日本酒は期限なしで飲めます!美味しく飲めるタイミングや悪くなったサインについても解説

日本酒は一升瓶に入っていることも多いので、家で飲む場合は一気に1本開けてしまうことは滅多にないでしょう。口に入れるものなのでやはり気になるのは賞味期限ですが、日本酒には表示がありません…。

今回は日本酒の賞味期限について見ていきましょう。日本酒が一番美味しいタイミングや、劣化してしまった日本酒の使い方などもご紹介していきます。

1.日本酒は期限なし!その理由は?

食品に表示されている賞味期限や消費期限。「賞味期限」はおいしく食べることができる期限のことで、「消費期限」は安全に食べることができる期間を表示しています。

つまり賞味期限は一番おいしい時期は逃してしまいますが、ある程度期限をすぎても自己判断で変色など異常がなければ食べられる、消費期限は期限を過ぎる前に食べた方がいいといえます。果たして日本酒には期限があるのでしょうか。

1-1. 日本酒は、国税庁から賞味期限の表記は必要ないと発表されている

日本酒が賞味期限を表記していない理由は、お酒には賞味期限を表示しなくてもいいことになっているからです。アルコール度数が高いものは腐りにくく急激に変化することがないので、賞味期限が書かれていないのです。

ー(問 25)酒類において、表示の省略ができる事項はありますか。

 

酒類については、「保存の方法」、「消費期限又は賞味期限」、「栄養成分(たんぱく質、脂質、炭水化物及びナトリウム)の量及び熱量」※の表示を省略することができます。ただし、これらの事項を表示する場合には、食品表示基準に沿った表示を行う必要があります。(食品表示基準第3条第3項)

(出典元:食品表示法における酒類の表示のQ&A – 国税庁

実は日本酒以外にも賞味期限を表記しなくてもいい食品があります。ガムやアイス、砂糖、食塩などは表示しなくてもいいことになっています。また、3カ月以上もつ食品は年月だけの表示でOK。

ちなみに賞味期限や消費期限は、未開封であり保存方法をしっかりと守ったときの期限です。開封してしまったり、冷蔵保存なのに常温に出しておいたりと条件が違う場合は、期限内でも食べられない、飲めないといったことが起こります。

1-2. 日本酒の賞味期限は、未開封なら無期限。開封後は3日~5日で酒質が変化します

日本酒は製造年月を記載することが義務付けられていますが、ほとんどの日本酒には賞味期限の表示がありません。なぜなら日本酒は賞味期限を表示しなくてもいいことになっているのです。

とはいえ、賞味期限を表示していなからといって永遠に味わいや風味が安定するわけではありません。

日本酒は保管環境によって大きく変化するため、どれくらいが期限か、という明言はできません。ですが未開封の日本酒なら、日本酒セラーなどを使ってしっかりとした環境で保管すれば、数年たっても美味しく楽しむことができます
(生と表示があるものは、火入れなしまたは1回しか行っていないため、味の変質が起こりやすい。)

開封後の日本酒でも、開封後3~5日で味わいの変化は感じられますが、適切な環境で保存すれば数ヶ月と酒質の変化を香りと舌で楽しむことが可能です!最初は味の硬い日本酒が柔らかくなったり、日本酒は時間を置くことで楽しめる奥深いお酒ですので、その変化もぜひ楽しんでみてください。

日本酒の保存期間のキーは”開封前後”と”生酒”。期間の説明から注意点まで解説!!

日本酒の正しい保存方法を学ぶ!マイナス5度が最適って知ってた?

ここがPOINT!

  • 日本酒に消費・賞味期限の表示がないのは、国税庁から必要ないと発表されているから
  • 未開封の日本酒の期限:無期限(日本酒セラーなどで正しく保管した場合)
  • 開封後の日本酒の期限:3日~5日で酒質は変化。正しく保管すれば数ヶ月、変化を感じつつ楽しめる

2. 期限が無いなら、日本酒が一番美味しいタイミングっていつ?

賞味期限が無いといっても、日本酒が美味しいときに飲みたいもの。日本酒の一番美味しいタイミングはどのように見分ければいいのでしょうか。

日本酒の一番美味しいタイミングは、お酒と人の数だけ存在します!

答えになっていなくてすみません。日本酒は、もちろん開封後すぐが美味しいのは間違いないです。ですが、少し開栓後に時間をおいて角の取れた味わいに変わり、より飲みやすくなり美味しく感じる日本酒もありますし、それは飲んだ人の感覚にもよってきます。

なので、「このタイミングじゃないとダメ」などは決めつけずに日本酒を楽しんでみてくださいね。

2-1. 黄色くなっていたり、白い濁りがでていたら?

日本酒は開封後に保管しておくと、変化が起こることがあります。

Case1. 黄色っぽくまたは茶色っぽく色が変化している

黄色っぽくまたは茶色っぽく色が変化している場合、飲んでいいものなのか躊躇してしまいますが、温度や紫外線で日本酒に含まれているアミノ酸などが変化しているだけなので、飲めないわけではありません。

Case2. 白い濁りが発生している

白く濁っているときは火落ち菌というものが繁殖しているサインで、味も香りも変化しておりまずくなっています。飲んでも体に害はないといわれていますが、飲めるものではないくらいまずいので諦めましょう。

ここがPOINT!

  • 開封後すぐが美味しいのは間違いない
  • お酒の特徴によっても変わるので、このタイミングがベスト!はお酒と人の数だけあります!(ちゃんとした答えになっていなくてすみません…。)
  • 黄色や茶色に変化=熟成過程です 、 白い濁り=火落ち菌が発生していて飲めません。

3. 日本酒を長く保管するなら知っておきたい「老ねと熟成」の違い

「老ね(ひね)」とは、日本酒の製造年月から時間が経ち、苦みや渋みなどを感じるような状態になったことをいいます。焦げっぽいと感じる人もいるそう。比較的高い温度の場所で保管したときに現れやすいといわれています。

老ねと熟成は、どちらも時間が経ったことを指しますが、何が違うのでしょうか。老ねは悪くなってしまったというネガティブなイメージ、熟成は意図して長く保管されていたというポジティブなイメージがあります。しかし人によっては少し老ねているくらいの方が、美味しく感じる日本酒もあるといいますから一概にはいえません。

一般的には老ねは苦みや渋みしか感じませんが、熟成はフルーティーな深い味わいやとろみを感じられると考えるのがいいでしょう。

 

4. 保管していて飲まなくなった日本酒の飲む以外の使い方

保存していたけど、もう飲まないという日本酒。ただ捨ててしまうのはもったいない気もしますよね。他の使い道を2つご紹介します。

4-1. 料理酒として使う

日本酒はさまざまな料理に使うことができる万能な調味料です。肉や魚料理、スープなどに使うこともできます。加熱すればアルコールは飛び、コクや旨味に変化してくれます。甘味や酸味などバランスの取れた日本酒は煮物などの和食にもぴったりです。

飯を炊くときに少しだけ日本酒を入れるのもおすすめ。ふっくらとつややかなお米に仕上がります。目安は1合に対して小さじ1で充分です。お米の中の成分が溶け出すのを防いでくれる効果がアルコールにあるため、粒が崩れないのです。実は冷やご飯や冷凍したご飯をレンジで温めるときに少しだけ日本酒をかけても効果あり!ただし、ご飯の味を左右するので、あまりにも古い日本酒は使用しないようにしましょう。

4-2. 風呂に入れて入浴剤代わり

口にするのは少し不安・・・という日本酒は入浴剤代わりにお風呂に入れてしまいましょう。日本酒にはアミノ酸など肌にいい成分が入っています。また血行促進や疲労回復などの効果も期待できるのだとか。お風呂に入れるのであればシンプルな純米酒がおすすめ。入れる量はマグカップ1杯ほどで充分です。お好みで調整しましょう。お湯の温度が高すぎるとアルコールが飛んでしまうこともあるので、ぬるめの38度くらいがベスト。

調理酒 日本酒 イメージ 入浴剤 日本酒

5.まとめ

日本酒には製造年月しか書かれていないことがほとんどですが、美味しく飲めるタイミングがあります。せっかく心を込めて作られた日本酒ですからベストなときに飲みましょう。うっかりタイミングを逃してしまったときは、料理に使ったり、お風呂に入れたりと別の楽しみ方もあるので、試してみてください。

ここがPOINT!

  • 日本酒に消費・賞味期限の表示がないのは、国税庁から必要ないと発表されているから
  • 未開封の日本酒の期限:無期限(日本酒セラーなどで正しく保管した場合)
  • 開封後の日本酒の期限:3日~5日で酒質は変化。正しく保管すれば数ヶ月、変化を感じつつ楽しめる
  • 開封後すぐが美味しいのは間違いない
  • お酒の特徴によっても変わるので、このタイミングがベスト!はお酒と人の数だけあります!(ちゃんとした答えになっていなくてすみません…。)
  • 黄色や茶色に変化=熟成過程です 、 白い濁り=火落ち菌が発生していて飲めません
  • 「老ねと熟成」の違い:老ねは苦みや渋みしか感じませんが、熟成はフルーティーな深い味わいやとろみを感じられる
  • 飲まなくなった日本酒:「料理酒」「入浴剤」に使いましょう

<この記事を読んでいる人はこちらも見ています>

日本酒の賞味期限を解説!表示がない理由から飲み頃の目安〜正しい保管方法について