日本酒ウォッチ

最新の記事

日本酒と梅干しは実は相性が抜群!梅干しを使ったオススメのおつまみも紹介

日本酒と梅干しは、とても相性の良い組み合わせ。日本酒に梅干しを入れる飲み方は、二日酔い予防効果も期待できます。近年は日本酒と梅干しで作る調味料「煎り酒」も人気です。 今回は「日本酒×梅干し」の楽しみ方や梅干しを使ったおつまみについて紹介します。 1.日本酒と梅干しは相性が抜群! 日本酒の味わいと梅干しの酸味、塩味は相性抜群。ほかのお酒にはない、味の相乗効果が生まれます。 ひとくちに「梅干し」といっても、味の個性はさまざま。「梅干しはすっぱくないと」「甘酸っぱい梅干しが好き」など、好みも人それぞれですよね。 個々の好みに寄り添う梅干しのように、種類が豊富なことが日本酒の良いところです。梅干しと相性の良い日本酒を選べば、「日本酒×梅干し」の組み合わせがさらに楽しくなりますよ。 1-1.梅干しの酸味と塩分が日本酒をより引き立てる 塩辛や漬物のようなしょっぱいおつまみは日本酒と好相性。ついついお酒がすすみますよね。梅干しの塩分も同様に、日本酒の味わいを引き立ててくれます。 梅干し最大の特徴といえば「酸味」ですが、本来、強い酸味のある食材はお酒の個性を消してしまうといわれています。酸味が特徴的なお酒と合わせると、個性がぶつかってしまうことも少なくありません。 しかし、日本酒は比較的酸味や苦みが少なく、梅干しのすっぱさと上手に調和してくれます。酢の物や、酢でしめた魚とも相性の良いお酒です。 1-2.「日本酒×梅干し」は二日酔い予防に効果的 梅干しには、健康効果のある成分がたくさん含まれています。「ピクリン酸」や「ピルビン酸」は、二日酔い予防に効果的です。肝機能を向上させ、体内のアルコールの排出を促してくれます。 酸味のもとである「クエン酸」も、胃腸や肝臓の細胞を修復し、二日酔いを防いでくれる成分です。さらには疲労回復効果も期待できます。 また、日本酒に豊富に含まれる「アミノ酸」にも肝臓を修復する働きがあります。日本酒のアルコールに含まれる「アデノシン」は血行を促進させるため、疲労回復に効果的です。 つまり、日本酒と梅干しはとても体にやさしい組み合わせ。お酒に弱く二日酔いが心配なときは、日本酒に梅干しを合わせてみるのもおすすめですよ。 1-3.どういう梅干しがよりおすすめ? 日本酒に辛口や甘口があるように、梅干しもさまざまな種類があります。白干し梅、赤じそ梅、ハチミツ梅など、それぞれと相性の良い日本酒を選んで楽しむのもおすすめです。 白干梅 塩だけで漬け込んだ梅干しの王道「白干梅」はどんな日本酒とも相性抜群!ちびりちびりと梅干しをつまみながら日本酒を飲みたいときにぴったりです。「これぞ梅干し」という塩辛さと酸っぱさに、一杯また一杯とお酒がすすみますよ。 赤じそ梅 塩と赤じそで漬けた梅干しは、キレ味のある辛口日本酒と好相性。さわやかなしその香りがより一層引き立ちます。キリッと冷やした夏酒と合わせるのもおすすめです。 ハチミツ梅 甘酸っぱいハチミツ梅は、ふくよかな味わいの日本酒と良く合います。米と米麹だけでできた純米酒と合わせるのもおすすめです。生酛(きもと)、山廃酛(やまはいもと)などと書かれた、しっかりした味わいの日本酒と合わせても美味しいですよ。 2.梅干しと日本酒の楽しみ方 梅干しはおつまみとしてだけでなく、日本酒の中に入れて楽しむのもおすすめです。また、最近注目されているのが万能調味料「煎り酒」。ここからは、煎り酒の特徴やレシピもあわせて紹介します。 2-1.熱燗に梅干しを入れる おちょこの中に梅干しをぽとん。その上から温めた日本酒をとっとっと…と注げば、寒い冬にぴったりの「梅干し燗」のできあがりです。温かい日本酒に、梅干しの酸味と塩味がじんわりと溶け出します。 湯気からもふんわりと梅の香りがただよい、味わいはまるで梅風味の出汁のよう。お酒は体を冷やしやすい飲み物ですが、米と米麹だけで造られる日本酒は体を冷やしにくいといわれています。 特に、米と米麹のみを原料とする純米酒を梅干し燗にすれば、体の芯から温まる一杯に。前述したような二日酔い予防効果も期待できる楽しみ方です。 2-2.江戸時代の調味料「煎り酒」にする 「煎り酒(いりざけ)」は、醤油よりも古い歴史を持つ調味料です。考案されたのは室町時代のこと。日本酒、梅干し、かつお節のシンプルな材料で作れる手軽さから、江戸中期まで長く親しまれてきました。 長期保存できる醤油の誕生とともに姿を消した煎り酒は、近年また人気が広まっています。 その理由は、醤油と同じように使える万能調味料でありながら、塩分が少ないこと。かつお節の風味が効いた煎り酒は、梅干しとわずかな塩分でしっかりとした旨味が感じられます。 お刺身、おひたし、お豆腐と使い方は実にさまざま。オリーブオイルと混ぜればドレッシング代わりにもなります。自宅で手軽に作れるため、食事の塩分が気になる方にもおすすめです。 煎り酒の作り方 【材料】 日本酒 200ml 梅干し 大さじ1(塩味の強いもの) かつお節 5g 塩 少々 【作り方】 材料をすべて鍋に入れ、中火にかけます。 沸騰したら弱火にし、半分になるまで煮詰めます。 冷めてからキッチンペーパーでこして、完成!お好みで昆布を入れても美味しく仕上がります。 3.日本酒にぴったり!梅干しをつかったおつまみ5選 ここからは、梅干しを使ったおつまみ5選を紹介します。かんたんできちんと味が決まるのが、梅干しおつまみのうれしいポイント。お家で手軽に「日本酒×梅干し」のペアリングを楽しみましょう! 3-1.梅キュウ 梅干しの種をとり軽くたたいたら、かつお節となじませます。スティック状に切ったキュウリに梅干しを付けながら、ポリポリといただきましょう。 夏にぴったりのおつまみ梅キュウは、ぜひ夏酒と一緒に。キリッと冷やした辛口日本酒とも相性抜群です。 3-2.ささみと梅肉の和え物 高タンパクで低カロリー。ささみと梅肉の和え物は、ダイエット中にもぴったりのおつまみです。 ささみはラップに包んで電子レンジで火を通します。器の中でほぐしながら梅肉と和えれば、まな板いらず。日本酒を飲みながら「もう一品ほしい」というときにもおすすめです。好みに合わせてゴマやしそを入れても美味しいですよ。 3-3.梅水晶 梅水晶は、居酒屋でよく見かけるメニュー。サメの軟骨を千切りにし、たたいた梅干しや調味料で和えたものです。 自宅で作るときは、ゆでたヤゲン軟骨で代用できます。千切りキュウリ、梅肉と合わせ、顆粒だしと砂糖、塩を各少量入れて混ぜればできあがり。コリコリとした食感と酸味に、ついついお酒がすすみます。 3-4.大根の梅じそサンド まずは大根を厚さ1cmの半月状にカット。カーブしているほうから、厚さ半分になるように切込みを入れます。 切込みに、しその葉と梅肉を挟めば大根の梅じそサンドのできあがり。パリパリッとした大根の食感と梅の酸味、しそのさわやかな香りがたまりません。フルーティーな香りの日本酒とも相性の良いおつまみです。 3-5.クリームチーズの梅肉和え カットしたクリームチーズに梅肉を和えるだけ。かつお節をはらりとかければ、ふくよかな味わいの日本酒と相性抜群のおつまみのできあがりです。コクのある純米酒や、秋のひやおろしにも良く合います。 甘酸っぱいハチミツ梅干しで作れば、また違った味わいに。スパークリング日本酒にもぴったりの洋風おつまみに仕上がりますよ。 まとめ 梅干しと日本酒は、日本で古くから親しまれてきた組み合わせ。美味しいだけでなく、二日酔い予防効果も期待できます。お酒に直接入れたり、調味料にしたりと楽しみ方はさまざま。今夜は梅干しをおつまみに、日本酒を楽しんでみませんか?

日本酒のペアリング・おつまみまとめ

お酒を飲む際に欠かせないのがなんといっても欠かせないのがおつまみです。 この記事は、日本酒に合わせるペアリングについてや、おうちで簡単に用意できるおつまみのレシピなどについて、各記事をまとめました。 ぜひ、おつまみを用意する際に参考にしてみてください。 1.日本酒の4つの分類とペアリング ペアリングとは、お酒と料理の相性のことです。ペアリングを楽しむ代表的なお酒といえば、ワイン。「肉料理には赤ワイン、魚料理には白ワイン」といったペアリングを耳にしたこともあるのではないでしょうか。 「ペアリング、なんだか難しそう…」と心配しなくても大丈夫! 「焼肉にはやっぱりビール」「アツアツのから揚げにはレモンサワー」普段何気なくしているこれらの組み合わせも、りっぱなお酒と料理のペアリングです。 他にも「日本酒と梅干し」や「日本酒とチーズ」、意外なものでいうと「日本酒とチョコレート」など、ペアリングの幅はとても広く、さまざまな楽しみ方があります。 日本酒×料理のペアリングのコツは、日本酒の4つの分類を知ることから始まります。甘口や辛口で悩んでいた人も、日本酒選びがもっとわかりやすく、もっと楽しくなりますよ。 「引用:SSI『日本酒の香味特性別分類(4タイプ)』」 日本酒は、香りと味わいの要素によって大きく以下の4つに分類されます。 爽酒(そうしゅ) 薫酒(くんしゅ) 醇酒(じゅんしゅ) 熟酒(じゅくしゅ) 相性が良い食材や料理は、タイプによって異なります。 それぞれのタイプによる相性のいい食材や料理はぜひ、こちらを参考にしてみてください。 https://sake-5.jp/sake-and-food-pairing/ 2.おうちで簡単にできる日本酒のおつまみレシピ 「薫酒(くんしゅ)」「爽酒(そうしゅ)」「熟酒(じゅくしゅ)」「醇酒(じゅんしゅ)」のおうちで簡単にできるおつまみレシピを一部紹介します。 もっとたくさんレシピが知りたいという方はこちらの記事で紹介しているので参考にしてみてください。 https://sake-5.jp/20-excellent-snacks-to-go-with-sake-that-can-be-easily-made-at-home/ 2-1.薫酒(くんしゅ)に合うおつまみレシピ:アボカドとサラダチキンの柚子胡椒マヨ 手軽に使えるサラダチキンを使ったマヨサラダは、柚子胡椒がアクセント。柚子の香りとピリッとした辛味に、するするとお酒がすすみます。 レシピ マヨネーズ(大さじ1)に柚子胡椒(小さじ1/2)を加える。レモン汁をかけたアボカド(1個)と、カットしたサラダチキン(50g)をあえてできあがり。 2-2.爽酒(そうしゅ)に合うおつまみレシピ:ピリ辛こんにゃくの炒り煮 作り置きもOKの炒り煮は、爽酒と良く合うピリ辛味に。辛さが苦手な方は、唐辛子をおかかに代えても◎。 油を使わないため、ダイエット中にもおすすめのおつまみです。 レシピ こんにゃく(1枚・250g)はスプーンなどでちぎるように切る。パチパチ、キュウキュウと音が鳴るまで、から煎りする。水分が飛んだら、醤油(大さじ1)、みりん・酒(各大さじ1/2)、唐辛子を加えて煮詰める。 2-3.熟酒(じゅくしゅ)に合うおつまみレシピ:酒粕×クリームチーズ×フルーツナッツ 酒粕×クリームチーズはお酒好きにぜひおすすめしたい組み合わせ。ドライフルーツの甘味とナッツの風味が、熟酒と絶妙にマッチします。 レシピ 酒粕(50g)、クリームチーズ(30g)、ハチミツ(小さじ1)、好みのドライフルーツとナッツ混ぜる。※酒粕が固いときは、電子レンジで10~20秒加熱してみてください。 2-4.醇酒(じゅんしゅ)に合うおつまみレシピ:きのこのバターホイル焼き 旨味がギュッと詰まったきのこは、醇酒と相性ばつぐんの食材。ホイルに包んでトースターに入れれば、お酒をちびちび飲む間に美味しいおつまみができあがります♪ レシピ 好みのきのこをアルミホイルの中央に置き、日本酒とちょろっとまわしかけ、塩コショウをふりバターを乗せて包む。オーブントースターで7~8分蒸し焼きにし、しょうゆをかけていただく。 3.おつまみを用意する時間もないときはコンビニがおすすめ! 日本酒と一緒になにかおつまみが食べたいけど、冷蔵庫の中に何もないし用意する時間ももったいない! そんなときに頼りになるのが最寄りのコンビニ。 いまや、おつまみにもなる様々なおかずやスナック、お惣菜などがたくさんあります。 コンビニよって違いはありますが、セブンイレブンで購入できるおつまみ中心に一部紹介します。 もっとたくさんコンビニで買えるおつまみが知りたいという方はこちらの記事で紹介しているので参考にしてみてください。 https://sake-5.jp/sake-convenience-store-snacks/ 3-1.焼き鳥 コンビニで買える代表格のおつまみの1ついえば焼き鳥。 一口に「焼き鳥」と言ってもさまざまですが、ネギま、もも肉、レバー、つくね、皮に砂肝、手羽など、部位ごとにそれぞれ異なるおいしさがあり、ついつい日本酒も進みます。 コンビニでは塩ダレ系の焼き鳥よりタレであることがおおいので、タレの焼き鳥には辛口よりも少し甘味のある日本酒を合わせると、タレの甘さになじみとてもよく合います。 3-2.いか一夜干し焼 セブンイレブンの「七味でピリッと味付けした、いか一夜干し焼」。 しっとりと柔らかいイカに七味で味付けされら一夜干し焼です。 ピリ辛で思わずお酒に手が伸びて、マヨネーズをつけて食べても絶品。合わせる日本酒は辛口の本醸造酒や純米酒がおすすめです。 (出典元:セブンイレブン) 3-3.缶つまシリーズ おつまみとしては、いまや定番の缶つまシリーズも気軽にコンビニで購入することができます。 飲む日本酒に合わせて、何種類かから選べることができるのがうれしいポイントですね。 (出典元:国分グループ本社株式会社) まとめ ペアリングとおうちで簡単にできるおつまみのレシピを一部紹介しました。 今回紹介したレシピなどはあくまで一例で、日本酒のペアリングにはさまざまな楽しみ方があります。 ぜひ、ご自身でも最高のペアリングを探してみてはいかがでしょうか?

日本酒と料理のペアリングを楽しもう!4タイプ別の基本とコツを唎酒師が解説

日本酒と料理のペアリングのコツは、日本酒の香りや味の個性を知ることです。日本酒は、香りや味わいの要素をもとに大きく4つのタイプに分類されます。 今回は、唎酒師がペアリングの基本をご紹介!日本酒がもっと美味しく、そして楽しくなる組み合わせをわかりやすく解説します。 1.ペアリングとは? ペアリングとは、お酒と料理の相性のことです。ペアリングを楽しむ代表的なお酒といえば、ワイン。「肉料理には赤ワイン、魚料理には白ワイン」といったペアリングを耳にしたこともあるのではないでしょうか。 「ペアリング、なんだか難しそう…」と心配しなくても大丈夫! 「焼肉にはやっぱりビール」「アツアツのから揚げにはレモンサワー」普段何気なくしているこれらの組み合わせも、りっぱなお酒と料理のペアリングです。 日本酒×料理のペアリングのコツは、日本酒の4つのタイプを知ることから始まります。甘口や辛口で悩んでいた人も、日本酒選びがもっとわかりやすく、もっと楽しくなりますよ。 2.日本酒の4つのタイプを知ろう 「引用:SSI『日本酒の香味特性別分類(4タイプ)』」 日本酒は、香りと味わいの要素によって大きく以下の4つに分類されます。 爽酒(そうしゅ) 薫酒(くんしゅ) 醇酒(じゅんしゅ) 熟酒(じゅくしゅ) 相性が良い食材や料理は、タイプによって異なります。ラベルのチェックポイントも紹介するので、自分の好みの日本酒を見つける際の参考にしてくださいね。 2-1.爽酒(そうしゅ) お酒の特徴 「爽やか(さわやか)」と字にあるとおり、軽快でシンプルな香りが大きな特徴。「淡麗」「シャープ」「キレがある」と表現されることが多い日本酒です。爽酒のラベルには、主に以下の2種類の名称が記載されています。 普通酒 本醸造酒 普通酒は、醸造アルコールと呼ばれる材料を多く添加したお酒です。流通する日本酒全体の約65%を占めています。つまり、日本酒のなかでもっとも多いタイプが爽酒ということになりますね。 そのほか、加熱殺菌をしていない「生酒」も爽酒にあたります。日本酒ビギナーにおすすめの低アルコール日本酒も、スッキリと軽い味わいが特徴です。 米の外側をより多く精米して仕込んだ「精米歩合(せいまいぶあい)」の高い日本酒も、爽酒の個性を持つ場合があります。 相性のいい食材や料理 香り控えめ、ドライテイストの爽酒は食中酒にぴったりのお酒です。白身魚や豆腐が持つ繊細な味わいも消すことがありません。 口内をリフレッシュさせる効果もあるため、油ものと合わせるのもおすすめ。価格帯もリーズナブルなものが多く、晩酌のおともにぴったりの日本酒です。 【和食】 冷奴、刺身、そば、天ぷら、鶏のから揚げ、焼き鳥 【その他】 タコのマリネ、冷製パスタ 美味しい温度帯 冷や(5~15℃) 燗(45~50℃) 爽酒は幅広い温度帯で楽しめる日本酒です。特に、シャープなキレ味は冷やすほど感じやすくなります。普通酒や本醸造酒は温めるとキレのある味わいが引き立ち、燗酒好きにも人気です。 2-2.薫酒(くんしゅ) お酒の特徴 「薫酒」は華やかでフルーティーな香りを持つ日本酒です。味わいはスーッと喉に流れるように清らか。まろやかな甘みを持つものも多くみられます。 「バナナや白桃のような、フルーティーな香りがする薫酒が飲みたい」というときは、ラベルに以下のような表示のある日本酒をチェックしてみてください。 吟醸酒 純米吟醸酒 大吟醸 純米大吟醸 薫酒の華やかな香りは「吟醸香(ぎんじょうか・ぎんじょうこう)」と呼ばれます。吟醸酵母を使用したお酒から生まれる香りです。 近年は「純米酒」や「特別純米酒」と表記されたものにも、吟醸酵母が使用されている場合があります。 そのほか、搾りたての「新酒」から華やかでフルーティーな香りが感じられることも。薫酒好きは秋冬の新酒シーズンも要チェックです。 相性のいい食材や料理 華やかな香りを持つ薫酒は、同じように香りや酸味のある料理と相性抜群。柑橘系の食材やハーブ類とも良く合います。食中酒はもちろん、食前酒としても楽しむのもおすすめです。 【和食】 ハモの梅肉添え、大根とゆずの甘酢漬け 【その他】 サーモンの香草焼き、ベトナム風サラダ 美味しい温度帯 冷や(15℃前後) 薫酒の華やかな香りを消さないためには、15℃前後の温度帯で楽しむのがおすすめです。冷やしすぎると、せっかくの香りや甘みを感じにくくなってしまいます。 華やかな香りを引き立てるためにはグラスにもひと工夫。口の広いワイングラスに注げば、より一層フルーティーな香りが引き立ちますよ。 2-3.醇酒(じゅんしゅ) お酒の特徴 ふくよかな香りにコクのある飲み口。「醇酒」は旨味成分を多く含み、味の余韻が深く、長く続く日本酒です。醇酒には、米と米麹のみを原料とする以下の2種類が該当します。 純米酒 特別純米酒 また、ラベルに「生酛(きもと)」や「山廃酛(やまはいもと)」と書かれた日本酒も醇酒タイプです。昔ながらの製法で造られるこれらのお酒は、繊細でありながらも深みのある味わいが感じられます。 そのほか、「原酒」と書かれた加水されていないものや、熟成させたものも醇酒の特徴を持つお酒です。 相性のいい食材や料理 白米と合わないおかずはないように、米の旨味を持つ醇酒もペアリングの幅が広いお酒です。素材の生臭さを抑える効果もあるため、魚介類にも良く合います。相手が風味の強い発酵食品でも、旨味成分が上手に調和するのが特徴です。 また、乳酸菌由来のクリーミーな風味を持つ生酛や山廃酛は、チーズや生クリームとも好相性。ラベルにがっつりと漢字が書かれていながら意外や意外、洋食とのペアリングは抜群です。 【和食】 ぶり大根、おでん、筑前煮、鮭のホイル焼き、カラスミ、イカの塩辛 【その他】 サイコロステーキ、グラタン、ラザニア、チーズフォンデュ 美味しい温度帯 冷や(15~20℃) 燗(40~45℃) 醇酒のコクのある味わいは、冷たすぎると感じにくくなってしまいます。燗にするときは、ほどよいぬる燗がおすすめです。常温に近い温度帯でも美味しく楽しめます。 2-4.熟酒(じゅくしゅ) お酒の特徴 ハチミツやドライフルーツのように複雑で凝縮した香り。見た目は茶色や黄色に色づき、とろりと粘性があるのが特徴です。熟酒タイプの多くには、ラベルに以下のような表記があります。 古酒 熟成酒 秘蔵酒 3年から10年近く熟成させた味わいは、濃醇で出汁に例えられることもあるほど。市場に出回る数は少なく、希少性の高いお酒です。 相性のいい食材や料理 熟酒は、ほかのタイプにはない複雑で重厚感のある味わいが持ち味です。味の濃い料理や、スパイスをきかせた料理と良く合います。食後に飲むお酒として、デザートと合わせるのもおすすめです。 意外性のあるペアリングは、なんと和菓子の羊羹(ようかん)!小豆の甘さとつるりとした舌ざわり、熟酒の濃密な味わいが、なんともいえないハーモニーを生み出します。 【和食】 西京漬け、山椒をきかせたウナギのかば焼き、豚の角煮、羊羹 【その他】 ブルーチーズのハチミツ添え、ドライフルーツ、ナッツ、チョコレートケーキ 美味しい温度帯 冷や(常温20~25℃) 燗(35℃前後) 熟種は温めすぎても冷やしすぎても複雑味のある香りが飛んでしまいます。常温や、ぬる燗で楽しむのがおすすめです。 あえて冷たい温度帯から飲み始め、グラスを手で温めながら香りの変化を楽しむのもおすすめ。ブランデーグラスやショットグラスで楽しむ熟酒もオツなものですよ。 3.季節で楽しむ!日本酒と料理のペアリング ここからは、4タイプの日本酒と季節の料理とのペアリングを紹介します。 春 薫酒 ...

知ると日本酒がもっと楽しくなる!基礎知識から雑学まで日本酒まとめ

「大好きな日本酒、もっとくわしく知りたい」「ラベルに表記されている文字の意味は?」と思ったことはないでしょうか。 知れば知るほど奥が深い日本酒の世界。今回は、思わず誰かに教えたくなる雑学を紹介します!知るともっと楽しくなる基礎知識をベースに、日本酒の世界をさらに広げていきましょう。 1.知るともっと楽しくなる日本酒の基礎知識 種類や原料、製造方法などでさまざまな表情を見せる日本酒。基礎知識を知っておくと、日本酒の世界はもっと楽しくなります。 まずは、日本酒の種類を表す特定名称酒や、ラベルから読み取れる情報についておさえていきましょう。 1-1.特定名称酒について 「特定名称酒」とは、日本酒の原料や製法を表す基準のことです。「純米酒」「本醸造酒」「吟醸酒」の大きく3つのグループに分類されます。 グループ 特徴 純米酒 米と米麹だけを原料にしたもの 本醸造酒 米と米麹、醸造アルコールを使用したもの 吟醸酒 精米歩合60%以下の米を使用したもの 日本酒のラベルを見ていると「大吟醸」や「純米吟醸」などの文字を見かけることがありますよね。これは、3つのグループをさらに細かく分類したものです。 特定名称酒の具体的な分類は以下の8つ。これらの条件に加え「こうじ米の使用割合15%以上」「1等から3等に該当する米を使う」などの条件を満たしていなければ、特定名称酒を名乗ることはできません。 吟醸酒はフルーティーな香り、純米酒はふくよかな味わい、本醸造酒はスッキリ辛口系など、それぞれの個性と合わせて覚えると日本酒選びがぐっと楽しくなりますよ。 特定名称 原料 精米歩合 吟醸酒 米、米麹 醸造アルコール 60%以下 大吟醸酒 米、米麹 醸造アルコール 50%以下 純米酒 米、米麹 ー 純米吟醸酒 米、米麹 60%以下 純米大吟醸酒 米、米麹 50%以下 特別純米酒 米、米麹 60%以下 または特別な製造方法 本醸造酒 米、米麹 醸造アルコール 70%以下 特別本醸造酒 米、米麹 醸造アルコール 60%以下 または特別な製造方法 醸造アルコールとは? 原料欄にある「醸造アルコール」は、サトウキビなどを原料にした純度の高いアルコールのことです。醸造アルコールを入れたお酒は、スッキリとしたドライテイストに仕上がります。 吟醸香(ぎんじょうか・ぎんじょうこう)と呼ばれる華やかな香りが引き立ちやすいことも特徴です。 醸造アルコールを添加する理由など、醸造アルコールについて詳しくはこちらの記事で解説しています。 https://sake-5.jp/why-brewing-alcohol-is-added-to-sake/ 特別純米酒、特別本醸造酒の「トクベツ」とは? 特別純米酒や特別本醸造酒の「特別な製造方法」には、はっきりとした基準はありません。各蔵で自社製品と比較し「よし、これは特別だ」と判断した際に表記できます。 例えば「酒造好適米(酒米)を100%使用」も特別な製造方法の一例です。この場合、「山田錦100%使用」とラベルに何が特別なのか表記する必要があります。 飲食店や酒販店で「特別」の文字を見つけたら、特別なポイントを探し当ててみるのも楽しいですよ。 1-2.日本酒のラベルから分かる基礎知識 日本酒のラベルはお酒の情報がギュッと詰まった、いわば自己紹介文のようなもの。原材料だけでなく、味の目安を知る手がかりにもなります。 日本酒のラベルについてはこちらの記事でより詳しく解説しているので、ぜひ参考にしてみてください。 https://sake-5.jp/how-to-read-sake-labels/ 原材料名 水以外の原材料名が、使用量の多い順に記載されています。 精米歩合 精米歩合(せいまいぶあい)とは、一粒の米の外側をどれくらい削ったかを示す割合のことです。「精米歩合40%」とあれば、米の外側を60%削っているということ。米の中心部分40%だけを使って仕込んだお酒になります。 https://sake-5.jp/rice-polishing-rate/ アルコール度数 日本酒の平均的なアルコール度数は15度~16度です。この数字を下回る低アルコール日本酒は、口当たりが軽く日本酒初心者にもおすすめです。 日本酒度 「甘い」「辛い」といわれる味の目安になるものです。標準はマイナス1.4度~プラス1.4度。マイナスになるほど甘口、プラスになるほど辛口タイプのお酒です。 日本酒の甘辛度合いは、酸度やアミノ酸度によっても左右されます。あくまでも味の目安のひとつとして参考にしてくださいね。 https://sake-5.jp/sake-degree/ 酸度 日本酒の酸度は、「すっぱさ」ではなく「キレ」を表します。日本酒度が同じ場合、酸度が高いほど辛く、低いほど甘く感じるのが特徴です。 https://sake-5.jp/sake-acidity/ 原料米 ラベルには「山田錦(やまだにしき)」「雄町(おまち)」など、使用した酒米の名前を記載する場合があります。各蔵が酒米の種類にこだわるのは、酒米によって日本酒の味わいに個性が生まれるからです。山田錦の特徴やおすすめ銘柄については、こちらからもチェックできます。 https://sake-5.jp/sake-made-from-yamada-nishiki/ BY(Brewing Year) 「Brewing Year(ブリューイングイヤー)」つまり、日本酒の醸造年度を表す数字です。日本酒のBYは、7月1日から翌年の6月30日までを基準としています。 例えば、画像「松の司」の「2019 R1BY」は「2019年(令和元年)の7月1日から6月30日の間に仕込んだお酒ですよ」ということ。 では製造年月日はというと、こちらは仕込んだお酒を「瓶詰めした時期」を表しています。製造年月日は必ず表示しなくてはいけない項目ですが、BYは各蔵の判断で記載するものです。 「去年仕込んだ新酒なんだな」「しばらく熟成させてから瓶詰めしたのか」など、BYが表す違いも楽しんでみてくださいね。 1-3.「生酛」や「山廃」とは? 「生酛(きもと)」や「山廃(やまはい)」は、日本酒造りに必要な乳酸菌を自然に任せて育てる製法です。味わい濃く、繊細な香りの日本酒に仕上がります。 「速醸酛(そくじょうもと)」は乳酸菌を添加する製法です。それぞれ手間ひまやコスト、仕上がりの味わいも異なります。 生酛(きもと) 蒸した米と麹を桶に入れ、水を加えてすりつぶす製法です。すりつぶす作業は「山卸し(やまおろし)」と呼ばれます。 市場に出回る日本酒のうち、生酛造りのお酒はわずか1%と少ないものの、近年は各蔵、日本酒ファンから高い注目を集める製法です。 山廃酛(やまはいもと) 生酛のように米をすりつぶさない手法です。山卸しをしない、つまり廃止することから「山廃酛」と呼ばれるようになりました。燗酒に適した銘柄が多いのが特徴です。 山廃仕込みについては https://sake-5.jp/yamahai-brewing-and-kimoto/ 速醸酛(そくじょうもと) 醸造用の乳酸を添加する、日本酒シェアのおよそ90%を占める製法です。タンク内がすぐに酸性になり、安全に効率よく日本酒造りが進められます。生酛や山廃酛に比べ、軽やかな味わいに仕上がるのが特徴です。 2.知っていますか?日本酒の雑学あれこれ ここからは日本酒の雑学8選を紹介します!日本の歴史や文化とともに育まれた日本酒は、目からウロコの雑学の宝庫。友人と日本酒を楽しむ際の話のネタにもなりますよ。 2-1.「10月1日」が日本酒の日の理由 10月1日、日本酒の日は1978年に日本酒造組合中央会が制定したものです。近年は、SNSで日本酒の日をアピールする酒蔵や酒販店も多く見受けられるようになりました。 ではなぜ、10月1日が日本酒の日になったのか?その理由は12種類の動物で例える「十二支」に関係しています。 干支の10番目にあたる「酉(とり)」の字は、壺を表す象形文字で「酒」を意味しています。また「酉の月」にあたる9月から10月はちょうど新米が収穫され、お酒の仕込みが始まる時期です。同時に「ひやおろし」と呼ばれるひと夏熟成させた日本酒が出回る時期でもあります。 さらに、10月といえば秋の味覚と日本酒のペアリングを楽しめる季節。実りの多い時期、日本酒の文化や伝統を多くの人に引き継いでほしいという日本酒業界の想いが「10月1日、日本酒の日」には込められています。 2-2.酒税法上、「リキュール」に分類される日本酒がある リキュールとは、蒸留酒や醸造酒に果実や香草などの香り成分を溶かしたお酒のことです。カクテルに使う「カンパリ」、焼酎に梅を漬け込んだ「梅酒」もリキュールに分類されます。 日本酒もリキュールのもととなる醸造酒にあたるお酒です。近年は、日本酒を使ったおしゃれで飲みやすい「日本酒リキュール」を製造する蔵も見受けられます。 度数が高い日本酒リキュールは、ソーダ割りやロックなど、さまざまなスタイルで楽しめるのが大きな魅力です。 (参考:朝日酒造株式会社「久保田ゆずリキュール」) 2-3.日本酒の銘柄名に一番使われている漢字は「山」 「日本酒の名前は漢字がたくさん!」と思ったことはありませんか?そのなかでも一番使われている漢字はズバリ、「山」。 平成11年度の日本酒造組合中央会のデータによると、2位以下には次のような漢字が続いています。 ランキング 漢字 使用銘柄数 1 山 247 2 鶴 191 3 正 177 4 宗 164 5 菊 157 6 大 156 7 乃 146 8 金 131 9 白 131 10 泉 125 (参考:日本酒造組合中央会「日本酒FAQ」) 秋田県の「山本」、山形県の「月山」、新潟県の「八海山」など「山」が付く銘酒は多数。「鶴」や「菊」、「宗」といった漢字も、たしかに日本酒を連想させる漢字ですよね。 2-4.日本酒の造り手さん達は仕込みシーズン中、納豆が食べられない 日本酒造りには「納豆」が天敵だといわれています。なぜなら、ネバネバのもとである納豆菌が、酒造りに必要な微生物の成長をじゃましてしまうから。仕込みシーズン中は、納豆を食べることを禁止する酒蔵もあるほどです。 ところが、この「日本酒×納豆」のありえない組み合わせで評判を呼んでいる日本酒があるのをご存じでしょうか? 宮城県「金の井酒造」が造るその名も「川口納豆」は、ラベルもまさに納豆そのもの!の異色の銘柄。原料には、地元の納豆製造会社「川口納豆」が自社栽培した酒米を使用しています。 2021年の予約販売時には、わずか1週間で完売したという人気ぶり。見つけたときにはぜひ一度試してみたいですね。 安心してください。今年は特別に720mlも用意しておりますフフッ(´ー+`)キラッ 両方四合瓶で試飲してからお気に召した方を一升で ドウゾ() HTTPS://T.CO/XHERVENBRG PIC.TWITTER.COM/JAYXJGNPNA — 綿屋/川口納豆@金の井酒造【公式】 (@kanenoi_1915) AUGUST 27, 2021 2-5.日本酒の製造は世界でも最先端の技術だった 日本酒造りでは「火入れ」と呼ばれる低温加熱殺菌をおこないます。火入れの目的は2つ。搾ったお酒に残る糖化酵素の働きを抑えることと、火落ち菌を除去することです。 糖化酵素が働いてしまうと、瓶内のデンプンが糖化され味が甘く変化してしまいます。また、火落ち菌と呼ばれる乳酸菌は、日本酒の味を劣化させてしまう要因のひとつです。 火入れの手法は、室町時代からすでに存在していたといわれています。これは、フランスの科学者が低温加熱殺菌法を開発する300年も前のこと。日本酒の製造法は、はるか昔から世界で最先端の技術だったのです。 2-6.日本酒は他の酒よりも体温が2度高くなる 日本酒造組合中央会によると、日本酒は、他のお酒を飲んだときより体温が2度高くなるといわれています。燗酒に限らず、常温の日本酒でも同様です。血液循環が良くなり、冷え性改善の効果も期待できます。米と米麹を発酵させて造る日本酒は、体に良い成分がたくさん含まれているお酒なのです。 https://sake-5.jp/sake-is-good-for-health/ 2-7.「角打ち」の名前の由来 「角打ち(かくうち)」とは、酒屋の一角に設けられたスペースで日本酒を楽しむことです。飲食店のように料理を提供する店舗もあれば、店内で販売しているおつまみを自分で購入して楽しむ店舗もあります。 角打ちは、本来は「升(ます)」からお酒を飲むことを表していました。升の角に口をつけるから「角打ち」というわけです。 かつて、日本酒は店頭で升を使い、量り売りするスタイルが一般的でした。ところが、自宅まで持ち帰る間が待ちきれないのんべえ達が現れたのです。 「今すぐ飲みたい!」という要求に応え、升で量った酒をそのまま提供したのが現在の角打ちスタイルの始まり。升で飲むことではなく、店頭で日本酒を飲むことを「角打ち」と表すようになった由来といわれています。 角打ちの歴史や角打ちができるお店など、詳しくはこちらの記事で解説しています。 https://sake-5.jp/square-hit/ 2-8.酒造りにおいて、唄を歌っていた文化がある かつて、酒蔵では「酒造り唄(さけづくりうた)」と呼ばれる唄を仕込み中に歌ったといわれています。酒造り唄は作業時間の長さを計る目安になるほか、寒い冬に仕込みを続ける蔵人たちの心を癒すものでした。 唄の歌詞やメロディは、全国各地でさまざまに異なります。以下は、丹波杜氏の酒造り唄の一節です。 アー寒や北風 ア今日は南風 明日は浮名のたつみ風 アー今日の寒さに 洗い番はどなた 可愛いや殿サの声がする   大手酒造メーカー「大関株式会社」の公式HPでは、メロディ付きの酒造り唄が紹介されています。厳寒期にお酒を仕込む杜氏たちに想いをはせながら、ぜひ耳を傾けてみてはいかがでしょうか。(参考:大関株式会社「酒造り唄」) まとめ 日本酒の基礎知識と雑学あれこれ、いかがでしたか?難しそうに思われる漢字ばかりの表記も、意味がわかると日本酒の楽しみ方がさらに広がります。近年はリキュールのようなニュータイプの商品もぞくぞく登場。常に進化を続ける日本酒から、ますます目が離せなくなりそうですね。

意外と難しくない!日本酒のおいしい燗酒の作り方

冬になると、日本酒の燗酒が飲みたい!という人が珍しくありません。お店で飲むのもいいですが、なかには自宅で作りたいこともあるでしょう。 そこで気になるのは、燗酒の作り方です。温めることは知っていても、具体的な温度がわからないということがあるのではないでしょうか? 本記事では燗酒の作り方を解説します。温度の詳細、注意点なども解説しているので参考にしてみてください。 1. 日本酒の燗酒がオススメ!その理由について説明します 燗酒をオススメする理由は、冷えた日本酒とは違う味わいを楽しめるからです。日本酒は同じ銘柄でも、温度によって風味が大きく変化します。冷酒で飲んでいる馴染の銘柄でも、燗酒にすることで新鮮に飲めることでしょう。 また、燗酒にすることで日本酒特有のクセが柔らかくなります。甘みも出るので、お酒が苦手な人でも飲みやすいのが特徴。シーズンは冬ですが、夏場でも楽しめる飲み方です。 Check : 知ってた?温めるお酒は世界でも珍しい 燗酒のようにお酒を温めるという文化は世界でも珍しい存在です。海外ではワインを温めたホットワインなどがありますが、あまりメジャーではありません。さまざまな温度で飲むことを前提にしているのは日本酒、一部の中国酒のみです。 古い文献によれば、燗酒の時期は9月9日から3月2日までといいます。昔の人々は気温の下がる秋口から雪解けまで、燗酒を飲んで寒さをしのいでいたのです。 ここがPOINT! 燗酒には冷えた日本酒とはまた違った味わいがあり、燗にすることで日本酒特有のクセが柔らかくなる。甘みも出るので、お酒が苦手な人でも飲みやすい。 温めるお酒は世界でも珍しい。 2. 豆知識!日本酒の温度について 燗酒といっても、温度によって呼び名が異なります。以下は一例です。 温度の目安 熱燗 50度前後 上燗 45度前後 ぬる燗 40度前後 燗酒の代名詞としてよく使われる「熱燗」は、実は50度前後の温度です。そこから約5度刻みで、呼び名が変わります。燗酒として飲みやすいのは40度~50度あたり。居酒屋のメニューでも、燗酒といえば熱燗、ぬる燗が定番です。人によって温度の好みは違うので、自分で作るときは色々と試してみるといいでしょう。 3. 日本酒のおいしい燗酒の作り方 燗酒は手順さえ把握すれば、日常的に作ることができます。とくに大がかりな設備も必要ありません。下記では必要な道具、具体的な作り方を解説していきます。 3-1. 用意するもの 日本酒の燗を作るには、以下のものを用意してください。 日本酒 鍋 徳利 おちょこ ラップ 酒かん計 以上です。日本酒は冷蔵保存している場合、早めに出しておきましょう。冷えたままだと温まりきらないことがあります。できれば、事前に常温まで戻しておくと◯。 鍋は土鍋を使うと、燗作りの雰囲気が出ておすすめです。底が浅いものは徳利が入りきらず、温めるのが難しいので注意してください。使う徳利は焼き物系であれば、なんでも大丈夫です。 ガラス製の徳利は、熱によって割れる可能性があります。ガラス製の徳利を使いたいときは、耐熱ガラス製のものを使いましょう。ちなみに徳利がなければ、湯飲みや茶碗でも代用可能です。 酒かん計はなくても大丈夫ですが、初心者は用意したほうがいいでしょう。燗として最も適切な温度を簡単に見ることができます。 3-2. 作り方 燗の一般的な作り方は以下のとおりです。 徳利に日本酒を入れる(8割程度) 徳利にラップをしてフタをする 鍋に水を張る(徳利の下半分がつかる程度) 水を張った鍋を火にかける(徳利はまだ入れない) 鍋の水が沸騰したら火を止めて、徳利をつける 日本酒の入った徳利を鍋につける 数分待って取り出して確認(時間の目安は3‐3参照) 温まっていれば完成 以上です。手順としてはとくに難しい作業は必要ありません。意識してほしいのは、徳利にラップでフタをすることです。日本酒は温めるうちに香りが逃げていきます。ラップをすれば徳利のなかに香りを封じ込めることが可能。ほんのひと手間で仕上がりが格段に違うので、忘れずにフタをしてください。 3-3....

日本酒の飲み方を徹底紹介!温度別の名称からおすすめの飲み方まで解説します

年配の方が飲むイメージが強かった日本酒。昨今では安くておいしい銘柄が多くあるため、世代を問わず宅飲みの定番ですよね。この記事にたどり着いた人も「日本酒を楽しみたい!」と思って、飲み方を学んでいるのではないでしょうか。 今回は日本酒の飲み方のバリエーションをまとめてみました。王道から意外な飲み方まで解説するので、参考にしてみてください。 1.日本酒は色んな温度で楽しめる! 日本酒は好みの温度に調節して飲むのが基本。温度を変えることで味や風味が強く変化する特徴があります。具体的な飲み方は大きく分けると、次の3種類にわけられます。 冷酒 燗酒 冷や 温度 5~15度 35~50度 20~25度 メリット 香りが和らぎ、スッキリとした口当たりになる。お酒が苦手な人でも飲みやすい。 お酒の香りや味わいが際立ち、深いコクを感じられます。 日本酒の銘柄本来の味わいを楽しめます。   冷酒・燗酒・冷やのそれぞれの特徴と、さらに細かい温度による種類の違いを解説していきます。 1-1.冷やして楽しむ「冷酒」で日本酒を飲む 日本酒の飲み方でポピュラーなのが、冷やして飲む「冷酒」です。冷蔵庫で冷やすだけなので、日本酒をはじめて飲むときは冷酒というのはよくあることですね。しかし、冷酒は温度ごとにさらに種類があります。主に以下の3種類です。 涼冷え(15度くらい) 15度あたりまで冷やした日本酒は涼冷え(すずびえ)と呼ばれます。一般的な冷蔵庫で冷やした場合、取り出して数分ほど置いた状態でしょうか。日本酒の香りが際立ち、料理とよくあいます。 冷たすぎないので、舌の上で日本酒のうま味をじっくり味わえるのも特徴です。季節を問わず飲みやすい温度といえるでしょう。 花冷え(10度くらい) 花冷え(はなびえ)は10度前後まで冷やした状態を指します。家庭なら冷蔵庫で冷やして、すぐに取り出した状態が目安。涼冷えよりも香りが柔らかくなり、日本酒特有のキレが増す温度です。 飲み方としては涼冷え→花冷えの順に飲むと、日本酒の香りとうま味を最大限に楽しめます。先に花冷えを飲むと、涼冷えがぬるく感じてしまうので注意しましょう。 雪冷え(5度くらい) 5度あたりまで冷やした日本酒は雪冷え(ゆきびえ)と呼ばれます。まさにキンキンに冷えた状態といった感じですね。冷たさとあわさって、のど越しが爽快になります。口当たりも鋭くなるので、クセの強い味が好みの人におすすめです。 軽いおつまみと相性がいいので、真夏の晩酌は雪冷えを試してみてください。 1-2.温めて楽しむ「燗酒」で日本酒を飲む 温めた日本酒は「燗酒(かんざけ)」といいます。自宅で飲むには温める手間がありますが、冷酒より好きという人も多いですね。燗酒は冷酒と同じように温度ごとに呼び方が変わります。定番の温度は以下の3つです。 人肌燗(35度くらい) 人肌燗(ひとはだかん)は名前のとおり、35度前後の人肌に温めた日本酒。香りが豊かで、口当たりが柔らかくなるのが特徴。冷酒が飲みづらいと感じた人は人肌燗なら飲みやすいかもしれません。 しょうゆ系の味と相性がいいので、煮物などをオカズに食中酒としておすすめです。 ぬる燗(40度くらい) ぬる燗は40度あたりまで温めた状態です。ぬるいとはいいつつ、口に含めば少し熱いと感じる温度が目安。ぬる燗は日本酒のコクが一番豊かになる温度といわれています。とくに純米酒系の日本酒は原料の米の甘みが強くなる飲み方です。 お酒が苦手な人でも飲みやすい温度といえるでしょう。 熱燗(50度くらい) 50度前後の高温に温めた日本酒は熱燗と呼ばれます。居酒屋メニューでもよくあるので、燗酒で一番馴染みのある飲み方かもしれませんね。湯気と一緒に豊かな香りが広がる特徴があります。 体をじんわり温めてくれるので、冬の晩酌にぴったり。鍋物と一緒にいただくのがおすすめです。 おいしい燗酒の作り方はこちらの記事を参考にしてみてください! https://sake-5.jp/hot-sake-2/ https://sake-5.jp/how-to-warm-sake/ 1-3.常温のまま楽しむ「冷や」で日本酒を飲む 常温で飲む日本酒は冷や(ひや)といいます。「冷」という字が使われているため、冷酒と混同されますが別物です。具体的な温度は20~25度あたりでしょうか。口当たりがよく、各銘柄の特徴をそのまま味わえる温度です。 はじめて飲む銘柄は冷やでクセを確かめる人も多いですね。玄人好みの飲み方といえます。 2.日本酒を飲む器にこだわる 日本酒を飲むときは「酒器(しゅき)」にこだわってみるのも大事です。酒器とは読んで字のごとく、お酒を飲む器のことですね。日本酒は酒器の形状によって、香りの広がり方や味の感じ方が違います。以下では日本酒にあう酒器を3種類厳選してみたので、参考にしてください。 他にも酒器には様々な種類があります。より詳しく知りたいという方はこちらの記事を参考にしてみてください。 https://sake-5.jp/sake-vessels/ 2-1.徳利とおちょこで日本酒を飲む 日本酒によく使われる酒器は徳利(とっくり)とおちょこです。徳利は日本酒を貯めておくための容器。おちょこは日本酒を注いで、直接口をつける容器ですね。どちらも和の酒器なので、最も日本酒らしいといえます。 一般的に流通している徳利とおちょこは土を焼いた陶器であることがほとんど。陶器は日本酒の味を柔らかく感じやすいといわれています。クセの強い銘柄でも、徳利とおちょこであれば飲みやすくなることも。 日本酒をたしなむなら1セットは持っておきたいのが徳利とおちょこです。 2-2.コップで日本酒を飲む 日本酒は普通のコップに注いで飲むこともあります。とくにガラス製のコップは冷たさを維持しやすいので、冷酒と相性がいいです。ガラス製のコップは縁が薄いものが多く、口当たりがすっきりするめるメリットがあります。 縁の薄い酒器はお酒のシャープな味わいを引き出すともいわれますね。日本酒のクセを楽しみたいなら、ガラス製のコップを使うといいでしょう。 2-3.ワイングラスで日本酒を飲む 日本酒は意外にもワイングラスで飲むのもおすすめです。ワイングラスは酒器のなかでも口が広いのが特徴。ワインを注いだときに香りが立ちやすいように設計されています。香りの立ちやすさは日本酒とも相性がいいというわけですね。 カップルや夫婦で日本酒を飲むときにオシャレな雰囲気を演出することもできます。ワイングラスは他のお酒にも使いやすいので、好みのデザインを探してみるといいでしょう。 3.和らぎ水・チェイサーを忘れずに飲む 日本酒を飲むときは「和らぎ水(やわらぎみず)」を用意することが大切です。和らぎ水とは簡単にいうと、口直しのために飲む水のことです。とくに味が濃い銘柄では長く飲んでいると、どうしても舌が慣れてきてしまいます。そこで合間に和らぎ水を飲んで、口のなかをリセットするのです。水分を補給することで、深酔いを防ぐ意味もあります。 洋酒でいうチェイサーを飲むのもいいですね。チェイサーも役割としては和らぎ水と似たようなものです。ただし、チェイサー=水とは限らない点には注意が必要。本来、チェイサーとはメインのお酒よりアルコール度数が低い飲み物全般を指します。バーなどでチェイサーを頼む場合、ビールやコーヒーを選べることも珍しくありません。 しかし、日本酒は繊細な味が売りなので、味の濃いものはチェイサーとして不適切でしょう。日本酒の合間にチェイサーを飲むのであれば、水やソーダ水などの味の薄いさわやかな飲み物がおすすめです。 4.日本酒にはこんな楽しみ方も! 温度や酒器以外にも日本酒にはさまざまな楽しみ方があります。 どれも日本酒をおいしく楽しむことができるので、ぜひお試ししてみてください。 4-1.日本酒ロック 大きな氷に少量の日本酒で楽しむ日本酒ロックは、飲み口がとてもスッキリして飲みやすいのが特徴です。 日本酒ロックについてはこちらの記事でも紹介しています。 https://sake-5.jp/sake-ice/ 4-2.日本酒のソーダ割り 日本酒をソーダ割りにすると飲みやすくすっきりとした飲み口。アルコール度数が下がるので飲みやすくなります。ただ味も薄くなってしまうので「原酒」がおすすめ。 レモンやライムなどを添えるとさらに爽やかさがアップしますよ!ちょっぴり苦めのグレープフルーツなどもおすすめ。また少し酸化してしまったけど、捨てるのはもったいないという日本酒もソーダ割りにしてレモンやライムなどをしぼると◎。 日本酒のソーダ割りのおすすめの割合などはこちらの記事を参考にしてみてください。   https://sake-5.jp/soda-split-of-sake/ 4-2.みぞれ酒 日本酒にはアルコールが含まれているため、-5度よりさらに低い温度でなければ凍ることはありません。 その特性を利用して作るのがみぞれ酒です。 日本酒とグラスを一緒に冷凍庫(-18度)に入れ90分待ち、90分たったら取り出した日本酒をグラスに50cm程度の高さから入れることで、日本酒がグラスにぶつかる衝撃でシャーベット状になり、みぞれ酒が完成します。 みぞれ酒についてはこちらの記事で詳しく紹介しています。 https://sake-5.jp/frozen-sake/ 4-3.日本酒のだし割り 冬になるととても飲みたくなるのが日本酒のだし割りです。 燗酒におでんのおつゆ、あとは軽く七味唐辛子を振りかけることで非常においしいだし割りが完成します。 だし割りの発祥のお店など、日本酒のだし割りについてはこちらの記事で紹介しています。 https://sake-5.jp/sake-sharing/ 4-4.日本酒カクテル 日本酒をカクテルにして楽しむということもおすすめです。 日本酒のカクテルは、サムライ・ロックやカルピシュなど、そのままの日本酒よりかなり飲みやすくなっているので、まだ日本酒にあまり馴染みのない方や女性には特におすすめです。 おうちで簡単に作れる日本酒カクテルレシピはこちらで詳しく紹介しています。 https://sake-5.jp/sake-cocktail-easy/ 5.まとめ 日本酒の飲み方について詳しく解説してきました。日本酒はさまざまな飲み方が楽しめるので、同じ銘柄でも違った味わいで飲むことができます。日本酒が苦手という人も、ちょっとした工夫で飲みやすくなるでしょう。 これから本格的に日本酒を飲んでいこうと考えている人は今回解説した内容を参考にしてみてください。これだ!といえる相性のいい飲み方が見つかるはずです。

コンビニで買える日本酒に合うおつまみ12選

日本酒と一緒になにかおつまみが食べたいけど、冷蔵庫の中に何もない! 割りと日常的によくあるシチュエーションだと思います。 そんなときに頼りになるのが最寄りのコンビニ。 いまや、おつまみにもなる様々なおかずやスナック、お惣菜などがたくさんあります。 この記事ではコンビニ、中でもセブンイレブンで購入できるおつまみを紹介します。 1.おつまみとそれに合う日本酒 おつまみは自分が美味しいと感じることができれば、もちろんそれでもいいのですが、日本酒に合うおつまみの選び方を知っていると、日本酒もおつまみもより一層楽しめます。 日本酒は香りと味で大きく4つに分けることができます。香りも高く味も濃厚なのが長期熟成酒や古酒と呼ばれる「熟酒(じゅくしゅ)」。濃い味付けのものや、クセのあるものとも相性がいいのが特徴。濃厚なチーズやカレー、揚げ物、麻婆豆腐など食事にも合わせやすい日本酒です。 フルーティーで香り高いですが味はあっさりとしている大吟醸酒や吟醸酒を「薫酒(くんしゅ)」。合わせるおつまみも、さっぱりした素材の味を活かしたものがおすすめ。白身魚やサラダなどとも相性抜群。白ワインのような感覚で楽しめます。 お米のほのかな香りと濃厚なコクが楽しめる純米酒は「醇酒(じゅんしゅ)」。香りは柔らかいですが味がしっかりしているので、バターなどの洋風で味付けが濃いものによく合います。 香りは控えめで、後味すっきりで辛口の本醸造酒や生酒は「爽酒(そうしゅ)」と呼ばれています。毎日飲むにもぴったりの日本酒といわれており、どんなおつまみとも相性がいいのが特徴です。 2.コンビニで手軽に買えるおつまみ12選 おつまみがほしい、でも作るのは面倒といったときに助かるのがコンビニ。コンビニにも日本酒に合うおつまみがあふれています。コンビニですぐに買える、おすすめのおつまみをご紹介します。 2-1.おでん 寒い冬といったらやっぱりこれ!大定番のおでんです。 コンビニのおでんは自分で作るよりも手っ取り早くしっかりと味のしみたおでんが楽しめるのがいいところですよね。 おでんは、さまざまな食材があるので、どんな料理にも合う本醸造酒や生酒がおすすめ。出汁のほのかな甘みとキレのいい辛口の日本酒がマッチします。 コンビニのおでんと日本酒の相性はさることながら、おでんを食べ終えた後に「日本酒のだし割り」が楽しむことができるのがおでんの最大のポイント。是非試してみてください。 2-2.漬物 コンビニには実は漬物が豊富。おつまみというと味も濃く、高カロリーになってしまうことも多いので、一品漬物があるとヘルシーでいいですよね。本醸造酒や生酒はもちろんですが、香り高い大吟醸酒や吟醸酒にもおすすめです。 2-3.豆腐と刻みネギで冷奴 コンビニに売っている豆腐と刻みネギに醤油を少量かけるだけであっという間に完成する冷奴。 七味などを振って、辛みを加えることでさらにお酒のすすむお酒となります。 お豆腐がとてもヘルシーなのでカロリーなどを気にしなくていいのも、うれしいポイントですね。 冷奴には、後味すっきりで辛口の本醸造酒や生酒などがおすすめです。 2-4.焼き鳥 コンビニで買える代表格のおつまみの1ついえば焼き鳥。 一口に「焼き鳥」と言ってもさまざまですが、ネギま、もも肉、レバー、つくね、皮に砂肝、手羽など、部位ごとにそれぞれ異なるおいしさがあり、ついつい日本酒も進みます。 コンビニでは塩ダレ系の焼き鳥よりタレであることがおおいので、タレの焼き鳥には辛口よりも少し甘味のある日本酒を合わせると、タレの甘さになじみとてもよく合います。 2-5.ナッツ系のおつまみ おつまみとしての定番のアーモンドやカシューナッツなどもコンビニには置いてあります。 カリッとした歯ごたえと、ナッツのこうばしい香りでお酒が進みます。 こうばしい香りのナッツに合わせるのは大吟醸酒や吟醸酒がおすすめ。 そのままでも十分美味しいですが、軽く七味やブラックペッパーなどを振るとさらにお酒のすすむおつまみになります。 (出典元:セブンイレブン) 2-6.スナック系のおつまみ 柿ピーを筆頭にコンビニにはさまざまなスナック菓子があります。 たくさんの選択肢がありますので、その日の気分や飲むお酒によって合わせるスナック菓子も変えてみると、思わぬ相性が見つけられるかもしれません。 (出典元:セブンイレブン) 2-7.とろっと卵黄の半熟煮たまご セブンイレブンの商品の一つである、「とろっと卵黄の半熟煮たまご」です。 とろっとしたきれいな半熟具合に、魚介のだしをきかせて煮付けられたお酒が進む商品です。 卵だけでなくだしも美味しいのでお酒のアテに一役買ってくれます。 (出典元:セブンイレブン) 2-8.コリコリ食感のやげん軟骨 セブンイレブンの「コリコリ食感のやげん軟骨」です。 さっぱりとした塩味に少しだけ焦げ感があって香ばしく、コリコリ食感とお肉も程よくついていて、お酒のアテにぴったりです。 (出典元:セブンイレブン) 2-9.やみつき辛旨チョリソー セブンイレブンの「やみつき辛旨チョリソー」です。 パリッとした食感と肉汁がでてくるジューシーさが特徴のチョリソーソーセージ。 やみつき感のある後引く辛さに、思わずお酒を飲むても進みます。 合わせる日本酒は純米酒や大吟醸酒、吟醸酒などがおすすめです。 (出典元:セブンイレブン) 2-10.いか一夜干し焼 セブンイレブンの「七味でピリッと味付けした、いか一夜干し焼」。 しっとりと柔らかいイカに七味で味付けされら一夜干し焼です。 ピリ辛で思わずお酒に手が伸びて、マヨネーズをつけて食べても絶品。合わせる日本酒は辛口の本醸造酒や純米酒がおすすめです。 (出典元:セブンイレブン) 2-11.缶つまシリーズ おつまみとしては、いまや定番の缶つまシリーズも気軽にコンビニで購入することができます。 飲む日本酒に合わせて、何種類かから選べることができるのがうれしいポイントですね。 (出典元:国分グループ本社株式会社) まとめ 冷蔵庫になにもなくても、近くのコンビニに行けばさまざまなおつまみがあります。 今回の記事で気になったものがあればぜひ、おいしい日本酒と共に食べてみてください。 自分でおいしいおつまみを作りたいという方はこちらの記事がおすすめです。 https://sake-5.jp/20-excellent-snacks-to-go-with-sake-that-can-be-easily-made-at-home/

【2022年最新版】フルーティーで女性に人気な日本酒30選

お酒好きな女性へのギフトやお祝いとして、フルーティな日本酒を探している方向けに、飲みやすくフルーティで人気のある日本酒をご紹介! フルーティーな日本酒は飲みやすく、日本酒初心者やアルコールのクセが苦手な女性にもオススメ。この記事では、フルーティーな日本酒の代表銘柄をご紹介。ご自分用やギフトの参考にしてもらえたら嬉しいです!(記事の後半に、少し日本酒からフルーティな香りがする理由についても解説しています!) 1.フルーティーな日本酒30選 フルーティーな日本酒がどのようなものか分かったところで、実際にフルーティーな日本酒を楽しむにはどのような銘柄があるのかを紹介していきます。 ここで紹介する銘柄はフルーティーな日本酒のほんの一部に過ぎませんが、代表的な銘柄をいくつか厳選しました。フルーティーな日本酒選びの参考にしてみてくださいね。 1-1.花の香 純米大吟醸 桜花 「花の香(はなのか)」は、1902年に創業した熊本県の酒蔵、花の香酒造の代表銘柄です。 2017年には、フランスのソムリエが審査員を務めるKURA MATER2017で審査員特賞を受賞。パリの5つ星ホテルでも採用されるなど、世界でも高い評価を得ています。 現代では珍しい「撥ね木搾り(はねぎしぼり)」という製法でゆっくりと時間をかけて搾られており、まさに花のように華やいだ香りが魅力の日本酒です。 (出典元:IMADEYA ONLINE STORE) 1-2.十四代 純米吟醸 中取り 藩州山田錦 山形県の高木酒造が醸造する「十四代(じゅうよんだい)」は、芳醇旨口の代表格。「酒未来」「龍の落とし子」「羽州誉」といった独自の酒米を開発し、その人気の高さから入手困難な日本酒のひとつでもあります。 そのスタンダード品となるのが「純米吟醸中取り」。メロンのようにフルーティーな香りとジューシーな甘みがあり、人気の高さも納得のおいしさです。 (出典元:amazon.com) 1-3.前 純米吟醸 まるで桃のようにフレッシュな香りと、心地よい甘みの余韻を感じられる日本酒が「前(さき)」です。「前」は醸造元の佐賀県の古伊万里酒造、4代目の蔵元が2008年に誕生させた銘柄です。 エレガントな味わいは世界でも高く評価され、2016年にはインターナショナル・ワインチャレンジで銀メダルを受賞。ぜひ白ワインのようにグラスに注いで、淡白な魚料理とのマリアージュを楽しんでみて下さいね。 (出典元:IMADEYA ONLINE STORE) 1-4.獺祭 磨き二割三分 フルーティーな日本酒ブームの先駆けとなるのが、山口県旭酒造の「獺祭(だっさい)」。 中でも、精米歩合23%を実現させた「二割三分」は、蜂蜜のような甘みと上品な香りが魅力の純米大吟醸です。「三割九分」は桃のように豊かな香り、「純米大吟醸45」は青りんごのような香りと、精米歩合によってその香りも大きく異なります。 二割三分、三割九分、45と、精米歩合の異なる3本が揃ったおためしセットも販売されているので、違いを楽しみたい方にはそちらもオススメです。 (出典元:IMADEYA ONLINE STORE) 1-5.醸し人九平次 「Le K」 VOYAGE (ル・カー ボヤージ) 愛知県の萬乗醸造の日本酒は、ミシュランガイドの三ツ星レストランのワインリストにも並ぶお酒です。「エレガント」をキーワードに造られており、ラベルだけでなく味わいもまたワインのよう。 純米吟醸の原酒である「醸し人九平次 Le K VOYAGE(かもしびとくへいじ ル・カー ボヤージ)」は、桃や洋ナシのような甘さの中に白コショウのような香りを感じる特別な1本です。 (出典元:IMADEYA ONLINE STORE) 1-6.花陽浴 純米吟醸 八反錦 「花陽浴(はなあび)」は、埼玉県の南陽醸造で造られる日本酒です。酒米を55%まで磨き上げ、袋吊りでひとしずくずつ集めた「純米吟醸八反錦」は、うっすらとにごった生原酒。 パイナップルや青りんごのような爽やかな風味は、これぞまさに吟醸酒という香りです。 (出典元:酒泉洞堀一) 1-7.而今 純米吟醸 山田錦無濾過生 三重県から全国へと広がった地酒が「而今(じこん)」です。青りんごのようなフルーティーな香りの純米吟醸は、クリアな甘みとほのかな酸味が絶妙なバランス。 ほのかな微発泡が舌に心地よく、さらにフルーティーなにごり酒も甘口を好む方にはオススメです。 (出典元:酒泉洞堀一) 1-8.鳳凰美田 純米吟醸 Black Phoenix 無濾過本生 栃木県の美しい田園の中にある小さな蔵元、小林酒造の造る「鳳凰美田(ほうおうびでん)」は人気の高さから入手困難になりつつあるお酒です。 個性的なラベルのBlack Phoenix(ブラックフェニックス)は、火入れや加水をしていない純米吟醸酒。白桃や和梨のようにふくよかで柔らかい香りを持ち、どんな料理にも合うスッキリとした甘みが魅力です。 (出典元:IMADEYA ONLINE STORE) 1-9.出羽桜 一路 純米大吟醸 「出羽桜 一路(純米大吟醸)」は、山形県の出羽桜酒造で造られている、数々の賞を受賞している素晴らしい日本酒です。 フルーティーな香り、米の旨味がしっかりしているため濃厚でやや甘口ですが、どんな料理とも合わせやすく、口当たりがいいので、日本酒初心者にもおすすめです。 (出典元:出羽桜酒造株式会社) 1-10.たかちよ 純米おりがらみ 火入 青いラベルが印象的な「たかちよ 純米 おりがらみ...

酒造りの最高責任者「杜氏」とは?

「杜氏(とうじ)」とは、日本酒造りの最高責任者のことです。杜氏に蔵元、蔵人など…それぞれどう違うの?と疑問に感じたことはないでしょうか。 今回は、杜氏の由来や歴史、仕事内容について詳しく解説!日本三大杜氏と呼ばれる杜氏集団や、女性杜氏に関する情報もお伝えします。 1.杜氏とは?名前の由来や歴史 「杜氏(とうじ)」とは、蔵に雇われ、酒造りの一切を取り仕切る責任者のことです。スポーツに例えるなら、杜氏はいわばチームの監督。そのため、杜氏は各蔵に1人しか存在しません。杜氏のほかに酒造りに関わる人たちは「蔵人(くらびと)」と呼ばれます。 そもそも、なぜ杜氏という存在が生まれたのでしょうか?その理由を知るために、まずは名前の由来や歴史について紐解いていきましょう。 1-1.杜氏の由来は「刀自(とじ)」 杜氏の名の由来は、お酒を造る女性をあらわす「刀自(とじ)」だといわれています。古来、宮中で盛んに造られていたお酒は、神様へ捧げるものでした。酒造りの役割は女性たちが担い、それらを束ねる女性を刀自と呼んでいたのです。 今のように、酒造りが男性中心の仕事へと変化したのは、江戸時代に入ってからのこと。日本酒は、神様に捧げるものから庶民でたしなむものへと変化を遂げていました。 やがて幕府からのお触れをきっかけに、大きな道具を使用し、冬場に大量にお酒を仕込む必要性が生まれます。 必然的に、酒造りは力仕事へとシフトし、働く人々も男性が中心に。刀自の名はその響きを残したまま、「杜氏」の字があてられるようになりました。 1-2.約300年前から続く杜氏の歴史 杜氏の歴史は、江戸時代から現在まで約300年以上続いています。その始まりとなったのが、米不足を懸念する幕府が出した「お酒を造るのは冬季のみ」というお触れでした。 このお触れをきっかけに、日本酒は年中造るものから冬に大量に造るものへと変化していきます。 冬になり、酒蔵の繁忙期に活躍したのが、手が空いている農民たちです。冬になると、酒蔵へと出稼ぎに出かける農民と蔵人たちが集結し、各地で酒造りの集団ができあがりました。 この集団を束ねたのが、ほかでもない「杜氏」と呼ばれる存在です。現在も、各地ではさまざまな杜氏集団が活躍しています。 1-3.日本三大杜氏とは 前述したような杜氏集団は、全国に30近く存在するといわれています。なかでも、代表的なものが以下の3つのグループです。それぞれが高度な技術を持つことから「日本三大杜氏」と呼ばれています。 南部杜氏(岩手県) 杜氏の数は全国最多。かつて南部と呼ばれた岩手県花巻市を拠点とする杜氏集団です。現在も300名近くの杜氏が活躍しています。 越後杜氏(新潟県) 米どころであり酒どころ、新潟県の酒造りを支える杜氏集団です。「八海山(はっかいさん)」や「久保田(くぼた)」など、数々の銘酒を手がける杜氏たちが名を連ねます。 丹波杜氏(兵庫県) 灘地方の酒造りを担ってきた杜氏集団です。その名が世に広まった理由は、丹波人特有の誠実さや勤勉さにあったといわれています。3つの集団のなかではもっとも規模が小さいものの、現在も灘の名水で多くの銘酒が造られています。 2.杜氏の仕事内容と蔵元との違い 杜氏の仕事内容は多岐にわたります。日本酒造りは、繊細な温度管理や日々の分析が必要。杜氏はすべての工程に目を配らなくてはいけません。 その理由は、酒蔵の経営者である「蔵元」に雇われているという点にもあるといえます。蔵元は、スポーツに例えればチームを運営するオーナーのようなもの。最高責任者の杜氏は、蔵元の考えに沿って酒造りをおこないます。 また、蔵人たちの人員配置なども杜氏の大切な仕事のひとつ。ときには書類作成も手がけるなど、杜氏は実に多くの仕事をこなす大役なのです。 ちなみに、杜氏のもとで働く蔵人たちは、受け持つ仕事内容によって以下のように呼ばれています。 頭(かしら)…杜氏の補佐役 代師・麹師・麹屋(だいし・こうじし・こうじや)…麹づくりの担当者 釜屋(かまや)…米を蒸す工程の担当者 酛師・酛屋(もとし・もとや)…酒母づくりの担当者 船頭(せんどう)…お酒を搾る工程の担当者 3.杜氏になるには?求められる資格やスキル 「杜氏になりたい!」そう思ったときに求められるのは、お酒に関する資格と優れたスキルです。資格は必須ではないものの、実務に大きく役立ちます。代表的なものとして挙げられるのが「酒造技能士」です。 酒造技能士とは、日本酒製造に関する知識とスキルを持つことを認める国家資格のこと。1級を取得するには、7年以上、または2級合格後2年以上の実務経験が必要です。 また、杜氏には酒造りにおける優れたスキルも求められます。繊細な酒造工程をコントロールする力はもちろん、蔵人たちをまとめるコミュニケーション能力も必要となってくるでしょう。 4.オーナー杜氏や女性杜氏、外国人杜氏の活躍も 長年の歴史を誇る杜氏の世界には、時代と共に変化が生まれています。そのなかのひとつが「オーナー杜氏」です。 オーナー杜氏とは、杜氏を雇うことなく、蔵元自らが杜氏となり酒造りをおこなう仕組みのこと。商品開発からプロモーションまで自らが手がけることで、唯一無二の個性を生み出す酒蔵も数多くみられます。 また、実務経験の長さにとらわれず、若い蔵人を杜氏に採用するケースも少なくありません。 2018年(平成30年)、「伯楽星(はくらくせい)」で知られる新澤醸造店(にいざわじょうぞうてん)では、入社3年目となる当時22歳の女性社員が杜氏に就任しました。 ほかにも「天美(てんび)」を造る長州酒造(ちょうしゅうしゅぞう)、「信州亀齢(きれい)」で知られる岡崎酒造など、各地で女性杜氏が活躍。 瀬戸内海で「富久長(ふくちょう)」を醸す今田酒造本店の今田美穂氏は、2020年、英国BBCが選ぶ世界に影響を与えた『100人の女性』に、日本人として唯一選出されています。 さらに、京都の玉川酒造では、国内初の外国人杜氏フィリップ・ハーパー氏が活躍。 多様性を見せる現代社会のように、各蔵でも年齢、性別、国籍を越えた酒造りがおこなわれています。 まとめ 日本酒造りの要ともいえる存在、杜氏。江戸幕府のお触れから始まった杜氏の歴史は、日本酒造りの歴史そのものといえるかもしれません。 今夜は美味しい日本酒に口をつけるその前に、ちょっとひと呼吸。杜氏をはじめとする蔵人たちや蔵元に、想いをはせてみてはいかがでしょうか。

世界中から愛される日本酒「梵(ぼん)」の種類・ラインナップを紹介

日本酒「梵(ぼん)」は、福井県から世界へと羽ばたくお酒です。世界各国で商品登録されているほか、数多くの大使館などに輸出されています。米と米麹のみで造る純米酒にこだわった味わいは、国内でも多くの日本酒ファンに愛されてきました。 今回は、梵の魅力を徹底解説!「梵ってどんなお酒?」「どうしてそんなに人気なの?」という疑問にお答えするべく、豊富なラインナップの数々もご紹介します。 1.「梵」とは 福井県鯖江の地で生まれ、世界でも広くその名が知られる日本酒「梵(ぼん)」。米と米麹のみで造られた透明感あふれる味わいは、世界各国で高く評価されています。梵ブランドを商品登録する国や地域は、およそ100以上。さらに、約70カ国の大使館や領事館にも輸出されています。 2022年(令和4年)にロンドンで開催された「IWC(インターナショナル・ワイン・チャレンジ)」では、SAKE部門でゴールドメダルを受賞。ロサンゼルスの「国際ワイン・スピリッツコンペティション」では、最高賞となるベストオブクラスに輝きました。 梵が各界で高く評価される理由として挙げられるのが、和食はもちろん、洋食にもそっと寄り添う清らかな美味しさです。香りは上品で、口当たりはシルクのようになめらか。後口に残るやわらかな余韻が料理の味わいを引き立てます。 「飲みやすさ」と「本物の美味しさ」が共存した梵は、日本酒を飲み慣れない方にもおすすめの銘柄といえるでしょう。 2.梵を造る「加藤吉平商店」 梵を造る「加藤吉平商店(かとうきちべえしょうてん)」は、1860年(万延元年)から酒造りを始めた酒蔵です。当初「梵」の名は、最高級のお酒だけにつけられた名前だったといいます。1963年(昭和38年)には、すべてのお酒の名を梵に統一。国内外の式典やイベントでその名は広く知られることとなります。 加藤吉平商店が重視しているのは、添加物を加えない"純米酒"のみを手造りすることです。原料米には、酒米の王様といわれる「兵庫県特A地区産契約栽培山田錦」と「福井県産五百万石」が使用されています。クリアな味わいを生み出すため、米をなるべく小さく精米することもこだわりのひとつです。 米と並び、日本酒の味わいを大きく左右する水には、地下約184mからくみ上げた井戸水を使用。さらに、お酒をマイナスの温度帯でじっくり熟成することで、果実のように華やかな香りを引き出しています。 熟成期間は、長いもので10年以上にもおよぶそう。さらに、急激な温度変化を起こさないよう梱包も冷たい予冷庫でおこなうなど、美味しい日本酒を飲み手に届けるためのさまざまな創意工夫がなされています。 3.梵が造る日本酒の種類・ラインナップ 梵のラインナップには、米と米麹、水のみで造られた純米酒が並びます。なかでも、純米吟醸酒や純米大吟醸酒は、フルーティーな香りとクリアな飲み口を楽しめる銘柄です。 そのほか、季節のお酒やスパークリング酒、梵こだわりの長期氷温熟成酒も見逃せません。ここからは、26銘柄を一挙ご紹介します! 3-1.フランス製の木製樽でじっくり熟成「梵・天使のめざめ」 "パイナップル・すももちゃん酵母"という、かわいらしいネーミングの酵母を使用。さらに、フランス製の樫樽(かしだる)で氷温熟成させた甘酸っぱいお酒です。 樫樽は、本来ウイスキーやブランデーを熟成させる樽。梵を小さなグラスに入れて手のひらで包めば、魅惑的な香りと味わいが静かに目を覚まします。 (出店元:加藤吉平商店) 3-2.究極の純米大吟醸酒「梵・超吟」 原料米は、特に質が良いとされる「兵庫県特A地区」の山田錦。さらに、米を小さく精米し中心部分20%だけを使用した梵の代表銘柄です。気品あふれる香りとなめらかな口当たり、静かに続く伸びやかな余韻は、まさに美酒のひとこと。大切な席の乾杯にもふさわしい一品です。 (出店元:加藤吉平商店) 3-3. 燗酒で楽しむ上質な旨味「梵・団」 梵の味わいを燗酒で楽しみたいときはこちら。「団」と名付けられた純米大吟醸がおすすめです。温めるほどに立つ旨味は、出汁のきいた和食と好相性。なかでも、福井の冬の味覚、越前ガニとのペアリングはたまりません。精米歩合は20%と、米の外側を8割削りながら芳醇かつ上品な旨味を実現しています。 (出店元:加藤吉平商店) 3-4.人生の勝利者に捧げる一献「梵・夢は正夢」 日本酒の容量は4合(750ml)や1升(1800ml)が多いなか、こちらの梵は1L(1000ml)。ずっしり重たいその姿は、人生の勝利者(オンリーワン=1)をたたえるトロフィーを表しているといいます。 甘美な香りが鼻をくすぐるものの、味わいはしっとりとなめらか。夢の実現を願う1杯はもちろん、夢が叶った喜びに浸るお酒としてじっくり味わいたくなる美味しさです。 (出店元:加藤吉平商店) 3-5.日本政府専用機で世界へ「梵・日本の翼」 「日本の翼」と名付けられたこちらの梵は、日本政府専用機の正式機内酒に採用されたお酒です。精米歩合の異なる純米大吟醸を2種類ブレンドし、低温で約2年間熟成させています。 引っかかりのないスムースな飲み口と香り、後口のキレのバランスは実に絶妙。"Wing Of Japan"の名のとおり世界へ羽ばたき、多くの人を魅了した味わいをぜひ一度お試しください。 (出店元:加藤吉平商店) 3-6.梵のロングセラー「梵・極秘造大吟醸」 日本で初めて販売された純米大吟醸です。販売当初の精米歩合は40%。一粒の米を半分以上削って仕込むお酒は、当時の最高峰のクオリティでした。 透明感のある旨味と華やかな香りは、もちろん現在も健在。梵のロングセラー商品として多くの人々を魅了し続けています。 (出店元:加藤吉平商店) 3-7.福井のオリジナル酒米を使用「梵・さかほまれ 磨き三割五分」 原料米は山田錦と五百万石のみとしている加藤吉平商店が、福井県の新酒米「さかほまれ」を使って造り上げたお酒です。 さかほまれは、約8年の歳月をかけ開発された福井県独自の酒米。「梵・さかほまれ 磨き三割五分」の販売当初は、福井県内の酒蔵でさかほまれを使ったお酒がそろってリリースされました。ぜひ福井の名産品とあわせて、地元愛あふれる味わいを楽しんでみてください。 (出店元:加藤吉平商店) 3-8.気高く美しい味わいを「梵・寒椿」 ひんやり静かな雪景色のなか、凛と花開く一輪の椿。梵の「寒椿」は、そんな風景を思わせる気品あふれる味わいです。和風の外箱にお酒を包む和紙と、外装にも和の要素がたっぷり。日本酒を贈り物にするときにも、ぜひおすすめしたい銘柄です。 (出店元:加藤吉平商店) 3-9.芳醇旨口の味わいは好みの温度帯で「梵・特撰純米大吟醸」 梵の純米大吟醸の定番といえる1本です。0度以下で1~2年氷温熟成させたお酒がブレンドされています。 味わいはしっかりと輪郭のある芳醇旨口タイプ。香り高い純米大吟醸は冷たく冷やすことが多いものの、こちらの梵はぬる燗で味わうのもおすすめです。ぜひ、好みのおつまみを用意して楽しんでみてください。 (出店元:加藤吉平商店) 3-10.清涼な水のような美しさ「梵・地球」 「地球(ほし)」と名付けられた梵が目指したのは、地球にとって一番大切な「水」。スーッと喉を通り過ぎ体に染み渡る味わいは、まさに清涼な水のようです。 ブルーのボトルデザインは、過去に世界的なワインコンペティションでゴールドメダルを受賞。味わい、装いともに梵のセンスが光り輝く1本です。 (出店元:加藤吉平商店) 3-11.飲み飽きしない上質な味わい「梵・吉平」 屋号である「吉平(きちべえ)」と名付けられたこちらは、手間ひまかかる古来からの製法「生もと造り」で仕込まれています。 芳醇かつ繊細な味わいは、日々の食卓を彩るお酒にぴったり。飲み飽きせず、スイスイと盃が進みます。バターやチーズを使ったコクのある料理にあわせるのもおすすめです。 (出店元:加藤吉平商店) 3-12.季節にあわせて艶めく味わい「梵・艶」 ラベルに描かれているのは、七色にきらめく艶(つや)の文字。中に詰められているのは、マイナスの温度環境で約1年間熟成させたお酒です。 じっくりと寝かせたぶん、口当たりはマイルドで香りはおだやか。季節の料理にそっと寄り添う、やわらかな味わいを堪能できます。 (出店元:加藤吉平商店) 3-13.世界一の味わいを食卓に「梵・吟撰」 2010年の「IWC(インターナショナル・ワイン・チャレンジ)」で、最高賞となる「チャンピオン・サケ」を受賞。そのほか、数々の名だたる賞に輝いた純米大吟醸です。 旨味がしっかり乗りつつ後口は爽やか。1本あたり1000円台と、求めやすい価格設定も魅力のひとつです。 (出店元:加藤吉平商店) 3-14.福井の酒米の魅力を堪能「梵・五百万石無濾過純米大吟醸」 地元福井が誇る酒米「五百万石」で造られた純米大吟醸です。搾りたてのお酒を、マイナス10度の超低温な環境で約1年間熟成させています。 火入れと呼ばれる加熱殺菌処理は、出荷前の1度だけ。フルーティーな香りとふくよかな旨味、スムースな飲み口を堪能できる一品です。 (出店元:加藤吉平商店) 3-15.無濾過で淡い黄金色の純米大吟醸酒「梵・ゴールド」 透明瓶におさめられているのは、薄黄金色の液体。金色に輝くラベルにボトルキャップと、華やかな見た目に心躍る1本です。 お酒が黄金色に色づいているのは、一般的におこなう「ろ過」をしていないから。鼻から喉へと抜ける清らかな香りと芳醇な旨味、やわらかな余韻をぜひ堪能してみてください。 (出店元:加藤吉平商店) 3-16.本格的な味わいを気軽に楽しめる「梵・純粋」 梵の美味しさを気軽に楽しめる飲み切りサイズの純米大吟醸です。中には、加熱処理をせず生のまま瓶詰し、0度以下で1年間熟成させたお酒が詰められています。「梵の味わいを試してみたい」「外出先で梵を美味しく味わいたい」というときにおすすめの商品です。 (出店元:加藤吉平商店) 3-17.乾杯シーンを華やかに彩る「梵・プレミアムスパークリング」 シュワッとした発泡感を楽しめるスパークリング酒です。精米歩合は20%と、厳選した米をより小さく精米し洗練された味わいを生み出しています。 お酒が詰められているのは、フランス製のシャンパン瓶。乾杯のシーンを華やかに彩る1本は、祝いの席やパーティーにおすすめです。 (出店元:加藤吉平商店) 3-18.フレッシュで飲みごたえのある逸品「梵・無ろ過生原酒」 「無ろ過生原酒」とは、ろ過や火入れ、加水をしていないお酒のこと。できたてそのままのフレッシュな味わいを堪能できる1本です。 瓶に詰められているのは、一番質がよいとされるお酒を搾る際の中間部分「中取り」。しっかりと飲みごたえのある美味しさと伸びやかな香りは、ぜひ適度に冷やしてお楽しみください。 (出店元:加藤吉平商店) 3-19.福井県産五百万石にこだわった生原酒「梵・五百万石 無濾過 生原酒」 福井県産の酒米「五百万石」を使用した無ろ過生原酒です。超低温環境でじっくりと寝かすことで、まろやかな旨味と豊かな香りを実現しています。山田錦を使った無ろ過生原酒と並べ、味の違いを楽しむのもおすすめです。 (出店元:加藤吉平商店) 3-20.うっすら白い活性生酒「梵・ささ雪(酒雪)」 うっすらと白く濁る、芳醇旨口タイプのお酒です。加熱殺菌処理をしていない生酒のため、シュワッとした微発泡感を楽しめます。口当たりなめらかで旨味はやわらか。梵らしい気品あふれる香りも存分に楽しめる、冬におすすめの1本です。 (出店元:加藤吉平商店) 3-21.搾りたての美味しさそのままに「梵の初雪しぼりたて山田錦」 梵は氷温熟成が基本となるなか、搾りたての新鮮な美味しさを楽しめる1本です。新酒が搾られる冬季限定でリリースされています。飲みごたえのある芳醇旨口タイプの味わいは、ロックのほか、ぬる燗で楽しむのもおすすめです。 (出店元:加藤吉平商店) 3-22.五百万石の旨味を感じる「梵の初雪しぼりたて五百万石」 五百万石の新米を小さく磨き、上品な香りを生み出した季節限定のお酒です。うっすらと白いにごり酒に仕上げられています。 さわやかな香りの後に広がるのは、五百万石の豊かな旨味。ぜひ、キリッと冷やして旨味と香りのハーモニーをお楽しみください。 (出店元:加藤吉平商店) 3-23.搾りたての旨さを封じ込めた原酒「梵・五百万石 無濾過 原酒」 キリッと冷やした冷酒はもちろん、ロックに燗酒と好みのスタイルで楽しめる純米吟醸です。加水調整していない原酒のため、しっかりとした旨味があり、どんな温度帯でも味のバランスが崩れることがありません。 意外なところでは、ライムを入れた日本酒カクテルもおすすめ。ぜひ、気軽に梵の美味しさを楽しんでみてください。 (出店元:加藤吉平商店) 3-24.和食にあわせたい豊かな味わい「梵・ときしらず」 和食好き、日本酒好きに愛される梵の銘品です。氷温熟成させたお酒をブレンドし、奥深い味と香りを実現しています。まろやかな口当たりとこっくりした味わいは、燗酒好きにもおすすめ。ぜひ、湯気から立ち上る米の旨味を堪能してみてください。 (出店元:加藤吉平商店) 3-25.1日の終わりに燗で楽しみたい「梵・純米55」 燗酒好きにおすすめしたい梵といえばこちら「純米55」です。しっかりとしたコクがありつつ、後味はスパッとキレよく、温度が上がるほど魅力的な旨味を放ちます。求めやすい価格設定で1升瓶も販売されているため、自宅に美味しい日本酒をキープしておきたいという方にうれしい商品です。 (出店元:加藤吉平商店) 3-26.秋の味覚と相性ばつぐん「梵・純米吟醸 ひやおろし」 「ひやおろし」とは、冬に搾ってからひと夏寝かし、秋に出荷するお酒のこと。梵のひやおろしは、氷温熟成させることで品のある香りと奥深い味わいを生み出しています。 芳醇旨口タイプのひやおろしは、旨味たっぷりの秋の味覚とも好相性。燗酒にしてしっとり楽しみたくなる豊かな味わいです。 (出店元:加藤吉平商店) まとめ 日本を飛び出し、世界各国で愛される日本酒「梵」。その味わいには、日本の文化ともいえる米へのこだわりと地元福井県への愛情があふれています。 日常酒として楽しめる1本から贈答用にふさわしい1本まで、幅広いラインナップも魅力のひとつ。ぜひ、思い思いのスタイルで世界が認めたJapaneseSake「梵」の味わいを楽しんでみてください。

日本酒のラベルから何がわかるの?ラベルの読み方を解説!

おしゃれだったり、かっこよかったり、多種多様なデザインが施された日本酒のラベル。実は、そのなかにさまざまな情報が隠されているのをご存じでしょうか? 日本酒好きのなかには、ラベルの情報をもとにお酒を選ぶという人も。今回は、日本酒のラベルの読み方について詳しくお伝えします! 「ラベルをコレクションしたい」という方におすすめの、ラベルの剥がし方もぜひチェックしてみてくださいね。 1.ラベルに必ず記載されている項目 日本酒のラベルには、「必ず記載する項目」と「任意で記載する項目」があります。酒類業組合法で記載が義務付けられているのは、以下のような項目です。 酒類の品目 原材料名 製造時期(製造年月または製造年月日) 原産国名、外国産清酒を使用したものの表示 保存又は飲用上の注意事項 製造者の氏名または名称、製造場の所在地 容器の容量 アルコール分 その他 これらが書かれた日本酒のラベルは、いわばお酒のプロフィールともいえるもの。まずは、必ず記載されている項目についてチェックしていきましょう。 1-1.酒類の品目 ラベルでまず目に入るのが、酒類の品目です。品目欄には、「清酒」または「日本酒」と表示されています。 ただし、どのようなお酒でも清酒や日本酒を名乗れるわけではありません。酒税法では、以下の条件をクリアするものが日本酒と定義されています。 必ず米、米麹を使用すること 必ずこすこと アルコール分が22度未満であること 条件にある「こす」とは、醪(もろみ)を搾り、液体と固体に分ける工程のことです。日本酒は、米と米麹、水を発酵させた醪を搾って造られます。 そのため、搾らずに仕上げる「どぶろく」などは、清酒または日本酒と表示することはできません。 ほかにも、使用する醸造アルコールや糖類などの重量が、米の重量の50%を超えた場合も日本酒、清酒と表示できないことになっています。 「これは日本酒です!」と名乗って販売するためには、さまざまな条件をクリアする必要があるということですね。 1-2.原材料名 ラベルの原材料名は、使用する量が多い順に表示されています。これは日本酒に限ったことではなく、すべての食品ラベルに通ずる基本的なルールです。 前述したように、日本酒の主原料は米と米麹です。さらに、醸造アルコールを添加した日本酒のラベルには「米・米麹・醸造アルコール」の順で原材料名が表示されます。 また、純米酒や純米吟醸といった「特定名称酒(とくていめいしょうしゅ)」を名乗るお酒の場合は、原材料名のそばに「精米歩合 〇%」と米をどれだけ精米しているかわかる数値を表示します。 1-3.製造時期(製造年月または製造年月日) 食料品のラベルでは、製造年月日や賞味期限をチェックする人も多いのではないでしょうか。 実は日本酒は、賞味期限の表示義務がないお酒。代わりに、ラベルには「製造時期」が記されています。 製造時期とは、日本酒を瓶に詰めた日、または日にちのこと。ちなみに「〇年貯蔵」など貯蔵期間を表示するお酒の場合は、瓶に詰めた年月日だけでなく、製造場から移出した時期の表示も必要です。 1-4.原産国名 海外から輸入された日本酒の場合は、原産国名を表示する必要があります。また、国内産と外国産両方を使用して製造した場合は、外国産清酒の原産国名と使用割合を表示しなくてはいけません。 「海外から日本酒を輸入?」とふしぎに感じるかもしれませんが、近年は海外でも美味しい日本酒が造られています。 “日本酒を世界酒に”をコンセプトにかかげる「WAKAZE(わかぜ)」は、フランス・パリに日本酒の醸造所を持ち、東京・三軒茶屋でどぶろくを造る酒造メーカー。 また、同じくフランスの「昇涙酒造(しょうるいしゅぞう)」では、鳥取で酒造りを学んだフランス人の蔵元がこだわりの日本酒を生み出しています。 1-4.保存又は飲用上の注意事項 「生酒」と呼ばれる加熱殺菌処理をしていないお酒は「なるべく冷暗所に保管し、開栓後は早めにお召し上がりください」など、保存時の注意点を表示する必要があります。 日本酒は賞味期限の表示義務がないお酒ですが、ラベルには美味しく飲むためのトリセツが書かれていることも覚えておきたいですね。 1-5.製造者の氏名または名称、製造場の所在地 ラベルには、お酒を造った人または蔵の名前や、造られた場所の表示が義務付けられています。美味しい日本酒を飲んで「どこでできたの?誰が造っているの?」と気になったときは、ぜひラベルをチェックしてみてください。 1-6.容器の容量 日本酒の容器の容量は、四合(720ml)と一升(1800ml)が一般的です。また、近年は300~360ml容量の飲み切りサイズも多く販売されています。ちなみに、ラベルに表示する文字の大きさも、容量や文字数にあわせて細かく規定されているんですよ。 1-7.アルコール分 日本酒は、製造工程で水を加えアルコール度数を15~16%に調整します。「原酒」と呼ばれる加水調整しない日本酒の場合は、アルコール度数が18%以上になることも珍しくありません。 日本酒を飲み慣れない方や、度数の高さが不安という方は、ラベルのアルコール分をチェックしてみてください。近年は、アルコール度数をおさえた「低アルコール日本酒」も続々と登場しています。 度数が高い飲みごたえがある原酒であれば、ロックスタイルで楽しむのもおすすめですよ。 1-8.その他 「お酒は二十歳になってから」「未成年の飲酒は法律で禁止されています」といった表記。実は、こういった未成年飲酒防止に関する文言も、表示が義務付けられている項目なんです。 お酒によっては「妊娠中、授乳中の飲酒はお控えください」「美味しく楽しく健康に」など、蔵独自の注釈も確認することができますよ。 2.酒蔵によって任意で記載する項目 日本酒のラベルに表示される項目には、酒蔵によって任意で記載されているものもあります。日本酒の味わいを知るヒントになるため、ぜひ必要事項とあわせてチェックしてみてください。 2-1.特定名称酒 特定名称酒とは、純米酒や大吟醸といった、原料と製法で分類された呼び名のことです。日本酒のラベルでよく見る表示ですが、記載するしないの判断は酒蔵に任されています。 酒蔵によっては「スペックで味わいを判断しないで」との思いから、あえて特定名称酒を表示しないことがあります。 2-2.成分表記 日本酒の繊細な味わいは、さまざまな成分が複雑に絡み合うことで生まれます。ラベルによっては、以下のような成分表記でお酒のおおまかな味わいをイメージすることができます。 酵母 日本酒は、酵母によって味や香りが複雑に変化します。そのため、使用する酵母は蔵のこだわりが色濃く表れる部分です。 また、福島県の「うつくしま夢酵母」、岩手県の「ジョバンニの調べ」など、各県ではオリジナル酵母の開発が進んでいます。酒米の種類はもちろん、酵母に着目してお酒を選んでみるのもおもしろいですよ。 日本酒度 日本酒度は、お酒の甘辛度合いを示す指標のひとつです。「+」と「-」で表記され。数値がプラスになるほどキリッとした辛口のお酒、マイナスになるほど甘口のお酒とされています。 酸度 酸度は、日本酒に酸味や旨味をもたらす有機酸の量をあらわす数値です。日本酒度が同じお酒でも、酸度が高ければ濃醇で辛く、低ければ甘く端麗な味わいに感じられます。 アミノ酸度 アミノ酸度は、お酒に旨味やコクをもたらすアミノ酸の量をあらわしています。アミノ酸度が高いお酒は、濃醇な味わいに仕上がるのが特徴です。反対に、アミノ酸が低いお酒はスッキリとした淡麗な味わいに仕上がります。 3.記載してはいけない情報はある? 日本酒のラベルには、次のような3つの項目は表示することはできません。 品質や製法が「最高」「第一」「代表」など最上級を意味する用語 官公庁御用達またはこれに似た用語 特定名称酒以外のお酒に用いる特定名称に似た用語 例えば「3」に関しては、特定名称“純米酒”の規格を満たしていないにもかかわらず“米だけのお酒”と似た用語を用いるのはNGということになります。 この場合、消費者に誤解を与えないよう「特定名称酒には該当しません」という追加の説明表示が必要です。 4.日本酒のラベルの剥がし方と保存方法 個性あふれる日本酒のラベル。お気に入りのものはとっておきたい!という方も多いのではないでしょうか。ここでは、日本酒のラベルの剥がし方と保存方法をご紹介します。 4-1.日本酒のラベルの剥がし方 1)お湯に浸ける いちばん手軽で確実な方法です。日本酒のラベルの多くは、一定時間お湯に浸けることでスルリと剥がれます。 おすすめは、お風呂のお湯の中。大きな瓶を浸けおきたいときも場所を取りません。瓶が複数あっても一度に浸けおきできます。剥がしたラベルは、接着面を上にした状態でタオルなどに置いて乾かしてくださいね。 2)シール剥がしを使う 市販のシール剥がし液や専用スプレーを使うのもひとつの方法です。一定の手間や時間を要するものの、ラベルを濡らさずに剥がすことができます。 3)ドライヤーで温める ラベルを霧吹きなどで軽く濡らし、ドライヤーで温めると徐々に剥がすことができます。一定の時間を要するほか、瓶が熱くなることがあるため作業時は十分に気を付けてください。 4-2.ラベルの保存方法 剥がしたラベルは、画用紙やノートなどに貼って保存するのがおすすめです。お気に入りのラベルであれば、そのままフレームに入れて飾るのも良いですね。飲んだ日の日付や味などをメモすれば、お酒の思い出もそのまま保存することができますよ。 まとめ 日本酒のラベルには、どんな人がどこで造ったお酒なのかという大切な情報が記されています。日本酒を飲み慣れない方は、ラベルのアルコール度数を目安にお酒を選ぶのもおすすめです。 また、成分表記があれば、味をイメージするひとつの目安になります。ぜひ、お酒を彩るラベルにも注目しながら、日本酒選びを楽しんでみてくださいね。

日本酒が劣化したときのサインの一つ「劣化臭」。熟成酒と劣化した日本酒の香りの違いは?

日本酒は劣化すると「劣化臭」という臭いが生まれます。「開栓してしばらく経つ日本酒、香りや味が変わったみたい」と感じるときは、酸化も関係しているかもしれません。 今回は、劣化した日本酒の香りについてくわしく解説します。劣化防止のポイントや、劣化したお酒の使い道もぜひ参考にしてください。 1.日本酒が劣化した際の臭い「劣化臭」とは? 「劣化臭」とは、日本酒が劣化した際に生じる臭いのことです。そもそも日本酒は、賞味期限のない飲み物。そのため、未開封の状態で適切に保管すれば腐ることはありません。 しかし、日本酒は光や温度の影響を受けやすいお酒です。そのため、保存時や製造工程の途中で以下のような臭いが生まれることがあります。 老香(ひねか) 「老香」は、日本酒を温度の高い場所で保管した際に生まれる臭いです。老香を放つお酒は「老ねた(ひねた)お酒」ともいわれ、香りは漬物のたくあんに例えられます。 日光臭(にっこうしゅう) 「日光臭」は、紫外線の影響で生じる劣化臭です。焦げ臭や獣臭(けものしゅう)とも呼ばれます。傷んだ玉ネギやガスなどに例えられることからも、人に不快感を与える香りといえるでしょう。 酸臭(さんしゅう) 「酸臭」は、製造過程で生まれる香りです。醪(もろみ)の発酵がうまくいかなかったり、細菌に汚染されたりすることで、酢のような酸っぱい臭いが生じます。 ほかにも、製造過程で生まれる不快な香りには「つわり香(つわりか)」や「木香様臭(きがようしゅう)」、「ゴム臭(ごむしゅう)」などが挙げられます。しかし、現在は製造技術の発達により、これらの香りはほとんど発生の心配がなくなっています。 2.熟成香と劣化した老香の違い 日本酒を良い環境で長期間保管すると「熟成香」と呼ばれる香りが生まれます。熟成香の主成分は、カラメルやカレー、ドライフルーツなどを思わせるソトロンという臭い成分です。琥珀色に変化し、古酒特有の粘性を持つ熟成酒からは、ソトロン由来の奥深い香りを感じることができます。 一方で、老香はソトロンだけでなく、漬物臭のポリスルフィドを含むのが特徴です。日本酒本来の香りはツンと鼻をつくような臭いに代わり、美味しく飲むことができなくなってしまいます。 3.香り以外に劣化したサインはある? 日本酒は、劣化すると香りや見た目、味わいに変化が生まれます。前述したように、日本酒は賞味期限のない飲み物。劣化=腐敗とはいえないものの、蔵の目指す美味しさがキープされているうちに飲み切るのがおすすめです。「長い間置いたままの日本酒があるけど大丈夫?」と不安なときは、香り以外に次の項目をチェックしてみてくださいね。 3-1.色が黄色みがかっている 紫外線や熱の影響を受けた日本酒は、色が黄色く変化します。この場合、同時に老香や日光臭が発生していることが多いでしょう。 3-2.酸化によって苦味や辛味が強くなる 日本酒を劣化させる要因として、光や熱以外に「酸化」が挙げられます。特に、一度開栓した日本酒は、酸化による劣化に注意が必要です。空気に触れる面積が大きくなり酸化した日本酒は、苦みや辛味が強くなります。 4.劣化してしまった日本酒の活用方法 劣化により香りや味わいが変化してしまった日本酒。「そのまま捨ててしまうのはもったいない!」というときは、料理や酒風呂に使ってみてください。日本酒を無駄にすることなく有効活用できます。 4-1.料理酒の代わりに使う 味や香りが落ちてしまった日本酒は、ふだんの料理に使ってみましょう。日本酒を使った料理は、素材の臭みが消え、肉や魚がふっくら仕上がるのが特徴です。また、日本酒は料理酒と違い塩分が含まれていません。そのため、食事の塩分が気になるときにもおすすめです。 https://sake-5.jp/sake-cuisine/ 4-2.お風呂に入れて酒風呂に 日本酒をお風呂に入れた酒風呂は、美肌効果や発汗作用が期待できるといわれています。日本酒を入れる目安はコップに1~3杯程度。飲み頃を過ぎた日本酒がたくさんあるときにおすすめです。 直接お酒を飲むわけではないものの、子どもや妊婦の方の入浴は避けたほうがベターです。肌との相性もあるため、初めは少量ずつ試しながら適量を見つけてみてください。 https://sake-5.jp/sake-bath/ 5.日本酒を劣化させないための保存方法 日本酒を劣化させないためには、紫外線や熱、酸化を避けることがポイントです。また、種類によっては長期保管に向いていない日本酒もあります。ぜひポイントをおさえ、蔵から届いた味わいそのままに美味しい日本酒を楽しんでみてください。 5-1.冷暗所か冷蔵庫に保管 紫外線や熱の影響が劣化へつながる日本酒は、冷暗所か冷蔵庫で保管しましょう。劣化による老香や日光臭が発生するリスクを軽減できます。 特に「火入れ」と呼ばれる加熱殺菌処理をしていない生酒は、冷蔵保管が基本です。開栓後は早めに飲み切れば、生酒ならではのフレッシュな香りと味わいを楽しめます。 5-2.横置きより縦置き 日本酒は、酸素に触れる面積を少なくできるため、横置きより縦置きで保管したほうが劣化を防ぐことができます。冷蔵庫に縦置きできるスペースがないときは、小さな容器に移し替えるのもひとつの方法です。その際は、清潔で乾いた容器を使いましょう。 また、紫外線を避けつつ縦置きできる専用セラーがあれば、日本酒の美味しさを長期間キープできます。好みの日本酒を、その日の気分にあわせて楽しめることもうれしいポイントです。 https://sake-5.jp/5-degree-sake-cellar/ まとめ 日本酒から感じる不快な香りは、劣化による劣化臭かもしれません。色や味に変化を感じるときは、飲用以外の使い道を検討するのもひとつの方法です。また、劣化させないためのポイントを抑えておけば、日本酒をなるべく長く美味しく味わえます。紫外線や熱、酸化の影響を避けながら、今日も美味しい日本酒を楽しみましょう!

最新の投稿

読んで日本酒をもっと楽しく