日本酒のアルコール度数は15度が多い!10~22度と差のある理由

日本酒はアルコール度数が高いイメージがありますよね。そのためお酒に強い人しか飲めないのでは?と思っている人も多いかもしれません。

今回は、日本酒のアルコール度数はどのくらいなのか調べてみました。

1.日本酒のアルコール度数について

1-1.他のお酒と比べてアルコール度数は高い?低い?

日本酒はアルコール度数が15度前後のものが多いお酒です。一番アルコール度数が高い原酒と呼ばれる日本酒も20度程度となっています。

他のお酒とくらべると、ビールは5度程度、最近話題のストロング系のチューハイは9度程度、シャンパンやワインは10~15度なので、日本酒がずば抜けて高いわけではありませんが、醸造酒の中では高い方であるといえます。日本酒よりアルコール度数が高いお酒はほとんど蒸留酒です。

1-2.日本酒よりもアルコール度数が高いお酒

日本酒よりもアルコール度数が高いお酒は、蒸留酒といわれている焼酎やウイスキー、ウォッカ・テキーラなどがあります。焼酎は20~25度、ウイスキー・ウォッカ・テキーラは40度前後とかなり高めです。ウォッカは90度以上になるものも存在します。

2.日本酒のアルコール度数は22%未満?

2-1.日本酒は清酒のため規定がある

ラベルに日本酒の表記があるものは、すべてアルコール度数が22度未満です。その理由は、日本酒は酒税法により決められているからです。

2-2.アルコール度数22%を超える日本酒も?

アルコール度数が20度以上を超えると酵母が死んでしまいます。酵母がいなくなってしまっては、新しくアルコールを作り出すことができません。そのため、22度を超えるのはなかなか難しいといえるでしょう。

日本酒と同じ製法で作られたとしても、22度以上のお酒はリキュール類に分類されます。

3.アルコール度数の低い日本酒も人気

最近は5~10度ほどの日本酒も作られています。もともとアルコールに弱い人や女性にも人気です。

また日本酒は冷やしてまたは温めてといった、温度を変えて飲むというスタイルが定番ですが、最近では日本酒を何かで割って飲む文化も少しずつ定着してきています。日本酒をロックや水割り、ソーダ割りにしたり、カクテルのようにさまざまなリキュールやジュースと混ぜて楽しんだりする人も増えており、こちらも混ぜることによってアルコール度数が下がるので、飲みやすいと人気です。

日本酒の飲み方を広げよう!日本酒で楽しむカクテルのレシピ12選

日本酒を割るのが少しずつ人気に?オススメの割りものと作り方を紹介します!

4.まとめ

醸造酒の中ではアルコール度数が高い日本酒ですが、ウイスキーやウォッカなどの蒸留酒とくらべると低めですね。日本酒もさまざまな味があり、アルコール度数だけで飲みやすい、飲みにくいが決まるわけではないので、アルコール度数が高そうという理由だけで日本酒を避けていた人は自分好みのものを探してみてはいかがでしょうか?