日本酒ウォッチ

最新の記事

テロワールを追求する日本酒「貴」の種類やラインナップを紹介!

日本酒「貴(たか)」は、山口県から全国へとその名が知られるお酒です。自社田で育つ山田錦を中心に、こだわりの酒米で個性豊かな味わいを生み出しています。 今回は、特別純米酒から季節のお酒まで、貴のラインナップの数々をご紹介!ぜひ、貴を選ぶ際の参考にしてみてくださいね。 1.「貴」とは 「貴(たか)」は、山口県の永山本家酒造場が造る日本酒です。原料となるのは、岡山県赤磐市産“雄町”や兵庫県多可町産“山田穂”など、産地にこだわった酒米たち。代表銘柄「ドメーヌ貴」には、自社田で育った“山田錦”を使用しています。 風土を意味するフランス語「テロワール」を基調とし、米の旨味をぞんぶんに引き出した貴は料理との相性が良いお酒。ラインナップに並ぶのは、刺身や煮魚といった和食はもちろん、イタリアンやフレンチにも合う銘柄です。 2.貴を造る永山本家酒造場 貴を造る永山本家酒造場は、山口県宇部市に位置する酒蔵です。創業は1888年(明治21年)。テロワールを重視した貴のブランドは、5代目永山貴博氏によって誕生しました。 度々ヨーロッパのワイナリーを訪れた永山氏は、ワイン造りでは醸造技術より、ブドウやブドウが育つ土地が重視されていることに感銘を受けます。未来の環境造りにまで思いをはせるワイン醸造は、永山氏にとって田んぼへの新たな思いを抱かせるものでした。 2019年(令和元年)、永山本家酒造場は農業法人を設立。地域の人々とともに自ら酒米を育てる決意を固めます。米作り、酒造りに携わるのは、乳業メーカーやレストランなど、他業種から参入した若きスタッフたち。YouTubeでは永山氏自らが貴の魅力を発信するなど、日本酒の未来を次へとつなげるさまざまな取り組みも進められています。 3.貴の特別純米酒の種類・ラインナップ 特別純米酒は、醸造アルコールを添加せず、米と米麹を原料に造られる日本酒のことです。さらに、精米歩合(せいまいぶあい)と呼ばれる、米を精白する程度が60%以下、または蔵それぞれの「特別な醸造方法」で造られています。貴の特別純米酒のラインナップには、家飲みにもおすすめの定番酒が並びます。 3-1.貴 特別純米60 口当たりなめらかで、しっかりと芯がある。米の旨味と後味のキレが両立した特別純米酒です。冷酒から常温、燗酒と好みのスタイルで楽しめます。料理とあわせて美味しい貴の定番商品です。 (出典元:株式会社 永山本家酒造場) 3-2.貴 濃醇辛口純米80 高級酒米“山田錦”の味わいを、ぞんぶんに引き出したお酒です。精米歩合は80%と、外側を20%だけ削った米を使用しています。濃醇かつスパッとしたキレ味をもつ辛口酒は、燗酒で味わうのもおすすめ。塩味のきいたおつまみとも相性の良い日本酒です。 (出典元:株式会社 永山本家酒造場) 4.貴の純米吟醸の種類・ラインナップ 純米吟醸は、米のコクと華やかな香りを楽しめる日本酒です。貴では、酒米や製造方法の違いでさまざまな表情の純米吟醸を生み出しています。 4-1.貴 純米吟醸 山田錦50 精米歩合は50%と、半分まで磨いた“山田錦”を使用した純米吟醸です。フルーティーな香りとスッと消え行く心地よい余韻を楽しめます。和食はもちろん、フレッシュなサラダやオイル系のパスタにもおすすめの銘柄です。 (出典元:株式会社 永山本家酒造場) 4-2.貴 純米吟醸 山田錦55 原料米は、「八南の里」や「ふるさと吉見」、「あいのう木田」など契約農家で育った“山田錦”。穏やかな香りとスムースな飲み口は、あわせる料理を選びません。冷酒から燗酒まで、幅広いスタイルで楽しめる銘柄です。 (出典元:株式会社 永山本家酒造場) 4-3.貴 純米吟醸 山廃雄町 山廃(やまはい)とは、日本酒の伝統的な製造方法のことです。奥行きのある味わいと複雑な香りを楽しめます。酒米“雄町”のふくよかな旨味が広がる山廃は、チーズや肉料理と好相性。チーズのクセのある風味もしっかりと受け止めてくれる美味しさです。 (出典元:株式会社 永山本家酒造場) 4-4.貴 純米吟醸 雄町50 岡山県産“雄町”を100%使用した純米吟醸です。豊かに広がる雄町の旨味をぞんぶんに堪能できます。「山田錦50」と並べ、酒米ごとの味の違いを楽しむのもおすすめです。 (出典元:株式会社 永山本家酒造場) 5.貴の純米大吟醸の種類・ラインナップ 純米大吟醸は、純米吟醸よりさらに小さく磨いた米を使用したお酒です。ラインナップには、代表銘柄「ドメーヌ貴」をはじめ「プラチナ」、「ブラック」など、特別な日の乾杯にふさわしい銘柄が並びます。 5-1.貴 純米大吟醸 ドメーヌ貴 永山本家酒造場のこだわりが詰まった純米大吟醸です。原料には、自社田で育った“山田錦”を使用しています。透明感ある味わいは、ワイングラスに注いで楽しむのもおすすめ。山口県宇部市の豊かな自然を思いながら、料理とあわせて楽しみたい美味しさです。 (出典元:株式会社 永山本家酒造場) 5-2.貴 純米大吟醸 赤磐雄町 “雄町”は、栽培の難しさから「幻の米」と呼ばれていた酒米です。貴の純米大吟醸には、特に質が良いといわれる岡山県赤磐市産の雄町が使用されています。雄町ならではのふくよかな旨味は、肉料理にあわせて楽しむのがおすすめ。ステーキはもちろん、すき焼きのようなコクのある料理にも良くあいます。 (出典元:株式会社 永山本家酒造場) 5-3.貴 純米大吟醸...

日本酒の瓶の色には理由がある?日本酒の瓶に色がついている理由を解説

茶色や緑…普段何気なく目にしている日本酒の瓶の色。これらには、日本酒を紫外線から守る役割があります。日本酒は、光や温度の影響を受けやすいお酒だからです。 今回は、日本酒の瓶の色が持つ役割をくわしく解説!色に隠された、日本酒をなるべく長く美味しく飲むための工夫についてお伝えします。 1.日本酒の瓶に色がついているのはなぜ? 日本酒の瓶に色がついているのは、「紫外線」から日本酒を守るためです。 紫外線の影響を受けた日本酒は、「日光臭(にっこうしゅう)」が発生します。焦げ臭や獣臭(けものしゅう)とも呼ばれる、傷んだ玉ネギやガスのような臭いです。 繊細な香りと味わいをもつ日本酒にとって、紫外線は大敵。透明の瓶では、中身が光にさらされてしまいます。そのため、日本酒を詰める瓶の多くに色がついているのです。 2.日本酒の瓶は茶色と緑色が多い 日本酒の瓶のなかでも、特に多いのが茶色と緑色の瓶です。その理由は、茶色と緑色の瓶は紫外線の吸収率が低いから。古くから見かける一升瓶も、茶色が多いですよね。 さらに紫外線を吸収しにくいのが、黒色の瓶。反対に、透明の瓶や、フロスト加工と呼ばれるくもりガラスのような加工がされている瓶は、紫外線の吸収率が高くなります。 3.日本酒の瓶にはいろいろな色がある 以前は茶色がベーシックだった日本酒の瓶も、近年はさまざまなカラーが登場しています。 青色の瓶のほか、春先にはピンク色の瓶も。日本酒の味わいが多様化するように、瓶のカラーバリエーションも広がりを見せています。 また、瓶の色やデザインには蔵のこだわりが表れています。例えば、青色の瓶に詰められた「夏酒」は、色で涼やかさを表現したもの。秋に出る「ひやおろし」の多くは、実りの秋を思わせる赤茶色の瓶に詰められています。 「にごり酒」と呼ばれる白く濁ったお酒の多くは、あえて中身が透ける瓶に詰められることも。うっすらにごる「うすにごり」や「ささにごり」は、瓶の中で滓(おり)が舞う姿も楽しみのひとつです。透明の瓶であれば、全体に滓を混ぜたり、別々に飲んだりとさまざまな味わい方を楽しめます。 4.夏酒などに多い青色や透明な瓶は大丈夫? 紫外線の吸収率が高い青色や透明な瓶に入ったお酒は、光の届かない場所で保管するように心がけましょう。 特に、加熱殺菌処理をしていない「生酒」は、早く飲み切ることが前提となっているため、透明度の高い瓶に詰められていることが多いです。生酒は、フレッシュな味わいが持ち味。蔵や酒販店などでも冷蔵保管が基本とされています。 また、紫外線以外にも、高い温度や空気なども日本酒を劣化させる原因になります。瓶の色にかかわらず、日本酒は光のあたる温度の高い場所での保管を避け、開栓後は早めに飲み切るのがおすすめです。 https://sake-5.jp/5-degree-sake-cellar/ まとめ 茶色や緑色といった瓶の色は、日本酒の美味しさを紫外線から守るためにつけられています。また、季節ごとの味わいや蔵のこだわりを表すものです。 米と米麹というシンプルな材料をもとに、いく通りにも表情を変える日本酒というお酒。ぜひ瓶の色やデザインに蔵の思いを感じながら、さまざまな日本酒を楽しんでみてください。

七号酵母の発祥となった蔵が造る日本酒「真澄」の種類・ラインナップを紹介

「真澄(ますみ)」は、信州を代表する日本酒です。醸造元は、「七号酵母」と呼ばれる酵母の発祥蔵でもあります。 江戸時代からの伝統を誇る真澄は、新しい定番酒を皮切りにブランドコンセプトを一新。今回は、「上質な食中酒」を目指して造られるラインナップの数々を紹介します! 飲みやすい低アルコールタイプからこだわりの本格派まで、真澄が自信をもっておくるお酒の数々、ぜひチェックしてみてくださいね。 1.「真澄」とは 「真澄(ますみ)」は、食事に寄り添う上質な食中酒として知られる日本酒です。原材料には、地元長野県産の“美山錦(みやまにしき)” や“ひとごこち” を中心に、厳選した兵庫県産の酒米を使用しています。 真澄のなめらかな味わいを生み出すキーとなるのが、信州の山々から流れる伏流水。仕込み水に使われるのは、八ヶ岳や南アルプルの地層をゆっくりとくぐり抜け、地表へと流れ出た天然水です。 国内の全国新酒鑑評会から海外のコンペティションまで、真澄の輝かしい受賞歴は数えきれないほど。 人、自然、そして時を結ぶことをテーマにしている真澄は、日本酒が料理とあわせて美味しいお酒であることや、誰かと酌み交わすお酒の喜びを飲み手へと伝えてくれます。 2.真澄を造る「宮坂醸造」とは 真澄を造る「宮坂醸造(みやさかじょうぞう)」は、長野県諏訪市に位置する酒蔵です。創業は江戸時代にあたる1662年(寛文2年)。以来、350年以上もの間その伝統は受け継がれてきました。 今では世界へとその名が知られる真澄も、大正時代には廃業の危機を迎えていたそう。そんななか、酒蔵の革命に売って出たのが蔵を任された宮坂 勝氏です。 勝氏は大胆にも熟練の職人を退職させ、自分と同年代の若き職人を杜氏に抜擢。公共交通機関が発展していなかった時代に2人で全国の酒蔵を巡り、酒造りの水準を向上させていきます。 やがて努力が実を結び、1943年(昭和18年)には、全国新酒鑑評会で真澄が1位から3位を独占。真澄の名は、名実ともに全国へと広がっていきました。 七号酵母を生んだ蔵 上質な酒を生み出す真澄は、「七号酵母」の発祥蔵として知られています。 酵母とは、米や水、米麹とともに、日本酒造りに欠かすことができない要素。日本酒の味や香りに大きく影響し、さまざまな種類があります。 真澄の酵母が「七号」と名付けられたのは、1946年(昭和21年)のこと。真澄の品質の良さに着目し、蔵を調査した研究者の手により、新酒の酵母「七号酵母」は発見されました。現在も、七号酵母(協会七号酵母)は日本醸造協会によって全国の酒蔵へと頒布されています。 https://sake-5.jp/role-and-types-of-yeast/ 3.真澄の銘柄の種類は大きく分けて5つ 真澄のラインナップは、大きく次の5つに分かれます。 昔ながらの真澄 こだわりの真澄 極上の真 泡を楽しむ真澄 季節の真澄 宮坂醸造では、2019年(令和元年)に七号酵母への原点回帰を決意。酒蔵から新たに酵母を採取し、選抜を重ねたうえで優良酵母「七号系自社株酵母」を発見しました。ラインナップの数々にも、新たな真澄の個性を生み出すこの酵母が使用されています。 3-1.昔ながらの真澄 「昔ながらの真澄」は、古くから愛され続けてきた真澄の定番酒です。祭りで、祝いの席で…信州の人々の間で酌み交わされてきた伝統の味わいが活きています。 3-2.こだわりの真澄 「上質な食中酒」というブランドコンセプトを明確にした「こだわりの真澄」。海外の方が色で自分の好みを見つけられるよう、ラベルには日本の伝統色が採用されています。 3-3.極上の真澄 「極上の真澄」が目指すのは、究極の食中酒です。醪(もろみ)の入った袋をからこぼれる雫を集めた“袋吊り”のお酒や、お酒を搾る際にもっとも美味しいといわれる“中取り部分”を集めた銘柄が並びます。 3-4.泡を楽しむ真澄 乾杯のシーンにも、真澄の味わいを。「泡を楽しむ真澄」は、シュワシュワと泡立つスパークリング酒です。アルコール度数は低めに設定され、日本酒を飲み慣れない方も気軽に真澄の美味しさを楽しめます。 3-5.季節の真澄 新酒が出る冬から春、夏、秋と、1年をかけ4本リリースされる「季節の真澄」。季節のうつろいとともに変化する自然のように、表情を変える味わいを堪能できます。 4.昔ながらの真澄の種類・ラインナップ 4-1.真澄 辛口生一本 時代に合わせ改良が重ねられ、進化し続けてきた定番辛口酒です。華やかな香りとやわらかな甘味、ドライな味わいが共存しています。苦みが美味しい鮎の塩焼きやフキノトウの天ぷら、ハーブを使った料理とも相性のよいお酒です。 (出典元:宮坂醸造株式会社) 4-2.真澄 奥伝寒造り 米と米麹のみで仕込まれた、豊かな味わいの純米酒です。原料米には、長野県産の3種の酒米が使用されています。燗酒にして盃に注げば、米の甘い香りがふんわりと。信州味噌や醤油を使った料理にもおすすめの銘柄です。 (出典元:宮坂醸造株式会社) 4-3.真澄 YAWARAKA TYPE-1 アルコール度数は12度と、低アルコールタイプの日本酒です。日本酒を飲み慣れない方が手に取りやすいよう、ラベルはスタイリッシュなデザインに仕上げられています。さわやかな香りとライトな飲み口は、上質な白ワインを思わせるよう。カジュアルなシーンでも活躍する上質な1本です。 (出典元:宮坂醸造株式会社) 5.こだわりの真澄の種類・ラインナップ 5-1.真澄 真朱(AKA) 「山廃(やまはい)」と呼ばれる、自然の乳酸菌の力を借りる製法で生まれたお酒です。複雑かつ繊細な、滋味深い味わいを堪能できます。スルメやカラスミ、イカの塩辛といった酒の肴と好相性。意外なところでは、チーズを使った洋食と合わせるのもおすすめです。 (出典元:宮坂醸造株式会社) 5-2.真澄 漆黒(KURO) 冷酒から燗酒まで、幅広い温度帯で実力を発揮する「漆黒(KURO)」。日常のお惣菜からハレの日の料理まで、合わせる料理を選びません。「4つのなかで迷ったらまずはコレ」とおすすめしたい、こだわりの真澄です。 (出典元:宮坂醸造株式会社) 5-3.真澄 白妙(SHIRO) 白妙(しろたえ)とは、樹木の皮の繊維で織った白い布のこと。軽やかでやさしい口当たりは、なめらかな布の手触りを思わせるようです。アルコール度数は12度と飲みやすく、繊細な味わいの和食にもよく合います。 (出典元:宮坂醸造株式会社) 5-4.真澄 茅色(KAYA) あえて精米する度合いを抑えた信州米を使用。おだやかな香りのなかで、芳醇な旨味がじわっと広がる純米酒です。焼き魚やブリ大根、肉じゃがなど、ご飯におかずを合わせるイメージでお酒のおともを選んでみてください。 (出典元:宮坂醸造株式会社) 6.極上の真澄の種類・ラインナップ 6-1.真澄 夢殿(ゆめどの) 精米歩合(せいまいぶあい)は35%と、小さく磨き上げた酒米を使用。ていねいに仕込んだ醪(もろみ)を袋で吊るし、こぼれる雫を集めた日本酒です。白い花を思わせる上品な香りを持ち、味わいはどこまでもクリアでのびやか。明治から受け継がれてきた、真澄最高峰の銘柄です。 (出典元:宮坂醸造株式会社) 6-2.真澄 七號(ななごう) 長野県木島平村産の特別栽培米“金紋錦”を原料に、七号系自社株酵母で仕込んだ「七號(ななごう)」。さらに、昔ながらの山廃づくりを採用し、信州真澄ならではの味わいを生み出しています。心地よい旨味の余韻が続く、贈答用にもおすすめの銘柄です。 (出典元:宮坂醸造株式会社) 6-3.真澄 山花(さんか) 山花(さんか)がイメージしているのは、八ヶ岳に咲く可憐な野の花々たち。グラスの口からは、飲み手を野山へいざなうような爽やかで品のよい香りが広がります。淡白な味わいの和食に合わせるほか、ワイングラスに注いで洋食と合わせても◎。海外からも高い支持を得ている銘柄です。 (出典元:宮坂醸造株式会社) 7.泡を楽しむ真澄 7-1.真澄 スパークリング 乾杯のシーンを華やかに彩る「真澄 スパークリング」。甘さを控えたスッキリした味わいは、日本酒ラバーはもちろん日本酒ビギナーにもおすすめです。泡酒になっても真澄の本質は変わらず、和食から洋食まで料理にあわせる食中酒として楽しめます。 (出典元:宮坂醸造株式会社) 7-2.真澄 スパークリング Origarami 「おりがらみ」とは、お酒を搾ったときに出る固形物、滓(おり)をあえて残した日本酒のこと。スパークリング酒の爽快感はそのままに、ほんのりとクリーミーな風味を楽しめます。乾杯の1杯はもちろん、デザート酒にもおすすめの銘柄です。 (出典元:宮坂醸造株式会社) 7-3.真澄...

日本酒造りにかかせない「麹菌」とは?麹菌の役割について解説!

麹菌は、日本酒造りに欠かせないカビの一種です。日本酒の原料である「米麹(こめこうじ)」は、蒸した米に種麹(たねこうじ)を振りかけ、麹菌を繁殖させて造ります。 おいしい日本酒ができあがるのも、目に見えない麹菌の活躍があるからこそ。今回は、麹菌の種類や日本酒造りに必要な理由について詳しくお伝えします。 1.麹菌とは? 麹菌(こうじきん、きくきん)とは、自然界に多くみられるカビの一種です。麹カビ菌、とも呼ばれます。 胞子の大きさは、3~10マイクロメートルほど。1マイクロメートルが、1ミリの1000分の1の長さであることを考えると、その小ささがよくわかるのではないでしょうか。 麹菌はそのまま使うのではなく、「麹(こうじ)」として用いられます。麹とは、米や麦に麹菌を繁殖させたものです。 日本酒造りには、蒸した米に麹菌を繁殖させた「米麹(こめこうじ)」を使用します。 1-1.麹菌の主な種類 麹菌にはさまざまな種類があり、お酒造りには主に「黄麹菌」、「黒麹菌」、「白麹菌」などが用いられます。それぞれに特性が異なり、お酒の味わいが大きく変化するのが特徴です。 黄麹菌 (アスペルギルス・オリゼ/Aspergillus oryzae) 日本酒造りに使用される代表的な麹菌です。黄麹菌が繁殖した米は、黄色や黄緑色に変化します。米のデンプンを糖へと変える「糖化力」の高さが特徴です。 黒麹菌 (アスペルギルス・リュウキュウエンシス/Aspergillus luchuensis) 名前に「琉球(りゅうきゅう)」とあるように、沖縄の泡盛醸造に用いられてきた麹菌です。糖化力が高く、酸味成分のクエン酸を大量に生成します。菌が繁殖すると、黒色の麹ができあがります。 白麹菌 (アスペルギルス・カワチ/Aspergillus kawachii) 発見者の河内源一郎 氏にちなみ「カワチ」と名付けられています。特性は黒麹菌と似ていますが、麹が黒く色付くことはありません。近年は日本酒造りに用いられることも多く、個性的な酸味を生み出します。 1-2.麹菌から生まれる食品 麹菌は、日本酒や味噌、醤油といった発酵食品に用いられます。米に繁殖させた米麹、麦に繁殖させた麦麹が生み出す食品は、実にさまざまです。 例えば、味噌は大豆と麹、塩を原料に作られます。米麹を使ったものが米味噌、麦麹を使ったものが麦味噌です。 また、麹菌が生息できるのは、温暖多湿な日本だけといわれています。国を代表する「国菌」にも認定されている麹菌は、日本の発酵文化に欠かせない存在といえるでしょう。 1-3.日本酒造りで重要な役割をもつ「種麹」 種麹(たねこうじ)は、麹菌を培養し、胞子が定着した米を乾燥させたものです。日本酒造りでは、米麹を造る際に用いられます。 蒸した米にハラハラと種麹を振りかける様子は、まさに種をまいているかのよう。種麹は「種もやし」とも呼ばれ、多くの酒蔵が専門業者から購入して使用します。 平安時代末期から室町時代、種麹を製造できたのは、朝廷や幕府から認められた専門業者のみだったそう。国内の数少ない種麹屋のなかには、300年から600年以上の歴史を持つ老舗業者も存在します。 2.日本酒造りに麹菌が必要な理由 日本酒造りに麹菌が必要な理由には、以下の2点が挙げられます。 米のデンプンを糖化させる 日本酒の香りやコクを引き出す デンプンの糖化は、お酒造りに欠かせないアルコール発酵に必要な要素です。また、麹菌はお酒の香りや味わいにも大きく作用します。米と米麹から日本酒ができる仕組みとあわせ、それぞれの理由を深掘りしていきましょう。 2-1.米のデンプンを糖化させる 日本酒造りにおける「糖化」とは、米のデンプンを糖類へと変化させることです。 日本酒の主原料は米ですが、米を水に浸けておくだけではお酒はできません。アルコール発酵でお酒を造るためには、「糖類」が必要です。 ところが、米の主成分はデンプンで、アルコール発酵に必要な糖類はほとんど含まれていません。 ここで登場するのが、麹菌のもつ「糖化酵素」です。糖化酵素には、米のデンプンを糖類へと変化させる働きがあります。 ご飯を噛んでいると、だんだんと甘く感じられたことはないでしょうか?これは、唾液中の酵素がご飯のデンプンを糖類へと変えるためです。日本酒のはじまりは、米を噛んで造った口噛み酒だといわれています。 日本酒造りでは、麹菌の力で米のデンプンを糖類へと糖化させます。さらに、酵母の働きでアルコール発酵を促していくというわけです。 2-2.日本酒の香りやコクを引き出す 麹菌のもうひとつの役割は、日本酒の香りやコクを引き出すことです。麹菌のもつ「プロテアーゼ」という酵素は、米のタンパク質を分解し、アミノ酸やペプチドなどを生成します。 アミノ酸やペプチドは、コクや旨味のもととなる成分です。また、麹由来の豊かな香りも生み出します。 3.麹菌を繁殖させる「製麹」ってどんな作業? 蒸した米に麹菌を繁殖させ、米麹を造る作業を「製麹(せいぎく)」と呼びます。 昔から「一麹、二酛、三造り(いちこうじ、にもと、さんつくり)」というほど、製麹は重要な工程です。米麹のできがお酒の品質に大きく影響するといわれています。 3-1.高温多湿な麹室でおこなう製麹 麹菌を繁殖させるため、製麹は高温多湿の環境でおこなわれます。使用するのは、温度約32~38℃、湿度60~70%に保たれた麹室(こうじむろ)と呼ばれる部屋です。工程は「床作業(とこさぎょう)」と「棚作業(たなさぎょう)」にわかれます。 床作業 床作業の目的は、蒸した米に麹菌を繁殖させることです。床(とこ)と呼ばれる台一面に蒸米を広げ、種麹の胞子をパラパラと振りかける「種付け」をおこないます。 その後、胞子が均一になるように全体を混ぜ、何回かにわけて固まりをほぐしてから、一定量ずつ木箱に移していきます。 棚作業 床作業の後は、棚作業に移ります。麹菌を繁殖させるとともに、酵素の生成を促す工程です。 蒸米を木箱に移してから数時間すると、蒸米の温度が34~36℃まで上昇します。この段階でおこなわれるのが仲仕事(なかしごと)と呼ばれる作業です。蒸米を攪拌し、急激な温度上昇を防ぎながら温度を均一にします。 その後、蒸米の温度はさらに上昇するため、蒸米を広げて溝を作る仕舞仕事(しまいしごと)をおこないます。 最後は麹室から蒸米を出し、温度を下げると米麹の完成です。質の良い麹を造るため、棚作業では、慎重な温度管理が求められます。 3-2.麹は「総破精型麹」と「突き破精型麹」の2種類 できあがった麹は、麹菌の繁殖度合いで「総破精型(そうはぜがたこうじ)」と「突き破精型(つきはぜがたこうじ)」の2つに分類されます。 総破精型麹は、菌糸が米の表面を覆いつくし、米の内部まで菌が繁殖した状態です。糖化力が強く溶けやすいため、濃醇な味わいのお酒に仕上がります。しっかりとした旨味が感じられる純米酒などに用いられる麹です。 突き破精型麹は、内部まで菌糸が繁殖しているものの、表面の菌糸の繁殖はまばらな状態です。糖化力が弱く、吟醸酒のように香り高く端麗な味わいのお酒に用いられます。 まとめ 日本酒は、目に見えない微生物の力で生まれるお酒です。麹菌は日本酒の発酵だけでなく、味や香りにも深い関係があります。 微生物の力で、白い醪(もろみ)がぷくぷくと発酵する様子は生き物のよう。日本に古くから伝わる麹や日本酒の文化に想いをはせながら、おいしい日本酒を楽しんでみてはいかがでしょうか。

日本酒の香りや味に大きく影響する微生物「酵母」の役割や種類を紹介!

日本酒の世界を知り始めると耳にする「酵母(こうぼ)」という言葉。「菌のようなイメージだけど、酵母ってそもそも何?種類は?特徴は?」と疑問に感じたことはないでしょうか。 酵母は、日本酒の味や香りを大きく左右する存在。今回は、酵母の役割や種類について詳しくお伝えします!酵母の世界を覗き込めば、お気に入りの“推し酵母”を見つけたくなるかもしれませんよ。 1.酵母とは? 酵母とは、キノコやカビのように「真菌類」に属する微生物のことです。自然界では、樹液や花の蜜、果実などに多く存在します。 その大きさは、5~10マイクロメートルほど(1マイクロメートル=1000分の1ミリ)。酵母は肉眼では見えないほど小さく、顕微鏡などで楕円形や球状の姿が確認できます。 酵母の種類は350種以上にもおよび、食品やお酒には「サッカロマイセス・セレビシエ」と呼ばれる種類が使用されます。 1-1.お酒や味噌、パンに欠かせない酵母 酵母は日本酒だけでなく、味噌やしょうゆ、パンなどに欠かせない存在です。味噌には味噌用酵母、パンにはパン用酵母と、それぞれに適した酵母が用いられます。 酵母を使うこれらの食品の共通点は、「発酵食品」であることです。いずれの食品も、酵母の「発酵」の力によって生まれます。 発酵とは、微生物の働きで、糖類やタンパク質といった物質がほかのものへと変化すること。なかでも、お酒造りで酵母がおこなう発酵は「アルコール発酵」と呼ばれます。 1-2.酒造りにおける酵母の役割「アルコール発酵」 アルコール発酵とは、酵母の働きで、糖類がアルコールと炭酸ガスへと変化することです。日本酒やビール、ワインなどのお酒は、酵母のアルコール発酵によって造られています。 ブドウを原料にするワインは、ブドウの糖類に酵母が働きかけることでアルコール発酵が起こるお酒です。 ところが、日本酒の原料である米には、糖類がほとんど含まれていません。ここで登場するのが、酵母とならび日本酒造りに欠かすことのできない「麹菌(こうじきん)」です。 日本酒造りでは、蒸した米に麹菌を繁殖させ、米のデンプンを糖類へと変化させます。酵母はこの糖類をエサに、アルコール発酵をおこなうというわけです。米を原料にする日本酒は、麹菌と酵母の連携プレーによって生まれています。 麹菌についてもっと知りたい方はコチラ(麹菌記事へリンク) 2.酵母が生み出す「香り」と「酸味」 ビール酵母、ワイン酵母などがあるように、日本酒造りには「清酒酵母」が用いられます。清酒酵母は低い温度帯でも活動でき、17~18度の高いアルコールを生み出すことが特徴です。また、清酒酵母はアルコール発酵と同時に「香り」と「酸味」を生み出します。 2-1.酵母が生み出すフルーティーな香り 酵母は、アルコール発酵中にフルーティーな香りを生み出します。果実や花に例えられる「吟醸香(ぎんじょうこう・ぎんじょうか)」と呼ばれる香りです。 吟醸香の主な成分は、「カプロン酸エチル」と「酢酸イソアミル」の2種類。カプロン酸エチルは、リンゴや洋ナシのような甘さと爽やかさを感じさせる香りです。小さく精米した米を使ったり、低温で発酵させたりするとより多く現れます。 酢酸イソアミルは、濃厚な甘さのバナナやメロンに例えられる香りです。これらの香りの現れ方は、後述する酵母の種類によって異なります。 2-2.酵母が生み出す酸味 酵母は、リンゴ酸やクエン酸といった日本酒の酸味成分を生み出します。 リンゴ酸はその名のとおり、リンゴなどの果実に含まれる酸味です。クエン酸は柑橘類に多く含まれ、いずれも爽やかな酸味をもたらします。 リンゴ酸やクエン酸由来の酸味は、お酒の温度が低いほどシャープなキレ味となって現れやすくなります。 3.日本酒に使われる様々な酵母の種類 日本酒造りに使う酵母は、主に次の4つに分類されます。 きょうかい酵母 都道府県酵母 蔵付き酵母 ワイン酵母や花酵母 前述したように、酵母は日本酒の香りや味に大きく影響する微生物です。どの酵母をどのように使うかは、各蔵の腕の見せどころ。ここでは、それぞれの酵母の代表種と特徴についてみていきましょう。 3-1.きょうかい酵母 きょうかい酵母は、日本醸造協会が頒布している酵母です。自然の酵母の力に頼ることのない安定した日本酒醸造を目的に、全国新酒鑑評会で上位となった酒蔵の酵母を分離、培養することから配布が始まりました。 1906年(明治39年)、兵庫県の「櫻正宗」から分離された『1号酵母』をかわきりに、2号、3号と名称が付けられています。 名称 分離元 酵母の特徴 6号酵母 秋田の新政酒造場「新政」 現存する最古のきょうかい酵母。発酵力が強く、香り穏やかでライトな味わいの日本酒に仕上がる。 7号酵母 長野の宮坂醸造「真澄」 もっとも多く使用されているきょうかい酵母。発酵力が強く、華やかな香りをもたらす。 9号酵母 熊本の酒造研究所「香露」 低温でも活発に活動する酵母。華やかな香りを持つ吟醸酒用の酵母の代表種。 1801号酵母 日本醸造協会 (9号と1601号の交雑) 別名「高エステル生成酵母」。フルーティーな香りのもとを多く生成する。一方で不快とされる香りの生成が少なく、香り高い大吟醸酒に多く用いられる。 赤色清酒酵母 日本醸造協会 (10号から派生) 10号酵母の突然変異で生まれた赤色の酵母。甘口タイプの桃色のにごり酒に使用される。 (出典元:公益財団法人 日本醸造協会) 3-2.都道府県酵母 都道府県酵母は、地酒の品質向上を目的に各地で開発された酵母です。味わいだけでなく、名称からも地域性を感じることができます。 名称 都道府県 特徴 AK-1(秋田流花酵母) 秋田県 「きょうかい1501号」に登録されている酵母。リンゴのようなフルーティーな香りを生成する。 HD-1 静岡県 甘くやわらかな香りを生む静岡県オリジナル酵母。HD-1を使用した日本酒は「静岡吟醸」とも呼ばれる。 長野C酵母 (アルプス酵母) 長野県 長野県食品工業試験場が開発。長野の名産、デリシャスリンゴを思わせる甘い香りを生み出す酵母。 EK-1 愛媛県 全国新酒鑑評会で多くの金賞受賞酒を生み出している酵母。香り高い大吟醸酒に多く用いられる。 うつくしま夢酵母 福島県 福島県知事が命名。酸味が少なく、香りがフルーティーでマイルドな味わいの日本酒に仕上がる。 3-3.蔵付き酵母 蔵付き酵母とは、酒蔵に古くから住み着いている酵母のことです。家付き酵母とも呼ばれます。 前述したように、酵母は自然界の樹液や花の蜜のなかにも存在します。蔵付き酵母の住み家は、酒蔵の天井や梁(はり)、土壁などです。 天然の蔵付き酵母を取り込み増殖させる手法は「酵母無添加」と呼ばれ、江戸時代に確立された“古くて新しい手法”として、近年注目を集めています。 3-4.ワイン酵母や花酵母 ワイン酵母 ワイン酵母は、清酒酵母と比べ発酵力の弱い酵母です。日本酒造りに使用した場合、発酵が進む前に米が溶け出し、甘みがありアルコール度数が低いお酒に仕上がるといわれています。 また、ワイン酵母で仕込んだ日本酒は、スッキリとした酸味をもつことも特徴のひとつ。口当たりがライトで飲みやすい銘柄が多いため、日本酒ビギナーにもおすすめです。 花酵母 花酵母は、花の蜜から分離した酵母です。「野生酵母」とも呼ばれ「花酵母研究会」に属する蔵で使用されています。 現存する花酵母の種類は、ナデシコやツルバラ、コスモスなどの全14種類。花酵母といっても花の香りがするわけではなく、日本酒の味や香りをより引き出す力を持つことが特徴です。 まとめ 肉眼では見えない、小さな小さな微生物「酵母」。その力によってお酒ができあがると思うと、日本酒の味わいがより神秘的で愛おしく感じられるのではないでしょうか。 日本酒マニアのなかには「6号酵母がすき」「やっぱりお酒は7号酵母だな」など、“推し酵母”をもつ人も存在するほど。ぜひ、酵母にも着目して日本酒の世界を楽しんでみてくださいね。

信州のお米と名水から生まれる日本酒「信州亀齢」の種類・ラインナップを紹介!

「信州亀齢(しんしゅうきれい)」は、長野県上田市で造られている日本酒です。きれいの響きのとおり、澄み切った美しい味わいは、全国に亀齢ファンを増やし続けています。 信州亀齢のラインナップに並ぶのは、“ひとごこち” や“山恵錦”など、長野生まれの酒米で造ったお酒の数々。今回は、その魅力についてたっぷりとお伝えします! 「信州亀齢がお気に入り!」という方はもちろん「名前は知っているけど未体験」という方も、ぜひチェックしてみてくださいね。 1.「信州亀齢(しんしゅうきれい)」とは 「信州亀齢(しんしゅうきれい)」は、長野県上田市の岡崎酒造が造る日本酒です。原料となるのは、長野県産の酒米“美山錦(みやまにしき)”や“ひとごこち”。米をお酒へと変える酵母(こうぼ)には、350年余り蔵に住みつく“住み付き酵母”が使用されています。 また、体にすっと染み渡るきれいな酒質を生み出すのが、アルプスの山々から伝え流れる信州の名水。芳醇でありながらすっきりとキレが良く、唯一無二の味わいを生み出しています。 適度に冷やせば、信州名物・信州そばとも好相性。春先のほろ苦い山菜料理にもよく合います。燗酒にし、野沢菜漬けや味噌を使った料理とあわせても、スイスイと盃が進むお酒です。 2.信州亀齢を造る「岡崎酒造」 岡崎酒造で信州亀齢が生まれたのは、1665年(寛文5年)のこと。現在も蔵には、当時の酒造りの道具や書物が残されています。 岡崎酒造が大切にしているのは、信州の自然を基調とした酒造りです。上田市の北東部に位置し「日本の棚田百選」にも選ばれた稲倉の棚田では、自ら酒米栽培を手がけています。 信州の豊かな自然のなか、2003年(平成15年)から杜氏を務めているのは、国内でも数少ない女性杜氏・岡崎美都里氏。2022年(令和4年)には、美都里氏の姉である漫画家・おかざき真理氏がラベルを描いた『信州亀齢 真理ラベル』が販売され、多くのファンを魅了しました。 また、酒蔵のある柳町には江戸時代の風情が残り、蕎麦屋や味噌の直売所が立ち並ぶなど、観光地としても賑わいをみせています。 https://sake-5.jp/shinshu-kirei-mari-label/ 3.純米酒の種類・ラインナップ 純米酒とは、米と米麹を原料に造られる日本酒のことです。信州亀齢では、長野県産の“ひとごこち”を使った純米酒が製造されています。 3-1.信州亀齢 ひとごこち 純米酒 “ひとごこち”は、1994年(平成6年)に長野県で誕生した酒米です。純米酒には、長野県産の“ひとごこち”を100%使用。ふくよかな旨味がありつつ、キレのよい辛口酒は料理にもよく合います。ご飯におかずを合わせるように、美味しいおつまみと一緒に楽しんでみてください。 (出典元:岡崎酒造) 4.純米吟醸の種類・ラインナップ 純米吟醸は、より小さく精米した米を使用し、吟醸造りと呼ばれる製法で造られるお酒です。岡崎酒造では3種の酒米を使用し、それぞれの個性を活かした純米吟醸を造り上げています。 4-1.信州亀齢 山田錦 純米吟醸 無濾過生原酒 高級酒米“山田錦”を使用した純米吟醸です。「無濾過生原酒」とは、ろ過や加水調整、加熱殺菌処理をしていない、ありのままのお酒のこと。“山田錦”が持つ上品な香り、スムースな飲み口が際立っています。 (出典元:岡崎酒造) 4-2.信州亀齢 ひとごこち 純米吟醸 無濾過生原酒 味のふくらみがありつつ、淡麗でするする飲める。“ひとごこち” の魅力がたっぷりと詰まった純米吟醸です。生原酒ならではのフレッシュな香りも堪能できます。 (出典元:岡崎酒造) 4-3.美山錦 純米吟醸 無濾過生原酒 “美山錦”は、寒い地域での栽培に適した酒米です。長野産“美山錦”を使った信州亀齢の純米吟醸は、上品な香りがほんのりと漂います。スッと静かに消えていく後口のバランスに優れたお酒です。 (出典元:岡崎酒造) 5.大吟醸、純米大吟醸の種類・ラインナップ 大吟醸、純米大吟醸は、米の外側を半分以上削り中心部分のみをぜいたくに使用したお酒です。信州亀齢では、スペック、味わいともに贈答用にも好まれるラインナップが並びます。 5-1.信州亀齢 山田錦 大吟醸 精米歩合(せいまいぶあい)は39%。米の外側を6割以上磨き、小さく光る山田錦を使って仕込んだ大吟醸です。ラベルの色から「金色亀ラベル」とも呼ばれています。透明感があり、のびやかな旨味を楽しめる至福の1本です。 (出典元:岡崎酒造) 5-2.信州亀齢 美山錦 純米大吟醸 信州亀齢の最高峰ともいえる1本。長野県産“美山錦”を39%まで磨き、手仕事でていねいに仕込まれています。開栓するとふわっと立ち上るのは、心地よい華やかな香り。信州の自然の美、亀齢の美しい味わいを存分に感じられる銘柄です。 (出典元:岡崎酒造) 6.特別限定商品の種類・ラインナップ 季節を感じる夏酒や、長野の自然が生み出すこだわりの信州亀齢も見逃せません。なかには数量限定の商品もあります。亀齢ファンが心待ちにする1本を、ぜひチェックしてみてください。 6-1.信州亀齢 夏の純吟 ひとごこち スッキリ爽やかな味わいの夏の純米吟醸です。アルコール度数は低めに設定され、ライトな飲み口を楽しめます。暑い夏の日や夕暮れに、スッと体に染みわたる美味しさです。 (出典元:岡崎酒造) 6-2.信州亀齢 稲倉の棚田産 ひとごこち 岡崎酒造が自ら栽培した“ひとごこち”から生まれたお酒です。太陽の光をたっぷりと浴び、清らかな水で育った米の旨味が詰められています。 米から生まれる酒、日本酒の魅力を改めて実感できる1本です。 (出典元:岡崎酒造) 6-3.信州亀齢 稲倉の棚田産 ひとごこち 純米吟醸...

にごり酒とはどんなお酒?どぶろくとの違いは?にごり酒の種類や楽しみ方も解説!

「にごり酒」とは、その名のとおり白くにごった日本酒のことです。おいしく飲みながら「なんで白いの?」「どぶろくもにごり酒?」と、疑問に感じたことはないでしょうか。 今回は、にごり酒の特徴や種類を詳しく解説します。おすすめの飲み方や相性のいいおつまみなど、ぜひにごり酒を楽しむときの参考にしてください。 1.にごり酒とはどんなお酒? にごり酒とは、目の粗い布などで搾った日本酒のことです。見た目は白く濁り、濃厚な味わいを楽しめます。 同じように、どぶろくも白く濁ったお酒です。しかし、にごり酒とは酒税法上の扱いが異なります。まずは、にごり酒の特徴や、どぶろくや甘酒との違いをみていきましょう。 1-1.にごり酒とは 日本酒は、醪(もろみ)を搾ることで生まれるお酒です。醪とは、米や米麹、酒母(しゅぼ)などを発酵させた白いお粥状の液体のこと。搾り方は、機械でギューッと圧縮したり、袋に入れて吊るしたりと、お酒の種類によってさまざまです。 にごり酒は、搾るときにあえて目の粗い布などを使うことで、固形物を多く含む状態に仕上げています。そのぶん、米の甘さや旨味をより強く感じられるのが特徴です。 1-2.どぶろくや甘酒はにごり酒? 白く濁ったお酒というと「どぶろく」や「甘酒」を思い浮かべる方も多いのではないでしょうか。 どぶろくは、醪を搾らずそのまま瓶詰めしたお酒です。甘酒は、米麹や酒粕などを原料に造られています。米麹を原料にしたものはアルコール分を含まず、酒粕を原料にしたものには若干のアルコール分が含まれます。 酒税法では、どぶろくや甘酒は、にごり酒のような「日本酒(清酒)」に分類されていません。 どぶろくは、「その他の醸造酒」または「濁酒」。アルコール分1%未満の甘酒は、お酒ではなく「清涼飲料水」に分類されています。 2.代表的なにごり酒4種と特徴 にごり酒には、シュワッとした発泡感をもつ「活性にごり酒」と呼ばれる種類があります。また、濁り方や製法で次のように種類が分かれるのが特徴です。 活性にごり酒 うすにごり ささにごり 澱酒(おりざけ)・おりがらみ これらのにごり酒は、それぞれ見た目や味わいが異なります。ここでは、代表的なにごり酒とその特徴を紹介します。 2-1.活性にごり酒 活性にごり酒は、火入れと呼ばれる加熱殺菌処理をしていないお酒です。醪の酵母が生きた状態で瓶詰めされるため、シュワシュワとした微発泡感があります。 2-2.うすにごり うすにごりは、透明感の高いにごり酒です。口当たりも軽く、やわらかな味わいを楽しめます。「味の濃いにごり酒は苦手」という方も飲みやすいタイプです。 2-3.ささにごり ささにごりは、うすにごりよりも白く濁ったお酒です。漢字で「細濁り」と書くように、見た目はわずかに白く濁っています。うすにごりのように飲みやすく、さらりとした飲み口を楽しめるにごり酒です。 2-4.澱酒(おりざけ)・おりがらみ 醪を搾ってすぐの日本酒は、小さな米粒や麹などが残った状態です。この固形物は「滓(おり)」(または澱)と呼ばれます。 搾ったお酒をタンクに入れしばらく置くと、滓は底部に沈殿します。澱酒は、滓をより多く含むタンク下部にある穴から抽出したお酒です。 また、透明のお酒に滓を少しだけ混ぜたものは、おりがらみと呼ばれます。 3.にごり酒の3つの飲み方 にごり酒の瓶を立てておくと、底に滓が沈殿します。飲むときは、滓を全体に混ぜたり、別々に飲んだりといろいろな楽しみ方を試してみましょう。 「滓がたっぷりあるほうがすき」「さらりとしたにごり酒がすき」など、自分好みの味わいが見つかりますよ。 3-1.上澄みと滓を混ぜて飲む まずは、瓶をゆっくりと上下に傾け、透明の上澄みと滓を混ぜてみましょう。ポイントは、瓶のなかの滓が移動するのを見ながら、そっと傾けること。滓が全体にまわり、にごり酒ならではの旨味とコクを楽しめます。 3-2.上澄みと滓を別々に楽しむ あえて、上澄みだけ先に飲むのも楽しみ方のひとつです。残り少なくなるほど、滓の味わいが濃くなっていきます。上澄みのスッキリ感と滓のコクを楽しめる、1本で2度おいしい飲み方です。 3-3.ロックスタイルや燗酒で楽しむ しっかりとした味わいのにごり酒は、アレンジして楽しむのもおすすめです。夏は氷を入れたグラスに注ぎ、ロックスタイルで楽しみましょう。炭酸水やオレンジジュース、ライムジュースで割ってもおいしいですよ。 滓をたっぷり含むにごり酒は、燗酒にするとまた違った味わいに。さまざまに変化するにごり酒のおいしさを、ぜひ気軽に楽しんでみてください。 4.にごり酒と相性のいい料理やおつまみ シュワッとした発泡感のある活性にごり酒は、洋食とのペアリングがおすすめです。チーズを使った料理や、揚げ物にもよく合います。 滓の少ないにごり酒は、淡白な味わいの料理と合わせてみましょう。おつまみの定番、冷奴や枝豆、お刺身などがおすすめです。 たっぷりと滓を含んだにごり酒は、塩辛いおつまみの良きパートナー。塩辛やいぶりがっこなどと相性のいいお酒です。にごり酒の香りとコク、おつまみの旨味が絶妙にマッチし、お酒を飲む手が進みますよ。 まとめ にごり酒は、滓と呼ばれる固形物を含む日本酒です。米や麹の味わいが、よりダイレクトに感じられます。 にごり酒の楽しみ方は、上澄みと滓を分けて飲んだり、アレンジしたりと実にさまざま。にごりの度合いによって、味わいが異なるのもおもしろいですよね。 日本酒の奥深さと幅の広さを感じつつ、にごり酒の世界を楽しんでみてくださいね。

酒の神に愛された場所で醸される日本酒「八海山」の種類・ラインナップを紹介

「八海山(はっかいさん)」は、酒どころ新潟県を代表する日本酒です。辛口ながらも口当たりやさしく、求めやすい価格の特別本醸造から贈答用におすすめの純米大吟醸まで、さまざまな種類が揃います。 食事に合う銘柄も多く、シュワシュワ泡立つスパークリング酒は日本酒ビギナーにもおすすめです。今回は、八海山の魅力やラインナップについて詳しくお伝えします! 1.「八海山」とは 八海山は、新潟県の八海醸造が造る日本酒です。スッキリ淡麗でついつい後引く美味しさは、長年多くの日本酒ファンを魅了してきました。 酒造りの大きな特徴は、霊峰・八海山から流れる極軟水の伏流水を使用していること。また、麹はていねいな手仕事によって造られています。 塩味のあるおつまみとも相性が良く、食事とあわせる食中酒にもおすすめです。 2.八海山を造る八海醸造 八海醸造は、新潟県南魚沼市に位置する酒蔵です。蔵が建つのは、冬場はあたり一面を雪が覆いつくす豪雪地帯。霊峰・八海山の伏流水にも恵まれた土地は、「酒の神に愛された場所」ともいわれています。 八海醸造で酒造りが始まったのは、1922年(大正11年)のこと。初代となる南雲浩一氏は、酒の品質にこだわりぬく人物でした。戦後の食糧難の時代、国からアルコールや糖類でかさ増しした「三倍醸造酒」の製造命令が出た際も、浩一氏は抵抗をみせたといいます。 2014年(平成26年)には、最高品質基準の日本酒を製造する「浩和蔵」を新設。「よい酒を、多くの人に」という蔵の理念は、今の時代も変わることはありません。 令和となった現代も、手仕事でていねいに造られた麹と熟練の技術、最高の設備によって八海山は生み出されています。 3.通年販売の種類・ラインナップ 料理の味にそっと寄り添い、素材の良さを引き立てる八海山。通年販売のラインナップは飲み切りサイズも多く、美味しい日本酒を気軽に楽しみたいときにもおすすめです。 3-1.清酒 八海山 「清酒 八海山」は、純米酒や吟醸酒といった特定名称酒に該当しないお酒です。低温でゆっくりと発酵させ、スッキリとした飲み口と深い旨味を実現しています。リーズナブルで飲み飽きせず、日々の疲れをそっと癒してくれる美味しさです。 (出典元:八海山) 3-2.特別本醸造 八海山 温めるとやわらかな香りが広がる燗酒好きにおすすめの銘柄です。八海山ならではの淡麗な旨味は、ひや酒でも美味しく楽しめます。いつでも気軽に楽しめる180ml容量から販売されているのもうれしいポイントです。 (出典元:八海山) 3-3.大吟醸 八海山 大吟醸は、より小さく磨いた米と米麹、醸造アルコールを原料に造られる日本酒です。口に含むと上品な香りとコク、後には静かに引いていく余韻を楽しめます。少し特別な日の食卓にもふさわしい銘柄です。 (出典元:八海山) 3-4.純米大吟醸 八海山 米の外側を半分以上削り、中心部分のみを贅沢に使用した日本酒です。原料には、高級酒米・山田錦と五百万石(ごひゃくまんごく)、美山錦が使用されています。香りはやさしく、刺身や鍋物といった和食とも相性の良い1本です。 (出典元:八海山) 4.数量限定、季節限定の種類・ラインナップ 数量限定、季節限定のラインナップには、発泡感のある「あわ酒」や白く濁った「にごり酒」などが並びます。浩和蔵で仕込んだこだわりの銘柄は、贈答用にもおすすめです。 4-1.純米酒 八海山 魚沼で候 数量限定の「魚沼で候」は、魚沼地域のみで提供される銘柄です。南魚沼の自然が生み出す、八海山の魅力を存分に堪能できます。米と米麹だけで造られる純米酒のコクは、燗酒で楽しむのもおすすめです。 (出典元:八海山) 4-2.特別純米原酒 八海山 初夏から夏にかけて販売される限定商品です。火入れと呼ばれる加熱殺菌処理をするのは1度だけ。冷たく冷やすとクリアな味わいがより一層引き立ちます。 (出典元:八海山) 4-3.純米吟醸 八海山 55% キリッとした味わいが特徴の辛口タイプのお酒です。グラスから立ち上るのは、甘く華やかな香り。口に広がるやわらかな旨味を後口の酸味が引き締めます。冷酒から燗酒、ロックまで好みのスタイルでお楽しみください。 (出典元:八海山) 4-4.大吟醸 八海山 高級酒米・山田錦を使用し、限られた時期にだけ製造される数量限定品です。雑味のない雪解け水のように清らかな旨味を堪能できます。南魚沼の美しい自然を想いながら、ゆっくり味わいたくなる美味しさです。 (出典元:八海山) 4-5.八海山しぼりたて原酒 越後で候 日本酒が搾られる冬から春にかけて限定販売される商品です。「原酒」とあるように、加水調整をせずに仕上げられています。アルコール度数は若干高く、しっかりとした飲みごたえを楽しめる日本酒です。 (出典元:八海山) 4-6.純米大吟醸八海山しぼりたて原酒 越後で候 年に1度、12月のみ販売される限定商品です。小さく精米した米と米麹を原料に、上質な味わいが生み出されています。加熱殺菌処理をしていない「生酒」のため、冷蔵保管でフレッシュな味わいを楽しんでくださいね。 (出典元:八海山) 4-7.純米大吟醸 八海山 時季限定 11月から1月にかけて販売される数量限定、季節限定の純米大吟醸です。香り穏やかで適度に酸味があり、合わせる料理を選びません。真紅に金字が映えるラベルも美しく、ハレの日の食卓にもおすすめの銘柄です。 (出典元:八海山) 4-8.純米大吟醸 八海山 金剛心 浩和蔵仕込 八海醸造最高峰の浩和蔵で、選抜された職人が造り上げた日本酒です。球状のボトルには、2年間じっくりと熟成させた唯一無二の味わいが閉じ込められています。味わい、スペックともに贈答用におすすめの1本です。 (出典元:八海山) 4-9.純米大吟醸 八海山 雪室貯蔵三年 「雪室貯蔵三年」は、大量の雪を収納した蔵の冷蔵庫で寝かせられた日本酒です。しっかりとした旨味がありつつ、シャープなキレ味が活きています。適度な酸味が心地よく、洋食とあわせても美味しい商品です。 (出典元:八海山) 4-10.瓶内二次発酵酒 あわ 八海山 シュワシュワとした泡感を楽しめるスパークリング日本酒です。グラスに注ぐと、シャンパンのようにきめ細やかな泡が立ち上ります。アルコール度数は低めに設定され、口当たり爽やか。日本酒ビギナーやパーティーの席にもおすすめの八海山です。 (出典元:八海山) 4-11.瓶内二次発酵酒 白麹あわ...

「信州亀齢 真里ラベル」のきき酒レビュー!ラベルと味わいに酔いしれる

長野を代表する地酒「信州亀齢(しんしゅうきれい)」から、美しいラベルの「真里ラベル」が登場! きらきらと輝くラベルと確かな味わいが、日本酒ファンに喜ばれています。 今回は、「真里ラベル」の味わいを唎酒師がレビュー!おすすめの飲み方もあわせてご紹介します♪ 1.杜氏の姉「おかざき真里」氏がラベルデザインした亀齢 「信州亀齢(しんしゅうきれい)」は、長野県の岡崎酒造が手がける日本酒です。蔵が大切にしているのは、信州の豊かな自然と素材。信州で育つ米と、アルプル山脈から流れる水によって亀齢は生まれます。 限定品として販売される「真里ラベル」は、杜氏・岡崎美都里氏の姉である、漫画家・おかざき真里氏がラベルデザインを手がけたもの。 "飲むほどに長寿を"と願って名付けられた「亀齢」の名にちなみ、美しい鶴と亀の姿が描かれています。 長野県が開発した新品種の酒米『山恵錦(さんけいにしき)』を使用していることも特徴のひとつ。 "地元の若手農家とタッグを組み、さらなるポテンシャルを高めていきたい"という蔵の想いが込められているそうです。 ラベルコレクターにもたまらない銘柄であろう、こちらの「真里ラベル」。中身にもますます興味が湧いてきました。 では早速、開栓!いただきます! 2.品の良い甘酸っぱさに心がおどる 開栓してまず感じたのは、リンゴを思わせるフルーティーな香り!より香りが引き立つよう、まずはワイングラスに注いでみました。 こちらは“火入れ”と呼ばれる加熱殺菌処理をしているお酒ですが、まるで生酒のようにフレッシュな香りにびっくり。うっすらと黄色く色付いているのも印象的です。 高まる期待をおさえつつ、ひとくち。口に含んだとたん、甘酸っぱくジューシーな旨味がいっぱいに広がりました。美味しい! 飲み込んだあとは、ほどよい酸味が喉の奥を刺激します。口のなかに残るのは、甘くやわらかな香り。 これは美味しい…(2回言ってしまった)。「生酒が好き」という方にも、ぜひおすすめしたくなる味わいです。 3.洋食とのペアリングもおすすめ 甘味と酸味のバランスが心地よい「真里ラベル」には、チーズをペアリング。甘味×酸味×コクのハーモニーがお酒を進ませます。 この味わいは、オイルベースのパスタにも合いそう。今の時期なら、軽くグリルした春野菜とも美味しくいただけそうです。 今回は、長野のお土産でいただいた野沢菜漬けが冷蔵庫にあったので、こちらもおつまみに。フレッシュな味わいの「真里ラベル」は、あえてぬる燗にしてみました。 ここでは火入れ酒としての本領発揮。湯気からのぼる香りと、まあるい甘味がなんとも心地よい…。野沢菜漬けの塩味とも相性ばっちりです。 4.まとめ 女性杜氏・岡崎美都里氏と、その姉である漫画家・おかざき真里氏のコラボレーションで生まれた「真里ラベル」。一面に実る稲穂と鶴亀が描かれたラベルのように、豊かさで心を満たしてくれる味わいでした。 金字が記された真っ白な外箱も美しく、大切な人へのプレゼントにもぴったりの日本酒なのではないでしょうか。 ぜひ、信州の豊かな自然を思いつつ、その美味しさを堪能してみてください。 岡崎酒造「信州亀齢 真里ラベル」 【特定名称】純米吟醸酒 【原材料】米、米麹 【原料米】山恵錦 【精米歩合】50% 【アルコール度数】15% 購入はこちらから

日本酒で聞く「甘口」とは?おすすめの甘口日本酒10選も紹介

日本酒の味わいは「甘口」「辛口」と表現されることがあります。 いろいろな日本酒を飲んでいると「甘口とはどうこうこと?」「何か決まりがあるの?」と不思議に感じることもあるのではないでしょうか。 そこで今回は、日本酒の「甘口」の味わい、選び方についてについてくわしく解説します! 甘くフルーティーな香りのおすすめ銘柄も紹介するので、ぜひ参考にしてくださいね。 1.感じ方は人それぞれ?日本酒における「甘口」とは 日本酒の甘みは、お酒に含まれる糖分に由来します。糖分量を示す「日本酒度」は、甘口を判断する指標のひとつです。 ただし、人が感じる「甘い」という感覚と、日本酒度の数値は必ずしも一致するわけではありません。 日本酒に含まれる酸味や旨味、香りなどによって「甘い」「辛い」といった感じ方は異なります。 まずは、大きな目安となる「日本酒度」について理解したうえで、どんなお酒が「甘口」と判断されやすいのか、日本酒の世界を探っていきましょう。 1-1.甘口の指標「日本酒度」 「日本酒度」は、「甘口」「辛口」の指標となる数値です。お酒に含まれる糖分量を表し「+(プラス)」と「-(マイナス)」で表記されます。 マイナス1.4~プラス1.4を中心に、数値がマイナスに傾くほど糖分量は多く、甘口のお酒です。 また、日本酒の味わいには糖分量だけでなく、酸度も影響します。 日本酒度がマイナスで酸度が高いお酒は、甘さも飲みごたえもある「濃醇甘口」の味わい。反対に、酸度が低いお酒は、甘さがありつつスッキリとした「淡麗甘口」になりやすいのが特徴です。 「日本酒度」についてもっと知りたい方はコチラ! https://sake-5.jp/sake-degree/ 1-2.「香り」が"甘み"に影響する 日本酒の「香り」は”甘み”に影響する大きな要素です。甘口とされる日本酒度がマイナスのお酒も、すべての人が「甘い」と感じるわけではありません。日本酒を飲む頻度、条件、嗜好などにより、感じ方はそれぞれ異なります。 特に、日本酒を飲む機会が少ない海外では、日本酒度プラスの辛口酒であっても、フルーティーな香りのお酒は「甘い」と評価されやすいともいわれます。 繊細な味付けの和食とあわせるのか、濃厚な旨味のある洋食とあわせるのかによっても、味の感じ方は変化するでしょう。 つまり、個々が感じる「甘い」「辛い」という印象は、すべてが正解で間違いはないということ。そのうえで日本酒の細かな情報を知れば、日本酒の世界がより深く楽しく感じられますよ。 1-3.甘口のお酒ができる「四段仕込み」 日本酒造りに必要な「醪(もろみ)」は、一般的に材料を3回にわけて投入する「三段仕込み」という方法で造られます。 一方で、甘口のお酒に仕上げたいときに用いるのが「四段仕込み」や「五段仕込み」といった方法です。三段仕込みのあと、さらに1回、2回と蒸米を投入することで、甘みのある日本酒ができあがります。 「甘口の日本酒ってどんなお酒?」と気になるときは、製法に着目してみるのもおすすめです。 2.甘口の日本酒選び!3つのポイント 「甘口の日本酒を飲んでみたい!」と思ったら、次の3つのポイントを参考にお酒を選んでみましょう。 日本酒度 酒米の種類 フルーティーな香り 日本酒選びに迷うときも、自分好みの1本に出会う近道になりますよ。 2-1.日本酒度がマイナスのお酒を選ぶ 前述したように、日本酒度は「甘口」「辛口」の目安となる数字です。すべてのお酒のラベルに記されているわけではないものの、甘口日本酒を探す際のヒントになります。 表示があれば、酸度も一緒にチェックしてみましょう。「甘くてコクがある濃醇甘口タイプ」「甘くて後味スッキリの淡麗甘口タイプ」など、味のイメージがよりつかみやすくなります。 2-2.酒米の種類に注目してみる 日本酒は米と水というシンプルな材料で造られるお酒です。そのため、酒米の個性が味わいに大きく影響します。 例えば、酒米の王様ともいわれる「山田錦(やまだにしき)」を使った日本酒は、ふくよかな甘み、きれいな香りを持つ銘柄が多いことが特徴です。 反対に、新潟生まれの「五百万石(ごひゃくまんごく)」という酒米は、スッキリとしたキレのある味わいに仕上がる傾向にあります。日本酒選びに慣れてきたら、ぜひ原料の酒米にも注目してみてくださいね。 2-3.フルーティーな香りの日本酒を選ぶ 果実のようにフルーティーな香りの日本酒は、甘口を好む方におすすめです。日本酒度がプラスであっても、華やかな香りのお酒は甘く感じられる傾向にあります。 吟醸香(‌ぎんじょうこう)とも呼ばれるフルーティーな香りは「吟醸造り」という製法で生まれます。 フルーティーな香りのお酒が気になるときは、ラベルに「吟醸酒」「大吟醸酒」と書かれていないかチェックしてみましょう。 3.甘口でおすすめの日本酒10選 自分好みの甘口日本酒を見つけるには、まずはいろいろ試してみるのがいちばん!今回は、日本酒ビギナーにもおすすめの甘口日本酒10選を取り揃えました。 甘酸っぱいお酒からキレを兼ね備えたお酒まで、個性もさまざま。ぜひ、お気に入りの1本を見つけてみてくださいね。 3-1.甘くて酸っぱい低アル酒『富久錦 Fu.』 『Fu.(ふ)』は、果実のような香りと甘さの低アルコール酒です。日本酒の一般的なアルコール度数が15~16%であるのに対し、『Fu.』は8~9%に仕上げています。 香りはフルーティーでほんのり甘く、後口はスッキリ。キリッと冷やしてワイングラスに注げば、白ワインのようにさわやかな酸味も楽しめます。 (出典元:富久錦株式会社) 3-2.洗練された米の甘さを『醸し人九平次 別誂 純米大吟醸』 酒米「山田錦」を使った上質な1本です。オートクチュールを意味する『別誂(べつあつらえ)』の名のとおり、原料や製法にこだわった特別な味わいを堪能できます。 香りは熟れたメロンのように甘く、やわらか。洗練された米の甘みと旨味、シルクのようになめらかな舌触りが際立つ日本酒です。 (出典元:IMADEYA ONLINE STORE) 3-3.酒米「愛山」の甘みと旨味『鳳凰美田 Black Phoenix 純米吟醸 無濾過本生』 『鳳凰美田(ほうおうびでん)』はフルーティーな香りと甘み、旨味が特徴的な銘柄です。金色の鳳凰が輝く『Black Phoenix(ブラックフェニックス)』は、幻の酒米とも呼ばれる「愛山」を使用しています。 加熱処理をしていない生酒のため、口当たりは実にフレッシュ。愛山のジューシーな甘みを楽しめる1本です。 (出典元:IMADEYA ONLINE STORE) 3-4.甘くてシュワシュワ『八海山 発泡にごり酒』 甘い日本酒が好きな方は「にごり酒」を試してみるのもおすすめです。『八海山(はっかいさん)』の発泡にごり酒は、口のなかでシュワシュワと小さな泡が弾けます。 日本酒度はマイナス23、酸度は1.6と、数値的にも濃醇甘口の1本。食事前の乾杯のほか、デザートとあわせてもおいしい日本酒です。 (出典元:八海山) 3-5.ロックもおすすめ『純米吟醸生原酒 CEL-24』 高知県では辛口のお酒が多いなか「亀泉酒造(かめいずみしゅぞう)」の純米吟醸生原酒は、日本酒度マイナス13と甘口フルーティーな味わいです。 甘く飲みごたえのあるお酒は、ロックスタイルで楽しむのもおすすめ。日本酒を飲みなれない方も日本酒好きも、ついついクセになるおいしさですよ。 (出典元:amazon) 3-6.大人のスイーツ『大関 極上の甘口』 日本酒度はなんとマイナス50!濃醇な甘みと旨味をしっかりと味わえる「大人のスイーツ」ともいえる1本です。 270mlのボトル缶から720mlの四合瓶まで、商品バリエーションが豊富なこともうれしいポイント。気軽においしい甘口日本酒を楽しみたいときにぴったりのお酒です。 (出典元:大関株式会社) 3-7.甘さと酸味のマリアージュ『越後鶴亀 ワイン酵母仕込み 純米吟醸』 清酒用の酵母ではなく、ワイン酵母を使って仕込んだ日本酒です。日本酒度はマイナス32と、米由来の甘くやさしい甘みが際立ちます。 さわやかな酸味も心地よく、新鮮な魚介類とも好相性。キリッと冷やして、カルパッチョやオイルベースのパスタとあわせるのもおすすめです。 (出典元:越後鶴亀) 3-8.後味スッキリ『雪中梅 純米』 『雪中梅(せっちゅうばい)』は、スッキリとした甘口タイプの日本酒です。日本酒度はマイナス4。地下から湧く軟水と酒米「五百万石」を使用し、やわらかな甘みとキレを実現しています。 寒い冬にはぜひ、少し熱めの燗酒で。後味の酸味が際立ち、食事と一緒にスイスイと盃が進みます。   (出典元:新潟の地酒 かじや) 3-9.花酵母の甘い香り『東洋美人 純米大吟醸 プリンセス・ミチコ』 「プリンセスミチコ」は、皇后陛下が皇太子妃だったときに英国から献上されたバラの花。花びらの色はラベルと同じ、鮮やかなオレンジ色です。こちらの日本酒は、「プリンセスミチコ」から花酵母を分離し造り上げました。 グラスからふわりと舞い上がるのは、花のように華やかな香り。口のなかに甘さが広がったかと思うと、心地よい余韻を残し静かに消えていきます。贈答用にもおすすめの気品あふれる味わいです。 (出典元:IMADEYA...

【京都・伏見酒めぐり】「伏見夢百衆」大正ロマン薫るカフェで珈琲と日本酒を

日本酒と水の歴史が薫るまち「京都伏見」は、全国から多くの人が訪れる観光スポットです。 豊富なお土産を取り揃える「伏見夢百衆」では、カフェメニューや利き酒セットを楽しめます。大正時代に建設されたという店内は、歴史情緒あふれる空間です。 伏見のまち歩きでほっとひと息付きたいとき、お酒を楽しみたいときにぴったりの「伏見夢百衆」。今回は、人気メニューの内容や、お土産情報などをたっぷりとお伝えします♪ 1.大正時代にタイムスリップ「伏見夢百衆」 「伏見夢百衆(ふしみゆめひゃくしゅう)」は、伏見の日本酒や銘菓、特産品などを取り揃えたお店です。店内には喫茶が併設され、伏見の水を使った水出しコーヒーやスイーツ、利き酒メニューを楽しめます。 一歩足を踏み入れると、そこは大正ロマンあふれる空間。建物は、大正時代に月桂冠株式会社の本店として活用されていたものです。 高い天井をランプシェードの暖かな灯りが照らし、すりガラスから明るい日差しが降り注ぎます。 また、店内では観光マップや観光情報なども確認できます。まち歩きの合間に利用するのはもちろん、伏見に着いて「さぁ、どこへ行こう」と計画を立てたいときにもおすすめです。 2.酒粕あんトーストとコーヒーでほっと一息 数ある喫茶メニューのなかから、この日は『酒粕あんトースト』をオーダー。セットのコーヒーは、伏見の名水を使った水出しコーヒーです。 こんがりキツネ色に焼かれたトーストから立ち上るバターの香り。上にはあんこと焼いた酒粕が乗せられています。 あんこ×酒粕は、初めての体験。焼いた酒粕は固いのかと思いきや、ナイフを入れるとクリームのようにやわらかな状態です。 酒粕とあんこを合わせて、バターの染みたトーストに塗って頬張ると…お、おいしい! あんこの甘さと酒粕、バターの風味がベストマッチ。“あんバター”はなじみがあるのに、どうして今まで思いつかなかったんだろう。“酒粕あんバター”の組み合わせ…。 スタッフの方も、自宅であんこ×酒粕の組み合わせを楽しんでらっしゃるのだとか。わかる。わかるわこれは、クセになる。ちなみに、こちらのトーストには、伏見に蔵を持つ“黄桜”の酒粕が使用されています。 合間にいただくコーヒーも、まろやかでやさしい味わいです。伏見はかつて“伏水(ふしみ)”と呼ばれていたほど、豊富な地下水に恵まれた地域。伏見の日本酒にもこちらのコーヒーにも、伏見の名水が使われています。 この日お話を伺った中川さんによると、コーヒーだけを目当てに来店する方も多いのだとか。 日本酒はそれほど飲まないという方も、このコーヒーなら伏見の水のおいしさを体感できそうですね。 日本酒豆知識「酒粕って?」 日本酒は、米と米麹、酒母(しゅぼ)などを発酵させた醪(もろみ)を搾って造られます。搾った液体が日本酒、搾ったあとに残る固形物が「酒粕」です。 搾る方法によって、板状だったりペースト状だったりと形状はさまざま。また、日本酒の種類や蔵によって味わいが異なります。 3.おつまみ付きの利き酒セットも♪ 甘いものと一緒に、おいしい日本酒を楽しめるのが伏見の喫茶「伏見夢百衆」の魅力。春の酒5種セットには、お酒に合うおつまみが付いています。 「伏見の日本酒は、ゆっくりと時間をかけて醸造しているお酒なので、辛口でも口当たりまろやかなものが多いんですよ」と、中川さん。日本酒ビギナーでも、飲みやすい銘柄が揃うのがうれしいですね。 近年は伏見を訪れる若い方も多く、低アルコール酒やスパークリング日本酒なども注目を集めているのだとか。 中川さんいわく「お酒は左から順に楽しんでください」とのこと。はい!では早速いただきます。 いちばん左の『神聖(しんせい)』は、夢百衆とのコラボ商品。『百 -MOMO-』という名は、夢百衆の“百”と、伏見桃山の“桃”を表しているそうです。スッキリとした味わいが、お猪口を持つ手を次へと進ませます。 2杯目の『黄桜(きざくら)花きざくら』は、低アルコールの日本酒です。ほんのり甘くて飲みやすく、日本酒ビギナーでもスイスイといけてしまいそう!穏やかな春の昼下がりに味わいたい、軽やかなおいしさです。 中盤に位置する『玉乃光(たまのひかり)』は、ガラッと表情が変わる生原酒。火入れと呼ばれる加熱処理と、加水調整をしていないお酒です。しっかりとした旨味ときれいな余韻が、おつまみの味わいを引き立てます。 右に続く2つのお酒は、うっすら白いにごり酒です。あえて醪の固形物を残して仕上げているため、米の甘味や旨味がよりしっかりと感じられます。それでいて、まろやかでスッキリとした飲み口は、さすが伏見のお酒という印象。 利き酒セットの内容は、季節によって衣替えするそうです。趣ある喫茶店で、昼間からいただくおいしい日本酒。お酒好きの方に、ぜひおすすめしたい体験でした♪ 4.酒どころ伏見のお土産も充実 ズラリと並ぶお土産の数々も「伏見夢百衆」のおすすめポイント。壁一面に並ぶ日本酒は、地方発送も依頼できます。 贈答にも喜ばれそうな銘柄や、近年注目を集める熟成古酒も発見。あれこれ買って、まとめて自宅に送りたいというときにも頼れるお店ですね。 おいしいもの好きな方へのお土産には、伏見のお醤油はいかが?プラスチック容器で軽く、持ち運びもラクチンです。 自分用や個別で配りたいお土産には『玉乃光』のフェイスパックも!実際に試してみましたが、もっちもちに肌が潤う、お値段以上の満足感でした(笑)そのほか、地元銘菓やお漬物なども購入できますよ。 「伏見夢百衆」周辺にはあちこちに酒蔵が立ち並び、おいしい料理と一緒に日本酒を楽しむ店舗が充実しています。 「いろいろな日本酒を知りたい、味わいたい」という、日本酒ビギナーにおすすめのエリアです。 また、伏見のまちは2021年、全国唯一の「川の港」として国道交通省の“みなとオアシス”に登録されています。かつて、京の都と日本各地を結んだ伏見の川は、現在も多くの人が訪れる観光スポットです。 春には桜が咲き誇る川沿いは、季節の移り変わりとともに紫陽花が見ごろを迎えるのだとか。舟のりばは、伏見夢百衆から徒歩数分の場所に位置します。 日本酒好きも甘党さんも、そして旅先でのまち歩きが好きな方も…。歴史情緒漂う伏見のまちを満喫してみてはいかがでしょうか。 伏見夢百衆 [所在地]京都市伏見区南浜町247 [電話番号]075-623-1360 [定休日]月曜定休(祝日除) [営業時間]10:30~17:00(L.O.16:30) [オフィシャルブログ]https://ameblo.jp/fushimi-yume100shu/ ※2022年4月22日時点の情報です。休業日や営業時間など変更の可能性があるため、最新情報は事前に店舗にお問い合わせください。  

【京都・伏見酒めぐり】「AMAZAKE HOUSE」で生甘酒と利き酒を楽しもう

日本有数の酒どころとして知られる観光スポット「京都・伏見」。幕末の歴史を感じる“竜馬通り商店街”には、おしゃれでおいしいお店が続々と登場しています。 甘酒と日本酒の専門店「AMAZAKE HOUSE」もそのひとつ。テイクアウトで楽しめる生甘酒は、まち歩きのおともにおすすめです。 店頭で利き酒を楽しめることもうれしいポイント♪ 早速、生甘酒の魅力とまち歩きにぴったりのメニューの数々をご紹介します! 1.自家製生甘酒と日本酒の専門店「AMAZAKE HOUSE」 京都・伏見にある「AMAZAKE HOUSE」は、自家製生甘酒と日本酒の専門店です。京都産コシヒカリを原料に、体にやさしく、おいしい甘酒が手仕事で作られています。 甘酒は、ノンアルコール・ノンシュガー・無添加と、自然が生み出すやさしい味わいが魅力。スムージーやラテにも厳選素材を使用し、小さな子どもから大人まで、安心して楽しめるメニューが提供されています。 店舗が建つのは、京阪中書島駅から徒歩約5分の竜馬通り商店街。風情ある街並みのなか、「AMAZAKE HOUSE」のレトロでおしゃれな外観がひときわ目を引きます。 今回お話を伺ったのは、オーナーである橋本宏太良さんと、商品企画・開発を担当されている翔伍さんご兄弟。ロゴが生まれた背景から、生甘酒にこめられた想いが見えてきました。 1-1.日本の発酵文化を伝える「家族で醸す甘酒」 これまで、日本酒や甘酒、麹の文化を海外に伝える、日本酒ツアーを数多く手がけていたという宏太良さん。2020年1月、現在の店舗に拠点を移して間もなく、コロナ禍に見舞われます。 「何もせずにはいられない、と。カウンターで甘酒を販売することを思いつきました。甘酒は、日本酒と同じ米と米麹からできている。酒どころ伏見であえてノンアルコールドリンクを販売することは、伏見の層をより厚くすることへつながるのではと思いました」 宏太良さんがおっしゃるように、店頭にはお酒好きだけでなく、若い方から家族連れ、年配の方まで多くの人が訪れます。 ひとつ屋根の下、一粒のお米が描かれたロゴには『この京町屋で、お米を醸して作っている』という意味合いが込められているそう。 「母も手伝ってくれているので“家族で作っている”という意味合いもありますね」 と宏太良さん。現在は複数の麹をブレンドしつつ、理想の味わいを作り出しているそうです。 いずれは麹室(こうじむろ)を設け、自分たちで麹を作りたいという希望もあるのだとか。 「甘酒を作るようになって、甘酒の知られざるパワーを改めて感じています。日本の伝統文化、米麹の魅力をより多くの人に伝えていきたいですね」 米麹は、甘酒や日本酒はもちろん、味噌や醤油にも欠かせない存在。宏太良さんのお話に、その魅力をより強く実感しました。 1-2.飲みやすく体にやさしい「生」の甘酒 「AMAZAKE HOUSE」の甘酒の大きな特徴は、“生”であること。その味わいに「甘酒ってこんなにおいしいの?」と、驚く方も多いのだそう。 一般的に、市販されている甘酒は、55℃~60℃の温度で一定期間発酵させたのち、高温で加熱殺菌処理がおこなわれます。甘酒のなかの酵素を失活させ、長期保存するためです。 一方「AMAZAKE HOUSE」の甘酒は、高温での加熱殺菌処理をしないことが大きな特徴。日本酒の低温殺菌とほぼ同じ、約60℃の温度帯で8時間~15時間発酵させています。 「生甘酒は、甘酒独特のクセが抑えられているため飲みやすく、熱に弱い消化酵素も生きていて体にやさしいんですよ」と翔伍さん。 反面、加熱処理した甘酒のように日持ちはしないため、冷凍保存で出来たてのおいしさがキープされています。 「お家でも生甘酒を楽しみたい!」というときは、冷凍生甘酒をテイクアウトやオンラインで購入できますよ。 2.生甘酒と利き酒メニューをいただきます! 今回いただいたのは、『自家製 生甘酒(白米)』と『自家製玄米生甘酒』です。国産豆乳で割ったり、氷のありなしを選べたりと好みにあわせてカスタマイズできるのがうれしい。 さらに、季節限定の『甘酒いちごスムージー』もオーダー!目の前でミキサーがまわる様子にワクワクと期待が高まります♪ 早速甘酒をいただくと、クリーミーな口当たりと、さっぱりした後口にびっくり!これは確かに、これまで飲んできた甘酒と違うおいしさ…。甘酒好きはもちろん、ちょっと苦手という方にもおすすめしたくなる味わいです。 玄米を使った生甘酒は、ぷちぷちとした食感が楽しい一品。玄米ならではのコクと香りがクセになりそうです。 栄養たっぷりの玄米生甘酒は、整腸作用も期待できるのだとか。リピーターさんには、玄米推しの方も多いそうですよ。 『甘酒いちごスムージー』は、”いちごそのまんま!”のフレッシュ感がたまらないおいしさ。甘酒のやさしい甘味と果実の甘酸っぱさがよく合います。 このほか、定番スムージーや有機栽培の抹茶で作るラテなど、こだわりメニューが盛りだくさん。「どれにしよう~?」と足を止める方が多いのも納得です! 3.伏見の日本酒にスイーツも 酒どころ伏見を訪れるなら、日本酒もぜひ味わっておきたいところ。「AMAZAKE HOUSE」には、お酒好きの心をぎゅっとつかむメニューが用意されています。 『日本酒アフォガード』は、甘党のお酒好きにおすすめしたい一品。この日は『英勲(えいくん)』の23年熟成古酒をバニラアイスにかけていただきました。 キャラメル風味の熟成古酒と、溶けたバニラアイスのマリアージュがたまらない…!お酒を飲まない方には、生甘酒を使った手作りアイスクリームもおすすめです。 日本酒好きなら、店頭で楽しめる『利き酒メニュー』も見逃せないところ。今回は、京都の酒米・祝(いわい)を使った『富翁(とみおう)』をオーダーしました。 日本酒の心地よい香りが、風にのってふんわり香る…。観光の途中、青空の下でグラス1杯からおいしいお酒を飲めるなんて、なんともぜいたくな体験ですよね。 商店街のBGMを聞きながら、地元の方と観光客が行きかう様子を眺めるのもおつなもの。ぜひ、おいしい酒と一緒に旅ならではのワンシーンを満喫してみてください。 4.AMAZAKE連れて伏見をまち歩き 各所に酒蔵が点在する伏見は、まち歩きにもおすすめのスポットです。「AMAZAKE HOUSE」の周辺には、“月桂冠”の史料館や“黄桜”の直営店が並びます。 少し足をのばすと、有形文化財に登録されている“松本酒造”の酒蔵も。川沿いに建つ木造の酒蔵と、空に伸びるレンガ造りの煙突は圧巻ですよ。 「伏見はいろんなものが詰まった場所なんですよ。戦国時代の伏見桃山城もあれば、幕末の雰囲気も味わえる。もちろんお酒も。酒造りのシーズンは、朝から蒸米の香りが広がっています」 そう教えてくださった宏太良さん。竜馬通り商店街には、お酒ゼリー専門店やイタリア料理店、ドーナツ店など新店舗も続々とオープンしています。 日本酒好き、おいしいもの好き、歴史好きにたまらないスポット、伏見。日本文化に想いを馳せながら、まち歩きを楽しんでみてはいかがでしょうか。 AMAZAKE HOUSE [所在地]京都府京都市伏見区車町271-1 [定休日]火曜日・水曜日 [営業時間]10:00~17:00 [公式URL]https://amazakehouse.com/ [オンラインショップ]https://shop.amazakehouse.com/?_ga=2.153512254.708469182.1650761159-1488022173.1649632890 ※2022年4月21日時点の情報です。休業日や営業時間など変更の可能性があるため、最新情報は事前に店舗にお問い合わせください。

最新の投稿

読んで日本酒をもっと楽しく