日本酒ウォッチ

最新の記事

【2022年最新版】甘口の日本酒おすすめ9選

日本酒の味わいは「甘口」「辛口」と表現されることがあり、おすすめの日本酒を選ぶ際に、このような甘口や辛口から選ぶのも日本酒の選び方の一つです。 日本酒の味わいは「甘口」、「辛口」と表現されることがあります。甘口はフルーティーな香りのお酒が多く、日本酒ビギナーでも飲みやすいタイプが多いことが特徴です。 今回は、甘口の日本酒の選び方とおすすめ9選をご紹介します。「甘口の日本酒ってどんな感じ?」と気になる方はぜひチェックしてみてくださいね。 1.甘口の日本酒とは 日本酒の「甘口」、「辛口」の指標には日本酒度が用いられます。一般的に、日本酒度が「-(マイナス)」であるほど甘口、「+(プラス)」であるほど辛口のお酒です。 また、日本酒を「甘い」と感じる要素には、酸度やアミノ酸度といった日本酒の成分が関係します。さらに、味の感じ方に大きな影響を与えるのが日本酒の「香り」です。 リンゴやバナナのようなフルーティーな香りを持つ日本酒は、日本酒度がプラスであっても、飲み手に「甘い」という印象を与えることがあります。つまり、甘い辛いの感じ方は、必ずしも数値に一致するわけではないということです。 それでも、数多くの種類があるなかで「甘口」、「辛口」は日本酒選びのひとつの基準となります。飲食店で日本酒を頼むときも「コクがある甘口のお酒が好きです」、「スッキリとした辛口タイプをよく飲みます」など、オーダーの際の目安になるため、ぜひ自分の好みを見つけてみてくださいね。 2.甘口の日本酒選び3つのポイント 甘口の日本酒選びのポイントは、以下の3つです。 日本酒度がマイナスに近いお酒を選ぶ お米の種類にも注目してみる スパークリング酒やにごり酒、貴醸酒も要チェック 前述したように、日本酒度は甘口辛口のひとつの目安になります。また、日本酒はお米の種類によって味に変化が生まれるのが特徴です。 なかには、スパークリング酒やにごり酒など、甘口タイプが多い日本酒もあります。「甘口のお酒を飲んでみたいな」というときは、ぜひこれらのポイントを参考に日本酒を選んでみてください。 2-1.日本酒度がマイナスに近いお酒を選ぶ 前述したように、日本酒度がマイナスのお酒は甘口に該当します。日本酒度を知りたいときは、お酒のラベルをチェックしてみてください。すべてのお酒に記されているわけではないものの、日本酒度の数値を確認できます。 「甘口」にあたるのは、日本酒度-5.9~ー3.5の範囲です。ー6以上のお酒は「大甘口」になります。 2-2.お米の種類に注目してみる 甘口の日本酒を飲みたいときは、お米の種類にも注目してみましょう。例えば、酒米の王様ともいわれる「山田錦(やまだにしき)」を使ったお酒は、香り良く、ふくよかな味わいに仕上がるのが特徴です。山田錦を小さく削って仕込んだお酒には、フルーティーで甘い香りを持つ銘柄もあります。 反対に、酒米のトップ2といわれる「五百万石(ごひゃくまんごく)」は、スッキリとしたタイプのお酒によく用いられる酒米です。香りはおだやかで、クセのない味わいを楽しめます。 ほかにも、華やかな香りのお酒に仕上がる「美山錦(みやまにしき)」、オマチストと呼ばれるファンを持つ「雄町(おまち)」など、酒米の個性はさまざまです。日本酒選びに迷ったら、ぜひ酒米の違いにも注目してみてください。 2-3.スパークリング酒やにごり酒、貴醸酒も要チェック シュワッとした発泡感が楽しめるスパークリング酒は、比較的アルコール度数が低く、甘口タイプが多いことが特徴です。滓(おり)と呼ばれる固形物をあえて残したにごり酒も、米の旨味と甘みを楽しめます。 貴醸酒(きじょうしゅ)は、水の代わりにお酒を使って仕込んだ日本酒です。口当たりなめらかで濃醇な甘さを持つ貴醸酒は、熟成タイプも多くロックスタイルでも美味しく味わえます。 3.おすすめの甘口日本酒9選 ここからは、おすすめの甘口日本酒10選をご紹介します。しっかりとした飲みごたえのあるタイプから、ワイングラスで楽しむカジュアルなタイプまで幅広いバリエーションを揃えました。 甘口日本酒は、お酒を飲み慣れない方や日本酒ビギナーにおすすめです。比較的アルコール度数の低い銘柄もあるため、ぜひ好みの1本を見つけてみてくださいね。 3-1.亀泉 純米吟醸生原酒 CEL-24 「CEL-24」は、高知で開発された酵母の名前です。生原酒とあるように、加熱殺菌処理や加水調整はされておらず、しぼりたてそのままのジューシーな味わいを楽しめます。 日本酒度は-16と、爽やかな甘みも魅力です。リンゴやパインのようなフルーティーな香りも堪能できますよ。 (出典元:はせがわ酒店) 3-2.八海山 貴醸酒 淡麗辛口の代名詞「八海山(はっかいさん)」が手がける貴醸酒です。仕込み水の代わりに清酒を使い、品の良い甘さを生み出しています。 日本酒度は-36と、貴醸酒ならではの濃密な甘さが魅力です。五百万石で造られる、八海山らしい清らかな旨味も活きています。熟成前の状態で瓶詰されているため、年数による色や味の変化を楽しむのもおすすめです。 (出典元:IMADEYA ONLINE STORE) 3-3.富久錦 Fu. 「富久錦 Fu.(ふくにしき ふ)」は、果実のような甘酸っぱさを楽しめる日本酒です。アルコール度数は8%と、加水をしない状態で低アルコールに仕上げられています。 クセのないチーズや新鮮な野菜を使ったサラダ、ピッツァのような料理との相性は抜群。日本酒を飲み慣れない方も、カジュアルに美味しい日本酒を楽しめます。 (出典元:富久錦株式会社) 3-4.来福 MELLOW 貴醸酒 とろりとした濃密な甘さを楽しめる貴醸酒です。仕込み水の一部には、純米酒が使用されています。 「来福(らいふく)」の貴醸酒は、甘さとフレッシュな旨味を兼ね備えているのが大きな特徴です。食前酒のほか食後酒としても楽しめます。ロックやソーダ割りで味わうのもおすすめです。 (出典元:IMADEYA ONLINE STORE) 3-5.讃岐くらうでぃ 香川生まれの「讃岐くらうでぃ」は、クリーミーで甘酸っぱいにごり酒です。とろりとした舌触りと味わいは、まさに大人のカルピス!アルコール度数は6%とライトな飲み口も魅力です。 注目したいのは、ロックにソーダ割り、ビール割りと幅広いスタイルで楽しめること。暑い夏にはジョッキに注ぎ、グイッと味わうのもおすすめです。唐揚げや焼き鳥といったボリューミーなおつまみとも相性抜群ですよ。 3-6.すず音 「すず音(すずね)」は、シュワシュワとしたスパークリングタイプの日本酒です。口に含むと細やかな泡とともに甘酸っぱい旨味が弾けます。 300mlの飲み切りサイズのため、乾杯のお酒にもおすすめです。アルコール度数は5%と通常の日本酒より低く、ライトな飲み口を楽しめます。 (出典元:IMADEYA ONLINE STORE) 3-7.木戸泉 アフス スパークリング うっすらと白くにごる甘酸っぱいスパークリング酒です。「アフス」という名は、開発に携わった人々の名に由来しています。 木戸泉(きどいずみ)を代表する「アフス」は、白ワインを思わせるフルーティーな香りとライトな飲み口が魅力。スッキリとした大人の甘さを堪能できます。 (出典元:IMADEYA ONLINE STORE) 3-8.陸奥八仙 ナチュラルスパークリング 「陸奥八仙(むつはっせん)」は、青森県を代表する地酒です。ナチュラルスパークリングは、瓶内の発酵で生まれるやさしい泡感を楽しめます。 ほんのり甘く、酸味も効いた味わいは辛口を好む方にもおすすめです。エレガントなボトルデザインも美しく、パーティーの差し入れにも喜ばれます。 (出典元:IMADEYA ONLINE...

「角打ち(かくうち)」とは?日本酒を気軽に楽しめる角打ちの魅力を解説!

酒販店で日本酒を購入するなかで「角打ち」という言葉を耳にしたことはないでしょうか? 角打ちとは、酒販店でお酒を飲むスタイルのこと。気軽に日本酒を楽しめると人気になり、近年はさまざまな角打ちスタイルが誕生しています。 お酒を味わい、そして購入できる角打ちは日本酒ビギナーにもおすすめ。今回は、角打ちの魅力や角打ちができるおすすめ店舗についてご紹介します! 1.「角打ち」とは? 「角打ち」は、酒屋に設けられたスペースでお酒を楽しむことです。明治時代に生まれたといわれる角打ちは、近年新しい日本酒の楽しみ方として注目を集めています。 日本酒ビギナーのなかには「角打ちって一体何のこと?」と疑問に思う方も多いのではないでしょうか。まずは、角打ちのくわしい意味や語源、発祥について探っていきましょう。 1-1.「角打ち」の読み方・意味 「角打ち」は、かどうちではなく「かくうち」と読みます。酒屋の一角で日本酒を楽しむことや、その酒屋自体を指す言葉です。また、四角い升(ます)でお酒を楽しむことを「角打ち」と呼ぶなど、幅広い意味で用いられています。 1-2.角打ちの語源 角打ちの語源は諸説あるものの、「升の角に口を付けて呑む」ことがそのひとつだといわれています。 現在のような一升瓶が誕生する以前、日本酒は桶(おけ)や甕(かめ)からの量り売りが一般的でした。各家庭には「通い徳利(かよいとっくり)」や「貧乏徳利(びんぼうとっくり)」と呼ばれる陶器製の容器があり、それぞれがその容器を持参し酒屋へと向かったのです。 酒屋は計量用の升から徳利へとお酒を注ぎ、その分だけ代金をもらっていました。 ところが、いつの時代にもお酒好きは存在するもの。「家に帰るまで待ちきれない!」という客が、升のお酒をそのまま酒屋で楽しむようになったのです。 こうした背景から、「升の角に口を付けて呑む」ことを意味する角打ちという言葉は、やがて「酒屋で酒を飲む」ことへと姿を変えていきました。 1-3.角打ちスタイル発祥の地「北九州市」 現在、全国各地で好まれる角打ち発祥の地は、福岡県北九州市だといわれています。 きっかけとなったのは、1901年(明治34年)の八幡製鉄所の開業。当時、三交代制で働く労働者たちは、仕事明けに一杯できる場所を求めていました。 ところが、労働者が深夜の仕事を終えた早朝、まだ居酒屋は開いていません。そこで選んだのが、朝から営業している酒屋の店先というわけです。 やがて、千葉県に新たな製鉄所が建設されると、労働者は関東へ移り住み、角打ちスタイルも本土へと広がっていきました。 現在も、北九州市には角打ち文化が深く根付いています。「北九州角打ち文化研究所」の調査によると、角打ちができる酒販店は120軒近くにのぼるとか(平成30年調査時点)。 北九州市へ足を運んだ際は、角打ちで地元の魅力を満喫してみるのも楽しそうですね。 (参考:北九州角打ち文化研究所) 1-4.関西では「立ち呑み」、東北では、「もっきり」と呼ばれることも 角打ちは、関西では「立ち呑み」とも呼ばれています。これは、居酒屋で立ったままお酒を飲む「立ち飲み」とは別の意味を持つ言葉です。 また、東北地方では「もっきり」、山陰地方では「たちきゅう」とも呼ばれます。「酒屋の一角で酒を飲む」というスタイルは変わらないものの、店の歴史や背景、地域性が色濃く表れるのも角打ちの特徴です。 2.角打ちの4つの魅力 酒販店で日本酒を楽しむ角打ちには、次のような4つの魅力があります。 時間に縛られず、気軽にお酒が楽しめる さまざまな日本酒を飲み比べて、購入ができる お酒が好きな人との交流の場にも 地元の空気、店の歴史を満喫できる いずれも日本酒を販売する酒販店ならではの魅力ばかり。気軽に美味しい日本酒を楽しめる角打ちは、日本酒ビギナーにもぴったりですよ。 2-1.時間に縛られず気軽にお酒が楽しめる 角打ちは気軽にお酒を楽しめるのが何よりの魅力です。サービス料やお通し代などを気にすることなく、グラス1杯から好きなお酒を味わえます。もちろん提供されるのは、酒販店が自信を持って販売する銘柄ばかりです。 営業中であればいつでも立ち寄れるのも角打ちの良いところ。時間に縛られず、午前中でもふらっと立ち寄り、美味しい日本酒を楽しめます。 2-2.さまざまな日本酒を飲み比べて、購入ができる 酒屋にずらりと並ぶ日本酒の数々。日本酒を飲みなれないと「どれにしよう」と迷ってしまうことも多いですよね。 複数の銘柄を1杯単位から飲み比べできる角打ちは、日本酒ビギナーにもおすすめのスタイル。自分好みのお酒を見つけたら、そのまま購入できるのも大きな魅力です。 2-3.お酒が好きな人との交流の場にも 酒屋の一角に設けられた角打ちスペースは、お酒好きな人たちが自然と集まる場所。地元の常連客のほか、旅行客が足を運ぶことも少なくありません。 なかには気のいい常連さんが、お店のルールやお酒の頼み方を教えてくれることも。美味しい日本酒を前に、楽しい会話を楽しめるのも角打ちの魅力のひとつです。 2-4.地元の空気、店の歴史を満喫できる 角打ちできる酒販店のなかには、古い歴史を持つお店もあります。そこは地元民が集う風情ある空間。なかには若い代がお店を継いだのを機に、新たなこだわりメニューを提供している角打ちもあります。 年季の入ったカウンターに地域性あふれるおつまみと、ほかにはない楽しみを満喫できるのも角打ちの魅力です。 3.知って安心!角打ちの楽しみ方 飲食店とはまた違う魅力を持つ角打ちスタイル。「初めてだとちょっと緊張…」という方も、事前に楽しみ方を知っていれば安心です。 マナーやお店の探し方など、ぜひ角打ちに足を運ぶ際の参考にしてくださいね。 3-1.角打ちのマナー 角打ちを提供するのはあくまでも酒販店。飲食店のようなサービスは提供していないため注意しましょう。お酒は冷やのみ、前払い制が基本です。 また、スペースが限られている店舗も多いため長居は禁物です。大勢で押しかけて騒ぐのは控え、常連さんに配慮しながら適度な量をサクッと楽しむように心がけましょう。 近年は、飲み放題やおつまみセットプランを展開する角打ち店もあります。いずれも料金形態を事前に把握しておくほか、常連さんの飲み方を参考にするとより安心ですよ。 3-2.「ネオ角打ち」「角打ちバー」など新しい角打ちの形も 日本酒文化の進化とともに、角打ちスタイルもさまざまに変化を遂げています。近年はおしゃれに角打ちを楽しめる「ネオ角打ち」が登場。こだわりのおつまみと一緒にバーカウンターで日本酒を楽しむ「角打ちバー」も人気です。 なかには日本酒だけでなく、ワインや焼酎を提供する店舗もあります。その他、酒蔵とのコラボイベントを開催するなど、各酒販店が工夫を凝らし、日本酒文化を若い世代に伝えようという取り組みが広がりを見せています。 3-3.角打ちできるお店の探し方 近年は角打ちスタイルを前面に打ち出す酒販店も少なくありません。「角打ちを楽しみたい!」と思ったら、まずは地域×角打ちのキーワードをネットに打ち込んでみましょう。利用形態や料金設定も事前に調べられるため、角打ち初心者も安心です。 地元民に愛されるコアな角打ち店を探すときは、口コミで探すのもおすすめです。初めてでも立ち寄れる店がないか、地元をよく知る飲食店や酒販店に相談してみるのもいいですね。その土地ならではの魅力が詰まった、角打ちとの出会いが待っているかもしれませんよ。 4.都内の角打ちのできるお店4選 ここからは、都内の角打ちできるお店4選を紹介します!いずれも自慢の日本酒を気軽に楽しめるお店ばかり。角打ち初心者でも足を運びやすい店舗のため、ぜひチェックしてみてくださいね。 ※営業時間等は変動している可能性もあるため、ご利用の際には、あらかじめ最新の情報をご確認ください。 4-1.スタンディングルーム鈴傳 「スタンディングルーム鈴傳」は、昔は良く見られた酒屋の「角打ち」を原型としており、現在の“立ち飲み居酒屋”の草分け的存在となっているお店です。 日本酒は店内の在庫に基づいて毎日変わり、値段は420円から楽しむことができます。 おつまみも名物牛すじが火曜日、名物レバーが水曜日、煮玉子・串カツが金曜日、その他手作りのおつまみが400円~450円で日替わりで楽しめます。 住所 東京都新宿区四谷1-10 営業時間 平日17:00〜20:45 サイト http://suzuden-sake.com/   4-2.銀座 君嶋屋 銀座と東京駅の間、外堀通り沿いの銀座1丁目にある「銀座 君嶋屋」です。 スタンディングバーで10種類以上の日本酒を楽しむことができます。 週末には飲み比べセットや特別なワインも楽しむことができるので、いろんな日本酒やお酒を楽しみたいという方におすすめです。 住所 東京都中央区銀座1-2-1紺屋ビル1F 営業時間 月〜土 10:30〜20:00 日祝 10:30〜19:00 サイト https://kimijimaya.co.jp/shop/ginza   (出典元:横浜君嶋屋 銀座店) 4-3.KURAND SAKE MARKET 池袋店 「KURAND SAKE MARKET」池袋店は、3000円の前払い式でなんと日本酒約100種類が飲み比べし放題のお店です。 時間制限もないので、心ゆくまで様々な日本酒を飲み比べて楽しむことができます。 お料理は持ち込みやデリバリーで調達が可能です。途中の入退店も可能ですが、自分の好きなおつまみを用意してからお店を訪れるとスムーズに楽しめます。 住所 東京都豊島区西池袋3-27-3 s&kビル4階 営業時間 平日17:00~22:30(LO 22:00) 土日12:00〜16:00(15:30LO) 17:00~22:30(LO 22:00) サイト https://sakemarket.kurand.jp/ikebukuro   (出典元:KURAND SAKE MARKET 池袋店) 4-4.未来日本酒店/KUBOTA SAKE BAR 気軽にオシャレにかっこよく、人気銘柄「久保田」を楽しめるお店です。 人工知能を用いた味覚サービス「YUMMY SAKE」が味覚を12種類に判定。結果をもとに、自分にぴったりの日本酒を楽しめます。 渋谷PARCO店限定のオリジナルカクテルやおつまみメニューも多彩。自由なスタイルで日本酒を楽しめるネオ角打ちです。 住所 東京都渋谷区宇田川町15番1号 渋谷PARCO B1階 営業時間 13:00~23:00(L.O. 22:00) サイト https://www.kubota-sake-bar.com/ 未来日本酒店/KUBOTA...

【2022年最新版】プレゼントに人気な辛口日本酒30選!贈り物に失敗しない銘柄をピックアップしました

辛口の日本酒をプレゼントしたいと思っても、普段日本酒を飲まない、日本酒を飲むけど甘口派という人は美味しい辛口を選ぶのは難しいですよね。せっかく相手が大好きな日本酒をプレゼントするのですから、失敗は避けたいところ。今回は日本酒通にも喜んでもらえる、プレゼントにおすすめの辛口日本酒をピックアップしました。 大切な人に贈りたい高級品から、ちょっとしたプレゼントや自分でも飲みたいお手頃価格の日本酒まで、辛口のおすすめをご紹介します。 1. プレゼントに人気な辛口の日本酒30選! 誰もが知っている人気の日本酒を選べば失敗は少ないですが、ありきたりのプレゼントになりがち。今回は日本酒通もうなる、失敗知らずでちょっぴりおしゃれな人気の辛口を見ていきましょう。 1-1. くどき上手 黒ばくれん 超辛口吟醸 生 山形県の亀の井酒造で造られている「くどき上手」。くどき上手の中でも「ばくれん」のシリーズは辛口好きに大人気の日本酒です。黒ばくれんは秋田県大潟村産亀の尾を使用しており、生酒でも飲める特別な辛口。レアな日本酒はプレゼントにぴったりです。 (出典元:IMADEYA ONLINE STORE) 1-2. 久保田 萬寿 純米大吟醸 日本酒を飲まない人でも知っているというくらい有名な「久保田」。新潟県の朝日酒造で造られています。純米大吟醸の「久保田 萬寿」は、深みのある味と香りが特徴でお祝いの席で好まれる辛口の日本酒です。大切な人のお祝い事に選んでみては? (出典元:IMADEYA ONLINE STORE) 1-3. 真澄 辛口生一本 純米吟醸 全国燗酒コンテスト2018で金賞受賞、全米日本酒歓評会2019で金賞受賞など輝かしい評価をたくさん受けている「真澄 辛口生一本」。長野県の宮坂醸造で作られています。辛口ながらもどこか柔らかさを感じることができる日本酒です。和食にぴったりなので食事中にも日本酒を楽しみたい人へのプレゼントにおすすめ。 (出典元:IMADEYA ONLINE STORE) 1-4. 雪男 本醸造 「雪男 本醸造」は米の旨味をしっかりと感じることができる純米酒。新潟県の青木酒造は淡麗辛口ではなく淡麗旨口を目指しているので、旨味は欲しいけど、余韻は少なく後味すっきり派の人におすすめです。 (出典元:IMADEYA ONLINE...

日本酒度とは?日本酒度とお酒の甘口・辛口について解説

プラスとマイナスの数字で表される「日本酒度」は、お酒の甘い、辛いの目安になるものです。一般的には、日本酒度がプラスであるほど辛く、マイナスであるほど甘いお酒と判断されます。 今回は、「日本酒度って何?」という方に向け、数字の見方や味を構成する酸度などについて解説!後半では、日本酒度プラス・マイナスのお酒も紹介します。味のバリエーションの広さこそ日本酒の大きな魅力。日本酒度について理解すれば、自分好みのお酒がもっと見つけやすくなりますよ。 1.日本酒の甘さ・辛さの基準となる「日本酒度」 「日本酒度(にほんしゅど)」とは、日本酒の甘さや辛さの基準となる数値です。数字の意味を知れば、日本酒の楽しみ方がより一層広がります。 また、日本酒の味わいには、日本酒度だけでなく「酸度」が関係しているのが特徴です。まずは、日本酒度の数字の見方とともに、日本酒の酸度について確認していきましょう。 1-1.日本酒度とは? 日本酒度は「0」を基準に、甘口であるほど「-(マイナス)」、辛口であるほど「+(プラス)」で表記されます。 日本酒度は、日本酒を注いだシリンダーに「日本酒度計」と呼ばれる重りのついた浮秤(うきばかり)を浮かべて計測します。 糖分の多い日本酒は水よりも重たくなるため、水の方が軽いことを示す「-」。反対に、糖分が少ない日本酒は軽く、水の方が重たくなるため「+」表記になるというわけです。 ただし、日本酒度はあくまでも甘辛の度合いを示すひとつの目安でしかありません。そもそも日本酒度は、蔵人が「もろみを搾るタイミング」を計るために計測するもので、一般消費者に味を示すためのものではないからです。 同じ銘柄であっても仕込んだタンクごとに日本酒度が違ったり、瓶詰めしてからの微生物の働きによって味わいが変化したりする可能性もあります。 1-2.日本酒度とセットで覚えておきたい日本酒の酸度 日本酒度とセットで覚えておきたいのが、日本酒の「酸度」です。酸度とは、酸っぱさではなく「芳醇(ほうじゅん)」や「淡麗(たんれい)」といった旨味やキレを表す数値のこと。およそ1.5~1.7を基準に、数値が高いほど濃醇、低いほど淡麗な味わいの日本酒に仕上がります。 さらに、日本酒の複雑な味わいは、日本酒度と酸度の組み合わせによって生まれます。つまり、日本酒度と酸度の数字の意味を知れば、日本酒の大まかな味わいがわかるというわけです。 すべての銘柄ではありませんが、日本酒度や酸度はラベルに記載されていることがあります。日本酒選びに迷ったら、これらの数字を参考に味わいをイメージしてみてくださいね。 2.味わいの感じ方は人それぞれ 一定の指標はあるものの、日本酒の「甘い」「辛い」といった感じ方は人それぞれです。同じお酒を口にしても「甘いお酒」と感じる人もいれば、「キリッとした辛口のお酒」と感じる人もいます。 その理由は、日本酒度や酸度以外にも「アミノ酸度」や「香り」が味わいに影響するからです。アミノ酸度は、日本酒に欠かせないコクと旨味を生み出します。また、フルーティーな香りのお酒は「甘いお酒」という印象を飲み手に与えやすいのが特徴です。 前述したように、数字はあくまでも味の目安のひとつです。日本酒度や酸度を気にしながらいろいろなお酒を楽しめば「自分は日本酒度が甘口寄りのお酒がすきなんだな」といった好みが見えてくるかもしれません。 日本酒のなかには、日本酒度が極端に高い「超辛口」をうたう銘柄もあります。自分好みのお酒がいつも日本酒度プラスであれば、そんな銘柄にチャレンジしてみるのもいいですよね。 日本酒は、多くの人に寄り添う味の幅の広さが魅力です。数字を参考にしつつ「どっしりとコクのあるお酒がすき」、「冷やして飲むスッキリタイプのお酒がすき」など、ぜひ自分好みの味わいを見つけてみてください。 3.日本酒度プラス、辛口のお酒3選 3-1.くどき上手 ばくれん 吟醸酒 超辛口 こちらは日本酒度プラス20の「超辛口」にあたるお酒です。フルーティーな吟醸香(ぎんじょうこう)を持つ吟醸酒のため、品の良い香りも楽しめます。スイスイと飲み進められるライトな味わいは、食事と合わせるお酒におすすめ。「好みのお酒はいつも辛口寄りなんだよなぁ」という方は、ぜひ一度試してみてくださいね。 (出典元:IMADEYA ONLINE STORE) 3-2.春鹿 純米 超辛口 辛口酒として人気の高い銘柄がこちら、奈良県生まれの「春鹿 超辛口」です。日本酒度はプラス12度。「超辛口」という言葉を初めて誕生させた銘柄でもあります。可愛い鹿のシンボルマークとは裏腹に、その味わいはドライでシャープな印象。180ml容量から販売されているため「超辛口をちょっと試してみたい」という方にもおすすめです。 (出典元:CRAVITON) 3-3.日高見 超辛口 純米酒 魚でやるなら日高見だっちゃ!が合言葉のお酒「日高見(ひたかみ)」は、米と米麹のみで作られた純米酒です。日本酒度はプラス11度と、超辛口でありながら米の旨味とコクも楽しめます。合わせる料理はもちろん、新鮮な魚介類がおすすめ。青魚から赤身の魚まで、食材の魅力を一層引き出してくれます。 (出典元:IMADEYA ONLINE STORE) 4.日本酒度マイナス、甘口のお酒3選 4-1.富久錦  Fu. 日本酒度マイナス60と極甘口にあたる数値でありながら、自然の甘みと酸味を堪能できるお酒です。アルコール度数は8%と通常の日本酒より低く、軽やかな味わいを楽しめます。おすすめはキリッと冷やしてワイグラスに注ぐスタイル。思わずふふっと笑みがこぼれるような優しいおいしさですよ。 4-2.朝日山 香里音プレミアム 「香里音(かりね)プレミアム」は、日本酒度マイナス45、酸度は2.8と濃醇甘口タイプにあたるお酒です。後口のしっかりとした酸味が品の良い甘さを引き立てます。香り穏やかな甘口タイプの香里音は、洋食とのペアリングもおすすめです。チーズを使った料理や、チョコレートスイーツなどとあわせて楽しんでみてください。 (出典元:朝日酒造) 4-3.亀泉 純米吟醸 生原酒 CEL-24 「CEL-24」は、お酒造りに使用する酵母の名前です。日本酒度をはじめ、酸度、アミノ酸度などが書かれたラベルに酒蔵の心意気が感じられます。高知酵母CEL-24由来の香りは、甘く華やか。火入れと呼ばれる加熱殺菌処理をしていない生酒のため、みずみずしい口当たりを堪能できます。 (出典元:はせがわ酒店) まとめ お酒を飲み始めると耳にする「甘口」、「辛口」という言葉。日本酒度は、それらに深く関係する数値です。必ずしも味を断定するわけではないものの、ラベルに記載されているときは日本酒選びの参考になります。 「日本酒の辛いってどういうこと?」と疑問に感じるときは、日本酒度プラスの大辛口のお酒を試してみるのもおすすめです。ぜひ、思い思いに日本酒の世界を楽しんでみてくださいね。

【完全版】日本酒の正しい保存方法!期限から落とし穴まで総まとめ

正しい日本酒の保存方法って、色んな意見や情報が多くて「日本酒をもらったけど、どう保存したらいい?」「常温での保存は良くないって聞いた…」と、不安になることは多いけど、結局どうしたらいいのかがわかりにくいです。 そんな方のために、日本酒の保存について当メディアで、日本酒の本来の賞味・消費期限や悪くなった日本酒の見分け方も説明した上で、正しい日本酒の保存方法についてまとめました! 人によってさまざまなこだわりがあるとは思いますが、当メディアでのオススメの日本酒の保存方法についてご紹介しますので、ぜひ参考にしてくださいね! 1.日本酒には賞味期限の表示がない!保存期間の目安は? 保存について考える上で重要なのが「賞味期限・消費期限」。 食料品のパッケージには必ずといっていいほど書いてある賞味期限ですが、日本酒には賞味期限の表示がないことをご存知ですか?賞味期限が書いていないと、おいしく楽しめる期間や、ずっと保存していた日本酒が安全なのか見分けられなくて心配に感じる人もいると思いますが、表記がないのには理由があるんです! 1-1. 日本酒に賞味期限の表示がない理由 日本酒に賞味期限が書いていないのは、法律で消費期限・賞味期限の表示を省略できると決まっているから。 ー(問 25)酒類において、表示の省略ができる事項はありますか。   酒類については、「保存の方法」、「消費期限又は賞味期限」、「栄養成分(たんぱく質、脂質、炭水化物及びナトリウム)の量及び熱量」※の表示を省略することができます。ただし、これらの事項を表示する場合には、食品表示基準に沿った表示を行う必要があります。(食品表示基準第3条第3項) (出典元:食品表示法における酒類の表示のQ&A – 国税庁) 食品表示法では、日本酒をはじめワインやカクテルなどのお酒類全般で、賞味期限の表示が免除されているんです。また、日本酒のラベルには日付の表記があって、賞味期限と似ているため勘違いしやすいのですが、これは「製造年月」。こちらは必ず記載することが義務付けられています。 1-2. ラベルに書いてある製造年月とは? 製造年月というと、お酒をしぼった日というイメージが浮かぶ人もいると思いますが、日本酒の製造年月は、お酒をしぼった日ではなく、その日本酒が製造された年・月の表示のこと。日本酒が作られるまでには、【「原料をしぼる」→「原料をろ過する」→「火入れをする」→「貯蔵をする」→「熟成をする」】という手順があり、これらの過程を経て瓶詰めされていきます。 製造年月を付けるタイミング 日本酒の製造年月は、容器に詰められた日や、出荷時期であることが多いですが、小さい蔵元の場合は、一度にまとめてビン詰めを行うため、ラベルの日付と出荷時期が一致しないこともあるのだとか。。 さらに、一度ビンに詰められた日本酒でも、貯蔵されていたものは出荷するときの日にちを製造年月として表記しても良いとされているので、ビン詰めをした日にちと製造年月がズレてしまうこともあるのです。 1-3. 保存期間に大きく関わる「火入れ」と「生酒」の違い 日本酒の保存について語るときに、とても重要になってくるのが「火入れ」「生酒」というキーワードなので先に解説します。 生酒とは、製造過程で「火入れ」という加熱処理を行っていない種類のことです。日本酒は火入れの回数、タイミングで種類が分けられています。詳しくは下記を参考にしてください。 生酒と火入れによる日本酒の違い 日本酒の火入れ回数による名称の違いは以下のとおり。 火入れを行わない 生酒 貯蔵後に火入れ1回 生貯蔵酒 貯蔵前に火入れ1回 生詰め酒 貯蔵前後に火入れ1回ずつ 二回火入れ   生酒は、火入れを一度も行っていない日本酒。一般的な日本酒はボトルに貯蔵する前後に1回ずつ、合わせて2回の火入れが行われています。 生酒と火入れの中間として、生貯蔵酒・生詰め酒があります。日本酒は火入れの回数、タイミングで風味が異なるので、興味がある方は実際に飲み比べてみてください。 火入れをする理由 日本酒の製造過程で火入れをする1番のワケは、雑菌を除去して、酵母の動きを止めて品質を安定させるため。その代わりに原料の香りが落ちやすいのがデメリットだと言われています。 いっぽう、生酒は火入れを行っていない日本酒。米の旨味がそのまま残っているため、新鮮な風味を楽しむことができます。しかし、加熱処理をしていないため、劣化しやすいのが特徴です。 日本酒の生酒と火入れを見分ける方法 日本酒が生酒か火入れかを見分けるにはラベルを確認しましょう。日本酒のラベルには火入れごとの名称が記載されていて、火入れをしていない日本酒ならラベルに「生酒」と書いてあり、一目で火入れ回数がわかるようになっています。 前述した火入れ回数による名称の違いを参考に、おうちにある日本酒のラベルをチェックしてみてください。 1-4. 日本酒(火入れ、生酒)のそれぞれの保存期間の目安 日本酒をは、「生酒」か「火入れ」かで大きく変わってきます。「生貯蔵酒」や「生詰め酒」は、およそ2つの中間として考えてください。 (また、保存環境によって変わってしまうので、あくまでも目安としてご確認ください。) 保存場所(冷暗所、冷蔵庫)ごとの保存方法や期間の目安については、この記事の後半で触れていますので、気になる方はぜひチェックしてくださいね。 火入れ・未開封 火入れ・未開封の日本酒は、保存環境が悪くなければいつまでも飲むことができますが、冷暗所であれば製造年月から1年以内に飲むことをおすすめします。日本酒セラーや冷蔵庫などで熟成できれば、より長い期間で熟成させて楽しむこともできるかも! おいしさのピークを越えたお酒は老ね(ひね)てしまい、変色したり甘みや苦みが強くなってしまうことがあります。 火入れ・開封済み 開封をすると空気中の酸素による酸化や菌によって3~5日で酒質が変化すると言われています。(酒質の変化はけっして悪い意味ではなく、熟成も含みます) 開封後でも数ヶ月かけて変化を楽しみながら飲めますが、環境によっては火落ち菌が発生して飲めなくなる可能性もあるため、保存方法には注意が必要です! 生酒・未開封 生酒は火入れされていないため、酵母が生きていてフレッシュな風合いがあるのが特徴。酵母が生きていて常温では発酵が進んでしまい保存が効かないので、製造日から9ヶ月以内には飲みきるのがオススメです。生酒は常温での保存はNGです! 生酒・開封済み 生酒で開封済みの場合、日本酒セラーのような適切な保存方法で保管していたとしても2週間以内が目安となります。また上記同様常温での保存はNGです! 1章のまとめ! 日本酒は賞味期限の表記が法律で免除されている(ラベルに表示されてる日付は製造年月)。 火入れ・生酒の違い加熱処理の有無。火入れをすると酵母の活動が止まり品質が安定する 保存期間の目安は「火入れ・生酒」「未開封・開封済み」で異なる。 未開封 開封済み 火入れ有り 遅くとも製造年月から1年以内には飲みきることをおすすめ 3~5日で酒質が変化。数ヶ月かけて変化を楽しむのもあり。 生酒 9ヶ月以内に飲みきるのがオススメ。温度に注意! 2週間以内が目安 2.日本酒を適切に保存するための3つのポイント 2-1. 理想の温度はマイナス5度 日本酒の味を決める成分に含まれる酵母や酵素等の活動は、低温になればなるほど鈍くなります。それ故に日本酒は温度変化と温度が高いところに弱いです。低めで常に一定の温度が保てる場所が◯。日本酒が凍らず、酒質の劣化を最低限に抑えられる理想の温度がマイナス5度となっています。 2-2. 紫外線が当たらない場所に保管する 紫外線を浴びてしまうと日向香(ひなたか)という匂いの原因になってしまい、日本酒の香りが損なわれてしまうため紫外線が当たらない場所がおすすめ。 2-3. 空気に触れる面積などは少ないほうがいい デリケートな日本酒は空気に触れると酸化してしまい酒質の劣化に繋がります。保管する場合は空気に触れる面積が少なくなる縦置きが基本となります。 2章のまとめ! 日本酒の保管は冷暗所(理想はマイナス5度で紫外線を避け、縦置き保存) 日本酒は「紫外線」「温度変化」「空気」に弱い飲み物 3. 悪くなってしまった日本酒の判断ポイント! 3-1.黄色っぽくまたは茶色っぽく色が変化している(安心度70%) 日本酒は時間が経過することで、茶色に変色していることがあります。この場合は劣化しているのではなく、日本酒に含まれているアミノ酸による影響。飲んでも体に影響はありません。 3-2. 口に含んだときに変な酸味がある(安心度50%) 日本酒が劣化する原因の多くは空気に触れることによる酸化です。日本酒が酸化すると見た目に大きな変化はありませんが、味が格段に落ちます。 もし、開封後の日本酒を飲んだときにピリッとした辛さ、酸味を感じなければ酸化している可能性が高いです。不良品というわけではないので、誤解しないように注意してください。 3-3.白い濁りが発生している(安心度30%) 白ボケという、酵素蛋白粒子が成長して白くなっている現象か、火落ち菌というものが繁殖しているサインの可能性があります。前者であれば飲めますが、後者の火落ち菌の場合はあきらめるしかありません。 火落ち菌とは? 火落ち菌とは特殊な乳酸菌の一種です。アルコールのなかでも繁殖できる性質を持っており、お酒にとっては天敵。火落ち菌が繁殖すると、日本酒が白く濁り、鼻をつく独特な臭みを発します。 火落ち菌自体は体に害がないので飲んでも問題はないです。しかし、火落ち菌によって劣化した日本酒はとても飲めた味ではありません。日本酒から異臭を感じたときは飲まずにそのまま捨てたほうがいいでしょう。 タンパク混濁とは? 日本酒の濁りはただの「タンパク混濁」の可能性もあります。タンパク混濁とはその名のとおり、日本酒に含まれるタンパク質が固形化する現象。もともとの成分が沈殿して白く濁ったように見えるのです。 この場合はとくに風味の劣化といったものはありません。火落ち菌が増殖していると勘違いして捨てるのはもったいないので、匂いをチェックして判断してください。 ↓傷んだ日本酒の見分け方から、日本酒を無駄にしない”飲む以外の消費法” についてはこちら!↓ https://sake-5.jp/sake-expiration-date/ 3章のまとめ! 「黄色や茶色に変化」熟成の過程だ思われます。味や風味に問題がなければ飲めます。 「白い濁り」火落ち菌が発生している可能性があります。匂いをかいで異常がないか確かめましょう。(ただの「タンパク混濁」であれば問題なし) 4.日本酒保存方法:冷暗所で保存する場合 可能であるならば日本酒はご家庭の冷蔵庫に入れたほうがおいしさを損なわずに済みますが、一升瓶など大きい日本酒は冷蔵庫に入らないこともしばしば。そんなときはどうすればいいのでしょうか? 4-1.保管する場所はどういう場所がいい? 日本酒は「紫外線」「温度変化」「空気」に弱い飲み物。この3つを避けた冷暗所が基本。冷蔵庫以外でのオススメは床下収納やキッチンの戸棚などが該当します。ただし、季節や部屋の温度等に左右されるので過信は禁物。 4-2.保管期間はどれくらい? 日本酒の保存は「火入れ or 生酒」と「開封前 or...

日本酒の「上撰」や「特撰」、「佳撰」とは?由来や読み方を解説

日本酒のラベルに「上撰」、「特撰」などと書かれているのを見たことはないでしょうか?漢字表記や種類が多い日本酒。一体何のこと?とふしぎに感じてしまいますよね。 そこで今回は、「特撰」「上撰」「佳撰」の読み方や意味について詳しくお伝えします。種類の豊富さこそ、日本酒の魅力であり奥深さ。違いを知ると、日本酒選びがもっと楽しくなりますよ。 1.「特撰」「上撰」「佳撰」とは?読み方と意味 「特撰」「上撰」「佳撰」とは、蔵が独自に設けた日本酒のランクのことです。「佳撰」から「特撰」に行くほどランクは高くなります。まずは、それぞれの読み方や具体的な意味について確認していきましょう。 1-1.「特撰」「上撰」「佳撰」の読み方 「特撰」「上撰」「佳撰」は、それぞれ以下のように読みます。 特撰(とくせん) 上撰(じょうせん) 佳撰(かせん) 「撰」は、書物を書き記したり、多くのなかから良いものを選び取ることを意味する漢字です。「特」は、とりわけ抜きんでていることを表します。漢字の意味を考えても、「特撰」が3つのなかで特に優れていることがわかりますね。 1-2.「特撰」「上撰」「佳撰」は蔵独自のお酒のランク付け 「特撰」「上撰」「佳撰」には、法的な基準は設けられていません。あくまでも、蔵独自が設けたお酒のランクです。使う材料や製造方法などによって、ランクはわかれます。「特撰」に比べ、「佳撰」のお酒はリーズナブルなものが多くなるでしょう。 「特撰」「上撰」「佳撰」が生まれる以前、日本酒は「級別制度」でランクわけされていました。「特撰」「上撰」「佳撰」が蔵独自のランクであるのに対し、級別制度は酒税を課すために国が定めた基準です。 級別制度がいつ頃廃止され、なぜ「特撰」「上撰」「佳撰」が生まれたのか、次の章で詳しく解説していきますね。 2.かつての級別制度のなごり「特撰」「上撰」「佳撰」 日本酒級別制度は、1940年(昭和15年)の戦争のさなかに生まれました。食糧難により原料の米が不足し、水でかさ増ししたような質の悪い酒が横行しはじめたからです。 政府が流通を認める基準となった級別制度は、当初は「特級」から「五級」までの6分類でした。太平洋戦争後は、「特級」「一級」「二級」の3つのランクが主流となっていきます。 1990年(平成2年)になると、級別制度に代わる基準として「特定名称酒」が登場します。その後約2年間は、級別制度も併用されていました。 突然呼び名が変わるとなっても、市場も蔵も困惑してしまいます。そこで、「特級」「一級」「二級」に代わる名称として誕生したのが「特撰」「上撰」「佳撰」の呼び名でした。 級別制度のなごりである3つの呼び名は、特定名称酒が主流となった現在も各蔵で広く用いられています。 3.級別制度から「特定名称酒」へ 現在主流となっている「特定名称酒」の基準では、日本酒は以下の8つに分類されます。 本醸造酒(ほんじょうぞうしゅ) 特別本醸造酒(とくべつほんじょうぞうしゅ) 吟醸酒(ぎんじょうしゅ) 大吟醸酒(だいぎんじょうしゅ) 純米酒(じゅんまいしゅ) 純米吟醸酒(じゅんまいぎんじょうしゅ) 純米大吟醸酒(じゅんまいだいぎんじょうしゅ) 特別純米酒(とくべつじゅんまいしゅ) これらの呼び名は、お酒の原料や製造方法などで分類されたものです。「特撰」「上撰」「佳撰」は、特定名称酒に該当しない「普通酒」にあたります。特定名称酒については、こちらの記事もぜひ参考にしてくださいね。 https://sake-5.jp/miscellany-of-sake/#1-1%E7%89%B9%E5%AE%9A%E5%90%8D%E7%A7%B0%E9%85%92%E3%81%AB%E3%81%A4%E3%81%84%E3%81%A6 4.おすすめ「上撰」3選 「特撰」「上撰」「佳撰」は、特定名称酒ではない普通酒にあたるお酒とお伝えしました。普通、と聞くとなんだか特別名称酒のほうが特別で美味しいというイメージを持ってしまいがち。ところが、流通する日本酒の約7割は普通酒が占めるなど、実は普通酒はとても身近な存在なんです。 実際に、蔵自慢の普通酒「特撰」「上撰」「佳撰」も数多く存在します。こちらでは、なかでもおすすめの「上撰」3選を紹介していきますね。 4-1.上撰 松竹梅 大手酒造メーカー、宝酒造の代表酒「上撰 松竹梅」。常温でも温めても変わらないクオリティは、長年多くのファンに愛されています。春には山菜、夏は冷奴、秋の秋刀魚に冬の鍋物と、季節をとおした旬の味わいに寄り添う美味しさです。 (出典元:宝酒造株式会社) 4-2.上撰 白鶴 旨味とキレを兼ね備えた「上撰 白鶴」は、燗酒好きにおすすめの1本です。温度帯に関わらず、適度な香りとコクが日本酒好きの心を満たしてくれます。200ml容量のカップ酒も販売されているため、美味しいお酒を気軽に楽しみたいときにおすすめです。 (出典元:白鶴酒造株式会社) 4-3.上撰 月桂冠 酒どころ伏見の酒造メーカー「月桂冠」。上撰は昭和の時代から長年親しまれてきたお酒です。月桂冠オリジナルの酵母を使用し、ふくよかな旨味を生み出しています。よりすっきり軽やかな味わいを楽しみたいときは、「佳撰」もおすすめです。 (出典:月桂冠株式会社) まとめ 日本酒の基準変更にともない生まれた呼び名「特撰」「上撰」「佳撰」。普通酒にあたるこれらのお酒は、今でも多くのお酒好きに愛されています。肩書にこだわらずにお酒を選べば、日本酒の世界がさらに広がるはず。酒販店や飲食店などでその名前を見つけたら、ぜひ手にとって味わいを確かめてみてくださいね。

日本酒で作る鍋「美酒鍋」と「常夜鍋」のレシピを紹介!

温かい鍋が恋しい季節がやってきました!実は日本酒は、鍋と相性抜群。旨味の相乗効果でお互いの美味しさがより引き立ちます。 今回は、日本酒を使った「美酒鍋」と「常夜鍋」のレシピをご紹介します。「日本酒をいつもと違うアレンジで楽しみたい」、「飲み切れない日本酒が余っている」というときは、ぜひチャレンジしてみてくださいね。 1.日本酒と鍋は相性抜群! 寒い冬の定番、鍋と日本酒は相性抜群!その理由には、それぞれが持つ旨味成分が関係しています。 鍋のベースとなる出汁は、旨味の宝庫。昆布や野菜にはグルタミン酸、きのこ類にはグアニル酸、魚や肉にはイノシン酸が多く含まれています。これらはすべて、旨味のもととなる成分。それぞれの相乗効果で、鍋はより美味しい料理に仕上がるというわけです。 また、日本酒は旨味成分アミノ酸を豊富に含むお酒です。鍋の成分と合わされば、旨味の相乗効果がより高まります。鍋をおともに日本酒を楽しむのはもちろん、鍋の材料として日本酒を使うのもおすすめです。 2.賀茂鶴酒造考案の「美酒鍋」 「美酒鍋」は、酒蔵発祥の鍋料理です。考案したのは、広島県の賀茂鶴酒造。蔵人に栄養をつけてあげたいとの思いから生まれた「美酒鍋」は、利き酒に影響の出ない、あっさりとした味わいが魅力です。 「美酒鍋」は水は使わず、日本酒のみで調理していきます。お酒の種類は、旨味のある純米酒や、冷でも燗でも美味しい本醸造酒などがおすすめです。野菜の量や種類は好みにあわせて調整してください。具材を多めに用意すれば、日本酒を足しつつ温かい鍋を楽しめます。 2-1.美酒鍋の材料(4人分) 豚ばら肉(薄切り)200g 鶏むね肉     200g 砂肝       200g にんにく     1かけ サラダ油       少量 ※野菜は好みにあわせて調整してください 白菜       1/4株 白ねぎ       1本 玉ねぎ      1/2個 ピーマン      2個 にんじん     1/2本 しいたけ      4個 えのきだけ     1株 こんにゃく (ちぎって下茹でする)1/2枚 厚揚げ       1枚 ※水は使わず清酒のみで仕上げます 清酒    400~500ml 塩、こしょう      適量 溶き卵(お好みで) 2-2.美酒鍋の作り方 1.すべての材料を食べやすい大きさにカットする。にんじんはピーラーを使うと薄い短冊状になり、火が通りやすいのでおすすめです。 2.鍋にサラダ油とスライスしたにんにくを加え、弱火にかける。香りが出てきたら肉類を入れ、塩コショウで下味を付ける。 3.肉類に軽く火が通ったら、火の通りにくい材料から鍋に入れていく。 4.日本酒を材料が半分浸かるぐらいまで入れ、強火で2~3分沸騰させ、炒り煮しながらアルコール分を飛ばす。 5.野菜がしんなりしたら、塩コショウで味を調えてできあがり。好みで溶き卵、七味、ゆずこしょうなど絡めていただく。 3.冬に旬を迎えるほうれん草がたっぷりの「常夜鍋」 「常夜鍋」は、豚肉とほうれん草主体のシンプルな鍋です。毎晩食べても飽きないことから、その名が付けられたといわれています。 好みにあわせ、だし汁と日本酒の割合をアレンジするのもおすすめです。レシピは基本となるほうれん草、豚肉、油揚げの組み合わせですが、大根やネギ、豆腐などを加えれば味のバリエーションが広がります。 3-2.常夜鍋の材料 (4人分) 豚バラ肉(薄切り)  300g ほうれん草      1束 ...

日本酒スイーツおすすめ10選とおうちで作れる日本酒スイーツレシピを紹介!

ケーキにショコラ、マカロンと多様な進化を見せる日本酒スイーツ!今回は、そのなかでもおすすめの日本酒スイーツ10選をご紹介します。 日本酒香るスイーツは、お酒好きな方へのプレゼントにおすすめです。後半には手作りレシピも登場するので、ぜひお家で美味しい日本酒スイーツを楽しんでくださいね。 1.おすすめ日本酒スイーツ10選 近年は、全国でさまざまな日本酒スイーツが販売されています。日本酒をたっぷり染み込ませたケーキからショコラまで、バリエーションも豊富です。お取り寄せや通販可能な品もあり、贈答用にも好まれています。 1-1.宮城の酒蔵 利き酒ショコラ 一粒一粒のショコラに使われているのは、宮城県内6件の酒蔵のお酒。まるで利き酒を楽しむように味わえるショコラの詰め合わせボックスです。伝統の技で生まれる山廃(やまはい)仕込みから、貴醸酒(きじょうしゅ)と呼ばれるタイプまでお酒の種類はさまざま。日本酒好きへのバレンタインプレゼントにもおすすめです。 (出典元:ショコラティエ パレドオール) 1-2.日本酒ケーキ 壱ノ壱ノ壱 「壱ノ壱ノ壱(いちのいちのいち)」は、パレスホテル東京のプライベート日本酒です。名前はホテルの住所、丸の内1-1-1に由来しています。 ブランド卵『太陽の輝き 彩卵』や純日本産の『和三盆糖』などを原料に、純米大吟醸の酒粕をプラス。ふわふわしっとり、きめ細やかな口あたりの日本酒ケーキです。 (出典元:パレスホテル東京 Online Shop) 1-3.きつくらスイーツ「日本酒のマカロン」 コロンとかわいい「日本酒マカロン」。クリームには、橘倉(きつくら)酒造のお酒「菊秀 純米吟醸 無尽蔵シリーズ」が練り込まれています。口に入れるとホロリとほどけるのは、お酒と酒粕の甘い香り。地元ケーキ店と共同開発したという、信州発の日本酒スイーツです。 (出典元:橘倉酒造) 1-4.山車 地酒ぷりん 「山車(さんしゃ)」は、岐阜県・飛騨高山の原田酒造場が手がける地酒です。日本酒香る「地酒ぷりん」は、酒蔵内でも味わえます。プリンのほか、日本酒を使ったソフトクリームやチーズケーキなど、スイーツのバリエーションは実に豊富。「地酒ぷりん」の美味しさをきっかけに、足を運びたくなる酒蔵です。 (出典元:飛騨酒蔵 山車【公式サイト】) 1-5.秋田ほろよい酒ゼリー 銘酒物語(めいしゅものがたり) 秋田県は数々の人気銘柄が生まれる酒どころ。「秋田ほろよい酒ゼリー」では、秋田の地酒を使った6種のゼリーを味わえます。「まんさくの花」に「太平山(たいへいざん)」、「高清水(たかしみず)」など、秋田といえばといわれる銘柄ばかり。暑い時期には凍らせて、シャリシャリ食感の日本酒シャーベットとして楽しむのもおすすめです。 (出典元:お菓子のくらた) 1-6.日本酒とお米のチーズケーキ 「八極」 埼玉県の酒蔵「晴雲(せいうん)酒造」と、お菓子工房「Dante」のコラボレートケーキです。四角いチーズケーキからふわっと広がるのは、熟成古酒の香り。チーズと酒粕の風味がギュッと凝縮され、日本酒とあわせて美味しくいただけます。酒蔵の升(ます)が付いたセットはギフトにもおすすめです。 (出典元:手作りチーズケーキの店 ダンテ) 1-7.越乃ショコラケーキ ベルギー産のチョコレートと、日本酒のマリアージュを楽しめるスイーツです。お酒は新潟県の酒蔵「吉乃川」の大吟醸酒。日本酒好きはもちろん、お酒を飲まない方でも食べやすい味わいです。酒どころ、新潟県のお土産にもおすすめしたい逸品です。 (出典元:新潟県観光物産株式会社) 1-8.鶴齢ショコラ雪男 もさっとした体に小さく輝く2つの目。どこかキュートな雪男ラベルのお酒は、「鶴齢(かくれい)」の人気銘柄です。こちらのケーキは、日本酒を染み込ませたガトーショコラをチョコレートでコーティングしたもの。雪のようにひんやりと冷やせば、ネットリとした舌触りを楽しめます。 (出典元:チョコレートの専門店 しょこら亭) 1-9.地酒ゼリー・甘酒プリン 温泉地として知られる越後湯沢で新名物として誕生したスイーツです。「地酒ゼリー」には、青木酒造の「鶴齢」をたっぷりと使用。「米花(まいか)」と名付けられた甘酒プリンには、自家製造した甘酒が使用されています。甘酒プリンはノンアルコールのため、子どもと一緒に楽しむスイーツにおすすめです。 (出典元:新潟直送計画) 1-10.大吟醸酒ケーキ 銘酒「真野鶴(まのつる)」で知られる尾畑酒造の日本酒スイーツです。使用されているのは、香り高い大吟醸酒。ティータイムはもちろん、ディナーのデザートにもふさわしい豊かな味わいです。お酒の香りとともに、ふんわりしっとりとした口当たりを堪能できます。 (出典元:尾畑酒造 株式会社) 2.お家で作れる!日本酒スイーツレシピ ここからは、お家で作れる日本酒スイーツレシピをご紹介!ケーキにプリン、生チョコとお酒がふわりと香るスイーツがお家で気軽に楽しめますよ。 2-1.日本酒ケーキ 材料(18cmパウンド型) バター   100g 砂糖      80g 卵        2個 日本酒  大さじ2 ...

おうちで簡単!酒粕を使った酒粕パックの作り方や注意点・アレンジを紹介

酒粕を水で伸ばす酒粕パックは、お家で簡単に手作りできます。美白や保湿など、さまざまな効果が期待できるといわれている酒粕パック。今回は、作り方や使い方をくわしくお伝えします。 より効果を実感したいという方には、ライン使いできる市販の酒粕パックもおすすめです。ぜひ日々のスキンケアの参考にしてくださいね。 1.酒粕パックとは?酒粕の美容効果 酒粕パックは、お酒を搾ったときにできる「酒粕」を使ったスキンケアです。市販品を購入できるほか、お家でも簡単に手作りできます。 酒粕は、体にうれしい栄養素をたっぷり含んだ発酵食品です。飲むだけでなく、肌に塗っても美肌効果が期待できます。 1-1.お酒を搾ったあとに残る「酒粕」 日本酒は、醪(もろみ)と呼ばれる白い液体を搾ってできるお酒です。搾ったあとに残る固形物が「酒粕」になります。 酒粕には、米や米麹(こうじ)、酵母由来の成分が凝縮した状態で含まれています。タンパク質や食物繊維、ビタミン、ミネラルなどが豊富な発酵食品です。甘酒や粕汁などにするほか、スキンケアにも活用できます。 1-2.酒粕パックで期待できる美容効果 酒粕には、アルブチンやフェルラ酸といった美肌成分が豊富に含まれています。アルブチンは、シミやソバカスの原因となるメラニン色素の蓄積を防いでくれる成分。フェルラ酸は、エイジングケア化粧品などに配合される成分です。 さらに、肌のうるおいを保つセラミドの一種、グルコシルセラミドを含む酒粕には、美白効果や保湿効果が期待できます。 2.お家で簡単!酒粕パックの作り方と使い方 酒粕パックはお家で手作りできます。材料は酒粕と水(精製水)といたってシンプル。ここからは、注意点もあわせて酒粕パックの作り方や使い方を紹介していきます。 2-1.酒粕パックを使うときの注意点 酒粕パックを使うときは、腕の内側などに乗せ、パッチテストをおこなうことをおすすめします。酒粕にはアルコールが含まれているため、人によっては肌への刺激が強いからです。パッチテスト中にヒリヒリとした刺激を感じる場合は、すぐに洗い流し酒粕パックの使用を控えてください。 2-2.酒粕パックの材料と作り方 材料 酒粕     50g 精製水 約50ml 酒粕パックの作り方 酒粕パックの作り方はとっても簡単。きれいな器か袋などに酒粕を入れ、水を少しずつ加えながらペースト状になるまで混ぜていきます。 水の量は、顔に塗っても垂れない固さになるよう調整してください。酒粕が固い場合は、小さくちぎってから使うのがおすすめです。 多めに作れば1週間ほど冷蔵庫で保存できます。ただし、酒粕はあくまでも食料品のため1週間をめどに使い切るようにしましょう。 2-3.お肌にあわせてデイケア&スペシャルケア 酒粕パックは、洗顔後の水気をふき取った肌に乗せていきます。顔全体に伸ばし、5~10分おいたらぬるま湯で洗い流しましょう。 おすすめは、入浴中の酒粕パックです。湿度と温度が高い浴室では、毛穴が開きより効果的といわれています。浴室なら、デコルテや腕なども同時にケアできるのがうれしいですね。 お肌がお疲れ気味というときは、酒粕パックを使ったスペシャルケアを。パックの上からシートマスクを乗せれば、よりしっとりとした効果が期待できます。 3.手作り酒粕パック3つのアレンジ 米ぬかや豆乳など、好みにあわせてアレンジできるのが手作り酒粕パックのうれしいポイントです。大豆や乳製品などを使用するため、こちらも使用前はパッチテストをおすすめします。酒粕の香りが苦手というときは、アロマオイルのアレンジをお試しください。 3-1.酒粕パック+米ぬか 米ぬかは、玄米を削ったときに出る粉末です。ぬか漬けなどに使われる米ぬかには、美容効果が期待できるビタミンが豊富に含まれています。 酒粕パックに加えれば、スクラブ効果もプラスされます。ヒジやかかとなどの全身ケアにおすすめです。ゴシゴシこするのではなく、肌にやさしく乗せて使ってくださいね。 3-2.酒粕パック+無糖ヨーグルト ヨーグルトに含まれる乳酸には、古い角質を除去したり、シミやくすみの原因を抑える働きがあるといわれています。パックとして使用するときは、無糖ヨーグルトを選んでください。また、作り置きはせず、1回で使い切るのがおすすめです。 3-3.酒粕パック+アロマオイル 酒粕のにおいが気になるときは、アロマオイルを数滴たらしてみてください。入浴中の酒粕パックに使用すれば、リラックス効果がより高まります。入れすぎると香りが強くなり、肌への刺激にもつながるため注意しましょう。 4.市販のおすすめ酒粕パック 酒粕を使った美容パックはドラッグストアや通販サイトなどで購入できます。酒粕洗顔フォームやローションもあるため、ライン使いしたいときにもおすすめです。 4-1.ワフードメイド 酒粕パック 肌にぬりやすいテクスチャーの酒粕パックです。オリジナルの酒粕エキスがたっぷり配合されています。同シリーズのメイク落としや洗顔料、化粧水もあり、日々のスキンケアに酒粕効果を取り入れることができますよ。 (出典元:株式会社pdc) 4-2.マイノロジ はがせる杜氏の酒粕泡パック こちらは塗った後にやさしくはがすタイプのパックです。肌に塗ると汚れが浮き上がり、泡状に変化します。はがした後の肌はふっくらもっちり。くすみが気になる肌のトーンアップ効果が期待できます。 (出典元:amazon) まとめ 体の内側と外側、両方からうれしい効果が得られる酒粕。パックにすれば、日々のスキンケアにその効果を活用できます。豊富な栄養成分は、日本酒が米と米麹から生まれる発酵食品だからこそ。料理に使ったり、パックにしたりと日常に酒粕効果を取り入れてみてはいかがでしょうか。

日本酒の賞味期限は?未開封の日本酒はいつまで美味しく飲める?

日本酒には、実は賞味期限がないことをご存じですか?「え!ということは、何年も味が変わらないの?」と驚く方も多いのではないでしょうか。 日本酒には賞味期限の表記はありませんが、未開封な状態と開封後とでは、美味しく飲める期間が異なります。今回は、日本酒の賞味期限や保存のポイントについてご紹介!余ったお酒の使い道も、ぜひ参考にしてくださいね。 1.日本酒に賞味期限の表示はない 食品などに必ずと言って良いほど記載がある賞味期限ですが、日本酒には賞味期限の表示がありません。日本酒はアルコール度数が高いぶん腐敗しにくく、国税庁から消費期限・賞味期限の表記は必要ないとされているからです。 ー(問 25)酒類において、表示の省略ができる事項はありますか。   酒類については、「保存の方法」、「消費期限又は賞味期限」、「栄養成分(たんぱく質、脂質、炭水化物及びナトリウム)の量及び熱量」※の表示を省略することができます。ただし、これらの事項を表示する場合には、食品表示基準に沿った表示を行う必要があります。(食品表示基準第3条第3項) (出典元:食品表示法における酒類の表示のQ&A – 国税庁) また、食品表示法では、ワインなどのお酒類全般も賞味期限の表示が免除されています。 ラベルに記載されているのは「製造年月」 日本酒のラベルに、賞味期限と似たような日付を見かけたことはありませんか?これは、賞味期限ではなく「製造年月」を表しています。 製造年月とは、日本酒を瓶に詰めた月または日にちのことです。画像のように年数と月のみの表示もあれば、日にちまで含めたものもあります。賞味期限の表示義務がないのに対し、製造時期は法的に記載が定められています。 ここがPOINT! ・ 日本酒の賞味期限は、国税庁から表記は必要ないと発表されている ・ラベルに記載するのは製造年月 2.開封前の日本酒の賞味期限の目安 そもそも賞味期限とは、「袋や容器を開けないまま、美味しく食べられる期限」のことです。日本酒は賞味期限のないお酒ですが、5年、10年たっても品質が変わらないわけではありません。 開封しなければ腐敗のリスクは少ないものの、美味しく楽しむには一定の期間があると考えられます。特に「生酒」は以下のように飲み頃が短いお酒です。 2-1.通常の日本酒(加熱処理あり)は製造時期から約1年 加熱処理をした日本酒は、製造時期から約1年間は美味しく飲むことができるといわれています。日本酒は、お酒を絞ったあとと、瓶に詰める前の2回「火入れ」と呼ばれる加熱処理をおこなうのが一般的です。 加熱処理をした日本酒は、ラベルに火入れと書かれていたり、酒販店で常温で並べられたりしています。また、近年は製造技術の進歩や保管のノウハウによって、数年たった日本酒でも美味しさがキープできるといわれています。 2-2.生酒・生貯蔵酒や生詰め酒は約6~7ヶ月 「生酒」や「生貯蔵酒」の飲み頃は、製造時期から約6~7カ月だといわれています。 「生酒」とは、1度も加熱処理をしていない日本酒のことです。また、瓶詰め前に1度だけ加熱処理した日本酒は「生貯蔵酒」と呼ばれます。 そもそも、火入れは日本酒の味や香りを安定させるためにおこなうものです。火入れをしていない日本酒は、そのぶん品質が変化しやすいお酒といえます。これらのお酒は冷蔵保管を心がけ、なるべく早めにフレッシュな味わいを楽しみましょう。 生酒についてさらに詳しい内容を知りたい方はこちらを参考にしてみてください。 日本酒の生酒とは?火入れをした日本酒との違いや楽しみ方を解説! 3.開栓後は早めに飲み切る 日本酒は、開栓して空気に触れると「酸化」と呼ばれる現象が始まります。酸化が進むと、香りが不快に感じられたり、味わいが変化したりするため注意が必要です。 食品や飲料は、賞味期限があっても開封後は早めに食べたり飲んだりしたほうが良いといわれています。賞味期限がない日本酒も同様に、開栓後は早めに飲み切るように心がけましょう。 特に生酒や生貯蔵酒といったお酒は味の変化も早いため、開栓後は1週間以内に飲み切るのがおすすめです。 開封後の日本酒がおいしく飲める期間などのついてはこちらを参考にしてみてください。 開封後の日本酒はいつまで飲める?保存方法から劣化の見分け方まで解説! 4.日本酒の保存方法3つのポイント 日本酒の美味しさをキープするためには、保管時に次のポイントを意識してみてください。賞味期限のない日本酒の飲み頃を逃すことなく、酒蔵が目指す味わいを楽しめます。 冷暗所か冷蔵庫で保管する 縦置きで保管する 紫外線に当てないようにする ここでは保管のポイントとあわせ、温度や光が日本酒に与える影響も確認していきましょう。 4-1.冷暗所か冷蔵庫で保存する 日本酒は、冷暗所か冷蔵庫で保管するのが基本です。温度の高い場所で保管すると、色合いが茶色く変化するほか「老香(ひねか)」と呼ばれる劣化臭が生じるリスクが高まります。 特に、火入れをしていない生酒は冷蔵庫で保管してください。酒販店でも、生酒は冷蔵庫に入れられています。ネットショップなどで日本酒を購入するときは、必要に応じてクール便を選択できるかなども確認してみてくださいね。 4-2.縦置きをする 日本酒は、なるべく縦置きで保管しましょう。キャップが金属製の場合、お酒が金属に触れることで味が変化してしまうと言われています。特に、飲みかけの日本酒は縦置き保管が基本です。横置きにすると空気と触れる面積が増え酸化が進んでしまいます。 冷蔵庫に縦置きできるスペースがないときは、小さな容器に移し替えるのもおすすめです。その際は、清潔で乾燥した容器を使用してくださいね。 日本酒を小分けに保存するやりかたはこちらを参考にしてみてください。 大きい日本酒は容器で小分けの保管がおすすめ!冷蔵庫保存のポイントも解説 4-3.紫外線や光には当てないようにする 紫外線に当たった日本酒は、色が茶色く変化し「日光臭(にっこうしゅう)」と呼ばれる劣化臭が生まれます。そのため、日本酒は日に当たらない場所に保管することが大切です。常温で保管する際も、光の差し込まない場所を選びましょう。 5.風味が落ちてしまった日本酒の色や香り、味わいの変化 時間が経ち風味が落ちてしまった日本酒は、色や香り、味わいに変化が生まれます。「まだ美味しく飲めるかな?」と気になる日本酒があるときは、以下の項目を確認してみてくださいね。 5-1.日本酒の色や見た目の変化 10年、20年と適切な環境下で保管された「熟成酒」は、透明から琥珀色、赤茶色へと色合いが変化します。紫外線や光を浴びた日本酒も同様です。 ただし、紫外線を浴びた場合は同時に風味が落ち、香りも不快なものへと変化してしまいます。日本酒の色が変わったときは、香りも含めて状態を判断するのがおすすめです。 「熟成酒」にするための保管方法などはこちらで紹介しているので、参考にしてみてください。 日本酒の熟成と劣化の違いは?熟成をするうえでのポイントを解説! 5-2.日本酒の香りの変化 日本酒は、開栓してから時間が経過したり、光や紫外線に当てたりしていると「老香」や「日光臭」と呼ばれる香りが生じます。これらは、ツンと鼻をつくような不快感を生じる香りです。この場合、日本酒は風味が落ち、蔵の目指す味わいとは異なるものになってしまったと考えられます。 5-3.日本酒の味の変化 日本酒の味わいは、時間の経過とともに徐々に変化していきます。なかには、熟成させることでまろやかな味わいに変化することもあるでしょう。 ただし、お酒が空気に触れて酸化した場合は、苦味や酸味が生じてしまいます。決して飲めないお酒になってしまったわけではありませんが、その際は次に紹介する使い道も検討してみてください。 6.開封後に時間が経った日本酒の使い道 「飲みかけの日本酒、うっかりいつまでも置いたままにしてしまった」という経験はありませんか? 「なんだか香りも味も美味しいとは言えないけど、捨てるのはもったいない…」というときは、料理やお風呂に使うのもひとつの方法ですよ。 6-1.料理酒として使う 日本酒を使った料理は、香りが上品に仕上がります。また、素材がふっくらとやわらかくなったり、コクがプラスされたりと、さまざまなメリットが生まれるのが特徴です。料理酒の代わりに活用するほか、汁物や鍋に加えるのもおすすめですよ。 さらに詳しい内容を知りたい方はこちらを参考にしてみてください。 日本酒は料理酒としても使える!日本酒と料理酒の違いなどについて解説 6-2.お風呂に入れて日本酒風呂に 飲み頃を過ぎた日本酒がたくさんあるときは、日本酒風呂はいかがでしょうか?日本酒風呂は、美肌効果や発汗作用が期待できるといわれています。 日本酒を入れる目安は、コップに1~3杯程度。肌が弱い方は少量にするほか、子どもや妊婦の方などは避けたほうがベターです。問題ない方は、初めは少量ずつ試しながら自分に合う量を見つけてみてくださいね。 日本酒風呂の効能や注意点などさらに詳しい内容を知りたい方はこちらを参考にしてみてください。 日本酒風呂で美肌をGET!日本酒はデトックス効果も期待できる優秀な入浴剤 まとめ 日本酒は賞味期限のないお酒ですが、美味しさを楽しむには早めに飲み切るのがおすすめです。一方で、近年はあえて長期間保存する「熟成酒」も注目を集めています。 日本酒を熟成させたい場合も含め、保存時はいくつかのポイントを心がけることが大切。涼しく紫外線の当たらない場所で保管しつつ、酒蔵が届けてくれた味わいを楽しみましょう!

日本酒「獺祭」10種類の価格と特徴を唎酒師が解説!

世界でも人気の日本酒「獺祭(だっさい)」には、「磨き」や「遠心分離」といった種類があります。 今回は、種類による造り方の違いや味のこだわりについて詳しく紹介します。ぜひ、お店で獺祭を選ぶときの参考にしてください。 1.獺祭の種類は大きくわけて2つ 獺祭には大きくわけて「磨き」と「遠心分離」2つの種類があります。どちらも旭酒造のこだわりと想いが詰まった日本酒です。 1-1.獺祭の基本となる「磨き」 獺祭における「磨き」といえば「二割三分」です。精米歩合は23%。米の外側を70%以上削った米で造られています。 「二割三分」は当初、25%の精米歩合を目指して造られたお酒でした。ところが、いざ精米を始めたところ、ほかの酒造メーカーが24%の酒を販売していることが桜井社長(現会長)の耳に入ります。 当時、東京へ出張中だった社長は、帰りの新幹線の車内電話で米をさらに2%磨くよう精米担当者に要請。トータル7日間、計168時間という時間をかけて精米歩合23%の米はできあがりました。 白く輝く小さな酒米は、まさに磨きぬかれた宝石のよう。 華やかな香りと芳醇な旨味、酸味のバランスに優れた「二割三分」は、味の磨きがかかった獺祭の代表銘柄。今では「JAPANESE SAKE」として世界でもその名が知られています。 1-2.獺祭が日本酒の工程で初導入した「遠心分離」 日本酒は、一般的に「醪(もろみ)」と呼ばれる白くどろっとした液体を袋に詰め、圧力をかけて液体を搾り出します。 獺祭の取り入れている「遠心分離」は、圧力をかけずに日本酒を搾る手法です。商業ベースでは日本で初めて遠心分離機を導入し、研ぎ澄まされた味わいのお酒を搾り出しています。 「遠心分離」と名付けられた獺祭は、遠心分離で搾ったお酒と、圧力をかける手法で搾ったお酒を絶妙にブレンドしたもの。 「いやなところが何もない」といわれる「遠心分離」の酒質に、通常のパンチのある酒質を加え、繊細な旨味と味の奥行きを表しているのが特徴です。 2.獺祭の磨きの種類 獺祭の「磨き」は、精米歩合によって種類がわかれます。「二割三分」のさらに先を行く「磨き その先へ」など、新たな種類が誕生していることも特徴です。 ※価格は2021年当時のものです。場合によっては変更されている可能性もあります。 2-1.純米大吟醸45  価格: 3,421円 / 1800ml 1,738円 / 720ml 743円 / 300ml 「純米大吟醸45」は、獺祭のスタンダードともいえる1本です。酒米の王様「山田錦」を使用し、繊細な甘みと華やかな香りを生み出しています。暑い夏には氷をたっぷり入れたグラスに注ぎ、ロックにしても美味しい獺祭です。 (出典元:IMADEYA ONLINE STORE) 2-2.純米大吟醸 磨き三割九分 価格: 5,472円 / 1800ml 2,706円 / 720ml 1,133円 / 300ml 「純米大吟醸 磨き 三割九分」は、山田錦を39%まで磨いて仕込んだ獺祭です。グラスに口を近づけると感じるのは、フルーツを思わせる華やかな香り。口に含むと、蜂蜜のような上品な甘みが広がります。 口当たりなめらかで、後に残るのは心地よい余韻。「やっぱり獺祭って美味しいよね」と実感させてくれる1本です。 (出典元:IMADEYA ONLINE STORE) 2-3.純米大吟醸 磨き二割三分 価格: 11,440円 /...

開封後の日本酒はいつまで飲める?保存方法から劣化の見分け方まで解説!

「開封後の日本酒、いつごろまでに飲み切ればいいの?」と気になったことはないでしょうか。日本酒は賞味期限がないお酒ですが、開封後は味や香りが変化しやすいため早めに飲み切るのがおすすめです。 今回は、開封後の日本酒の保存方法や、風味が落ちてしまった日本酒の特徴を紹介します。時間が経った日本酒の使い道などもぜひチェックしてみてくださいね。 1.開封後の日本酒は未開封よりも早く劣化していく 開封後の日本酒は、未開封の状態よりも早く劣化していきます。なぜなら、お酒が空気に触れることによって酸化が進んでいくからです。 酸化とは、お酒の色が変わったり、味わいが変化したりする現象を意味します。お酒の酸化は、決して悪いことばかりではありません。例えば、お酒をグラスに移して空気に触れさせると、味わいがまろやかに変化するというメリットもあります。 一方で、空気に触れた状態で長期間保存していると、色合いが茶色く変化したり、苦味や酸味が生じたりといった劣化につながってしまいます。 蔵の目指す味わいをそのまま楽しむ意味でも、開封後の日本酒はなるべく早く飲み切るのがおすすめといえるでしょう。 2.開封後の日本酒はいつまで美味しく飲める? 開封後の日本酒を美味しく飲める期間は、製造方法により異なります。日本酒の製造過程では「火入れ」と呼ばれる加熱殺菌処理を2度おこないますが、以下のように加熱をしない「生」タイプのお酒もあるからです。 加熱をしていないお酒は、フレッシュなだけに品質が変わりやすい状態です。そのため、開封後に美味しく飲める期間も限られてしまいます。銘柄により味わいの変化は異なるため、以下の期間はあくまでも目安として飲み切るまでの参考にしてくださいね。 2-1.2回火入れをした日本酒は1カ月以内が目安 2回火入れをした日本酒は、開封後1カ月以内に飲み切るのがおすすめです。空気に触れることで、味や香りは徐々に変化していきます。 味わいがまろやかになったり、香りがおだやかになったりといった変化も、日本酒のおもしろさのひとつです。そのなかで、風味が落ちないうちに美味しく味わうには1カ月を目安にすると良いでしょう。 2-2.生酒や生詰め酒・生貯蔵酒は数日以内が目安 1度も火入れをしていない生酒や、火入れ回数の少ない生詰め酒・生貯蔵酒は早めに飲み切るようにしましょう。特に、生酒はフレッシュな香りと味わいが特徴です。開栓後は数日以内に飲み切ったほうが、生酒の魅力を存分に堪能できます。 また、これらのお酒は冷蔵保管が基本です。お酒の劣化を防ぐためにも、購入前後とも冷蔵庫に入れキリッと冷やしてその美味しさを楽しんでください。 生酒についてより詳しく知りたい方はこちらの記事も参考にしてみてください。 日本酒の生酒とは?火入れをした日本酒との違いや楽しみ方を解説! 3.開封後の日本酒の保存方法 生酒はもちろん、火入れをしているお酒も開封後は冷蔵保存がおすすめです。また、縦置きにしたり、紫外線を避けたりすることで美味しい状態をより長くキープできます。 3-1.冷蔵庫で保存する 開封した日本酒は、冷蔵庫で保存しましょう。火入れをしているお酒も、冷蔵庫で保存することで香りや味わいの変化がおさえられます。 火入れをしているお酒であれば、開封前は常温保存が可能です。ただし、温度の高い場所で保存すると「老香(ひねか)」と呼ばれる劣化臭が生じる可能性があるため、なるべく涼しい場所に置くように心がけてください。 3-2.縦置きをする 冷蔵庫内では、なるべく縦置きで保管しましょう。飲みかけの日本酒を横向きにすると、お酒と空気が触れる面積が増え酸化が進んでしまいます。 冷蔵庫に縦置きできるスペースがないときは、小さな容器に移し替えるのもおすすめです。その際は、乾燥した清潔な容器を使用してくださいね。 3-3.紫外線や光には当てないようにする 開封前後とも、日本酒は紫外線や光が当たらない場所に保存しましょう。紫外線に当たると色が茶色く変化し、「日光臭(にっこうしゅう)」と呼ばれる劣化臭が生じる可能性があります。 日本酒専用のセラーであれば、保存もより安心です。紫外線や光の影響を最小限に抑えられます。開封前の日本酒はもちろん、開封後の日本酒も美味しい状態をより長くキープできますよ。 4.開封後に風味が落ちた日本酒3つの特徴 開封後に時間が経ち、風味が落ちた日本酒には次のような3つの特徴が現れます。 色合いが茶色く変化する 不快に感じられる香りが生まれる 苦味や酸味が生まれる まだ美味しく飲めるかな?と気になる日本酒があるときは、これらの特徴がないか確認してみてください。お酒が劣化していないかを判断する目安になります。 4-1.色合いが茶色く変化する 日本酒は、年数の経過とともに色合いが茶色く変化していきます。これは開封後の日本酒も同様です。特に、紫外線や光を浴びる環境で保存していた場合は、色付くスピードが速くなるでしょう。 近年注目を集めている「熟成酒」も、時間の経過とともに色合いが変化するお酒です。ただし、開封しているお酒は、熟成ではなく酸化の影響が大きいと考えられます。この場合、香りや味わいもあわせて状態を判断してみてください。 4-2.不快に感じられる香りが生まれる 日本酒は、空気や光の影響を受けると香りに変化が現れます。開封後に時間が経つことで、ツンとした不快な香りが生まれることもあるでしょう。 これは「老香」や「日光臭」と呼ばれ、劣化したお酒によく現れる香りです。この場合、日本酒は風味が落ち、蔵の目指す味わいとは異なるものになってしまったと考えられます。 4-3.苦味や酸味を感じることも 日本酒の味わいは、時間の経過とともに徐々に変わっていきます。なかには、熟成させることでまろやかな味わいに変化することもあるでしょう。 一方で、開封後に風味が落ちたお酒には、苦味や酸味といった特徴が現れます。決して飲めないお酒になってしまったわけではありませんが、その際は次に紹介する使い道も検討してみてください。 5.開封後に時間が経った日本酒の使い道 「飲みかけの日本酒、うっかりいつまでも置いたままにしてしまった」という経験はありませんか? 「なんだか香りも味も美味しいとは言えないけど、捨てるのはもったいない…」というときは、料理やお風呂に使うのもひとつの方法です。 5-1.料理酒として使う 日本酒を使った料理は、香りが上品に仕上がります。また、素材がふっくらとやわらかくなったり、コクがプラスされたりと、さまざまなメリットが生まれるのが特徴です。料理酒の代わりに活用するほか、汁物や鍋に加えるのもおすすめですよ。 料理酒の代用としての使い方はこちらの記事で詳しく紹介しているので、参考にしてみてください。 日本酒は料理酒としても使える!日本酒と料理酒の違いなどについて解説 5-2.お風呂に入れて日本酒風呂に 飲み頃を過ぎた日本酒がたくさんあるときは、日本酒風呂はいかがでしょうか?日本酒風呂は、美肌効果や発汗作用が期待できるといわれています。 日本酒を入れる目安は、コップに1~3杯程度。肌が弱い方は少量にするほか、子どもや妊婦の方などは避けがほうがベターです。問題ない方は、初めは少量ずつ試しながら自分に合う量を見つけてみてくださいね。 日本酒風呂についてはこちらの記事で詳しく紹介しているので、参考にしてみてください。 日本酒風呂で美肌をGET!日本酒はデトックス効果も期待できる優秀な入浴剤 まとめ 日本酒は、開封して空気に触れることで味や香りが変化しやすくなります。そのため、開封後はなるべく早く飲み切るのがおすすめです。特に、火入れをしていない生酒は、早めに味わったほうがフレッシュな香りやジューシーな旨味を堪能できます。 日本酒の味わいをキープするには、開封前も冷蔵庫や冷暗所で保存することが大切です。ぜひ、蔵から送り出された味わいそのままに、日本酒の美味しさを楽しんでください。

最新の投稿

読んで日本酒をもっと楽しく