日本酒ウォッチ

最新の記事

日本酒初心者は飲み比べセットがベスト!その理由とおすすめセット16選を紹介

日本酒の飲み比べセットは、色々な味を楽しみたい方におすすめです。純米酒や大吟醸など味の種類が多い日本酒の中から、自分のお気に入りを見つけることもできます。 酒店おすすめのセット商品は、大切な方へのギフトとしても人気。こちらでは、日本酒の 飲み比べセットをおすすめする理由と、人気商品を合わせてご紹介していきます。 1.初心者に日本酒の飲み比べセットがオススメな理由 いくつかの日本酒を合わせて販売している飲み比べセットは、日本酒を飲み慣れていない初心者の方にオススメです。ひとくちに「飲み比べセット」と言っても、そのテーマは日本酒の種類のように多種多様。同じ酒蔵の日本酒を集めたもの、季節ごとのテーマで揃えたものなどバラエティに富んでいます。 まずは、初心者の方に飲み比べセットがオススメな3つの理由について解説していきますね。 1-1.一度に色々な日本酒が飲めて比べることができる 日本酒は、甘口や辛口、スッキリ淡麗に芳醇旨口など、さまざまな味の種類があるお酒。また、生産される土地によってもその個性は変化し、種類の多さは日本酒の楽しみであると同時に、日本酒が難しいといわれる理由のひとつにもなっています。 「日本酒は種類が多すぎてどれを選んだらよいか分からない…」 そんな初心者にぴったりなのが、一度に色々な味に挑戦できる飲み比べセット。 「自分は甘口より辛口の日本酒の方が好みかも」 「大吟醸の香りってこんなにフルーティーなんだ!」 と、日本酒の入門編として楽しみの幅をより広げることができるのです。 自分のお気に入りの味を見つけておけば、お店で日本酒を注文したり店頭で選ぶ際の目安にもなります。飲み比べセットをきっかけに、日本酒の奥深さを知ることができますよ。 1-2.一本ずつ買うよりも安くなっていることが多い 日本酒は、種類が多いだけにたくさんの味を楽しもうと思うとそれだけ費用が掛かってしまいます。1本あたり数千円のものから中には数万円する高額なものまであり、初心者はどれから手をつけて良いか迷ってしまいますよね。 一方、費用の面でもお得なのが飲み比べセット。一度に数本をまとめて販売できる飲み比べセットは、1本あたりの価格が安く抑えられていることが多いのです。 サイズも一升瓶からミニボトルまで幅広く、初心者の方でも気軽に色々な味に挑戦することができます。 1-3.酒店オススメの銘柄がセットになっている 初心者にとって飲み比べセットが嬉しいポイントは、酒店オススメの銘柄がまとめて販売されていること。多くの種類を知り尽くした酒店オススメの日本酒であれば、日本酒を飲み慣れない初心者の方でも安心して購入することができますよね。 酒店がオススメする飲み比べセットには、ひとつの銘柄の「大吟醸・吟醸・本醸造」をまとめたものもあります。このようなセット品では、同じ銘柄であっても、米の削り具合や仕込み方によって味に違いがあることを感じ取れます。 また、「夏酒セット」や「秋のひやおろしセット」など、季節に合わせた飲み比べセットも初心者にはオススメ。一度に色々な酒蔵の季節商品を味わえるのも、飲み比べセットならではの醍醐味です。 実際に酒店に足を運ぶ際には、それぞれの飲み比べセットについてのこだわりを店主から直接聞くのもまた楽しみのひとつですよ。 2.オススメの日本酒飲み比べセット16選 ここからは、オススメの日本酒飲み比べセットをご紹介します。お家で楽しむためのセットから、日本酒好きな方へおすすめのセットまで、幅広いラインアップをぜひ参考になさってください。 2-1.すべて味わいの違うセットはお中元にも「人気蔵5本セット」 酒店選りすぐりの5本セットは、すべて味わいの異なる地酒。300mlの飲みきりサイズで美味しい時期を逃すことなく楽しむことができます。 中でも注目すべきは、京都府の木下酒造が造る「玉川」。来日した際に日本酒の魅力にはまったというハーパー杜氏の造るお酒は、ビオワインのような自然な味わいが魅力です。 また、縁起の良い名前の「来福」はふくよかでマイルドな味わいの純米酒。広島県の「天寶一」に茨城県の「大観」と、市場での評価も高い地酒も並びます。 香り高い日本酒の代表格である「獺祭」も加わるセット品は、大切な人への感謝の気持ちを表す品としても最適。お酒好きな方への贈り物をお探しの方も、ぜひチェックしてみてください。 (出典元:楽天市場) ・獺祭(だっさい) 純米大吟醸 磨き45 ・純米吟醸 玉川 ・来福 特別純米 ・天寶一 特別純米 ・富士大観 純米吟醸 価格 4,400円 (税込) 2-2.おうち時間におすすめ「辛口日本酒3本セット」 「辛口ってどんなお酒?」「辛口のお酒で家飲みしたい!」という方におすすめなのがこちらのセット。酒店が選ぶ3本は、和食だけでなく洋食とも相性の良い日本酒です。 宮城県の超辛口日本酒「日高見」は、お燗にしても楽しめる辛口日本酒の代表格。山口県の「貴」は、辛口でありながら米の旨味を感じることのできるお酒です。 「来福」の超辛口は香りが控えめなため、繊細な和食との相性も抜群。料理と日本酒とのペアリングを存分に楽しむことのできるセット品です。 【うちですごそう】家飲み辛口日本酒セット(各720ml) ・日高見 超辛口純米酒 ・貴 濃醇辛口 純米酒 ・来福 純米吟醸 超辛口 価格:3,673 円(税込3,966 円) 2-3.新潟地酒飲み比べ5本セット 米処と酒処でおなじみの新潟の地酒5本セットです。おいしい新潟の地酒の中でも全国新酒品評会で金賞受賞酒蔵のお酒のみに厳選されています。 「越乃寒梅」は適度な酸味と辛口でなめらかな口当たりが特徴。「八海山」は淡麗なスッキリとしたのみ口で料理の邪魔をせず食中酒として楽しめます。 「菊水 本醸造生原酒」はフレッシュな果実のような香り、コクのあるしっかりとしたうまみが織りなす豊かな味わいです。「北雪 金星 生貯蔵酒」はキレよく飲み飽きない辛口のお酒でお燗から冷酒まで幅広くどんな料理とも合うお酒です。 「厳選辛口 吉乃川」はきれいな口当たりが特徴で自然の旨味でスッキリとした辛口です。 新潟地酒飲み比べ300ml×5本セット ・越乃寒梅 ・八海山 ・菊水 本醸造生原酒 ・北雪 金星 生貯蔵酒 価格:3288円(税込) (出典元:楽天市場) 2-4.高知の地酒 辛口 飲み比べ 6本セット【300ml×6本】 土佐の辛口酒を主体に、6種の飲み比べを楽しめるセットです。高知県に18ある酒蔵を唎酒師自らが訪問。選りすぐりの銘柄が勢ぞろいしています。辛口といっても味わいはそれぞれに異なるため、自分好みのお気に入りの1本を見つけられますよ。 (出典元:楽天市場) ・安芸虎(あきとら)   純米吟醸酒 ・美丈夫(びじょうふ)  吟醸酒 ・文佳人(ぶんかじん)  純米吟醸酒 ・桂月(けいげつ)    特別純米酒 ・司牡丹(つかさぼたん) 特別純米酒 ・久礼(くれ)      吟醸無濾過 販売価格: 4,980円(税込み) 2-5.杜氏の技術が光る!低アルコール日本酒2本セット アルコール度数を12~14度に抑えた飲みやすい2本セットです。加水をするのではなく、酵母の働きをコントロールしながら低アルコールを実現しています。「勝山」「風の森」それぞれに、ジューシーでフレッシュな甘みが印象的。「これが日本酒?」とうれしい驚きを与えてくれるセットは、日本酒初心者にもおすすめです。 (出典元:IMADEYA ONLINE STORE) ・勝山 純米吟醸 鴒 サファイア ・風鴒の森 ALPHA TYPE1 販売価格: 5,115円(税込み) 2-6.青森三蔵 NOSTALGIAセット 720ml×3本 青森県3蔵の、秋あがり3本セットです。秋あがりとは、冬に仕込んでひと夏寝かせたお酒のこと。穏やかな香りとまろやかな旨味を持ち、「ひやおろし」とも呼ばれます。使用しているのは青森県の酒米「華吹雪」。ぜひ、蔵ごとに異なる味わいを楽しんでみてくださいね。 (出典元:IMADEYA ONLINE STORE) ・田酒(でんしゅ) ・鳩正宗(はとまさむね) ・陸奥八仙(むつはっせん) 販売価格: 4,950円(税込み) 2-7.Actiba2020 千葉県産山田錦 火入れ 5本セット 720ml×5本 千葉県の約40の酒蔵が集結したプロジェクト「Actiba」(アク千葉)で生まれた飲み比べセットです。使用しているのは、同じ度合いで精米した千葉県産の酒米。酒蔵の仕込みよって生まれる、それぞれの味わいを楽しむことができます。お気に入りの1本をきっかけに、蔵のスタンダード品を試してみるのもおすすめです。 (出典元:IMADEYA ONLINE STORE) ・木戸泉 ・東灘 ・福祝 ・甲子 ・仁勇 販売価格: 8,250円(税込み) 2-8.【仕込み水違い飲み比べ】上川大雪...

日本酒を-5度で保存するためのおすすめのセラーはこれ!

日本酒の保存には-5度がいいというのはわかったけど、-5度で保存できるセラーやケースってどういうのがあるのかわからないと思うこともあるのではないでしょうか。 今回は日本酒を最適に保存できる-5度の設定ができる日本酒セラーを紹介します。 1. 日本酒をマイナス5度で保管できるアクアの「SAKE CABINET CSR-15H」 特徴1.マイナス10度~プラス10度で5段階の温度設定が可能 SAKE CABINETは-10℃、-5℃、0℃、5℃、10℃の5段階で温度設定が可能です。 マイナス5度で開封したあとの日本酒も長期保存したり、0度や5度に設定して熟成させる楽しみ方もできます。 5段階で設定できるので、日本酒のストックが無いときは普通の飲み物を入れておくなどもできますね。 特徴2.四合瓶は最大12本、一升瓶は9本まで縦置き可能 上段では最大12本の四合瓶、中段では最大9本の一升瓶が縦置き可能となっています。 たくさんの本数が入るのもメリットですが、ポイントは「縦置き」ができることです。 日本酒は横置きにすると空気に触れる面積が増え、酒質が落ちていってしまいます。 冷蔵庫では縦置きはドアポケットにしか縦置きできるスペースがないため、日本酒にとってあまりいい環境とは言えません。 特徴3.リビングでの使用も考慮したサイズとデザイン性 幅50.3cm×奥行59.8cm×高さ131cmとコンパクトなサイズ感なのでご家庭に難なく置いておくことができます。 また庫面には七宝柄が施され和を感じるスタイリッシュなデザインでインテリアとして生活に溶け込むため、リビングにも問題なく置くことができます。 【SAKE CABINET CSR-15Hまとめ】 温度設定:-10℃、-5℃、0℃、5℃、10℃ (5段階で設定可) 収納本数:四合瓶 約12本(上段) + 一升瓶 9本(中段) + 二合瓶 4本(BOX) 紫外線防止:密閉型 縦置き:可能 サイズ:幅50.3cm×奥行59.8cm×高さ131cm その他:コンパクトなので家庭にも置ける   まとめ 家庭用ならSAKE CABINET, がおすすめ! コンパクトで十分な機能が備わっているSAKE CABINETは家庭用で日本酒を楽しむのにうってつけです。 日本酒をたくさん買うけど、ストックしておく場所がないという方に、ぜひいかがでしょうか?

日本酒に使われているお米は食用とは違う?酒造好適米について解説!

日本酒を作るのに使われているお米は普段食べている食用のお米とは違います。 どのような点が違うのでしょうか?今回は酒米、別名「酒造好適米」と食用のお米との違いや代表的な銘柄の紹介をします。 1.食用のお米と日本酒に使われる「酒造好適米」の違い 食用のお米に含まれるタンパク質や脂肪はご飯として食べる際は旨味となりますが、お酒になると苦みや雑味となってしまいます。 そのため、日本酒の原料となるお米の酒造好適米は食用のお米と違いがあります。 1-1.米粒の大きさ 酒造好適米は食用のお米に比べて粒が大きい傾向にあります。 日本酒を造るときに「精米」というお米を削る工程があり、お米が砕けないようにするために米粒が大きくなっています。 1-2.心白の大きさ お米には「心白」という部分が中心にあり、心白はタンパク質の含有量が少なく、また精米をしても砕けることがないよう粘度が高く、醪(もろみ)に溶けやすい性質があります。 日本酒を造るうえで、この心白の大きさは大切な要素になるので、食用のお米に比べて酒造好適米は心白も大きいのです。 2.4大酒造好適米 2-1.山田錦(やまだにしき) 主な生産地:兵庫県 現在では酒米の王様でおなじみなのがこの「山田錦」です。 米粒が大きいため粒が砕けにくく高精米が可能であり、粘度と強度の高い大きい心白は吸水性が良く醪に溶け出しやすいため吟醸造りに優れています。 一般的に、山田錦を酒米に使用した日本酒は、大吟醸酒で華やかな吟醸香とスッキリとした味わいに優れ、「やや甘みが強く味わいがある」とされています。 2-2.雄町 主な生産地:岡山県 雄町の語源は備前国上道郡高島村雄町(現在の岡山市中区雄町)で栽培されたところから「雄町」という名前が来ています。 もともとは雄町が初めて栽培された当初は「二本草」という名前があったのですが、いつしか地名の名前が付きました。 大粒で心白が大きく軟質で、昭和初期には品評会で上位入賞するには雄町で醸した吟醸酒でなければ不可能とまで言われた歴史もあります。 「雄町」で造る日本酒は、芳醇でコクがあり、味わいのしっかりしたお酒に仕上がり、蔵ごとに味の個性を出しやすいのも「雄町」の魅力です。 2-3.五百万石 主な生産地:新潟県 お米大国でおなじみの新潟が誇る酒造好適米「五百万石」。 「五百万石」は米粒が小さい反面、心白が大きいため50%以上の高精白は難しく、高級酒には不向きではあるが、麹菌が入り込みやすいのが特徴です。 酒質は、「山田錦」や「雄町」のような肉厚なものと違い、きれいで端麗なものとなっています。芯が強く、一世を風靡した新潟の淡麗辛口の酒を醸すにはもってこいの酒米でした。 2-4.美山錦 主な生産地:長野県 昭和47年(1972年)、長野県農事試験場で作られた美山錦。他の酒造好適米と比べるとまだ歴史の浅い酒造好適米です。 名前の由来は、北アルプス山頂の雪のような美しい心白があることに由来します。 酒質は繊細な香りを持ち、軽くスッキリとした味わいに仕上がることが特徴。バナナや完熟メロンのような、やや派手な吟醸香と、細身ながらフルーティーな味わいを感じられます。 吟醸酒や純米吟醸酒など、フルーティーな香りをもつお酒を造るのに向いています。 まとめ 食用のお米とは違う、酒造好適米とその代表的な品目を紹介しました。 現状、酒米の王者は山田錦ですが、今後の品種改良で山田錦を超える酒米がでてくるのかなど注目点もあります。 今後の進化にも期待ですね。

日本屈指の酒処!福島のオススメ日本酒銘柄20選

日本酒が有名な地域といえば、全国にいくつもあります。そのなかで、近年話題となっているのが福島です。日本酒好きの間でも、福島の日本酒はおいしいとの声が多くあります。 みなさんも「福島の日本酒を実際に飲んでみたい!」との思いから本記事にたどり着いたことでしょう。本記事では、レベルの高い福島の日本酒を厳選して紹介しています。福島の日本酒作りの背景も解説しているので、ぜひ参考にしてみてください。 1.福島には力のある酒蔵が多く、評価の高い日本酒の宝庫! 福島は全国のなかでも日本酒造りにおいて高い評価を得ています。高品質な日本酒を次々と生み出す背景には何があるのでしょうか。以下では、福島の日本酒を語るうえで、欠かせないポイントを解説していきます。 1-1.福島には酒蔵が63箇所もある! 福島が高品質な日本酒を造れる秘密は酒蔵が多いことです。その数は平成29年度の調査によれば、63箇所。これは都道府県別だと4番目に多い数です。酒蔵が多いだけに、競争率の高さも特徴。酒造りのプロたちがお互いを刺激しあって、品質の向上に努めているのです。 また、福島では平成4年から清酒アカデミーを開校。代々受け継がれている技術を若手に継承するために、県が一丸となって取り組んでいます。ただ酒蔵が多いだけではなく、技術育成の環境がそろっているのが特徴です。 1-2.全国新酒鑑評会での金賞受賞数が日本一! 福島の日本酒は「全国新酒鑑評会での金賞受賞数7年連続日本一(2019年時点)」という実績を誇っています。全国新酒鑑評会は明治から続く清酒の鑑評会。毎年、全国の酒蔵から多くの銘柄が出品されています。 しかし、レベルの高さを認められて入賞できるのは全体の半分程度。さらに金賞を受賞できるのは全体の3割程度になります。福島の日本酒は高品質な日本酒のなかでも、さらにレベルが高いと認められているのです。 おいしい日本酒を見つけるには、まずは福島の銘柄から探すのが安定といえるでしょう。 2.福島県の日本酒でオススメの銘柄10選 この記事を読んでいるあなたは、福島の日本酒を実際に飲んでみたいと考えているはず。以下では、福島の日本酒のなかから厳選した銘柄を紹介します。どれも福島の技術が詰まった絶品なので、ぜひ飲んでみてください。 2-1.寫楽 純米吟醸 福島の日本酒のなかでも、抜群の知名度を誇るのが宮泉銘醸の「寫楽 純米吟醸」です。封を開けたときの深みのある香りが特徴。一口飲めば、重厚なコクとキレを感じます。お酒好きもうなるほどの飲みごたえです。寫楽を飲んで日本酒にハマったという声も多くあります。 単純に福島の日本酒が欲しいときに選ぶと、確実といえる1本です。お酒好きの人にギフトとして贈っても喜んでもらいやすいでしょう。 (出典元:宮泉銘醸株式会社) 2-2.会津ほまれ 純米大吟醸 極 「会津ほまれ 純米大吟醸 極」はブランド米にこだわらず、安価で高品質を目指して作れた日本酒です。掛米には一般的な酒造用米を採用。蔵元の技術によって味を最高ランクに引き上げています。 全国新酒鑑評会でも11回の金賞を獲得。スッキリとキレのある味わいは全国の日本酒ファンをうならせる出来栄えです。福島の日本酒を代表する銘柄といえるでしょう。 (出典元:会津ほまれ公式HP) 2-3.飛露喜 ひろき 純米大吟醸 山田錦 100% 福島の隠れた名酒といわれるのが「飛露喜 ひろき 純米大吟醸 山田錦 100%」です。フルーティな酸味とみずみずしい口当たりが特徴。えぐみがまったくなく、一口飲むだけで品質の良さがわかります。人によっては白ワインに似たニュアンスを感じることでしょう。 ちなみに「飛露喜」というブランド名は「喜びの露が飛び散る」という意味です。その名のとおり、米の旨味の心地良い余韻が長く残ります。飲みごたえのある1本です。 (出典元:矢島酒店) 2-4.末廣 純米大吟醸 亀の尾 「末廣 純米大吟醸 亀の尾」は特徴的な原料を使った純米大吟醸です。銘柄名のとおり、使用している米は「亀の尾」。明治に開発された高級米の代表格です。酒造用のお米ではありませんが、職人たちの手により、他の銘柄に負けない風味を生み出しています。 一口飲めば、さわやかなキレが喉を刺激。食欲をかきたててくれる後味のため、食中酒に最適なお酒です。 (出典元:末廣オンラインショップ) 2-5.「ロ万」 純米吟醸 一回火入れ 洋食に馴染む日本酒といわれるのが「ロ万」シリーズ。なかでも、初心者が飲みやすいのは純米吟醸の1回火入れタイプです。メロンに似た果実味のある香り、サラサラとしたのど越しが特徴。クセがなく、ぐいぐいと杯が進みます。 イタリアン、フレンチなど、濃いめの味付けの料理と相性抜群です。口のなかをさっぱりとリセットし、食欲をかきたててくれます。 (出典元:日本酒セラー ハレトケ) 2-6.穏(おだやか) 純米大吟醸 「穏 純米大吟醸」は自然派の原料にこだわった純米大吟醸です。高級酒米として知られる山田錦のなかでも、農薬・化学肥料を一切使わずに育てられた品種を採用。健康意識の高い現代に通用する手法で製造されています。 肝心の味は後に残らないスッキリした米の旨味が特徴。冷酒にして飲めば、心地いいキレを感じられます。夏場に飲む日本酒としておすすめです。 (出典元:酒の櫻家...

日本酒の純米酒おすすめ25選

純米酒は、米と米麹のみで造られる日本酒です。日本酒は、味のバランスを整えるために醸造アルコールを添加するものもあります。純米酒には醸造アルコールは含まれておらず、米のしっかりとした旨味を楽めるのが特徴です。こちらでは、純米酒のおすすめ銘柄25選をご紹介!酒蔵の個性あふれる純米酒の世界を、ぜひお楽しみください。 1.日本酒の純米酒おすすめ25選 純米酒と表記されていても、淡麗な味わいから濃醇な味わい、フルーティーなものまで個性はさまざまです。原料や製法で生まれる味わいの変化は、日本酒ならではの楽しみでもあります。おすすめの25銘柄を参考に、ぜひ自分好みの純米酒を見つけてみてくださいね。 1-1.岩の井 生もと 純米 神力 岩瀬酒造の造る「岩の井」は、世界的にも評価の高い日本酒です。昭和61年の東京サミットで振舞われたほか、JAL国際線ファーストクラスでも採用。ワインの世界的評価基準パーカーポイントの日本酒版では、95点を獲得しました。 「生もと 純米 神力」は、復活米・中生神力(なかてんしんりき)で仕込んだ酸味が際立つお酒。生もと造りならではの、複雑味のある味わいも楽しめます。温めすぎ、冷やし過ぎは香りが飛んでしまうため、常温からぬる燗で楽しむのがおすすめです。 (出典元:IMADEYA ONLINE STORE) 1-2.赤武 AKABU 純米 紅の武士が印象的な日本酒「赤武」(あかぶ)は、岩手県の若き蔵人が造るお酒です。100年以上の歴史を持つ蔵は、2011年の東日本大震災の津波により流失。2年後の2013年、6代目のもとに集まった若者たちの手によって、赤武酒造の新たな歴史は始まりました。 「赤武」の純米酒は、しっかりした米の旨味がありつつ、フルーティーで飲みやすい味わいが特徴。やわらかな水のような口当たりは、女性からも好評です。「いつも冷蔵庫に入れておきたい」そんな気持ちにさせてくれる、味のバランスに優れた1本ですよ。 (出典元:IMADEYA ONLINE STORE) 1-3.加賀鳶 山廃純米 超辛口 石川県のお酒「加賀鳶」(かがとび)のコンセプトはズバリ、粋!仕込みに使うのは、山田錦や五百万石、金紋錦といった良質な酒米です。米にこだわった純米酒は、深い旨味とキレ味、両方を兼ね備えています。 「山廃純米 超辛口」は、どっしりした米の旨味とともに、適度な酸味を楽しめる1本。超辛口の名のとおり、スパッとした「粋なキレ味」をぜひご堪能ください。 (出典元:IMADEYA ONLINE STORE) 1-4.雨後の月 十三夜 特別純米酒 雨上がりに光る月をイメージして造られたお酒「雨後の月」。広島県の超軟水で仕込まれる日本酒は、澄み切ったきよらかな味わいが特徴です。 「十三夜」と名づけられた特別純米酒には、高級酒米・山田錦を使用。アルコール度数低めに仕上げ、飲みやすさも実現しています。香りもおだやかで甘さ控えめのため、食事と合わせるお酒にもぴったりですよ。 (出典元:IMADEYA ONLINE STORE) 1-5.貴 特別純米 「貴」は、その土地の土壌や風土を意味するテロワールを重視したお酒です。ヨーロッパのワイナリーを訪れた蔵元の経験をもとに、自ら栽培した酒米でお酒を仕込んでいます。 「貴 特別純米」は、蔵の定番酒。すっきりとした酸味とさわやかな旨味を持つ1本です。山口県生まれの純米酒は、濃厚な牡蠣とも好相性。ぜひ、新鮮な魚料理や和食とともにお楽しみください。 (出典元:IMADEYA ONLINE...

日本酒でよく聞く「純米大吟醸」とは?オススメの銘柄20選もご紹介!

純米大吟醸と聞くと、どのようなイメージをお持ちですか?多くの方が、「高級そう」「美味しそう」だと思われるのではないでしょうか。 ここでは、純米大吟醸とは何か?そもそも吟醸とは?から、純米大吟醸と大吟醸の違いについてもお伝えしていきます。そして最後には、日本酒好きの方から日本酒が苦手な方まで楽しんでいただけるオススメの日本酒をご紹介したいと思います。 1. 日本酒でよく聞く「純米大吟醸」とは何? 日本酒には、原料や精米歩合などが定められた特定名称酒と呼ばれる種類があり、その中の一つに純米大吟醸があります。(精米歩合とは、米を削った割合のこと。米は中心部ほど甘く、削るほどに雑味が減り、スッキリとした味わいになります。) 原料 精米歩合 造り 純米酒 米、米こうじ ー ー 特別純米酒 60%以下、または特別な製造方法 純米吟醸酒 50%以下 吟醸造り 純米大吟醸酒 60%以下 吟醸酒 米、米こうじ、醸造アルコール 60%以下 大吟醸酒 50%以下 本醸造酒 70%以下 ー 特別本醸造酒 60%以下、または特別な製造方法   純米大吟醸は、水と米と米麹のみで造られ、原料であるお米をたくさん削って低温でゆっくりと発酵させているため、コメ本来の旨みや甘みを感じられ、雑味がないものになっていきやすいです。 1-1. 純米大吟醸の"純米"は「原料が水と米、米こうじだけ」という意味 https://sake-5.jp/types-of-sake/   特定名称酒の表を見ると「大吟醸」と「純米大吟醸」が別になっているのがわかりますよね。まず、純米大吟醸に含まれる「純米」という言葉について解説します。 この違いは使用原料にあり、醸造アルコールを使っているかいないかの違いで、大吟醸は香りを引き立てる効果のある醸造アルコールが使われており、純米大吟醸は純米という名の通り、米と米麹だけで造られています。 大吟醸よりも純米大吟醸の方がランクが上だと思われる方も多いですし、値段設定がそうなっているケースもありますが、醸造アルコールは味や風味を整えて、より美味しくするために考えて添加されているものなので、一概にどちらが上という判断をせずに、どちらもたくさん高いお米を削って、美味しく造られた日本酒だと考えていただきたいです。 自分好みの日本酒を探すこともまた日本酒の魅力でもあります! 1-2. 純米大吟醸の「大吟醸」とは、お米を50%以上削って丁寧に造られたという意味 吟醸とは読んで字のごとく、吟味した原料を用い丁寧に醸造することをいい、日本酒もまたこの製法によって造られています。 この製法で造られた日本酒を″吟醸酒”と呼び、日本酒作りに適した白米を4割以上削り(精米歩合60%以下)、選び抜かれた優良な醸造酵母と合わせ、5〜10度ほどの低温で長期間じっくりと発酵させるなど、特別に吟味して製造されています。これを「吟醸造り」といいます。 「吟醸造り」によりできた吟醸酒は、吟醸香といわれるりんごやメロンのようなフルーティーで華やかな香りに特徴のある銘柄も多く、滑らかでみずみずしくスッキリとした印象になります。 1-3. 特定名称酒の見分け方はカンタン!「純米」と「吟醸」だけ覚えよう! 特定名称酒についての見分け方は、純米がついていれば材料が水と米と米麹。純米と付いていなければ醸造アルコールなどがお酒を整えるために添加されている。吟醸がついていれば、たくさんお酒を削って、低温で発行させている。という点だけ覚えておけばOKです! 造りは重要な要素であることは間違いないですが、「普通種だからマズい」「大吟醸だからウマい」という意味ではありません! 2. 純米大吟醸の日本酒でオススメの人気銘柄20選 2-1.岩の井 山廃 純米大吟醸 大正時代から受け継がれる伝統製法、「山廃仕込」で仕込んだお酒です。手間ひまかけた純米大吟醸は、まさに蔵の芸術品。香りはおだやかで深いコクがあり、すっきりキレが良いのが特徴です。ついつい後引く美味しさは、世界的評価も高い「岩の井」ならでは。イタリアンや中華など、こっくりした味の料理とも好相性の1本です。   (出典元: IMADEYA ONLINE STORE) 2-2.天狗舞 純米大吟醸 石川県の天狗舞といえば、山廃仕込み、吟醸造りで名高い日本酒です。こだわりの純米大吟醸は、芳醇な旨味と洗練された香りが際立つお酒。力強く、まろやかな米の味わいを堪能できます。能登杜氏の技が光る1本は、日本酒好きな方への贈り物にもおすすめです。 (出典元: IMADEYA ONLINE STORE) 2-3.水芭蕉 純米大吟醸 翠 開栓すると立ち上るのは、花のように甘く華やかな香り。やわらかな口当たりとコク、軽やかな後味は女性にも好評です。適度に冷やせば、香りの輪郭がよりはっきりと。ワイングラスでゆったり楽しみたい、エレガントな日本酒です。 (出典元: IMADEYA ONLINE STORE) 2-4.加茂錦 荷札酒 月白(げっぱく) 純米大吟醸 生詰 独創的な荷札のラベル、若き造り手、そして何より確かな味わいで一躍人気ブランドとなった「加茂錦」。「月白」(げっぱく)と名づけられた純米大吟醸は、火入れをしないフレッシュな味わいのお酒です。ほんのりとした甘みのあとにやって来るのは、ビターな余韻と心地よい吟醸香。高級酒米・山田錦の旨味が活きたコストパフォーマンスに優れた1本です。 (出典元:...

利酒師がホワイトデーのお返しに選ぶ日本酒10選!本格派にカップ酒、甘酒まで

春の訪れとともに近づくホワイトデー。今年はお返しに日本酒を贈ってみませんか?「相手の好みが分からない…」「日本酒選びは難しいでしょ?」と思う方でも大丈夫。今回は唎酒師の資格を持つ日本酒ライターshihoが、女性目線で贈られてうれしいおすすめ銘柄をご紹介します! キュートなラベルで味も本格派、飲みやすい日本酒が勢ぞろい。ちょっとしたお返しにぴったりのカップ酒や、美容成分たっぷりの甘酒もぜひチェックしてみてくださいね。 1.ハートにピンク!心躍るキュートな日本酒 ホワイトデーが近づく3月は、季節限定の春酒が登場するシーズンです。春色の日本酒には心もワクワク。ハートラベルのお酒は、大切な人へのお返しにもぴったりです。まずはハートやピンクで彩られた、キュートな日本酒たちをご紹介します。 1-1.ロゼノユキドケ(尾瀬の雪どけロゼ) ハートラベル 「ロゼユキ」の愛称で親しまれる日本酒、「ロゼノユキドケ」。バレンタインからホワイトデーシーズンは、特別仕様のハートラベルで登場です。イチゴやベリーのように甘酸っぱい味わいは、女性にも大人気。飲み終わると、ハート柄の向こうに文字が登場します。ホワイトデーにぴったりの、キュートな味とボトルデザインの日本酒です。 (出典元:高橋与商店) 1-2.天吹(あまぶき) こいする春の純米大吟醸 大切な人へ贈る日本酒は、酒蔵が「初恋を思い出す味わい」と語る1本を選んでみては? ハートいっぱいの「天吹」は、華やかな香りとコクを合わせ持つお酒。 後口に残る爽やかな酸味は、まさに初恋のような甘酸っぱさです。温めすぎると香りが飛んでしまうため、冷やから常温で楽しむのがおすすめですよ。 (出典元:天吹酒造) 1-3.生酛にごりの上善如水(じょうぜんみずのごとし) 上善如水は、水のようにすいすい飲めると女性にも人気のお酒です。シロクマがキュートなボトルには、ほんのりピンク色のにごり酒が詰められています。香りが穏やかで、飲み手を選ばないこともうれしいポイント。比較的アルコール度数の低い日本酒のため、お家でほろ酔いを楽しみたい女性にも喜ばれますよ。 (出典元:白瀧酒造 株式会社) 1-4.あたごのまつ はるこい 純米吟醸生酒 醸造元の新沢醸造店は、食事と合わせて美味しいお酒「伯来星」で知られる宮城県の酒蔵。限定品の「はるこい」は、フレッシュでジューシーな味わいの生酒です。ほんのりピンクに色づくお酒は、東北に訪れた春のような美しさ。シュワッとしたガス感があるため、「開栓時は吹き出しに気を付けて」とひとこと添えてプレゼントしてくださいね。 (出典元:良酒処 さぶん酒店) 2.こだりわり派の日本酒女子にエレガントな1本 「日本酒が大好き」という女性へのお返しには、エレガントな味わいの日本酒はいかがでしょうか。こちらで紹介するお酒は飲み口も軽く、山菜のようにちょっと苦みのある春の食材とも好相性ですよ。 2-1.花の舞 Abysse(アビス) シックなラベルが目を引く「Abysse」は、「食べるのが好き」「お酒が好き」という方へ贈りたい日本酒です。「洋食に合う日本酒を」というコンセプトのもと、仕込みには白ワイン酵母を使用。白身魚のムニエルや、クリーム煮と合わせても実力を発揮します。300mlから販売されているため、スイーツと合わせてプレゼントするのも良いですね。 (出典元:花の舞酒造) 2-2.山形正宗 純米酒 まろら 「まろら」は、生ハムに合うお酒を造りたいという想いから生まれた日本酒です。仕込みには、ワインで活用されるマロラクティック発酵(MLF)を用いています。やさしい味わいの「まろら」は、温めるとより旨味の増すお酒。燗酒でぽかぽかと体を温めたい女性にもおすすめです。普段は白ワインを好む方にも喜ばれる1本ですよ。 (出典元:水戸部酒造) 2-3.浦霞 純米吟醸生酒 春酣(はるたけなわ) 宮城県の老舗酒蔵として知られる「浦霞」(うらかすみ)。春限定の生酒は、2021年から心躍る春色ラベルにリニューアルしました。できたてそのままの生酒は、フレッシュで清々しい味わい。フルーティーな香りが、どこまでも心地よいお酒です。ホワイトデーにぴったりの生酒は、ぜひほどよく冷やしてお楽しみくださいね。 (情報提供:浦霞醸造元 株式会社佐浦) 2-4.明鏡止水 La Vie en rose(ラ・ヴィ・アン・ローズ) ラ・ヴィ・アン・ローズは「バラ色の人生」を意味するフランス語。金色のラベルが輝く1本は、米のまろやかな旨味を引き出したお酒です。ワイングラスに注ぐと、洗練された香りがより一層花開きます。ホワイトデーのお返しには、バラのブーケと組み合わせてみてはいかが? (出典元:清酒「明鏡止水」大澤酒造) 3.ちょっとしたお返しにかわいいカップ酒 パカッと開けて楽しむカップ酒は、家のみにぴったりの飲みきりサイズ。かわいらしい見た目と裏腹に、中身は酒蔵が自信をもって送り出す本格派です。持ち運びもしやすく、手軽に美味しいお酒をプレゼントしたいときにもおすすめ。ほかとはちょっと差のつくセンスの良いお返しになりますよ。 3-1.ずZOOっと旭山セット 純米酒 ライオンとシロクマ、おさるさんが描かれた旭山セットは、北海道・旭山動物園公認のカップ酒。中身は高砂酒造が造る本格純米酒です。ほのぼのするイラストのカップは、飲んだあともそばに置きたいかわいらしさ。ちょっとしたお菓子とセットでプレゼントするのも良いですね。 (出典元:髙砂酒造株式会社) 3-2.志太泉 にゃんかっぷ ”ワン”カップならぬ”にゃん”かっぷは、ネコが描かれたカップ酒。シャープな黒猫・白猫のように、中身はキレのある純米吟醸です。醸造元の志太泉は、2007年から梅酒の製造も開始。グリーンのにゃんかっぷには、まるごとの梅の実と梅酒が入っています。日本酒と梅酒、富士山ラベルの3本セットもプレゼントにおすすめですよ。 (出典元:amazon) 4.ノンアルコール派には美容成分たっぷりの甘酒を アミノ酸やビタミンB群を豊富に含む甘酒は「飲む点滴」と言われるほど栄養たっぷり。かわいいラベルの甘酒は、ホワイトデーのお返しにもぴったりです。 米と麹でつくる麹甘酒は、日本酒のようにアルコール発酵させないため、アルコール分を含まないことがポイント。お酒が苦手な人でも、ふんわりとした香りと自然な甘みを楽しめますよ。 4-1.古町糀製造所 糀・バラ入り 新潟県の古町糀製造所が造るのは、モダンなデザインと自然な味わいが人気の糀ドリンクです。サクラや柚子、お汁粉風味といった季節限定のオリジナル商品も豊富に並びます。 バラ入りの糀ドリンクは、春の数量限定品。美容に良いと言われる天然のローズウォーターを加えています。白い糀に映える一輪の赤いバラは、ホワイトデーに最適のボトルデザイン。「アルコールはちょっと苦手」という方へのお返しにも、喜んでもらえる1本になりますよ。 (出典元:古町糀製造所) 5.ホワイトデーのお返しはちょっとトクベツな日本酒を 春が近づくホワイトデーシーズンは、贈られた人を笑顔にする春色のお酒が続々と登場します。キュートなカラーの日本酒は、大切な人へのお返しに最適。エレガントな装いのお酒は、日本酒女子も納得の味わいです。気軽に贈りたいプレゼントには、かわいいカップ酒。ノンアルコール派には甘酒も◎。贈る相手の顔を思い浮かべながら、ぜひ日本酒の世界を楽しんでみてくださいね。  

おいしい日本酒の大吟醸おすすめ20選!

日本酒は、原料や製法によって「特定名称酒」と呼ばれる種類に分類されます。日本酒を選んでいるとよく耳にする「大吟醸」もそのひとつです。 大吟醸は、一粒の米を半分以上削って仕込み、低温で熟成させる「吟醸造り」で生まれるお酒。「吟醸香」(ぎんじょうこう)と呼ばれる華やかな香りを持ち、比較的スッキリした味わいが特徴です。 大吟醸とひとくちで言っても、蔵のこだわりによってさまざまな個性を見せるのが日本酒の楽しさ。ここからは、毎日の日本酒ライフを楽しくしてくれる、おすすめ大吟醸20選をご紹介します。 1.日本酒おすすめの大吟醸20選 1-1.雨後の月 大吟醸 月光 小説のタイトルからその名が付いた「雨後の月」。醸造元の相原酒造は、すべてのお酒を大吟醸造りで仕込む吟醸蔵として知られています。「雨上がりの空にさえざえと光り輝く月」をイメージしたお酒は、すっきりと上品なキレ味が特徴です。 「月光」は、ラベルの三日月がキラリと光る特約店限定品。雨後の月ならではの透明感のある味わいが人気です。「香り高いお酒は好きだけど、甘すぎるのは苦手」という方にぜひおすすめしたい、広島の銘酒となっています。 (出典元:IMADEYA ONLINE STORE) 1-2.黒龍 大吟醸 「龍」 200年以上の歴史を誇る黒龍酒造は、吟醸造りの先駆けとも言われる酒蔵です。7代目蔵元は、同じ醸造酒であるワインに興味を抱き、フランスやドイツを来訪。「ワインのように日本酒を熟成できないか」という試行錯誤の末、「龍」は誕生しました。 開栓すると立ちのぼるのは、メロンやバナナを思わせる甘い香り。味わいは実に繊細で、新鮮な魚介類と好相性です。「大吟醸ならコレ!」という日本酒通も多い1本ですよ。 (出典元:IMADEYA ONLINE STORE) 1-3.菊姫 BY大吟醸  原料米に買い付け、蔵の設備に造り手となる蔵人たち。加賀のお酒「菊姫」は、すべてに妥協を許さない蔵の情熱から生まれる日本酒です。高級酒米山田錦はすべてを自社で精米し、できあがったお酒は、広い貯蔵場でじっくり熟成させてから出荷されます。 ご紹介する「BY大吟醸」は、できあがったばかりの大吟醸を瓶詰めした菊姫。若々しい香りとともに、ふっくらとした米の旨味を味わえますよ。フレッシュな大吟醸の美味しさは、ぜひ常温から少し冷やした温度帯でお楽しみください。 (出典元:IMADEYA ONLINE STORE) 1-4.八海山 大吟醸 酒どころ新潟県の代表酒「八海山」。雪国・魚沼の豊かな自然に囲まれた酒蔵では、どこかほっと懐かしくなる、きれいな味わいの酒が造られています。淡麗辛口で合わせる料理を選ばず、食事と一緒にお酒を楽しみたい方にもおすすめです。 普通酒から純米大吟醸まで豊富なバリエーションが揃うなか、「大吟醸」は上品な香りが好まれるお酒。香りはあくまでも穏やかで、繊細な味わいと心地よい余韻を楽しめます。「ちょっと特別な料理と合わせる日本酒を」というときにも、ぴったりの1本です。 (出典元:IMADEYA ONLINE STORE) 1-5.不動 大吟醸 山田錦35% 吊るししぼり 一度火入 「不動」は、平成16年から特約店のみで販売されている限定酒です。醸造元は、千葉県の地酒「仁勇」で知られる酒蔵「鍋店」(なべだな)。お酒をあえて濾さない無濾過を主体とした不動は、フレッシュで力強い味わいが日本酒通に好まれています。 ご紹介する大吟醸は、高級酒米山田錦を35%まで削ったまさに絶品。もろみを詰めた袋を吊るし、一滴ずつこぼれた雫を集めたとても贅沢な1本です。稀少かつ確かな味わいの「不動 大吟醸」は、お酒好きな方への贈り物にもおすすめですよ。 https://www.imaday.jp/c/nihonsyu/1940 (出典元:IMADEYA ONLINE STORE) 1-6.真澄 大吟醸 夢殿 「真澄」は、長野県を代表する日本酒です。350年以上の歴史を誇る老舗蔵でありながら、近年はSNSなどで活発に情報を発信。確かな味わいと斬新なボトルデザインのお酒は、多くの日本酒ファンに愛されています。 「夢殿」は、真澄のなかでも極上ラインにあたる1本。麹の作り方や使用する酵母など、その年の杜氏のこだわりが詰め込まれたお酒です。品の良い香りと旨味は、あっさりとした料理と好相性。普段の料理の味わいを、ワンランクアップさせてくれる大吟醸です。 (出典元:IMADEYA ONLINE...

(後編)日本酒の歴史、昭和から戦後を経て現代までの変遷を解説!

前回は日本酒の起源から明治時代までの変遷を紹介しました。 https://sake-5.jp/history-of-sake-part-1/ 明治以降、戦争によって日本酒の状況というのはどんどん悪くなっていきます。 前編の続きとなる昭和から現代までの日本酒の変遷を見ていきましょう。 1.昭和〜戦後まで 1-1.酒米の王「山田錦」の登場 1930年ごろ、広島県西条町(現在の東広島市)の佐竹利市(精米機メーカーのサタケの創業者)が米の形を保ったまま高度精米ができる竪型精米機を発明し、果実のような吟醸香を持つ酒、「吟醸酒」の製造が容易になり、吟醸造りが飛躍的に発展する機運が高まります。 このとき、現在「酒米の王者」として君臨することになる山田錦が、1936年に兵庫県奨励品種として登場します。 しかし、当初の山田錦はまだ普及、注目もされておらず、戦前の品評会・鑑評会の上位を占める酒には、雄町がもっとも使われていました。 1-2.戦争による様々な規制 1937年、日中戦争が始まると日本酒を取り巻く状況は悪化していきます。酒も原料の米も戦略物資とされ軍需用が最優先となり、品質の良い酒が市場に出回ることがなくなってしまいます。 さらに食用米を確保するため、1938年国家総動員審議会によって酒造米200万石が削減させられ生産は半減、1939年には米穀搗精制限令(通称「精米制限令」)が公布され、精米歩合が65%以上に規制されました。 縦型精米機の発明により飛躍的な発展の可能性がみえた吟醸酒でしたが、この精米歩合の規制によって普及には約30年ほど待つ形になるのです。 精米歩合の制限に加えて、政府のさだめる公定価格によってお酒の値段が統制されることになり、公的価格によって太平洋戦争末期から戦後の混乱期にかけて個々に存在する闇値で取引される、闇市場を作るきっかけとなってしまいました。 戦争を契機に日本酒の需要と供給は大きくバランスが崩れ、酒小売店では酒樽を店頭に出す前に中身に水を加えてかさ増しする店が続出し、金魚が泳げるくらい薄い酒ということで金魚酒と呼ばれた酒もこの時代には存在しています。 1-3.闇酒の横行 戦争によって当時の日本は食糧難、とりわけお米が絶望的に不足していました。 米不足による日本酒の供給が追いつかない一方で、暗い世相を反映して酒類への需要が高まったことで、メチル、カストリ、バクダンといった密造酒が大量に横行することになります。 どぶろくなどの従来の密造酒と比べてアルコール濃度が高く、非常に有害なのが特徴で闇市場で売買されることから闇酒と呼ばれていました。 この闇酒は健康には害であり、多数の犠牲者を出すことになります。 1-4.三倍増醸清酒の登場 闇酒の横行は治安の悪化や酒税による税収の低下など、政府も見過ごせない問題であったため、合法的でなおかつ米を原料としない酒が真剣に研究されていきます。 結果的に米を使わずにお酒を造ることは不可能だったため、政府が採用したのは「三倍増醸清酒」と呼ばれるお酒です。 三倍増醸清酒(三増酒)とは、米と米麹で作ったもろみに清酒と同濃度に水で希釈した醸造アルコールを入れ、これに糖類(ぶどう糖・水あめ)、酸味料(乳酸・こはく酸など)、グルタミン酸ソーダなどを添加して味を調えるお酒です。 醪(もろみ)に様々なものを加えた結果、約3倍増量することができるために三倍増醸清酒という名前がついています。 酒造用米不足を解消するために導入された三倍増醸酒は、米が余るようになった高度経済成長期にも廃止されず、結果として日本酒の消費低迷期を招く原因となります。 2.高度経済成長期 2-1.日本酒=三倍増醸清酒の時代に 高度経済成長期に入ると「もはや戦後ではない」と言われるようになり、「造れば造るだけ売れた」時代になりましたが、様々な問題によって日本酒は三倍増醸酒に淘汰されていく形になります。 問題は戦後にもかかわらず当時の日本はまだ酒造米が配給制であり、良質な日本酒を造ろうと思っても、酒造米の調達が困難なことでした。 さらに公定価格によって、配給制の少ない酒造米からどれだけいいお酒を作っても販売価格は一律おなじになってしまっていたのです。 これらの問題から「造れば造るほど売れる」「よい酒を造っても消費者に見向きもされず、しょせん販売価格は同じになる」という状況になり、生産者も「おいしいものを造る」という企業努力を怠り、三倍増醸清酒による量産主義が主流になります。 公定価格は1939年、酒造米の配給制は1968年まで続くことになりました。 2-2.国民の食生活の変化でさらに状況は悪化 経済的な余裕が生まれてきたことによって、ファッションなどに関心が向き始めた日本人に対し、「お米は太る。パンでスタイルを良くしましょう」という科学的根拠に乏しい宣伝がこのころ盛んに行われました。 その結果、国民の食生活はお米からパンにへの切り替えを中心に、和風から洋風の食生活に変化していきます。 当然、飲まれるお酒も日本酒から洋酒に変わっていきました。 缶ビールの台頭 1950年代後半、ついに缶ビールが発売されます。 缶ビールは自動販売機でも販売されたりと、手軽さが受け、缶ビールの台頭は1980年代日本酒がビールに急速にシェアを奪われるきっかけとなっています。 減反政策による、酒米の絶滅 1961年、主食がパンになったことでお米の総消費量は減少、深刻な米あまり減少を引き起こした結果、減反政策が実施されました。 この減反政策によって、雄町、穀良都、亀の尾など優秀な酒米もしだいに栽培されなくなり、多くの品種が一時絶滅しています。 日本酒の淡麗甘口化 様々なお酒の登場によって、国民の味覚も変化し、それまで飲まれていた日本酒の主流であった「濃醇辛口」から「淡麗甘口」に変遷していきます。 この時期の甘口な日本酒への反動として、1980年代から1990年代にかけて日本酒辛口ブームが到来することになります。 3.1970~80年代 3-1.飲料の低アルコール化 高度経済成長期を経て、かつての「とことん泥酔するまで飲む」というお酒の楽しみ方は変わり、より日常的な微酔が社会のニーズとして求められるようになっていきます。 その社会のニーズを反映して生まれたのが、水割りウイスキーやチューハイであり、ノンアルコールへの出現に至ることになります。 飲料の低アルコール化に伴い、三増酒も見ることはなくなくなっていきました。 1973年には米不足の時代もすでに終わり、増量を増やす目的でアルコールを添加する必要がなくなったため、アルコール添加の量を三増酒よりはるかに減らした本醸造酒が一般市場に登場します。 日本酒は、水で割るという文化がこのときはまだなかったため、低アルコール化の流れに乗り遅れ、さらに消費を低迷させていきます。 3-2.淡麗辛口ブームの到来 1960年代にかけて日本酒の濃醇辛口から淡麗甘口への変遷により、ひとたび三増酒主流からの脱却が始まると、それまでの甘口への反動として「淡麗辛口ブーム」が起こり、約20年ほど続きます。 ブームの火付けは新潟のお酒でおなじみの「越乃寒梅」が雑誌で紹介され、幻の酒として有名になったことで自信をつけた越後流の淡麗なお酒が、日本酒市場へ大規模な売り込みが行われたことがきっかけです。 それまで主流だった灘や伏見の大手メーカーによる酒が甘くくどくなっていたことに消費者が飽いていた反動として、この淡麗辛口な日本酒は人気を得ます。 新潟県はもともと全国有数の米どころであり、消費者から見ても米と酒のイメージが結び付きやすかったことから、新潟酒は商業的にも成功をおさめ、「酒は新潟に限る」といった今日のイメージがあります。 この傾向を見た他県の酒蔵も、次々と淡麗辛口へと路線を変更していき、やがて日本中で淡麗辛口の酒が造られるようになっていきます。 香りを引き出し味をスッキリさせるために行なわれていたアルコール添加も、製成酒を辛くするのが目的で行なう蔵も現れました。 4.1990年代 4-1.吟醸酒の普及 1970年代には醪(もろみ)造りの工程における温度管理の技術が飛躍的に発達し、また協会7号や協会9号などの吟醸造りに適した酵母が頒布されたことで、ようやく少量ずつ市場へも出荷され始め、吟醸酒は消費者に受け容れられていきます。1980年代には広く一般に流通するようになり、バブル景気ともあいまって吟醸酒ブームを生みました。 すでに1930年代前半に誕生しながらも、戦中戦後の困窮によって日の目を浴びることがなかった吟醸酒がついに普及し始めます。 また、この吟醸酒ブームに乗じて、さまざまな吟醸香を醸し出す酵母の開発が行われました。 5.2000年代 5-1.日本食ブームと吟醸酒の国際化 バブル期の揺り戻しであった平成不況から2006年には、淡麗辛口ブームも終焉し、伝統的な日本料理が再評価されるにつれて、昨今では濃醇系の日本酒もシェアを回復してきていますが、日本酒全体の消費は未だ長期低迷しています。 その間にも、日本酒の品質向上に向けての試行錯誤、技術改良がさまざまに重ねられてきた結果、古代に日本酒が醸されて以来、特に吟醸酒(吟醸系の酒)の品質は、史上最高水準に達していると言われています。 国内での日本酒の消費低迷に反して、世界市場において日本酒の高品質が評価され始め、日本酒の輸出量は年々倍増しています。 日本食ブームに伴って2000年代の吟醸酒ブームの中心は、日本ではなくアメリカ合衆国・フランスを中心とした世界に移ったと言われています。 イギリスでは2007年、日本料理人気の高まりを反映して、伝統あるワインコンテストである「International Wine Challenge」に、新たに「SAKE」部門が設置されました。 まとめ 昭和から2000年代に至るまで日本酒の歴史の変遷を紹介しました。 現在、日本酒は昔ながらの正統な味や質の継承と復活もさることながら、輸出の伸張と国内消費の回復をめざして、2017年時点、次のような方向で多様な模索が続けられています。 コロナウイルスによって、日本酒業界としては芳しくない状況が続いていますが、今日も蔵元の方々は「よりおいしいお酒」を目指し研鑽を積んでいます。

化粧水にも使われる日本酒の魅力!日本酒を使ったオススメ化粧水もご紹介♪

日本酒はただ飲むだけではなく、化粧水として使われているのをご存じでしょうか。意外にも日本酒は古くからスキンケアとして使われていた歴史があるそうです。 昨今では各蔵元が日本酒の技術を応用して、さまざまな化粧水を売り出しています。女性はもちろん、男性からも人気が高まっているそう。 そこで今回は日本酒で作られた化粧水の効果について解説していきます! 1.日本酒の化粧水とは? 日本酒の化粧水とは文字通り、日本酒を使った化粧水・スキンケア商品のことです。日本酒は一部では昔から美容にいいとされていました。しかし、現代にいたるまでその効果に注目されることは少なかったそうです。 本格的に日本酒の化粧水が作られるようになったのは昨今に至ってのこと。日本酒作りの職人の肌がキレイだったことが、化粧水作りへのヒントになったといわれています。 1-1.日本酒化粧水の効果 日本酒の化粧水で最も期待できるのは保湿効果といわれています。日本酒には肌への有効成分アミノ酸が大量に含まれているそう。このアミノ酸が肌を表面を覆い、高い保湿力を発揮するとされています。 乾燥しやすい冬場の時期、寝る前などに使いたい化粧水ですね。欠点としては商品によって日本酒の香りが残っていること。人によっては肌につけるのに抵抗を感じる場合があるかもしれません。もちろん、日本酒の香りを抑えた商品もあるので、好みのものを探してみるといいでしょう。 1-2.敏感肌でも使用できる? 化粧水で気になるのは、やはり敏感肌に使えるかどうかですよね。日本酒の化粧水が敏感肌の人に使えるかは個人差があります。体質によってはアルコールによって肌が赤くなることもあるそうです。 日本酒の化粧水が自分の肌にあっているかは、事前に専門家の意見を聞いたほうがいいでしょう。使用後に肌の以上が見られた場合も、すみやかに皮膚科に相談することをおすすめします。 2.日本酒化粧水はシミに効果がある? 日本酒の化粧水といっても、商品によって成分はさまざまです。なかにはシミ、そばかすに効果があるとうたった商品もあります。とくに日本酒成分、酒かす成分が高いものはシミへの効果が期待できるそうです。 ただし、肌の症状は個人差もあり、必ずしも効果があるとはいえません。自分の肌質にあった商品を探すことが最も肝心といえるでしょう。 3.オススメの日本酒化粧水7選 3-1.ほまれ化粧水 「ほまれ化粧水」は酒蔵の女将が手がけたという日本酒化粧水です。福島の地酒として名高い「会津ほまれ」を配合。あわせて肌に効くとされる精油、美容成分も含んでいるそうです。 その最大の効果は高保湿とのこと。肌がうるおい、いわゆるモチ肌に期待できるといわれています。オシャレなボトルと、1,000円前後で買えるお値打ち価格も魅力です。 3-2.菊正宗 日本酒の化粧水 透明保湿 日本酒業界でも名が知られている菊正宗。その酒造元が開発しているのが「菊正宗 日本酒の化粧水 透明保湿」です。500mlの内容量に日本酒一升分のアミノ酸を詰め込んでいるとのこと。使用感が軽いと好評です。 菊正宗の化粧水にはいくつかラインナップがあります。今回の「透明保湿」は浸透のしやすさが売り。夏場でもベタつかず、使い勝手がいいといわれます。老舗酒造ならではのこだわりある商品です。 3-3.鶴の玉手箱 薬用 大吟醸のうるおい化粧水 「鶴の玉手箱 薬用 大吟醸のうるおい化粧水」は神戸の老舗メーカー「白鶴酒造」の目玉商品。大吟醸「翔雲」の成分をベースに、コラーゲンを配合しているそうです。しっとり肌を保つ効果が期待できるとのこと。 女性のスキンケアはもちろん、男性のシェービングの仕上げとしても使われる商品です。無香料なので、化粧水の匂いが気になる人にもおすすめできます。 3-4.高清水 酒屋のスキル 化粧水 「高清水 酒屋のスキル 化粧水」は秋田の地酒ブランド「高清水」をベースにした商品。高清水のコメ発酵液、秋田の自然由来の成分を配合しているそうです。9種の必須アミノ酸が含まれており、浸透効果が抜群なのだとか。 保湿効果も長いため、とくに乾燥肌に悩んでいる人におすすめの商品といわれます。ポップなパッケージで、ギフト用としても人気の化粧水です。 3-5.上善如水 モイスチャーローション 「上善如水」の銘柄で知られる白瀧酒造の高級化粧水が「上善如水 モイスチャーローション」です。酒粕エキス、ヒアルロン酸をはじめ、各種有効成分を配合。肌のコンディションを整えてくれるとされています。 少量ですぐに馴染み、さっぱりした使用感が心地いいと人気。夏場でも使いやすい化粧水です。 3-6.蔵元美人 白米発酵酒粕化粧水 「蔵元美人 白米発酵酒粕化粧水」は栃木の外池酒造が作るスキンケア商品の1つ。酒粕、コメ発酵液といった日本酒由来の成分をふんだんに使っているのが特徴です。透明感のある肌を実現するのに期待できるといわれています。 塗ったときの伸びがよく、世代を問わず人気の商品です。合成香料などを使っていないので、肌が弱い人にもおすすめできます。 3-7.福光屋 純米酒 すっぴん 「福光屋 純米酒 すっぴん」は化粧水ではなく、正真正銘の日本酒。しかし、肌につけることが可能とされており、化粧水、パックの代用にできるそうです。お風呂に入れれば、体が温まりデトックス効果もあるのだとか。使い道が幅広い商品です。 厳選された上質な米と湧き水のみで作られているため、化学成分が気になる人も安心して使えます。 4.まとめ 日本酒の成分を使った化粧水について紹介しました。日本酒には美肌に効く成分が多く含まれているそうです。各酒造会社は自慢の日本酒の知恵を活かし、さまざまな化粧水を開発。今なお新しい商品が次々と発売されています。 もし、日本酒の化粧品を気になった人は、自分の肌質にあったものを探してみてください。知られざる日本酒のパワーを実感できるはずです。

(前編)日本酒の歴史、起源から明治時代までの変遷を解説!

(サムネイル出典元:日本酒の造りと飲酒文化の歴史) お米と水を使って造られるお酒「日本酒」。 日本酒の起源はいったいどこから始まったのでしょうか? そしてどのような歴史を辿って今にいたるのでしょうか? この記事では、日本酒の起源と明治時代の日本酒のあり方に至るまでの歴の変遷を解説します。 1.日本酒の起源は「八塩折之酒」と「口噛みノ酒」の2説 米と水を使って造られる日本酒の起源は、諸説ありますが稲作が始まった弥生時代であると現在では考えられています。 現存している史料が残っていないため、決定的な証拠としての書紀などはないのですが、現存している史料から有力とされているのは「八塩折之酒」と「口噛みノ酒」の2説です。 1-1.八塩折之酒(やしおおりのさけ) 「八塩折之酒」はほとんど伝説のようなお話ですが、「日本書紀」に須佐之男命(すさのおのみこと)が首が8つある大蛇、八岐大蛇(やまたのおろち)を退治するために八塩折之酒(やしおおりのさけ)という8度にわたって醸す酒というものを造らせる記述があります。 実際の酒質等に関する記述などはなく、疑問点も未だに多いですが、日本酒の起源を考える上で非常に興味深い史料の1つとされています。 1-2.口噛みノ酒(くちかみのさけ) 米を原料としたお酒として断定できる記述が初めて見つかったのが「大隅国風土記」です。 現在の鹿児島県東部に位置する大隅国では、水と米を用意して生米を噛んでは容器に吐き戻し、一晩以上の時間をおいて酒の香りがし始めたら全員で飲む風習があり、これが「口噛みノ酒」とされています。 生米を噛むことで、唾液中の澱粉分解酵素であるアミラーゼ、ジアスターゼを利用し、空気中の野生酵母で発酵させる原始的な醸造法です。 酒などを造る意味の「醸造」の「醸」は、「醸(かも)す」と読みますが、これは口噛みノ酒の「噛」が語源ではないかという説もあります。 2.飛鳥時代から奈良時代にかけての酒造り 飛鳥時代後期に「飛鳥浄御原令」という法典が敷かれ、宮内省の造酒司(さけのつかさ / みきのつかさ)に酒部(さかべ)という部署が設けられました。ここから大宝律令によって、日本酒の醸造は体系化されていきます。 酒部は部署名でもありますが、今日の杜氏(とうじ)にあたる醸造技術者も指していました。 ちなみにこの頃から奈良時代にかけての朝廷によって作られているお酒は、まだ人々には広まっておらず、あくまで楽しめるのは特権階級に位置する人のみでした。 3.鎌倉時代から、安土桃山時代にかけての酒造り 3-1.鎌倉時代 鎌倉時代に入るまで、お酒というのは一部の特権階級の人だけが楽しめる嗜好品でした。 しかし、鎌倉時代に入ると流通も盛んになり貨幣経済が全国的に浸透してくることによって、お酒はお米と同等の価値を持つ商品として人々に流通することになります。 お酒の流通にともなって、現在でも日本酒では有名な京都の伏見を中心に自前の蔵で酒を造り、その販売を行う酒屋、いわゆる「造り酒屋(つくりざかや)」が主流となっていました。 日本酒が流通していく一方で、幕府では租税の確保や武家的な禁欲思想にもとづいて、たびたび酒の売買や製造を禁止とする政策がだされています。 中でも1252年に出した「沽酒の禁」は徹底しており、一軒につき一個のみを残して醸造・保管用の甕(かめ)を破壊させるという手法をとりました。 3-2.室町時代 室町時代にかけて造り酒屋の数はさらに増えていきます。 鎌倉幕府の沽酒の禁は、室町時代では廃止され、室町幕府は酒造業者たちに課税を求め、酒造業を幕府の財源とする方針に変わりました。 当時の酒屋には資本力があり、それまで酒屋とは別の職業であった麹造りにも進出し、従来の麹屋と対立した結果、1444年の麹騒動という武力衝突にまで発展し、その結果、京都における麹屋という専門職は滅亡し、以後、麹造りは酒屋業の一工程へと吸収合併された形となっています。 室町時代初期に書かれた『御酒之日記(ごしゅのにっき)』には、すでに今日の段仕込みや、乳酸菌発酵の技術、火入れによる加熱殺菌、木炭による濾過などについての記述があります。 基本的に、酒造りは京都を中心として造られていましたが、京都以外でも酒屋が現れ、京都の酒屋から「他所酒(よそざけ)」と呼ばれて警戒されていました。 実はこの他所酒こそが、のちの日本の酒文化の中核をなす地酒の出発点にもなっているのです。 3-3.安土桃山時代 日本酒の国外での最初の記述 安土桃山時代では、初めて日本酒についての記述が国外にでることになりました。 一番最初は、日本にキリスト教の布教をしたフランシスコ・ザビエルです。1552年、イエズス会の上司へ宛てた手紙の中で、「酒は米より造れるが、そのほかに酒なく、その量は少なくして価は高し」と、日本酒に関してヨーロッパ人として最初の報告を書いています。 また織田信長に接して多くの記録を残した宣教師ルイス・フロイスも1581年に「我々は酒を冷やすが、日本では酒を温める」などの情報を本国に書き送っています。 ルイス・フロイスの記述から、この頃からすでにお酒を温めて飲む「熱燗」の文化があったのではと考えられています。 これらの日本酒の評価は、自国で飲まれていたお酒であるワインとの比較がされています。 古酒から新酒が主流に このころ以前は、新酒よりも、古酒が圧倒的に高級とされ値段も高かったとされています。 しかし酒の大量生産が可能になると、酒を輸送するのに用いられるコンテナも、壺や甕ではなく樽が主流になりました。 古酒は密閉されてこそ酒質が保たれ、壺や甕はそのために工夫されて発達してきた醸造器でしたが、樽では密閉が効かず、そのため古酒が流通しにくくなった結果、新酒の需要が増えていき、新酒が飲まれるようになっていきました。 ちなみに、安土桃山時代に焼酎、南蛮酒、泡盛、ヨーロッパからワインなど、様々な酒文化が日本に入ってきています。 4.江戸時代 4-1.日本酒の輸出 江戸時代に日本酒は、朱印船貿易により東南アジア各地に作られた日本人町やその国の王族などへ輸出されていきます。 とくにオランダ東インド会社の拠点であったバタヴィア(現在のインドネシアの一部)では、日本酒は定期的に入荷され、人々の暮らしの一部とし必須なものとなりましたが、ヨーロッパ(おもにオランダ)から届けられるワインに対して日本酒はアルコール度数が若干高いがために、バタヴィアを始めとした東南アジアにおいては、日本酒は食前酒、ワインを食中酒として飲むという独自の食文化の伝統が生まれることになりました。 4-2.四季醸造 江戸時代初期には、四季醸造と名づけられる技術があり、新酒、間酒(あいしゅ)、寒前酒(かんまえざけ / かんまえさけ)、寒酒(かんしゅ)、春酒(はるざけ)と年に五回、四季を通じてお酒が造られていました。 酒造りは大量の米を使うために、米を中心とする食料の供給とつねに競合してしまいます。 1667年、それまでの寒酒の仕込み方を改良した寒造りが確立されると、1673年には米の不作を原因とする酒造統制の一環として寒造り以外の醸造が禁止され、これにより四季醸造はしばらく途絶えることになります。 1754年に米の豊作によって、四季醸造は復活の機会を得ますが、もはや四季醸造の技術を有している杜氏がいなかったため、四季醸造の技術は江戸時代の終わりまでに消滅しました。 今でこそ、季節を問わず造られている日本酒ですが、四季醸造が復活できたのは昭和時代の工業技術によるものでした。 5.明治時代 5-1.酒米の開発 米の使用用途の比重として、酒造りが大きくなってきた地方では、食用でなく酒造りに向いている米、いわゆる酒米の探究が盛んに行なわれるようになっていきました。 1860年に醸造適性のある品種「伊勢錦」を皮切りに、1866年に備前雄町、1877年に神力(しんりき)、などが酒造好適米として品種特性が固定されていきます。 5-2.ビール、ワインとの競合 明治時代、日本酒にさまざまな課税が課されている一方、政府は世界のトップに立っていたヨーロッパに追いつくために、欧化政策の一環として国民に西洋の酒類をより多く消費させようとして、当初ビールやワインに対しては日本酒に対するような重い課税を行なわなかったため、日本に急速にビールが浸透していきました。 1901年、ビールも課税対象になりましたが、ワインはいまだに無税となっていました。 それ以後太平洋戦争末期にかけて、日本酒には造石税・物品税・庫出税などさまざまな課税がなされていく一方で、ワインは醸造免許にかかわる税のみで、商品に対する酒税は免除されています。 このことがビール・ワイン業界の基礎体力ともいうべきものを温存し、戦後の復興もスムーズになったと考えられています。 昭和時代後期から現在におけるビール・ワインの酒類消費シェアの拡大の裏には、明治初年の欧化政策が深く関係していたのです。 5-3.醸造業の近代化 明治時代は醸造業の安定的な生産が飛躍的に進歩しました。 近代以前は生酛によって良い酒ができても「同じものをまた造る」ということが不可能に近く、1890年代でも、仕込んだ醪のうち10%はできあがる前に腐ったり(腐造)、火落菌によってだめになったり(火落ち)、おかしくなったり(変調・変敗)、すっぱくなったり(酸敗)することが前提としてお酒は造られていました。 1895年に日清戦争に勝利した明治政府は日清戦争で獲得した賠償金などの余力を、醸造業の近代化に投資しました。 当時、国家の歳入のうち、酒税が占めている部分は非常に大きく33%と税収の中でもトップになっています。酒税による税収を安定させるためにも、醸造業の近代化は国家戦略の一部として取り組まれました。 1904年には大蔵省の管轄下に国立醸造試験所(現・酒類総合研究所)が設立され、1909年には同試験所で山廃酛が開発され、翌1910年には速醸酛が考案されており、現在の酒造りにも大きく貢献しています。 日本酒の審査として、いまではおなじみの「全国新酒鑑評会」も明治時代に第一回をスタートしています。 5-4.瓶詰め 当時、日本酒というのは基本的に地産地消であり、いまでいう地酒が流通することはありませんでした。 それゆえに、当時の日本酒の楽しみ方というのは祭礼などの場に地元の酒が四斗樽で運ばれて皆で自由に飲むか、比較的に裕福な階層が自前の徳利などを携えて酒屋へ行き、酒屋は店頭に並べた菰(こも)かぶりの酒樽から枡で量り売りをするのが通例となっていました。 明治後期から徐々に酒は瓶で売られるようになり、生産された町や村を離れて流通するようになっていきます。 この瓶詰めは食生活にも変化をもたらし、酒屋から瓶で買ってきた自分の好みの銘柄を晩酌として、食事や肴とともにたしなむという、現在の日本酒の消費形態の土台にもなっています。 まとめ 日本酒の起源から、明治時代の醸造技術の近代化までを見てきました。 いま、わたしたちが当たり前のように日本酒を楽しめている背景にはさまざまな歴史の変遷があります。 時代の流れに思いを馳せながら飲む日本酒もまた格別なのではないでしょうか。 昭和時代から現代までの変遷を解説している後編はこちらから! https://sake-5.jp/history-of-sake-part-2/

日本酒を販売したいと思ったときは?2種類の免許を紹介!

「日本酒が大好きだし、自分が応援したい蔵元さんもいるし、日本酒を販売してみたい!」と思われる方も中にはいるのではないでしょうか。 今回は日本酒を販売するにはどうすればいいのか、紹介していきます。   1.日本酒販売には免許が必要 まず日本酒を販売するためには免許が必要です。 日本酒販売に必要な免許は「一般酒類小売業免許」と「通信販売酒類小売業免許」があります。 これらの免許は消費者、料飲店営業者又は菓子等製造業者に対し、お酒を継続的に小売りすることができる免許となっています。 逆に酒類製造業者や同業にあたる酒類小売業者には売ることはできないので、要注意です。 この2つは日本酒を販売する形態によってどちらが必要なのかが変わります。 一般酒類小売業免許と通信販売酒類小売業免許、それぞれどのような免許なのか、取得方法なども含めて紹介します。 2.一般酒類小売業免許とは 一般酒類小売業免許とは「店舗などの販売場において、原則としてすべての品目のお酒を小売することができる」免許になります。 かんたんに言いますと、コンビニエンスストアや酒屋など、販売所を構えた状態で日本酒を売りたいと思った場合などはこの免許が必要になります。 2-1.一般酒類小売業免許の要件 一般酒類小売業免許を取得するにはいくつかの要件が必要になります。 必要になる要件というのが 人的要件 場所的要件 経営基礎要件 需給調整要件 の4つです。一般酒類小売業免許はこの4つすべての要件を満たしている必要があります。 それぞれの項目について解説します。 人的要件 人的要件とは、下記の6点に該当する人には許可がおりないという要件です。 1 酒税法の免許、アルコール事業法の許可を取り消されたことがない 2 法人の免許取消し等前1年内に業務執行役員であった者で、取消から3年を経過している 3 国税・地方税に関する法令により罰金刑や通告処分を受けてから3年を経過している 4 未成年者飲酒禁止法や風俗営業等適正化法、刑法等により、罰金刑に処せられてから3年を経過している 5 禁錮以上の刑の執行が終わった日や執行がなくなった日等から3年を経過している 6 免許の申請前2年内に、国税又は地方税の滞納処分を受けていない (出典元:酒類販売業免許の安心取得センター) 場所的要件 場所的要件とは、酒類販売を行われる予定の場所が、適切か否かを判断する要件です。 1 お酒の製造場や他の販売場、料理店と同一の場所でない 2 販売場の区画や販売従事者、レジなどが他の営業と明確に区分されている (出典元:酒類販売業免許の安心取得センター)   経営基礎要件 営業するのに十分な知識や資金があるかどうかを判断する要件になります。 1 免許の申請者が破産者で復権を得ていない場合に該当しない 2 その経営の基礎が薄弱であると認められる場合に該当しない 2については、次の①~⑨で判断します。 ① 国税若しくは地方税を滞納していない ② 申請前1年以内に銀行取引停止処分を受けていない ③ 最終事業年度における確定した決算に基づく貸借対照表の繰越損失が資本等の額を上回っていない (注) 「資本等の額」…(資本金+資本剰余金+利益剰余金)-繰越利益剰余金 で計算されます。 ④ 最終事業年度以前3事業年度で、資本等の額の20%を超える額の欠損を生じていない (注)直近3事業年度内に、資本金20%≧欠損額が一度でもあれば問題ありません。 ⑤ 「酒税に関係のある法令の違反による通告処分等を受けていない ⑥ 建築基準法や都市計画法等の違反による店舗の除去等を命じられていいない ⑦ 酒類の適正な販売管理体制が構築されることが見込まれる ⑧ 適正に酒類の小売業を経営するに十分な知識及び能力を有すると認められる者である ⑨  資金や施設及び設備を有している、又は必要な資金を有し免許の付与までに施設及び設備を有することが確実と認められる (出典元:酒類販売業免許の安心取得センター)   需給調整要件 需給調整要件とは、酒類の仕入れ・販売が適正な方法で行えるか、販売時に品質・価格などが適正に保たれるか、などについての要件です。 1 販売先が原則としてその構成員に特定されている法人又は団体でない 2 免許の申請者が酒場、旅館、料理店等酒類を取り扱う接客業者でない (出典元:酒類販売業免許の安心取得センター) 2-2.一般酒類小売業免許取得、販売までの流れ 一般酒類小売業免許を取得するまでの流れを解説します。 STEP1.酒類指導官付職員に相談する 要件の確認や提出する書類などについての相談を事前にします。 酒類指導官設置税務署に行って指導を受け、問題がなければ申請に進むことができます。 STEP1.免許要件を満たしているかの確認 申請をする上で上記の4つの要件を満たしているかを確認しましょう。 STEP2.申請書の作成と添付書類の収集 税務署に提出するための書類を作成、収集します。 収集する書類は、営業所土地の履歴事項全部証明書(登記簿謄本)や住民票などで、作成する書類は、免許申請書や収支見込書などがあたります。 STEP3.税務署へ申請 すべての申請書類が揃ったら、販売場を設置する場所の所轄税務署へ申請します。 場合によって、免許前に酒類販売管理者の酒類販売管理研修の受講をする場合があるので、できるだけ事前に受講するようにしましょう。 STEP4.税務署の審査期間 酒類小売業免許の審査の標準処理期間は2カ月です。途中で追加書類の提出を求められたり、現地確認などを行なったりすることも多くあります。 STEP5.免許付与等の通知 審査の結果、一般酒類小売業免許が付与される場合には、申請者に書面で免許付与等の通知が届きます。 ※免許がおりない場合も書面により通知があります。 STEP6.登録免許税の納付 販売場1箇所につき、3万円の登録免許税を納付します。 STEP7.販売開始! 酒類の小売業として、販売開始することができます。 免許を受けた後は、酒類販売管理者を遅滞なく選任し、選任から2週間以内に所轄税務署長を経由して財務大臣に届け出なければなりません。 3.通信販売酒類小売業免許とは 2都道府県以上の広範な地域の消費者等を対象として、インターネット、カタログ等を用いてお酒を小売りするのが、この通信販売酒類小売業免許です。 また、注意点としてこの免許は「2都道府県以上の広域な地域」を対象としているため、同一都道府県内で通信販売等を行う場合には、通信販売小売業免許ではなく先ほど解説した「一般酒類小売業免許」が必要となります。 そして、販売できるお酒は 1 品目ごとの年間課税移出数量が、すべて3000kl未満である製造者が製造、販売するお酒 2 輸入酒 に限定されます。 課税移出数量というのは、「製造して課税されるお酒の総量」のことです。 つまり、通信販売酒類小売業免許により販売できるお酒は、一般の酒販店では通常購入することが困難なお酒(例えば、生産量の少ない地酒や地ビール、輸入酒等)に限られています。 3-1.通信販売酒類小売業免許の要件 通信販売酒類小売業免許も一般酒類小売業免許と同様に4つの要件があります。 人的要件 人的要件は販売をする人や販売会社の役員等が、取消や刑罰等を受けていないかを確認します。   1 酒税法の免許、アルコール事業法の許可を取り消されたことがない 2 法人の免許取消し等前1年内に業務執行役員であった者で、取消から3年を経過している 3 国税・地方税に関する法令により罰金刑や通告処分を受けてから3年を経過している 4 未成年者飲酒禁止法や風俗営業等適正化法、刑法等により、罰金刑に処せられてから3年を経過している 5 禁錮以上の刑の執行が終わった日又は執行がなくなった日等から3年を経過している 6 免許の申請前2年内に、国税又は地方税の滞納処分を受けていない (出典元:酒類販売業免許の安心取得センター) 場所的要件 通信販売酒類小売業免許はネットなどでの販売を主とするため、場所的要件は非常に単純です。 ・お酒の製造場や他の販売場、料理店と同一の場所でない この1つのみになります。 経営基礎的要件   1 免許の申請者が破産者で復権を得ていない場合に該当しない 2 その経営の基礎が薄弱であると認められる場合に該当しない (出典元:酒類販売業免許の安心取得センター) 経営基礎的要件は営業するのに十分な知識や資金があるかどうかを判断します。 具体的には、申請者等が次の①~⑩に該当するかどうかで判断します。   ① 国税若しくは地方税を滞納していない ② 申請前1年以内に銀行取引停止処分を受けていない ③ 最終事業年度における確定した決算に基づく貸借対照表の繰越損失が資本等の額を上回っていない (注) 「資本等の額」…(資本金+資本剰余金+利益剰余金)-繰越利益剰余金 で計算されます。 ④ 最終事業年度以前3事業年度で、資本等の額の20%を超える額の欠損を生じていない (注)直近3事業年度内に、資本金20%≧欠損額が一度でもあれば該当します。 ⑤ 酒税に関係のある法令の違反による通告処分等を受けていない ⑥ 建築基準法や都市計画法等の違反による店舗の除去等を命じられていいない ⑦ 酒類の適正な販売管理体制が構築されることが見込まれる ⑧ 適正に酒類の小売業を経営するに十分な知識及び能力を有すると認められる者である ⑨ 所要資金があり、販売方法が適正で、「未成年者の飲酒防止表示基準」を満たしている ⑩ 購入者が未成年でないことを確認できる手段を講ずる (情報提供:酒類販売業免許の安心取得センター) 需給調整要件 この要件にって、通信販売酒類小売業では販売できるお酒の範囲が以下のものに限定されます。 1 品目ごとの年間課税移出数量が、すべて3000kl未満である製造者が製造、販売するお酒 2 輸入酒類 需給調整要件によって輸入酒以外であれば、大手製造メーカーの製造するお酒をインターネット等で販売することはできない、ということですね。 3-2.通信販売酒類小売業免許を取得、販売までの流れ 通信販売酒類小売業免許を取得、販売までの流れの流れを紹介します。 STEP1.蔵元を探す 輸入ではなく国内で造られたお酒を販売する場合、「通信販売酒類小売業免許」の申請時には、蔵元からの合意書や証明書が必要です。 そのため、最初にすべきなのは蔵元探しになります。 蔵元からの証明書は、ネットショップの酒類販売では一番の要ともいえる大切なものです。免許申請時には、『年間移出量の証明書』などの証明書類を提出する必要があります。 この蔵元を探すタイミングで重要なことは、「品目ごとの年間課税移出数量が、すべて3000kl未満である製造者が製造、販売するお酒」であることなので、この部分には注意しましょう。 STEP2.所轄税務署で申請書など書類を受け取る 税務署には案内用パンフレットがないケースも多いため、可能であれば担当職員から直接、申請の流れや注意点について教えてもらうことをおすすめします。 STEP3.蔵元から合意書を入手し、所轄税務署に提出 依頼した蔵元さんから合意書をいただき、所轄税務署に提出しましょう。 STEP4.申請書と必要書類、蔵元からの証明書を提出する 所轄税務署で1.2ヶ月ほどの審査期間が発生します。 途中で追加書類の提出を求められたり、現地確認などを行なったりすることも多くあります。 STEP5.免許付与等の通知 審査の結果、一般酒類小売業免許が付与される場合には、申請者に書面で免許付与等の通知が届きます。 ※免許がおりない場合も書面により通知があります。 STEP6.登録免許税の納付 3万円の登録免許税を納付します。 STEP7.販売開始! 以上の工程を踏まえてネットでの販売が可能になります! まとめ 「一般酒類小売業免許」と「通信販売酒類小売業免許」の取得方法などについて、紹介しました。 もし日本酒好きということから、日本酒を自分で販売してみたいと思ったときは、免許取得を目指してみてください!

いいね👍 フォロー💘 お願いします!

32ファンいいね
57フォロワーフォロー

人気の記事

日本酒界のレジェンド「十四代」を解説!歴史から銘柄・購入方法まで

希少性の高さから「幻の酒」と呼ばれている日本酒ブランド「十四代」。その味わいは実に繊細で奥深く、多くの日本酒ファンを魅了してやみません。純米大吟醸「龍泉」を筆頭にプレミアム銘柄がそろい、ネット上では数十万円の値で取引されることもあるほど。 こちらでは、日本酒好きであれば一度は味わいたい十四代の魅力と価格帯、保存方法などについてご紹介します。 1.日本酒の十四代とは 今回は酒どころ・山形生まれの人気銘柄「十四代」について、詳しく紹介していきます。有名な銘柄のため「十四代」自体は知っている人も多いと思いますが、その酒造元から種類や金額、飲み方まで掘り下げて解説していきます。 1-1.酒造元について 「十四代」を醸造するのは、山形県村山市の酒蔵「高木酒造」。創業は1615年と、その伝統と歴史は実に400年以上。当初は「朝日鷹」という名前の日本酒を造っていました。 今や日本酒の最高峰となった「十四代」は、現在代表者であり、杜氏でもある高木顕統氏の手によって生まれたお酒です。 (イメージ画像です) 1-2.十四代という名の由来 「十四代」という名前は、14代目の高木辰五郎氏から高木顕統(あきつな)氏に15代目当主が受け継がれたのち、顕統氏が初めて杜氏を務めた日本酒に十四代と名付けたと言われています。 また、高木辰五郎氏の代で、「十三代」「十四代」「十五代」「十六代」といった名前を商標登録に出願したところ、なぜか「十四代」だけが登録を許可されたという話もあります。通常であれば数字は商標登録として認められない中、「十四代」だけがなぜ登録査定されたのか、はっきりとした真相は今でも明かされていません。 やがて蔵を引き継いだ15代目高木顕統氏は、新しく誕生した日本酒に「十四代」の名を引き継がせます。父である14代目の想いと共に送り出した日本酒は、「芳醇旨口」の代表格としてまたたくまに評判を広げたのでした。 1-3.十四代は入手困難? 「十四代」が幻の酒と言われる理由は、入手の難しさにあります。特約店に入荷されても販売は抽選になることが多く、必ずしも購入できるわけではありません。その人気の高さからネット通販では価格が跳ね上がり、中には十万円から数十万円で取引される銘柄もあります。 2.十四代の購入方法 十四代は、その人気の高さから非常に入手困難とされる日本酒です。ネット通販では定価の倍以上の価格で取引され、日本酒通であっても飲食店で出会うことは稀だと言われています。 こちらでは、幻の日本酒である十四代の購入方法についてご紹介します。 2-1.十四代が購入できる実店舗 通常の酒屋で見かけることのない十四代は、全国の特約店で購入する事が可能です。しかし、十四代は非常に希少性が高いため常に在庫があるわけではありません。入荷時も抽選販売となることが多く、購入には他の商品との抱き合わせや常連であることが優先される場合もあります。 こちらでは十四代を取り扱っている店舗を掲載していますが、購入を希望される際は、事前に店舗へ問い合わせてみることをおすすめします。 店舗名 住所 URL 地酒専門店 鈴傳 東京都新宿区四谷1-10 http://suzuden-sake.com/index.html かき沼 東京都足立区江北5-12-12 http://www.kakinuma-tokyo.co.jp/ かだた夜酒店 東京都品川区小山5-19-15 https://www.kagataya.net/ はせがわ酒店 東京都千代田区有楽町2-10-1東京交通会館5F https://www.hasegawasaketen.com/ 味ノマチダヤ 東京都中野区上高田1-49-12 http://www.ajinomachidaya.com/ 伊勢勇 東京都中野区鷺宮3-35-3 http://www5a.biglobe.ne.jp/~iseyu/index.html 小山商店 東京都多摩市関戸5-15-17 https://www.jizakenokoyama.co.jp/ 酒舗まさるや 東京都町田市鶴川6-7-2-102 http://www.masaruya.com/ 横浜君嶋屋 神奈川県横浜市南区南吉田町3-30 https://kimijimaya.co.jp/ 銀座君嶋屋 東京都中央区銀座1丁目2-1 紺屋ビル1F https://kimijimaya.co.jp/ 恵比寿君嶋屋 東京都渋谷区恵比寿南1丁目6-1 アトレ恵比寿 西館4F https://kimijimaya.co.jp/ (出典元:十四代 特約店) 2-2.十四代が購入できる通販サイト 店頭に並ぶことが珍しい十四代は、ネット通販でも購入することが可能です。しかし、価格は300mlで1万円以上、1800mlの人気銘柄であれば10万円近くすることも珍しくありません。 また、ネット購入する時に注意しなくてはいけないのが賞味期限です。新鮮な米の旨味が特徴の十四代には、飲みきり期間が推奨されているものもあります。 十四代の幻の味を堪能するためにも、購入前には瓶詰された年月日とともに、保存状態を確認するようにしましょう。 3.十四代の種類と値段について 醸造元の高木酒造は公式ホームページを持っていないため、十四代は発売日や定価が分かりにくいお酒となっています。 1本あたりの定価が3,000円から5,000円であっても、特約店の購入には他の商品との抱き合わせやポイントが必要になることも珍しくありません。 定価での購入が難しく、入手するためには時間と費用が必要になることが、十四代の希少性を更に高めていると言えるでしょう。 3-1.十四代 本丸 フルーティーで香り豊かでありながら、飲み口はすっきり。添加するアルコールに自社の粕取り焼酎を使用するという、こだわりに溢れた日本酒です。十四代のスタンダード的な存在であり、その人気を世に知らしめるきかっけとなった銘柄でもあります。 評判 日本酒の最高峰とされる味わいは、「間違いなくおいしい」と日本酒ファンがうなるほど。見た目も華やかで桐箱入りの商品もあるため、贈答用としても好まれています。十四代はまだ飲んだことがないという方に、まずおすすめしたい一本です。 (出典元:amazon.com) 3-2.十四代 中取り 十四代の「中取り」とは、最初と最後に搾られる酒以外を集めた日本酒。十四代の中でも入手困難なお酒として、高い人気を集めています。 評判 立ち上る香りは、まるでメロンのようにフルーティー。口の中で広がる芳醇な甘みは、十四代らしい魅力に溢れています。ネット通販では定価の10倍近い値で取引されることも多く、その人気も頷ける味わいです。   3-3.十四代 秘蔵主 純米大吟古酒 山田錦の特米を使用し、長年低温熟成させた秘蔵の大吟醸古酒です。まろやかな甘みを持ちながらも後味はすっきり。日本酒好きの方には、合わせる食事との相性を楽しむのおすすめの銘品となっています。 評判 香り豊かでありながらすっきりと飲みやすく、十四代特有の酒質が際立つお酒です。日本酒好きはもちろん、日本酒は苦手という方からも高い人気を得ています。 3-4.十四代 角新 純米吟醸 出羽燦々 「出羽燦々」は、山形県でのみ栽培されている酒造好適米。米の豊かな甘みと澄んだ味わいを持つ出羽燦々は、十四代の中でも幻といわれる銘柄です。 評判 爽やかでふくよかな米の旨味は、出羽燦々ならではの味わい。市場に出回る機会も少ないため、日本酒通にも喜ばれる一本となっています。 3-5.十四代 七垂二十貫 高木酒造の伝統の製法である、七垂二十貫によって醸造された最高傑作。「七垂二十貫」は、二十貫(約75㎏)の米からわずか七垂れしか取れないほど希少な酒であることを意味します。「龍泉」「双虹」「龍月」と、十四代の代表銘柄はこの七垂二十貫によって造られています。 評判 袋から一滴一滴搾り取る雫酒の味わいはまさに絶品。その確かな酒質は世界でも認められ、「2015年SAKE COMPETITION」の純米大吟醸部門で第3位を受賞。ネット通販でも7万円近い額で取引される高級な日本酒となっています。 3-6.十四代 双虹 大吟醸 山田錦を三割五分まで磨いた、十四代の最高峰。十四代らしいフルーティーな甘さが香り立つ、特別な日本酒です。毎年11月ごろに限定販売されており、定価は1万円台でありながらネット通販では10万円全前後の高値で取引されています。 評判 吟醸香はほんのりと柔らかでフルーティー。後味も爽やかで、ほのかな酸味が米の余韻を思わせます。口当たりも滑らかで、まるで水のように何杯でも飲み進めたくなる上質な日本酒です。 3-7.十四代 槽垂れ 純米吟醸 米の豊かな風味が際立つ、十四代の本生原酒です。刺身や天ぷらといった和食との相性は抜群。きりっと冷やすことでさらにその旨味が引き立ちます。 評判 繊細な甘みと心地よい酸味。微かに感じる渋みはまさに純米生酒だからこそ。濃厚でとろっとした旨味は、一度味わえば忘れられないおいしさです。   4.十四代の美味しい飲み方・楽しみ方 日本酒好きであっても簡単に出会うことのないお酒、十四代。運よく入手できた時には、その貴重な味わいをよりおいしく楽しみたいものですよね。 十四代特有のフルーティーな香りと旨味は、よく冷やしてから味わうのがおすすめ。滑らかな口当たりとキレのある余韻を、よりはっきりと感じることができます。 華やかでありながらクセのない味わいは、和食との相性も抜群。あっさりした料理だけでなく、天ぷらのような揚げ物と合わせるのもまた格別です。 4-1.-5度で保管? 十四代の繊細な味わいを楽しむためには、保存時の温度管理が重要なカギとなります。 こだわり抜いた酒米を用い、綿密な設計と技術力で生まれる十四代は鮮度が命。生酒はもちろん、大吟醸の芳醇な香りをキープするためには、-5度で保管するのが一番のおすすめです。 また、日本酒には紫外線も大敵。冷蔵庫に入れる時にも、酒瓶を新聞紙で包むか箱に入れたまま保管するのが最適です。 紫外線をカットし-5度の低温をキープできる専用セラーであれば、貴重な十四代の味わいを維持することができるでしょう。 https://sake-5.jp/sake-how-to-save/ 6.まとめ 日本酒界の最高峰として知られ、店頭での入手が限られている「十四代」。インターネットでも購入することはできますが、その価格は数万円から数十万円とまさにプレミアと呼ぶにふさわしい日本酒となっています。 世界でも高く評価され、日本酒通も納得の味わいは贈答用や祝いの席にもぴったり。 日本酒をこよなく愛する方も、お酒の新たな扉を開きたいという方も、ぜひ一度その味を堪能してみてはいかがでしょうか。

日本酒の効能が女性向けすぎる★ストレスや肌にも優しい成分を一気にご紹介!

食前酒としても楽しまれる日本酒、『日本酒は美肌効果あるし♪』とご存知の女性陣もいるかと思いますが、体も心も健康にしてくれる嬉しい効能があるのはご存知ですか?この記事では意外に知られていない日本酒の効能(精神面・健康面・美容面)について詳しく解説していきます。 日本酒に含まれる栄養成分は、他の食品で一度にとることが難しいものが多いのも特徴!この記事を読んでいただくと日本酒通として飲み会での話題にもなるはずです。健康的に日本酒を楽しむためのコツもあわせてご紹介します! \女性に人気のフルーティーさが魅力の日本酒をピックアップ/ https://sake-5.jp/fruity-sake/ 1.日本酒の主な効能(ストレス解消、美容効果、健康効果) 日本酒には皆さんの体に嬉しい効能がたくさんあります。 中でも効果の大きな3つの効能についてご紹介しますので、ぜひ参考にしてください。 1-1.ストレス解消 日本酒には、セロトニンと呼ばれるストレス解消に役立つ成分が含まれています。セロトニンとは気持ちを落ち着かせ、緊張感・不安を和らげる働きをするのでストレス軽減に効果があるといわれています。 「お酒を飲んで今日のストレス発散するぞ~♪」と言っている人がよくいますが、これも理にかなっていたんですね。 1-2.美容効果 「日本酒を仕込む杜氏(とうじ)さんの手がきれいだ」という話が有名になったことから、日本酒には美容効果もあるといわれ美意識の高い女性を中心に注目されています。 日本酒にはたくさんの有効成分が含まれていますが、その中でも「コウジ酸」「フェルラ酸」という2つのアンチエイジング成分が含まれているので、Wアンチエイジング効果があるといわれています! ”コウジ酸”はシミの元となるメラニンができないように抑制する効果があり、シミを防いでくれることから美白効果があるといわれていて、”フェルラ酸”はポリフェノールの一種で細胞の老化を防止して元気にしてくれる働きがあります。 他にも肌のターンオーバーを促すフルーツ酸「AHA」なども日本酒には含まれています。ターンオーバーが促進され肌の健康が保たれれば、ニキビの改善にも繋がります。 これらの効能によって、「日本酒は肌の内側からのWエイジング効果が期待できる」ということになりますね。 1-3.健康効果 日本酒は農林水産省でも「適量を摂取すれば健康に効果がある」と認められています。 美容効果でも触れた”フェルラ酸”は活性酸素が体内で増えてしまうのを抑える効果があります。 「日本酒飲むと体のがぽかぽかするなぁ~」という体験もあるかと思いますが、血行促進してくれるのも日本酒の健康効果の一つ。 日本酒は冷え性の方にもおすすめなのですが、日本酒に含まれるアデノシンという成分は「血管を拡張し血流を改善する」働きがあるのです。 高血圧の方に嬉しい血圧を下げる働きをする”ペプチド”も含まれていますが、全ての必須アミノ酸やビタミン・ミネラルなども豊富に含まれる日本酒。 疲れたとき、元気になりたい時、なんだか体がスッキリしない時には適量を美味しく飲んでリフレッシュしてください。 ここがPOINT! 日本酒のには「ストレス解消」「美容効果」「健康効果」に効果のある成分が含まれている 【ストレス解消:セロトニン】【美容効果:コウジ酸/フェルラ酸】【健康効果:フェルラ酸/アデノシン/ペプチド/アミノ酸 etc】 2.日本酒の成分 日本酒に含まれる様々な栄養素にはどのようなものがあるのか、どんな効果があるのかまとめてご紹介します。 2-1.日本酒に含まれる栄養素 日本酒に特に多く含まれる栄養素を箇条書きでまとめました。 コウジ酸(メラニン抑制・細胞活性化) フェルラ酸(抗酸化作用・細胞の老化防止) ペプチド(血圧を下げる) 必須アミノ酸(疲労回復・エネルギー源・血糖値調整) ビタミンB6(たんぱく質の働きをサポート) アデノシン(血管拡張・血流促進) ミネラル(細胞活性化・骨や歯の形成) 日本酒は先ほどもご紹介したように、一度に摂取するのが難しい栄養素を一度にとれ『(万病のもとになる)ストレスを軽減しつつ美容・健康効果を効率よく摂取』することができるのです。 2-2.健康と美容に効果がある理由 多くの有効成分を含む日本酒、健康・美容にも大きな効果があることをお伝えしてきました。 発酵食品ならではの栄養素もありますが、バランスよく体に必要な栄養を摂取できるからこそ、体の内側からのケアに期待ができるのも日本酒の良いところ。 筋肉だけでなく髪や肌、爪を作るのに欠かせないたんぱく質のサポートをするビタミンB6も重要ですが、すべての必須アミノ酸が含まれているというのもポイント。 お酒を飲んでリラックスする、というだけでなく根本的にストレスを取り除きながら有効な栄養素がとれる日本酒ならではの健康効果も大きいのではないでしょうか。 ここがPOINT! 日本酒に含まれる美容成分は(コウジ酸/フェルラ酸/ペプチド/必須アミノ酸/ビタミンB6/アデノシン/ミネラル etc) 日本酒とうまく付き合えばストレスを軽減しつつ美容・健康効果を効率よく摂取できる! 3.他にもある日本酒の効能 日本酒には健康・美容・ストレス軽減に効果があるとご紹介しましたが、他にもいくつかの良い効能があるのでご紹介します。 3-1.記憶力が改善される 日本酒に含まれるペプチドには血圧を下げる働きがある、としてご紹介しましたが、実はペプチドには記憶力を向上させる働きもあることをカルピス株式会社 発酵応用研究所が発見されています。  発酵乳の中から、“記憶力向上”作用を示す成分を発見しました。この成分は、乳酸菌が牛乳に含まれる乳たんぱく質を分解することで得られるペプチドであることが明らかとなりました。 乳酸菌が作るペプチドに記憶力向上作用を発見|アサヒカルピスウェルネス株式会社 乳たんぱく質を分解することで得られるペプチドが、日本酒にも含まれているとは断定できませんが、「最近うっかり忘れちゃうことが増えたな…」という実感があるなら日本酒を毎日少しずつ飲んでみると、良い効果がでるかもしれませんね。 3-2.血行が改善される 日本酒に含まれるアデノシンは「血管を広げて血流をよくする」という効能があるので、飲めば体がポカポカしてくると感じる方も多いのではないでしょうか。 冷え性の方はもとより、ストレスによっても血流が悪くなりますから、「ストレスたまってるなぁ」と感じたときにも日本酒がおすすめですよ。 3-3.生活習慣病の予防になる 一度かかるとその後の生活に大きな影響を与える生活習慣病を予防するのにも日本酒が一役買ってくれます。 日本酒に含まれるフェルラ酸は吸収率も良いポリフェノールなのですが、様々な方面に高い効果があるということで医療現場でも利用シーンが増えているのだとか。 がんの増殖を抑制したり、肝硬変の予防、糖尿病の予防(血糖値を下げる)、脳機能の改善など健康・美容面でのアンチエイジングが期待できるのが日本酒なのです。 3-4.育毛効果もある? 上で紹介した「血管を拡張し血流を良くする」アデノシンは、実は育毛にも効果的な成分。 その他にも美容に効果があるということでご紹介した「コウジ酸」は細胞の活性化の効果もあるため、髪の毛を育てるのに嬉しい成分が同時にとれるということになります。 ここがPOINT! 他にもある日本酒の効能「記憶力が改善」「血行が改善」「生活習慣病の予防」「育毛効果」 4.効果的な飲み方 日本酒は健康にも美容にも、心の健康にも良い!とは言っても飲みすぎてはいけません。 健康的に日本酒をたしなむには『1日1合(180ml)程度』にしておきつつ、できれば血行促進効果を妨げないよう『熱燗』で飲むのがおススメ、と覚えておいてください。 5.日本酒は百薬の長? 「日本酒は百薬の長」といわれるように、日本酒をはじめとしたお酒は適量であれば良いのですが、飲みすぎると健康を害してしまうことはご存知の通り。 肝臓の負担をやわらげるようなおつまみ(豆腐・赤身肉・魚など)と一緒に適量を楽しむのが良いでしょう。同じ日本酒でも、空腹時に飲むと肝臓への負担が大きくなってしまいます。 6.まとめ 最後にこの記事で紹介した、日本酒を適量飲むことで期待できる精神面・健康面・美容面での嬉しい効能を箇条書きでまとめます! ストレス軽減 アンチエイジング効果(美肌・美白) 血圧を下げる 血行促進(育毛にも効果あり) 記憶力改善 生活習慣病の予防 これだけ多くの効能がある日本酒、良さを生かして楽しむためには 『空腹で飲まず、肝臓に負担を書けない豆腐や赤身肉・魚をつまみながら1日に1合程度が目安』 と覚えておいていただければ、楽しく健康的な余暇の時間を過ごしていただけるのではないでしょうか。 『肌の調子がなんだかイマイチ…』 『ここのところずっと仕事が忙しくて…』 『最近なんだか心がもやもやしてるなぁ…』 『体も心も疲れてきたな』 『冷え性なのか手足が冷えて寝つきが悪いな』 そんな時こそ、日本酒パワーで乗り切りましょう。 ここがPOINT! 日本酒のには「ストレス解消」「美容効果」「健康効果」に効果のある成分が含まれている 【ストレス解消:セロトニン】【美容効果:コウジ酸/フェルラ酸】【健康効果:フェルラ酸/アデノシン/ペプチド/アミノ酸...

日本酒初心者におすすめな日本酒16選【チャート有り】

ビールやワインと比べ、敷居が高いと思われがちな日本酒。「辛口に甘口、純米吟醸に大吟醸と、種類が多くてどれがおいしいのか分からない!」という方も多いのではないでしょうか。 使用する酒米や醸造法、酒蔵のある風土によって個性が異なる日本酒は、味の奥深さが魅力のひとつ。こちらでは、初心者の方におすすめな日本酒の銘柄を8つ、そして辛口・甘口からもそれぞれおすすめを4つの合計16選をご紹介します。 1.日本酒初心者にオススメな銘柄8選 いざ日本酒を飲んでみよう、と思っても日本酒はとても種類が豊富です。何から手を付ければいいのかわからなかったり、日本酒の銘柄によって「辛さ」「甘さ」など味わいも異なります。 日本酒初心者にオススメしたい銘柄を4つ、紹介していきます。 1-1. 初心者こそ本当に美味しい1本を「獺祭 純米大吟醸45」 日本酒に苦手意識がある方や、まだ飲んだことがないという方にこそオススメしたい銘酒が「獺祭(だっさい)」です。 山口県の旭酒造が醸造する獺祭は、低迷していた日本酒業界にブームを巻き起こしたと言われるお酒。その味わいは世界でも高く評価され、パリには世界でも有数のシェフ「ジュエル・ロブション」とのコラボストアがオープンしています。 人気の高さから入手困難と思われがちな獺祭の中でも、比較的手ごろな価格で300mlから購入できるのが「純米大吟醸45」。 まるでワインを思わせるようなフルーティーな旨味と華やかな香りを持つ獺祭は、日本酒の美味しさを知るにふさわしい銘柄であるといえるでしょう。 (出典元:amazon.com) 1-2.酒どころ秋田の銘酒「雪の茅舎 純米吟醸」 「雪の茅舎(ゆきのぼうしゃ)」は日本有数の米どころであり、酒どころである秋田県で造られるお酒。醸造元の齋彌酒造店では、蔵人自らが「秋田酒こまち」や「山田錦」を栽培しています。 こだわりの酒米と山からの雪解け水で生まれる雪の茅舎は、ふくよかな米の旨味を感じられる日本酒。定番酒の「純米吟醸」は、口に含むとフルーツのように爽やかな香りが広がり、後味はスッキリとした飲み口です。 軽やかでキレのある味わいは、日本酒初心者の方でもそのおいしさを充分に堪能することができます。 (出典元:amazon.com) 1-3.ひとくち飲めばたちまち笑顔に「純米吟醸 浦霞 禅」 「浦霞(うらかすみ)」を醸造する宮城県の佐浦酒造は、全国新酒鑑評会で数多くの金賞を受賞した老舗酒蔵です。 その代表銘柄が、笑顔の布袋さまがラベルに描かれた「純米大吟醸 浦霞 禅(ぜん)」。穏やかな香りと甘さが特徴の浦霞禅は、後味にほのかな酸味を感じる日本酒です。 米の旨味と酸味の絶妙なバランスを持つ浦霞禅は、食中酒として楽しみたい方にもオススメ。日本酒初心者でも、ラベルの布袋さまのように笑顔で心地よく酔うことができますよ。 (出典元:amazon.com) 1-4.初心者に人気のシュワシュワ感「南部美人 あわさけスパークリング」 発泡性のあるスパークリング日本酒は、まるでシャンパンのような爽快な飲み口と軽やかさが人気のお酒です。 「南部美人 あわさけスパークリング」は、SAKE COMPETITISONで2年連続発砲清酒部門1位を受賞した銘酒。瓶内で二次発酵させ澱引きさせるなど、まさにシャンパンと同じ製法によって醸造されています。 甘さを抑えた繊細な味わいは、女性を中心に大人気。スパークリング日本酒をきっかけに、純米大吟醸、純米吟醸と、南部美人の日本酒にチャレンジしてみるのもオススメです。 1-5.初心者でも飲みやすい!「澪 スパークリング清酒 」 スーパーやコンビニエンスストアなどでもよく見かける澪。スパークリング日本酒と聞いてこの製品を思い浮かべる方も多いのではないでしょうか。炭酸ガス注入タイプのこのお酒は、さわやかな発泡性が魅力。 ほどよい酸味とほんのり甘い味わいなので、日本酒が苦手な女性やまだ日本酒を飲み慣れていない方にもおすすめです。また非常に飲みやすいのも特徴で、アルコール度数も5%。お酒の弱い方でも挑戦しやすいスパークリング日本酒です。飲みやすいがゆえに飲み過ぎには注意してくさいね! (出典元:amazon.com) 1-6.食中酒としてどんな料理とも一緒に「上善如水 純米吟醸」 どんな料理にも合わせられる純米吟醸の辛口です。 フレッシュな果実の香りが印象的で、純米のまろやかな旨味と爽快な後味が特徴です。アルコール度数は15度前後ですが、軽快な味わいが水のようにアッサリと飲めるお酒として日本酒に慣れていない初心者の方におすすめ。「常温」か「冷や」でいただくと旨味がしっかり味わえます。 (出典元:amazon.com) 1-7.ラムネのようなフレッシュさ「風の森」 『風の森』は奈良県の「油長酒造」が造る人気の日本酒の一つです。ラムネのようなフレッシュな吟醸香が特徴のお酒で、生原酒ながらのシュワっとする発泡感が鼻の奥を気持ちよく流れていきます。 比較的甘みが強い日本酒ですが、ラムネジュースのような香りと酸味のおかげでさっぱりと飲めます。また、炭酸がたっぷりの開封したても美味しいのですが、ある程度炭酸が抜けきると、味わいのバランスが取れて、また違った楽しみを見つけられるでしょう。美味しい日本酒ながらも、2,000円程と比較的手ごろな値段で購入できるのも嬉しいポイントです。   (出典元:お酒の通販 - いまでや) 1-8.可愛いラベルと飲みやすさ 「上善如水 生酛にごりの上善如水 純米」 普段から日本酒をあまり飲み慣れていない女性にぜひおすすめしたいのが、上善如水の『生酛にごりの上善如水 純米』 上善如水の『生酛にごりの上善如水 純米』は、濃厚なうまみと飲みやすさが特徴で、日本酒初心者の方にもおすすめできるにごり酒です。桃色の瓶と白熊のパッケージが可愛らしく、親しみやすさを感じるデザインで、アルコール度数も9%と日本酒の中では低めなので、女性でも気軽にお楽しみ頂けます。   (出典元:amazon.com) 2.日本酒初心者にオススメの辛口銘柄4選 日本酒には辛口と甘口がありますが、辛口の中でも味わいはそれぞれ違います。自分好みの味を見つけるのも日本酒の楽しみ方ですが、最初にどの辛口を選べばいいのかわからない!という場合はこの章を参考にしてみてください。 ここでは日本酒初心者にオススメの辛口銘柄を4つ紹介します。 2-1.黄金色の辛口日本酒「黒松剣菱」 「黒松剣菱(くろまつけんびし)」は、黄金色の辛口清酒として知られるお酒です。醸造元は、日本有数の酒どころ神戸市灘区にある老舗の酒蔵、剣菱酒造。 剣菱酒造の日本酒は、精米歩合と呼ばれる酒米の磨き具合をあえて表示していません。理由は、その年の酒米の出来に合わせ精米歩合を調整しているからです。ろ過の度合いも調整しているため、黄金色をしており味が濃いのも剣菱の特徴のひとつ。 500年の歴史を持つ黄金色の日本酒は、辛口の味わいを存分に堪能できる仕上がりとなっています。 (出典元:amazon.com) 2-2.世界で飲まれる奈良の日本酒「春鹿 純米 超辛口」 「春鹿(はるしか)」は、日本酒発祥の地である奈良県の酒蔵で醸造される酒です。伝統的な手法で生まれる味わいは全国的にも人気が高く、中でも「超辛口」は春鹿の代表銘柄として世界10数ヵ国で愛飲されています。 日本酒度数+12と超辛口でありながら、洗練された味と香りのバランスは日本酒界でもトップクラス。180mlから販売されているため、辛口日本酒がどんなものか試してみたいという方にもぜひオススメしたい銘柄です。 (出典元:amazon.com) 2-3.日本酒を愛する高知県の代表銘柄「酔鯨 純米大吟醸」 日本酒好きが多いことで知られる高知県のお酒は、淡麗辛口が基本。南国土佐を代表する日本酒「酔鯨(すいげい)」もまた、キリっとした後口が辛口ファンから人気のお酒です。 食中酒として楽しむことを目的にする土佐のお酒らしく、香りはおだやかで、旨味がありながらもキレが良いのが酔鯨の特徴。刺身のようなあっさりとした和食と相性が良いのはもちろん、こってりとした料理の油分もさらりと流してくれると評判です。 (出典元:amazon.com) \辛口な日本酒のオススメ10選をご紹介/ https://sake-5.jp/dry-sake/ 3.日本酒初心者にオススメの甘口銘柄4選 日本酒初心者にオススメしたい辛口銘柄を紹介しましたので、ここからは甘口銘柄を紹介していきます。 特に日本酒初心者にとって甘口の日本酒は飲みやすい銘柄が多いのですが、その中でも厳選してオススメの甘口銘柄を4つ紹介していきます。 3-1.繊細な甘さはまるで和三盆「村祐 黒」 淡麗辛口が主流とされる新潟県で、新たに生まれた甘口日本酒が「村祐(むらゆう)」です。 口に含むと柔らかに広がる甘さは、まるで和三盆のように上品できめ細やか。中でも「黒」は超甘口に仕上げられており、この1本をきっかけに日本酒を飲み始めたという方も少なくありません。 村祐酒造のポリシーは「お酒の評価はあくまで飲み手が決めるもの」。先入観を与えないため、精米歩合や日本酒度、酒米の品種についてすべて非公開というのも、ファンから支持される理由のひとつとなっています。 (出典元:amazon.com) 3-2.ワイングラスで楽しみたい甘口日本酒「北雪 大吟醸YK35」 新潟県の北雪酒造で醸造される「北雪(ほくせつ)大吟醸YK35」は、酒造好適米の山田錦を35%まで磨いた大吟醸です。 雑味のない味わいは、ワイングラスでおいしい日本酒アワード2020をはじめ、数々の品評会で名だたる賞を受賞。繊細かつ芳醇な甘みがあり、日本酒初心者でも飲みやすい仕上がりとなっています。 リンゴやメロンにも例えられるほどフルーティーな香りは、背が高く口の広いワイングラスに注いで楽しむのもオススメ。 日本酒の新たな楽しみ方を教えてくれる1本です。 (出典元:amazon.com) 3-3.女性に人気の甘口日本酒「大関 極上の甘口」 醸造元の大関(おおぜき)は、青いラベルのワンカップ酒で知られる日本酒の大手メーカー。「極上の甘口」は、大人のプレミアムスイーツと呼ばれるほど贅沢な甘さを兼ね備えた日本酒です。 原料には厳選した酒米を通常の1.4倍量使用。甘口の日本酒度が-1.5から-6である中、-50という類を見ない甘さを実現しています。 絶妙なバランスで酸度を加えることで、後味はスッキリとさわやか。ラベルはまるでワインのように上品な仕上がりで、女子会や祝いの席にもぴったりの甘口日本酒です。 (出典元:amazon.com) 3-4.初心者でも飲みやすい低アルコール日本酒「富久錦 Fu.」 「日本酒はアルコール度数が高くて悪酔いしそう」という方におすすめなのが、低アルコール酒の「Fu.」です。醸造元は兵庫県の小さな酒蔵、富久錦(ふくにしき)。米と水のみを使用した純米酒しか造らないというこだわりを持っており、すっきりとした飲み口が高い人気を得ています。 中でも「Fu.」は、アルコール度数を8度から9度に抑えた初心者向けの日本酒。洗練されたラベルの見た目は、まるで白ワインのようです。 果実のような風味を持っているため、しっかり冷やしてワイングラスに注いで味わうのもオススメですよ。 (出典元:amazon.com) \オススメの甘口日本酒をご紹介/ https://sake-5.jp/sweet-sake/ 4.まとめ 酒米を育てる農家の力と、杜氏の洗練された技術によって生まれる日本酒。自分に合ったお気に入りを見つけ、その味わいから酒蔵の想いを感じるのもまた日本酒の楽しみ方のひとつです。 こちらでご紹介した日本酒をきっかけに、ぜひ日本酒の世界を広げてみてくださいね。

日本酒の代表格「獺祭(だっさい)」を詳しく解説します

山口県の旭酒造で造られる日本酒「獺祭(だっさい)」。日本酒をあまり飲まなくても「名前は聞いたことがある」という方が多いのではないでしょうか。 米を23%まで磨き上げる製法を生み出した獺祭は、今や国内だけでなく海外でも大人気。日本酒通の方はもちろん、普段からあまり日本酒を口にしない方にもオススメのお酒です。 この記事では、獺祭の代表的な銘柄からあまり知られていない銘柄、そして価格までを紹介。獺祭の魅力について余すところなくご紹介していきます。 1. 日本酒の獺祭とは 獺祭は今や国内だけでなく、海外でも高い人気がある日本酒です。こだわり抜いたその品質は、フレンチの神と呼ばれるジュエル・ロブション氏にも認められ、2018年にはパリにロブションとのコラボストアがオープンされたほど。 まるでワインを思わせるようなフルーティーで爽やかな味わいは幅広い層に大人気。中でも精米歩合23%を初めて実現させた銘柄「二割三分」は、日本酒好きであれば一度は飲んでみたい1本です。 精米歩合23%の逸話 獺祭の「二割三分」の精米歩合は23%を実現していますが、実はもともとの計画では25%だったそうです。しかし当時、すでに精米歩合24%のお酒が市販されていたこともあり、急遽「あと2%、精米歩合を高める」ことになったのだとか。 当時、精米歩合25%でほとんど完成していた精米担当者に経営者から連絡がきて、さらに24時間かけて2%精米歩合を高めるよう指示があり、ようやく完成したという逸話が有名です。 7日間×24時間、現在は長くて120時間ほどという精米時間をかけて、精米歩合23%で造られる製造方法は当時から変わらず今も続いています。 1-1. 酒蔵について 獺祭を造っているのは山口県の最東部、岩国市にある旭酒造(あさひしゅぞう)です。 獺祭を誕生させたのは三代目の社長である桜井博志氏。日本酒離れが進み倒産の危機を迎える中で獺祭は生まれ、職人の熟練した技術と徹底した品質管理が生み出す味わいは、またたく間に世界でも高く評価されました。 山口の小さな酒造であった旭酒造は、2013年には販売数は114万本を突破し、今や日本酒業界を牽引する蔵元のひとつとなっています。 1-2. 獺祭という名の由来 あまり日本酒を飲まない方にも広く知られている「獺祭」。 その名前の由来は、蔵元が存在する地名「獺越」から一字とったものとされています。 また、もうひとつの由来とされるのが、自身を「獺祭書屋主人」と名付けたかつての文豪、正岡子規の存在。伝統にとらわれない新しい日本酒を作りたいと考えていた蔵元は、明治の日本文学に革命を起こした正岡子規に酒蔵の姿を重ねたのでした。 旭酒造は「酒造りは夢づくりである」という信念のもと、変革の中から生まれる新しい日本酒を「獺祭」と名付け、世に送り出したのです。 https://sake-5.jp/the-meaning-of-otters/ 2. 獺祭の種類と値段について 獺祭の代表的な銘柄として、精米歩合の異なる「45」「三割九分」「二割三分」があります。それぞれ180mlから1800mlまで販売されています。 有名な「45」「三割九分」「二割三分」の公式オンラインストアでの販売金額は、2020年3月現在で以下の通りです。 販売価格(税込) 720ml 1800ml 純米大吟醸45 1,650 円 3,300 円 三割九分 2,541 円 5,082 円 2点カット 5,390 円 10,780 円 (参照元:獺祭Store WEB店) また、その更に上を行く獺祭として、2012年には「磨きその先へ」(33,000円/720ml)も販売されています。 2-1. 45 獺祭のスタンダードとなるのが山田錦を45%まで磨き上げた「45」。美味しくなければ意味がないという信念のもと生まれた大吟醸は、米本来の繊細な甘みと華やかな香りがあります。 2-1-1. 評判 「45」は米の香りと旨味を感じられ、飲みやすい日本酒として人気のある純米大吟醸。まるでワインを思わせるようなフルーティーな飲み口は、あまり日本酒を口にしない方や女性からも高い評価を得ています。容量も300mlから販売されているため、あまり日本酒を買わないという方にも人気があります。 (出典元:amazon.com) 2-2. 三割九分 山田錦を39%まで磨いた三割九分は、口に含むとまるで蜂蜜のような甘みが広がる大吟醸です。一口飲めば上品な米の風味が香り立ち、味わいは実にまろやか。これぞ純米大吟醸と呼ぶにふさわしい、味の繊細さと重厚さを兼ね備えた1本となっています。 2-2-1. 評判 三割九分は、華やかな香りと甘みを持ちながらすっきりとした飲み口が人気の日本酒です。価格的に「45」のワンランク上にあたり、飲み比べされることも多い銘柄となります。そのため「45でも満足だったがやはりひと味違う」「45は日常酒で、三割九分は贈答用に」と獺祭ファンから愛される銘柄となっています。 (出典元:amazon.com) 2-3. 二割三分 磨きの限界といわれる23%を実現した獺祭の代名詞ともいえる大吟醸です。日本最高峰とされる精米歩合は多くのメディアで取り上げられ、その繊細かつ芳醇な味わいと共に、獺祭の名を世に知らしめることとなりました。価格帯もトップクラスであるため、贈答用にも最適な銘柄となっています。 2-3-1. 評判 二割三分は、「まさに最高の日本酒」「お酒好きに送るなら間違いない一本」と評判高い日本酒です。嫌な部分が何もないと称される研ぎ澄まされた味わいは、日本酒をゆっくりと楽しみたい方に好まれています。1800mlあたり約10,000円という価格帯から考えても、贈答や特別な日の一杯にふさわしいプレミアムな日本酒であると言えるでしょう。 (出典元:amazon.com) 2-4. 磨きその先へ 「磨きその先へ」は、獺祭の中で最高峰の二割三分を更に超える銘柄です。海外で数十万円の値が付くワインのように、高価格帯の日本酒に挑戦しようという蔵元の想いのもと開発が進められました。美しい香りとともに味の複雑性を有し、今までの純米大吟醸にはない優れた風合いを誇っています。 2-4-1. 評判 「磨きその先へ」は、45%から25%歩合の獺祭の良さを全て持ち合わせたような日本酒だと言われています。甘口芳醇でありながら、まるで澄んだ水のような飲みやすさは獺祭ファンからも好評。二割三分を味わってから口にすれば更にその魅力を楽しむことができるでしょう。 (出典元:amazon.com) 3. 獺祭の購入方法 獺祭は国内外の正規取扱店や通販サイトにて購入することができます。銀座、博多、本社の山口県岩国市に点在する「獺祭ストア」では、商品を購入するだけでなく有料テイスティングを楽しむことも可能です。 3-1. 獺祭が購入できる実店舗 獺祭は高島屋や伊勢丹といった百貨店や、京王ストアや紀ノ国屋などのスーパーマーケットなど、幅広い店舗で購入できるようになっています。公式サイトでは購入可能店舗を確認することができますが、業務用酒販店や無店舗販売については、掲載されているものが全てではありません。 また、国内だけでなく、アメリカからアジア、ヨーロッパまで正規取扱店が広がっていることは、獺祭の海外人気の高さを表していると言えるでしょう。 3-2. 獺祭が購入できる通販サイト 2016年よりオープンしたのが公式オンラインショップ「獺祭ストアWEB店」です。「純米大吟醸45」から「磨きその先へ」まで全てがラインナップされている他、季節商品や限定品も購入することができます。 酒粕カレーや酒ケーキ、酒粕石鹸や化粧品といった日本酒以外の獺祭商品も実に豊富。獺祭の新たな魅力を知りたいという方は、ぜひチェックしてみてはいかがでしょうか。 4. 獺祭の美味しい飲み方・楽しみ方 日本酒といえば、升やおちょこで飲むものと思われがちですが、獺祭におすすめなのが小ぶりのワイングラス。開口部が大きく背の高いワイングラスは、獺祭の持つ上品な香りをより引き立たせてくれます。 また、「45」や「三割九分」は食中酒、「二割三分」は繊細な香りを持つ野菜料理や魚料理など、料理とのマリアージュを楽しむのもおすすめ。 獺祭の魅力を存分に楽しむためにも、保存する際の温度は大きなポイントとなってくるのです。 4-1....
日本酒って健康に悪い?実は女性に嬉しい成分がたっぷり♪

日本酒って健康に悪い?実は女性に嬉しい成分がたっぷり♪

「酒は百薬の長」とも言われるお酒。「飲みすぎるのは良くないけど、適量ならむしろ健康に良いよ!」と言われたことのある人も多いのではないでしょうか?この記事では、そんなお酒の一つである日本酒の健康への影響についてご紹介します。飲む量が多すぎたり、付き合い方を間違えると体に悪影響があるのも事実ですので、ぜひ、最後まで読んで正しいお酒との付き合い方を身につけてくださいね。 1.日本酒は 健康・美容効果のある女性の心強い味方!? 日本酒は、健康効果があるといわれているお酒の1つで、特に美容成分が注目されることの多いお酒です!日本酒由来の化粧水やフェイスパックも多く販売されていて、女性の方なら一度は見たことがあるのではないでしょうか。 日本酒の醸造をされている杜氏(とうじ)の手が若々しいという事例から、一気に広がったように、日本酒には美容と密接に関わる効果がいくつもあるんです。その詳しい効果については次の章でご紹介していきます。 ここがPOINT! 日本酒には、健康効果が認められる成分がたくさん含まれている! 2.日本酒による健康効果は大きく4つ! 日本酒の健康効果とは、具体的にどのような効果が期待できるのでしょうか。実は日本酒にはストレス軽減、血行促進、そして美肌効果など女性にとって嬉しい効果がたくさんあるんです。 2-1.ストレス軽減効果がある これはお酒全般にいえることですが、アルコールにはストレスを緩和してくれる脳内物質(セロトニン)の分泌を促す効果があります。ストレスを感じているときにお酒を飲むと、少し気持ちが軽くなるのはこういった脳内物質の働きのおかげなんです。 ただ、アルコール依存のレベルまで飲酒が進行してしまうと、逆にセロトニンの量が著しく減少し、精神的に不安定になってしまうという研究結果も出てきています。 適量を楽しむことで、ストレスを体に貯めずに良い精神状態を作れるわけですね。 2-2.血行促進効果がある 血行促進効果があるのも日本酒の良いところ。日本酒に含まれている成分「アデノシン」は血管を拡張し、血流をよくする働きがあります。 血行の促進により体の中に栄養が行き渡るだけでなく、老廃物も適切に流されていくので、疲労回復、代謝改善、体臭予防などに効果があるので、女性にとってはとても嬉しいポイントですね。 また、冷え性や偏頭痛などの改善にも効果が期待できるとも言われてます! 2-3.美肌効果がある 日本酒を飲むことで期待できるの効果の1つが美肌効果。いくつかありますが、ここでは3つ紹介します。 シミに対する効果 まず、1つ目がシミに対する効果。日本酒の製造過程で使われている麹(こうじ)。その麹の発酵過程で生み出される「コウジ酸」がシミを薄くする・防止に効果があります。 肌の美白効果 2つ目が美白効果。美白化粧品に使われている成分「アルブチン」が日本酒に含まれており、美白効果に期待できます。 シワ・タルミに対する効果 3つ目がシワ・タルミに対する効果。日本酒に含まれている成分「フェルラ酸」はアンチエイジング(老化防止)に効果アリ。シワやタルミに効果が高いです。 それ以外にもハリ・ツヤアップや保湿などに効果がある栄養が日本酒には含まれていますので、女性の方には嬉しいポイントですね。 2-4.食欲促進効果がある 日本酒を飲むと食欲が増す、食欲促進効果があることをご存知でしょうか? 「日本酒と食事を合わせると食事が止まらなくなる」なんて声があるのは日本酒に胃腸を刺激する成分が含まれており、食欲を促進させる効果があるからなんです。 日本酒が食前酒に出されるというのはムード作りの意味もありますが、食欲を促進させる意味も持っています。 ここがPOINT! 日本酒による健康効果は大きく4つ「ストレス軽減」「血行促進」「美肌」「食欲促進」 その他の日本酒の効能についてはこの記事でもご紹介しています! https://sake-5.jp/benefits-of-sake/ 3.日本酒に含まれる女性に嬉しい成分とは? 日本酒を飲むことで摂取できる栄養は約120種類以上。その中でも、アミノ酸、ビタミンの2種類が特に効果があると言われています。 両方とも人体にとっては欠かせない栄養なので、それぞれ解説します。 3-1.アミノ酸 アミノ酸はたんぱく質の原料で人体に必須の栄養素の1つです。カラダの20%がたんぱく質なので、アミノ酸はカラダの20%を占めているとも言えますね。 日本酒に含まれているアミノ酸は9種類。人体で生成できない必須アミノ酸をバランス良く含んでいます。人体を構成するアミノ酸が20種類なので、およそ半分を日本酒で摂取でき、健康面でも期待されているのです。 また、日本酒はウイスキーや焼酎などの他アルコール飲料と比較しても最もアミノ酸を含んでいるお酒です。 日本人が健康的で長生きなのも、日本酒を飲んでいるからかもしれませんね。 3-2.ビタミンB6 日本酒に含まれているビタミンはビタミンB6。たんぱく質を作るアミノ酸の働きを助ける役割を持っています。 また、ビタミンB6は肌の再生や健康を維持するのに効果があると言われていて、ニキビに悩んでいる人もビタミンB6を積極的に取り入れるなどビタミンB6は「肌の再生」に大きく関わる成分です。 さらにビタミンB6は月経前症候群やつわりに苦しむ女性の症状が緩和した例もあるなど、女性に嬉しいビタミンとしても知られています。 ここがPOINT! 日本酒には「アミノ酸」や「ビタミンB6」など、女性に嬉しい成分が含まれている 4.日本酒のカロリーは高い? 日本酒の原材料はお米。そのため、カロリーを気にする方は多いかもしれませんね。 そこで、日本酒とそれ以外のお酒のカロリーを比較しました。日本酒を飲む際の注意点も紹介しているので、参考にしてみてください。 4-1.日本酒以外のお酒とカロリーを比較 日本酒のカロリーを他のお酒と比較すると下記の図になります。 文部科学省によると日本酒100mL当たりのカロリーは103〜107kcal。ウイスキー237kcal、焼酎206kcal、ワイン73kcal、ビール 40kcalとなっています。 お酒の種類 カロリー(100mL当たり) 日本酒/純米酒 103kcal 日本酒/本醸造酒 107kcal 日本酒/吟醸酒 104kcal 日本酒/純米吟醸酒 103kcal ウイスキー 237kcal 焼酎/連続式蒸留 206kcal ワイン/白・赤 73kcal ビール/単色 40kcal (出典元:食品成分データベース-文部科学省) ウイスキーや焼酎などアルコールが高いお酒になるほどカロリーが高くなっています。 日本酒1合を缶ビール1本(350ml)に換算すると、約1.3缶。日本酒1合と缶ビール1本はそこまで大差ないことが分かります。しかし、日本酒には食欲促進効果があるため、お酒と食事のバランスにも気をつける必要がありますね。 ここがPOINT! 日本酒のカロリーは103~107kcal 日本酒のカロリーについてはこの記事で詳しく解説!分量ごと(1合や1升)での早見表もあります! https://sake-5.jp/sake-calorie/ 5. 健康的な飲み方 ここまでで「日本酒は健康にいいんだ!」「カロリーもそこまで高くない!」なんて思われた方もいるかもしれません。健康効果もあり、他のお酒と比較してカロリーも高くありませんが、飲み方には気をつける必要があります。正しい日本酒の飲み方を紹介するので、飲む際には試してみてください。 5-1.飲みすぎない 日本酒に限らず、他のお酒でも言えることですが、飲みすぎないように気をつけましょう。飲みすぎると2日酔いなど体に悪影響を与えます。 食欲増進効果もあるため、お酒を飲み続けると一緒に食事も進んでしまってカロリーの過剰摂取や肥満の要因に。適切な食事・飲酒量を心掛けることが大事ですね。 5-2.水を飲むようにする 日本酒を飲む時には一緒に水(安らぎ水)を飲むようにしましょう。 ウイスキーや焼酎では水割りと呼ばれる飲み方がありますが、日本酒の水割りなどは聞いたことがないかもしれませんね。 日本酒は水割りではなく、日本酒を飲んでいる合間に水を飲みます。この水のことをアルコールを和らげる水、和らぎ水(やわらぎみず)と呼びます。 和らぎ水の効果として、酒量の減少・体内のアルコール濃度を下げることに期待ができ、脱水症状・2日酔いの対策になるので、日本酒を飲む際には合間に水を飲みましょう。 ここがPOINT! 「飲みすぎない」「安らぎ水」に気をつけて、健康的に日本酒を飲もう! 6. 日本酒とダイエット 日本酒とダイエットの関係についても、以下の2つの記事で詳しく紹介しているので、ダイエット中の日本酒との付き合い方を知りたい方や、日本酒を飲むと太る理由をしっかりと知りたい方は、ぜひ以下の記事も見てくださいね! https://sake-5.jp/sake-diet/ https://sake-5.jp/sake-calories-and-sugar/ まとめ 日本酒は健康効果に期待できる反面で飲みすぎたり、飲み方を間違えると体に悪影響を与えます。正しい飲み方をマスターして、美味しく日本酒を飲みましょうね。 \女性に人気のフルーティーさが魅力の日本酒をピックアップ/ https://sake-5.jp/fruity-sake/ ここがPOINT! 日本酒には、健康効果が認められる成分がたくさん含まれている! 日本酒による健康効果は大きく4つ「ストレス軽減」「血行促進」「美肌」「食欲促進」 日本酒には「アミノ酸」や「ビタミンB6」など、女性に嬉しい成分が含まれている 日本酒のカロリーは103~107kcal 「飲みすぎない」「安らぎ水」に気をつけて、健康的に日本酒を飲もう! <この記事を読んだ方はこちらの記事も見ています> https://sake-5.jp/purine-contained-in-sake/ https://sake-5.jp/sake-diet/ https://sake-5.jp/sake-calories-and-sugar/

最新の投稿

日本酒セラーのSAKE CABINET、2年愛用した唎酒師が魅力からダメ出しまで全てを語ります

日本酒好きな皆様、突然ですがSAKE CABINET(サケキャビネット)をご存知でしょうか? SAKE CABINETとは、デザイン性と機能性に優れた冷蔵庫で知られる家電ブランド「AQUA」から発売されている、マイナス5度での縦置き保管に対応した唯一の家庭用日本酒専用セラーです。 2019年の発売から、クラウドファンディングでの大々的なプロモーションもされていた製品ですので、日本酒好きの方であればご存知の方も多いかと思います。 そんなSAKE CABINET、発売と同時に我が家の一員となり、日本酒で溢れる我が家では大活躍をしております。誕生から2年近く経ち、競合メーカーも様々な日本酒専用セラーを発売しておりますが、未だに唯一無二の魅力を放つこのセラーについて、詳しくご紹介いたします。 1. 唎酒師の認定を受けた年、運命的なタイミングでSAKE CABINETが発売され即購入へ。 私(ヒューぽん@よいどれクソメガネ)がこのセラーと出会ったのは、2019年の春。日本酒好きが高じて、唎酒師の資格を取得した頃でした。 日本酒が好きで色々な銘柄を集めたくなり調べていくうちに、『酒質の劣化につながる変化をさせないことが、保管の難しい日本酒を美味しく保つ/美味しいまま熟成させるために必要』ということがわかってきました。 『氷点下で保管できる』『紫外線を防げる』『縦置きで保管できる』など、如何に日本酒の変化を抑制するかが、日本酒を保管するための要件でした。 また、引越前は食材用冷蔵庫の隙間と常温での保管が主だったこともあり、「次に引越するときは、絶対に日本酒用の冷蔵庫を買うんだ…」と思ってもいたのです。 そんな、ちょうど引越しを考えていたタイミングで、クラウドファンディングにて理想の条件を揃えている日本酒セラーに出会ってしまったのです。しかもそれは、引越のタイミングと配送のタイミングがピッタリで、これはもう運命を感じるしかありませんでした。 そうして、我が家にやってきたSAKE CABINET。 ここからは、2年ほど使い倒した感想を紹介していきます。 2. SAKE CABINETには、日本酒を保存する理想的な環境が整っていた。 理想の日本酒セラーの要件とは、『都合の悪い変化を妨げ、所有者が望む変化だけを起こすことができること』です。詳細に並べると、次の3点になると思っています。 2-1. 氷温(マイナス5度)での保存ができること 熱変化(0℃以上で発生するメイラード反応やストレッカー分解によるカラメル化)や、瓶内発酵を抑制できることは、日本酒の保存において重要な要素です。 色々な製品と比較検討しましたが、マイナス5度まで下げられるものは数が限られます。SAKE CABINETはマイナス10℃~10℃の間で温度設定が出来るので、日本酒の化学変化を制御することができます。 2-2.紫外線を遮断できること 次に、紫外線により発生する、日光臭等の劣化反応を抑制できること。ガラス窓のついたタイプでは紫外線を防ぐことが出来ません。 SAKE CABINETはガラス窓もついておらず、庫内の照明にも青色LED(蛍光灯と比較して紫外線量が1/200)を採用しておりますので、紫外線への備えは万全です。 2-3.縦置き保管が出来ること 日本酒は無酸素充填をせずに瓶詰めしている場合が大半なため、多かれ少なかれ酸化反応が起こります。そのため、瓶内の空気との接触面積を減らす縦置きは重要な保管要件です。 また、日本酒でよく見られる酒蓋と呼ばれるキャップにはアルミ箔が貼られているものも多く、横置きにするとこのキャップと液面が触れることになります。 液面とキャップが触れると意図していない味の変化を引き起こしてしまう可能性がありますが、縦置きであればそれを防ぐことができます。 尚、ワインセラーはコルクを乾かさないために横置きの構造になっているものが多いため、兼用セラーだとどうしても横にせざるを得ないものがあります。 SAKE CABINETは中段に一升瓶9本、上段に四合瓶12本を縦置きできる大きさになっています。 このように、SAKE CABINETはここまでに挙げた、日本酒の保管にはうれしい条件をクリアしています。 また、日本酒の保管に特化したからこそ、日本酒以外にもうれしい機能も持っています。 3. 実は、ビールにも嬉しい 日本酒の氷温保管には、安価で容量選択肢の多い業務用の冷凍ストッカーを愛用する方も多いですが、それらはビールの保管には向きません。 何故なら、厳密な温度管理が出来ず、どうしても庫内温度が不安定になってしまうからです。 アルコール飲料は、1%につき-1℃くらいまでは凍りませんが、それより低い温度になると凍ってしまい、膨張して容器が破損する恐れがあります。 SAKE CABINETは、-10℃~10℃まで、5℃刻みでキッチリとした温度管理ができます。 -5℃設定であれば、アルコール5~6%程度のビールは凍りません。 つまり、日本人が大好きな『ピルスナービールのエクストラコールド』がいつでも楽しめるのです。 当然、保管温度が安定していることは、日本酒にとっても良いことです。 業務用冷凍ストッカーの中には、足元に急速冷凍スイッチがあるモデルもあり、何かの拍子にスイッチを触ってしまうことも。 その結果、庫内で瓶の凍結破損が発生してしまい、ガラス片の混ざったお酒を泣く泣く処分することになってしまった、という嘆きの声も聞こえてきます。 保管温度が安定しており、且つほとんどの日本酒が凍結しない-10℃までしか下がらないSAKE CABINETはその点はかなり安心です。 また、温度管理スイッチが庫外正面の高い位置にあり、更に静電タッチパネル式のため意図的に触らない限り温度が勝手に変わることはまずありません。 4. 日本酒用としては最高の環境、でも慎重に選んだ方がいいケースもある 基本的には、「日本酒用としては最高」というのが個人的意見ですが、手放しに全ての方にマッチするものは存在しないでしょう。 参考までに、SAKE CABINETを諦めて他社製セラーや業務用冷凍ストッカーを選ばれた方の話も紹介します。 4-1.ワイン向きではない 庫内温度をワインの熟成に向く温度帯(20℃程度と言われています)には設定できず、縦置き用の設計のため横置きには向きません。 「どうしてもワインと日本酒の両方を1台のセラーで」と考える方は、庫内最低温度が0℃までとなってしまいますが、さくら製作所の2温度帯対応セラーをオススメいたします。 4-2.サイズバリエーションが無い 現状、SAKE CABINETは150Lサイズの1種類しかありません。 容量が足りない方は複数台という選択肢もあると思いますが、大きすぎて置けない、という方には困るかもしれません。今後、小型サイズや大型サイズの選択肢が増えることに期待したいと思います。 いくつか挙げましたが、マイナスとなりそうなポイントは個人的には無いと思います。 SAKE CABINETのもつ日本酒保管能力と、それ以外の条件のどれを優先するか、というところですね。 5. 日本酒に最適な保管環境を、最も簡単に整えてくれるのがSAKE CABINET! 業務用機器のような霜取りも不要なら、氷点下保管ができるのに不意の凍結事故も起こらない。 日本酒にうれしい保管条件を一番簡単に提供してくれる、唯一無二の日本酒セラーがSAKE CABINETです。 これからも引き続き、我が家で活躍してくれることでしょう。 ちなみに私は昨年、新政酒造の農民藝術概論が運良く手に入ったので、付属のパンフレットに飲み頃と記載されている『氷温保管で2027年(7年熟成)』を目指してみようかと目論んでます あなたのお宅にも、おひとついかが?

2020年世界酒蔵ランキング紹介!40~31位

「世界酒蔵ランキング」は、日本酒コンテストの受賞実績をポイント化し、酒蔵を格付けしたものです。2020年にランキングの対象となった蔵は659蔵。コンテストに参加していない蔵もあるため、ランキングの順位が蔵の優劣のすべてというわけでは当然ありません。 しかし、種類の多い日本酒を選ぶときには、ランキングがガイド役になっています。日本酒ラボでは、2020年酒蔵ランキングの50位~1位までの酒蔵を詳しく掘り下げて紹介していきます。 こちらの記事では40位~31位までの蔵情報やその蔵が造っている日本酒についてなど解説していきますので、日本酒選びの参考にしてみてください。 https://sake-5.jp/world-sake-brewery-ranking-50-41/ 世界酒蔵ランキング2020年の公式サイトはこちらになります。 1.2020世界酒蔵ランキング40~31位 1-1.世界酒蔵ランキング40位タイ:初亀醸造株式会社 第40位タイは、静岡の酒蔵「初亀醸造株式会社」です。原料には安全で高品質な酒米を使用。兵庫県産の山田錦をはじめ、地元静岡産・誉富士を使ったお酒も高い評価を得ています。 「初亀 大吟醸純米 瓢月(ひょうげつ)」は、年2回のみリリースされる限定品。洗練されたボトルデザインにふさわしく、上品な香りと味わいを持つお酒です。「初亀 特別純米酒 粋囲(いきがこい)」は、静岡産の原料にこだわった純米酒。静岡誉が生み出す、まろやかな旨味と甘みの調和を堪能できます。 (出典元:ワイン通販・専門店 ヴィノスやまざき)   1-2.世界酒蔵ランキング40位タイ:大信州酒造株式会社 「大信州酒造株式会社」は、北アルプスの山々に囲まれた長野県松本市の酒蔵です。「大信州 手いっぱい」は「インターナショナル・ワイン・チャレンジ」で銀賞を受賞。その他、「全米日本酒鑑評会」でも多くの受賞歴を誇ります。 蔵が大切にする言葉は「愛感謝」。豊かな自然に感謝をささげながら造るお酒は、澄み切ったきれいな味わいが特徴です。「大信州 辛口特別純米」は、長野県産の酒米「ひとごこち」を使用。やわらかな口当たりと後味のキレが際立ちます。 (出典元:大信州酒造株式会社) 1-3.世界酒蔵ランキング37位タイ:菊池酒造株式会社 岡山県倉敷市から世界へとはばたく地酒「燦然(さんぜん)」。岡山が誇る酒米、雄町を使った銘酒を造りあげるのは、37位タイの「菊池酒造株式会社」です。 「燦然 純米大吟醸 雄町」は、「ワイングラスでおいしい日本酒アワード」で最高金賞を受賞。近年は、『奇跡のリンゴ』で知られる木村秋則氏の指導のもと、自然栽培米の育成にも取り組んでいます。「木村式奇跡のお酒 純米大吟醸」は、フルーティーな香りが心地よい1本。自然栽培で育てられた雄町の豊かな味わいが、口いっぱいに広がる銘柄です。   (出典元:菊池酒造株式会社) 1-4.世界酒蔵ランキング37位タイ:米鶴酒造株式会社 37位タイに続くのは、山形県の「米鶴酒造株式会社」です。「米鶴 醇成」と「米鶴 本醸造」は、全国熱燗コンテストで金賞を受賞。日常に寄り添う、コストパフォーマンスに優れたお酒を造り上げています。 山形原産の酒米を使った「純米大吟醸 亀の尾」は、日本酒通にも愛されるお酒。ぬる燗にすると、ふわっとふくよかな香りが広がります。日本酒を飲み慣れない方には「純米あんだんて」がおすすめ。アルコール度数低めで飲みやすく、体にやさしい味わいを楽しむことができますよ。   (出典元:商品紹介:米鶴酒造) 1-5.世界酒蔵ランキング37位タイ:株式会社小嶋総本店 「株式会社小嶋総本店」は、「KURA MASTER」で2銘柄がプラチナ賞を受賞した酒蔵。代表酒「東光」は、世界17カ国に輸出されています。 「東光 純米大吟醸 山田錦」は、味と香りのバランスに優れた逸品。栓を開けると、熟れたバナナのような甘い香りが広がります。「東光 純米吟醸原酒」は「ワイングラスでおいしい日本酒アワード」で金賞を受賞。冷やしても温めても味のバランスが崩れず、日本酒好きにうれしい銘柄です。 (出典元:商品紹介 | 東光) 1-6.世界酒蔵ランキング36位:浅舞酒造株式会社 36位「浅舞酒造株式会社」の代表酒は「天の戸」。「天の戸 純米大吟醸 35」は、「全米日本酒鑑評会」で金賞に輝きました。 蔵の手掛ける日本酒は、フルーティーなお酒からスッキリ飲みやすい銘柄まで実にさまざま。「天の戸 吟泉」はどんな温度帯でも美味しく、晩酌のパートナーにおすすめです。筆文字で「Land of...

唎酒師が薦める、「獺祭」に合わせるおつまみとそのポイント!

「獺祭をお家で楽しみたい!」というとき、用意したいのが美味しいおつまみ。「獺祭」と相性の良いおつまみは、お酒の香りや味わいをより引き立ててくれます。 今回は、「獺祭」に合う簡単おつまみをご紹介!ぜひ、「獺祭」でお家時間を楽しむときの参考にしてくださいね。 1.「獺祭」に合わせるおつまみ選びのポイント 「獺祭」を造る旭酒造は、純米大吟醸だけを仕込む酒蔵です。原料は米と水、米麹だけ。吟醸造りと呼ばれる手間ひまかかる製法で「獺祭」は造られています。 純米大吟醸の「獺祭」は、フルーティーで華やかな香りが特徴的。そのため、合わせるおつまみも香りを楽しめるシンプルなものがおすすめです。 今回おつまみのパートナーに用意した、3種類の「獺祭」はコチラ! ・獺祭 純米大吟醸 三割九分 ・獺祭 純米大吟醸 45 ・獺祭 スパークリング 45 それぞれの銘柄に合わせたおつまみは、コンビニやスーパーで材料が手に入るものばかり。「今すぐお酒が飲みたい!」というときにも嬉しい簡単レシピなので、ぜひチェックしてみてくださいね。 2.「獺祭 純米大吟醸 磨き三割九分」にはさっぱりタイプ 「三割九分」とは、精米歩合39%のこと。フルーティーな香りが持ち味の「磨き三割九分」には、さっぱりしたタイプのおつまみがおすすめです。 ・鯛のカルパッチョ ・青じそと梅の大根サンド ・チーズ 鯛のカルパッチョは、スーパーで買ったお刺し身に、オリーブオイル+レモン汁+塩を混ぜたソースをかけただけ。お家にあれば、ピンクペッパーをぱらり。タコの切り身でも同じように美味しいカルパッチョが作れます。 青じそと梅の大根サンドは、日本酒のおともにぜひ覚えておきたい一品!青じそとつぶした梅を大根ではさむだけ、というシンプルなレシピながら、日本酒との相性は抜群です。青じその香りと梅の酸味、大根のほのかな甘みが「磨き三割九分」ともマッチします。 フランスでも好まれている「獺祭」は、チーズと合わせて楽しむのもおすすめ。今回はゴーダとミモレットですが、ぜひお好みのチーズとの相性を確かめてみて。意外と思われそうですが、クセのあるブルーチーズもフルーティーな日本酒にはぴったりなんですよ。 3.「獺祭 純米大吟醸 45」には旨味のあるおつまみを 「獺祭」のフラッグシップ「純米大吟醸 45」は、香りがありつつ程よいコクも楽しめる銘柄。少ししっかりした味わいのおつまみとも好相性です。 ・クリームチーズのおかかのせ ・エリンギのトースター焼き クリームチーズにおかかをのせて醤油をちょろっと垂らしたおつまみは、「獺祭」の蔵元もおすすめの一品。ちびりちびりと食べつつ、合間に「純米大吟醸 45」をひとくち。口の中でクリームチーズと日本酒が調和し、よりまろやかな味わいを楽しめます。 エリンギのトースター焼きは、縦にわったエリンギにオリーブオイルと塩をかけ、トースターで焼いただけのもの。仕上げに黒コショウをピリッと効かせるのがポイントです。 「獺祭」を買って帰ったら、手を洗ってエリンギをトースターにイン。着替えてグラスをテーブルにセットしている間にできあがり!という嬉しいおつまみですよ。 また、暑い季節にぜひおすすめしたいのが「純米大吟醸 45」のロック! 合わせたおつまみは、以下の2つ。 ・油揚げのチーズ焼き ・生ハム よりすっきりとした飲み口が楽しめる獺祭ロックは、アツアツの油揚げとも好相性。こちらも油揚げにチーズをのせて、トースターで焼いただけの簡単おつまみです。 コンビニで買った生ハムは、脂とコクが「獺祭」と絶妙にマッチ。「美味しいおつまみがほしいけど何もしたくない…」というときにも、お酒好きを助けてくれる心強い味方です。 4.「獺祭 スパークリング 45」には洋風おつまみ スパークリングタイプの「獺祭」に合わせるおつまみは、シャンパンを意識して洋風にアレンジ。「スパークリング 45」は、シュワシュワ感が心地よくアルコール度数も低め。日本酒を飲み慣れないかたにも「まずは試してみて」とおすすめしたいお酒なんですよ。 ・サーモンとカマンベールのカナッペ ・フルーツ ・バニラアイス 塩味と甘さのバランスが絶妙の、赤い箱のクラッカー。こちらには、オリーブオイルと塩であえたサーモンをトッピング。カマンベールには、ハチミツを回しかけて。おつまみの脂分や塩味も、スパークリングの発泡感がすっきりと洗い流してくれます。 フルーツの酸味や甘みは、スパークリング酒のさわやかな味わいと好相性。夏場には、凍らせたフルーツをスパークリング酒に入れて楽しむのもおすすめです。 甘いバニラアイスは、スパークリング酒片手にひとくちふたくち…。カップにすきまができたら、スパークリング酒を注いでしまいましょう! あぁ、なんとも贅沢…。自分へのご褒美に用意したい、大人のアイスクリームのできあがりです。 5.美味しいおつまみと一緒に「獺祭」を楽しもう! 「獺祭」のコンセプトは『酔うため売るための酒ではなく、味わう酒』。また、旭酒造は『酒のある楽しい生活を提案する蔵でありたい』とも語っています。 蔵人たちが手間ひまかけてひとつのお酒を造るのは、その味わいを楽しむ飲み手がいるからこそ。美味しいお酒に欠かせないパートナー、美味しいおつまみを用意して「獺祭」と一緒にお家時間を楽しんでみませんか? 旭酒造さんのホームページはこちらから

日本酒の本醸造おすすめ15選

本醸造とは、米と米麹のほか、醸造アルコールを原料に造られる日本酒です。醸造アルコールを添加することで、味わいは軽快に仕上がります。 コストパフォーマンスに優れた本醸造は、日常酒としても人気のお酒。こちらでは、お家にストックしたくなる本醸造の人気銘柄、15選を紹介します! 1.日本酒の本醸造おすすめ15選 本醸造には、地域で古くから愛される銘柄が数多く揃っています。コストパフォーマンスの良さと飲み飽きしない美味しさは、日々の晩酌にぴったりだからです。 今回紹介する15銘柄も、各地域から全国へとその名が知られるものばかり。ぜひ、全国各地を旅する気分でお楽しみくださいね。 1-1.酔鯨 特別本醸造 「鯨が水を飲むように、豪快に気持ちよく酒を飲みほしてほしい」。酒蔵のそんな想いが込められた高知の地酒「酔鯨(すいげい)」。特別本醸造は、香り高い吟醸酒と同じ製法で造られています。味わいはスッキリ軽く、しっかりとした酸味もあり食中酒にぴったり。冷でも燗でもバランスのとれた美味しさを楽しめますよ。 (出典元:IMADEYA ONLINE STORE) 1-2.根知男山 本醸造 「根知男山 本醸造」は、新潟県根知産の米と水で造ったお酒です。米の外側を4割削り、雑味のないクリアな美味しさを実現。香りはおだやかで、やさしい甘さをほどよい辛みが引き締めます。合わせる料理を選ばず、すいすいと盃が進む銘柄です。 (出典元:IMADEYA ONLINE STORE) 1-3.乾坤一 本醸造 「乾坤一(けんこういち)」は、宮城県の老舗蔵で造られる日本酒です。地元の原料にこだわり、宮城県産のササニシキでふくよかな味わいを生み出しています。本醸造は、日本酒ファンから根強い人気を持つ銘柄。夏場は冷やで、冬には熱燗でと、どんなときも美味しい1本です。 (出典元:IMADEYA ONLINE STORE) 1-4.うごのつき 特別本醸造 吟醸酒のような華やかな香りが楽しめる本醸造「うごのつき」。品よくきれいな味わいは、まさに雨上がりに浮かぶ月のようです。「広島県の日本酒といえばコレ」というファンも多く、香りと味のバランスは絶妙。おだやかな余韻は日常を少し特別なものにしてくれます。 (出典元:IMADEYA ONLINE STORE) 1-5.喜久醉 特別本醸造 「喜久酔(きくよい)」は、すっきりとした味わいの静岡県の日本酒です。飲み飽きしない美味しさは、有名誌や漫画で大きく取り上げられるほど。冷やでも燗でも「ただただ美味しい」とうなってしまう酒質です。コストパフォーマンスにも優れ、晩酌の定番に人気の高い銘柄です。 (出典元:IMADEYA ONLINE STORE) 1-6.花泉 本醸造辛口 福島県南会津の大自然が生む日本酒「花泉」。本醸造は、辛口のなかにほどよいコクが活きたお酒です。冷で燗でも美味しく、まさに食中酒向きの銘柄。四季折々の食材と合わせ、思い思いに楽しむことができますよ。 (出典元:IMADEYA ONLINE STORE) 1-7.越乃景虎 特別本醸造 名水仕込 新潟県の銘酒「景虎」は、蔵から湧き出る超軟水と、全国名水百選のひとつ「杜々の森(とどのもり)」の湧水で仕込まれるお酒です。口当たりはやわらかで香りもおだやか。辛口でありながらどこかほっとする、上品な味わいです。澄み切った酒質は心地よく、その日の疲れを癒す一杯にぴったりですよ。 (出典元:IMADEYA ONLINE STORE) 1-8.日高見...

日本酒のおすすめ吟醸酒15選

吟醸酒は、華やかな香りとすっきりした味わいが特徴のお酒です。いちばんの魅力は、フルーツにも例えられる「吟醸香」。よく磨いた米をじっくり低温熟成させることで、リンゴやバナナのような香りが生まれます。 フルーティーな香りの吟醸酒は、日本酒初心者にもおすすめ!今回は、日本酒ファンからも人気の吟醸酒の数々を紹介します。 1.日本酒のおすすめ吟醸酒15選 吟醸酒は、淡麗な味わいを持つお酒です。なかには、濃醇な味わいの「味吟醸」と呼ばれるタイプもあります。 フルーツに例えられる香りも、甘いバナナのようなものもあれば、フレッシュなリンゴのような香りなど実にさまざま。 ぜひおすすめ銘柄を参考に、自分だけのお気に入りの1本を見つけてみてくださいね。 1-1.水芭蕉 吟醸 「水芭蕉」の吟醸酒は、エレガントかつキレのある味わいが特徴的。契約栽培米・山田錦のふくよかなコクも楽しめます。上品な香りのあとに残るのは、ほどよい甘み。キリっと冷やしてワイングラスで、ほどよく温めておちょこでと好みに合わせて楽しめるお酒です。 (出典元:IMADEYA ONLINE STORE) 1-2.〆張鶴 吟撰 吟醸酒 日本酒ファンからも人気が高い「〆張鶴」の定番酒。すっきりとクセがなく、まろやかな口当たりを楽しめる吟醸酒です。後味のキレの良さは、淡麗辛口が好まれる新潟の地酒ならでは。ほどよく冷やしてぜひ和食と一緒にお楽しみください。 (出典元:IMADEYA ONLINE STORE) 1-3.越乃寒梅 別撰 吟醸 「日本酒はすっきりタイプがすき」という方にぜひおすすめしたい、越後寒梅。米のふくよかな旨味とともに、スパッとしたキレの良さを感じられるお酒です。冷やでも燗でも美味しい点も、日本酒好きに好まれる理由。好みのシチュエーションに合わせて楽しめる1本です。 (出典元:IMADEYA ONLINE STORE) 1-4.くどき上手 ばくれん 美山錦 吟醸 超辛口 くどく上手の吟醸酒「ばくれん」は、超辛口タイプのお酒です。日本酒の甘辛度合いを示す日本酒度は、+20。+6以上が大辛口になることを考えると、超辛口と言われるのもうなずけますよね。香りはほどよく、すいすいと軽やかな飲み口を楽しめます。 (出典元:IMADEYA ONLINE STORE) 1-5.美丈夫 吟醸 麗 美丈夫(びじょうぶ)の「麗(れい)」は、食事のおともにぴったりの吟醸酒。香りはやわらかく上品で、料理の味わいを引き立ててくれます。後味はスッとキレよく、飲み飽きしない美味しさ。コストパフォーマンスにも優れた1本です。 (出典元:IMADEYA ONLINE STORE) 1-6.出羽桜 桜花吟醸 本生 ラベルに輝くのは「吟醸酒」の大きな3文字。「桜花吟醸酒」は、吟醸酒の先駆けともいえるお酒です。香りは熟れたフルーツのように甘く華やか。コクがありつつすっきりとした飲み口で、合わせる料理を選びません。加熱していないフレッシュな味わいを楽しむためにも、冷やして味わうのがおすすめです。 (出典元:IMADEYA ONLINE...

日本酒ウォッチ

東京都八王子市の米で造った日本酒「高尾の天狗 純米大吟醸原酒 袋しぼり」5月13日新発売!

東京都八王子市の米で造った日本酒「高尾の天狗 純米大吟醸原酒 袋しぼり」5月13日新発売!

株式会社舞姫は、東京都八王子産米100%の「高尾の天狗 純米大吟醸原酒 袋しぼり」を5月13日(木)より数量限定発売します。 編集部 この日本酒をきっかけに八王子の田園風景が次世代に繋がっていくといいですね! https://netmaihime.jp/SHOP/1232302.html 高尾の天狗 純米大吟醸原酒 袋しぼり ギフトカートン入り 5,500円 2014年、「まちおこし」から始まった高尾の天狗ものがたり。「高尾の天狗 純米吟醸」発売から7年。いよいよ、純米大吟醸の発売に至りました。 高尾の天狗は、東京都八王子のお米を使用し、八王子の豊かな田園風景が次世代につながっていく、そんな未来をつくるお酒です。このラベルにはそんな想いが込められています。 このお酒は年間を通し、氷点下で原酒のまま貯蔵を行うことにより、お米の持つ爽快さと、袋しぼりならではのふくよかな旨みが感じられる「八王子テロワール」の日本酒。華やかな果実系の香りと芳醇な旨みは和食にピッタリ。爽やかな喉越しで切れの良いお酒です。強めに冷やして、ワイングラスでお飲みいただくのもおススメです!!大切な方への贈りものに、また東京のお土産としても喜ばれるお酒です。 高尾の天狗 純米大吟醸原酒 袋しぼり 八王子の田園風景と一緒に   <高尾の天狗ストーリー> 2014年、お酒造りを通じて八王子を盛り上げていこう!と始まったまちづくりプロジェクト”はちぷろ”(八王子酒造りプロジェクト)で企画したお酒です。 このお酒は、八王子市民、契約農家さん、酒蔵舞姫が中心となり、田植え、草取り、稲刈りなど、市民参加型でお米作りから丹精込めて作りました。そして、醸造は長野県諏訪市の酒蔵舞姫で、蔵人たちが想いを込めて醸しています。ラベル文字の”高尾の天狗”は高尾山薬王院・第32世大山貫主に開運を祈願し揮毫して頂いております。 はちぷろホームページ http://www.hachipro.org/ はちぷろ田植え 市民参加型イベント はちぷろ稲刈り 八王子市制100周年田んぼアート <高尾の天狗 純米大吟醸原酒 袋しぼり 製品概要> 容量:720ml 原料米:東京八王子産 ひとごこち キヌヒカリ 精米歩合:45% アルコール度数:16度 価格:5,500円(税込)ギフトカートン入 販売本数:年間1500本限定 販売店 舞姫公式オンラインショップ(https://netmaihime.jp/SHOP/1232302.html) ギャラリー舞姫(蔵隣接SHOP) 蔵人舞姫(アンテナショップ) 京王百貨店新宿店 伊勢丹立川店 ふるまいや川崎JRアトレ店 東急スクエア青葉台店 高尾山スミカ 酒の柏屋(東京都府中市) 他 <株式会社舞姫について> 長野県諏訪市の甲州街道沿い、わずか500mの間に5軒の酒蔵が立ち並ぶ一帯があります。 同じ霧ケ峰の伏流水を仕込み水に使いながら、それぞれに特徴のある個性豊かな酒を醸し続けてきたその5つの蔵は、「諏訪五蔵」と呼ばれるようになりました。その諏訪五蔵の一角を担う「舞姫」が、諏訪の地で酒造りを開始したのは1894年。以来、「顔の見える酒づくり」をモットーとし、伝統と革新の酒造りを行っています。こだわり抜いて醸されてきた舞姫の日本酒を、ぜひお試しください。 代表銘柄:信州舞姫、翠露、高尾の天狗、Princess Time 株式会社舞姫 杜氏と蔵人作業風景   株式会社舞姫 本社 <会社概要> 会社名:株式会社舞姫 所在地 本社:〒392-0004 長野県諏訪市諏訪2-9-25 東京オフィス:〒192-0063 東京都八王子市元横山町1-17-10 代表者:西仲鎌司 設立:平成26年(2014年) 1月 事業内容:酒類の製造・販売 ホームページ:https://www.maihime.co.jp/ Instagram:https://www.instagram.com/maihime.sake/ 公式オンラインショップ:https://netmaihime.jp/ アンテナショップ:蔵人舞姫 所在地:〒192-0085 東京都八王子市中町10-12 TEL:042-649-7942 予約サイト:https://www.hotpepper.jp/strJ001249475/ Instagram:https://www.instagram.com/kurabito_maihime/?hl=ja (情報提供:PR TIMES)
無鑑査リニューアルキャンペーン 「一ノ蔵の塗り絵ラベルコンテスト」開催!

無鑑査リニューアルキャンペーン 「一ノ蔵の塗り絵ラベルコンテスト」開催!

株式会社一ノ蔵は、「⼀ノ蔵無鑑査」のリニューアルキャンペーンとして「一ノ蔵の塗り絵ラベルコンテスト」を5月12日~7月31日まで実施します。 編集部 自分が描いた塗り絵がラベルになった日本酒が購入できるので、飲み終わった後も愛着がありますね! ご応募いただいた中から社内選考により最優秀賞1名、優秀賞3名を選び、自身の描いた塗り絵をラベルにした無鑑査本醸造をプレゼント。 株式会社一ノ蔵(宮城県大崎市松山、代表取締役社長 鈴木 整)は、弊社定番商品「⼀ノ蔵無鑑査」のリニューアルにより誕生したオリジナルキャラクター「善さん」を使ったキャンペーン「一ノ蔵の塗り絵ラベルコンテスト」を5月12日から実施いたします。 ご応募いただいた中から社内選考により最優秀賞1名、優秀賞3名を選び、自身の描いた塗り絵をラベルにした無鑑査本醸造をプレゼント。 今回のお題は「善さん、夏の思ひ出」。 ただし、普通の塗り絵とはちょっと違います。金魚すくい、手持ち花火…いろいろな思い出がありそう。あなたが思う善さんの夏の思い出を背景に書き込み、塗り絵を完成させてください。自分が描いたラベルが日本酒になるかも。たくさんの思い出が届くことを楽しみにしてます。 また、コンテストに入賞しなくてもご自身の作品ラベルの購入が1本から可能。(中身酒:一ノ蔵無鑑査本醸造辛口 720ml 912円税込、送料別。手作業のため受注から発送まで3週間程度お時間をいただきます) 皆さまのご参加を心よりお待ちしております。 企画名:一ノ蔵の塗り絵ラベルコンテスト 応募期間:2021年5月12日(水)~7月31日(土) 応募方法:以下の手順に従って、ご応募いただけます。 1、一ノ蔵サイト「一ノ蔵の塗り絵ラベルコンテスト」詳細ページ、 お問合せフォームからお申し込みいただいた方へ、応募用紙をお送りいたします。 2、お題に沿って、自由に色をお塗ください。(作品名もお書きください) 3、描き終わりましたら、以下まで郵送をお願いいたします。 〒987-1393 宮城県大崎市松山千石字大欅14番地 「一ノ蔵の塗り絵ラベルコンテスト係 宛て」 ※郵送代はお客様ご負担となりますのでご了承ください。 4、こちらに届き次第、随時無鑑査サイトにてご紹介させていただきます。 5、結果発表は、無鑑査サイトにて発表いたします(8月中旬を予定) 一ノ蔵の塗り絵ラベルコンテスト詳細ページ https://ichinokura.co.jp/news/4561 【その他確認事項】 ※お題に沿って背景等ご自由に色をお塗りください(アレンジも可) ※ラベルにする場合、現物ではなく社内プリンタで印刷いたします。 ※応募いただいた作品は、一ノ蔵無鑑査サイトにて紹介させていただきます。 ※既存のキャラクターや漫画のイラストなどのご使用はご遠慮ください。 ※本コンテストは20歳以上の⽅に限定いたします。未成年の⽅のお申し込みは固く禁じます。(20歳以上の方のお申し込みであれば、未成年の方が描いた作品でも問題ありません) ※本コンテストでのご応募は、お一人さま何回でもご応募可能です。 ※PCソフト、お絵かきツール(illustrator、photoshop、お絵かきツールなど)で作成される方は専用ページから応募用紙のダウンロードできます。 ※ご応募いただいた作品の著作権は株式会社一ノ蔵に帰属します。 <賞品・当選者数> 「最優秀賞」 一ノ蔵無鑑査本醸造甘口・辛口・超辛口720ml ご自身の作品ラベル 3本セット(1名様) 「優秀賞」 一ノ蔵無鑑査本醸造辛口720ml ご自身の作品ラベル 1本(3名様) (1) 当選通知 当選結果は、無鑑査サイトにて発表させていただきます。 後日、ご記入いただいた住所へ賞品をお送りいたします。電話やメールでの当選結果のご質問にはお答えできませんので、ご了承ください。 ※当選権利を譲渡することはできません。 ※当選者のお名前、住所などは一切公表いたしません。 ※結果発表は無鑑査サイトにてご確認ください。 無鑑査公式サイト https://ichinokura-mukansa.jp/ 無鑑査公式インスタグラム https://www.instagram.com/mukansa_official 無鑑査公式フェイスブック https://www.facebook.com/mukansa.official/ 無鑑査公式ツイッター https://mobile.twitter.com/mukansaofficial   お問い合わせ 一ノ蔵塗り絵ラベルコンテスト事務局:0229-55-3322(マーケティング室まで) 受付時間:9:00~17:00(土・日・祝日・年末年始・弊社指定休業日を除く) ※公式アカウントへのメッセージ機能によるお問い合わせはお受けできません。 (情報提供:PR TIMES)
招待制の限定酒「MEISTERS 感動のその先へ」感動を超える最高傑作が販売開始

招待制の限定酒「MEISTERS 感動のその先へ」感動を超える最高傑作が販売開始

リカー・イノベーション株式会社は運営するお酒のオンラインストア「KURAND(クランド)」にて、「MEISTERS 感動のその先へ」を、2021年5月6日(木)より数量限定事前登録招待制での販売を開始しました。(https://products.kurand.jp/meisters/) 編集部 数量限定の事前登録が必要なのでお買い求めの方はお早めに! 研ぎ澄まされたお米が醸し出す「MEISTERS」シリーズ史上最上級の味わい ・「MEISTERS」とは 「KURAND」オンラインストアで現在販売されている人気シリーズ 「MEISTERS」は、“日本酒初心者が呑むべき決定版”をテーマに、酒造りの職人が生み出した渾身の一本です。一年を通して酒造りを行っているので、常にフレッシュな状態の日本酒が味わえます。瑞々しいリンゴのような香りとすっきりとした飲み口、米本来の自然な甘みが特徴です。フレッシュでフルーティーな味わいと お酒のほのかな甘みが、素材の味を邪魔せず引き立てる人気商品です。 ・「MEISTERS 感動のその先へ」とは そして2021年の今年、2019年にリリースされてから多くの日本酒ファンを生み出してきた「MEISTERS」を、コンセプトはそのままに"感動のその先の味わい”をテーマに新発売したのが「MEISTERS 感動のその先へ」です。日本屈指の技術を誇る「利き酒名人」であるはつもみぢの杜氏「原田康宏さん」が、「MEISTERS」シリーズの頂点を目指すべく、理想を追い求め未知への挑戦の末たどり着いた、誰しもを魅了する心震える味わいをお愉しみください。 ・精米歩合25%の高精白米で目指した究極の酒 日本酒造りでは「心白」と呼ばれるお米の中心部分を使うため、周りの部分を削って使用される部分の割合を「精米歩合」と呼びます。この割合が小さくなるほど香りが高く、雑味の少ない綺麗な味わいになると言われています。「大吟醸」と呼ばれる高級酒にあたるお酒は精米歩合50%以下と決められていて、50%程度の精米歩合で造られていますが、「MEISTERS 感動のその先へ」で使用されるお米の精米歩合は25%と、限りなく削った核の部分を使用しているので、それだけ使用するお米の量と手間も多くなり、費用もかかります。こうしてお米の核の部分だけを集めて造られた「MEISTERS 感動のその先へ」は、飲む前から感動を予感させる芳醇な香りと、雑味を一切感じさせない美しいお米の甘みが詰まった、甘美で上質な仕上がりになりました。杜氏、酒蔵のこだわりと魂のこもった、長い月日を掛けてほんのわずかしか造ることのできない、とても貴重な限定酒です。 「MEISTERS 感動のその先へ」のテイスト ・香りの特徴 フレッシュで甘酸っぱい華やかな香り。飲む前から感動を予感させます。 ・味わい 口に入れると優しいいちごのような甘味みが口に広がり、爽やかな酸味に心地良さを感じつつ、美しくクリア余韻を楽しめます。 ・おすすめの温度 3℃~10℃ ・おすすめのペアリング 魚のカルパッチョ・アクアパッツァ・ふぐ鍋・チーズ 【商品詳細】 ◯商品名:「MEISTERS 感動のその先へ」 ◯アルコール度数:15% ◯内容量: 720ml ◯販売価格: 24,200円(税込) ◯原料米: 山口県産西都の雫 ◯特定名称: 純米大吟醸 ◯精米歩合: 25% ◯製造元: はつもみぢ(山口県) ◯詳細URL: https://products.kurand.jp/meisters/ 酒蔵について ◆はつもみぢ(山口県) 1819年(文政2年)創業の200年の歴史を誇る酒蔵「はつもみぢ」。山口県周南市、徳山の繁華街の中心部に蔵を構える。時代の流れとともに昭和60年に一度清酒の製造を中止。しかし、「日本酒の素晴らしさを伝えたい!」との蔵元の強い思いで平成17年酒造を再開。「いつでも新酒の美味しさを味わって欲しい」との思いで、徹底した温度管理のもと、年間を通してお酒を仕込む四季醸造蔵として再出発。山口の米と水にこだわり、1本1本丁寧に仕込んでいる銘酒「原田」は、新進気鋭の地酒として注目を集めている。 <酒蔵の受賞歴> 全国新酒鑑評会入賞 2020年 蔵マイスター プラチナ賞 2020年 広島国税局清酒鑑評会 吟醸酒部門 優等賞 2020年 ■利き酒名人・原田康宏さん (杜氏)のコメント 文政2年(1819年)創業、200年の歴史を誇る老舗の酒蔵です。純米酒100%の蔵として、米の旨味を存分に引き出せる味わいを目指しています。今回は山口オリジナルブランドの酒米「西都の雫」を使用し、初の25%精米に挑戦しました。極限まで磨くことにより、香りはさらに華やかでフルーティに米の旨味を引き出しながらも、キレがありまったくとげのない(角のない)まろやかな味わいに仕上がりました。少量仕込みの手作業だからこそ味わえる、想いのこもった、まさに弊社究極の一滴です。 事前登録招待制販売について ▼事前登録期間 2021年5月6日〜2021年6月30日 ▼登録方法 特設サイト(https://products.kurand.jp/meisters/)にアクセスし、必要事項をご記入ください。 ▼購入の手続き 「MEISTERS 感動のその先へ」ご予約サイトご招待への、事前登録いただきましたお客様には、申し込み後3営業日以内に「MEISTERS 感動のその先へ」ご予約サイトへのご招待メールをお送りさせていただきます。 ※製造数量が非常に少ないため、お一人様あたりの購入数を制限する場合があります。 ※数量限定でのご招待の為、事前登録をされた全ての方が購入できるとは限りません。 ※ご予約注文ページへのご招待メールにて、「MEISTERS 感動のその先へ」のご予約方法の詳細と注意事項をご案内させていただきます。 ※転売目的での購入等の行為は固くお断りします。 ▼商品 「MEISTERS 感動のその先へ」 24,200円(税込) ▼発送期間 2021年6月上旬以降、順次発送予定 ▼注意事項 詳細は、特設サイト(https://products.kurand.jp/meisters/)をご確認ください。 【本件に関するお客さまからのお問い合わせ先】 <KURANDカスタマーサポート> https://kurand.jp/pages/contact 受付時間:9:00〜17:00 ※チャット・メールの有人対応は9:00〜17:00となりますが、受付は24時間実施しております。 ・お問い合わせの際は、下記の 2点の情報を明記のうえ、ご送信ください。 ①「MEISTERS 感動のその先へ」...
カクヤスグループ創業100周年プロジェクト「日本の酒蔵」を応援します!お酒とつまみに特化したモール型専門通販サイト【カクベツ】をオープン。

カクヤスグループ創業100周年プロジェクト「日本の酒蔵」を応援します!お酒とつまみに特化したモール型専門通販サイト【カクベツ】をオープン。

株式会社カクヤスは、お酒とつまみに特化した通販サイト【カクベツ】を7月にオープンします。 編集部 酒蔵の想いやこだわりを知ることができた上で日本酒を購入できるのは、選ぶ楽しみが増えそうですね! ■実施にいたる背景 新型コロナウイルス感染拡大による緊急事態宣言の発出等により、飲食店での時短要請、酒類提供禁止などの影響で、現在の酒蔵、並びに酒類業界は大変厳しい状況下にあります。当社はそういった酒蔵を応援し、日本の酒類業界活性化に貢献したいという想いから、カクヤスグループ創業100周年プロジェクトの一環として酒蔵を集めたお酒とつまみに特化したモール型専門通販サイト【カクベツ】を2021年7月にオープンいたします。 【カクベツ】サイトイメージ ■本サイトの概要 酒蔵に一般の方々への直接販売のプラットフォームを提供いたします。日本の酒蔵を応援し酒類業界を活性化しつつ、お酒好きな方々に「酒蔵の想いやこだわり」も感じながら個性的なお酒を味わっていただけるような、酒蔵とお酒好きな方々を橋渡しするサイトを目指します。 サイト名【カクベツ】は、お酒とつまみで「格別(カクベツ)」なひとときを過ごしていただきたい、という想いで名付けました。 また、酒蔵のある地域にはそのお酒に合う地域自慢の食材も豊富です。そういった食材も今後取り扱いをしていく予定です。 ■【本サイトの3つのポイント】 1.【「なんでも酒やカクヤス」ネットショッピングサイト会員145万人からの送客が可能!】 145万人の会員を持つ当社「なんでも酒やカクヤス」ネットショッピングサイトとのアカウント連携をし、送客を図ります。 2.【手数料率5%!】 出店する酒蔵が負担する手数料率は5%(クレジットカード手数料込み)。発生した売上金額のみが対象です。 ※出店商品のカテゴリーによって手数料が異なります。 3.【初期費用・月額費用なし!】 初期・月額費用は発生いたしません。 ■今後の展開 当社の新たな販売チャネル【カクベツ】は、酒蔵を応援することを目指して、今後、酒蔵・食材業者の出店を拡大していき、全国の一般の購入者様に商品をお届け致します。また将来的には、海外への販路拡大も視野に入れて酒類業界のさらなる売上拡大に繋げていきます。 ≪TOPICS≫ 『酒蔵 随時募集中!』 お酒とつまみのモール型専門通販サイト【カクベツ】に出店していただける酒蔵を随時募集しております。 ご希望の方、詳細をお聞きになりたい方は下記メールアドレスまでお気軽にお問合せください。 <酒蔵問合せ窓口> 【カクベツ】出店者担当 kakubetsu_shop@kakuyasu.co.jp 【株式会社カクヤスについて】 設立:2020年10月1日 本社:東京都北区豊島2-3-1 資本金:1,000万円 代表取締役:佐藤 順一 事業内容:酒類・食品等の飲食店および個人向け販売、「なんでも酒やカクヤス」、「KYリカー」、その他の店舗運営 URL:https://www.kakuyasu.co.jp/ (情報提供:PR TIMES)
フランスのトップソムリエが選ぶ、日本酒サブスクリプション「Sakeist®︎ Box」2021年5月よりサービス開始

フランスのトップソムリエが選ぶ、日本酒サブスクリプション「Sakeist®︎ Box」2021年5月よりサービス開始

株式会社Khariisは、トップソムリエがセレクトする日本酒サブスクリプション「Sakeist®︎ Box」の申し込みを5月12日より開始します。 編集部 トップソムリエがセレクトした日本酒が毎月届くので、自分では選ぶことや飲んだことのなかった日本酒を味わういい機会になるのではないでしょうか! Photo by Kô Oda 日本酒の魅力をもっと多くの人へ ■Sakeist®︎ Boxとは 2020年6月にロンチした、日本酒・焼酎プラットフォーム「Sakeist®︎」のグローバル・アンバサダーを昨年12月から務める、フランスのトップソムリエであり、「酒サムライ」の称号を持つ、Xavier Thuizat(グザヴィエ・チュイザ)氏がセレクトする日本酒2本(2蔵から1本ずつ)を毎月お届けするサブスクリプション ・サービスです。さらには、Xavier氏のナビゲートの元、セレクトされた日本酒を造る酒蔵の蔵元もライブで参加し、各蔵の歴史や哲学、代々受け継がれてきたノウハウを掘り下げ、さらにはテイスティングのアドバイスやお料理とのペアリングのヒントについてもお伝えする、Webinar形式のオンラインサロンも、サービスご契約の皆様へ向けて行う、かつてない形式のサービスです。 詳細URL:https://sakeist.com/subscription.html   2021年5月12日より、申し込みを開始し、5月のWebinarは、5月27日(木)日本時間20時より開催いたします。 *Webinarの参加はサービスご購入者のみとなります。ご参加のための詳細は、お申し込み・決済を確認出来た方から順次メールにてご案内致します。 5月の酒蔵:南部美人(岩手県)、天山酒造(佐賀県) ■サービス立ち上げの背景 日本人にとっては物心ついた頃から当たり前のようにある日本酒。でも、皆さん、日本酒の本当の魅力や価値にお気づきでしょうか?当たり前に存在しているからこそ気づきにくい日本酒の素晴らしさ、お酒を造る酒蔵の歴史や哲学。そして、店頭に並んでいる日本酒の味わいがどれも一様に見えて、どれを手に取って味わったら美味しいのか分からない、失敗したくない。そんなイメージをお持ちの消費者も多い昨今。 だからこそ、Sakeist®︎は、日本酒とは一見相対するように見える、伝統的なワイン生産国、フランスのトップソムリエであり、日本酒を心から愛し、2017年からフランスの日本酒コンクール「Kura Master」の審査員長を務め、2020年には「酒サムライ」の称号の叙任を受けた、Xavier Thuizat氏と共に、関心はあるものの何が自分の好みなのか、美味しい日本酒なのか分からないために、新たな視点、扉を通して、まだまだ知られていない日本酒の魅力をお届けするべく、このサービスを立ち上げました。 Sakeist®︎ Boxの特徴 1. フランスのトップソムリエが毎月の日本酒をセレクト Sakeist®︎アンバサダー、Xavier Thuizat氏が消費者の皆様に魅力を伝えたい、素晴らしいと考える酒蔵2蔵から、1本ずつセレクトし、毎月2本セットでお届け。 2. 購入者限定で、毎月下旬に開催する、Xavier氏と酒蔵2蔵とのWebinar開催 毎月セレクトした日本酒を造る2蔵の蔵元がゲスト参加し、クロストーク形式のWebinarを毎月下旬に開催します。Webinarの第1部では、各蔵の歴史や哲学などを掘り下げ、第2部ではお届けした日本酒をXavier氏が蔵元と共に試飲し、各商品の魅力や合わせるお料理などもお伝えします。 Webinarは毎月ライブ形式で開催し、参加は、サービス購入者の方限定となります。 *毎月中旬までにはWebinarの開催日を参加方法と共にメールでご案内します。スケジュールの都合で当日参加できない場合は、後日アーカイブ動画を視聴可能。 3. 気に入ったお酒は今後展開予定のオンラインストアで購入可(*一部商品は購入不可) 6月に展開予定のSakeist®︎オンラインストアにて、気に入ったお酒や同一酒蔵の別商品を購入することが可能。 ■料金体系 1ヶ月あたり 10,000円(税込) *配送料別 プラン1:3ヶ月プラン  1ヶ月あたり 10,000円(税込) プラン2:6ヶ月プラン  1ヶ月あたり 9,500円(税込) *5% OFF プラン3:12ヶ月プラン 1ヶ月あたり 9,000円(税込) *10% OFF 申し込み先:https://sakeist.com/subscription.html ■Sakeist®︎ Box 参加蔵(*一部のみ掲載) 南部美人(岩手県)、天山酒造(佐賀県)、人気酒造(福島県)、福光屋(石川県)、田中酒造場(兵庫県)、出和桜(山形県)、大七酒造(福島県)、八鹿酒造(大分県)、三宅本店(広島県)、八戸酒造(青森県)、他 Photo by Kô Oda 【Xavier Thuizat氏について】 18世紀にはかの「マリー・アントワネット」も過ごした、フランスで最も高い格式と歴史を有するホテル、「オテル・ド・クリヨン(Hôtel...

読んで日本酒をもっと楽しく