日本酒の飲み方を徹底紹介!温度別の名称から飲み方のマナーまで解説します

年配の方が飲むイメージが強かった日本酒。昨今では安くておいしい銘柄が多くあるため、世代を問わず宅飲みの定番ですよね。この記事にたどり着いた人も「日本酒を楽しみたい!」と思って、飲み方を学んでいるのではないでしょうか。

今回は日本酒の飲み方のバリエーションをまとめてみました。王道から意外な飲み方まで解説するので、参考にしてみてください。

1.日本酒は色んな温度で楽しめる!

日本酒は好みの温度に調節して飲むのが基本。温度を変えることで味や風味が強く変化する特徴があります。具体的な飲み方は大きく分けると、次の3種類にわけられます。

冷酒 燗酒 冷や
温度 5~15度 35~50度 20~25度
メリット 香りが和らぎ、スッキリとした口当たりになる。お酒が苦手な人でも飲みやすい。 お酒の香りや味わいが際立ち、深いコクを感じられます。 日本酒の銘柄本来の味わいを楽しめます。

 

冷酒・燗酒・冷やのそれぞれの特徴と、さらに細かい温度による種類の違いを解説していきます。

1-1.冷やして楽しむ「冷酒」で日本酒を飲む

日本酒の飲み方でポピュラーなのが、冷やして飲む「冷酒」です。冷蔵庫で冷やすだけなので、日本酒をはじめて飲むときは冷酒というのはよくあることですね。しかし、冷酒は温度ごとにさらに種類があります。主に以下の3種類です。

涼冷え(15度くらい)

15度あたりまで冷やした日本酒は涼冷え(すずびえ)と呼ばれます。一般的な冷蔵庫で冷やした場合、取り出して数分ほど置いた状態でしょうか。日本酒の香りが際立ち、料理とよくあいます。

冷たすぎないので、舌の上で日本酒のうま味をじっくり味わえるのも特徴です。季節を問わず飲みやすい温度といえるでしょう。

花冷え(10度くらい)

花冷え(はなびえ)は10度前後まで冷やした状態を指します。家庭なら冷蔵庫で冷やして、すぐに取り出した状態が目安。涼冷えよりも香りが柔らかくなり、日本酒特有のキレが増す温度です。

飲み方としては涼冷え→花冷えの順に飲むと、日本酒の香りとうま味を最大限に楽しめます。先に花冷えを飲むと、涼冷えがぬるく感じてしまうので注意しましょう。

雪冷え(5度くらい)

5度あたりまで冷やした日本酒は雪冷え(ゆきびえ)と呼ばれます。まさにキンキンに冷えた状態といった感じですね。冷たさとあわさって、のど越しが爽快になります。口当たりも鋭くなるので、クセの強い味が好みの人におすすめです。

軽いおつまみと相性がいいので、真夏の晩酌は雪冷えを試してみてください。

1-2.温めて楽しむ「燗酒」で日本酒を飲む

温めた日本酒は「燗酒(かんざけ)」といいます。自宅で飲むには温める手間がありますが、冷酒より好きという人も多いですね。燗酒は冷酒と同じように温度ごとに呼び方が変わります。定番の温度は以下の3つです。

人肌燗(35度くらい)

人肌燗(ひとはだかん)は名前のとおり、35度前後の人肌に温めた日本酒。香りが豊かで、口当たりが柔らかくなるのが特徴。冷酒が飲みづらいと感じた人は人肌燗なら飲みやすいかもしれません。

しょうゆ系の味と相性がいいので、煮物などをオカズに食中酒としておすすめです。

ぬる燗(40度くらい)

ぬる燗は40度あたりまで温めた状態です。ぬるいとはいいつつ、口に含めば少し熱いと感じる温度が目安。ぬる燗は日本酒のコクが一番豊かになる温度といわれています。とくに純米酒系の日本酒は原料の米の甘みが強くなる飲み方です。

お酒が苦手な人でも飲みやすい温度といえるでしょう。

あつ燗(50度くらい)

50度前後の高温に温めた日本酒はあつ燗と呼ばれます。居酒屋メニューでもよくあるので、燗酒で一番馴染みのある飲み方かもしれませんね。湯気と一緒に豊かな香りが広がる特徴があります。

体をじんわり温めてくれるので、冬の晩酌にぴったり。鍋物と一緒にいただくのがおすすめです。

1-3.常温のまま楽しむ「冷や」で日本酒を飲む

常温で飲む日本酒は冷や(ひや)といいます。「冷」という字が使われているため、冷酒と混同されますが別物です。具体的な温度は20~25度あたりでしょうか。口当たりがよく、各銘柄の特徴をそのまま味わえる温度です。

はじめて飲む銘柄は冷やでクセを確かめる人も多いですね。玄人好みの飲み方といえます。

2.日本酒を飲む器にこだわる

日本酒を飲むときは「酒器(しゅき)」にこだわってみるのも大事です。酒器とは読んで字のごとく、お酒を飲む器のことですね。日本酒は酒器の形状によって、香りの広がり方や味の感じ方が違います。以下では日本酒にあう酒器を3種類厳選してみたので、参考にしてください。

2-1.徳利とおちょこで日本酒を飲む

日本酒によく使われる酒器は徳利(とっくり)とおちょこです。徳利は日本酒を貯めておくための容器。おちょこは日本酒を注いで、直接口をつける容器ですね。どちらも和の酒器なので、最も日本酒らしいといえます。

一般的に流通している徳利とおちょこは土を焼いた陶器であることがほとんど。陶器は日本酒の味を柔らかく感じやすいといわれています。クセの強い銘柄でも、徳利とおちょこであれば飲みやすくなることも。

日本酒をたしなむなら1セットは持っておきたいのが徳利とおちょこです。

2-2.コップで日本酒を飲む

日本酒は普通のコップに注いで飲むこともあります。とくにガラス製のコップは冷たさを維持しやすいので、冷酒と相性がいいです。ガラス製のコップは縁が薄いものが多く、口当たりがすっきりするめるメリットがあります。

縁の薄い酒器はお酒のシャープな味わいを引き出すともいわれますね。日本酒のクセを楽しみたいなら、ガラス製のコップを使うといいでしょう。

2-3.ワイングラスで日本酒を飲む

日本酒は意外にもワイングラスで飲むのもおすすめです。ワイングラスは酒器のなかでも口が広いのが特徴。ワインを注いだときに香りが立ちやすいように設計されています。香りの立ちやすさは日本酒とも相性がいいというわけですね。

カップルや夫婦で日本酒を飲むときにオシャレな雰囲気を演出することもできます。ワイングラスは他のお酒にも使いやすいので、好みのデザインを探してみるといいでしょう。

3.和らぎ水・チェイサーを忘れずに飲む

日本酒を飲むときは「和らぎ水(やわらぎみず)」を用意することが大切です。和らぎ水とは簡単にいうと、口直しのために飲む水のことです。とくに味が濃い銘柄では長く飲んでいると、どうしても舌が慣れてきてしまいます。そこで合間に和らぎ水を飲んで、口のなかをリセットするのです。水分を補給することで、深酔いを防ぐ意味もあります。

洋酒でいうチェイサーを飲むのもいいですね。チェイサーも役割としては和らぎ水と似たようなものです。ただし、チェイサー=水とは限らない点には注意が必要。本来、チェイサーとはメインのお酒よりアルコール度数が低い飲み物全般を指します。バーなどでチェイサーを頼む場合、ビールやコーヒーを選べることも珍しくありません。

しかし、日本酒は繊細な味が売りなので、味の濃いものはチェイサーとして不適切でしょう。日本酒の合間にチェイサーを飲むのであれば、水やソーダ水などの味の薄いさわやかな飲み物がおすすめです。

4.日本酒の飲み方マナー

日本酒は宴会や料亭での接待で飲むことも多いお酒ですよね。そこで気になるのが日本酒を飲むときのマナーです。ここでは日本酒のマナーを受け手、注ぎ手の視点から解説していきます。

4-1.受け手のマナー

日本酒を注いでもらう受け手のマナーで重要なのは以下の2つです。

  • おちょこは右手でサイドを挟むように持ち、左手を底にそえる
  • 注いでもらったあとは少しだけ口をつける

以上です。

日本酒を注いでもらうときは必ず、おちょこを手で持つようにしましょう。仮にグラスだったとしても同じです。酒器を机に置いたままお酒を注いでもらうのは「置き注ぎ」とって無礼な行為にあたります。行儀が悪く映るので、相手が目上の人ならとくに気をつけてください。

注いでもらったあとは少しだけ口をつけましょう。くれぐれも一気飲みは厳禁です。飲みの席ではあおられて一気飲みすることもありますが、基本的に品のない振る舞いに当たります。体にも大きな負担がかかるので、仲間内の飲み会でもやめたほうがいいでしょう。

日本酒を注いでもらうときは、おちょこの持ち方、飲む量に気をつけることが大事です。

4-2.注ぎ手のマナー

日本酒を相手に注ぐときは以下の2つが重要です。

  • 手の甲が上になるように徳利をかたむける
  • 必ず徳利の注ぎ口を下にする

以上です。

日本酒を注ぐときは右手で徳利の腹を持ち、左手をそえるのが基本。このとき、右手の甲が上を向くようにかたむけましょう。手首を返して、右手の平が上向くのは「逆手注ぎ(さかてそそぎ)」とって失礼になります。相手の位置によって難しい場合は自分の姿勢を変えましょう。

また、日本酒は必ず徳利の注ぎ口を下にする=注ぎ口から注ぐのが基本です。一時期、注ぎ口から注ぐのは”円(縁)が切れるように見えるのでマナー違反”とする説が広まりました。しかし、そういったマナーは存在しないので、誤解しないようにしてください。

日本酒を相手に注ぐときは徳利の向きに気をつけましょう。

5.まとめ

日本酒の飲み方について詳しく解説してきました。日本酒はさまざまな飲み方が楽しめるので、同じ銘柄でも違った味わいで飲むことができます。日本酒が苦手という人も、ちょっとした工夫で飲みやすくなるでしょう。

これから本格的に日本酒を飲んでいこうと考えている人は今回解説した内容を参考にしてみてください。これだ!といえる相性のいい飲み方が見つかるはずです。