人気記事

日本酒界のレジェンド「十四代」を解説!歴史から銘柄・購入方法まで

希少性の高さから「幻の酒」と呼ばれている日本酒ブランド「十四代」。 その味わいは実に繊細で奥深く、多くの日本酒ファンを魅了してやみません。純米大吟醸「龍泉」を筆頭にプレミアム銘柄がそろい、ネット上では数十万円の値で取引されることもあるほど。 こちらでは、日本酒好きであれば一度は味わいたい十四代の魅力と価格帯、保存方法などについてご紹介します。 1.日本酒の十四代とは 今回は酒どころ・山形生まれの人気銘柄「十四代」について、詳しく紹介していきます。 有名な銘柄のため「十四代」自体は知っている人も多いと思いますが、その酒造元から種類や金額、飲み方まで掘り下げて解説していきます。 1-1.酒造元について 「十四代」を醸造するのは、山形県村山市の酒蔵「高木酒造」です。創業は1615年と、その伝統と歴史は実に400年以上。当初は「朝日鷹」という名前の日本酒を造っていました。 今や日本酒の最高峰となった「十四代」は、現在代表者であり、杜氏でもある高木顕統氏の手によって生まれたお酒です。 (イメージ画像です) 1-2.十四代という名の由来 「十四代」という名前は、14代目の高木辰五郎氏から高木顕統(あきつな)氏に15代目当主が受け継がれたのち、顕統氏が初めて杜氏を務めた日本酒に十四代と名付けたと言われています。 また、高木辰五郎氏の代で、「十三代」「十四代」「十五代」「十六代」といった名前を商標登録に出願したところ、なぜか「十四代」だけが登録を許可されたという話もあります。通常であれば数字は商標登録として認められない中、「十四代」だけがなぜ登録査定されたのか、はっきりとした真相は今でも明かされていません。 やがて蔵を引き継いだ15代目高木顕統氏は、新しく誕生した日本酒に「十四代」の名を引き継がせます。父である14代目の想いと共に送り出した日本酒は、「芳醇旨口」の代表格としてまたたくまに評判を広げたのでした。 1-3.十四代は入手困難? 「十四代」が幻の酒と言われる理由は、入手の難しさにあります。特約店に入荷されても販売は抽選になることが多く、必ずしも購入できるわけではありません。その人気の高さからネット通販では価格が跳ね上がり、中には十万円から数十万円で取引される銘柄もあります。 2.十四代の種類と値段について 醸造元の高木酒造は公式ホームページを持っていないため、十四代は発売日や定価が分かりにくいお酒となっています。 1本あたりの定価が3,000円から5,000円であっても、特約店の購入には他の商品との抱き合わせやポイントが必要になることも珍しくありません。 定価での購入が難しく、入手するためには時間と費用が必要になることが、十四代の希少性を更に高めていると言えるでしょう。 2-1.十四代 本丸 フルーティーで香り豊かでありながら、飲み口はすっきり。添加するアルコールに自社の粕取り焼酎を使用するという、こだわりに溢れた日本酒です。十四代のスタンダード的な存在であり、その人気を世に知らしめるきかっけとなった銘柄でもあります。 評判 日本酒の最高峰とされる味わいは、「間違いなくおいしい」と日本酒ファンがうなるほど。見た目も華やかで桐箱入りの商品もあるため、贈答用としても好まれています。十四代はまだ飲んだことがないという方に、まずおすすめしたい一本です。 (出典元:amazon.com) 2-2.十四代 中取り 十四代の「中取り」とは、最初と最後に搾られる酒以外を集めた日本酒。十四代の中でも入手困難なお酒として、高い人気を集めています。 評判 立ち上る香りは、まるでメロンのようにフルーティー。口の中で広がる芳醇な甘みは、十四代らしい魅力に溢れています。ネット通販では定価の10倍近い値で取引されることも多く、その人気も頷ける味わいです。   2-3.十四代 秘蔵主 純米大吟古酒 山田錦の特米を使用し、長年低温熟成させた秘蔵の大吟醸古酒です。まろやかな甘みを持ちながらも後味はすっきり。日本酒好きの方には、合わせる食事との相性を楽しむのおすすめの銘品となっています。 評判 香り豊かでありながらすっきりと飲みやすく、十四代特有の酒質が際立つお酒です。日本酒好きはもちろん、日本酒は苦手という方からも高い人気を得ています。 2-4.十四代 角新 純米吟醸 出羽燦々 「出羽燦々」は、山形県でのみ栽培されている酒造好適米。米の豊かな甘みと澄んだ味わいを持つ出羽燦々は、十四代の中でも幻といわれる銘柄です。 評判 爽やかでふくよかな米の旨味は、出羽燦々ならではの味わい。市場に出回る機会も少ないため、日本酒通にも喜ばれる一本となっています。 2-5.十四代 七垂二十貫 高木酒造の伝統の製法である、七垂二十貫によって醸造された最高傑作。「七垂二十貫」は、二十貫(約75㎏)の米からわずか七垂れしか取れないほど希少な酒であることを意味します。「龍泉」「双虹」「龍月」と、十四代の代表銘柄はこの七垂二十貫によって造られています。 評判 袋から一滴一滴搾り取る雫酒の味わいはまさに絶品。その確かな酒質は世界でも認められ、「2015年SAKE COMPETITION」の純米大吟醸部門で第3位を受賞。ネット通販でも7万円近い額で取引される高級な日本酒となっています。 2-6.十四代 双虹 大吟醸 山田錦を三割五分まで磨いた、十四代の最高峰。十四代らしいフルーティーな甘さが香り立つ、特別な日本酒です。毎年11月ごろに限定販売されており、定価は1万円台でありながらネット通販では10万円全前後の高値で取引されています。 評判 吟醸香はほんのりと柔らかでフルーティー。後味も爽やかで、ほのかな酸味が米の余韻を思わせます。口当たりも滑らかで、まるで水のように何杯でも飲み進めたくなる上質な日本酒です。 2-7.十四代 槽垂れ 純米吟醸 米の豊かな風味が際立つ、十四代の本生原酒です。刺身や天ぷらといった和食との相性は抜群。きりっと冷やすことでさらにその旨味が引き立ちます。 評判 繊細な甘みと心地よい酸味。微かに感じる渋みはまさに純米生酒だからこそ。濃厚でとろっとした旨味は、一度味わえば忘れられないおいしさです。 3.十四代の購入方法 十四代は、その人気の高さから非常に入手困難とされる日本酒です。ネット通販では定価の倍以上の価格で取引され、日本酒通であっても飲食店で出会うことは稀だと言われています。 こちらでは、幻の日本酒である十四代の購入方法についてご紹介します。 3-1.十四代が購入できる実店舗 通常の酒屋で見かけることのない十四代は、全国の特約店で購入する事が可能です。しかし、十四代は非常に希少性が高いため常に在庫があるわけではありません。入荷時も抽選販売となることが多く、購入には他の商品との抱き合わせや常連であることが優先される場合もあります。 こちらでは十四代を取り扱っている店舗を掲載していますが、購入を希望される際は、事前に店舗へ問い合わせてみることをおすすめします。 店舗名 住所 電話番号 URL 地酒の青野 千葉県成田市 0476-24-1161 https://www.jizakenoaono.com/ かがた屋 東京都品川区 03-3781-7005 https://www.kagataya.net/handing/sake/ 酒舗まさるや 東京都町田市 042-735-5141 http://www.masaruya.com/ 酒舗よこぜき 静岡県富士宮市 0554-27-5102 https://www.yokozeki.info/ ひらしま酒店 福岡県北九州市 093-651-4082 http://www.hirasima-sake.net/page1 3-2.十四代が購入できる通販サイト 店頭に並ぶことが珍しい十四代は、ネット通販でも購入することが可能です。しかし、価格は300mlで1万円以上、1800mlの人気銘柄であれば10万円近くすることも珍しくありません。 また、ネット購入する時に注意しなくてはいけないのが賞味期限です。新鮮な米の旨味が特徴の十四代には、飲みきり期間が推奨されているものもあります。 十四代の幻の味を堪能するためにも、購入前には瓶詰された年月日とともに、保存状態を確認するようにしましょう。 4.十四代の美味しい飲み方・楽しみ方 日本酒好きであっても簡単に出会うことのないお酒、十四代。運よく入手できた時には、その貴重な味わいをよりおいしく楽しみたいものですよね。 十四代特有のフルーティーな香りと旨味は、よく冷やしてから味わうのがおすすめ。滑らかな口当たりとキレのある余韻を、よりはっきりと感じることができます。 華やかでありながらクセのない味わいは、和食との相性も抜群。あっさりした料理だけでなく、天ぷらのような揚げ物と合わせるのもまた格別です。 4-1.-5度で保管? 十四代の繊細な味わいを楽しむためには、保存時の温度管理が重要なカギとなります。 こだわり抜いた酒米を用い、綿密な設計と技術力で生まれる十四代は鮮度が命。生酒はもちろん、大吟醸の芳醇な香りをキープするためには、-5度で保管するのが一番のおすすめです。 また、日本酒には紫外線も大敵。冷蔵庫に入れる時にも、酒瓶を新聞紙で包むか箱に入れたまま保管するのが最適です。 紫外線をカットし-5度の低温をキープできる専用セラーであれば、貴重な十四代の味わいを維持することができるでしょう。 6.まとめ 日本酒界の最高峰として知られ、店頭での入手が限られている「十四代」。インターネットでも購入することはできますが、その価格は数万円から数十万円とまさにプレミアと呼ぶにふさわしい日本酒となっています。 世界でも高く評価され、日本酒通も納得の味わいは贈答用や祝いの席にもぴったり。 日本酒をこよなく愛する方も、お酒の新たな扉を開きたいという方も、ぜひ一度その味を堪能してみてはいかがでしょうか。

日本酒の効能が女性向けすぎる★ストレスや肌にも優しい成分を一気にご紹介!

食前酒としても楽しまれる日本酒、『日本酒は美肌効果あるし♪』とご存知の女性陣もいるかと思いますが、体も心も健康にしてくれる嬉しい効能があるのはご存知ですか? ここでは意外に知られていない日本酒の効能(精神面・健康面・美容面)について詳しく解説していきます。 日本酒に含まれる栄養成分は、他の食品で一度にとることが難しいものが多いのも特徴! この記事を読んでいただくと日本酒通として飲み会での話題にもなるはずです。 健康的に日本酒を楽しむためのコツもあわせてご紹介します! \女性に人気のフルーティーさが魅力の日本酒をピックアップ/ https://sake-5.jp/fruity-sake/ 1.日本酒の主な効能(ストレス解消、美容効果、健康効果) 日本酒には皆さんの体に嬉しい効能がたくさんあります。 中でも効果の大きな3つの効能についてご紹介しますので、ぜひ参考にしてください。 1-1.ストレス解消 日本酒には、セロトニンと呼ばれるストレス解消に役立つ成分が含まれています。セロトニンとは気持ちを落ち着かせ、緊張感・不安を和らげる働きをするのでストレス軽減に効果があるといわれています。 「お酒を飲んで今日のストレス発散するぞ~♪」と言っている人がよくいますが、これも理にかなっていたんですね。 1-2.美容効果 「日本酒を仕込む杜氏(とうじ)さんの手がきれいだ」という話が有名になったことから、日本酒には美容効果もあるといわれ美意識の高い女性を中心に注目されています。 日本酒にはたくさんの有効成分が含まれていますが、その中でも「コウジ酸」「フェルラ酸」という2つのアンチエイジング成分が含まれているので、Wアンチエイジング効果があるといわれています! ”コウジ酸”はシミの元となるメラニンができないように抑制する効果があり、シミを防いでくれることから美白効果があるといわれていて、”フェルラ酸”はポリフェノールの一種で細胞の老化を防止して元気にしてくれる働きがあります。 そのため、「日本酒は肌の内側からのWエイジング効果が期待できる」ということになりますね。 1-3.健康効果 日本酒は農林水産省でも「適量を摂取すれば健康に効果がある」と認められています。 美容効果でも触れた”フェルラ酸”は活性酸素が体内で増えてしまうのを抑える効果があります。 「日本酒飲むと体のがぽかぽかするなぁ~」という体験もあるかと思いますが、血行促進してくれるのも日本酒の健康効果の一つ。 日本酒は冷え性の方にもおすすめなのですが、日本酒に含まれるアデノシンという成分は「血管を拡張し血流を改善する」働きがあるのです。 高血圧の方に嬉しい血圧を下げる働きをする”ペプチド”も含まれていますが、全ての必須アミノ酸やビタミン・ミネラルなども豊富に含まれる日本酒。 疲れたとき、元気になりたい時、なんだか体がスッキリしない時には適量を美味しく飲んでリフレッシュしてください。 2.日本酒の成分 日本酒に含まれる様々な栄養素にはどのようなものがあるのか、どんな効果があるのかまとめてご紹介します。 2-1.日本酒に含まれる栄養素 日本酒に特に多く含まれる栄養素を箇条書きでまとめました。 コウジ酸(メラニン抑制・細胞活性化) フェルラ酸(抗酸化作用・細胞の老化防止) ペプチド(血圧を下げる) 必須アミノ酸(疲労回復・エネルギー源・血糖値調整) ビタミンB6(たんぱく質の働きをサポート) アデノシン(血管拡張・血流促進) ミネラル(細胞活性化・骨や歯の形成) 日本酒は先ほどもご紹介したように、一度に摂取するのが難しい栄養素を一度にとれ『(万病のもとになる)ストレスを軽減しつつ美容・健康効果を効率よく摂取』することができるのです。 2-2.健康と美容に効果がある理由 多くの有効成分を含む日本酒、健康・美容にも大きな効果があることをお伝えしてきました。 発酵食品ならではの栄養素もありますが、バランスよく体に必要な栄養を摂取できるからこそ、体の内側からのケアに期待ができるのも日本酒の良いところ。 筋肉だけでなく髪や肌、爪を作るのに欠かせないたんぱく質のサポートをするビタミンB6も重要ですが、すべての必須アミノ酸が含まれているというのもポイント。 お酒を飲んでリラックスする、というだけでなく根本的にストレスを取り除きながら有効な栄養素がとれる日本酒ならではの健康効果も大きいのではないでしょうか。 3.他にもある日本酒の効能 日本酒には健康・美容・ストレス軽減に効果があるとご紹介しましたが、他にもいくつかの良い効能があるのでご紹介します。 3-1.記憶力が改善される 日本酒に含まれるペプチドには血圧を下げる働きがある、としてご紹介しましたが、実はペプチドには記憶力を向上させる働きもあることをカルピス株式会社 発酵応用研究所が発見されています。  発酵乳の中から、“記憶力向上”作用を示す成分を発見しました。この成分は、乳酸菌が牛乳に含まれる乳たんぱく質を分解することで得られるペプチドであることが明らかとなりました。 乳酸菌が作るペプチドに記憶力向上作用を発見|アサヒカルピスウェルネス株式会社 乳たんぱく質を分解することで得られるペプチドが、日本酒にも含まれているとは断定できませんが、「最近うっかり忘れちゃうことが増えたな…」という実感があるなら日本酒を毎日少しずつ飲んでみると、良い効果がでるかもしれませんね。 3-2.血行が改善される 日本酒に含まれるアデノシンは「血管を広げて血流をよくする」という効能があるので、飲めば体がポカポカしてくると感じる方も多いのではないでしょうか。 冷え性の方はもとより、ストレスによっても血流が悪くなりますから、「ストレスたまってるなぁ」と感じたときにも日本酒がおすすめですよ。 3-3.生活習慣病の予防になる 一度かかるとその後の生活に大きな影響を与える生活習慣病を予防するのにも日本酒が一役買ってくれます。 日本酒に含まれるフェルラ酸は吸収率も良いポリフェノールなのですが、様々な方面に高い効果があるということで医療現場でも利用シーンが増えているのだとか。 がんの増殖を抑制したり、肝硬変の予防、糖尿病の予防(血糖値を下げる)、脳機能の改善など健康・美容面でのアンチエイジングが期待できるのが日本酒なのです。 3-4.育毛効果もある? 上で紹介した「血管を拡張し血流を良くする」アデノシンは、実は育毛にも効果的な成分。 その他にも美容に効果があるということでご紹介した「コウジ酸」は細胞の活性化の効果もあるため、髪の毛を育てるのに嬉しい成分が同時にとれるということになります。 4.効果的な飲み方 日本酒は健康にも美容にも、心の健康にも良い!とは言っても飲みすぎてはいけません。 健康的に日本酒をたしなむには『1日1合(180ml)程度』にしておきつつ、できれば血行促進効果を妨げないよう『熱燗』で飲むのがおススメ、と覚えておいてください。 5.日本酒は百薬の長? 「日本酒は百薬の長」といわれるように、日本酒をはじめとしたお酒は適量であれば良いのですが、飲みすぎると健康を害してしまうことはご存知の通り。 肝臓の負担をやわらげるようなおつまみ(豆腐・赤身肉・魚など)と一緒に適量を楽しむのが良いでしょう。同じ日本酒でも、空腹時に飲むと肝臓への負担が大きくなってしまいます。 6.まとめ 最後にこの記事で紹介した、日本酒を適量飲むことで期待できる精神面・健康面・美容面での嬉しい効能を箇条書きでまとめます! ストレス軽減 アンチエイジング効果(美肌・美白) 血圧を下げる 血行促進(育毛にも効果あり) 記憶力改善 生活習慣病の予防 これだけ多くの効能がある日本酒、良さを生かして楽しむためには 『空腹で飲まず、肝臓に負担を書けない豆腐や赤身肉・魚をつまみながら1日に1合程度が目安』 と覚えておいていただければ、楽しく健康的な余暇の時間を過ごしていただけるのではないでしょうか。 『肌の調子がなんだかイマイチ…』 『ここのところずっと仕事が忙しくて…』 『最近なんだか心がもやもやしてるなぁ…』 『体も心も疲れてきたな』 『冷え性なのか手足が冷えて寝つきが悪いな』 そんな時こそ、日本酒パワーで乗り切りましょう。 \女性に人気のフルーティーさが魅力の日本酒をピックアップ/ https://sake-5.jp/fruity-sake/

【初心者向け】おすすめの日本酒12選!全体/辛口/甘口のジャンル別

ビールやワインと比べ、敷居が高いと思われがちな日本酒。「辛口に甘口、純米吟醸に大吟醸と、種類が多くてどれがおいしいのか分からない!」という方も多いのではないでしょうか。 使用する酒米や醸造法、酒蔵のある風土によって個性が異なる日本酒は、味の奥深さが魅力のひとつ。こちらでは、初心者の方におすすめな日本酒の銘柄を4つ、そして辛口・甘口からもそれぞれおすすめを4つの合計12選をご紹介します。 1.日本酒初心者にオススメな銘柄4選 いざ日本酒を飲んでみよう、と思っても日本酒はとても種類が豊富です。何から手を付ければいいのかわからなかったり、日本酒の銘柄によって「辛さ」「甘さ」など味わいも異なります。 日本酒初心者にオススメしたい銘柄を4つ、紹介していきます。 1-1. 初心者こそ本当に美味しい1本を「獺祭 純米大吟醸45」 日本酒に苦手意識がある方や、まだ飲んだことがないという方にこそオススメしたい銘酒が「獺祭(だっさい)」です。 山口県の旭酒造が醸造する獺祭は、低迷していた日本酒業界にブームを巻き起こしたと言われるお酒。その味わいは世界でも高く評価され、パリには世界でも有数のシェフ「ジュエル・ロブション」とのコラボストアがオープンしています。 人気の高さから入手困難と思われがちな獺祭の中でも、比較的手ごろな価格で300mlから購入できるのが「純米大吟醸45」。 まるでワインを思わせるようなフルーティーな旨味と華やかな香りを持つ獺祭は、日本酒の美味しさを知るにふさわしい銘柄であるといえるでしょう。 (出典元:amazon.com) 1-2.酒どころ秋田の銘酒「雪の茅舎 純米吟醸」 「雪の茅舎(ゆきのぼうしゃ)」は日本有数の米どころであり、酒どころである秋田県で造られるお酒。醸造元の齋彌酒造店では、蔵人自らが「秋田酒こまち」や「山田錦」を栽培しています。 こだわりの酒米と山からの雪解け水で生まれる雪の茅舎は、ふくよかな米の旨味を感じられる日本酒。定番酒の「純米吟醸」は、口に含むとフルーツのように爽やかな香りが広がり、後味はスッキリとした飲み口です。 軽やかでキレのある味わいは、日本酒初心者の方でもそのおいしさを充分に堪能することができます。 (出典元:amazon.com) 1-3.ひとくち飲めばたちまち笑顔に「純米吟醸 浦霞 禅」 「浦霞(うらかすみ)」を醸造する宮城県の佐浦酒造は、全国新酒鑑評会で数多くの金賞を受賞した老舗酒蔵です。 その代表銘柄が、笑顔の布袋さまがラベルに描かれた「純米大吟醸 浦霞 禅(ぜん)」。穏やかな香りと甘さが特徴の浦霞禅は、後味にほのかな酸味を感じる日本酒です。 米の旨味と酸味の絶妙なバランスを持つ浦霞禅は、食中酒として楽しみたい方にもオススメ。日本酒初心者でも、ラベルの布袋さまのように笑顔で心地よく酔うことができますよ。 (出典元:amazon.com) 1-4.初心者に人気のシュワシュワ感「南部美人 あわさけスパークリング」 発泡性のあるスパークリング日本酒は、まるでシャンパンのような爽快な飲み口と軽やかさが人気のお酒です。 「南部美人 あわさけスパークリング」は、SAKE COMPETITISONで2年連続発砲清酒部門1位を受賞した銘酒。瓶内で二次発酵させ澱引きさせるなど、まさにシャンパンと同じ製法によって醸造されています。 甘さを抑えた繊細な味わいは、女性を中心に大人気。スパークリング日本酒をきっかけに、純米大吟醸、純米吟醸と、南部美人の日本酒にチャレンジしてみるのもオススメです。 (出典元:amazon.com) 2.日本酒初心者にオススメの辛口銘柄4選 日本酒には辛口と甘口がありますが、辛口の中でも味わいはそれぞれ違います。自分好みの味を見つけるのも日本酒の楽しみ方ですが、最初にどの辛口を選べばいいのかわからない!という場合はこの章を参考にしてみてください。 ここでは日本酒初心者にオススメの辛口銘柄を4つ紹介します。 2-1.黄金色の辛口日本酒「黒松剣菱」 「黒松剣菱(くろまつけんびし)」は、黄金色の辛口清酒として知られるお酒です。醸造元は、日本有数の酒どころ神戸市灘区にある老舗の酒蔵、剣菱酒造。 剣菱酒造の日本酒は、精米歩合と呼ばれる酒米の磨き具合をあえて表示していません。理由は、その年の酒米の出来に合わせ精米歩合を調整しているからです。ろ過の度合いも調整しているため、黄金色をしており味が濃いのも剣菱の特徴のひとつ。 500年の歴史を持つ黄金色の日本酒は、辛口の味わいを存分に堪能できる仕上がりとなっています。 (出典元:amazon.com) 2-2.世界で飲まれる奈良の日本酒「春鹿 純米 超辛口」 「春鹿(はるしか)」は、日本酒発祥の地である奈良県の酒蔵で醸造される酒です。伝統的な手法で生まれる味わいは全国的にも人気が高く、中でも「超辛口」は春鹿の代表銘柄として世界10数ヵ国で愛飲されています。 日本酒度数+12と超辛口でありながら、洗練された味と香りのバランスは日本酒界でもトップクラス。180mlから販売されているため、辛口日本酒がどんなものか試してみたいという方にもぜひオススメしたい銘柄です。 (出典元:amazon.com) 2-3.日本酒を愛する高知県の代表銘柄「酔鯨 純米大吟醸」 日本酒好きが多いことで知られる高知県のお酒は、淡麗辛口が基本。南国土佐を代表する日本酒「酔鯨(すいげい)」もまた、キリっとした後口が辛口ファンから人気のお酒です。 食中酒として楽しむことを目的にする土佐のお酒らしく、香りはおだやかで、旨味がありながらもキレが良いのが酔鯨の特徴。刺身のようなあっさりとした和食と相性が良いのはもちろん、こってりとした料理の油分もさらりと流してくれると評判です。 (出典元:amazon.com) \辛口な日本酒のオススメ10選をご紹介/ https://sake-5.jp/dry-sake/ 3.日本酒初心者にオススメの甘口銘柄4選 日本酒初心者にオススメしたい辛口銘柄を紹介しましたので、ここからは甘口銘柄を紹介していきます。 特に日本酒初心者にとって甘口の日本酒は飲みやすい銘柄が多いのですが、その中でも厳選してオススメの甘口銘柄を4つ紹介していきます。 3-1.繊細な甘さはまるで和三盆「村祐 黒」 淡麗辛口が主流とされる新潟県で、新たに生まれた甘口日本酒が「村祐(むらゆう)」です。 口に含むと柔らかに広がる甘さは、まるで和三盆のように上品できめ細やか。中でも「黒」は超甘口に仕上げられており、この1本をきっかけに日本酒を飲み始めたという方も少なくありません。 村祐酒造のポリシーは「お酒の評価はあくまで飲み手が決めるもの」。先入観を与えないため、精米歩合や日本酒度、酒米の品種についてすべて非公開というのも、ファンから支持される理由のひとつとなっています。 (出典元:amazon.com) 3-2.ワイングラスで楽しみたい甘口日本酒「北雪 大吟醸YK35」 新潟県の北雪酒造で醸造される「北雪(ほくせつ)大吟醸YK35」は、酒造好適米の山田錦を35%まで磨いた大吟醸です。 雑味のない味わいは、ワイングラスでおいしい日本酒アワード2020をはじめ、数々の品評会で名だたる賞を受賞。繊細かつ芳醇な甘みがあり、日本酒初心者でも飲みやすい仕上がりとなっています。 リンゴやメロンにも例えられるほどフルーティーな香りは、背が高く口の広いワイングラスに注いで楽しむのもオススメ。 日本酒の新たな楽しみ方を教えてくれる1本です。 (出典元:amazon.com) 3-3.女性に人気の甘口日本酒「大関 極上の甘口」 醸造元の大関(おおぜき)は、青いラベルのワンカップ酒で知られる日本酒の大手メーカー。「極上の甘口」は、大人のプレミアムスイーツと呼ばれるほど贅沢な甘さを兼ね備えた日本酒です。 原料には厳選した酒米を通常の1.4倍量使用。甘口の日本酒度が-1.5から-6である中、-50という類を見ない甘さを実現しています。 絶妙なバランスで酸度を加えることで、後味はスッキリとさわやか。ラベルはまるでワインのように上品な仕上がりで、女子会や祝いの席にもぴったりの甘口日本酒です。 (出典元:amazon.com) 3-4.初心者でも飲みやすい低アルコール日本酒「富久錦 Fu.」 「日本酒はアルコール度数が高くて悪酔いしそう」という方におすすめなのが、低アルコール酒の「Fu.」です。醸造元は兵庫県の小さな酒蔵、富久錦(ふくにしき)。米と水のみを使用した純米酒しか造らないというこだわりを持っており、すっきりとした飲み口が高い人気を得ています。 中でも「Fu.」は、アルコール度数を8度から9度に抑えた初心者向けの日本酒。洗練されたラベルの見た目は、まるで白ワインのようです。 果実のような風味を持っているため、しっかり冷やしてワイングラスに注いで味わうのもオススメですよ。 (出典元:amazon.com) \オススメの甘口日本酒をご紹介/ https://sake-5.jp/sweet-sake/ 4.まとめ 酒米を育てる農家の力と、杜氏の洗練された技術によって生まれる日本酒。自分に合ったお気に入りを見つけ、その味わいから酒蔵の想いを感じるのもまた日本酒の楽しみ方のひとつです。 こちらでご紹介した日本酒をきっかけに、ぜひ日本酒の世界を広げてみてくださいね。

日本酒の代表格「獺祭(だっさい)」を詳しく解説します

山口県の旭酒造で造られる日本酒「獺祭(だっさい)」。日本酒をあまり飲まなくても「名前は聞いたことがある」という方が多いのではないでしょうか。 米を23%まで磨き上げる製法を生み出した獺祭は、今や国内だけでなく海外でも大人気。日本酒通の方はもちろん、普段からあまり日本酒を口にしない方にもオススメのお酒です。 この記事では、獺祭の代表的な銘柄からあまり知られていない銘柄、そして価格までを紹介。獺祭の魅力について余すところなくご紹介していきます。 1. 日本酒の獺祭とは 獺祭は今や国内だけでなく、海外でも高い人気がある日本酒です。こだわり抜いたその品質は、フレンチの神と呼ばれるジュエル・ロブション氏にも認められ、2018年にはパリにロブションとのコラボストアがオープンされたほど。 まるでワインを思わせるようなフルーティーで爽やかな味わいは幅広い層に大人気。中でも精米歩合23%を初めて実現させた銘柄「二割三分」は、日本酒好きであれば一度は飲んでみたい1本です。 精米歩合23%の逸話 獺祭の「二割三分」の精米歩合は23%を実現していますが、実はもともとの計画では25%だったそうです。しかし当時、すでに精米歩合24%のお酒が市販されていたこともあり、急遽「あと2%、精米歩合を高める」ことになったのだとか。 当時、精米歩合25%でほとんど完成していた精米担当者に経営者から連絡がきて、さらに24時間かけて2%精米歩合を高めるよう指示があり、ようやく完成したという逸話が有名です。 7日間×24時間、都合168時間と言う精米時間をかけて、精米歩合23%で造られる製造方法は当時から変わらず今も続いています。 1-1. 酒造元について 獺祭を造っているのは山口県の最東部、岩国市にある旭酒造(あさひしゅぞう)です。 獺祭を誕生させたのは三代目の社長である桜井博志氏。日本酒離れが進み倒産の危機を迎える中で獺祭は生まれ、職人の熟練した技術と徹底した品質管理が生み出す味わいは、またたく間に世界でも高く評価されました。 山口の小さな酒造であった旭酒造は、2013年には販売数は114万本を突破し、今や日本酒業界を牽引する蔵元のひとつとなっています。 1-2. 獺祭という名の由来 あまり日本酒を飲まない方にも広く知られている「獺祭」。 その名前の由来は、蔵元が存在する地名「獺越」から一字とったものとされています。 また、もうひとつの由来とされるのが、自身を「獺祭書屋主人」と名付けたかつての文豪、正岡子規の存在。伝統にとらわれない新しい日本酒を作りたいと考えていた蔵元は、明治の日本文学に革命を起こした正岡子規に酒蔵の姿を重ねたのでした。 旭酒造は「酒造りは夢づくりである」という信念のもと、変革の中から生まれる新しい日本酒を「獺祭」と名付け、世に送り出したのです。 2. 獺祭の種類と値段について 獺祭の代表的な銘柄として、精米歩合の異なる「45」「三割九分」「二割三分」があります。それぞれ180mlから1800mlまで販売されています。 有名な「45」「三割九分」「二割三分」の公式オンラインストアでの販売金額は、2020年3月現在で以下の通りです。 販売価格(税込) 720ml 1800ml 純米大吟醸45 1,650 円 3,300 円 三割九分 2,541 円 5,082 円 2点カット 5,390 円 10,780 円 (参照元:獺祭Store WEB店) また、その更に上を行く獺祭として、2012年には「磨きその先へ」(33,000円/720ml)も販売されています。 2-1. 45 獺祭のスタンダードとなるのが山田錦を45%まで磨き上げた「45」。美味しくなければ意味がないという信念のもと生まれた大吟醸は、米本来の繊細な甘みと華やかな香りがあります。 2-1-1. 評判 「45」は米の香りと旨味を感じられ、飲みやすい日本酒として人気のある純米大吟醸。まるでワインを思わせるようなフルーティーな飲み口は、あまり日本酒を口にしない方や女性からも高い評価を得ています。容量も300mlから販売されているため、あまり日本酒を買わないという方にも人気があります。 (出典元:amazon.com) 2-2. 三割九分 山田錦を39%まで磨いた三割九分は、口に含むとまるで蜂蜜のような甘みが広がる大吟醸です。一口飲めば上品な米の風味が香り立ち、味わいは実にまろやか。これぞ純米大吟醸と呼ぶにふさわしい、味の繊細さと重厚さを兼ね備えた1本となっています。 2-2-1. 評判 三割九分は、華やかな香りと甘みを持ちながらすっきりとした飲み口が人気の日本酒です。価格的に「45」のワンランク上にあたり、飲み比べされることも多い銘柄となります。そのため「45でも満足だったがやはりひと味違う」「45は日常酒で、三割九分は贈答用に」と獺祭ファンから愛される銘柄となっています。 (出典元:amazon.com) 2-3. 二割三分 磨きの限界といわれる23%を実現した獺祭の代名詞ともいえる大吟醸です。日本最高峰とされる精米歩合は多くのメディアで取り上げられ、その繊細かつ芳醇な味わいと共に、獺祭の名を世に知らしめることとなりました。価格帯もトップクラスであるため、贈答用にも最適な銘柄となっています。 2-3-1. 評判 二割三分は、「まさに最高の日本酒」「お酒好きに送るなら間違いない一本」と評判高い日本酒です。嫌な部分が何もないと称される研ぎ澄まされた味わいは、日本酒をゆっくりと楽しみたい方に好まれています。1800mlあたり約10,000円という価格帯から考えても、贈答や特別な日の一杯にふさわしいプレミアムな日本酒であると言えるでしょう。 (出典元:amazon.com) 2-4. 磨きその先へ 「磨きその先へ」は、獺祭の中で最高峰の二割三分を更に超える銘柄です。海外で数十万円の値が付くワインのように、高価格帯の日本酒に挑戦しようという蔵元の想いのもと開発が進められました。美しい香りとともに味の複雑性を有し、今までの純米大吟醸にはない優れた風合いを誇っています。 2-4-1. 評判 「磨きその先へ」は、45%から25%歩合の獺祭の良さを全て持ち合わせたような日本酒だと言われています。甘口芳醇でありながら、まるで澄んだ水のような飲みやすさは獺祭ファンからも好評。二割三分を味わってから口にすれば更にその魅力を楽しむことができるでしょう。 (出典元:amazon.com) 3. 獺祭の購入方法 獺祭は国内外の正規取扱店や通販サイトにて購入することができます。銀座、博多、本社の山口県岩国市に点在する「獺祭ストア」では、商品を購入するだけでなく有料テイスティングを楽しむことも可能です。 3-1. 獺祭が購入できる実店舗 獺祭は高島屋や伊勢丹といった百貨店や、京王ストアや紀ノ国屋などのスーパーマーケットなど、幅広い店舗で購入できるようになっています。公式サイトでは購入可能店舗を確認することができますが、業務用酒販店や無店舗販売については、掲載されているものが全てではありません。 また、国内だけでなく、アメリカからアジア、ヨーロッパまで正規取扱店が広がっていることは、獺祭の海外人気の高さを表していると言えるでしょう。 3-2. 獺祭が購入できる通販サイト 2016年よりオープンしたのが公式オンラインショップ「獺祭ストアWEB店」です。「純米大吟醸45」から「磨きその先へ」まで全てがラインナップされている他、季節商品や限定品も購入することができます。 酒粕カレーや酒ケーキ、酒粕石鹸や化粧品といった日本酒以外の獺祭商品も実に豊富。獺祭の新たな魅力を知りたいという方は、ぜひチェックしてみてはいかがでしょうか。 4. 獺祭の美味しい飲み方・楽しみ方 日本酒といえば、升やおちょこで飲むものと思われがちですが、獺祭におすすめなのが小ぶりのワイングラス。開口部が大きく背の高いワイングラスは、獺祭の持つ上品な香りをより引き立たせてくれます。 また、「45」や「三割九分」は食中酒、「二割三分」は繊細な香りを持つ野菜料理や魚料理など、料理とのマリアージュを楽しむのもおすすめ。 獺祭の魅力を存分に楽しむためにも、保存する際の温度は大きなポイントとなってくるのです。 4-1....

「日本酒って健康に悪い?」実は女性に嬉しい成分がたっぷり♪

「酒は百薬の長」とも言われるお酒。「飲みすぎるのは良くないけど、適量ならむしろ健康に良いよ!」と言われたことのある人も多いのではないでしょうか? この記事では、そんなお酒の一つである日本酒の健康への影響についてご紹介します。飲む量が多すぎたり、付き合い方を間違えると体に悪影響があるのも事実ですので、ぜひ、最後まで読んで正しいお酒との付き合い方を身につけてくださいね。 \女性に人気のフルーティーさが魅力の日本酒をピックアップ/ https://sake-5.jp/fruity-sake/ 1.日本酒は 健康・美容効果のある女性の心強い味方!? 日本酒は、健康効果があるといわれているお酒の1つで、特に美容成分が注目されることの多いお酒です!日本酒由来の化粧水やフェイスパックも多く販売されていて、女性の方なら一度は見たことがあるのではないでしょうか。 日本酒の醸造をされている杜氏(とうじ)の手が若々しいという事例から、一気に広がったように、日本酒には美容と密接に関わる効果がいくつもあるんです。その詳しい効果については次の章でご紹介していきます。 2.健康効果について 日本酒の健康効果とは、具体的にどのような効果が期待できるのでしょうか。実は日本酒にはストレス軽減、血行促進、そして美肌効果など女性にとって嬉しい効果がたくさんあるんです。 2-1.ストレス軽減効果がある これはお酒全般にいえることですが、アルコールにはストレスを緩和してくれる脳内物質(セロトニン)の分泌を促す効果があります。ストレスを感じているときにお酒を飲むと、少し気持ちが軽くなるのはこういった脳内物質の働きのおかげなんです。 ただ、アルコール依存のレベルまで飲酒が進行してしまうと、逆にセロトニンの量が著しく減少し、精神的に不安定になってしまうという研究結果も出てきています。 適量を楽しむことで、ストレスを体に貯めずに良い精神状態を作れるわけですね。 2-2.血行促進効果がある 血行促進効果があるのも日本酒の良いところ。日本酒に含まれている成分「アデノシン」は血管を拡張し、血流をよくする働きがあります。 血行の促進により体の中に栄養が行き渡るだけでなく、老廃物も適切に流されていくので、疲労回復、代謝改善、体臭予防などに効果があるので、女性にとってはとても嬉しいポイントですね。 また、冷え性や偏頭痛などの改善にも効果が期待できるとも言われてます! 2-3.美肌効果がある 日本酒を飲むことで期待できるの効果の1つが美肌効果。いくつかありますが、ここでは3つ紹介します。 シミに対する効果 まず、1つ目がシミに対する効果。日本酒の製造過程で使われている麹(こうじ)。その麹の発酵過程で生み出される「コウジ酸」がシミを薄くする・防止に効果があります。 肌の美白効果 2つ目が美白効果。美白化粧品に使われている成分「アルブチン」が日本酒に含まれており、美白効果に期待できます。 シワ・タルミに対する効果 3つ目がシワ・タルミに対する効果。日本酒に含まれている成分「フェルラ酸」はアンチエイジング(老化防止)に効果アリ。シワやタルミに効果が高いです。 それ以外にもハリ・ツヤアップや保湿などに効果がある栄養が日本酒には含まれていますので、女性の方には嬉しいポイントですね。 2-4.食欲促進効果がある 日本酒を飲むと食欲が増す、食欲促進効果があることをご存知でしょうか? 「日本酒と食事を合わせると食事が止まらなくなる」なんて声があるのは日本酒に胃腸を刺激する成分が含まれており、食欲を促進させる効果があるからなんです。 日本酒が食前酒に出されるというのはムード作りの意味もありますが、食欲を促進させる意味も持っています。 3.日本酒に含まれる女性に嬉しい成分とは? 日本酒を飲むことで摂取できる栄養は約120種類以上。その中でも、アミノ酸、ビタミンの2種類が特に効果があると言われています。 両方とも人体にとっては欠かせない栄養なので、それぞれ解説します。 3-1.アミノ酸 アミノ酸はたんぱく質の原料で人体に必須の栄養素の1つです。カラダの20%がたんぱく質なので、アミノ酸はカラダの20%を占めているとも言えますね。 日本酒に含まれているアミノ酸は9種類。人体で生成できない必須アミノ酸をバランス良く含んでいます。人体を構成するアミノ酸が20種類なので、およそ半分を日本酒で摂取でき、健康面でも期待されているのです。 また、日本酒はウイスキーや焼酎などの他アルコール飲料と比較しても最もアミノ酸を含んでいるお酒です。 日本人が健康的で長生きなのも、日本酒を飲んでいるからかもしれませんね。 3-2.ビタミンB6 日本酒に含まれているビタミンはビタミンB6。たんぱく質を作るアミノ酸の働きを助ける役割を持っています。 また、ビタミンB6は肌の再生や健康を維持するのに効果があると言われていて、ニキビに悩んでいる人もビタミンB6を積極的に取り入れるなどビタミンB6は「肌の再生」に大きく関わる成分です。 さらにビタミンB6は月経前症候群やつわりに苦しむ女性の症状が緩和した例もあるなど、女性に嬉しいビタミンとしても知られています。 4.日本酒のカロリーは高い? 日本酒の原材料はお米。そのため、カロリーを気にする方は多いかもしれませんね。 そこで、日本酒とそれ以外のお酒のカロリーを比較しました。日本酒を飲む際の注意点も紹介しているので、参考にしてみてください。 4-1.日本酒以外のお酒とカロリーを比較 日本酒のカロリーを他のお酒と比較すると下記の図になります。 文部科学省によると日本酒100mL当たりのカロリーは103〜107kcal。ウイスキー237kcal、焼酎206kcal、ワイン73kcal、ビール 40kcalとなっています。 お酒の種類 カロリー(100mL当たり) 日本酒/純米酒 103kcal 日本酒/本醸造酒 107kcal 日本酒/吟醸酒 104kcal 日本酒/純米吟醸酒 103kcal ウイスキー 237kcal 焼酎/連続式蒸留 206kcal ワイン/白・赤 73kcal ビール/単色 40kcal   食品成分データベース-文部科学省 ウイスキーや焼酎などアルコールが高いお酒になるほどカロリーが高くなっています。 日本酒1合を缶ビール1本(350ml)に換算すると、約1.3缶。日本酒1合と缶ビール1本はそこまで大差ないことが分かります。 しかし、日本酒には食欲促進効果があるため、お酒と食事のバランスにも気をつける必要がありますね。 5.健康的な飲み方 ここまでで「日本酒は健康にいいんだ!」「カロリーもそこまで高くない!」なんて思われた方もいるかもしれません。 健康効果もあり、他のお酒と比較してカロリーも高くありませんが、飲み方には気をつける必要があります。 正しい日本酒の飲み方を紹介するので、飲む際には試してみてください。 5-1.飲みすぎない 日本酒に限らず、他のお酒でも言えることですが、飲みすぎないように気をつけましょう。飲みすぎると2日酔いなど体に悪影響を与えます。 食欲増進効果もあるため、お酒を飲み続けると一緒に食事も進んでしまってカロリーの過剰摂取や肥満の要因に。適切な食事・飲酒量を心掛けることが大事ですね。 5-2.水を飲むようにする 日本酒を飲む時には一緒に水を飲むようにしましょう。 ウイスキーや焼酎では水割りと呼ばれる飲み方がありますが、日本酒の水割りなどは聞いたことがないかもしれませんね。 日本酒は水割りではなく、日本酒を飲んでいる合間に水を飲みます。この水のことをアルコールを和らげる水、和らぎ水(やわらぎみず)と呼びます。 和らぎ水の効果として、酒量の減少・体内のアルコール濃度を下げることに期待ができ、脱水症状・2日酔いの対策になるので、日本酒を飲む際には合間に水を飲みましょう。 6.まとめ 日本酒は健康効果に期待できる反面で飲みすぎたり、飲み方を間違えると体に悪影響を与えます。 正しい飲み方をマスターして、美味しく日本酒を飲みましょうね。 \女性に人気のフルーティーさが魅力の日本酒をピックアップ/ https://sake-5.jp/fruity-sake/

日本酒 最新情報

最新の記事

新宿の日本酒が飲み放題なお店9選!シチュエーション別にご紹介!!

新宿にはたくさんの飲食店があり、日本酒を提供しているお店も多くあるのが特徴。 その中には日本酒をたくさん飲みたい方に向けて、飲み放題を提供してるお店がたくさんあります。 この記事では日本酒の飲み放題を行っているお店を厳選して紹介していくので、ぜひ参考にしてください。 1.【個室】ゆっくり話したい方向けの飲み放題のお店3選! まず、紹介するのが個室を完備しているお店です。 デートやビジネスなどでは、周囲の人に聞かれたくない話やプライベートな話をすることもあるのではないでしょうか。 そんな時は個室完備のお店がおすすめ。プライベートな空間を保てるので、周囲を気にせず話をすることができますよ。 1-1.DINING 彩 新宿店 様々なパータンの個室を用意しているのが「DINING 彩」。 かまくらのように周囲を完全に囲んでいる個室や円型テーブルを配置している個室などがあるのが特徴的なお店です。 提供している料理は、一品料理からガッツリした料理までたくさんの種類があるので自分の好きな料理を食べることができますよ。 日本酒は約20種類以上を用意しており、季節限定の銘柄から蔵元と直接契約している銘柄もあるので、普段日本酒を飲んでいる方にも満足できる品揃えとなっています。 もちろん飲み放題もあるので、日本酒をたくさん飲みたい時にも使えるお店ですよ。 住所:〒151-0053 東京都渋谷区代々木2丁目9−2 久保ビル B2F 電話番号:050-5269-8900 アクセス:地下鉄各線 新宿駅より徒歩1分、JR各線 新宿駅より徒歩1分 1-2.香家 新宿本店 地産地消をコンセプトとしているお店が「香家」。 提供している料理には、築地から毎朝届く鮮魚や全国各地の野菜・お肉を使っているので、東京にいながら全国各地の味を楽しむことができます。料理も様々な種類があるのも嬉しいポイントですよね。 日本酒も料理と同じく全国各地の銘柄を取り揃え。飲み放題もできるのでたくさん飲みたい方にも安心です。 個室はビジネス場面で使える高級感のある個室から、デートで使えるカップルシートまで完備しているので、シチュエーション毎に使い分けることもできますよ。 住所:〒160-0022 東京都新宿区新宿3丁目35−13 SHOWAKAN-BLD B1F 電話番号:050-5868-3371 アクセス:JR各線 新宿駅より徒歩2分、地下鉄各線 新宿駅より徒歩3分 1-3.音音 新宿センタービル店 「音音」は新宿センタービルの1階にある居酒屋。 提供している料理は全国各地の食材を使った和食料理がメインとなっています。日本酒と合う一品料理も多数提供しているので、日本酒が進むこと間違いなし。 日本酒は全国各地から取り揃えた約30種類の銘柄を提供。「音音」が蔵元とコラボレーションしたオリジナルの銘柄もあるので、普段日本酒を飲んでいる方にも満足できる品揃えですね。 接待でよく使われる「音音」ですが、カップルシートも用意してあるので、デートでも利用できますよ。 住所:〒160-0023 東京都新宿区西新宿1丁目25−1 新宿センタービル別館1F・2F 電話番号:050-5872-2814 アクセス:JR各線 新宿駅より徒歩5分、地下鉄丸ノ内線 西新宿駅より徒歩5分 2.【価格重視】リーズナブルな飲み放題のお店3選! 次にご紹介するのが、リーズナブルに飲み放題を楽しめるお店です。 会社の飲み会だけでなく、プライベートの飲み会にも参加していたらあっという間にお金がなくなることもありますよね。 新宿で日本酒を楽しめるお店はリーズナブルな価格設定をしているお店も多いので、ぜひチェックしてください。 2-1.やまちゃん 日本酒セルフ飲み放題 「やまちゃん 日本酒セルフ飲み放題」は3000円で日本酒を無制限で飲めるお店。 日本酒は小さな蔵元が製造している銘柄からメディアなどで取り上げられている有名な銘柄など100種類以上を提供。3000円・時間無制限で100種類以上の日本酒が楽しめるのは、かなり破格ですよね。 料理は持ち込むか店内での調理、デリバリーなどを利用して自分で用意するシステムとなっています。食材を持ち込んで、みんなで調理するのも、かなり盛り上がるのでオススメですよ。 リーズナブルにたくさん日本酒を楽しみたいなら「やまちゃん 日本酒セルフ飲み放題」で決まりですね。 住所:〒160-0022 東京都新宿区新宿1丁目12−10...

日本酒の「磨き」とは精米のこと!精米歩合の見方と意味まで解説

日本酒を味わう中で「磨き」という言葉を耳にしたことはありませんか?海外でも有名な日本酒「獺祭」では、その名の通り「磨き」という名称の純米大吟醸が販売されているほど。 でも一体、日本酒が磨かれているってどいうこうことなのでしょう? 今回は、日本酒ならではの表現のひとつである「磨き」の世界についてご紹介します。その意味と内容を知ることで、日本酒を楽しむ幅をより一層広げることができますよ。 1.日本酒の「磨き」とは? 日本酒の「磨き」は、日本酒を語る上で欠かす事の出来ない「精米歩合」に関係しています。まずはその精米歩合について解説していきますね。 1-1.日本酒の磨きとは精米のこと! 日本酒の「磨き」とは精米の度合いを表す言葉です。 収穫したばかりのお米は、外側にもみ殻や汚れがついたままの状態ですよね。食用にするためにはそこからもみ殻を取り、さらに外側を削る「精米」をし、白い米粒にしなくてはいけません。 お米の外側にはタンパク質や脂質のような栄養素が多く含まれ、食用米の場合にはそれらが旨味のもとになります。しかし、日本酒を造る際には、その外側の栄養素成分が味の雑味の原因にもなってしまうのです。 そのため、食用米であれば外側を削る度合いが1割ほどであるのに対し、酒米の場合はほとんどが3割、多いものでは半分以上削ることもあります。日本酒用に栽培されるお米「酒造好適米(しゅぞうこうてきまい)」も、食用米と比べ粒が大きく、より精米に適した特徴を持っているんですよ。 「心白(しんぱく)」と呼ばれる米の中心部分だけを贅沢に使用し、水と麹を原料に日本酒は造られているのです。 1-2.精米歩合の見方と意味 精米歩合(せいまいぶあい)とは、米の外側をどれほど磨いているか、精米の度合いを表す数値です。この精米歩合は、日本酒のラベルで確認することができます。 例えば、ラベルに「精米歩合60%」と書いてあれば、「米の外側を40%を磨いて、残った60%でお酒を仕込みましたよ」という意味。「磨きの度合いが高い」と表現される日本酒は、高精米のお米で造られたお酒ということです。 冒頭にご紹介した日本酒「獺祭」では、「磨き三割九分」(39%)や「磨き二割三分」(23%)のように、精米歩合をそのまま名称で表しています。 日本酒は専門的な用語が多いお酒ですが、このようにラベルに書いてある意味を知ることで、お店で日本酒を選ぶのがもっと楽しくなりますよ。 2.精米歩合による違いは?香りや味わいが変わる! 酒税法では、日本酒の名称ごとに精米歩合の数値が定められています。 精米歩合 名称 規定なし 普通酒 規定なし 純米酒 70%以下 本醸造酒 60%以下 特別本醸造酒 60%以下 特別純米酒 60%以下 吟醸酒(純米吟醸酒) 50%以下 大吟醸酒(純米大吟醸酒) ※精米歩合だけでなく、原料や造り方などの決まりによって名前は変わります。 精米歩合の違いは日本酒の香りと味に大きな変化を与えることになります。 2-1.精米歩合により日本酒の香りが変化する? 精米歩合は、日本酒特有の香りである「吟醸香(ぎんじょうこう)」に大きな変化を与えます。一粒の米をより磨き上げた日本酒は、余分な雑味が取り払われた分、華やかでフルーティーな香りのお酒に仕上がるのです。 精米歩合30%や25%といった高精米の日本酒に出会ったら、ぜひ一度目を閉じてその香りをかいでみてください。お米を原料にした日本酒から、青りんごやバナナ、洋ナシを思わせるような果物の香りがすることに驚かれるかもしれません。 実は、日本酒特有の香り成分「カプロン酸エチル」や「酢酸イソアミル」は、リンゴやメロンのような果物の香り成分と同じもの。この香り成分は、発酵の段階で酵母に与える栄養分を極限まで減らすことで生まれます。 そのため、栄養素の含まれた米の外側を削った精米歩合の高い日本酒ほど、フルーティーな香りのお酒に仕上がるのです。ワイングラスのような口が広く深いグラスに注げば、その豊かな香りをより一層楽しむことができますよ。 2-2.精米歩合により日本酒の味わいが変化する? 精米歩合が高い日本酒は、手間ひまがかかるだけでなくできあがる量が少ないため、販売価格も高くなります。しかし、決して「精米歩合が高い=良いお酒」というわけではありません。 精米歩合の高い日本酒は、前述したように香りが華やかで、雑味のないクリアな味わいのお酒に仕上がります。一方、米の外側をより多く残した状態で仕込む精米歩合の低い日本酒であれば、米本来の香りや、コクのある旨味を感じることができるのです。 どちらが良いかというのは、あくまで飲む人の好みの問題となります。また、同じ精米歩合であっても、原料の酒米や水、仕込まれる環境によって大きく味が異なるのが日本酒のおもしろいところです。 現在は精米歩合にこだわらずあえて数字をラベルに記載しない蔵元や、低い精米歩合でお酒を仕込む蔵元も珍しくありません。精米歩合はあくまでも味の指標を示す数字のひとつとして判断した上で、ぜひ自分好みの日本酒を見つけてみてください。 3.まとめ 日本酒の「磨き」は、米の磨き度合いを表す精米歩合と深く関係していることがお分かりいただけたでしょうか。 しかし、こだわりの米と水、そして蔵人の洗練された技術で生まれる日本酒は、精米歩合に関わらずどれも「磨きがかった味」だとも表現できるのかもしれません。 お気に入りのお店の料理と一緒に、自宅でほっと一息つけるひと時に、ぜひこだわりの日本酒をより一層美味しく楽しんでくださいね。

日本酒の冷やと冷酒はまるで違う!温度の違いや冷やと呼ばれる理由を紹介!

日本酒の「冷や」と聞いて、まずどのようなイメージを思い浮かべるでしょうか?その名の通り冷たいお酒、「冷酒」のことだと思われる方も多いかもしれません。 しかし、実は日本酒の「冷や」とは冷たくもぬるくもないお酒のこと。「冷酒」とは温度が異なり、味にも大きな違いがあるのです。この記事では、日本酒の「冷や」と「冷酒」の違いから、温度による日本酒の楽しみ方についてご紹介します。 1. 日本酒の冷やと冷酒はまるで違う!冷やは20度のこと 「冷や酒」と「冷酒」。ぱっと見るとどちらも同じようですが、実はあいだに「や」の字が入るだけで全く違う意味合いに。「冷酒」はその名の通り冷たく冷やしたお酒のことを指しますが、「冷や酒」は常温の日本酒を意味しています。 「冷や」と呼ばれる日本酒の温度は約20度。実は「冷や」以外にも、日本酒には味の違いを楽しめる幅広い温度帯があるのです。 1-1.日本酒は温度によって呼び方が違う 「冷や」と「冷酒」だけでなく、日本酒は温度によってそれぞれの呼び方が存在しています。 その種類は、こちらでご紹介するだけでもなんと10種類。およそ5度刻みで、日本らしい風情のある呼び方に変化していきます。 呼び方 温度 特徴 飛び切り燗(とびきりかん) 50度以上 その名の通り飛び切りの熱さ。辛口のお酒もスッキリと。 熱燗(あつかん) 50度 寒い日にゆっくり味わいたい熱めのお酒。 上燗(じょうかん) 45度 口に含むとじんわり熱い。淡麗辛口は上燗で。 ぬる燗(ぬるかん) 40度 ぬるいとはいえ40度。やや熱さを感じるぬる燗は純米酒におすすめ。 人肌燗(ひとはだかん) 35度 まろやかな味わいを楽しむなら人肌を感じられる温度で。 日向燗(ひなたかん) 30度 日向のような温もりはお酒の品質が際立つ温度。 冷や(ひや) 20度 日本酒の個性をバランスよく感じられる温度帯。初めてのお酒はまず冷やで。 涼冷え(すずびえ) 15度 目安は冷蔵庫から出して約10分。華やかな香りが立つ温度。 花冷え(はなびえ) 10度 花さえ冷たくなるひんやり感。香りはよりマイルドに。 雪冷え(ゆきびえ) 5度 その冷たさは雪のよう。香りが落ち着きシャープな切れ味。   日本酒の温度については、こちらの記事にもまとめていますので、ぜひ参考にしてみてくださいね! https://sake-5.jp/sake-temperature/ 1-2. なぜ、冷やなのに冷たくないのか? 日本酒でいう「冷や」は、決して冷たいお酒を表す言葉ではありません。では、なぜ冷たくもないお酒を「冷や」と呼んでいるのでしょうか。 今でこそ、日本酒は冷蔵庫で冷たく冷やしたり、お燗にして飲んだりといろいろな楽しみができるお酒です。しかし、冷蔵庫のない時代には、日本酒は燗で温めて飲むか、常温で飲むかの2つしか選択肢しかありませんでした。 そのため、温めていないお酒は燗酒より冷たい=「冷や」と呼ばれていたのです。 とはいえ、冷や酒は冷たいお酒ではありません。飲食店でも冷酒と間違って注文しないよう気を付けましょう。 「冷や」は「常温」と呼んでもいい? 前述したように、「冷や」は常温のお酒を意味しています。しかし、一口に常温といっても、冷や酒にちょうど良い20度をキープすることは実はとても難しいことなのです。 夏場であれば少し冷やさなければ「常温」と呼ばれる温度帯にはなりませんし、逆に冬場であれば室温によって冷えすぎてしまうこともあるでしょう。 また、飲食店によっては冷たい日本酒を「冷や」と呼ぶこともあります。日本酒は、温度によって味の変化が生まれるお酒。もしも自分が飲みたい温度帯と違うものが出てきたら、がっかりしてしまいますよね。 飲食店で冷や酒を頼む時には、「常温で」と伝えた方が現代では安心です。極端にひんやりするわけではありませんが、決してぬるくもない美味しい冷や酒を飲むことができます。逆に、きちんと冷やしたお酒を飲みたい時には「冷酒をください」と伝えましょう。 また、加熱殺菌をしていない生酒や、一度しか火入れをしない生詰タイプの日本酒は低温管理が基本となるため冷やで楽しむことはできません。このように、「冷や」と言ってもただ常温にほおっておけば良いわけではなく管理が必要なこと、中には冷やで飲むのに適さないお酒があることも覚えておいてくださいね。 2. 冷や・冷酒・熱燗の味や香りの違い 日本酒の奥深い味わいは、甘み、酸味、苦みといったさまざまな要素で成り立っています。また、その味のバランスは温度によってさまざまな風合いに変化します。世界中のお酒の中でも、5度から50度以上まで、ここまで幅広い温度帯で楽しめるものはなかなかありません。 常温である「冷や」は、味のバランスがとれているため、その日本酒の個性をいちばん感じやすい温度帯。初めての銘柄であれば、まずは冷やから試してみるのもおすすめです。 また、30度以上の「燗酒」は、日本酒特有の米の香りやキレの良さを感じられる飲み方。淡麗辛口のお酒であれば、よりスッキリとした口当たりを楽しむことができるでしょう。 反対に、きりっと冷やした「冷酒」は、吟醸酒の華やかな香りを楽しむのに適したお酒。1980年代の吟醸酒ブームから日本酒を冷やして飲む「冷酒」が広まり、今では冷えた日本酒をワイングラスで楽しむスタイルが定着しているほどです。 そのフルーティーな香りは海外でも人気を呼び、冷やして美味しい日本酒「SAKE」として世界でも広く親しまれています。 3.まとめ 燗酒ではクセがあると感じた銘柄も、「冷や」や「冷酒」だとスッキリ飲みやすくなることがあるのも日本酒のおもしろいところ。好みの温度とその呼び方を覚えておけば、飲食店でもお気に入りの飲み方で日本酒を味わうことができます。 日本酒好きはもちろん、日本酒は初めてという方も、ぜひ温度にこだわって日本酒の世界を楽しんでみてくださいね。

日本酒もジャケ買いの時代!?センスの良いラベルの日本酒から目が離せない!

日本酒といえば好みの味、産地などで選ぶ方が多いのではないでしょうか。しかし、昨今では日本酒のラベル、パッケージだけを見て選ぶ人が増えています! なぜ、ただのラベルが購入の決定打になるのでしょうか。今回は日本酒のラベル事情について解説していきます。 1.日本酒のラベルデザインが今注目されている! 日本酒のラベルといえば、和風フォントで銘柄名が書かれたシンプルなものが一般的、でした。しかし、昨今ではラベルデザインに凝った銘柄が次々と現れています。そのため、日本酒の選び方も昔とは違う一面が出てくるようになりました。詳細は以下のとおりです。 1-1.ジャケ飲みとは? 凝ったデザインのラベルが増えたことで、日本酒の「ジャケ飲み」をする人が増えています。ジャケ飲みとは、日本酒のパッケージのデザインに惹かれて飲むこと。本やCDなどのいわゆる「ジャケ買い」と似たようなものです。 日本酒初心者の場合、自分好みの銘柄、味の系統がわかっていません。そのため、パッケージの雰囲気を見て日本酒選びを行っているのです。 1-2.つい飾りたくなるデザイン 凝ったラベル、パッケージの日本酒はファッション性が高いのも特徴です。オシャレな部屋に飾っても、違和感なく溶け込むデザインが多くあります。飲み終わってからもインテリアとして使えるので、コレクターにはたまりません。 デザインの幅もモダンなものから、かわいいものまで多種多様。もはや日本酒は味だけではなく、ラベルのデザインも重要な要素となっています。 2.カッコいいラベルの日本酒4選 では、実際にラベルデザインに優れた日本酒にはどのようなものがあるのでしょうか。まずはカッコいいラベルの日本酒から見ていきましょう。 2-1.金紋秋田酒造 熟成古酒 (出典元:amazon.co.jp) 「金紋秋田酒造 熟成古酒」は黒を基調としたラベルがカッコいい古酒。金色のアクセントカラーが華やかなデザインです。高級ワインのようなモダンなパッケージは、部屋に飾ると大人の雰囲気を演出します。 味のほうは古酒特有の深みのあるコクが特徴。濃厚な旨味はクセの強いチーズ、珍味とよく合います。上司や両親など、大人同士の宅飲みで開けたい一本です。 2-2.リンク8888 (出典元:amazon.co.jp) 「リンク8888」は「8」をモチーフにしたスタイリッシュなラベルが人気の日本酒。富山の地酒「満寿泉」と、ウィスキーの銘柄「シーバスリーガル」のコラボ商品です。ウィスキーに使うオーク樽で貯蔵したユニークな銘柄。ラベルのデザインだけではなく、中身も希少なボトルです。 グラスに注げばオーク樽のフルーティーな香りが広がります。甘みのある味わいで、飲みやすいのも特徴。プレゼントに贈っても喜ばれやすいでしょう。 2-3.爽醸 久保田 雪峰 純米大吟醸 (出典元:amazon.co.jp) シンプルにかっこいいラベルの日本酒が「爽醸 久保田 雪峰 純米大吟醸」です。純白の言葉が似合う気品のあふれたパッケージ。上質な日本酒として名高い「久保田」が雪解けをイメージして作った日本酒です。ボトルに書かれた銘柄名の雪を思わせるフォントが印象的。 封を開ければ、新鮮な米の香りが漂います。ほのかな酸味があり、雪のように冷やして飲むとおいしい銘柄です。 2-4.玉川酒造 イットキー It's the key (出典元:amazon.co.jp) 「玉川酒造 イットキー It's the key」は鍵をモチーフにしたラベルがクールな銘柄。「日本酒の新たな扉を開く」という意味が込められているそうです。オシャレなボトルは見た目だけで手に取りたくなります。 中身は純米酒ですが、一般的なものより甘み、酸味が強め。人によってはワインのように感じられる味わいです。食中酒として飲みやすいといえます。 3.かわいいラベルの日本酒3選 日本酒といえば、古風、大人の雰囲気といった印象があります。しかし、最近ではかわいいラベルで若者、女性の注目を浴びる銘柄も豊富。以下ではかわいいラベルの日本酒を紹介していきます。 3-1.千代菊 純米 ねこと朝日米 (出典元:amazon.co.jp) 「千代菊 純米 ねこと朝日米」はラベルにプリントされた猫のシルエットが好評の純米酒。ボトル中腹には猫の足跡もあしらわれています。見た目にかわいらしく、女性でも手に取りやすいデザインです。 中身の純米酒は口当たりがよく、お酒が苦手な人でも飲みやすさがあります。女子会などのパーティで出しやすい銘柄です。 3-2.月うさぎ ブルーベリー (出典元:amazon.co.jp) まるでリキュールのようなボトルなのが「月うさぎ ブルーベリー」です。月をモチーフにした銀の装飾がかわいいと好評。女性の部屋に飾っても違和感なく、溶け込めます。オシャレな雰囲気をプラスできると好評です。 中身は日本酒にブルーベリー果汁をブレンドした甘いお酒。発酵の過程で細かい泡が生まれており、スパークリングワインのような感覚で飲めます。 3-3.環日本海 発泡性清酒...

日本酒を深く知るなら日本酒検定がオススメ!

「日本酒に関する資格が欲しいけどなんだか難しそう…?」とお考えの方におすすめしたいのが、一般の方でも受検できる日本酒検定です。 日本酒検定は、その名のとおり日本酒に関する知識が問われる認定試験。20歳以上であれば誰でも受検資格があり、試験対策用に公式テキストも販売されています。 自分で日本酒を楽しむのはもちろん、思わず誰かに教えたくなるような日本酒の豆知識を身につけられるこの資格。こちらでは、日本酒検定の詳しい内容や合格基準、受検方法などについてご紹介します。 1.日本酒検定を受けることで、日本酒をより深く楽しめるようになる 日本酒検定は、「消費者が日本酒を楽しむ」ことを目的に設立された検定試験です。 日本酒は、日本古来の歴史や文化が色濃く残るお酒。でも、「精米歩合」や「純米酒」「生酛造り」のように、素人には聞きなれない言葉も多く難しいイメージもありますよね。 3級から1級まで級が設けられている日本酒検定では、日本酒初心者であっても日本酒の基礎から専門知識まで幅広く習得することができます。日本酒の原料や製造法による味の違い、料理との相性についても学べるため、より一層日本酒の楽しみ方を広げることができますよ。 それでは早速、日本酒検定の具体的な試験内容について確認していきましょう。 1-1.日本酒検定とは? 日本酒検定とは、日本酒サービス研究会・酒匠研究会連合会(SSI)が主催する消費者向けの検定試験です。 SSIは、日本酒界のソムリエとも言われる「唎酒師」の認定も手掛ける団体。消費者が日本酒の魅力を知り、より深く楽しむことができるようにとの目的から始まった日本酒検定は、テイスティング(試飲)のない一般消費者向けの試験となっています。 受検資格はなく、20歳以上であれば誰でも受検することが可能。1級は準1級合格者、準1級は2級合格者、2級は3級合格者が受検できるステップアップ方式です。そのため、日本酒初心者であってもひとつずつ着実に日本酒に関する知識を身につけることができます。 1-2.日本酒検定の級別試験内容 日本酒検定は3級、2級、準1級、1級と全部で4つの級に分かれています。 いずれも試験内容は、マークシートによる択一選択問題50問。受検時間は50分となっており、以下の分野から級のレベルに合わせた問題が出題されます。 項目 内容 歴史、文化 歴史、文化(飲酒文化、地域文化など) 造り方 原料(米、水、微生物)、製造方法 モラル・マナー 未成年飲酒の危険性や飲酒運転の撲滅など、飲酒のモラル、マナー 楽しみ方 飲用温度、酒器、料理との相性、ラベルの読み方など 雑学 生産量、消費量、海外事情、銘柄、醸造元などさまざまなこと 引用:日本酒サービス研究会・酒匠研究会連合会「日本酒検定」 3級の試験内容 3級は、公式テキスト『酒仙人直伝 よくわかる日本酒』の内容が出題範囲です。日本酒の基礎知識に関するものが中心で、2019年の試験では以下のような問題が出題されています。 問 米の中心部分に見える白色不透明な部分を何と呼ぶか。 1) 掛米 2)心白 3)胚芽 4)肌白 この問題の正解は、2の「心白」。日本酒の精米とは、この心白の周りの部分を削る作業なんです。 また、「酒造好適米・美山錦の主要生産県は?」「無濾過生原酒の意味は?」など、日本酒を選ぶ際に役立つ基礎知識ももりだくさん。ラベルに書いてある内容も理解できるようになるため、日本酒を飲むのがより楽しくなりますよ。 2級の試験内容 2級から1級までの試験内容は、公式テキスト『新訂 日本酒の基』からの出題となります。2級では3級の内容が掘り下げられ、心白に関する問題も「山田錦の心白の形状は?」のように、より専門的な内容になっているのが特徴です。 「明治時代に軟水醸造法を開発した都道府県」「1946年から現在まで最も多く使用されている協会酵母」など、過去には日本酒の歴史に関する問題も多数出題。 温度による味の変化や日本酒に合わせる郷土料理など、より日本酒通になれるような問題が取り上げられています。 準1級の試験内容 日本酒検定はひとつずつステップアップしながら受検する資格ですが、すでに日本酒学講師や酒匠(さかしょう)に認定されている場合には、準1級から受検することもできます。そのため、準1級の試験では日本酒に幅広く精通するレベルが求められます。 例えば、心白に関する問題も以下のようにより一層本格的に。 問 心白の説明として間違っているものは 1)心白があると雑菌の菌糸が繁殖しやすい 2)心白は米の横断面から見てさまざまな形状がある 3)心白が大きいほど高精米に適している 4)心白のない米もある こちらの正解は3。食用米と比べ心白が大きく、日本酒造りに適した酒米の特徴を表した問題になっているのです。 「醪造り」や「パスツーリゼーション」「高温糖化酛」といった、日本酒ビギナーは耳慣れないような専門用語も多数。日本酒検定にはテイスティング試験はありませんが、日本酒の旨味成分や味、香りに関する知識も必要です。 1級の試験内容 日本酒検定最難関となる1級は、準1級の問題をさらにレベルアップした内容となっています。 酒造用の水に含まれる鉄分の含有率や、登録されている「きょうかい酵母」の名前など、酒造りに関する専門的な知識について熟知していなくてはいけません。その他、清酒の酒税額や特定銘酒を名乗るための規定など、酒税法に関する内容も過去には出題されています。 日本酒の歴史や文化、製造方法などを熟知した上で、それらを他者に伝えるスキルが求められるレベルであると言えるでしょう。 1-3.日本酒検定の受験場所 日本酒検定は、全国の主要都市を中心に全9会場で受検することができます。 受検地 会場 札幌 札幌市内 仙台 仙台市内 東京 FBOアカデミー東京校または23区内 名古屋 名古屋市内 大阪 大阪市内 京都 京都市内 広島 広島市内 福岡 博多区内 引用:日本酒サービス研究会・酒匠研究会連合会「日本酒検定」 どの級も同一会場で受検することができ、会場の詳しい場所は受検票に記載され受検2週間前までに郵送される流れになっています。 また、3級だけはCTB(Computer Based Testing)受検が設けられており、全国260か所を超えるCTBテストセンターでコンピューター受検することが可能です。 随時申し込みできる他、日程や会場、時間も自分の都合に合わせて選択できるのがCBT受検のメリット。忙しくてなかなか時間が取れないという方や、会場が遠方で足を運べないという方にもおすすめの受検方法となっています。 1-4. 日本酒検定の開催時期 日本酒検定は年に1度、9月に実施されています。2020年度の受検日は9月12日(土)。6月1日(月)10:00~7月31日(金)12:00まで公式サイトを介して申し込みが可能です。 また、試験は以下のように1日に3回に分けて開催されますが、申し込みの段階では時間指定はできないので注意しておきましょう。 2020年9月12日(土)受検日程 ・10:30~11:20(受付 10:00) ・13:00~13:50(受付 12:30) ・15:30~16:20(受付 15:00) 2.日本酒検定は難しい? 一般向けの検定試験とはいえ、気になるのがその難易度ですよね。日本酒検定の合格基準や級ごとの難易度は、次のようになっています。 2-1.日本酒検定の級別の合格率(合格基準) 日本酒検定を実施しているSSIでは、具体的な受検者数と合格率については発表されていません。しかし、それぞれの級によって合格するための基準が定められています。 級 合格基準 1級 85%以上 準1級 80%以上 2級 75%以上 3級 70%以上 3級(CBT) 70%以上 引用:日本酒サービス研究会・酒匠研究会連合会「日本酒検定」 3級が合格基準70%であるのに比べ、1級は85%以上と50問中43問正解することが必須となります。1級を目指すのであればしっかりと事前準備をし、うっかりミスやとりこぼしのないように臨みたいですね。 2-2.日本酒検定の難易度 日本酒検定では、それぞれの級に合格者の人物像が定められています。 ・1級、準1級 日本酒のあらゆることに精通し、後世へ適切に継承発展を行える者 ・2級 日本酒の特徴、魅力を理解したうえで、新たな楽しみ方を考案できる者 ・3級 日本酒の基礎知識、周辺知識のみならず、特徴、魅力を理解し第三者に伝えられる者 引用:日本酒サービス研究会・酒匠研究会連合会「日本酒検定」 級が上がるにつれ、日本酒を自分で楽しみむだけでなく、その魅力を他者へ伝える能力が求められていることが分かりますね。その分試験内容も専門的になり前述したように合格基準も高くなるため、より難易度が増すことになります。 3.日本酒検定合格のポイント 日本酒検定の試験内容は、3級から1級まですべて公式テキストから出題されています。そのため、合格のためにはテキストを熟読し、要点をしっかりとおさえるのがポイントです。 また、日本酒検定の公式サイトでは前年の問題と解答をダウンロードすることができます。実際の問題を何度も解きながら自分の苦手分野を把握し、より重点的に学習することで合格へと近づくことができるでしょう。 4.関連する日本酒の資格 日本酒検定を実施するSSIが販売者向けに実施している資格が唎酒師(ききざけし)です。飲食店で日本酒を提供する方や、小売り店で日本酒を販売する方に向けた「日本酒のソムリエ」とも呼ばれる専門的な資格になります。 また、日本酒のテイスティングに特化した資格となるのが酒匠(さかしょう)。酒匠の講習会では200を超えるサンプルを使用し、日本酒の原料や製造方法による味の違いを見極める、高いテイスティング能力の習得を目指します。 唎酒師と比べ難易度は更に高くなりますが、飲食店や酒販店で日本酒を専門的に扱う方にとってプラス要素の多い資格です。 5.まとめ 一般消費者向けの日本酒検定は、日本酒の知識を身につけたい初心者の方でも挑戦しやすい資格です。準1級、1級になれば日本酒のプロを目指す方にも適した内容になります。 資格を身につけるということは、それだけ日本酒に関する知識と楽しみ方が増えるということ。日本酒に興味があるという方は、ぜひ日本酒検定3級からチャレンジしてみてはいかがでしょうか。

日本酒の飲み比べの方法!どんな種類で飲み比べるのがオススメなのかを紹介します

日本酒にはさまざまな銘柄があります。産地、製造方法、飲み方によって味わいもさまざま。自分好みの味を見つけるために飲み比べをする人も多いでしょう。 しかし、種類の違う日本酒を適当に飲むと、本来の風味を感じられないこともあります。それでは飲み比べをする意味がありません。 そこで今回は日本酒の飲み比べをする順番、ポイントなどを解説していきます。 1.日本酒の飲み比べをする順番とポイント 日本酒の飲み比べは基本的に個人の好きなように楽しんで大丈夫です。しかし、基準となる順番を抑えることで、日本酒本来の美味しさを味わうことができます。具体的には以下のとおりです。 1-1. 味わいが淡く香り高い銘柄から飲む方がオススメ! 日本酒の味わいはとても繊細で、強い味や香りのあるものと合わせてしまうと、香りなどを感じづらくなってしまいます。なので、日本酒の飲み比べは香りが高く味わいの淡い順番で飲む方がオススメです。 銘柄によって特徴が異なるので一概には言えないのですが、カンタンに言ってしまえば「大吟醸→吟醸→純米」といった順番です。 精米歩合の低い純米酒は、造りやお米の風合いが濃厚なものが多く、吟醸酒の淡く澄んだ香りを利きにくくなってしまいますので、骨太なお酒はあとで楽しむ方がおすすめです。 1-2. 好みの日本酒から飲んでもOK 上の情報と逆行してしまいすみません。。とはいえ、純米酒と吟醸酒を飲み比べたりすることもたくさんあるので、あまり意識しすぎず好きな銘柄から飲み比べても問題はありません。 少しずつ口に含んで香りを楽しみ、日本酒を飲み比べていけば、細かい味わいから香りの違いが感じられると思いますので、好きな形で日本酒を楽しむのが一番です。 2.日本酒を美味しく飲み比べる5つの方法 日本酒を美味しく飲み比べるには、さらに細かなポイントがあります。ある程度、飲み比べに慣れてきた人は以下の方法を試してみてください。 2-1. 造りの違いを順番に飲み比べる 日本酒には、特定名称ごとに順番に飲み比べるという楽しみ方があります。特定名称とは吟醸酒、純米酒といった日本酒のジャンルの。特定名称は原料、製造方法によって分けられていてそれぞれに異なった特徴もあります。 実際に飲み比べするときは、先の章でもお伝えしたとおり「大吟醸」「吟醸」「純米」の順に飲むのがおすすめです。基本的には純米と名がつく日本酒は、米の旨味が濃い傾向にあります。そのため、先に飲むと舌が慣れてしまうことがあります。日本酒の飲み比べは、淡い風味の吟醸系から飲むように意識してみてください。 2-2. フルーティーな日本酒同士で飲み比べる 日本酒を飲み比べるときには、味わいよりも香りの違いに注目すると面白いと思います。香りの違いには、単純に強弱だけでなくフルーティな中にもメロンのような香りや、マスカットのような香りなど、大きく特徴が異なって面白いです。 2-3. 日本酒の産地ごとに飲み比べる 日本酒は各地元の酒米、水によって特徴に変化があるので、地域毎の特徴を探してみるのも楽しいかもしれません。産地ごとに順番に飲んでいけば、地域の味わいの違いを感じやすくなります。 2-4. 辛口と甘口の日本酒を飲み比べる 日本酒には辛口・甘口という表現がありますので、ぜひその違いを確かめるために辛口と甘口の日本酒を飲み比べてみてください。辛口といっても実際に辛いわけではなく、淡麗なスッキリとした味わいと、甘口の違いがわかるかと思います。 3. 味が途中でわからなくならないために 日本酒を利いて楽しむためには、味や香りがわからなくなってしまわないように、日本酒と同量のお水(安らぎ水)を用意して、1口ずつ挟むようにしましょう。 4.まとめ 日本酒の飲み比べをする順番、ポイントを解説してきました。今回解説したポイントを抑えておくことで、誰もが日本酒の飲み比べを楽しめるようになります。まだ、自分好みの味に出会ってない人は、ぜひ色々な銘柄を飲み比べてみてください。ときには驚くほど自分と相性のいい日本酒に巡り合うことでしょう。

東京で開催される日本酒イベントをまとめました!

今や世界で人気のある日本酒。毎年、各地の蔵元が全力を注いだ新銘柄が登場しています。しかし、新しい銘柄の情報を入手するのは難しいですよね。 そこで行ってみたいのが、日本酒のイベント。東京では日本酒の飲み比べができるイベントが多く開催されています。日本酒好きなら楽しめること間違いなしです。 今回は東京の日本酒イベントについて紹介していきます。 1.東京で開催される日本酒の一大イベントとは? 1-1.毎年恒例の「全国一斉日本酒で乾杯」 東京で毎年開催されている日本酒の恒例イベントが「全国一斉日本酒で乾杯」です。コンセプトはイベント名のとおり、全国の日本酒好きが一斉に乾杯しようというもの。イベントには多くの酒蔵、酒店、各種団体が参加。一般の人も事前の応募(多数の場合は抽選)にて参加できます。 1-2.開催日について 「全国一斉日本酒で乾杯」が催されるのは毎年10月1日です。10月1日は日本酒造組合中央会によって「日本酒の日」に制定されています。10月といえば新米が収穫され、全国の酒蔵でお酒作りがスタートする時期。 「全国一斉日本酒で乾杯」は日本酒の普及、盛り上がりを目指し、毎年多くの人が集まっています。 1-3.全国の日本酒を利き酒し放題? 2019年開催の「全国一斉日本酒で乾杯」では全国47都道府県の日本酒が振る舞われました。さらに日本酒に精通したプロたちが考案した料理も提供。参加者は好みの日本酒と料理の組み合わせを楽しむことができたそうです。 1-4.「日本酒の日」の前後もイベント開催 「全国一斉日本酒で乾杯」は毎年、新たなチャレンジを行っています。具体的には以下のとおり。 日本酒で乾杯WEEKとは? 「日本酒で乾杯WEEK」は2019年に初めて行われたイベント。例年は日本酒の日である10月1日のみ「全国一斉日本酒で乾杯」を開催していました。2019年は新たな取り組みとしてイベント期間を10月1日前後を含めた9日間に延長。SNSを利用したプレゼント企画など、さまざまな催し物が開かれました。 2.日本酒のイベント「ジョイ・オブ・サケ2019」が東京でも開催 2019年は日本酒のイベント「ジョイ・オブ・サケ2019」が東京で開催されました。「ジョイ・オブ・サケ2019」は日本酒好きなら、ぜひ知っておきたいイベント。詳細は以下のとおりです。 2-1.国外最大の日本酒イベント 「ジョイ・オブ・サケ」は諸外国で行われる日本酒の品評イベントです。主催は全米日本酒歓評会。日本酒は「サケ=sake」として英語化されており、海外でも人気があります。同イベントは海外の主要都市で行われていましたが、2019年は東京での開催が実現しました。 ニューヨーク、ホノルルでも開催し、3都市あわせて3,500人の参加者が集ったそうです。規模としては国外最大級の日本酒イベントとなります。 2-2.ジョイ・オブ・サケのイベント内容 「ジョイ・オブ・サケ」では開催地を問わず、選りすぐりのの日本酒を飲み比べ可能。有名銘柄から老舗蔵元の新作まで、品揃えは随一。各地の人気レストランの協力で、バラエティに富んだ料理も提供されています。 参加者はパーティ形式で日本酒を楽しむことが可能。日本酒の魅力を存分に味わえる一大イベントです。 3.東京で開催される日本酒関係のイベント 東京では他にもさまざまな日本酒イベントが開催されています。以下は定期的に開催される日本酒関連イベントの一覧です。 和酒フェス 「和酒フェス」は東京や大阪で開催される日本酒イベント。コンセプトは「美味しい和酒をもっと知り、感じて、共有する」です。参加すると、全国の有名銘柄を飲み比べできます。会場には全国の蔵元から大勢の作り手が集結。日本酒を飲みながら職人との交流を楽しめます。 甘口、辛口など、自分好みの日本酒を見つけられるのが視直。定期的に開催されるイベントなので、興味のある人はぜひ参加してみてください。 和酒フェス公式サイト SAKE二十歳からの日本酒in渋谷スクランブルスクエア2020 2020年2月に開催されたのが「SAKE二十歳からの日本酒in渋谷スクランブルスクエア2020」です。お酒が飲めるようになる20歳以上を対象にしたイベント。若者を中心に日本酒の魅力を知ってもらおうと企画されました。 当日は日本酒の魅力を学ぶセミナー、意見交換のワークショップ、立食パーティの3部構成。日本酒の味だけではなく、深い知識を得られる充実したイベントとなりました。 東京地酒フェア 「東京地酒フェア」は両国の日本酒バー「東京商店」が開催しているイベント。東京の地酒をなんと自動販売機で飲み放題という斬新な催し物です。地酒というと地方のイメージがありますよね。 しかし、上質な地酒は東京にも少なからずあります。隠れた東京の味を楽しめる玄人好みのイベントです。 東京商店公式サイト 4.まとめ 東京で開催されている日本酒のイベントを紹介してきました。毎年、東京では大小さまざまな日本酒イベントが行われています。新しい銘柄や全国の知られざる銘柄を知るには絶好の機会です。 日本酒好きの人はぜひ気になるイベントに参加してみてください。思いもよらぬ発見と驚きがあることでしょう。

蒲田で楽しめる日本酒バー9選をご紹介!

東京23区内で最も飲食店が多いと言われている「蒲田」。 そんな蒲田には日本酒を楽しめるお店もたくさんあるので、シチュエーション毎におすすめのお店を紹介していきます。 1.リーズナブルな蒲田の日本酒バー3選 最初にご紹介するのはリーズナブルに日本酒を楽しめるお店です。 多くの飲食店があるので、リーズナブルな価格設定をしているお店が多いのが蒲田にある飲食店の特徴。 料理だけでなく日本酒もリーズナブルな価格になっているので、予算が厳しい方でも満足できるはずですよ。 1-1.日本酒バル YODARE 蒲田店 リーズナブルな日本酒が魅力のお店が「日本酒バル YODARE 」。 提供している日本酒は全国各地から仕入れた約40種類の銘柄。日本酒は270円から注文できるので、かなりリーズナブルな価格設定ですよね。 料理は海鮮料理から肉料理まで多数の種類を取り揃えています。その中でも、厳選された部位を蒸し焼きにした「塊肉」は大人気な商品。「塊肉」だけでなく、どの料理も日本酒と合わせることができる料理なのも嬉しいポイント。 季節限定の日本酒もたくさん取り揃えているので、季節ごとに足を運ぶのも面白いですよ。 住所:〒144-0052 東京都大田区蒲田5-2-2 MTハウス1F 電話番号:050-5570-4840 アクセス:JR京浜東北線 蒲田駅より徒歩3分 1-2.立飲み集会所 日本酒人 「立飲み集会所 日本酒人」は料理と日本酒のコスパが良いお店。 日本酒は全国から厳選された50銘柄以上を取り揃え。店主が選びぬいた銘柄だけを提供しているので、普段見かけない銘柄があるかもしれませんよ。300円から楽しめるのも見逃せないポイントになります。 提供している料理はお刺身や牛スジ煮込みなど日本酒に合う一品料理がメイン。一品100円〜とかなりリーズナブルなのも嬉しいポイントですね。 コスパ抜群のお店なので、リーズナブルに料理と日本酒を楽しみたいなら「立飲み集会所 日本酒人」で決まりですね。 住所:〒144-0051 東京都大田区西蒲田7-63-8 電話番号:050-5590-0248 アクセス:東急電鉄各線 蒲田駅より徒歩2分、JR京浜東北線 蒲田駅より徒歩3分 1-3.牡蠣vs和牛 日本酒バル ほいさっさ 牡蠣と和牛の料理をメインにしているのが「牡蠣vs和牛 日本酒バル ほいさっさ」。 牡蠣と和牛はどちらも様々な食べ方で提供しているので、自分に合った食べ方で楽しむことができますよ。もちろん牡蠣と和牛以外の料理もあるので、安心してくださいね。 本酒は全国各地から厳選した銘柄を提供。仕入れ状況によってメニューが変わるので、入手困難な銘柄が置いてることもあります。全国各地の日本酒が楽しめるので、旅している気分にもなれますよね。 牡蠣と和牛を日本酒と一緒に楽しみたいかたにおすすめのお店です。 住所:〒144-0052 東京都大田区蒲田5ー18−14  1・2F 電話番号:03-6715-9547 アクセス:JR京浜東北線 蒲田駅より徒歩2分、東急電鉄各線 蒲田駅より徒歩2分 2.デートに最適な蒲田の日本酒バー3選 日本酒デートに最適なお店も蒲田にはたくさんあります。 個室完備のお店やおしゃれな雰囲気を感じられるお店を選出したので、日本酒デートをしてみたい方は参考にしてみてくださいね。 2-1.個室だいにんぐ粋 蒲田店 プライベートな空間で日本酒を楽しみたいなら「個室だいにんぐ粋」がおすすめ。 提供している料理は和牛料理と海鮮料理がメイン。中でも和牛を使った「炙り肉寿司」は大人気の商品となっています。日本酒との相性も抜群なのが嬉しいですね。 日本酒は10種類以上を取り揃えており、全国各地の地酒を中心に提供しています。飲み放題もあるので、たくさん飲みたい方も安心ですよ。 店内は個室を完備しているので、周りを気にせず会話を楽しむことができますよ。 住所:〒144-0051 東京都大田区西蒲田7丁目67−10...

日本酒と焼酎の違いをご紹介!製造方法や原料の違い、それぞれの魅力など

日本で古くから飲まれているお酒、日本酒と焼酎。居酒屋などで必ず目にする人気のお酒ですが、その違いとなると案外知らない方も多いのではないでしょうか。 こちらでは、製造方法や原料といった日本酒と焼酎の違いについてご紹介していきます。それぞれの特徴を知れば、お酒を飲むのがもっと楽しくなりますよ。 1-1. 製造方法が違う(日本酒=醸造酒、焼酎=蒸留酒) 日本酒と焼酎の大きな違いとなるのが、その製造方法です。日本酒は製造方法によって「醸造酒」、焼酎は「蒸留酒」に分類されます。 「醸造酒」とは、米や麦などの原料を酵母によってアルコール発酵させるお酒です。アルコール発酵には原料に含まれる糖分が必要なのですが、日本酒の場合は原料の米に糖分が含まれていないため、米のデンプンを麹(こうじ)で糖化することで発酵を促しています。 一方、「蒸留酒」は醸造酒を加熱し、気体となったアルコールを集め、再び冷やして液体に戻したお酒です。醸造酒を一度気体にすることで、よりアルコール度数の高いお酒を作ることができます。そのため、一般的な醸造酒のアルコール度数が20度程度であるのに対し、蒸留酒は40度を超えるものも珍しくありません。 酒税法では日本酒のアルコール度数は22度未満に定められており、市販されている日本酒の多くは15度前後となっています。一方、焼酎のアルコール度数は「甲類」と呼ばれる連続式蒸留酒で36度未満、「乙類」や「本格焼酎」と呼ばれる単式蒸留焼酎は45度以下に定められています。 市販される焼酎のアルコール度数も日本酒より高く、20度から25度のものが多いのが特徴です。 POINT:製造方法が違う→アルコール度数や糖質、カロリーに差がある 製造方法によって生まれる違いは、アルコール度数だけではありません。日本酒と焼酎では、糖質やカロリーといった栄養素も異なります。 以下の表は、日本酒と焼酎それぞれ100mlあたりに含まれるカロリーと糖質量になります。 カロリー 炭水化物(糖質量) 日本酒 103~109kcal 3.6~4.9g 焼酎 146~206kcal 0g 参考:文部科学省「日本食品標準成分表」 日本酒も焼酎も種類によって数値は異なりますが、それでも焼酎のカロリーは日本酒の2倍近くあることになります。ダイエット中の方にとってはびっくりしてしまう数字かもしれません。 しかし、前述したように焼酎はアルコール度数の高いお酒です。そのため、日本酒のようにストレートでそのまま口にするより、ロックやお湯割り、ソーダ割りなどで飲むことが多くなります。結果的に、一度あたりの摂取量は日本酒よりも少なくなると考えられるでしょう。 1-2. 原料が違う 日本の伝統的なお酒である日本酒は、お米を原料に作られています。一方、焼酎は米や芋、そばなどさまざまな原料から作られるのが特徴です。 日本酒と米焼酎の原料は「お米」で共通しているのですが、焼酎は食用の米を原料にするのに対し、日本酒は「酒造好適米(しゅぞうこうてきまい)」と呼ばれる日本酒用の米を原料に作られています。 酒造好適米は食用米に比べ粒が大きく、「心白(しんぱく)」と呼ばれる中心部分が占める割合が多いお米です。 日本酒を作るためには、米の外側に含まれる栄養素が味の雑味となるため、外側をあえて削る精米をしなくてはいけません。この精米の度合いが日本酒の味や香りの決め手となるのですが、粒の大きな酒造好適米であれば、より美味しく香り高い日本酒を作ることができるのです。 また、日本酒は米を原料にした醸造酒。つまり、日本酒を蒸留すれば米焼酎ができあがることになります。そのため、有名酒蔵の中には、日本酒だけでなく焼酎を製造販売することで知られる蔵元もあります。 1-3. 風合い・香りや味が違う 醸造酒である日本酒は、香りや味わいに酒米の特徴が残るのがポイントです。ブドウを原料にした醸造酒であるワインもまた、その色や香りを楽しむお酒として有名ですよね。 そのため、日本酒は他の飲料で割ることなく、ストレートで冷酒や燗酒にして味わうのが一般的です。 一方、蒸留酒である焼酎は香りや風合いがかなり洗練されています。焼酎だけでなく、ウィスキーやジン、ウォッカといったお酒も蒸留酒であると言われればイメージしやすいのではないでしょうか。 アルコール度数も日本酒と比べると高いため、ロックにしたり炭酸で割ったり、チューハイのように他のリキュールと合わせることも多いお酒になります。 2. 健康やダイエットに良いのはどっち? 原料や製造方法が異なる日本酒と焼酎。「健康やダイエットが気になるけれどお酒は飲みたい!」という方にとっては、一体どちらが良いか気になるところですよね。 ここからは、日本酒と焼酎の栄養成分についてチェックしていきましょう。 2-1. 健康に良いのは日本酒! 日本酒は美肌効果があると耳にしたことがある女性も多いのではないでしょうか。しかし、日本酒には美容だけでなく、ストレス解消や血行促進など体に嬉しい効能がたくさん含まれているのです。 まず注目したいのが、日本酒に含まれる「コウジ酸」と「フェルラ酸」。コウジ酸にはシミを抑制する効果、フェルラ酸には老化を防止する効果があると言われており、日本酒を飲めば肌の内側からアンチエイジング効果を期待することができます。 また、日本酒のアルコール成分にはセロトニンの分泌を促す作用が含まれています。セロトニンとは、気持ちを落ち着かせたり不安を抑えてくれる脳内物質。そのため、日本酒を摂取するとストレス解消につながると考えられているのです。 他にも、アルコールの中で日本酒にもっとも多く含まれている「アミノ酸」は、血行を促進させたり記憶力向上に役立つなど健康効果もばつぐん。 もちろん飲みすぎは禁物ですが、1日1合(180ml)程度であれば、日本酒の成分はおおいに健康につながると言えるでしょう。 2-2. ダイエットに良いのは焼酎! 蒸留酒である焼酎には、前述したように糖質が含まれていません。日本酒と比べるとカロリーは高くなりますが、栄養素が含まれていないためエンプティカロリー(空のカロリー)とも呼ばれているのです。 アルコールのエンプティカロリーは熱として分解されやすく、身体に蓄積されにくいためダイエットを気にする方には日本酒よりも焼酎がおすすめとなります。 ただし、注意しなくてはいけないのは焼酎と一緒におつまみを食べ過ぎてしまわないこと! お酒を飲むと、ついつい食べ過ぎるという経験はありませんか?これは、アルコールには食欲を促進させる効果があるからなのです。 特に、アルコール度数の高い焼酎を飲む時には注意が必要。ダイエット中はカロリーや糖質の低いおつまみを上手に選んだり、合間に水を飲んで体内のアルコール度数が上がらないように気を付けるなどして、上手にお酒を楽しみましょう。 3. 日本酒と焼酎はどっちが人気なの? 日本酒と焼酎の人気を比較してみると、およそ1.5~2倍近い割合で日本酒の方が多く飲まれていることが分かります。特に、人が集まったりお歳暮でお酒を贈ることの多い年末は、日本酒が高い人気を得ているのが分かりますね。 地方ごとで比べてみても日本酒の人気は高く、米どころであり酒どころである東北を中心に日本酒は広く親しまれています。焼酎が九州地方を中心に好まれているのは、「本格焼酎」とも呼ばれる乙類の焼酎の約80%が九州で生産されているから。 麦焼酎は長崎、そば焼酎は宮崎、米焼酎は熊本に芋焼酎は鹿児島と、それぞれの土地で栽培される豊かな農産物が焼酎の原料となっているのです。 「3M」と呼ばれるプレミアム焼酎「森伊蔵」「村尾」「魔王」もまた、鹿児島県で生産されている芋焼酎なんですよ。 trends.embed.renderExploreWidget("TIMESERIES", {"comparisonItem":,"category":0,"property":""}, {"exploreQuery":"geo=JP&q=%E6%97%A5%E6%9C%AC%E9%85%92,%E7%84%BC%E9%85%8E&date=today 12-m,today 12-m","guestPath":"https://trends.google.co.jp:443/trends/embed/"}); trends.embed.renderExploreWidget("GEO_MAP", {"comparisonItem":,"category":0,"property":""}, {"exploreQuery":"geo=JP&q=%E6%97%A5%E6%9C%AC%E9%85%92,%E7%84%BC%E9%85%8E&date=today 12-m,today 12-m","guestPath":"https://trends.google.co.jp:443/trends/embed/"}); お酒好きな方へのプレゼントにも、日本酒や焼酎はおすすめ。ただし、米だけで造る日本酒と比べ、焼酎は原料によって個性が大きく異なるお酒です。 贈る相手が普段どのような焼酎を飲んでいるか分かれば良いのですが、そうでない場合にはすっきりとした味わいの麦焼酎や米焼酎がおすすめです。 日本酒で有名な酒蔵の作る焼酎であれば、日本酒好きも焼酎好きもより満足することができそうですね。 4.まとめ 醸造酒である日本酒と、蒸留酒である焼酎。それぞれの違いを知ることで、次回からお酒を選ぶ幅がもっと広がるのではないでしょうか。ぜひお気に入りの銘柄を見つけて、美味しく楽しくそれぞれのお酒を味わってみてくださいね。

日本酒ビギナーでも楽しめる熱燗の魅力をご紹介!

日本酒は冷やしたり温めたりすることで、温度による味の変化を楽しむことのできるお酒です。米の旨味たっぷりの甘口日本酒も、キレのある辛口日本酒も、燗酒にすることでより一層その風味を引き出すことができます。 しかし、日本酒を飲み慣れないうちは「熱燗はアルコールが強そう」「そもそもお燗のやり方が分からない」と思われることも多いのではないでしょうか。 そこで今回は、日本酒ビギナーでも楽しめる熱燗の世界をご紹介します。熱燗を楽しむポイントからおすすめの銘柄まで、ぜひゆっくりとご覧ください。 1.日本酒の熱燗を楽しむポイントは温め方! 日本酒は、温度によって味や香りが大きく変化するお酒です。そのため、熱燗で日本酒の美味しさを引き出すためには温め方が大事なポイントになります。 より美味しく熱燗を楽しむために、まずは熱燗の温度や手順について確認していきましょう。 1-1.熱燗の温度はどれくらい?ぬる燗とは? ひとくちに「熱燗」と言っても「一体どのくらい熱ければいいの?」と疑問に思ってしまいますよね。実は日本酒は、温められた温度によって呼び方の表現が異なるのです。 一般的に「熱燗」は50℃前後に温められた日本酒を指します。 熱燗から徐々に温度が低くなるにつれ、「上燗(じょうかん)」「ぬる燗」と呼び名が変わっていくのです。熱燗をより温めた日本酒は「飛び切り燗」と表現されるのもなんだかおもしろいですよね。 また、日本酒を温めたものは全て「燗酒(かんざけ)」と呼ばれています。お店で燗酒を注文する時にも、それぞれの呼び名を使えばより好みの温度で日本酒を楽しむことができますよ。 飛び切り燗 55~60℃ 熱燗 50℃ 上燗 45℃ ぬる燗 40℃ 人肌燗(ひとはだかん) 35℃ 日向燗(ひなたかん) 30℃   1-2.常温と熱燗による味わいの違い 日本酒は、常温から熱燗へ温めることでより一層香りが華やかになり、味わいがまろやかに変化します。日本酒が持つ米本来の旨味やコクを引き出すことができるため、日本酒通にも好まれている飲み方です。 特に、純米酒や本醸造酒は熱燗に適したお酒。米と麹、水のみで造られている純米酒は、温めることで原料そのものの味わいをより強く感じることができます。 本醸造酒は辛口のスッキリとした味わいを持つお酒のため、熱燗にすることでキレが増し、より淡麗辛口の旨味を堪能することができますよ。 1-3.日本酒を熱燗にする手順 日本酒を熱燗にするためには、湯煎でゆっくりと温めていくのが理想的です。アルコールの沸点は78度。そのため、鍋に日本酒を入れて直接火にかけたりすると、すぐに香りと風味が飛んで行ってしまいます。 美味しい熱燗を作るためには、まずは鍋に湯煎ようの水を入れ、沸騰するまで沸かしたら一度火を消しましょう。湯煎の間ずっと火をつけたままにしていると日本酒の温度が急激に上がってしまうため、ここで火を止めるのは大事なポイントです。 日本酒はお好みのお銚子(ちょうし)や徳利(とっくり)、または「ちろり」と呼ばれる銀製の容器に入れ、肩まで湯煎につけてあげます。 後は日本酒がお風呂の中でじんわり温まるようなイメージで、ぬる燗であれば2分半、熱燗であれば3分程度を目安に待つだけ。 こうして湯煎で温めることで、口当たりがまろやかで、アルコールの刺激の少ない美味しい熱燗ができあがるのです。 「もっと手軽に熱燗を楽しみたい」という方には、電子レンジで温める「電子レンジ燗」もおすすめ。1合(180ml)あたり500wで約60秒温めれば、電子レンジでも美味しい熱燗ができあがります。 電子レンジ燗のポイントは、加熱ムラを防ぐこと。容器の上と下では温度に差ができやすいため、呑む前にはマドラーなどで必ずひと混ぜすることを忘れないようにしてくださいね。 2.熱燗にオススメの日本酒5選 原料や製法によってさまざまな味の変化が生まれる日本酒は、銘柄によって美味しく飲むための温度が異なります。そのため、美味しい熱燗を飲むためには燗酒に適した銘柄を選ぶのがポイントです。 ここからは、熱燗にぜひオススメしたい日本酒銘柄5選をご紹介していきます。 2-1.桃川 純米酒 「桃川」は、全国新酒鑑評会で12年連続金賞を受賞している老舗の酒蔵です。国産の米と米麹のみを使用した純米酒は、まろやかでコクがありながらもやや辛口の味わいが特徴。熱燗にすることで、米の旨みがふわっと湯気に立ち上ります。 1800mlあたり2000円台とコストパフォーマンスに優れ、全国熱燗コンテスト2019では「お値打ち熱燗部門」で最高金賞を受賞。毎日の晩酌に熱燗でほっと一息つきたいという方にもおすすめの1本です。 2-2.三諸杉(みむろすぎ) 純米酒 切辛(せっから) 奈良県の今西酒造が造る「切辛」は、その名の通りキリッと辛口の味わいが魅力のお酒。「ただ辛いだけではない、米の旨味を感じることのできる辛口酒を造りたい」という酒蔵の想いを乗せ、10年の歳月をかけて誕生した極上の1本です。 口に含むと広がるのは、純米酒ならではの米のふくよかさ。後口にはすっきりとした辛さの余韻が残ります。燗酒にしても辛さの輪郭が消えることはなく、淡麗辛口のお酒を好まれる方に人気の銘柄です。 2-3.竹葉(ちくは) 能登上撰 数馬酒造の代表銘柄となる「竹葉」は、地元石川県で愛され続ける日本酒です。原料には能登産五百万石という酒米を使用し、祝いの席や地元の祭りでは欠かすことのできない存在になっています。 熱燗はもちろんのこと、ワイングラスで美味しい日本酒としても数々の賞を受賞。720mlあたり800円台という手頃な価格の普通酒でありながら、その質の良さはあなどることができません。 43度あたりのぬる燗から上燗まで温めることでより一層まろやかな風味が引き立つため、ぜひお好みの温度でお楽しみください。 2-4.ゆめほなみ 本醸造 ゆめほなみ(夢穂波)は、岩手県の蔵元「浜千鳥」が地産地消を目指して造ったお酒です。原料には、地元・大槻町宮ノ口で作られた岩手オリジナルの酒米「吟ぎんが」を使用。銘柄とラベルデザインも大槻町の青年団体が手掛けるなど、地元を愛する人々の想いが込められた1本になります。 飲み口は、陸中海岸の澄み切った空を海を思わせるようなスッキリとした味わい。熱燗にすれば、米のほのかな甘い香りを楽しむこともできます。新鮮な海鮮料理と一緒に、ゆっくりと味わいたくなる銘柄です。 2-5.花垣 山廃純米 福井県の蔵元「南部酒造場」が、伝統の技である山廃仕込みで造ったお酒です。 山廃仕込みとは、米をすりつぶさずに、自然の力で酵母を発酵させて造る日本酒のこと。「花垣」は、山廃ならではの柑橘類のような酸味と、熟成させることで生まれる濃厚な甘みを持つ日本酒に仕上がっています。 コクのある酸味は、燗酒にして楽しむのにぴったりの味わい。日本酒通をうならせるこだわりの1本です。 3.まとめ ワインのようにきりっと冷やしたり、お燗でゆっくり温めたりさまざまな楽しみ方ができる日本酒。熱燗は日本酒通向けの飲み方だと思われがちですが、適した銘柄を選べば初心者でもその美味しさを堪能することができます。 湯気にふんわり甘い香りが立ち上る熱燗は、おでんにお鍋、焼き鳥のような料理との相性もばつぐん。ぜひ熱燗にチャレンジして、日本酒の世界を広げてみてくださいね。

日本酒のアルコール度数は15度程度が一般的!他のお酒とくらべて高い?低い?

日本酒はアルコール度数が高いイメージがありますよね。そのためお酒に強い人しか飲めないのでは?と思っている人も多いかもしれません。 今回は、日本酒のアルコール度数はどのくらいなのか調べてみました。 1.日本酒のアルコール度数について 1-1.他のお酒と比べてアルコール度数は高い?低い? 日本酒はアルコール度数が15度前後のものが多いお酒です。一番アルコール度数が高い原酒と呼ばれる日本酒も20度程度となっています。 他のお酒とくらべると、ビールは5度程度、最近話題のストロング系のチューハイは9度程度、シャンパンやワインは10~15度なので、日本酒がずば抜けて高いわけではありませんが、醸造酒の中では高い方であるといえます。日本酒よりアルコール度数が高いお酒はほとんど蒸留酒です。 1-2.日本酒よりもアルコール度数が高いお酒 日本酒よりもアルコール度数が高いお酒は、蒸留酒といわれている焼酎やウイスキー、ウォッカ・テキーラなどがあります。焼酎は20~25度、ウイスキー・ウォッカ・テキーラは40度前後とかなり高めです。ウォッカは90度以上になるものも存在します。 2.日本酒のアルコール度数は22%未満? 2-1.日本酒は清酒のため規定がある ラベルに日本酒の表記があるものは、すべてアルコール度数が22度未満です。その理由は、日本酒は酒税法により決められているからです。 2-2.アルコール度数22%を超える日本酒も? アルコール度数が20度以上を超えると酵母が死んでしまいます。酵母がいなくなってしまっては、新しくアルコールを作り出すことができません。そのため、22度を超えるのはなかなか難しいといえるでしょう。 日本酒と同じ製法で作られたとしても、22度以上のお酒はリキュール類に分類されます。 3.アルコール度数の低い日本酒も人気 最近は5~10度ほどの日本酒も作られています。もともとアルコールに弱い人や女性にも人気です。 また日本酒は冷やしてまたは温めてといった、温度を変えて飲むというスタイルが定番ですが、最近では日本酒を何かで割って飲む文化も少しずつ定着してきています。日本酒をロックや水割り、ソーダ割りにしたり、カクテルのようにさまざまなリキュールやジュースと混ぜて楽しんだりする人も増えており、こちらも混ぜることによってアルコール度数が下がるので、飲みやすいと人気です。 https://sake-5.jp/sake-cocktail-recipe/ https://sake-5.jp/how-to-split-sake/ 4.まとめ 醸造酒の中ではアルコール度数が高い日本酒ですが、ウイスキーやウォッカなどの蒸留酒とくらべると低めですね。日本酒もさまざまな味があり、アルコール度数だけで飲みやすい、飲みにくいが決まるわけではないので、アルコール度数が高そうという理由だけで日本酒を避けていた人は自分好みのものを探してみてはいかがでしょうか?

町田で楽しめる日本酒バー9選をご紹介!

商業都市として都心からも近く、住みやすい街が町田。そんな町田には飲食店が多く、日本酒を楽しめるお店もたくさんあります。 この記事では日本酒を楽しめるお店をシチュエーション毎に9店紹介していくので、町田で日本酒を楽しみたい方は、ぜひ参考にしてみてくださいね。 1.リーズナブルな町田の日本酒バー3選 最初にご紹介するのはリーズナブルに日本酒を楽しめるお店です。 町田にはコスパが良いお店がたくさんあるのが特徴。その中には日本酒を楽しめるお店もあるので紹介してきますね。 1-1.日本酒飲み放題酒場 日本酒ラボ 日本酒をリーズナブルにたくさん飲みたい方は「日本酒飲み放題酒場 日本酒ラボ」がおすすめ。 「日本酒飲み放題酒場 日本酒ラボ」は店名の通り、日本酒飲み放題をメインにしており、70種類の日本酒飲み放題を3300円で楽しむことができます。豊富な種類が飲み放題になるので、たくさん飲みたい方は嬉しいですよね。 料理は市場から仕入れてきた食材を使ったお刺身やお酒に合う一品料理を提供。どれも安価で楽しめるので、お酒と一緒にリーズナブルに楽しむことができますよ。 たくさんの種類の日本酒を楽しみたい方は「日本酒飲み放題酒場 日本酒ラボ」で決まりですね。 住所:〒194-0022 東京都町田市森野1丁目34−13 TM3ビル 2F 電話番号:050-5596-7888 アクセス:小田急電鉄小田原線 町田駅より徒歩3分 1-2.蔵家SAKELABO 「蔵家SAKELABO」は日本酒を初めて楽しむ方にもオススメのお店になります。 提供している日本酒は常時10種類以上。週替りでラインナップを入れ替えているので、行くたびに違う銘柄が楽しめます。全国各地の銘柄を取り扱っているので、旅している気分にもなれますね。 料理も日本酒に合うような一品料理を中心に提供しています。中でも蔵元の酒粕を使った「モツ煮込み」はモツ特有の臭みも感じずず大人気の商品。他にもたくさんの種類があるので、自分の好きな料理が見つかるはずですよ。 日本酒がよく分かるイベントなども行われているので、日本酒を初めて飲む方でも楽しむことができるお店です。 住所:〒194-0021 東京都町田市中町1丁目1−4 NO.R町田北ビル 電話番号:042-709-3628 アクセス:小田急電鉄小田原線 町田駅より徒歩1分 1-3.炉端・寿司・海鮮 浜焼市場 町田駅前店 「炉端・寿司・海鮮 浜焼市場」は様々な食べ方で魚介を楽しめるお店。 豊洲市場から仕入れた朝獲れの新鮮な魚介は「炉端焼き」「天ぷら」「お寿司」などたくさんの食べ方で楽しむことができます。中でも「炉端焼き」は焼き方にもこだわっており、日本酒とも相性が良いのでおすすめの一品です。 日本酒も魚介に合わせた銘柄を厳選して提供しています。常時7種類を取り揃えており、なくなり次第銘柄が変わるのが特徴。日本酒は鮮度が大事なので、嬉しいですよね。 店内は明るい雰囲気なので、1人でも気軽に立ち寄れるお店となっていますよ。 住所:〒194-0021 東京都町田市中町1-18-3 かたのビルB1F 電話番号:042-860-7744 アクセス:小田急電鉄小田原線 町田駅より徒歩4分、JR横浜線 町田駅より徒歩8分 2.デートに最適な町田の日本酒バー3選 次にご紹介するのはデートに最適な日本酒バーです。 町田にはデートが楽しめるスポットが多いので、デートに最適な飲食店もたくさんあります。 日本酒を楽しめるだけでなく、雰囲気が良いお店や個室完備のお店もあるので、ぜひ確認してみてくださいね。 2-1.ゆるり。酒槽 いつもと違う雰囲気で日本酒を楽しみたい方は「ゆるり。酒槽」がおすすめ。 店内は樽型の個室あり、その個室で料理・日本酒を楽しめるので、いつもと違う雰囲気でデートを楽しめるのが特徴。個室以外にも大きないけすなどがあるので、とても面白いデザインになっていますよ。 提供している料理は海鮮料理がメイン。横浜市場から朝獲れした食材を使用しているので、新鮮な料理を食べることができます。旬の食材にもこだわっているのもポイントの1つ。 日本酒は全国各地から厳選した30種類以上の銘柄を取り揃えています。定期的に蔵元さんのイベントを行っているので、日本酒を良く飲む方も嬉しいですね。 いつもと違う雰囲気でデートを楽しみたいなら「ゆるり。酒槽」に足を運んでみてくださいね。 住所:〒194-0013 東京都町田市原町田6-21-17 Fビル B1F 電話番号:042-739-3050 アクセス:JR横浜線 町田駅より徒歩3分、小田急電鉄小田原線 町田駅より徒歩5分 2-2.和バル ビロク 「和バル ビロク」はアットホームな雰囲気で日本酒を楽しめるお店。 提供している料理は幅広いですが、中でも熟成肉は名物となっておりオススメの一品。熟成肉は日本で唯一特許を撮っているお店から仕入れているので、品質に関しても安心なのが嬉しいですね。 料理だけでなく日本酒に力を入れているのもポイント。全国各地から100種類以上の銘柄を仕入れているので、かなり種類が豊富です。中にはお肉専用の日本酒もあるので、料理と相性が良いことも嬉しいポイントになりますね。 店内にある個室は1席のみで特別感を演出できるので、特別な日に訪れるのもいいですね。 住所:〒194-0021 東京都町田市中町1-16−14 太陽ビルB1F 電話番号:042-785-4660 アクセス:小田急電鉄小田原線...

INSTAGRAM

人気の記事

日本酒界のレジェンド「十四代」を解説!歴史から銘柄・購入方法まで

希少性の高さから「幻の酒」と呼ばれている日本酒ブランド「十四代」。 その味わいは実に繊細で奥深く、多くの日本酒ファンを魅了してやみません。純米大吟醸「龍泉」を筆頭にプレミアム銘柄がそろい、ネット上では数十万円の値で取引されることもあるほど。 こちらでは、日本酒好きであれば一度は味わいたい十四代の魅力と価格帯、保存方法などについてご紹介します。 1.日本酒の十四代とは 今回は酒どころ・山形生まれの人気銘柄「十四代」について、詳しく紹介していきます。 有名な銘柄のため「十四代」自体は知っている人も多いと思いますが、その酒造元から種類や金額、飲み方まで掘り下げて解説していきます。 1-1.酒造元について 「十四代」を醸造するのは、山形県村山市の酒蔵「高木酒造」です。創業は1615年と、その伝統と歴史は実に400年以上。当初は「朝日鷹」という名前の日本酒を造っていました。 今や日本酒の最高峰となった「十四代」は、現在代表者であり、杜氏でもある高木顕統氏の手によって生まれたお酒です。 (イメージ画像です) 1-2.十四代という名の由来 「十四代」という名前は、14代目の高木辰五郎氏から高木顕統(あきつな)氏に15代目当主が受け継がれたのち、顕統氏が初めて杜氏を務めた日本酒に十四代と名付けたと言われています。 また、高木辰五郎氏の代で、「十三代」「十四代」「十五代」「十六代」といった名前を商標登録に出願したところ、なぜか「十四代」だけが登録を許可されたという話もあります。通常であれば数字は商標登録として認められない中、「十四代」だけがなぜ登録査定されたのか、はっきりとした真相は今でも明かされていません。 やがて蔵を引き継いだ15代目高木顕統氏は、新しく誕生した日本酒に「十四代」の名を引き継がせます。父である14代目の想いと共に送り出した日本酒は、「芳醇旨口」の代表格としてまたたくまに評判を広げたのでした。 1-3.十四代は入手困難? 「十四代」が幻の酒と言われる理由は、入手の難しさにあります。特約店に入荷されても販売は抽選になることが多く、必ずしも購入できるわけではありません。その人気の高さからネット通販では価格が跳ね上がり、中には十万円から数十万円で取引される銘柄もあります。 2.十四代の種類と値段について 醸造元の高木酒造は公式ホームページを持っていないため、十四代は発売日や定価が分かりにくいお酒となっています。 1本あたりの定価が3,000円から5,000円であっても、特約店の購入には他の商品との抱き合わせやポイントが必要になることも珍しくありません。 定価での購入が難しく、入手するためには時間と費用が必要になることが、十四代の希少性を更に高めていると言えるでしょう。 2-1.十四代 本丸 フルーティーで香り豊かでありながら、飲み口はすっきり。添加するアルコールに自社の粕取り焼酎を使用するという、こだわりに溢れた日本酒です。十四代のスタンダード的な存在であり、その人気を世に知らしめるきかっけとなった銘柄でもあります。 評判 日本酒の最高峰とされる味わいは、「間違いなくおいしい」と日本酒ファンがうなるほど。見た目も華やかで桐箱入りの商品もあるため、贈答用としても好まれています。十四代はまだ飲んだことがないという方に、まずおすすめしたい一本です。 (出典元:amazon.com) 2-2.十四代 中取り 十四代の「中取り」とは、最初と最後に搾られる酒以外を集めた日本酒。十四代の中でも入手困難なお酒として、高い人気を集めています。 評判 立ち上る香りは、まるでメロンのようにフルーティー。口の中で広がる芳醇な甘みは、十四代らしい魅力に溢れています。ネット通販では定価の10倍近い値で取引されることも多く、その人気も頷ける味わいです。   2-3.十四代 秘蔵主 純米大吟古酒 山田錦の特米を使用し、長年低温熟成させた秘蔵の大吟醸古酒です。まろやかな甘みを持ちながらも後味はすっきり。日本酒好きの方には、合わせる食事との相性を楽しむのおすすめの銘品となっています。 評判 香り豊かでありながらすっきりと飲みやすく、十四代特有の酒質が際立つお酒です。日本酒好きはもちろん、日本酒は苦手という方からも高い人気を得ています。 2-4.十四代 角新 純米吟醸 出羽燦々 「出羽燦々」は、山形県でのみ栽培されている酒造好適米。米の豊かな甘みと澄んだ味わいを持つ出羽燦々は、十四代の中でも幻といわれる銘柄です。 評判 爽やかでふくよかな米の旨味は、出羽燦々ならではの味わい。市場に出回る機会も少ないため、日本酒通にも喜ばれる一本となっています。 2-5.十四代 七垂二十貫 高木酒造の伝統の製法である、七垂二十貫によって醸造された最高傑作。「七垂二十貫」は、二十貫(約75㎏)の米からわずか七垂れしか取れないほど希少な酒であることを意味します。「龍泉」「双虹」「龍月」と、十四代の代表銘柄はこの七垂二十貫によって造られています。 評判 袋から一滴一滴搾り取る雫酒の味わいはまさに絶品。その確かな酒質は世界でも認められ、「2015年SAKE COMPETITION」の純米大吟醸部門で第3位を受賞。ネット通販でも7万円近い額で取引される高級な日本酒となっています。 2-6.十四代 双虹 大吟醸 山田錦を三割五分まで磨いた、十四代の最高峰。十四代らしいフルーティーな甘さが香り立つ、特別な日本酒です。毎年11月ごろに限定販売されており、定価は1万円台でありながらネット通販では10万円全前後の高値で取引されています。 評判 吟醸香はほんのりと柔らかでフルーティー。後味も爽やかで、ほのかな酸味が米の余韻を思わせます。口当たりも滑らかで、まるで水のように何杯でも飲み進めたくなる上質な日本酒です。 2-7.十四代 槽垂れ 純米吟醸 米の豊かな風味が際立つ、十四代の本生原酒です。刺身や天ぷらといった和食との相性は抜群。きりっと冷やすことでさらにその旨味が引き立ちます。 評判 繊細な甘みと心地よい酸味。微かに感じる渋みはまさに純米生酒だからこそ。濃厚でとろっとした旨味は、一度味わえば忘れられないおいしさです。 3.十四代の購入方法 十四代は、その人気の高さから非常に入手困難とされる日本酒です。ネット通販では定価の倍以上の価格で取引され、日本酒通であっても飲食店で出会うことは稀だと言われています。 こちらでは、幻の日本酒である十四代の購入方法についてご紹介します。 3-1.十四代が購入できる実店舗 通常の酒屋で見かけることのない十四代は、全国の特約店で購入する事が可能です。しかし、十四代は非常に希少性が高いため常に在庫があるわけではありません。入荷時も抽選販売となることが多く、購入には他の商品との抱き合わせや常連であることが優先される場合もあります。 こちらでは十四代を取り扱っている店舗を掲載していますが、購入を希望される際は、事前に店舗へ問い合わせてみることをおすすめします。 店舗名 住所 電話番号 URL 地酒の青野 千葉県成田市 0476-24-1161 https://www.jizakenoaono.com/ かがた屋 東京都品川区 03-3781-7005 https://www.kagataya.net/handing/sake/ 酒舗まさるや 東京都町田市 042-735-5141 http://www.masaruya.com/ 酒舗よこぜき 静岡県富士宮市 0554-27-5102 https://www.yokozeki.info/ ひらしま酒店 福岡県北九州市 093-651-4082 http://www.hirasima-sake.net/page1 3-2.十四代が購入できる通販サイト 店頭に並ぶことが珍しい十四代は、ネット通販でも購入することが可能です。しかし、価格は300mlで1万円以上、1800mlの人気銘柄であれば10万円近くすることも珍しくありません。 また、ネット購入する時に注意しなくてはいけないのが賞味期限です。新鮮な米の旨味が特徴の十四代には、飲みきり期間が推奨されているものもあります。 十四代の幻の味を堪能するためにも、購入前には瓶詰された年月日とともに、保存状態を確認するようにしましょう。 4.十四代の美味しい飲み方・楽しみ方 日本酒好きであっても簡単に出会うことのないお酒、十四代。運よく入手できた時には、その貴重な味わいをよりおいしく楽しみたいものですよね。 十四代特有のフルーティーな香りと旨味は、よく冷やしてから味わうのがおすすめ。滑らかな口当たりとキレのある余韻を、よりはっきりと感じることができます。 華やかでありながらクセのない味わいは、和食との相性も抜群。あっさりした料理だけでなく、天ぷらのような揚げ物と合わせるのもまた格別です。 4-1.-5度で保管? 十四代の繊細な味わいを楽しむためには、保存時の温度管理が重要なカギとなります。 こだわり抜いた酒米を用い、綿密な設計と技術力で生まれる十四代は鮮度が命。生酒はもちろん、大吟醸の芳醇な香りをキープするためには、-5度で保管するのが一番のおすすめです。 また、日本酒には紫外線も大敵。冷蔵庫に入れる時にも、酒瓶を新聞紙で包むか箱に入れたまま保管するのが最適です。 紫外線をカットし-5度の低温をキープできる専用セラーであれば、貴重な十四代の味わいを維持することができるでしょう。 6.まとめ 日本酒界の最高峰として知られ、店頭での入手が限られている「十四代」。インターネットでも購入することはできますが、その価格は数万円から数十万円とまさにプレミアと呼ぶにふさわしい日本酒となっています。 世界でも高く評価され、日本酒通も納得の味わいは贈答用や祝いの席にもぴったり。 日本酒をこよなく愛する方も、お酒の新たな扉を開きたいという方も、ぜひ一度その味を堪能してみてはいかがでしょうか。

日本酒の効能が女性向けすぎる★ストレスや肌にも優しい成分を一気にご紹介!

食前酒としても楽しまれる日本酒、『日本酒は美肌効果あるし♪』とご存知の女性陣もいるかと思いますが、体も心も健康にしてくれる嬉しい効能があるのはご存知ですか? ここでは意外に知られていない日本酒の効能(精神面・健康面・美容面)について詳しく解説していきます。 日本酒に含まれる栄養成分は、他の食品で一度にとることが難しいものが多いのも特徴! この記事を読んでいただくと日本酒通として飲み会での話題にもなるはずです。 健康的に日本酒を楽しむためのコツもあわせてご紹介します! \女性に人気のフルーティーさが魅力の日本酒をピックアップ/ https://sake-5.jp/fruity-sake/ 1.日本酒の主な効能(ストレス解消、美容効果、健康効果) 日本酒には皆さんの体に嬉しい効能がたくさんあります。 中でも効果の大きな3つの効能についてご紹介しますので、ぜひ参考にしてください。 1-1.ストレス解消 日本酒には、セロトニンと呼ばれるストレス解消に役立つ成分が含まれています。セロトニンとは気持ちを落ち着かせ、緊張感・不安を和らげる働きをするのでストレス軽減に効果があるといわれています。 「お酒を飲んで今日のストレス発散するぞ~♪」と言っている人がよくいますが、これも理にかなっていたんですね。 1-2.美容効果 「日本酒を仕込む杜氏(とうじ)さんの手がきれいだ」という話が有名になったことから、日本酒には美容効果もあるといわれ美意識の高い女性を中心に注目されています。 日本酒にはたくさんの有効成分が含まれていますが、その中でも「コウジ酸」「フェルラ酸」という2つのアンチエイジング成分が含まれているので、Wアンチエイジング効果があるといわれています! ”コウジ酸”はシミの元となるメラニンができないように抑制する効果があり、シミを防いでくれることから美白効果があるといわれていて、”フェルラ酸”はポリフェノールの一種で細胞の老化を防止して元気にしてくれる働きがあります。 そのため、「日本酒は肌の内側からのWエイジング効果が期待できる」ということになりますね。 1-3.健康効果 日本酒は農林水産省でも「適量を摂取すれば健康に効果がある」と認められています。 美容効果でも触れた”フェルラ酸”は活性酸素が体内で増えてしまうのを抑える効果があります。 「日本酒飲むと体のがぽかぽかするなぁ~」という体験もあるかと思いますが、血行促進してくれるのも日本酒の健康効果の一つ。 日本酒は冷え性の方にもおすすめなのですが、日本酒に含まれるアデノシンという成分は「血管を拡張し血流を改善する」働きがあるのです。 高血圧の方に嬉しい血圧を下げる働きをする”ペプチド”も含まれていますが、全ての必須アミノ酸やビタミン・ミネラルなども豊富に含まれる日本酒。 疲れたとき、元気になりたい時、なんだか体がスッキリしない時には適量を美味しく飲んでリフレッシュしてください。 2.日本酒の成分 日本酒に含まれる様々な栄養素にはどのようなものがあるのか、どんな効果があるのかまとめてご紹介します。 2-1.日本酒に含まれる栄養素 日本酒に特に多く含まれる栄養素を箇条書きでまとめました。 コウジ酸(メラニン抑制・細胞活性化) フェルラ酸(抗酸化作用・細胞の老化防止) ペプチド(血圧を下げる) 必須アミノ酸(疲労回復・エネルギー源・血糖値調整) ビタミンB6(たんぱく質の働きをサポート) アデノシン(血管拡張・血流促進) ミネラル(細胞活性化・骨や歯の形成) 日本酒は先ほどもご紹介したように、一度に摂取するのが難しい栄養素を一度にとれ『(万病のもとになる)ストレスを軽減しつつ美容・健康効果を効率よく摂取』することができるのです。 2-2.健康と美容に効果がある理由 多くの有効成分を含む日本酒、健康・美容にも大きな効果があることをお伝えしてきました。 発酵食品ならではの栄養素もありますが、バランスよく体に必要な栄養を摂取できるからこそ、体の内側からのケアに期待ができるのも日本酒の良いところ。 筋肉だけでなく髪や肌、爪を作るのに欠かせないたんぱく質のサポートをするビタミンB6も重要ですが、すべての必須アミノ酸が含まれているというのもポイント。 お酒を飲んでリラックスする、というだけでなく根本的にストレスを取り除きながら有効な栄養素がとれる日本酒ならではの健康効果も大きいのではないでしょうか。 3.他にもある日本酒の効能 日本酒には健康・美容・ストレス軽減に効果があるとご紹介しましたが、他にもいくつかの良い効能があるのでご紹介します。 3-1.記憶力が改善される 日本酒に含まれるペプチドには血圧を下げる働きがある、としてご紹介しましたが、実はペプチドには記憶力を向上させる働きもあることをカルピス株式会社 発酵応用研究所が発見されています。  発酵乳の中から、“記憶力向上”作用を示す成分を発見しました。この成分は、乳酸菌が牛乳に含まれる乳たんぱく質を分解することで得られるペプチドであることが明らかとなりました。 乳酸菌が作るペプチドに記憶力向上作用を発見|アサヒカルピスウェルネス株式会社 乳たんぱく質を分解することで得られるペプチドが、日本酒にも含まれているとは断定できませんが、「最近うっかり忘れちゃうことが増えたな…」という実感があるなら日本酒を毎日少しずつ飲んでみると、良い効果がでるかもしれませんね。 3-2.血行が改善される 日本酒に含まれるアデノシンは「血管を広げて血流をよくする」という効能があるので、飲めば体がポカポカしてくると感じる方も多いのではないでしょうか。 冷え性の方はもとより、ストレスによっても血流が悪くなりますから、「ストレスたまってるなぁ」と感じたときにも日本酒がおすすめですよ。 3-3.生活習慣病の予防になる 一度かかるとその後の生活に大きな影響を与える生活習慣病を予防するのにも日本酒が一役買ってくれます。 日本酒に含まれるフェルラ酸は吸収率も良いポリフェノールなのですが、様々な方面に高い効果があるということで医療現場でも利用シーンが増えているのだとか。 がんの増殖を抑制したり、肝硬変の予防、糖尿病の予防(血糖値を下げる)、脳機能の改善など健康・美容面でのアンチエイジングが期待できるのが日本酒なのです。 3-4.育毛効果もある? 上で紹介した「血管を拡張し血流を良くする」アデノシンは、実は育毛にも効果的な成分。 その他にも美容に効果があるということでご紹介した「コウジ酸」は細胞の活性化の効果もあるため、髪の毛を育てるのに嬉しい成分が同時にとれるということになります。 4.効果的な飲み方 日本酒は健康にも美容にも、心の健康にも良い!とは言っても飲みすぎてはいけません。 健康的に日本酒をたしなむには『1日1合(180ml)程度』にしておきつつ、できれば血行促進効果を妨げないよう『熱燗』で飲むのがおススメ、と覚えておいてください。 5.日本酒は百薬の長? 「日本酒は百薬の長」といわれるように、日本酒をはじめとしたお酒は適量であれば良いのですが、飲みすぎると健康を害してしまうことはご存知の通り。 肝臓の負担をやわらげるようなおつまみ(豆腐・赤身肉・魚など)と一緒に適量を楽しむのが良いでしょう。同じ日本酒でも、空腹時に飲むと肝臓への負担が大きくなってしまいます。 6.まとめ 最後にこの記事で紹介した、日本酒を適量飲むことで期待できる精神面・健康面・美容面での嬉しい効能を箇条書きでまとめます! ストレス軽減 アンチエイジング効果(美肌・美白) 血圧を下げる 血行促進(育毛にも効果あり) 記憶力改善 生活習慣病の予防 これだけ多くの効能がある日本酒、良さを生かして楽しむためには 『空腹で飲まず、肝臓に負担を書けない豆腐や赤身肉・魚をつまみながら1日に1合程度が目安』 と覚えておいていただければ、楽しく健康的な余暇の時間を過ごしていただけるのではないでしょうか。 『肌の調子がなんだかイマイチ…』 『ここのところずっと仕事が忙しくて…』 『最近なんだか心がもやもやしてるなぁ…』 『体も心も疲れてきたな』 『冷え性なのか手足が冷えて寝つきが悪いな』 そんな時こそ、日本酒パワーで乗り切りましょう。 \女性に人気のフルーティーさが魅力の日本酒をピックアップ/ https://sake-5.jp/fruity-sake/

【初心者向け】おすすめの日本酒12選!全体/辛口/甘口のジャンル別

ビールやワインと比べ、敷居が高いと思われがちな日本酒。「辛口に甘口、純米吟醸に大吟醸と、種類が多くてどれがおいしいのか分からない!」という方も多いのではないでしょうか。 使用する酒米や醸造法、酒蔵のある風土によって個性が異なる日本酒は、味の奥深さが魅力のひとつ。こちらでは、初心者の方におすすめな日本酒の銘柄を4つ、そして辛口・甘口からもそれぞれおすすめを4つの合計12選をご紹介します。 1.日本酒初心者にオススメな銘柄4選 いざ日本酒を飲んでみよう、と思っても日本酒はとても種類が豊富です。何から手を付ければいいのかわからなかったり、日本酒の銘柄によって「辛さ」「甘さ」など味わいも異なります。 日本酒初心者にオススメしたい銘柄を4つ、紹介していきます。 1-1. 初心者こそ本当に美味しい1本を「獺祭 純米大吟醸45」 日本酒に苦手意識がある方や、まだ飲んだことがないという方にこそオススメしたい銘酒が「獺祭(だっさい)」です。 山口県の旭酒造が醸造する獺祭は、低迷していた日本酒業界にブームを巻き起こしたと言われるお酒。その味わいは世界でも高く評価され、パリには世界でも有数のシェフ「ジュエル・ロブション」とのコラボストアがオープンしています。 人気の高さから入手困難と思われがちな獺祭の中でも、比較的手ごろな価格で300mlから購入できるのが「純米大吟醸45」。 まるでワインを思わせるようなフルーティーな旨味と華やかな香りを持つ獺祭は、日本酒の美味しさを知るにふさわしい銘柄であるといえるでしょう。 (出典元:amazon.com) 1-2.酒どころ秋田の銘酒「雪の茅舎 純米吟醸」 「雪の茅舎(ゆきのぼうしゃ)」は日本有数の米どころであり、酒どころである秋田県で造られるお酒。醸造元の齋彌酒造店では、蔵人自らが「秋田酒こまち」や「山田錦」を栽培しています。 こだわりの酒米と山からの雪解け水で生まれる雪の茅舎は、ふくよかな米の旨味を感じられる日本酒。定番酒の「純米吟醸」は、口に含むとフルーツのように爽やかな香りが広がり、後味はスッキリとした飲み口です。 軽やかでキレのある味わいは、日本酒初心者の方でもそのおいしさを充分に堪能することができます。 (出典元:amazon.com) 1-3.ひとくち飲めばたちまち笑顔に「純米吟醸 浦霞 禅」 「浦霞(うらかすみ)」を醸造する宮城県の佐浦酒造は、全国新酒鑑評会で数多くの金賞を受賞した老舗酒蔵です。 その代表銘柄が、笑顔の布袋さまがラベルに描かれた「純米大吟醸 浦霞 禅(ぜん)」。穏やかな香りと甘さが特徴の浦霞禅は、後味にほのかな酸味を感じる日本酒です。 米の旨味と酸味の絶妙なバランスを持つ浦霞禅は、食中酒として楽しみたい方にもオススメ。日本酒初心者でも、ラベルの布袋さまのように笑顔で心地よく酔うことができますよ。 (出典元:amazon.com) 1-4.初心者に人気のシュワシュワ感「南部美人 あわさけスパークリング」 発泡性のあるスパークリング日本酒は、まるでシャンパンのような爽快な飲み口と軽やかさが人気のお酒です。 「南部美人 あわさけスパークリング」は、SAKE COMPETITISONで2年連続発砲清酒部門1位を受賞した銘酒。瓶内で二次発酵させ澱引きさせるなど、まさにシャンパンと同じ製法によって醸造されています。 甘さを抑えた繊細な味わいは、女性を中心に大人気。スパークリング日本酒をきっかけに、純米大吟醸、純米吟醸と、南部美人の日本酒にチャレンジしてみるのもオススメです。 (出典元:amazon.com) 2.日本酒初心者にオススメの辛口銘柄4選 日本酒には辛口と甘口がありますが、辛口の中でも味わいはそれぞれ違います。自分好みの味を見つけるのも日本酒の楽しみ方ですが、最初にどの辛口を選べばいいのかわからない!という場合はこの章を参考にしてみてください。 ここでは日本酒初心者にオススメの辛口銘柄を4つ紹介します。 2-1.黄金色の辛口日本酒「黒松剣菱」 「黒松剣菱(くろまつけんびし)」は、黄金色の辛口清酒として知られるお酒です。醸造元は、日本有数の酒どころ神戸市灘区にある老舗の酒蔵、剣菱酒造。 剣菱酒造の日本酒は、精米歩合と呼ばれる酒米の磨き具合をあえて表示していません。理由は、その年の酒米の出来に合わせ精米歩合を調整しているからです。ろ過の度合いも調整しているため、黄金色をしており味が濃いのも剣菱の特徴のひとつ。 500年の歴史を持つ黄金色の日本酒は、辛口の味わいを存分に堪能できる仕上がりとなっています。 (出典元:amazon.com) 2-2.世界で飲まれる奈良の日本酒「春鹿 純米 超辛口」 「春鹿(はるしか)」は、日本酒発祥の地である奈良県の酒蔵で醸造される酒です。伝統的な手法で生まれる味わいは全国的にも人気が高く、中でも「超辛口」は春鹿の代表銘柄として世界10数ヵ国で愛飲されています。 日本酒度数+12と超辛口でありながら、洗練された味と香りのバランスは日本酒界でもトップクラス。180mlから販売されているため、辛口日本酒がどんなものか試してみたいという方にもぜひオススメしたい銘柄です。 (出典元:amazon.com) 2-3.日本酒を愛する高知県の代表銘柄「酔鯨 純米大吟醸」 日本酒好きが多いことで知られる高知県のお酒は、淡麗辛口が基本。南国土佐を代表する日本酒「酔鯨(すいげい)」もまた、キリっとした後口が辛口ファンから人気のお酒です。 食中酒として楽しむことを目的にする土佐のお酒らしく、香りはおだやかで、旨味がありながらもキレが良いのが酔鯨の特徴。刺身のようなあっさりとした和食と相性が良いのはもちろん、こってりとした料理の油分もさらりと流してくれると評判です。 (出典元:amazon.com) \辛口な日本酒のオススメ10選をご紹介/ https://sake-5.jp/dry-sake/ 3.日本酒初心者にオススメの甘口銘柄4選 日本酒初心者にオススメしたい辛口銘柄を紹介しましたので、ここからは甘口銘柄を紹介していきます。 特に日本酒初心者にとって甘口の日本酒は飲みやすい銘柄が多いのですが、その中でも厳選してオススメの甘口銘柄を4つ紹介していきます。 3-1.繊細な甘さはまるで和三盆「村祐 黒」 淡麗辛口が主流とされる新潟県で、新たに生まれた甘口日本酒が「村祐(むらゆう)」です。 口に含むと柔らかに広がる甘さは、まるで和三盆のように上品できめ細やか。中でも「黒」は超甘口に仕上げられており、この1本をきっかけに日本酒を飲み始めたという方も少なくありません。 村祐酒造のポリシーは「お酒の評価はあくまで飲み手が決めるもの」。先入観を与えないため、精米歩合や日本酒度、酒米の品種についてすべて非公開というのも、ファンから支持される理由のひとつとなっています。 (出典元:amazon.com) 3-2.ワイングラスで楽しみたい甘口日本酒「北雪 大吟醸YK35」 新潟県の北雪酒造で醸造される「北雪(ほくせつ)大吟醸YK35」は、酒造好適米の山田錦を35%まで磨いた大吟醸です。 雑味のない味わいは、ワイングラスでおいしい日本酒アワード2020をはじめ、数々の品評会で名だたる賞を受賞。繊細かつ芳醇な甘みがあり、日本酒初心者でも飲みやすい仕上がりとなっています。 リンゴやメロンにも例えられるほどフルーティーな香りは、背が高く口の広いワイングラスに注いで楽しむのもオススメ。 日本酒の新たな楽しみ方を教えてくれる1本です。 (出典元:amazon.com) 3-3.女性に人気の甘口日本酒「大関 極上の甘口」 醸造元の大関(おおぜき)は、青いラベルのワンカップ酒で知られる日本酒の大手メーカー。「極上の甘口」は、大人のプレミアムスイーツと呼ばれるほど贅沢な甘さを兼ね備えた日本酒です。 原料には厳選した酒米を通常の1.4倍量使用。甘口の日本酒度が-1.5から-6である中、-50という類を見ない甘さを実現しています。 絶妙なバランスで酸度を加えることで、後味はスッキリとさわやか。ラベルはまるでワインのように上品な仕上がりで、女子会や祝いの席にもぴったりの甘口日本酒です。 (出典元:amazon.com) 3-4.初心者でも飲みやすい低アルコール日本酒「富久錦 Fu.」 「日本酒はアルコール度数が高くて悪酔いしそう」という方におすすめなのが、低アルコール酒の「Fu.」です。醸造元は兵庫県の小さな酒蔵、富久錦(ふくにしき)。米と水のみを使用した純米酒しか造らないというこだわりを持っており、すっきりとした飲み口が高い人気を得ています。 中でも「Fu.」は、アルコール度数を8度から9度に抑えた初心者向けの日本酒。洗練されたラベルの見た目は、まるで白ワインのようです。 果実のような風味を持っているため、しっかり冷やしてワイングラスに注いで味わうのもオススメですよ。 (出典元:amazon.com) \オススメの甘口日本酒をご紹介/ https://sake-5.jp/sweet-sake/ 4.まとめ 酒米を育てる農家の力と、杜氏の洗練された技術によって生まれる日本酒。自分に合ったお気に入りを見つけ、その味わいから酒蔵の想いを感じるのもまた日本酒の楽しみ方のひとつです。 こちらでご紹介した日本酒をきっかけに、ぜひ日本酒の世界を広げてみてくださいね。

日本酒の代表格「獺祭(だっさい)」を詳しく解説します

山口県の旭酒造で造られる日本酒「獺祭(だっさい)」。日本酒をあまり飲まなくても「名前は聞いたことがある」という方が多いのではないでしょうか。 米を23%まで磨き上げる製法を生み出した獺祭は、今や国内だけでなく海外でも大人気。日本酒通の方はもちろん、普段からあまり日本酒を口にしない方にもオススメのお酒です。 この記事では、獺祭の代表的な銘柄からあまり知られていない銘柄、そして価格までを紹介。獺祭の魅力について余すところなくご紹介していきます。 1. 日本酒の獺祭とは 獺祭は今や国内だけでなく、海外でも高い人気がある日本酒です。こだわり抜いたその品質は、フレンチの神と呼ばれるジュエル・ロブション氏にも認められ、2018年にはパリにロブションとのコラボストアがオープンされたほど。 まるでワインを思わせるようなフルーティーで爽やかな味わいは幅広い層に大人気。中でも精米歩合23%を初めて実現させた銘柄「二割三分」は、日本酒好きであれば一度は飲んでみたい1本です。 精米歩合23%の逸話 獺祭の「二割三分」の精米歩合は23%を実現していますが、実はもともとの計画では25%だったそうです。しかし当時、すでに精米歩合24%のお酒が市販されていたこともあり、急遽「あと2%、精米歩合を高める」ことになったのだとか。 当時、精米歩合25%でほとんど完成していた精米担当者に経営者から連絡がきて、さらに24時間かけて2%精米歩合を高めるよう指示があり、ようやく完成したという逸話が有名です。 7日間×24時間、都合168時間と言う精米時間をかけて、精米歩合23%で造られる製造方法は当時から変わらず今も続いています。 1-1. 酒造元について 獺祭を造っているのは山口県の最東部、岩国市にある旭酒造(あさひしゅぞう)です。 獺祭を誕生させたのは三代目の社長である桜井博志氏。日本酒離れが進み倒産の危機を迎える中で獺祭は生まれ、職人の熟練した技術と徹底した品質管理が生み出す味わいは、またたく間に世界でも高く評価されました。 山口の小さな酒造であった旭酒造は、2013年には販売数は114万本を突破し、今や日本酒業界を牽引する蔵元のひとつとなっています。 1-2. 獺祭という名の由来 あまり日本酒を飲まない方にも広く知られている「獺祭」。 その名前の由来は、蔵元が存在する地名「獺越」から一字とったものとされています。 また、もうひとつの由来とされるのが、自身を「獺祭書屋主人」と名付けたかつての文豪、正岡子規の存在。伝統にとらわれない新しい日本酒を作りたいと考えていた蔵元は、明治の日本文学に革命を起こした正岡子規に酒蔵の姿を重ねたのでした。 旭酒造は「酒造りは夢づくりである」という信念のもと、変革の中から生まれる新しい日本酒を「獺祭」と名付け、世に送り出したのです。 2. 獺祭の種類と値段について 獺祭の代表的な銘柄として、精米歩合の異なる「45」「三割九分」「二割三分」があります。それぞれ180mlから1800mlまで販売されています。 有名な「45」「三割九分」「二割三分」の公式オンラインストアでの販売金額は、2020年3月現在で以下の通りです。 販売価格(税込) 720ml 1800ml 純米大吟醸45 1,650 円 3,300 円 三割九分 2,541 円 5,082 円 2点カット 5,390 円 10,780 円 (参照元:獺祭Store WEB店) また、その更に上を行く獺祭として、2012年には「磨きその先へ」(33,000円/720ml)も販売されています。 2-1. 45 獺祭のスタンダードとなるのが山田錦を45%まで磨き上げた「45」。美味しくなければ意味がないという信念のもと生まれた大吟醸は、米本来の繊細な甘みと華やかな香りがあります。 2-1-1. 評判 「45」は米の香りと旨味を感じられ、飲みやすい日本酒として人気のある純米大吟醸。まるでワインを思わせるようなフルーティーな飲み口は、あまり日本酒を口にしない方や女性からも高い評価を得ています。容量も300mlから販売されているため、あまり日本酒を買わないという方にも人気があります。 (出典元:amazon.com) 2-2. 三割九分 山田錦を39%まで磨いた三割九分は、口に含むとまるで蜂蜜のような甘みが広がる大吟醸です。一口飲めば上品な米の風味が香り立ち、味わいは実にまろやか。これぞ純米大吟醸と呼ぶにふさわしい、味の繊細さと重厚さを兼ね備えた1本となっています。 2-2-1. 評判 三割九分は、華やかな香りと甘みを持ちながらすっきりとした飲み口が人気の日本酒です。価格的に「45」のワンランク上にあたり、飲み比べされることも多い銘柄となります。そのため「45でも満足だったがやはりひと味違う」「45は日常酒で、三割九分は贈答用に」と獺祭ファンから愛される銘柄となっています。 (出典元:amazon.com) 2-3. 二割三分 磨きの限界といわれる23%を実現した獺祭の代名詞ともいえる大吟醸です。日本最高峰とされる精米歩合は多くのメディアで取り上げられ、その繊細かつ芳醇な味わいと共に、獺祭の名を世に知らしめることとなりました。価格帯もトップクラスであるため、贈答用にも最適な銘柄となっています。 2-3-1. 評判 二割三分は、「まさに最高の日本酒」「お酒好きに送るなら間違いない一本」と評判高い日本酒です。嫌な部分が何もないと称される研ぎ澄まされた味わいは、日本酒をゆっくりと楽しみたい方に好まれています。1800mlあたり約10,000円という価格帯から考えても、贈答や特別な日の一杯にふさわしいプレミアムな日本酒であると言えるでしょう。 (出典元:amazon.com) 2-4. 磨きその先へ 「磨きその先へ」は、獺祭の中で最高峰の二割三分を更に超える銘柄です。海外で数十万円の値が付くワインのように、高価格帯の日本酒に挑戦しようという蔵元の想いのもと開発が進められました。美しい香りとともに味の複雑性を有し、今までの純米大吟醸にはない優れた風合いを誇っています。 2-4-1. 評判 「磨きその先へ」は、45%から25%歩合の獺祭の良さを全て持ち合わせたような日本酒だと言われています。甘口芳醇でありながら、まるで澄んだ水のような飲みやすさは獺祭ファンからも好評。二割三分を味わってから口にすれば更にその魅力を楽しむことができるでしょう。 (出典元:amazon.com) 3. 獺祭の購入方法 獺祭は国内外の正規取扱店や通販サイトにて購入することができます。銀座、博多、本社の山口県岩国市に点在する「獺祭ストア」では、商品を購入するだけでなく有料テイスティングを楽しむことも可能です。 3-1. 獺祭が購入できる実店舗 獺祭は高島屋や伊勢丹といった百貨店や、京王ストアや紀ノ国屋などのスーパーマーケットなど、幅広い店舗で購入できるようになっています。公式サイトでは購入可能店舗を確認することができますが、業務用酒販店や無店舗販売については、掲載されているものが全てではありません。 また、国内だけでなく、アメリカからアジア、ヨーロッパまで正規取扱店が広がっていることは、獺祭の海外人気の高さを表していると言えるでしょう。 3-2. 獺祭が購入できる通販サイト 2016年よりオープンしたのが公式オンラインショップ「獺祭ストアWEB店」です。「純米大吟醸45」から「磨きその先へ」まで全てがラインナップされている他、季節商品や限定品も購入することができます。 酒粕カレーや酒ケーキ、酒粕石鹸や化粧品といった日本酒以外の獺祭商品も実に豊富。獺祭の新たな魅力を知りたいという方は、ぜひチェックしてみてはいかがでしょうか。 4. 獺祭の美味しい飲み方・楽しみ方 日本酒といえば、升やおちょこで飲むものと思われがちですが、獺祭におすすめなのが小ぶりのワイングラス。開口部が大きく背の高いワイングラスは、獺祭の持つ上品な香りをより引き立たせてくれます。 また、「45」や「三割九分」は食中酒、「二割三分」は繊細な香りを持つ野菜料理や魚料理など、料理とのマリアージュを楽しむのもおすすめ。 獺祭の魅力を存分に楽しむためにも、保存する際の温度は大きなポイントとなってくるのです。 4-1....

「日本酒って健康に悪い?」実は女性に嬉しい成分がたっぷり♪

「酒は百薬の長」とも言われるお酒。「飲みすぎるのは良くないけど、適量ならむしろ健康に良いよ!」と言われたことのある人も多いのではないでしょうか? この記事では、そんなお酒の一つである日本酒の健康への影響についてご紹介します。飲む量が多すぎたり、付き合い方を間違えると体に悪影響があるのも事実ですので、ぜひ、最後まで読んで正しいお酒との付き合い方を身につけてくださいね。 \女性に人気のフルーティーさが魅力の日本酒をピックアップ/ https://sake-5.jp/fruity-sake/ 1.日本酒は 健康・美容効果のある女性の心強い味方!? 日本酒は、健康効果があるといわれているお酒の1つで、特に美容成分が注目されることの多いお酒です!日本酒由来の化粧水やフェイスパックも多く販売されていて、女性の方なら一度は見たことがあるのではないでしょうか。 日本酒の醸造をされている杜氏(とうじ)の手が若々しいという事例から、一気に広がったように、日本酒には美容と密接に関わる効果がいくつもあるんです。その詳しい効果については次の章でご紹介していきます。 2.健康効果について 日本酒の健康効果とは、具体的にどのような効果が期待できるのでしょうか。実は日本酒にはストレス軽減、血行促進、そして美肌効果など女性にとって嬉しい効果がたくさんあるんです。 2-1.ストレス軽減効果がある これはお酒全般にいえることですが、アルコールにはストレスを緩和してくれる脳内物質(セロトニン)の分泌を促す効果があります。ストレスを感じているときにお酒を飲むと、少し気持ちが軽くなるのはこういった脳内物質の働きのおかげなんです。 ただ、アルコール依存のレベルまで飲酒が進行してしまうと、逆にセロトニンの量が著しく減少し、精神的に不安定になってしまうという研究結果も出てきています。 適量を楽しむことで、ストレスを体に貯めずに良い精神状態を作れるわけですね。 2-2.血行促進効果がある 血行促進効果があるのも日本酒の良いところ。日本酒に含まれている成分「アデノシン」は血管を拡張し、血流をよくする働きがあります。 血行の促進により体の中に栄養が行き渡るだけでなく、老廃物も適切に流されていくので、疲労回復、代謝改善、体臭予防などに効果があるので、女性にとってはとても嬉しいポイントですね。 また、冷え性や偏頭痛などの改善にも効果が期待できるとも言われてます! 2-3.美肌効果がある 日本酒を飲むことで期待できるの効果の1つが美肌効果。いくつかありますが、ここでは3つ紹介します。 シミに対する効果 まず、1つ目がシミに対する効果。日本酒の製造過程で使われている麹(こうじ)。その麹の発酵過程で生み出される「コウジ酸」がシミを薄くする・防止に効果があります。 肌の美白効果 2つ目が美白効果。美白化粧品に使われている成分「アルブチン」が日本酒に含まれており、美白効果に期待できます。 シワ・タルミに対する効果 3つ目がシワ・タルミに対する効果。日本酒に含まれている成分「フェルラ酸」はアンチエイジング(老化防止)に効果アリ。シワやタルミに効果が高いです。 それ以外にもハリ・ツヤアップや保湿などに効果がある栄養が日本酒には含まれていますので、女性の方には嬉しいポイントですね。 2-4.食欲促進効果がある 日本酒を飲むと食欲が増す、食欲促進効果があることをご存知でしょうか? 「日本酒と食事を合わせると食事が止まらなくなる」なんて声があるのは日本酒に胃腸を刺激する成分が含まれており、食欲を促進させる効果があるからなんです。 日本酒が食前酒に出されるというのはムード作りの意味もありますが、食欲を促進させる意味も持っています。 3.日本酒に含まれる女性に嬉しい成分とは? 日本酒を飲むことで摂取できる栄養は約120種類以上。その中でも、アミノ酸、ビタミンの2種類が特に効果があると言われています。 両方とも人体にとっては欠かせない栄養なので、それぞれ解説します。 3-1.アミノ酸 アミノ酸はたんぱく質の原料で人体に必須の栄養素の1つです。カラダの20%がたんぱく質なので、アミノ酸はカラダの20%を占めているとも言えますね。 日本酒に含まれているアミノ酸は9種類。人体で生成できない必須アミノ酸をバランス良く含んでいます。人体を構成するアミノ酸が20種類なので、およそ半分を日本酒で摂取でき、健康面でも期待されているのです。 また、日本酒はウイスキーや焼酎などの他アルコール飲料と比較しても最もアミノ酸を含んでいるお酒です。 日本人が健康的で長生きなのも、日本酒を飲んでいるからかもしれませんね。 3-2.ビタミンB6 日本酒に含まれているビタミンはビタミンB6。たんぱく質を作るアミノ酸の働きを助ける役割を持っています。 また、ビタミンB6は肌の再生や健康を維持するのに効果があると言われていて、ニキビに悩んでいる人もビタミンB6を積極的に取り入れるなどビタミンB6は「肌の再生」に大きく関わる成分です。 さらにビタミンB6は月経前症候群やつわりに苦しむ女性の症状が緩和した例もあるなど、女性に嬉しいビタミンとしても知られています。 4.日本酒のカロリーは高い? 日本酒の原材料はお米。そのため、カロリーを気にする方は多いかもしれませんね。 そこで、日本酒とそれ以外のお酒のカロリーを比較しました。日本酒を飲む際の注意点も紹介しているので、参考にしてみてください。 4-1.日本酒以外のお酒とカロリーを比較 日本酒のカロリーを他のお酒と比較すると下記の図になります。 文部科学省によると日本酒100mL当たりのカロリーは103〜107kcal。ウイスキー237kcal、焼酎206kcal、ワイン73kcal、ビール 40kcalとなっています。 お酒の種類 カロリー(100mL当たり) 日本酒/純米酒 103kcal 日本酒/本醸造酒 107kcal 日本酒/吟醸酒 104kcal 日本酒/純米吟醸酒 103kcal ウイスキー 237kcal 焼酎/連続式蒸留 206kcal ワイン/白・赤 73kcal ビール/単色 40kcal   食品成分データベース-文部科学省 ウイスキーや焼酎などアルコールが高いお酒になるほどカロリーが高くなっています。 日本酒1合を缶ビール1本(350ml)に換算すると、約1.3缶。日本酒1合と缶ビール1本はそこまで大差ないことが分かります。 しかし、日本酒には食欲促進効果があるため、お酒と食事のバランスにも気をつける必要がありますね。 5.健康的な飲み方 ここまでで「日本酒は健康にいいんだ!」「カロリーもそこまで高くない!」なんて思われた方もいるかもしれません。 健康効果もあり、他のお酒と比較してカロリーも高くありませんが、飲み方には気をつける必要があります。 正しい日本酒の飲み方を紹介するので、飲む際には試してみてください。 5-1.飲みすぎない 日本酒に限らず、他のお酒でも言えることですが、飲みすぎないように気をつけましょう。飲みすぎると2日酔いなど体に悪影響を与えます。 食欲増進効果もあるため、お酒を飲み続けると一緒に食事も進んでしまってカロリーの過剰摂取や肥満の要因に。適切な食事・飲酒量を心掛けることが大事ですね。 5-2.水を飲むようにする 日本酒を飲む時には一緒に水を飲むようにしましょう。 ウイスキーや焼酎では水割りと呼ばれる飲み方がありますが、日本酒の水割りなどは聞いたことがないかもしれませんね。 日本酒は水割りではなく、日本酒を飲んでいる合間に水を飲みます。この水のことをアルコールを和らげる水、和らぎ水(やわらぎみず)と呼びます。 和らぎ水の効果として、酒量の減少・体内のアルコール濃度を下げることに期待ができ、脱水症状・2日酔いの対策になるので、日本酒を飲む際には合間に水を飲みましょう。 6.まとめ 日本酒は健康効果に期待できる反面で飲みすぎたり、飲み方を間違えると体に悪影響を与えます。 正しい飲み方をマスターして、美味しく日本酒を飲みましょうね。 \女性に人気のフルーティーさが魅力の日本酒をピックアップ/ https://sake-5.jp/fruity-sake/

読んで日本酒をもっと楽しく