が「まんさくの花」の豊かな味わいを生み出します。 大きな特徴は、多種多様な米と酵母で醸されていること。それぞれの個性が光るお酒には、蔵人考案のラベルが貼られています。 ポップなイラストがかわいい「亀ラベルシリーズ」にスタイリッシュな「MK-X・Y・Z」と、ラインナップは実に多彩。次はどれを飲んでみよう?とお酒好きの好奇心をくすぐる銘柄です。 (出典元:日の丸醸造株式会社オンラインショップ) 7位.ゆきの美人 「ゆきの美人」は、秋田醸造が醸す日本酒です。秋田市太平山麓から汲む水を使い、マンションの一角に建つ蔵で丁寧に仕込まれています。 口当たりはやさしくすっきりとした味わい。香りはおだやかで料理と楽しむ食中酒におすすめです。 また、四季醸造を可能としている秋田醸造では、年間通してフレッシュな「ゆきの美人」を製造できます。秋田酒こまちをはじめ、愛山に山田錦と酒米による味の違いを楽しめることも魅力です。 (出典元:本多屋) 8位.飛良泉(ひらいずみ) 秋田でもっとも古い蔵のお酒「飛良泉」は、伝統的な山廃仕込みで造られています。山廃仕込みとは、自然の微生物の力を利用し約30日間ほどかけて酒母を育てる手法です。 手間ひまかけじっくり仕込まれる「飛良泉」は、ふくよかな味わいと酸味が特徴的。燗酒にしても腰がおれず、じんわりと体に染み入るようなおいしさを堪能できます。 和食はもちろん、味の濃い中華料理や肉料理、チーズを使った料理とも好相性。日本酒愛好家のファンも多い秋田の地酒です。 (出典元:飛良泉本舗) 9位.刈穂(かりほ) 「刈穂」を醸す刈穂酒造は、創業から170年以上の歴史をもつ老舗蔵です。仕込みには、蔵敷地内の3本の井戸から汲み上げた地下水が用いられます。 なにより大きな特徴が、槽(ふね)と呼ばれる昔ながらの大きな圧搾機でお酒を搾ること。無理な圧力をかけず、ゆっくりと丁寧に絞られる「刈穂」は、味わいふくよかできめ細やかな酒質に仕上がります。 おすすめは、蔵周辺の水辺にすむ「カワセミ」がラベルに描かれたカワセミシリーズ。清らかな水の流れを思わせるような、クリアでフレッシュな味わいを堪能できます。 (出典元:秋田清酒株式会社) 10位.春霞(はるがすみ) 水の町とも呼ばれる秋田県美郷町で造られる「春霞」には、仕込み水に地下25mから汲み上げた軟水が使用されています。 原料米の多くは、栽培が難しいと言われる秋田県オリジナルの酒米「美郷錦」。仕込み水との相性が良く「春霞」のやわらかな口当たりを生み出しています。 通年商品は、ベーシックラインの「赤」「緑」と、プレミアムラインの「黒」「白」の4種類です。なかでも酒米・美郷錦を35%まで磨き、酒袋からこぼれる雫を集めた「黒」は飲み飽きない美味しさにあふれています。 (出典元:栗林酒造店) 11位.天の戸(あまのと) 「天の戸」は、1917年(大正6年)創業の浅舞酒造が造る日本酒です。仕込み水に使われるのは、酒米の育つ田んぼにも流れる皆瀬・成瀬川の伏流水。蔵から半径5km内で育つ米のみを原料に、お酒はすべて酒槽で搾られます。 数あるラインナップのなかでも注目したいのが「純米吟醸 ランド・オブ・ウォーター」です。水のようになめらかな口当たりと心地よい香りを楽しめます。 また「シルキー 絹にごり〈生〉」は甘酸っぱく発泡感があり、パーティーなどの華やかなシーンにおすすめです。 (出典元:浅舞酒造株式会社) 12位.高清水(たかしみず) 県内産の良質な米を原料に、伝統の寒造りの技で醸される「高清水」。蔵のそばには雄物川、旭川、太平川、3つの川が集まり、軟水の仕込み水がお酒のやわらかな口当たりを生み出しています。 地元で古くから親しまれている普通酒をはじめ、熟成酒に吟醸酒などラインナップも豊富です。蔵はとことん酒質にこだわり、リーズナブルなラインの本醸造酒にも麹をふんだんに使用しています。 近年は、ダイヤモンドロールを使った最新鋭の精米機を導入。秋田酒こまちを35%まで磨いた純米大吟醸は、きらきらとした透明感のある味わいが魅力です。 (出典元:高清水) 13位.北秋田(きたあきた) 「北秋田」を醸すのは大館市に蔵を構える北鹿(ほくしか)です。地域に根差す「北秋田」は、秋田県内の多くの飲食店で提供されています。 酒造りのこだわりは、伝統製法に改良を加えた「秋田流生酛仕込み」。特別純米は、米の旨味がいきた芳醇な味わいが魅力です。「純米酒 生酛パック」は、2L容量1000円台とリーズナブルな価格でこだわりの味わいを満喫できます。 (出典元:北鹿) 14位.阿櫻(あざくら) 「阿櫻」は、冬のかまくらや横手やきそばで有名な横手市の地酒です。蔵は寒冷な気候をいかし、秋田流寒冷仕込みで日本酒を醸しています。 「インターナショナルワインチャレンジ2023」では、「阿櫻 大吟醸」が銀賞を受賞。香り華やかですっきりした味わいは、日本酒ビギナーにもおすすめです。 注目は、ラベルが裏返った「裏阿櫻 ブラックラベル」。秋田の酒米・美郷錦を38%まで磨いたリッチな味わいをリーズナブルな価格で楽しめます。 (出典元:くるみや) 15位.鳥海山(ちょうかいさん) 醸造元は、雄大な鳥海山の自然に抱かれる町、由利本荘市にある天寿酒造。蔵は最高品質の酒を目指し、地元農家と手を取りながら米作りも手掛けています。 日本酒「鳥海山」は、そんな蔵のこだわりがあふれる銘柄。なかでも「清澄辛口 鳥海山 本醸造」は、ふくよかな旨味とキレを兼ね備えたお酒です。好みの温度に温めればキレの良さがより引き立ち、米の旨味がじんわりと体に染み入ります。 (出典元:天寿酒造) まとめ 秋田県は日本有数の米どころであり、酒どころでもある地域です。豊かな自然と伝統の製法により、人気の日本酒銘柄が数多く誕生しています。 日本酒は飲み慣れないという方でも、確かな味に出会えるのが秋田の地酒の魅力。今回ご紹介した銘柄を参考に、ぜひ美酒王国・秋田の日本酒を堪能してみてくださいね。

【2023年最新版】南部杜氏が造る宮城県の日本酒おすすめ人気ランキングTOP20!

おすすめの日本酒を探す際に、都道府県から探すのも日本酒の選び方の一つ。 宮城県は酒造りの古い歴史を持つ土地です。「伯楽星」に「勝山」、「浦霞」など数多くの銘酒を生み出しています。今回は、宮城県で造られる日本酒の特徴、酒蔵の特徴を解説!東北のお酒が飲みたくなる、おすすめ銘柄20選もあわせて紹介します。 1.宮城県で造られる日本酒について 宮城県は、かつての仙台藩祖・伊達政宗が治めていた土地です。独眼竜の名で知られる伊達政宗は、食通で酒をこよなく愛していたといわれています。 その食通ぶりは、奈良県から酒造りの職人を呼び寄せ、自ら縄張りする御用酒屋を始めるほど。仙台藩御用達の酒屋の発展とともに多くの町酒屋も登場し、宮城県下では酒造りの技術が磨かれていったのでした。 1-1.宮城県で造られる日本酒の特徴 宮城県の日本酒は「淡麗辛口」の味わいが特徴です。すっきりとした口当たりとキレの良さを楽しめます。 また、宮城県で製造される日本酒の約9割は「特定名称酒」にあたるお酒です。特定名称酒とは「純米酒」や「吟醸酒」といった、原料や精米歩合の表示が義務付けらたお酒のこと。日本酒の全国シェアのうち、特定名称酒にあたるお酒は全体の約3割です。 県内の9割を特定名称酒が占める宮城県の日本酒が、いかに品質にこだわったものかよくわかりますね。 1-2.宮城県の酒蔵の日本酒造りの特徴 宮城県の酒蔵で日本酒を造る杜氏(とうじ)の多くは「南部杜氏(なんぶとうじ)」が占めています。 南部杜氏とは、岩手県を発祥とする杜氏集団のこと。新潟県の越後杜氏(えちごとうじ)、兵庫県の丹波杜氏(たんばとうじ)と並ぶ日本三大杜氏のひとつです。 宮城県の日本酒は、長く厳しい寒さのなか、低温でゆっくりと発酵させていくのが特徴。南部杜氏の伝統の技とあいまって、洗練された淡麗辛口の味わいが生み出されています。 2.宮城県の各酒蔵の特徴を紹介 宮城県酒造組合に登録する酒蔵の数は24社(※2021年12月時点)。いずれも宮城の酒造りの伝統を受け継ぎながら、銘酒を生み出す蔵ばかりです。ここでは、代表的な4つの酒蔵をピックアップします。 2-1.一ノ蔵:豊富なラインナップが魅力 30年以上前から低アルコール酒の製造を手がけていた「一ノ蔵(いちのくら)」。微発泡酒の「すず音」、アルコール度数8%の「ひめぜん」など豊富なラインナップが魅力です。 酒造りの原点として、自然保護や地域振興を重視していることも大きな特徴。地元の契約農家が造る地元産米を使用し、全国で愛される端麗辛口酒を製造しています。 2-2.佐浦:米の旨味あふれるまろやかな味わい 「佐浦(さうら)」は漁業の町、塩竈市に建つ酒蔵です。ラベルに布袋さんがほほ笑む「浦霞禅」は蔵の代表銘柄。海外の鑑評会でも数々の受賞歴を誇ります。 地域性にだわって生まれる日本酒は、米本来の旨味とまろやかな味わいが特徴的。後味はスッとキレ良く、新鮮な魚介類との相性はばつぐんです。 2-3.勝山酒造:仙台に現存する唯一の御用蔵 「勝山(かつやま)酒造」は、仙台に唯一現存する伊達家の御用蔵です。米と米麹で造る純米酒のみにこだわった酒造りを続けています。 醪(もろみ)を搾る作業に使用するのは、遠心分離機。高純度のエッセンスを抽出した「暁(あかつき)」は、芳醇かつ洗練された味わいが高い注目を集めています。 2-4.新沢醸造店:コンセプトは「究極の食中酒」 「新澤(にいざわ)醸造店」のコンセプトは究極の食中酒。代表銘柄「伯楽星(はくらくせい)」は、国内外問わず多くの星付きレストランで採用されています。 梅酒や柚子酒、ヨーグルト酒といったリキュールも醸造。すべてのお酒をマイナス5℃の冷蔵庫で保管し、フレッシュなまま国内および世界17か国に出荷しています。 2-5.平孝酒造:魚介類と相性抜群 酒造りのテーマは「魚でやるなら日高見だっちゃ!」。「平孝(ひらこう)酒造」は世界三大漁場のひとつ、三陸沖を抱える石巻に建つ酒蔵です。 口当たりなめらかでスパッとキレる味わいは、新鮮な魚介類と好相性。寿司とのペアリングを極めた辛口純米酒も人気です。 3.宮城県で造られる日本酒おすすめ人気ランキングTOP20 南部杜氏が手がける宮城県のお酒は、日本酒ファンからも人気の銘柄ばかり。ここからはおすすめランキングTOP20を紹介します。東北の豊かな自然が生み出す味わいを、ぜひ一度お試しください。 ※ランキングは9/1段階でのさけのわによる順位を参照しております。 1位.伯楽星(はくらくせい) 新澤醸造店の「伯楽星(はくらくせい)」は、食事をよりおいしく感じさせてくれる“食中酒”の先駆けとなった日本酒です。香りは穏やかで、2杯3杯と飲み進められる。その味わいは“究極の食中酒”として知られています。 マイナス5度で管理されるフレッシュな味わいも魅力的。地元宮城県のみならず、全国のお酒好き、おいしいもの好きに愛されている銘柄です。 (出典元:新澤醸造店) 2位.日高見(ひたかみ) 漁場町で生まれるお酒「日高見」は新鮮な魚介類と好相性。キリッと引き締まった後口が素材のうまさを引き立てます。 なかでもおすすめは、魚ラベルの純米酒です。ラベルには地元の海の恵みがズラリと描かれ、お酒はふくよかな旨味にあふれています。冷やはもちろん、ぬる燗にして魚介類とのペアリングを楽しむのもおすすめです。 (出典元:sakenomy) 3位.萩の鶴(はぎのつる) 自ら飲んで本当に美味しいと思える酒を造りたい。蔵のそんな想いから生まれる「萩の鶴」は、日々に寄り添うカジュアルながらも上質な味わいが魅力です。 注目は、「猫ラベル」や「メガネ専用」などの個性的なラインナップ。「猫ラベル」は季節ごとの味わいと、可愛らしいラベル絵が魅力です。「メガネ専用」は、全員メガネの蔵人で造られたという1本。蔵の遊び心を感じつつ、ぜひこだわりの味わいを堪能してみてください。 4位.浦霞(うらかすみ) 「浦霞」は、風光明媚な港町、塩釜で古くから愛されてきた日本酒です。にこやかな布袋ラベルの代表酒「浦霞禅」は、昭和48年に誕生しました。 地元産の米にこだわる「浦霞」は、口当たりまろやかで上品な味わい。地元名物の牡蠣やマグロとも相性抜群です。蔵併設のギャラリーでは、県内限定の浦霞や酒器などを購入できます。日本酒の試飲も楽しめ、地元ならではの魅力を満喫できるスポットです。 (出典元:株式会社佐浦) 5位.宮寒梅(みやかんばい) 原料米には、自社栽培米をはじめとする宮城県産米を使用。「宮寒梅」は、家族で丁寧に仕込まれるやさしい味わいの日本酒です。 季節限定酒や贈り物にふさわしい純米大吟醸酒など、ラインナップも実に豊富。温めてよりおいしい燗酒専用のお酒も揃っています。フルーティーな発泡にごり酒は、日本酒ビギナーにもおすすめです。ぜひ自分好みの味わいを見つけてみてください。 (出典元:寒梅酒造) 6位.一ノ蔵(いちのくら) 主原料の多くに宮城県産の米を使い、敷地内の井戸から汲み上げる水で仕込まれるお酒「一ノ蔵」。職人の手仕事で生まれる味わいは、地元はもちろん全国でも多くの人に愛されています。 おすすめは「一ノ蔵無鑑査」。発売から44年を経て、2021年にリブランディングされた本醸造シリーズです。1升瓶が2,000円台とコストパフォーマンスにすぐれ、飲みきりサイズの300ml容量があるのもうれしいポイント。味わいは甘口・辛口・本辛口の3タイプあり、飲み比べも楽しめます。 (出典元:株式会社一ノ蔵) 7位.乾坤一(けんこんいち) 醸造元は江戸中期創業の老舗蔵。「乾坤一」という名は、その味わいに感動した初代宮城県知事の松平正直により“この世で一番のお酒になりますように”と名付けられました。 地元農家と手を取り合い生まれる日本酒は、どこか温もりを感じさせる味わい。キレ味のある「純米吟醸原酒 超辛口」も、後口に心地よい余韻が残ります。食事との相性がよく、新鮮な海の幸とのペアリングもおすすめです。 (出典元:大沼酒造店) 8位.勝山(かつやま) 勝山酒造は、仙台に現存する唯一の伊達家御用蔵です。江戸時代に創業以来、320年以上仙台の地で歴史と伝統を受け継いでいます。 製造するのは、厳選した米を用いた純米酒のみ。なかでも「DIAMOND AKATSUKI」は、兵庫県産山田錦を原料に、遠心分離機で抽出されたこだわりの1本です。外箱も美しく、確かな味わい、スペックともに贈答用にも好まれています。 (出典元:勝山酒造オンラインショップ) 9位.愛宕の松(あたごのまつ) 「愛宕の松」は、「伯楽星」と並び新澤醸造店を代表するブランドです。創業以来、宮城の地酒として多くの人に親しまれてきました。 なかでもおすすめは、「あたごのまつ はるこい 純米吟醸」。赤色酵母を用いたかわいらしいピンク色の春酒です。夏季にはフレッシュな味わいの「愛宕の松 ひと夏の恋 純米吟醸」も登場。ぜひ季節ごとの味わいを楽しんでみてください。 (出典元:新澤醸造店) 10位.墨廼江(すみのえ) 酒造りのテーマは「きれいで柔らかく気品漂う風味豊かなお酒」。地元の米と水にこだわり、南部杜氏の技で生まれる「墨廼江」には、地元石巻市の魅力が詰まっています。 「墨廼江 夏純米 大辛口」は、コストパフォーマンスに優れたキレが際立つ1本。夏酒らしいフレッシュ感も楽しめます。「別吟(べつぎん)」は、日本酒好きな方への贈り物にもおすすめです。氷温で約1000日熟成させた原酒のまろやかな味わいを楽しめます。 (出典元:さぶん酒店) 11位.錦屋(わたや) 蔵が目指すのは、料理と寄り添いお互いを引き立てあう“食中酒”ならぬ“食仲酒”。原料にもこだわり抜き、理想とする酒米「阿波山田錦」を造る徳島県まで自ら出向き、契約栽培を行っています。 阿波山田錦を用いた「綿屋 純米原酒山田錦65」は、スッキリ感とコクをあわせもつ日本酒。料理と一緒に飲み飽きすることなく楽しめます。宮崎県の地酒として、ぜひおさえておきたい銘柄です。 (出典元:蔵の酒みろくや) 12位.DATE SEVEN 「DATE SEVEN」は、勝山、墨廼江、伯楽星、山和、萩の鶴、浦霞、黄金澤と宮城県内の7つの酒蔵が共同で造り上げる日本酒です。結成は2015年。以来、年度ごとに各蔵が中心となり、さまざまなタイプの日本酒をリリースしてきました。 2023年には「山和」と「萩の鶴」を中心に2つのボトルを販売。“年に1度、人々の出会いの架け橋となるようなお酒にしたい”という想いから、開栓解禁日時は毎回7月7日午後7時とされています。毎回違う出会いが待っている特別感満載のシリーズです。 (出典元:マツザキ) 13位.阿部勘(あべかん) 「阿部勘」が目指すのは、食事を引き立てる名脇役の日本酒です。すっきりしたなかに米の旨味があり、1杯また1杯と盃が進みます。 季節ごとにリリースされる限定酒にも注目です。ボトルに金魚が泳いでいるかのようなラベルの夏酒「阿部勘 金魚 純米吟醸」は、すっきりとした涼やかな味わいを楽しめます。 (出典元:むとう屋) 14位.すず音 スパークリングタイプの「すず音」は、一ノ蔵のラインナップのひとつです。日本酒をもっと気軽に楽しんでほしいという蔵の想いから、1998年(平成10年)に誕生しました。 グラスで弾ける細かい泡は、シャンパンと同じ瓶内二次発酵によって生まれるもの。日本酒ならではのやさしい味わいと、甘酸っぱさを楽しめます。アルコール度数も低く、300mlの飲み切りサイズから購入できるため、日本酒を飲み慣れない方にもおすすめです。 (出典元:株式会社一ノ蔵) 15位.蔵王(ざおう) 地元農家と契約栽培した米で造られる地酒「蔵王」。醸造後は専用冷蔵庫で保存され、よりフレッシュな状態で各地へと出荷されています。 注目したいのは特約店限定販売、K(ココロ)シリーズの「ZAO」。若き蔵人を中心に誕生したブランドです。香りはさわやかで、飲み飽きしないクリアな味わいが魅力的。盃を重ねるごとに、そのおいしさが体に染み渡ります。 (出典元:相原酒店) 16位.天上夢幻(てんじょうむげん) 「天上夢幻」は、完全手造り少量仕込みのお酒です。原料米の8割に宮城県産、2割に蔵のある加美酒産の米が使われています。 地元の米と水、人で造られる日本酒は、クリアでやさしい味わい。蔵のベストセラー「天上夢幻 旨口 特別純米」は、口当たりまろやかで食中酒におすすめです。さばの味噌煮や煮物など、和食の定番をおともにすれば、たまらない相性の良さを堪能できます。 (出典元:相原酒店) 17位.黄金澤(こがねさわ) 「黄金澤」の特徴は、昔ながらの山廃仕込みで造られること。自然の乳酸菌の力によって醸される日本酒は、軽やかでありながら奥行き深い味わいが魅力です。 代表酒の「黄金澤 山廃純米酒」は、冷酒から燗酒まで幅広い温度帯で楽しめます。特に、素材の良さを活かした繊細な味わいの和食と相性抜群です。個性あふれる1本を、というときはぜひ「黄金澤 山廃純米原酒 3年熟成」を。熟成させた山廃ならではの奥深いおいしさを堪能できます。 (出典元:むとう屋) 18位.蒼天伝(そうてんでん) 気仙沼生まれの「蒼天伝」は、新鮮な海の幸と相性抜群の日本酒です。マグロにカツオ、秋刀魚など旬の味覚とのペアリングを満喫できます。 「蒼天伝 特別純米酒」は柑橘系のさわやかな香りが魅力的。ほんのり甘く、すっきりとした飲み口を楽しめます。よりフレッシュな味わいを堪能したいときは、冬季限定の「滓がらみ しぼりたて生原酒」もおすすめです。 (出典元:男山本店) 19位.山和(やまわ) 「山和」は「Simple is best.」という蔵の美学に基づき誕生した、限定流通ブランドです。あくまでも原点を大切に、手間暇かけて山和ならではの上質な酒質を生み出しています。 「山和 純米大吟醸」は、「SAKE...

日本酒「サンキューバターマッチ!」新発売!秋のおつまみペアリングも紹介

2023年9月13日(水)、兵庫県伊丹市の小西酒造から日本酒「サンキュー バターマッチ!」が販売されます。コンセプトは「バターにあう日本酒」。濃厚テイストなメニューとのフードペアリングを楽しめるお酒です。 今回は、見本をご提供いただいたので秋のおつまみとともに「サンキュー バターマッチ!」の魅力をご紹介!新たなペアリング体験を提供してくれるニューボトルの情報をお伝えします。 1.小西酒造「サンキュー バターマッチ!」ってどんな日本酒? 「サンキュー バターマッチ!」は、2023年9月13日(水)より小西酒造から販売される日本酒です。 大きな特徴は、バターを使った料理にマッチするよう設計された、コクとすっきり感を兼ね備えた味わい。ガーリックバターや味噌バターなど、濃厚テイストな料理とのペアリングを楽しめます。 純米酒の「サンキュー バターマッチ!」は、熟成酒を思わせるようなナッツやレーズンにも似た香り。見た目はうっすら黄色く色付いています。 舌の上にしっかり残る旨味と、特徴的な酸味がありながらも決して重たくないすっきりとした余韻が印象的。バター料理の個性を引き立ててくれる味わいです。 きのこに鮭、さつまいもと旨味の強い食材が旬を迎え、少しこってりとしたメニューが恋しくなるシーズン。食中酒として大活躍する1本となりそうですね。 2.日本酒「サンキュー バターマッチ!」と秋のおつまみペアリング 早速「サンキュー バターマッチ!」と秋のおつまみペアリングにチャレンジ!濃厚バターと日本酒の思わぬ相性の良さに驚きです。 濃厚テイストにマッチする日本酒は、スイーツとのペアリングもおすすめです。これまでにない自由な発想で料理×日本酒の組み合わせを楽しめます。 2-1.秋鮭のホイル焼き・レモンバター 旬を迎える秋鮭は、たっぷりのバターと一緒にホイル焼きに。レモンも一緒に閉じ込めれば、ほかほかの湯気とともに爽やかな香りが広がります。 パートナーは冷や(常温)の「サンキュー バターマッチ!」。お酒のコクと酸味が、レモンバターを纏った秋鮭の旨味を引き立てます。 コクがありつつ軽やかな後口の「サンキュー バターマッチ!」なら、ガーリックバターでガツンと風味をきかせたお肉や野菜、シーフードにもぴったりあいそう。寒い時期にはグラタン×「サンキュー バターマッチ!」も至福のペアリングとなりそうです。 2-2.さつまいものあまじょっぱバターソテー 秋の味覚の代表格、さつまいもはバターソテーしてから砂糖と少しの塩を纏わせて。おやつのようなメニューも「サンキュー バターマッチ!」をパートナーにすれば、立派なおつまみに変身です。 お酒は湯気からふわりと米の香りが立ち上る燗酒に。温めた「サンキュー バターマッチ!」は、口当たりやさしく新たな魅力を発揮します。 お芋のほくほく食感と甘さ、バターのコクと塩味が、温かな日本酒と絶妙に絡み合う。秋の夜長にぴったりの癒しセット、おすすめです。 まとめ 伊丹市の小西酒造は「つねに新しさを求めて挑戦していくことの中にこそ、永遠に変わらない本質がある」ことを意味する「不易流行(ふえきりゅうこう)」を企業理念としているそう。 これまでにない、バターと調和する酒質をテーマとした「サンキュー バターマッチ!」は、その想いを体現したニューフェイスのように感じました。 今度はどんな料理とあわせよう、とワクワクさせてくれる「サンキュー バターマッチ!」。お酒好きな方も食べることが好きな方も、そしてもちろん日本酒ビギナーも、皆さんチェックしてみてはいかがでしょうか。 KONISHI サンキュー バターマッチ! [販売元]小西酒造株式会社 [品目]日本酒(純米酒) [アルコール度数]16~17度 [内容量]720ml [価格]オープン価格 [販売予定時期]令和5年9月13日より順次(店頭販売は9月15日より順次) [販売場所]長寿蔵ショップ・ECサイト(https://choujugura.com/)・一部小売店 [KONISHI サンキュー バターマッチ!に関する詳しい情報はこちら]https://www.konishi.co.jp/news/646/  

【2023年最新版】【日本酒の生産量3位】新潟で造られる日本酒おすすめ人気ランキングTOP20!

おすすめの日本酒を探す際に、都道府県から探すのも日本酒の選び方の一つです。なかでも、新潟は上質な日本酒の産地として有名です。 新潟のおいしい日本酒の銘柄をあげればキリがありません。新潟はなぜ日本酒作りが盛んなのでしょうか。 今回は新潟が日本酒で有名な理由を解説していきます。新潟の数ある日本酒から、おすすめ人気ランキングTOP20を紹介するので参考にしてみてください。 1.新潟で造られる日本酒の特徴 日本有数の酒どころ、新潟県の日本酒はすっきりとした淡麗の味わいが特徴です。清酒の生産量は、兵庫、京都に続き全国3位。蔵元数は85と、全国1位の数を誇ります。 「久保田(くぼた)」や「八海山(はっかいさん)」など、日本酒好きに知られるメジャーな銘柄のほか、近年は若き蔵人が活躍する酒蔵のお酒も注目を集めています。「淡麗辛口」のひと言では語れない豊富なバリエーションが魅力です。 参考:国税庁「清酒の製造状況等について令和3酒造年度分」 2.新潟で造られた日本酒の選び方のポイント 新潟の日本酒を選ぶ際に注目したいのが、地域ごとの違いです。上越、中越、下越、佐渡とそれぞれの地域で歴史と風土を感じる日本酒に出会えます。 また、新潟生まれの酒造好適米(酒米)「五百万石(ごひゃくまんごく)」は、その質の良さから全国各地の酒蔵で使用されています。日本酒選びに迷ったら、ぜひ五百万石を原料とした銘柄にも注目してみてください。 2-1.地域ごとによる違い 上越地方 上越地方は全国有数の豪雪地帯です。雪解け水が豊富で、ミネラル分が多い軟水と、カルシウムやマグネシウムを含む硬水の両方が湧き出ます。日本酒のタイプも幅広く、自然な甘さの日本酒も造られているエリアです。 中越地方 「久保田」や「八海山」などの有名銘柄が揃う中越地方では、城下町を中心に独自の食文化が発展してきました。日本酒も料理にあわせ、軽やかな味わいからしっかりとした旨味を持つものまで、さまざまなタイプが揃います。 下越地方 県庁所在地である新潟市や、新発田市、村上市などがあるエリアです。江戸時代以降は港町として栄え、花街の文化が発展しました。 今でも料理と地酒を楽しむ文化が根付き、日本酒は淡麗辛口タイプが多い傾向にあります。繊細な和食の味わいを引き立てるすっきりとした飲み口が魅力です。 佐渡地方 港からフェリーで渡る佐渡島を有する佐渡地方には、5つの酒蔵があります。減農薬の米作りに取り組む蔵、若き蔵元が活躍する蔵など、各蔵の個性はさまざま。酒蔵巡りにおすすめのエリアでもあります。 2-2.新潟県産の酒造好適米で造られた日本酒もおすすめ 新潟県産の酒造好適米(酒米)としてその名が知られるのが「五百万石(ごひゃくまんごく)」です。新潟県で開発された五百万石は、地元を中心に福井県、富山県などで栽培され全国第2位の生産量を誇ります。 五百万石を使った日本酒は、すっきりとした淡麗の味わいに仕上がりやすいといわれています。「新潟県の地酒の魅力に触れたい」と思ったら、酒米に注目して日本酒を選んでみるのもおすすめです。 参考:農林水産省「酒造好適米の需給状況(推計)(米に関するマンスリーレポート(令和5年3月号)抜粋)」 3.新潟の日本酒銘柄おすすめ人気ランキングTOP20 蔵元数全国第1位の新潟県。ここからは、そのなかでもおすすめ銘柄TOP20をご紹介します。長年多くの日本酒ファンに愛されるメジャーブランドから、近年注目を集めるニューフェイスまで、多彩なラインナップのなかから自分好みの味わいを見つけてみてください。 1位.加茂錦(かもにしき) 1893年(明治26年)創業の加茂錦酒造。地元で愛されてきたお酒が全国で知られるきっかけとなったのが、当時20代だった若き杜氏が完成させた「荷札酒」の存在です。 香りはフルーティで飲み口は実にスムース。ほんのりとした甘さと苦味とともに、やさしい余韻が静かに続きます。荷札を模したラベルも楽しく、日本酒ビギナーにぜひおすすめしたい銘柄です。 (出典元:大和屋酒舗) 2位.たかちよ 高千代酒造は、「高千代」「たかちよ」「Takatiyo」とさまざまなシリーズを展開する酒蔵です。 ひらがなの「たかちよ」は、フルーツをイメージしたお酒。グリーンラベルはグレープフルーツ、紫ラベルはブドウとジューシーで濃醇な味わいを堪能できます。 なかにはメロンをイメージした甘旨口の1本も。新潟のお酒=淡麗辛口とは一線を画す、色とりどりの味わいをぜひ楽しんでみてください。 (出典元:酒泉洞堀一) 3位.八海山(はっかいさん) 寒さ厳しい南魚沼の地で“きれいな酒”を醸し続ける八海山酒造。豊かな自然が育む日本酒は、清らかな味わいに満ちています。 なかでも注目したいのが「純米大吟醸 八海山 金剛心 浩和蔵仕込」です。最高品質の山田錦を原料に、限られた蔵人しか入れない浩和蔵で仕込まれています。夏季、冬季とシーズンごとにリリースされるため、季節の贈り物にもおすすめです。 (出典元:八海山) 4位.久保田(くぼた) 朝日酒造の久保田は、新潟の地酒の代表格ともいえる銘柄です。地元の水と米、そして人によって生まれる味わいは、時代とともに進化を続けています。 おすすめは「久保田 雪峰(せっぽう)」。アウトドアシーンで楽しむ日本酒をコンセプトに誕生したお酒です。焚火に映えるブラックボトルも美しく、日本酒を自由に楽しむ喜びを教えてくれます。 5位.あべ ラベルに「あべ」の字が書かれたシリーズは、阿部酒造で2015年(平成27年)からスタートした新ブランドです。大きな特徴は、すべてが加水調整をしていない原酒であること。酒蔵こだわりの味わいをダイレクトに感じることができます。 定番の純米酒は、新潟県産米を100%使用。飲み飽きしないクリアな味わいを堪能できます。日本酒ビギナーには「★(スター)シリーズ」もおすすめです。アルコール度数が若干低めに設定されているため、心地よい飲み心地を楽しめますよ。 6位.〆張鶴(しめはりつる) 〆張鶴は新潟の地酒らしいすっきり感と、米の旨味をあわせもつ日本酒です。蔵が建つ村上市は、良質な五百万石が栽培される米どころ。蔵はより良く磨いた酒米を原料に、全国で愛される日本酒を造り続けています。 なかでも「〆張鶴 月」、「〆張鶴 雪」などの本醸造酒の味わいは絶品。煮物や焼き魚などの家庭料理、冷奴や塩辛のような定番おつまみとの相性もばつぐんです。料理やその日の気分にあわせ、冷やから燗まで幅広い温度帯で楽しめます。 (出典元:新潟の地酒 やまさ) 7位.鶴齢(かくれい) 鶴齢を造る青木酒造は、300年近くの歴史を誇る老舗蔵です。蔵が位置するのは、豪雪地帯の魚沼地方。雪国の恵みと越後杜氏の伝統の技により、淡麗旨口の味わいが生み出されています。 キレのある味わいを楽しみたいときは「鶴齢 辛口」がおすすめです。燗酒にすると後口のキレ味がより引き立ちます。「鶴齢 純米大吟醸」は、フルーツのように華やかな香りが魅力的。新潟県産米のやさしい旨味もぞんぶんに楽しめます。 (出典元:新潟の地酒 やまさ) 8位.村祐(むらゆう) 新潟のお酒は淡麗辛口といわれるなか、甘口の味わいで注目を集めているのがこちら、村祐です。香りおだやかでほんのり甘く、やわらかな口当たりを楽しめます。 「データや情報にとらわれず自由に楽しんでほしい」という想いから、成分データは非公開。「祐」は食中酒にぴったりのやさしい甘さ、「黒村祐」は超甘口と、ボトルごとに異なる個性も魅力です。生産量の少ない銘柄のため、出会った際はぜひチェックしてみてください。 (出典元:錦屋酒店) 9位.麒麟山(きりんざん) 新潟県の淡麗辛口の代表格、麒麟山。原料には、蔵の半径10キロ内のエリアで造られる米が100%使用されています。米は仕込み水と同じ常浪川(とこなみがわ)の超軟水で育つなど、地元の恵みがぎゅっと凝縮された日本酒です。 定番「麒麟山 伝統辛口」は、キレ良く飲み飽きしない味わい。飲み切りサイズの180ml容量から販売されているのもうれしいポイントです。手に取りやすいカップ酒は、新潟観光のお土産にもおすすめですよ。 (出典元:麒麟山) 10位.越乃景虎(こしのかげとら) 越乃景虎は、全国名水百選に選ばれた「杜々の森」の湧水と、蔵の敷地に掘られた横井戸の水を仕込み水に造られる日本酒です。 軟水から生まれる日本酒は、辛口ながらもやさしい口当たり。特に、「杜々の森」の湧水を仕込み水に使用した「名水仕込」シリーズはクリアな飲み口を楽しめます。繊細な和食の味わいを引き立てる食中酒としてもおすすめです。 (出典元:越乃景虎) 11位.上善如水(じょうぜんみずのごとし) 蔵が位置する越後湯沢は、日本有数の雪国。雪どけ水を仕込み水とするお酒は「水のごとし」の名のとおり、軽やかでやさしい味わいが魅力です。 スタンダードな純米吟醸をはじめ、シュワシュワ泡立つスパークリング酒などバリエーションも豊富。すっきり飲みやすい味わいは日本酒ビギナーにもおすすめです。180mlのボトル缶も販売され、気軽に本格的な味わいを楽しめます。 (出典元:白瀧酒造) 12位.高千代(たかちよ) 前述した「たかちよ」を造る高千代酒造の定番酒です。原料には、自家栽培の米や契約農家が栽培した米を使用。なかでも全国では珍しい新潟県産酒米「一本〆(いっぽんじめ)」を使用していることが大きな特徴です。 地元で愛され続けてきた高千代は、ほどよいコクが特徴的。特に「一本〆(いっぽんじめ)」を原料としたお酒は、米の風合いがより強く感じられます。スパッとキレる辛口が好み!という方には、大辛口の「高千代 辛口純米+19」もぜひチェックしてみてください。 (出典元:酒泉洞堀一) 13位.北雪(ほくせつ) 佐渡島の北雪は、海外のレストランでも提供されている日本酒です。1872年(明治5年)創業の蔵は、伝統を受け継ぎながら次世代に向けた挑戦を続けています。 特徴のひとつが、遠心分離機を用いた酒造りです。圧力をかけることなく抽出されたお酒は、香り高くふくよかな味わいに満ちています。 その魅力をぞんぶんに感じられるのが「北雪 純米大吟醸 越淡麗 光」。日本酒のイメージを一新するような、エレガントな赤いボトルにも注目です。 (出典元:塚本酒店) 14位.菊水(きくすい) 1881年(明治14年)の誕生以来、地元はもちろん全国のお酒好きに愛されてきた日本酒、菊水。なかでも「ふなぐち菊水一番しぼり」は、日本初の缶入り生原酒として、日本酒業界の新たな時代を切り拓きました。 スーパーやコンビニで気軽に手に取れる缶酒は、アルコール度数19%としっかりとした飲みごたえとフルーティーな香りが特徴です。冷やしてそのまま飲むのはもちろん、ロックやカクテルなど、さまざまなスタイルで楽しめます。 (出典元:菊水) 15位.醸す森(かもすもり) 醸す森は、歴史ある苗場酒造から新たに誕生したブランドです。目指すのは、爽やかな吟醸香があり、米の甘みと旨味が凝縮された飲み飽きしないお酒。フルーティーな香りが心地よく、日本酒愛好家はもちろん日本酒ビギナーにもおすすめです。 後口に残るのは、酵母由来のシュワッとした微発泡感。チキンやチーズのような洋風メニューとのペアリングも楽しめます。ぜひ適度に冷やし、ワイングラスに注いでその魅力を感じてみてください。 (出典元:苗場酒造) 16位.山間(やんま) 山間は、蔵が理想とする究極の味わいの具現化を目指し、2007年(平成19年)にリリースされた日本酒です。大きな特徴は、日本酒を搾ったとき特に質が良いといわれる「中採り」部分だけを瓶詰していること。さらに、一般的に行う濾過をせず、無濾過で仕上げられています。 開栓すると立ち上るのは、フルーツのように華やかな香り。口に含むと芳醇な旨味が静かに広がります。蔵のこだわりと個性が光る銘柄です。 (出典元:矢島酒店) 17位.真野鶴(まのつる) トキが暮らす自然豊かな島、佐渡島で造られる真野鶴。原料米には佐渡産の五百万石や、減農薬・減化学肥料による越淡麗、佐渡島唯一の山田錦が使われています。 自然がもらたす素材を原料に、蔵人の手仕事で生まれる真野鶴は、すっきりとした辛さと米のふくよかな味わいが魅力的。料理のおともにすれば、ついついもう一杯、もうひと口と箸と盃が進みます。 「真野鶴オクターブ」はアルコール度数低めでほんのり甘く、日本酒を飲み慣れない方にもおすすめです。 (出典元:真野鶴) 18位.緑川(みどりかわ) 香りおだやかでやわらかな旨味。緑川は、淡く消えいくような余韻が残る日本酒です。主軸となる原料米は、地元産の北陸12号。その他の酒米も新潟県産が100%用いられています。 「純米 緑川」は、すっきりとしたキレ味を楽しめるお酒。仕込みに餅米を使用している「緑川 正宗」は、燗酒にすると米の香りが広がります。購入できるのは、蔵が信頼している特約店のみと希少性の高い新潟の地酒です。 (出典元:新潟県酒造組合) 19位.雅楽代(うたしろ) 雅楽代を醸す天領盃酒造は、佐渡島の酒蔵です。一時期は廃業が危ぶまれていたものの、当時若干25歳だった現蔵元により、見事に再生を果たしました。 2019年(令和元年)には新ブランドとなる雅楽代をリリース。品質第一をモットーに、設備投資を重ねた蔵で造られるお酒は、地元から全国へとファンを増やし続けています。 軽やかで繊細な味わいの雅楽代は、ぜひ好みの料理やおつまみとともに。料理や人、その場の空気にそっと寄り添い、お酒を楽しむ時間をやさしく彩ってくれるはずです。 (出典元:天領盃酒造) 20位.越乃寒梅(こしのかんばい) 農作業に励む亀田の人々に喜んでもらえる酒を。そんな想いから1907年(明治40年)に誕生した越乃寒梅は、新潟を代表する地酒として今では全国で愛されています。 大きな特徴は、飲み飽きしないすっきりとした味わい。その中にも、こだわりの米の旨味がしっかりと生きています。 定番の「普通酒 白ラベル」は、晩酌のおともにぴったりの1本。穏やかな香りとしっかりとした飲み口が日々の疲れを癒してくれます。温めてもおいしく、日本酒好きとして自宅にストックしておきたくなる銘柄です。 (出典元:石本酒造) まとめ 米どころであり酒どころでもある新潟県は、「淡麗辛口」のひと言では語りつくせない様々なタイプの日本酒に出会える場所です。地元産の五百万石を中心に、豊かな自然が育む清らかな水、そして蔵人たちの技術によっておいしい日本酒が造られています。 すっきりとクリアな飲み口のお酒は、日本酒ビギナーにもおすすめです。ぜひ手に取り、新潟の地酒の魅力に酔いしれてみてください。

【2023年最新版】新潟の酒蔵見学おすすめ3選!日本酒の試飲やアッサンブラージュ体験も

多くの酒蔵が点在する新潟県は、日本有数の酒どころです。酒蔵見学では、多くの人に親しまれる新潟の地酒の魅力を体感できます。 今回は、新潟県の酒蔵見学情報をご紹介します。試飲やショッピングができる新潟市内の酒蔵見学は、旅行の際にぜひ立ち寄りたいスポット。スキー場や温泉を有する妙高市では、日本酒のアッサンブラージュ体験ができます。 柏崎市の酒蔵では、豊かな自然を間近に感じることができますよ。お酒好き、旅好きにおすすめの蔵見学情報をぜひチェックしてみてください。 ※見学時は各蔵からの注意事項をご確認ください。 ※記事情報は2023年8月25日時点のものです。 ※掲載情報、写真などは変更の可能性もあるため、必ずご自身で事前にご確認のうえご利用ください。 ※掲載している価格はすべて税込価格です。 1.今代司酒造(新潟市) 新潟県に足を運んだら、ぜひ立ち寄りたい見学スポットがこちら。県内で新潟駅からもっとも近い場所にある酒蔵、今代司(いまよつかさ)酒造の酒蔵見学です。 新潟駅から徒歩で約15分。蔵見学を楽しんでから観光へ出かけるのはもちろん、旅行の最後に立ち寄ってお土産を購入したいときにもおすすめです。 蔵見学は予約制ですが、テイスティングのみであれば予約不要で利用できます。明治中期の建物をリノベーションした直売店では、ショッピングも楽しめますよ。 蔵内は、スタッフの丁寧な案内に耳を傾けながら見学できます。大きな看板や酒造道具など、蔵の歴史を感じる展示物もいっぱい。法被(はっぴ)を着て記念撮影できるフォトスポットもあります。 見学のあとのテイスティングには、10種類以上の純米酒が用意されています。今代司酒造の日本酒は、多くの人に親しまれる味わいはもちろん、現代に寄り添うコンセプトやこだわりのデザインが魅力です。試飲にはノンアルコール甘酒もあり、子どもやお酒を飲まない方も一緒に楽しめるのがうれしいですね。 現地へ足を運び、日本酒が生まれる場所を見学した後のお酒は、またひと味違ったものになるはず。今代司酒造の蔵見学を通し、新潟の地酒の魅力を感じてみてはいかがでしょうか。 今代司酒造株式会社 [住所]新潟県新潟市中央区鏡が岡1番1号 [アクセス]【徒歩】JR新潟駅より約15分【バス】JR新潟駅より約10分【タクシー】新潟駅万代口タクシー乗り場より約7分 ※詳細は公式サイトを参照 [定休日]年中無休 ※1/1〜1/4のみ休業 [見学日時(1組1〜15名)]【平日】9時、10時、11時、13時、14時、15時、15時45分(1日7回)【土・日・祝】9時、10時、11時、12時、13時、14時、15時、15時45分(1日8回)【英語ツアー】土・日・祝を除く平日14時〜のみ、英語ガイドによる酒蔵見学あり ※有料、1名400円 [見学日時(1組16〜30名)]【平日】10時30分、11時30分、13時30分、14時30分(1日4回)【土・日・祝】10時30分、11時30分、13時30分、14時30分(1日4回) [見学内容]見学、試飲、ショッピング [見学料金]【1〜15名】無料【16名以上の見学、または旅行会社経由での予約】1名400円 ※詳しくは公式サイトを参照 [受付]予約制 [予約方法]【1組1〜15名】公式サイトの予約フォームまたは電話にて問い合わせ【1組16〜30名】FAXまたは電話にて問い合わせ [問い合わせ]電話 025-245-0325、FAX 025-245-3233 [今代司酒造株式会社の詳細はこちら]https://imayotsukasa.co.jp/ ※見学時は蔵の注意事項を要確認 2.千代の光酒造(妙高市) 江戸末期創業の千代の光酒造が位置するのは、雄大な自然に囲まれた妙高市。市内にはたくさんのスキー場が点在し、国内外から多くの観光客が訪れます。 年間通して開催されている蔵見学は、妙高の自然とともに楽しめることが魅力です。春には新緑、秋には紅葉と四季折々の表情を蔵の歴史とともに体感できます。 なかでもおすすめしたいのは、11月から3月の期間限定で開催される「神秘の蔵見学」です。期間中は、実際にもろみが発酵する音を聞くことができます。 日本酒造りの空気感を肌身で感じられるのは、酒蔵見学ならではの醍醐味です。目で見て、香りをかいで、耳を傾けてとぜひ日本酒が生まれる場所の雰囲気を満喫してみてください。 さらに見逃せないのが、日本酒のアッサンブラージュ体験です。アッサンブラージュとは、主にワイン造りで用いられる原酒を混ぜ合わせる技法のこと。千代の光酒造では、日本酒の原酒を好みの比率で組み合わせ、世界にひとつだけのお酒を造ることができます。 酒蔵見学と一緒に楽しむほか、アッサンブラージュのみの申し込みも可能です。蔵を訪れた思い出とともにお酒を持ち帰れば、ほかにはないお土産になりそうですね。 妙高はスキー場のほか、温泉宿が点在する観光スポットです。訪れた際は、ぜひ千代の光酒造の蔵見学やアッサンブラージュ体験とともに、新潟観光を楽しんでみてください。 千代の光酒造株式会社 [住所]新潟県妙高市窪松原656 [アクセス]【車】新井スマートICより1km【電車】新井駅よりタクシーで10分【新幹線】上越妙高駅よりタクシーで15分 [見学期間]通年、神秘の蔵見学は11月~3月限定 [見学定員]2〜5名 [見学内容]【通年の酒蔵見学】釜場、仕込蔵、貯蔵庫、瓶詰などを見学 ※希望によりアッサンブラージュ体験あり【神秘の蔵見学】夜の機械をおとした無音の中でしか聞くことができない、もろみの発酵音を聞くことができる ※所用時間 蔵見学 60分(9時〜16時)、アッサンブラージュ体験 60分 [見学料金]無料 ※アッサンブラージュ体験の料金については要問い合わせ [問い合わせ]0255-72-2814 ※月〜金(祝日除く)8時〜17時、またはメール [千代の光酒造株式会社の詳細はこちら]https://chiyonohikari.com/ ※作業内容により見学できない日程あり ※見学時は蔵の注意事項を要確認 3.石塚酒造(柏崎市) 「姫の井(ひめのい)」を醸す石塚酒造は、自然豊かな高柳町に建つ酒蔵です。蔵の裏手を流れる小川で暮らすのは、きれいな水の指標生物であるサワガニ。冬季には、約1.5mの積雪が地域一帯を覆います。 時には災害にもなる豪雪も、石塚酒造のお酒を育む恵みのひとつ。酒造りは、雪が空気中の塵などを包み込み、空気がきれいになるといわれる冬季に行われています。 また、雪のおかげで気温変化が少ない高柳の冬は、酒造りで重要な麹や酵母にとって最適な環境です。高柳地域を含む鯖石川・鵜川・渋海川の上中流域沿いは、新潟県内で多くの杜氏を輩出してきた地域でもあります。 今でも石塚酒造の蔵人の大半は、高柳町出身。酒造りが休みの期間は蔵見学も可能です。 石塚酒造の蔵見学は、お酒に詳しくない人もゆるりと楽しめることが魅力です。見学後は試飲もできます。 石塚酒造の酒造りは、モチ米を使用した四段仕込みが大きな特徴です。酒造りについて詳しく知りたい!というときは杜氏を、とことんゆるく楽しみたいというときは、社長を指名できるかぜひ事前相談してみてください。 創業から100年を越える歴史を受け継ぎつつ、新たな歩みを進める蔵では、豊かな自然と酒蔵で働く人との出会いが待っています。 古くから多くの人々に親しまれてきた日本酒「姫の井」。新潟の地酒のふるさとへ足を運んでみてはいかがでしょうか。 石塚酒造株式会社 [住所]新潟県柏崎市高柳町岡野町1820-2 [アクセス]公式サイトを参照(https://www.himenoi.com/access/) [定休日]不定休 [見学日時]9時〜16時30分 [見学内容]見学、試飲 ※所用時間約30分 [見学料金]無料 ※試飲も無料 [受付]予約なしの見学も可能だが、作業によっては見学できない場合もあるため事前の問い合わせを推奨 [問い合わせ]TEL 0257-41-2004 [石塚酒造株式会社の詳細はこちら]https://www.himenoi.com/ ※見学時は蔵の注意事項を要確認 まとめ 日本酒有数の酒どころ、新潟県。淡麗辛口ブームの先駆けともなった地酒のふるさとでは、時代に寄り添うさまざまなタイプのお酒が造られています。 酒蔵見学は、日本酒が生まれる土地の空気感、地元の方々との対話を楽しめることが大きな魅力です。ぜひ現地へ足を運び、酒蔵巡りを満喫してみてくださいね。

【2023年最新版】酒造好適米の米どころとして注目の北海道で造られた日本酒おすすめ人気ランキングTOP15!

おすすめの日本酒を探す際に、都道府県から探すのも日本酒の選び方の一つです。 グルメ大国北海道。なかでも近年注目を集めているのが「日本酒」です。きっかけとなったのは北海道産の酒造好適米(酒米)の登場。今回は、北海道の日本酒おすすめランキングTOP15をご紹介します。北の大地が生み出す日本酒の世界を、ぜひお楽しみください。 1.優秀な酒造好適米の登場で注目されている北海道の日本酒 北海道で栽培される酒米は、タンパク質が少なく、日本酒造りに適しているといわれています。北海道で酒造好適米(酒米)の作付けが始まったのは、1998年(平成10年)のこと。北海道初の酒米は「初雫(はつしずく)」と名付けられました。 現在は、2000年(平成12年)に登場した「吟風(ぎんぷう)」や「彗星(すいせい)」、「きたしずく」が北海道産酒米の主要品種となっています。 近年は道内だけでなく、全国でも北海道の酒米を使用する蔵が年々増加。代表的な酒米に引けを取らない品質が注目を集めています。 吟風(ぎんぷう) 北海道産酒米を世に広めた品種。初雫の次に登場した酒米です。芳醇な香りと旨味、コクのあるお酒を生み出します。 彗星(すいせい) 初雫と吟風をかけあわせた酒米です。吟風に比べ、香りおだやかなキレのあるお酒に仕上がります。 きたしずく やわらかな旨味が特徴。雑味のないクリアな味わいに仕上がります。岡山の酒米「雄町」と「吟風」の系統を持つ酒米です。 2.北海道のおすすめ日本酒銘柄ランキングTOP15 ここからは、北海道のおすすめ日本酒TOP15をご紹介!北の大地から全国へと、その名が知られる人気銘柄が揃いました。 なかには日本最北端の酒蔵で造られる日本酒も。北海道産米にこだわった地酒の数々をぜひチェックしてみてください。 1位.上川大雪(かみかわたいせつ) 上川大雪は、「緑丘蔵(りょっきゅうぐら)」「碧雲蔵(へきうんぐら)」「五稜乃蔵(ごりょうのくら)」と道内に3つの蔵を構える酒蔵です。使用するのは、北海道産の酒造好適米100%。地元で採取される良質な天然水を原料に、北海道産にこだわった酒造りを続けています。 上川大雪が目指すのは、北海道弁で「ついつい飲んでしまう」ことを意味する「飲まさる酒」。丁寧な手仕事で造られる日本酒は、日常に寄り添うやさしい味わいに満ちています。 (出典元:上川大雪酒造) 2位.三千櫻(みちざくら) 三千櫻酒造は1877年(明治10年)創業、岐阜中津川で143年の歴史を歩んできた酒蔵です。 現在の地、北海道上川郡東川町で「東川町公設酒蔵・三千櫻酒造」として新たなスタートを切ったのは、2020年(令和2年)11月のこと。以来、北海道東川町初の酒蔵として、真摯な酒造りを続けています。 東川町は、北海道屈指の米どころ。蔵は地元の有志と力を合わせ、酒米の育成にも取り組んでいます。 大雪山から届けられる天然の雪解け水が生み出すのは、三千櫻の清らかな味わい。なかでも「彗星 純米大吟醸」は、キレの良さと後口に残るやわらかな余韻が魅力です。 (出典元:三千櫻酒造) 3位.男山(おとこやま) 北海道の地酒として全国でその名が知られる男山。1977年(昭和52年)には日本酒で世界初となるモンドセレクション金賞を受賞するなど、その味わいは国内外で高く評価されています。 大きな魅力は、代表酒はじめとする幅広いラインナップが揃うこと。なかでも「復古酒」は、350年の古の味を再現した超甘口の1本です。 ほかにも、アルコール度数控えめの「御免酒」や発泡感が心地よい「北の稲穂スパークリング」などが並び、好みや飲食シーンにあわせた日本酒選びを楽しめます。 かわいいデザインのカップ酒は、北海道土産にもぴったり。北海道旅行の際はぜひチェックしておきたい銘柄です。 (出典元:男山株式会社) 4位.國稀(くにまれ) 日本最北の酒蔵、国稀酒造。かつては呉服商、ニシン漁なども手がけた蔵は昔ながらの風情をたたえています。お土産購入や利き酒を楽しめ、増毛町の観光スポットとしても人気です。 国稀の魅力は、穏やかな辛口の味わい。特に、比較的リーズナブルな「普通酒」のおいしさは格別です。香り穏やかで後口はスッキリ。飲み飽きすることなく、日々の料理とともに楽しめます。 地元、増毛町を盛り上げる取り組みも続ける国稀酒造では、雑貨も多数販売されています。名前入りのお猪口や手ぬぐいなど、酒好きの心をくすぐるアイテムもぜひあわせてチェックしてみてください。 (出典元:國稀オンラインショップ) 5位.国士無双(こくしむそう) 国士無双は旭川市の酒蔵、髙砂酒造が造る日本酒です。原料米は、9割以上が北海道産の酒米。仕込み水には、酒造りに適した鉄分含有量がきわめて少ない地下水が用いられます。 旭川の豊かな自然が育む日本酒は、きりっとした辛口の味わい。1975年(昭和50年)の誕生以来、爽やかな辛口のおいしさは、各地で人気を博してきました。 現在は、香り高い大吟醸酒から季節限定の日本酒までランナップもさまざま。なかでも注目したいのは、北海道限定の純米大吟醸酒です。香りはフルーティーで口当たりまろやか。北海道の四季折々の表情が描かれた外箱付きと、北海道のお土産にもおすすめです。 (出典元:高砂酒造オンラインショップ) 6位.北の勝(きたのかつ) 北の勝を造る碓氷勝三郎商店(うすいかつさぶろうしょうてん)が位置するのは、日本の最東の地、北海道根室市です。空気が澄み、四季の移り変わりがはっきりとした根室市は、酒造りに適しているといわれています。 デリケートで奥深い味わいの北の勝のなかでも、特におすすめしたいのが「大海 普通酒」です。45~50℃の少し高めの温度帯まで温めれば、滋味深い味わいがさらに広がります。明治時代から地元根室で愛される日本酒を、ぜひ一度お試しください。 (出典元:鎌田本店) 7位.二世古(にせこ) 二世古酒造が大切にしているのは、加水調整をしない原酒と水、空気、環境にこだわった酒造りです。酒蔵は、低温発酵に適した豪雪地区に位置します。 加水調整をしていない二世古は、米のふくよかな旨味とキレ味が特徴的。なかでも「本醸造原酒」は、アルコール度数19%としっかりとした飲みごたえを楽しめます。 また、二世古と並びおすすめしたいのが、季節限定どぶろく「えぞの誉」です。酵母が生きたまま瓶詰めされているため、一般的な日本酒とは異なる口当たりや酸味、甘みを堪能できます。 (出典元:二世古酒造) 8位.十勝(とかち) 前述した上川大雪が有する十勝の酒蔵「碧雲蔵(へきうんぐら)」で造られる日本酒です。酒蔵が位置するのは、帯広畜産大学の構内。蔵は帯広畜産大学と連携し、日本酒の次世代に向けた人材育成も行っています。 十勝の原料となるのも、もちろん北海道産の米と水。蔵にはショップが併設し、レギュラー酒や地域限定酒を購入できます。自宅で北海道に思いをはせて味わうのはもちろん、北海道旅行を兼ねて現地へ足を運んでみるのもおすすめです。 (出典元:上川大雪酒造オンラインショップ) 9位.千歳鶴(ちとせつる) 札幌の地酒、千歳鶴は全国新酒鑑評会で14年連続金賞を受賞した銘酒です。芯がしっかりとした味わいは、地下深くから汲み上げる豊平川の伏流水によって生まれます。 限定酒の「千歳鶴 純米吟醸 丹頂蔵 限定醸造」は、メロンのように爽やかな香り。「千歳鶴 スパークリング LILICA」は、にごり酒とワインのコラボレーションを楽しめます。 北海道旅行の際は、ぜひ札幌市内の中心部に店を構える蔵元直営の割烹居酒屋へ。千歳鶴と地元料理のペアリングを満喫できますよ。 (出典元:酒のいろは) 10位.福司(ふくつかさ) 大正時代に誕生した釧路の地酒、福司。釧路唯一の酒蔵では、日本酒本来の香味や北海道の食材との相性を追求した酒造りが続けられています。 原料米は、北海道産の米が中心。比較的リーズナブルな普通酒から贈答用にもおすすめの大吟醸酒、北海道産素材を用いたリキュールと豊富なラインナップが魅力です。 なかでも「霧笛(むてき) 大吟醸」は、11月販売の数量限定、釧路限定商品。熟成させた鑑評会出品酒の原酒の味わいを楽しめます。美しい木箱入りで、贈り物はもちろん、お土産や自分へのご褒美にもおすすめです。 (出典元:福司酒造) 11位.大雪乃蔵(たいせつのくら) 「本当にうまい北海道ならではの地酒を」という熱い想いから誕生した大雪乃蔵は、原料米に北海道産米のみを使用しています。蔵が位置するのは、北海道旭川市。冷涼な気候のもと生まれる日本酒は、飲み飽きしない上質な味わいが魅力です。 注目は「シャトー 大雪乃蔵」シリーズ。“ワイングラスで香りを楽しむ”をコンセプトに誕生したお酒です。 味や香りはもちろん、スタイリッシュなボトルデザインは洋食シーンにもマッチし、日本酒とさまざまな料理とのペアリングを楽しめます。 (出典元:オエノングループ) 12位.北の錦(きたのにしき) 「北海道でしか醸せない地酒とは何か?」を追求し続ける夕張の酒蔵、小林酒造。蔵人の大部分は地元農家の後継者。実際に酒米を育てる蔵人もいるなど、米生産者の顔が見えること、風土を感じる酒をテーマに北の錦は醸されています。 原料米は北海道産米100%。米の個性に合わせて造られる日本酒は、春には山菜、秋にはキノコと、四季折々の食材を使った食卓に華を添えます。 蔵最高級品となる純米大吟醸「北の錦 純米大吟醸 雪心(ゆきごころ)」は、やさしい甘さとキレを併せ持つお酒です。適度に冷やして口に含めば、北海道産米の旨味がじんわりと広がります。 (出典元:北の錦オンラインショップ) 13位.郷宝(ごっほう) 郷宝は道南の酒蔵、箱館醸蔵で造られる日本酒です。使用する北海道産米は、北海道水発祥の地といわれる大野平野で栽培されたもの。人と米、水と地元の宝で醸された酒には、道南テロワールが息づいています。 四季醸造を取り入れる箱館醸蔵では、年間通してしぼりたてのお酒がいただけます。フルーティーな香りの純米吟醸に爽やかな後口の純米酒と、どれもみずみずしい味わいが魅力的。宝石のようにキラキラ輝くラベルも美しく、プレゼントにもおすすめの地酒です。 (出典元:郷宝オンラインショップ) 14位.北の誉(きたのほまれ) 北の誉は、大雪乃蔵と同じく合同酒精株式会社が手がける日本酒です。手に取りやすい300ml容量の生酒から純米大吟醸酒まで、幅広いラインナップが揃います。 なかでもおすすめは、北海道産米を100%使用した「純米 北の誉 北海羆(ほっかいひぐま)」です。ラベルには力強いヒグマが描かれるなど、北海道らしさ満載。やさしい香りと米のふくよかな旨味を堪能できます。 サーモンを使った洋食に石狩鍋と、ぜひ北海道料理とあわせて楽しんでみてください。 (出典元:オエノングループ) 15位.えぞ乃熊(えぞのくま) えぞ乃熊は、国士無双を醸す高砂酒造の日本酒です。熊が小さく描かれたかわいいラベルが印象的。原料米には、きたしずくや彗星など、北海道産米が中心に用いられています。 きたしずくを原料とした純米吟醸酒は、柑橘系の上品な香り。後口のシャープなキレ味と酸味のバランスが絶妙です。北海道の地酒を飲んでみたい、というときはぜひチェックしてみてください。 (出典元:マツザキ) まとめ 北海道産の酒米誕生をきっかけに、大きな躍進を続ける北海道の日本酒。今回ご紹介した銘柄も、地元の米、水、人にこだわって造られるものばかりです。 ひとくちに北海道の地酒といっても、その個性はさまざま。ぜひ広大な北の大地が生み出す各地の味わいを楽しんでくださいね。

【2023年最新版】関東の酒蔵見学おすすめ4選!日本酒の試飲やショッピングを楽しもう

関東地方の酒蔵では、日本酒造りの現場を体感できる酒蔵見学が開催されています。なかには試飲やショッピング、食事を楽しめる蔵もあり観光スポットとしてもおすすめです。 実際に日本酒が造られる場所へ足を運べば、いつものお酒もよりおいしく身近なものに感じられるはず。今回は、関東地方の酒蔵見学情報をご紹介します。ぜひ酒蔵へ出かける際の参考にしてください。 ※見学時は各蔵からの注意事項をご確認ください。 ※記事情報は2023年8月24日時点のものです。 ※掲載情報、写真などは変更の可能性もあるため、必ずご自身で事前にご確認のうえご利用ください。 ※掲載している価格はすべて税込価格です。 1.石川酒造(東京都福生市) お酒好きにぜひおすすめしたいのがこちら。「酒飲みのテーマパーク」ともいわれる石川酒造の酒蔵見学です。 敷地内には趣ある酒蔵と史料館が建ち並び、併設のレストランではクラフトビールとイタリアンを楽しめます。 感謝デーに開催される酒蔵見学は、直売店の割引券と試飲、お土産付きという充実の内容です(2023年8月見学内容)。スタッフ案内のもと、銘酒「多満自慢(たまじまん)」が生まれる蔵内部を見学できます。 また、石川酒造の敷地内は予約不要で自由に散策できます。明治13年建築、国登録有形文化財の本蔵は、石川酒造の歴史を感じさせる佇まい。直売店では、QRコード付きのパンフレットが配布されています。 明治期に使用していたビール釜や樹齢700年の御神木など、パンフレットを参考にゆるりと巡るのもおすすめです。 直売店には、蔵自慢の日本酒やクラフトビールが勢ぞろい。ここでしか購入できない限定グッズもあります。ロゴ入りの酒器や雑貨は、お酒好きな方へのお土産にも喜ばれそうですね。 見学とショッピングを楽しんだら、併設のレストランで美味しい料理とお酒に舌鼓。クラフトビールはもちろん、日本酒も複数用意されています。 イタリアンと日本酒のマリアージュを堪能できるのは、古くから酒造りを手がけてきた蔵併設のレストランだからこそ。見学にショッピング、食事とお酒好きの心を満たしてくれる石川酒造へ足を運んでみてはいかかがでしょうか。 石川酒造株式会社 [住所]東京都福生市熊川1 [電話番号]042-553-0100(代表) [アクセス]【車】八王子ICより約17分【電車】JR拝島駅よりタクシーで約8分、徒歩約20分 [見学内容]200円の直売店割引券、試飲、お土産付きの蔵見学 ※見学時間約45分 ※2023年8月見学内容 [見学料金]1,000円 [予約方法]公式ホームページより [問い合わせ]直売店 酒世羅 042-530-5792(営業時間 10時〜18時、火曜定休 12月無休) [石川酒造株式会社の詳細はこちら]https://www.tamajiman.co.jp/ ※見学時は蔵の注意事項を要確認 https://sake-5.jp/tokyo-sake-brewery-tours-recommended/ 2.金井酒造店(神奈川県秦野市) 金井酒造店は、丹沢山麓のふもとに位置する酒蔵です。蔵見学は、1,000円分のお買い物チケットとお酒のテイスティング付き。各グループごとに案内されるため、ゆっくりと見学できます。1グループ15名まで見学可能と、団体利用にもおすすめです。 金井酒造店の日本酒は、日々の食卓に寄り添うやさしい味わいが魅力です。蔵の敷地に掘られた地下100mの井戸から汲み上げた水が「白笹鼓(しらささつづみ)」の清らかな味わいを生み出しています。 丹沢は都内から交通の便もよく、ハイキングや登山、キャンプなどに多くの人々が訪れる場所です。見学では蔵の雰囲気とともに、丹沢の豊かな自然も体感できます。 初代蔵元・佐野リキが創業した明治元年から、150年余りの歴史を誇る金井酒造店。明治時代から現代まで、多くの人に親しまれてきた地酒のふるさとへぜひ足を運んでみてください。 株式会社金井酒造店 [住所]神奈川県秦野市堀山下182-1 [アクセス]【電車・バス】小田急線 秦野駅下車 バスにて約20分、小田急線 渋沢駅下車 バスにて約10分【車】東名秦野中井ICより約15分 [見学日時]6月〜9月下旬 ※所用時間60分程度 ※9月以降は各グループごとではなく参加者まとめての案内となる予定 ※詳細については情報が決まり次第公式サイトに掲載予定 [見学定員]1グループ15名まで [見学内容]見学後、主要銘柄と季節のお酒のテイスティングあり [見学料金]1名 1,000円 ※当日使える1,000円分のお買い物チケット付き [受付]予約制 [予約方法]公式ホームページより ※団体見学を希望の場合は事前に問い合わせフォームまたは電話にて要相談 [金井酒造店の詳細はこちら]https://www.kaneishuzo.co.jp/ ※見学時は蔵の注意事項を要確認 https://sake-5.jp/sake-brewery-tours-in-kanagawa/ 3.和蔵酒造 竹岡蔵(千葉県富津市) 和蔵酒造竹岡蔵は、海の見える千葉房総の酒蔵です。代表銘柄は「聖泉(せいせん)」と「鹿野山(かのうざん)」。伝統的な製法を用い手間暇かけて造られる日本酒は、千葉房総の海の幸、山の幸の味わいを引き立てます。 和蔵酒造の大きな特徴は、日本酒の「竹岡蔵」と焼酎の「貞元蔵」、それぞれ専用の酒蔵を有することです。蔵見学は年間通して受け付けていますが、竹岡蔵は11月から3月、貞元蔵は9月から10月と酒造期には仕込み作業も見学できます。 君津市にある貞元蔵の直営店舗「酒菜館」は、日本酒や千葉県の物産品など品ぞろえも豊富です。女性に人気の柚子リキュールなどを試飲できるスペースも設けられています。 竹岡蔵を見学したら、海岸沿いを酒菜館へと移動。和蔵酒造の日本酒や焼酎、ゆで落花生に柚子酒ケーキなどのショッピングを楽しむのもおすすめです。都心近くにありながら自然豊かな観光スポット、房総半島で酒蔵めぐりを満喫してみてはいかがでしょうか。 和蔵酒造株式会社 竹岡蔵 [住所]千葉県富津市竹岡1 [見学料金]無料 [受付]予約制 [予約方法]0439-67-0027 にて問い合わせ [和蔵酒造株式会社 竹岡蔵の詳細はこちら]https://wakura-sake.jp/takeoka/ ※見学時は蔵の注意事項を要確認 4.松岡醸造(埼玉県比企郡小川町) 古くから「酒造りの適地」として知られる小川町の松岡醸造では、ミネラル豊富な天然水を仕込み水に使用しています。硬度は149mg/ℓと、日本の仕込み水としてはトップクラスの硬水。実際に口にすると、硬水なのに柔らかい不思議な水であることを実感できます。 日本酒造りの現場を巡る蔵見学は、「帝松(みかどまつ)」の試飲付き。お酒を飲まない方には、仕込み水が用意されています。 試飲で気に入ったお酒は、直売店で購入できます。「大吟醸ソフトアイス」や「甘酒」など、酒蔵ならではのメニューもおすすめです。「オーガニックコスメ」をはじめ、地元で作られた食品や和紙製品など、お酒以外の品も充実。埼玉土産にぴったりの品々が揃います。 ゆったり食事を楽しみたいときは、庭園内にある酒蔵レストラン「松風庵」へ。ランチタイムにはお酒や仕込み水、麹、酒粕などを使用した蔵元ならではのメニューをいただけます。時間帯によりカフェ利用もできますよ。 試飲付の蔵見学にショッピング、趣ある酒蔵レストランでの食事を楽しめる松岡醸造。埼玉観光とあわせてぜひおすすめしたい酒蔵です。 松岡醸造株式会社 [住所]埼玉県比企郡小川町大字下古寺7-2 [アクセス]【車】嵐山小川ICより15分 ※駐車場有(約100台)【電車】東武東上線・JR小川町駅より徒歩25分(タクシーで5分) [見学内容]蔵見学、試飲 ※ドライバーや子どもには蔵の仕込み水を用意 [受付]予約制 [予約方法]公式サイトの問い合わせフォームより [松岡醸造株式会社の詳細はこちら]https://www.mikadomatsu.com/ ※見学時は蔵の注意事項を要確認 まとめ 各県の老舗蔵でおいしい日本酒が造られている関東地方。今回ご紹介した蔵では、見学の後に試飲やショッピングなどを楽しめます。海沿い、山の麓と豊かな自然に恵まれた蔵も多く、都心からの日帰り旅行にもおすすめです。お酒好きにはたまらない酒蔵見学。ぜひチェックして足を運んでみてくださいね。

【2023年最新版】関西の酒蔵見学おすすめ4選!日本酒と共に各地を巡ろう

日本酒ファンにおすすめしたいのが関西の酒蔵見学です。日本三大酒どころのうち、灘(兵庫)と伏見(京都)を巡ることができます。 日本酒発祥の地といわれる奈良では、伝統を受け継ぎながら新たな歴史を切り拓く酒蔵を見学できます。試飲やショッピングができる蔵もあるなど、お楽しみも満載です。 今回は、関西でおすすめの酒蔵見学情報を紹介します。「関西で酒蔵巡りがしたい」「旅先でおいしい日本酒に出会いたい」という方はぜひチェックしてみてくださいね。 ※見学時は各蔵からの注意事項をご確認ください。 ※記事情報は2023年8月7日時点のものです。 ※掲載情報、写真などは変更の可能性もあるため、必ずご自身で事前にご確認のうえご利用ください。 ※掲載している価格はすべて税込価格です。 1.佐々木酒造(京都府京都市上京区) 京都府の佐々木酒造は、京都の中心から世界へと日本酒の魅力を発信する酒蔵です。「京都洛中酒蔵ツーリズム」と題し、さまざまな見学ツアーを展開。歴史ある京都の風情を感じながら、蔵の魅力に触れられます。 佐々木酒造の蔵見学の魅力は、普段蔵人たちが働く酒造りの現場を間近で体感できること。過去には、米が蒸される熱気や、醪(もろみ)の甘い香りに包まれる早朝見学ツアーも開催されました。 酒造りがお休みとなる期間も、蔵人の楽しい解説付きで2階建ての蔵内を見学できます。日本酒の製造工程に沿って案内されるため、おいしいお酒がどうやってできあがるのか、より理解が深まる内容です。 見学の後は、佐々木酒造のおいしい日本酒で乾杯。京都で日本の伝統文化を堪能できる蔵見学は、海外の観光客にも人気です。1階の小売部には有料の試飲サーバーもあり、予約不要で試飲やお土産購入を楽しめますよ。 なにより蔵人やスタッフの明るい雰囲気に触れれば、日本酒がもっと楽しく、おいしいものとなるはず。京都観光とあわせ、ぜひ酒蔵見学を体験してみてください。 佐々木酒造株式会社 [住所]京都府京都市上京区北伊勢屋町727 [アクセス]【電車】地下鉄 二条城前より徒歩約15分【バス】千本丸太町 または 堀川丸太町 より徒歩約10分、丸太町智恵光院より徒歩5分 [見学日時・定員・内容・料金]見学ツアー、コースによって異なる ※詳細は公式サイトを要確認(https://www.jurakudai.com/#tourism) [受付]予約制 [予約方法]公式サイトより [佐々木酒造株式会社の詳細はこちら]https://www.jurakudai.com/ ※見学時は蔵の注意事項を要確認 2.藤岡酒造(京都府京都市伏見区) 藤岡酒造は、日本三大酒どころのひとつ伏見に位置する酒蔵です。代表銘柄は「蒼空(そうくう)」。絹のように滑らかな味わいは、伏見の名水と職人たちの丁寧な手仕事によって生まれます。 酒蔵見学は、約2時間の充実した内容。グラス3杯の利き酒も付いています。利き酒は自家製アイスに変更でき、お酒を飲まない方も一緒に蔵めぐりを楽しめるのがうれしいですね。 蔵見学とセットで注目したいのが、蔵併設の酒蔵Bar「えん」です。こちらでは、ガラス越しに蔵の様子を眺められます。 カウンター席に腰掛けた先に見えるのは、大きなタンク。メニューには、酒の肴や甘酒なども用意されています。お酒が生まれるすぐそばでいただく「蒼空」の味わいはまた格別です。 一度は歴史に幕を下ろしたものの、5代目蔵元の熱意によって再生した酒蔵、藤岡酒造。手仕事で造られる純米酒は、やさしい味わいに満ちています。 酒どころ伏見には飲食店が建ち並び、風情ある景色のなか街歩きも楽しめます。酒蔵見学はもちろん、伏見観光とあわせぜひ立ち寄りたい酒蔵です。 藤岡酒造株式会社 [住所]京都市伏見区今町672-1 [アクセス]【電車】京阪 伏見桃山駅または丹波橋駅より徒歩約5分、近鉄 桃山御陵前駅または丹波橋駅より徒歩約6分 [定休日]水曜日 [見学日時]6月〜9月 酒造期間および夏季休業中以外 ※酒造期間は10月〜翌年5月末 ※案内できるスタッフが限られているため、希望通りに対応できない場合あり [見学定員]1回 2名〜15名まで ※1名のみの蔵見学は不可 ※対象年齢13歳以上 [見学内容]蔵見学、利き酒(グラス3杯)※ドライバーや20歳未満の方は蔵見学と自家製アイスのセットに変更可能のため予約時に相談 ※所用時間約2時間 [見学料金]2,500円 [受付]希望日より少なくとも2週間前までに要予約 ※連絡日から3カ月先まで予約可能 ※2週間以内、3カ月以上先の予約は不可 [予約方法]公式サイトにて ※メール送信後は、案内可能の可否を伝える蔵からのメールを要確認 [藤岡酒造株式会社の詳細はこちら]https://www.sookuu.net/index.html ※見学時は蔵の注意事項を要確認 3.小山本家酒造 灘浜福鶴蔵(兵庫県神戸市) 日本三大酒どころのひとつとして知られる灘五郷(なだごごう)。兵庫県の神戸市、西宮市の沿岸部は古くから日本酒の銘醸地として栄えてきました。 小山本家酒造 灘浜福鶴蔵は、その中でも酒造りの中核となる魚崎郷(うおざきごう)に位置します。ミネラル豊富な六甲山の伏流水に恵まれ、最高峰の酒米といわれる山田錦(やまだにしき)が栽培される地域です。蔵併設の「浜福鶴吟醸工房」では、四季を通じて酒造りの全工程をガラス越しに見学できます。 灘浜福鶴蔵の蔵見学の魅力は、子どもから大人まで誰もが酒造りの歴史に親しみ、楽しめることです。工房は1階と2階のフロアにわかれ、2階ではガラス張りの見学通路を通りながら酒造りの現場を体感できます。 注目は、醪(もろみ)づくりの体感コーナー。醪が醗酵する音を聞き、香りに包まれながら、日本古来の発酵文化に触れられます。江戸時代から使われている酒造道具も間近に見学できますよ。 1階のフロアでは、「有料きき酒処」や「生酒試飲コーナー」が待っています。中でもお酒好きが見逃せないのが「限定秘蔵酒量り売りコーナー」です。門外不出の極上酒を、ぜひ味わってみてください。 「直売コーナー」には、ここでしか買えない蔵元ならではのお酒やこだわりの発酵食品などが豊富にそろっています。写真映えする撮影スポットもありますよ。 見て、感じて、味わってと灘のお酒を存分に堪能できる酒蔵見学へ足を運んでみてはいかがでしょうか。 株式会社 小山本家酒造 灘浜福鶴蔵 [住所]兵庫県神戸市東灘区魚崎南町4-4-6 [アクセス]【電車】阪神電鉄 魚崎駅または六甲ライナー南魚崎駅より徒歩10分【車】公式サイトを参照(https://www.hamafukutsuru.co.jp/about/index.html#gmap_wrap) [定休日]月曜日(祝祭日は営業)※吟醸工房は2023年8月11日(金)〜15日(火)休館 [見学日時]10時~17時(入館無料)※有料きき酒処ラストオーダー16時15分 [予約方法]10名未満は予約なしでも見学可能、10名以上の団体利用は公式サイトのメールフォームまたはFAX(078-411-1091)にて申し込み ※団体利用は案内人によるガイドあり [株式会社...

【2023年最新版】神奈川の酒蔵見学おすすめ4選!おいしい日本酒と自然を満喫しよう

試飲を楽しめる神奈川の酒蔵見学は、日本酒好き、お酒好きにおすすめです。蔵周辺の自然を感じながら、おいしいお酒と蔵の雰囲気を満喫できます。 試飲のあとは、蔵併設の売店でショッピング。すぐに使えるお買物券付きの蔵見学もありますよ。 今回は、神奈川県のおすすめ酒蔵見学情報をご紹介します。ぜひ夏から秋に向けたお出かけ情報の参考にしてください。 ※見学時は各蔵からの注意事項をご確認ください。 ※記事情報は2023年7月28日時点のものです。 ※掲載情報、写真などは変更の可能性もあるため、必ずご自身で事前にご確認のうえご利用ください。 ※掲載している価格はすべて税込価格です。 1.大矢孝酒造(愛甲郡愛川町) 神奈川県愛甲郡の大矢孝酒造は、約200年の歴史をもつ老舗蔵です。蔵見学は、主に蔵人自らが対応。設備の説明を聞きながら、歴史ある蔵の雰囲気を存分に堪能できます。 米を蒸す大きな甑(こしき)に、見上げる高さのタンク。日本酒造りの設備を間近で見られるのは、蔵見学ならではの醍醐味です。米と米麹というシンプルな材料からどうやってお酒ができるのか、蔵内をめぐればさらに理解が深まります。 蔵見学のあとは、お待ちかねの試飲タイムです。季節のお酒を含め5~6種類もの日本酒を楽しめます。 大矢孝酒造が造るのは、米と米麹のみを原料とする純米酒です。香り華やかなタイプやコクのあるタイプなど、さまざまなお酒が揃います。試飲で見つけたお気に入りのお酒は、購入もできますよ。 蔵周辺にはレジャー牧場や宮ケ瀬ダムがあり、足をのばせば観光も楽しめます。見学は1人からでも受付可能。電車やバスを乗り継ぎ、都内からふらりと日帰り旅行に出かけたいときにもおすすめです。 大矢孝酒造株式会社 [住所]神奈川県愛甲郡愛川町田代521 [アクセス]【電車・バス】本厚木駅 01番半原行きバス「半僧坊前」より徒歩9分、本厚木駅 02番半原行きバス「愛川田代郵便局前」より徒歩1分【車】圏央厚木ICより20分 ※駐車スペースあり [見学日時]毎週火・木・土 14時〜 ※所用時間 約40分 ※10〜3月は酒造り期間のため見学不可 [見学定員]4名 ※大人数の場合は別途相談 [見学内容]蔵案内、試飲、お土産販売 ※蔵案内、試飲各20分 [見学料金]1,000円 ※20歳未満は無料 [受付]5日前までに要予約(遅くても前々日まで)※予約は1カ月後まで可能 ※1カ月以上先の予約は電話にて問い合わせ [予約方法]公式ホームページより [大矢孝酒造株式会社の詳細はこちら]https://oyatakashi-shuzo.com/ ※見学時は蔵の注意事項を要確認 2.中沢酒造(足柄上郡松田町) 中沢酒造の蔵見学は、酒造りを担う蔵元自ら案内役を務めます。気になることは直接蔵元に質問できる贅沢な内容です。 銘酒「松美酉(松みどり)」は、丹沢山系の清らかな伏流水を仕込み水とし、全量手造りにこだわったお酒です。見学は500円分のお買物券付き。見学後は隣接する直売所で試飲やお土産購入を楽しめます。 酒蔵見学ができるシーズンは限られていますが、隣接の直売所は年中無休です。直売所には有料試飲サーバーがあり、中沢酒造のおいしい日本酒を飲み比べできます。 春になると河津桜が咲き誇る松田町は、日本有数のお花見スポット。蔵周辺は豊かな自然に包まれ、季節の移ろいとともに表情を変えます。 お酒が生まれる場所へ足を運べば、大好きな日本酒がより身近なものに感じられるはず。松田町へ足を運んだ際は、蔵の雰囲気を満喫しつつ、おいしいお酒が楽しめる中沢酒造へぜひ立ち寄ってみてください。 中沢酒造株式会社 [住所]神奈川県足柄上郡松田町松田惣領1875 [アクセス]【電車】小田急線 新松田駅 北口より徒歩5分、JR御殿場線 松田駅 改札口より徒歩3分、JR御殿場線 松田駅 南口より徒歩5分【車】東名高速道路 大井松田ICより15分 [見学日時]毎週土曜 10時〜11時30分 ※5、6、9、10月のみ [見学内容]酒造りビデオ鑑賞、蔵見学、試飲、土産販売 [見学料金]1,000円(500円分のお買い物券付き)※20歳未満は無料 [受付]5日前までに要予約 ※2カ月後まで予約可能 [予約方法]公式ホームページより [中沢酒造株式会社の詳細はこちら]https://www.matsumidori.jp/ ※見学時は蔵の注意事項を要確認 3.金井酒造店(秦野市) 金井酒造店は、丹沢山麓のふもとに位置する酒蔵です。蔵見学は、1,000円分のお買い物チケットとお酒のテイスティング付き。各グループごとに案内されるため、ゆっくりと見学できます。1グループ15名まで見学可能と、団体利用にもおすすめです。 金井酒造店の日本酒は、日々の食卓に寄り添うやさしい味わいが魅力です。蔵の敷地に掘られた地下100mの井戸から汲み上げた水が「白笹鼓(しらささつづみ)」の清らかな味わいを生み出しています。 丹沢は都内から交通の便もよく、ハイキングや登山、キャンプなどに多くの人々が訪れる場所です。見学では蔵の雰囲気とともに、丹沢の豊かな自然も体感できます。 初代蔵元・佐野リキが創業した明治元年から、150年余りの歴史を誇る金井酒造店。明治時代から現代まで、多くの人に親しまれてきた地酒のふるさとへ足を運んでみてはいかがでしょうか。 株式会社金井酒造店 [住所]神奈川県秦野市堀山下182-1 [アクセス]【電車・バス】小田急線 秦野駅下車 バスにて約20分、小田急線...

最新の投稿

読んで日本酒をもっと楽しく