日本酒の生酒とは?違いから保存方法までわかりやすく解説

日本酒のなかには「生酒」と名前がつくものがあります。普通の日本酒と何が違うのか気になる人も多いでしょう。同じ日本酒でも「火入れ」という製造過程によって、生酒とそうでないものに分かれます。

今回は日本酒における生酒、火入れについて解説していきます。

1.生酒と火入れの違いは?見分け方はある?

日本酒における生酒とは、製造過程で「火入れ」という工程を行っていない種類のことです。日本酒は火入れの回数、タイミングで種類が分けられています。詳しくは下記を参考にしてください。

1-1.生酒と火入れによる日本酒の違い

火入れ回数によって名称が違う?

日本酒の火入れ回数による名称の違いは以下のとおりです。

火入れを行わない 生酒
貯蔵後に火入れ1回 生貯蔵酒
貯蔵前に火入れ1回 生詰め酒
貯蔵前後に火入れ1回ずつ 二回火入れ

以上です。表にあるとおり、生酒は火入れをまったく行っていない日本酒。一般的な日本酒はボトルに貯蔵する前後に1回ずつ、計2回の火入れを行っています

生酒と二回火入れの中間として、生貯蔵酒・生詰め酒も存在。日本酒は火入れの回数、タイミングで風味が異なります。興味がある人は、火入れによる日本酒の違いを実際に飲み比べて確認してみてください。

1-2.火入れをする理由

日本酒の製造過程で火入れをする理由は、雑菌を除去するためです。火入れはいわゆる加熱処理と同じ意味。一般的な日本酒は火入れを行うことによって、品質を長く保てるようになっています。その代わりに原料の香りが落ちやすいのがデメリットです。

いっぽう、生酒は火入れを行っていない日本酒。米の旨味がそのまま残っているため、新鮮な風味を楽しむことができます。しかし、加熱処理をしていないため、劣化しやすいのが特徴です。

1-3.日本酒の生酒と火入れを見分ける方法

日本酒の火入れ回数を見分けるには、ラベルを確認するのが最も早いです。基本的に日本酒のラベルには火入れごとの名称が記載されています。たとえば、火入れをしていない日本酒ならラベルに「生酒」と記載。一目で火入れ回数がわかるようになっています。

前述した火入れ回数による名称の違いを参考に、気になっている日本酒のラベルをチェックしてみてください。

2.生酒の日本酒には賞味期限がある?

生酒は製造日から約半年~9ヶ月ごろまでに飲むのがベストです。一般的に日本酒には賞味期限がないといわれています。しかし、生酒は加熱処理をしていない新鮮なお酒。生酒特有のフレッシュな風味を楽しむには、早めに飲む必要があります。

また、約半年~9ヶ月の目安は未開封の場合です。開封済みのものは2週間から1ヶ月以内に飲み切るといいでしょう。保存環境でも劣化速度は左右されるため、いずれにせよ早く飲むことを心がけてください。

3.生酒の保存方法について

生酒は一般的な日本酒に比べて、保存方法が異なります。いつも飲んでいる銘柄と同じ感覚で保存すると、すぐに劣化してしまうことも。生酒を正しく保存するには下記を参考にしてください。

3-1.常温はNG?生酒は冷蔵保存

生酒は冷蔵保存するのが基本です。一般的な日本酒では常温でも保存できることがあります。しかし、生酒において常温保存はNG。生酒に含まれる酵母、微生物は温度の上昇とともに活性化します。酵母や微生物が活性化すると、劣化するスピードが早まるので注意が必要です。

生酒はできれば、専用の日本酒セラーで冷蔵保存するのが理想。日本酒セラーがなければ、通常の冷蔵庫で保存してください。

4.まとめ

日本酒における生酒について解説しました。日本酒は製造過程の火入れの回数によって名称が変化します。ラベルを見れば、簡単に火入れの回数を確認できるので、興味があればチェックしてみてください。

また、生酒を購入した場合は冷蔵保存し、なるべく早く飲みましょう。生酒は米本来の風味を楽しめる日本酒。フレッシュな反面、寿命が短いことを覚えておいてください。