日本酒ウォッチ

最新の記事

青森1の知名度を誇る田酒の魅力にせまる!

お酒好きの間で注目を集めている"田酒"。人によっては聞き慣れない名前のお酒ですが、根強いファンが多くいます。 一体どのような魅力があるのでしょうか。今回は田酒の詳細について解説していきます。 1.日本酒の田酒(でんしゅ)とは 田酒とは青森県で酒造される独自の日本酒です。一般的な日本酒作りに欠かせない醸造用アルコール、醸造用糖類を一切使用していないのが特徴。地元青森の酒造米のうま味が濃く、海外からの評価も高い地酒です。 田酒にはさまざまな銘柄があるのも魅力。香りが豊かなもの、後味がすっきりしたものなど、それぞれの個性を楽しめます。 1-1.酒造元について 田酒の酒造元は青森県青森市にある「西田酒造店」です。明治11年に創業した100年以上の歴史がある蔵元。しかし、田酒という銘柄を生み出したのは昭和に入ってからのことだそうです。 昭和45年、当時の西田酒造店には「原点に帰り、風格ある本物の酒を造りたい」との思いがあったといいます。そこで完全手作業による純米酒の醸造を始めたそうです。そして昭和49年に発売されたのが田酒。その味が今でも受け継がれています。 西田酒造店 所在地:青森県青森市大字油川字大浜46番地 問い合わせ先:017-788-0007 1-2.田酒という名の由来 田酒という名は日本酒の原料である米に由来しています。「田」という字が表しているのは米が育つ田んぼ。上質な酒造米が作られる田んぼに敬意を表示して「田酒」と名付けたそうです。 また、醸造用アルコール、醸造用糖類という田んぼ以外で作られた原料を使っていないというこだわりもあります。 2.田酒の種類と値段について 2-1.純米大吟醸 田酒 精米歩合 酒米 40% 山田錦 評判 「純米大吟醸 田酒」は田酒のなかで最もオーソドックス。日本酒特有のキレを残しつつも、上品に広がるまろやかさが特徴です。お酒好きが初めて田酒を飲むなら、一番に推したい銘柄。和食、洋食どんな料理にも合う職人こだわりの逸品です。 参考小売価格:4,000円 2-2.山廃 精米歩合 酒米 40% 山田錦 評判 「山廃」は香りと味のクセが弱く、バランスのよさが特徴です。ふわっと米の香りが鼻をくすぐり、品質の高さをうかがわせます。冷酒、熱燗など、いろいろな飲み方を楽しみたい人向けのお酒です。そのいっぽうで、クセの強いお酒が好みの人には少し物足りないかもしれません。 参考小売価格:10,000円 2-3.斗壜取り 精米歩合 酒米 40% 山田錦 評判 「斗壜取り」は酒米を発酵させた"もろみ"を絞り、少しずつ抽出した銘柄です。一度に作れる量が限られているため、田酒のなかで最も貴重。その味わいは華やかな香りと、クリアなのど越しが特徴です。少々、値は張りますが、田酒ファンなら1度は飲んでみたい銘柄となります。 参考小売価格:11,000円 2-4.四割五分 精米歩合 酒米 45% 山田錦 評判 「四割五分」は酒米として使っている山田錦の旨味が濃い銘柄。一口飲むだけでずっしりと厚みのあるコクが感じられます。香りも豊かなため、人によっては赤ワインのように感じるかもしれません。普段は洋酒を飲んでいるという人におすすめです。 参考小売価格:6,000円 2-5.百四捨 精米歩合 酒米 40% 華想い 評判 「百四捨」は青森で生まれた酒造米「華想い」を使って作られた田酒。角が取れたふくらみのある味、フレッシュで豊かな香りが特徴のお酒です。他の田酒に比べて、抜群にに飲みやすいといわれます。老若男女問わず、大勢で飲むときにぴったりですね! ギフトとしても最適な銘柄です。 参考小売価格:5,500円 3.田酒の購入方法 3-1.田酒が購入できる実店舗 田酒は一般の酒屋さんでも購入することができます。以下は田酒の本場、青森での取扱店舗の一例です。 酒の柳田 辻村酒店 それぞれの酒屋は通販も行っているので、遠方からでも気軽に購入することができます。本場にこだわりたい人は上記の酒屋で購入してみてください。 3-2.田酒が購入できる通販サイト 田酒は大手通販サイトでも購入することができます。定番はAmazon、楽天ですね。これらのサイトは別の商品と一緒に購入できるメリットがあります。しかし、出品者によっては銘柄によっては定価より高値がついていることも。 大手通販サイトで田酒を購入するときは事前に定価をチェックしたほうがいいでしょう。 4.田酒の美味しい飲み方・楽しみ方 田酒は冷蔵庫で5~10℃前後に冷やして飲むのがおすすめです。田酒に含まれる酸味がまろやかになり、のど越しがなめらかになります。いわゆる日本酒の"キレ"が苦手な人でも、ジュースのような感覚で飲めるでしょう。 飲みやすさから食中酒として食卓に出すのもアリです。田酒のあっさりした風味が食材とよく馴染み、箸を進めてくれます。 4-1.-5度で保管? 日本酒は-5度の環境だと、劣化を最小限に抑えつつ長期保管が可能といわれています。田酒も日本酒の1つ。もし、特別な日に飲みたいなどの理由で長期保管するときは、-5度の環境に置きましょう。 理想的なのは専用の日本酒セラー。日本酒を保存するための最適な環境が整うので、おすすめです。もし、日本酒セラーがなければ温度調節のできる冷凍庫でも代用できます。田酒を長期保管するときの参考にしてみてください。 https://sake-5.jp/sake-how-to-save/ 5.まとめ 青森の地酒として名高い田酒について解説してきました。田酒は完全手作業、原料にこだわったお酒です。普通の日本酒とは違った上品な香りと味わいが特徴。田酒の種類によっても、違った個性が味わえます。 種類によっては高値になりますが、おおむね日本酒としてはお手頃な価格。気になった人はぜひ飲んでみてください。

日本酒の魅力を引き出すワイングラス!形状の違いと人気ブランドを解説!

近年、新しい日本酒ファンや女性を中心に人気を集めているのが、日本酒をワイングラスで楽しむスタイルです。 日本酒といえばおちょこやとっくりが思い浮かびそうですが、香り高い大吟醸や純米酒はワイングラスとの相性がぴったり。日本酒の特徴に合わせてワイングラスを選べば、よりいっそうその魅力を堪能することができるのです。 こちらでは、日本酒をワイングラスで楽しむメリットと、おすすめのワイングラスを合わせてご紹介していきます。 1.ワイングラスで日本酒を飲む人が増えている! 意外にも、最初に日本酒をワイングラスで楽しむきかっけとなったのは、1980年以降の吟醸酒ブームです。 吟醸酒とは、洋ナシや桃、バナナのようなフルーティーな香りを持つ日本酒。それまでの日本酒にはなかったフレーバーは、ワイングラスに注ぐことでより一層華やかに引き立つものでした。 フレンチやイタリアンといった洋食との相性が良い事も、ワイングラスで日本酒を楽しむ人が増えた理由のひとつ。日本酒特有のクセがないことから飲みやすく、ワイングラスに適した吟醸酒は女性からも人気を集めています。 1-1.日本酒の海外人気が影響? 世界的な和食ブームとともに、日本酒もまた海外での売り上げを伸ばしています。 アメリカを中心に、香港や中国と言ったアジア圏やヨーロッパへの輸出量も増加。中でも、ワインが主流のフランスやイタリアでは、生酒や吟醸酒といったフレッシュな日本酒が人気です。 国内での吟醸酒ブームのきかっけをつくった旭酒造の「獺祭」は、パリに三ツ星シェフ「ジュエル・ロブション」とのコラボショップを展開。 ワイングラスに注いだ日本酒をフレンチと合わせるスタイルが、海外で定着するきかっけにもなりました。 https://sake-5.jp/overseas-circumstances-of-sake/ 1-2. ワイングラスで日本酒を楽しむメリット 丸みがあり背の高いワイングラスは、ワインの持つ香りを空気に触れさせ、その変化を楽しむための形をしています。フルーティーな吟醸酒もまた、ワイングラスに注ぐことで繊細で複雑な香りを感じることができるのです。 そもそも、古くから知られるおちょこやぐい飲みは、吟醸香を持つ日本酒が生まれる前に使われていた酒器。次のような4種類の香りを感じ取るためにも、現代の香り高い吟醸酒にはワイングラスが適していると言われています。 上立香(うわだちか) グラスに注がれた日本酒から立ち上る香り 含み香(ふくみか) 日本酒を口に含んだ後、口から鼻へと抜ける香り 吟香(ぎんか) 日本酒が喉を通っていく時に感じる香り 返り香(かえりか) 日本酒を飲み込んだ後に鼻から抜ける余韻ともいえる香り また、ワイングラスはガラス部分が薄く、日本酒の繊細な口当たりを味わうのに最適。グラスを光に透かせば、種類によって異なる色合いを楽しむこともできるでしょう。 1-3. どの形のワイングラスを選んだらいいの? 「よし、ワイングラスを買おう!」と思っても、その種類の多さにどれを選べば良いか迷ってしまいますよね。ワイングラスは飲むワインに合わせて形を変えるもの。日本酒を楽しむ場合も、お酒とグラスの相性を楽しんでみましょう。 迷ったらまずは万能型で楽しみましょう! 万能型のグラスは、テイスティング用のワイングラスをそのまま大きくしたような形をしています。凡用性が高く、幅広い種類の日本酒を楽しみたい方に最適です。 ワインの種類に合わせてグラスを変えるように、日本酒の個性に合わせてグラスは選びたいもの。とはいえ、一度にたくさんのグラスを揃えるのは大変ですよね。 そのため、初めてのワイングラスやプレゼントに迷った際には、まずは万能型を購入するのがおすすめです。万能型のグラスをきっかけに、徐々に他のタイプを揃えていくのも楽しいですよ。 吟醸酒や純米酒に合うモンラッシェ型 モンラッシェ型のワイングラスはボウルが大きく、繊細な白ワインの香りをより引き立たせるのが特徴です。そのため、華やかなフレーバーを持つ吟醸酒に最も適しているのがこのモンラッシュ型となります。 適度な酸味とともに心地よいキレの良さも楽しむことができ、フルーティーな日本酒を好む方へおすすめしたいタイプです。 淡麗辛口の日本酒やスパークリング酒にはフルート型 シャンパーニュグラスとも呼ばれる、細長い形状のグラスです。口径が狭くすっきりしたフルート型は、甘みや旨味を抑えたドライな味わいの日本酒に適しています。 繊細な泡立ちが長く続くため、オシャレなスパークリング酒を飲む際にもおすすめですよ。 赤ワインに適した形状のボルドー型 ボルドー型はチューリップ型とも呼ばれ、口元が内側へゆるやかにカーブし香りを逃しにくいのが特徴で、コクのあるしっかりとした赤ワインの味わいにぴったりの形状。 形状的に赤ワイン向きなので、日本酒をグラスで楽しむ場合は、先に紹介した「万能型」「モンラッシュ型」の方がオススメですよ! 1-3. 脚(ステム)無しのワイングラスも人気! ステムとは、ワイングラスの持ち手となる脚の部分です。最近では、ステムのないカジュアルタイプのワイングラスも多く販売されています。 ステムなしのワイングラスは、収納場所を取らないというのが最大のメリット。安定感があるため、多くのグラスが並ぶホームパーティーにも最適です。 有名なグラスメーカーからもステムのないタイプが販売されており、「リーデル・オー」はその代表格。ワインの香りを引き立てるフォルムの美しさはそのままに、カジュアルに使うことができるワイングラスとして人気を得ています。 2.ワイングラスにオススメのブランド5選 ここからは、ワイングラスにおすすめのブランドをご紹介していきます。価格帯やニーズに合わせ、ぜひお気に入りのグラスを見つけてみてくださいね。 2-1.RIEDL(リーデル) 創業1756年のRIEDL(リーデル)は、高い品質と伝統の技を誇るワイングラスの老舗ブランドです。 リーデルの代表作となるのが、職人の手作業で生まれる高級グラス「ソムリエ」シリーズ。「ソムリエ」は、今では当たり前となっているブドウ品種に合わせたグラスの先駆けとして知られています。 また、普段使いにおすすめな「ヴィノム」シリーズは、ソムリエシリーズの機能性を受け継きながら手ごろな価格帯が魅力。初めてのワイングラスにぜひおすすめしたいラインです。 リーデルでは大吟醸や純米酒用のグラスも販売されおり、リムのないタイプは普段使いにも最適。木箱入りのペアグラスは、日本酒好きな方へのプレゼントにもおすすめですよ。 2-2. LOBMEYR(ロブマイヤー) LOBMEYR(ロブマイヤー)は、オーストリアウィーンの高級ガラスメーカーです。貴族御用達の称号を受けたシャンデリアは、「光の彫刻」と呼ばれる美しさ。ウィーンの王宮やオペラハウス、教会やホテルの建築を長年にわたり彩ってきました。 ロブマイヤーのワイングラスは、カリクリスタルという素材を採用し軽く強度が高いのが特徴。エレガントな曲線美を持つワイングラスは、その名も「バレリーナ」と呼ばれています。 1脚あたり2万円前後のグラスは、特別な方への贈り物やプレミア日本酒を飲む際にぴったりの高級感に溢れています。 2-3. STOLZLE LAUSITZ(シュトルツル ラウンジッツ) ドイツで約500年の歴史を持つガラス産業の中心地、ドレスデン近郊にあるガラスメーカーです。伝統的な製法と最先端技術を融合させたグラスは、シンプルでありながら機能性とコストパフォーマンスに優れています。 1脚あたり1000円台から購入できる美しいグラスは、レストランだけでなく一般家庭にも人気。リムのないタンブラーの種類も豊富なので、食卓で気軽に使える高品質のグラスをお探しの方におすすめです。 2-4. SCHOTT ZWIESEL(ショット ツヴィーゼル) ドイツのショット・ツヴィーゼルが手掛けるのは、耐久性と美しさを兼ね備えたワイングラスです。プロが使用するグラスとして、世界120ヵ国以上の有名レストランや高級ホテルで採用されています。 耐久性のひみつは、チタンとジルコニウムを配合した素材「トタンクリスタル」。表面硬度が高く、衝撃に強いので傷がつきにくいのが特徴です。 スタンダードな赤白兼用のグラスは2脚で3000円台と手ごろな価格帯。バリエーションも豊富なので、色々なタイプのワイングラスを揃えたい方にもおすすめです。 2-5. IITTALA(イッタラ) イッタラは、エレガントでありながらも親しみやすいデザインで人気のガラスメーカーです。近年はガラス製品以外にも、北欧デザインのテーブルウェアが女性から高い人気を得ています。 イッタラの手掛けるワイングラス「エッセンス」は、ボウルの下部が広がったモダンなデザインが印象的。日常をちょっとオシャレに彩ってくれる、デイリーユースにぴったりのグラスです。 リムなしのタンブラーやお酒を入れておくカラフェも販売されているので、好みに合わせて揃えるのも楽しいですよ。 4.まとめ フルーティーな香りをワイングラスで楽しむのは、今や日本酒界のスタンダード。一度ワイングラスに注いで口にふくめば、グラスでこれほど味と香りが変わるのかと驚いてしまうほどです。 和食だけにこだわらず、ぜひお好みの料理と一緒にワイングラスで飲む日本酒を楽しんでみてくださいね。

日本酒とチョコレートは相性抜群!?オススメの楽しみ方をご紹介!

日本酒は食事中に飲むことが多いですが、食後にゆっくり楽しむという人も多いのではないでしょうか。食後とはいえ、おつまみがほしいなと感じることもありますよね。そんなときにぴったりなのがチョコレート! 意外な組み合わせかもしれませんが日本酒とチョコレートの相性は抜群にいいのです。今回は日本酒のお供にぴったりのチョコレートの魅力に迫ります! 1.日本酒と一緒に楽しむチョコの魅力 バーでお酒を飲む人は、ブランデーやウイスキー、ワインなど洋酒を飲むときに出てくるイメージのチョコですが、日本酒も相性がいいのをご存知ですか?意外性がありますが、実は理にかなった理由があるのです。 1-1.日本酒とチョコの相性がいい理由 日本酒とチョコレートの相性がいいのは、日本酒の芳醇な香りやほんのりとした甘みが、甘いチョコレートの味や香りと絶妙にマッチするからと言われています。 ワインも原料であるぶどうの甘味とチョコレートの相性がいいですし、ウイスキーやブランデーもとろっとした甘味とバランスがいいのです。 残念ながらすべての日本酒にすべてのチョコレートが合うというわけではありませんが、バレンタインデーには日本酒入りのチョコレートがとても人気なくらいですから、男女ともに楽しめる組み合わせといっても過言ではありません。 日本酒とチョコレート・牛乳を混ぜたカクテルや、チョコレートリキュールと日本酒を合わせて楽しむ人も。日本酒を色んなもので割って楽しむ方法については、以下のページで紹介しています! https://sake-5.jp/how-to-split-sake/ 2.チョコと日本酒のオススメの組み合わせ せっかく日本酒とチョコレートを楽しむなら、どちらも最高に美味しいと思える組み合わせがいいですよね。 まず前提として、チョコレートは淡麗でスッキリとした飲みやすい日本酒よりも、甘口で芳醇な味わいの日本酒の方が相性が良いことが多いです。チョコレートの味に日本酒がぶつかって負けてしまうからです。それでは甘いチョコと苦いチョコにわけて、日本酒と合わせるチョコレートを選ぶコツと銘柄をご紹介します。 2-1.甘いチョコにピッタリの日本酒は? 甘いチョコにぴったりの日本酒は同じく甘口の日本酒。そして甘いだけではなくフルーティな香りが楽しめる日本酒を選ぶのがポイントです。りんごの香りがする獺祭は、甘いチョコにぴったり。洋酒のカルヴァドスはお菓子にも使われるブランデーですから、りんごとチョコの相性は抜群なのです。獺祭のチョコレートあるくらいですから期待できますね。 マンゴーのように甘い香りと柑橘系の酸味が広がる新政。こちらも甘いチョコとバランスがいいです。 すっきりした甘さが好きな人や、暑い夏に楽しみたいという人は、バナナやメロンのような香りが特徴の、ちょっぴり微炭酸の風の森もおすすめです。 2-2.苦いチョコにピッタリの日本酒は? 苦いチョコにもやはり旨味や甘味のある日本酒の方がおすすめです。ただ甘いチョコと違いは、日本酒の香りにはそこまでこだわらなくても、カカオが濃厚なのでチョコレートの香りが楽しめるのが苦いチョコのいいところ。 辛口で知られる八海山ですが甘口もあります。八海山の貴醸酒はさわやかながら甘味を感じられるので、苦いチョコにぴったり。チョコレートの甘さはそんなに得意でもないし、甘口の日本酒も苦手という人は、高カカオの苦いチョコと辛口の一ノ蔵がおすすめ。一ノ蔵は辛口ですが、純米酒なので米の旨味とチョコレートのバランスがよく、大人の味が楽しめます。 3.日本酒とチョコを美味しく楽しむポイントは? 合わせたい日本酒とチョコが決まったら、より美味しく楽しむためにポイントを覚えておきましょう。 3-1.日本酒の温度 日本酒とチョコレートを楽しむには「温度」が重要。おすすめはぬる燗。熱すぎないぬる燗はチョコがほんのりととろけるので、甘さをしっかり堪能することができるのです。日本酒を飲んで、口の中が冷えないうちにチョコレートを味わうといいでしょう。 夏は冷たい日本酒が飲みたい、微炭酸の日本酒とチョコレートを楽しみたいというときは、日本酒だけではなく、チョコレートも冷やしておくといいですよ。 https://sake-5.jp/how-to-drink-sake/ 4.まとめ 日本酒とチョコレートがこんなに相性抜群と知るとさっそく試したくなりますね。お酒も飲むけど甘党という人も増えてきているので、美味しい日本酒とチョコレートは、おもてなしにもぴったりです。最近は日本酒入りの生チョコを作る人もいるそうですよ。大人の食後のデザートに日本酒とチョコレートを組み合わせてみてはいかがでしょうか? チョコレート感のある日本酒はこちら https://sake-5.jp/sake-chocolate/  

個性的な味わいが人気の山形の銘酒「住吉」無炭素ろ過の辛口純米酒!

「住吉」は、くどき上手や十四代といった銘酒が揃う山形県でも、個性的な味わいが人気の辛口日本酒です。 華やかな吟醸香を持つ地酒が多い中、昔ながらの伝統製法を貫く「住吉」は杉の香りが香る琥珀色の純米酒。木の樽で仕込む「樽酒」を好む方にとって、たまらない魅力に溢れています。 こちらでは、日本酒好きなら知っておきたい「住吉」の特徴と代表銘柄、購入方法などについてご紹介していきます。 1.日本酒の住吉とは 「住吉」は、伝統的な製法で造られる「無炭素ろ過」の辛口純米酒です。 日本酒を造るためには、醪(もろみ)を絞った液体を「ろ過」をすることで色を透明にし、香味の調整を行う必要があります。この際に余分な酸味を取り除き、味を中和させるために使用するのが活性炭素です。 しかし、「住吉」は日本酒本来の旨味を引き出すために、活性酸素を全く使用しない「無炭素ろ過」にこだわるお酒。さらに、木製樽から生まれる個性的な香りがファンから根強く支持されています。 「これぞ日本酒の中の日本酒」と言われるほど強いこだわりと個性が感じられる「住吉」は、一風変わった日本酒を飲みたいという方にもぜひオススメしたい銘柄です。 1-1.酒造元について 「住吉」を造るのは、山形県の老舗酒蔵「樽平酒造」です。創業は元禄年間(1695年頃)と、その歴史は約300年。昔ながらの伝統的な製法にこだわる樽平酒造の日本酒は、すべて純米酒に仕上げられています。 原料の酒米は減農薬で栽培し、製造過程では木製の道具を使用。代表酒である「樽酒」は、吉野杉の最上級である「甲付樽(こうつきだる)」に入れて仕込まれます。 ほんのりと黄色く色づき、杉の香りと酸味を感じる味わいは、伝統的な製法で造られた日本酒の証。酒どころ山形県の中でも、どこまでも本物の酒を追い求め自分たちの味を貫き通す酒蔵です。 1-2.住吉という名の由来 「住吉」の名前は、古くから「すみよっさん」の愛称で親しまれている大阪の住吉大社に由来しています。カラフルな色使いのラベルに描かれるているのは、大社の欄干(らんかん)。由緒正しい伝統製法にふさわしい縁起の良さも「住吉」の人気のひとつとなっています。 2.住吉の種類と値段について 「住吉」は、厳選した原料と伝統製法にこだわりながらも、リーズナブルな価格帯であることが人気のお酒です。 蔵元「樽平酒造」の公式サイトを参考に、代表銘柄の容量と価格(税込)についてご紹介するのでぜひ参考になさってくださいね。 特別純米酒 金住吉 1800ml 4,000円 900ml 2,20円 720ml 1,670円 特別純米酒 銀住吉 720ml 1,601円 特別純米酒 辛口銀住吉 1800ml 2,490円 900ml 1,271円 700ml 1,051円 180ml 345円   2-1.住吉 特別純米酒 金住吉+5 「金住吉」は、吉野杉の樽で長期間熟成させた特別純米酒です。日本酒度+5と辛口にあたり、どっしりとした芳醇な旨味が魅力。 辛さだけではなく、強い甘みとともに後口には日本酒本来の苦みを感じることもできます。 (出典元:amazon.com) 評判 「これぞ住吉」という樽酒の魅力が詰まった「金住吉」は、スモークチーズやからすみ、干物といったクセのある料理との相性も抜群の銘柄です。 冷やはもちろん、常温から人肌程度のぬる燗で飲むことでより一層米の旨味が広がります。古酒のような熟成感がお好きな方にぜひオススメしたい1本です。 2-2.住吉 特別純米酒 銀住吉+5 「銀住吉」は、原料に山形県産のササニシキを使用したお酒。口にふくむと、ふわーっとやさしい樽の香りが広がるのが特徴です。 酸味と旨味のバランスに優れ、ササニシキならではの米の旨味が感じられる銘柄となっています。 (出典元:amazon.com)   評判 辛口純米の「銀住吉」は、甘みの後にコクのある辛みが際立つ日本酒。初めは常温で、次に燗酒でと、味の変化を楽しみながら普段の食事に合わせたい1本です。 180mlの小瓶も販売されているので、住吉の樽香を試してみたいという方にもオススメです。 2-3.住吉 特別純米酒 極辛口銀住吉+7 長期熟成による香りと豊かな味わい、喉越しの良さが魅力の1本が「極辛口銀住吉」です。日本酒度は+7と、辛口純米の代表格としても知られています。 (出典元:amazon.com) 評判 辛さ際立つ「極辛口銀住吉」は、日本酒通から高い人気を得ている純米酒。万人受けを目指さず、こだわりを貫く酒蔵の魅力に溢れた1本です。 「もっと辛口の個性的な日本酒を飲んでみたい」という方には、日本酒度+10の「超辛口住吉」もオススメですよ。 3.住吉の購入方法 日本酒通をうならせる「住吉」は、全国の大手百貨店や地酒小売店、ネットショップで購入することができます。こだわりの伝統製法で生まれる味わいが気になるという方は、ぜひ一度チェックしてみてくださいね。 3-1.住吉が購入できる実店舗 「住吉」を購入できる実店舗が、蔵元が経営している山形県の「樽平酒店」です。その他、全国の取り扱い百貨店や小売店は公式サイトから確認することもできます。 樽平酒店 山形県東置賜郡川西町中小松2886 0238-42-3101 http://www.taruhei.co.jp/saketen/index.html 住吉取扱店一覧 http://www.taruhei.co.jp/top.html   3-2.住吉が購入できる通販サイト 「住吉」は、公式通販サイトから全種類購入することができます。送料は1箱単位となっているため、まとめ買いするほどお得になるのもポイントです。 樽平商店ネット販売 http://www.taruhei.co.jp/saketen/index.html 4.住吉の美味しい飲み方・楽しみ方 「住吉」の樽香と独特の味わいは、常温で飲むことでより一層おいしく楽しむことができます。ただ、やはり夏には冷酒、冬になると熱燗も恋しくなりますよね。その際は、冷やは5~10℃、燗酒であれば35~40℃のぬる燗を目安にするのがポイント。 新鮮なお刺身や濃厚な肉料理、からっと揚げた天ぷらなど、どんな料理にも引けを取らない「住吉」の旨味を感じることができますよ。 4-1.-5度で保管? お気に入りの日本酒を保存するときに気を付けたいのが温度管理です。完全に殺菌して瓶詰めされた日本酒であっても、決して劣化しないというわけではありません。 特に、酵母を発酵させて造る日本酒は温度変化に敏感。高温多湿の環境では、中身の成分が化学変化を起こし味に影響を及ぼす場合もあります。 そんな日本酒の保管に最適な温度が、酵母の働きを抑える-5度。-5度の環境で保存することで、いつでもできたてのフレッシュな味わいをキープすることができるのです。 特に、火入れをしていない生酒や香りが特徴の吟醸酒などは、低温保管を心がけることをオススメします。 https://sake-5.jp/sake-how-to-save/ 5.住吉の焼酎 「住吉」を醸造する樽平酒造では、その技法を活かした本格焼酎も造られています。 5-1.粕取り焼酎「たるへい」 日本酒を仕込む際に生まれるササニシキの酒粕を原料にした焼酎です。熟成期間は20年~30年と、じっくり寝かせて仕込んだ粕取り焼酎は、とろけるようにまろやかな旨味に溢れています。 5-2.米焼酎「めんこい」 純米酒を蒸留した贅沢な焼酎が「米焼酎 めんこい」です。小花柄のラべルに瑠璃色のボトルは、女性へのプレゼントにもぴったり。クセのない爽やかな後口で、焼酎を飲みなれない方にもオススメの銘柄となっています。 5-3.住吉の焼酎の飲み方 オススメの飲み方は湯割りロックがイチオシです。オンザロックで楽しむもよし、ストレートで楽しむもよし、それぞれ住吉の焼酎の味わいをしっかりと堪能できるオススメの飲み方です。   6.まとめ 「住吉」は、辛口の日本酒や芳醇な香りの樽酒が好きという方にオススメしたいお酒です。日本酒本来の酸味と旨味を感じられる「住吉」は、燗酒で日本酒を味わいたい方にも最適の1本となっています。 ぜひ好みの料理と一緒に、酒蔵こだわりの「住吉」の香りと味を楽しんでみて下さいね。

食事と相性抜群の日本酒「菊水」を詳しく解説!特徴や購入方法も紹介します

様々な銘柄がある日本酒。その中のひとつ、菊水をご存知でしょうか? 今回は130年の歴史ある日本酒の銘柄「菊水」について、その歴史から種類や特徴、値段の相場や美味しい飲み方など「菊水」について詳しく紹介していきます。 1.日本酒の菊水とは 菊水は新潟で造られる日本酒の銘柄。味の濃い料理にも合う美味しい日本酒で知られる菊水ですが、まずは菊水の製造元やその歴史についてみていきます。 1-1.酒造元について 菊水酒造は初代節五郎さんが16歳の時に叔父から酒の製造権利を譲り受け、明治14年(1881年)に酒屋を興したのがはじまりです。 昭和31年(1956年)、初代節五郎さんが酒屋を興してから75年の歳月を経て、四代目の英介さんの手によって菊水酒造株式会社が設立。その後、新潟地震などの災害に見舞われ一度は酒蔵を失いますが、後に新潟県新発田市で再出発し現在の菊水が確立されました。 1-2.菊水という名の由来 菊水とは、太平記の菊慈童(きくじどう)という能楽に起源があります。 この菊慈童の一説に、菊の水は不老長寿をもたらすものという表現が登場し、菊水はこの「不老長寿」に由来する銘柄なのです。 第二次世界大戦の当時、特攻隊の名称や尽忠報国の象徴として「菊」が広く知られましたが「菊水」という名称の起源は能楽で明治43年に商標登録されています。 2.菊水の種類と値段について ここからは菊水の種類と特徴、値段の相場について紹介していきます。 ※値段の相場はあくまで記事を更新した時点での値段となりますので、ご注意ください。 2-1.菊水の辛口 元祖新潟の辛口酒と言われる菊水の辛口。どんな料理にも合う日本酒をと開発された菊水の辛口は「食事とともに味わうお酒」をテーマとしているため冴えわたるキレと飲みごたえのある旨さが特徴です。 価格相場:985円(720ml) (出典元:amazon.com) 評判 イカ刺しをあてに、またおせち料理と一緒に、など料理との相性がよく、辛口ではありますが辛すぎず飲みやすさがあります。 毎晩の晩酌を楽しみにしている方や、お歳暮に毎年選んでいる方もいるようで、また飲みたくなる味だと評判です。 2-2.菊水の純米酒 濃醇でありながら重さのない旨口の仕上がりとなっている菊水の純米酒は、燗上がりは菊水イチと言われており、食事とお酒をじっくりと楽しみたい人にオススメです。 冷やしても燗でも楽しむことができますが、オススメの飲み方は人肌燗で、味の特徴は酸味とコクが楽しめて、どんなおつまみにも合います。 価格相場:1104円(720ml) (出典元:amazon.com) 評判 飲んでいても飽きにくく、リピートしたくなる魅力があります。 また自分で呑むだけでなく地元の祈願祭などでお供え用に持っていく方もいるなど、他の人にも勧めたくなる味わいだという口コミも多く、美味しい日本酒のわりにコスパがよいと評判です。 2-3.菊水の四段仕込 甘口の中でも違う甘口、と言われる菊水の四段仕込は、上品でやわらかい甘口酒。世間で日本酒の辛口が全盛期を迎えていた頃、あえて菊水から甘口を発売したのがこの四段仕込でした。 それまで常識だった甘口とは少し違い、多様化する食文化に対応できる「さらっとした甘さ」が特徴で、普段日本酒をあまり飲まない人にも飲みやすい日本酒となっています。 価格相場:985円(720ml) (出典元:amazon.com) 評判 喉ごしまろやかで飽きないお酒、豚の角煮など濃い味の料理にもよくあいます。 価格も手ごろで、普段あまり日本酒を飲まない人でも飲みやすく家族にも大好評という口コミもあるほど。また甘口という特徴から女性にも人気があり、女性への贈り物としても最適な味わいです。 2-4.酒米菊水 純米大吟醸原酒 幻の酒米「菊水」から造られたお酒が、純米大吟醸原酒。名酒米「雄町」を親に持つ酒米「菊水」は、1945年に失われてしまった品種でした。 しかしわずか25粒残っていた種籾から奇跡の復活を果たし、50年ぶりに日の目を浴びることになったのです。 原酒ならではの芳醇な味わいと、菊水だからこそ味わうことのできる風味が特徴で、冷やして飲むのが最高の楽しみ方。豊かな香りとまろやかな米の旨味が、飲む人を楽しませてくれる、そんな逸品となっています。 価格相場:5,500円(720ml) (出典元:amazon.com) 評判 帰省する時に家族へのお土産として、またお酒を好む親への誕生日プレゼントとして、日本酒が好きな人に喜ばれる贈り物としても高い評価を得ています。 お正月に向けて用意したり、自分へのご褒美だったりと、特別な日にも最適な逸品です。 2-5. 酒米菊水 純米大吟醸 ひとつ前に紹介した原酒と同様、酒米菊水の純米大吟醸も、25粒だけ残っていた幻の酒米「菊水」を種籾から復活させたお酒。価格は原酒よりお求めやすくなっていて、米の力を最大限まで引き出し、豊かな風味を楽しむことができるお酒に仕上がっています。 冷やして飲む、また常温で飲む方法をオススメします。香りとコクを楽しみながら、少しずつ飲むことでより深く「酒米菊水」を味わうことができます。 価格相場:2,149円(720ml) (出典元:amazon.com) 評判 清酒が好きな人に特にオススメできる逸品で、実家や親しい友人への贈り物などにも最適なお酒です。 自分用に買ってスッキリとした飲み心地を堪能するという楽しみ方もオススメですが、誰かに贈っても満足してもらえること間違いなしでしょう。 コクと香りと飲みやすさを兼ねそろえているので、日本酒が好きな人にぴったりです。 2-6.菊水のお晩です これぞ新潟の晩酌、これぞ越後の酒、淡麗辛口の秀逸な味わい。「お晩です」は菊水の地元新発田地方での挨拶「こんばんは」という意味で、まさに晩酌に最適なすっきりとした辛口が特徴です。 毎晩の楽しみにする人も多く、冷やしても燗でも常温でも、お好みの飲み方で楽しむことができ、キレのある味わいは、つまみとの相性も抜群で、一日の疲れを癒す晩酌のひとときを過ごせる逸品です。 価格相場:1,760円(1800ml) 評判 お燗で毎晩楽しんでいる、甘すぎず晩酌に最適な味わいだ、といった口コミも多く、やはり晩酌の定番として多くの人に愛されていることがわかります。 飲みやすさは、ほとんどの料理との相性の良さでもあり、ひとりでも夫婦でも、家族でも楽しむことができます。 口コミでも多くの人が「晩酌に」「お燗で」といった楽しみ方をしています。 3.菊水の季節限定品 ここまで紹介してきた菊水のラインナップは通年いつでも手に入れることができますが、菊水では季節限定の日本酒も取り扱っています。 夏限定の大吟醸生原酒 夏限定で手に入れることができる「大吟醸生原酒」は数量限定ではありますが、新潟県産米を40%まで磨き上げて丁寧に醸した大吟醸。暑い夏の日に、冷やして飲む一杯は格別です。 秋限定の純米吟醸ひやおろし 秋限定の「純米吟醸ひやおろし」は、前年の冬に仕込んだ酒に火入れを行い、夏の間じっくりと熟成し、秋にようやく出荷される秋限定のお酒です。 食欲の秋というように、美味しいものがたくさんある秋の食事に最適な味わいを楽しむことができます。冷やしてもよし、常温でもよし、旬の食べ物と一緒に最高のひと時を過ごせる逸品です。 冬限定の吟醸生原酒ふなぐち菊水一番しぼり 加水調整や加熱殺菌を一切行わず、しぼりたての味わいを楽しむことができます。 冬ならではの食と、ふなぐち菊水一番しぼりの相性は抜群です。香りとコクのバランスはどんなつまみとも相性がよく、牡蠣やカニなどの冬の味わいをさらに深く楽しむことができるお酒です。 (出典元:amazon.com) 4.菊水の購入方法 菊水の購入方法は3つあります。 実店舗で購入する方法と、ネット通販で購入する方法、そして電話で注文する方法です。 4-1.菊水が購入できる実店舗 種類によっては取り扱っていない場合もありますが、菊水の辛口などはスーパーなどのお酒コーナーでも購入することが可能です。 また新潟県内のセブンイレブンでは菊水を取り扱っている場合もあるため、新潟に遊びに行った時にはセブンイレブンをチェックしてみるのも良さそうです。 4-2.菊水が購入できる通販サイト 菊水の公式HPからも直接リンクが張ってある楽天市場とAmazon、あとはYahoo!ショッピングであれば菊水の商品を購入することができます。 菊水酒造公式オンラインショップ日本酒生活研究所としてネット通販にも力を入れています。 4-3.菊水を電話注文する方法 電話注文は10時から17時の間のみ受付可能となっています。 また土日祝と年末年始、お盆休みは営業していませんので、電話注文をする場合には注意が必要です。 5.菊水の美味しい飲み方・楽しみ方 菊水はお酒だけで楽しむよりも、食事と一緒に楽しむ方が美味しく飲むことができるお酒。一緒に楽しむ食事も、豚の角煮やイカの塩辛といった味の濃いものとの相性が良く、それぞれの良さや味わいを引き出してくれます。 4-1.マイナス5度で保管? いつでも美味しい状態で日本酒を楽しみたいと思った時に、お店に行って新鮮なお酒を飲むことがあると思います。 しかし自宅で楽しみたい場合には、日本酒の鮮度を保つために保管方法にも気を付けなければなりません。 日本酒の保管は常温で暗所に保管することが一般的に知られていますが、実は火入れしていない日本酒の保管に最も適した温度はマイナス5度なのです。 マイナス5度で保管することで、日本酒の劣化を防ぐことができ、いつでも新鮮な日本酒を楽しむことができるようになります。 https://sake-5.jp/sake-how-to-save/ 6.菊水の白キャップとは? 菊水の白キャップとは、その名前の通りキャップ部分が白色のお酒。菊水白キャップはしっかりした旨さとコクを味わうことができ、価格もリーズナブルな地元新潟の定番銘柄です。 なんでもない一日の終わりを飾る晩酌に、お食事と一緒に楽しむ一杯に、自然な味わいがどんな場面にもマッチします。 1800㎖で1600円ほどから入手可能ですので、毎日飲みにも最適です。 7.まとめ 歴史ある銘柄「菊水」は、料理との相性が良い日本酒として知られています。 晩酌を楽しみにするのも、誰かにプレゼントするのも、家族で飲むにも、どんな場面でも最適だという口コミも多く見ることができます。 種類豊富な菊水の中で、自分にぴったりのお酒を見つけるのも楽しそうです。

熊本でNo.1の知名度を誇る日本酒「美少年」の魅力を紹介!

熊本県で長い歴史を持つ「美少年」は、普通酒から純米酒、吟醸酒と幅広い味わいが人気の日本酒です。 クリエイターとのコラボ商品も人気が高く、過去には漫画家・松本零士氏がラベルを手がける他、近年では100周年を記念した「蔵元美男児」を発売。かつて熊本の地酒として人気を博した「美少年」は、今や幅広い層から注目を集めています。 もちろん、自然豊かな場所でこだわりの原料と製法によって生まれる美少年は、確かな品質が一番の魅力。こちらでは美少年の種類や価格とともに、購入方法などについてご紹介していきます。 1.日本酒の美少年とは 「美少年」は、日本有数の米どころである熊本県菊池市で醸造される日本酒です。 菊池渓谷から注ぐ清流と、地元の酒米で生まれる美少年は、香り高くフルーティー。フランスの品評会「KURA MASTER」やアメリカの全米日本酒品評会などで数々の賞を受賞するなど、国内外で高く評価されています。 1-1.酒造元について 熊本県の美少年酒造は、1752年創業の長い歴史を持つ蔵元でした。火の国酒造に名前を変え、酒造事業を撤退することになったのは2013年。事業を譲り受け、新たな「美少年ブランド」を立ち上げたのが現在の酒造元「株式会社美少年」です。 酒造りが行われるのは、なんと同時期に廃校になった菊池水源小学校の校舎。給食室では洗米が行われ、隣の校長室と保健室は麹室になるなど、「外観は小学校、中身は酒蔵」というなんとも画期的な取組が行われています。 長年の歴史と苦難の時代を経て、若き蔵人によって生み出されているのが現在の「美少年」なのです。 1-2.美少年という名の由来 大正9年に誕生した日本酒「美少年」。その印象的な名前は、唐の時代の酒豪をうたった詩「飲中八仙歌」に登場する崔宗之(さいそうし)に由来するといわれています。 登場する8人の酒豪の中でも、美しい木が風に揺れるかのような輝かしさだとうたわれる崔宗之。日本酒「美少年」は、その名にふさわしく爽やかな味わいが特徴の銘柄です。 2.美少年の種類と値段について 「美少年」は、普通酒から大吟醸までバリエーションの豊かさが人気の日本酒です。普通酒は300mlが419円(税込)、大吟醸でも720mlが4,510円(税込)とコストパフォーマンスの良さも魅力のひとつ。 どれも酒質に優れており、普段からおいしい日本酒を飲みたいという方にぴったりです。 2-1.上撰美少年 「上撰美少年」は、純米酒や吟醸酒と異なり、原料や製造法が限定されない普通酒に分類される日本酒です。 フルーティですっきりとした味わいで飲みやすく、食べ合わせを選ばない食中酒としてオススメの銘柄です。 (出典元:美少年 公式オンラインストア) 評判 フルーティーな香りとコク、辛さのバランスが絶妙な「上撰美少年」は、冷やだけでなくぬる燗でも楽しむことができるお酒です。 2-1.美少年辛口 淡麗でキリッとしていて、その名前の通り辛口な日本酒です。すっきりとした飲みやすい日本酒、伝統に培われた造りで日常酒として愛飲できる商品です。 手ごろな価格で300mlから販売されているため、美少年の味わいを試してみたいという方にもオススメの銘柄となっています。 (出典元:美少年 公式オンラインストア) 評判 よりいっそうキレのある味わいを求める方には、ぴりっとした口当たりの「辛口美少年」が人気です。 2-2.美少年 純米酒 清夜 米と米麹だけで造られた純米酒が「美少年清夜(せいや)」です。フランスのソムリエが審査員をつとめる「KURA MASTER」では2019年にプラチナ賞を受賞。世界が認めた純米酒は、日本料理だけでなくフレンチにもぴったりの味わいです。 (出典元:美少年 公式オンラインストア) 評判 「美少年清夜」は、穏やかな香りとしっかりとした飲み口が人気のお酒。口に含むとふんわりと甘みが広がり、キレのある酸味が後口をすっきりさせてくれます。 お酒好きが好むどっしりとした味わいは、お肉料理と合わせて楽しむのがオススメです。 2-3.美少年 純米吟醸酒 劍門 米と米麹だけを使用し、低温でじっくりと発酵させた純米吟醸酒が「美少年劍門(けんもん)」です。純米吟醸酒らしく、一口飲むと広がる米の香りは実に華やか。蔵元のこだわりを存分に感じることができます。 (出典元:美少年 公式オンラインストア) 評判 「美少年劍門」は、フルーティーな香りと酸味、スッキリした後口が人気のお酒。クセのない味わいが、食中酒としてもぴったりの純米吟醸です。 720mlあたり1,320円と、コストパフォーマンスの良さも日常酒として親しまれる理由のひとつとなっています。 2-4.美少年 大吟醸酒 賢者 山田錦を40%まで磨いて仕込んだ大吟醸酒が「美少年賢者(けんじゃ)」。一度飲めばクセになる旨味は、麹造りからこだわっているからこそ。すっきりとした味わいの中に軽やかな甘みがあり、飽きのこない逸品です。 (出典元:美少年 公式オンラインストア) 評判 華やかな香りと甘み、キレの良さが調和した大吟醸は、日本酒好きからも愛されるお酒。飲み飽きることのない味わいは、きりっと冷やして楽しむのがオススメです。 2-4.美少年 大吟醸酒 幻夜 「美少年幻夜」と同様に、山田錦を40%まで磨いて仕込んだ大吟醸酒「美少年賢者(けんじゃ)」。清らかな美女がたたずむ「幻夜」のラベルは、宇宙戦艦ヤマトの監督であることで有名な、漫画家の松本零士氏によって描かれています。 (出典元:美少年 公式オンラインストア) 評判 フルーティーな飲み口で評判の日本酒です。松本零士氏のファンだったことからこの銘柄を知った方もいるのだとか。 2-5.美少年 宵美人 「美少年宵美人(よいびじん)」は、より気軽に楽しむことのできる美少年のパック酒です。淡麗甘口の味わいは、パック酒とは思えないような質の高さ。毎日の晩酌においしい日本酒を飲みたいという方にぴったりの銘柄です。 (出典元:美少年 公式オンラインストア) 評判 「パック酒だと思って飲むとそのおいしさにびっくりする」と、うれしい驚きを与えてくれるのが「宵美人」。 水のように清らかな口当たりの清酒は、毎日の晩酌の他、少し贅沢な料理酒として活用するのもオススメです。 3.美少年の購入方法 「美少年」は全国の酒量販店やオンラインショップ、公式サイトで購入することができます。「美少年」を日常酒として楽しみたい方はぜひチェックしてみてくださいね。 3-1.美少年が購入できる実店舗 コストパフォーマンスの良さから日常酒として人気の「美少年」は、酒量販店や大手百貨店などで広く販売されています。300mlから購入できる銘柄もたくさんあるため、「日本酒をちょっと試してみたい」という方にもオススメです。 3-2.美少年が購入できる通販サイト 「美少年」は公式サイトのオンラインショップで全種購入することができます。お得なセット販売もあるので、日常酒として「美少年」を楽しみたい方には最適。シーズン限定の酒粕やグッズ販売など内容も充実しており、酒蔵の個性をより一層楽しむことができます。 4.美少年の美味しい飲み方・楽しみ方 スッキリとクリアな味わいが魅力の「美少年」は、食事と一緒に楽しみたい日本酒。「これぞ日本酒」というこっくりとした飲み口は、焼き鳥や揚げ物のようなお肉料理と合わせても個性が消えることがありません。それでいてキレのある口当りは、料理の味わいを引き立てる食中酒にぴったり。 普通酒や純米酒は常温やぬる燗で、香り立つ吟醸酒はぜひ冷やしてお楽しみください。 4-1. 保管温度は何度が良い? 日本酒の保管場所、どこが良いのか困ったことはありませんか?繊細な味わいが魅力の日本酒は、直射日光を避けた冷暗所での保管が基本。特に、吟醸酒のようにゆっくりと低温発酵させて作るお酒は、冷蔵保存が必須となります。 その際に最も適した温度は「-5度」。日本酒の鮮度を落とさない-5度がキープできるセラーがあれば、味わいを損なうことなく長期間保存することが可能です。また、一度開栓すると空気に触れて劣化しやすくなるため、お気に入りの日本酒ほどなるべく早く飲みきるように心がけて下さいね。 https://sake-5.jp/sake-how-to-save/ 5.美少年の焼酎 熊本県にある「美少年」の蔵元は、日本酒だけでなく焼酎を造ることでも知られています。芋・麦・米とバリエーションも豊富なので、好みに合わせた1本を選ぶことができます。 麹を使ったコクと深い味わいは、日本酒を造る「美少年」ならでは。ロックに水割り、そしてお湯割りと、どんな飲み方でも楽しむことのできるおいしさが魅力です。 本格芋焼酎 黒阿蘇 サツマイモの甘みと、芳醇な香りでフルーティーな味わいが特徴の芋焼酎です。熊本県ならではの阿蘇山の雄大さを感じられる逸品です。 芋焼酎 赤阿蘇 常圧蒸留と白麹仕込みで造酒される芋焼酎で、特徴的な香とまろやかな甘さが人気です。温かくして飲むと優しい味わいが、冷やして飲むと引き締まる味わいが、それぞれ楽しめます。 米焼酎 丸尾 「神力米」を使った長期貯蔵米焼酎です。お米の持つ旨味に多くのファンがおり、優しい味わいが特徴の焼酎として知られています。 麦焼酎 黒櫓 特徴的な香りと味わいがクセになる麦焼酎です。食事と一緒に楽しみたくなる酸味がポイントです。 6.まとめ 「美少年」は、確かな旨味とスッキリとした口当たりが幅広い層から親しまれる銘柄です。比較的リーズナブルな価格で購入できるため、日本酒のおいしさを知りたいという初心者にもぴったり。 ぜひ熊本の銘酒「美少年」をきかっけに、日本酒の奥深さを楽しんでみてはいかがでしょうか。

日本酒を割るのが少しずつ人気に?オススメの割りものと作り方を紹介します!

日本酒の飲み方は?と聞かれたら、冷やすか温めるかしか思い浮かばない人がほとんどではないでしょうか。実は最近、日本酒をさまざまなもので割って飲んでいる人がいるのだとか…。『日本酒に何かを混ぜるなんて邪道だ!』と思う人もいるかもしれませんが、日本酒のイマドキ事情を知っておきましょう。 1.日本酒を色々な割り方で楽しむ人が増えている? 日本酒といえば冷やす、常温、熱燗が基本ですが、最近は日本酒を割って楽しむ人が増えているのだそう。どんな割り方をしているのか見ていきましょう。まずは人気の割り方からご紹介していきます。 ちなみに、日本酒の原酒などだと水割りにするケースも少なくないですよね。 https://sake-5.jp/sake-with-water/ 1-1.日本酒のソーダ割り 実は日本酒の蔵元さんもおすすめしている人が多いソーダ割り。ハイボールブームが続いているので、日本酒もソーダ割りが人気のようです。特に夏場はしゅわしゅわとしたソーダの爽快感にハマる人も多いのだとか。もっと飲みやすくしたいという人は、甘さのあるサイダーやコーラで割る人もいるようです。 作り方 ソーダ割りは、日本酒とソーダを1:1で割るだけで完成!とても簡単に作れます。 https://sake-5.jp/soda-split-of-sake/ 1-2.日本酒の柑橘系割り 日本酒はオレンジジュースやグレープフルーツジュースなど柑橘系の飲み物と割るのも人気のようです。日本酒にジュースを混ぜるのはやりすぎな気がする…という人は、レモンやライムなどを絞ってみたり、ジュースの量を減らして炭酸を入れたりしている人も。ソーダ割りに柑橘系のフルーツを添えるのもおしゃれですね。 作り方 こちらも1:1の割合で簡単に作ることができます。また炭酸水で割った後にフルーツのスライスなどを入れる方法もあります。 1-3.日本酒のお茶割り 日本酒を日本茶やウーロン茶、紅茶で割る人もいます。優しい口当たりで、食事中に飲みたい人に人気のようです。とくに日本茶はどちらも日本のものであるという点から相性抜群で、日本酒独特の香りも抑えてくれます。和食にぴったりのカクテルと評判です。 作り方 お茶割りを楽しむための割合は1:1が最適です。いろいろなお茶で試してみるのも手軽で楽しいですよ。 1-4.日本酒のミルク割り 日本酒を牛乳で割るとヨーグルトのような風味が楽しめると注目を集めています。牛乳が苦手な場合は豆乳で作るという人も。甘くまろやかな風味が好きな人はカルピスで割る人もいるようです。カルピスは原液を混ぜてもいいですし、カルピスソーダで割る爽快感にハマっている人もいるのだとか。日本酒は乳製品とも相性がいいのです。 作り方 ミルク割りも1:1の割合で作ることができます。日本酒のまま飲むのとは全く違う風味を楽しめます。 1-5.日本酒の水割り 日本酒は水割りでも飲まれています。軟水だと飲みやすく、硬水は引き締まった味わいになるのだとか。日本酒:水=8:2が黄金比といわれています。割る水は日本酒と同じ温度になるようにしましょう。ちなみに寒い季節はお湯割りを好む人も多いのだとか。 作り方 日本酒と水を8:2で割る黄金比で作りますが、これはお湯割りの場合も同様です。水割りの水は5度くらい、お湯割りの場合は50度くらいのお湯を使うと風味が際立ちます。 2.日本酒と他のお酒を合わせる 日本酒はソーダやジュース以外にも、他のお酒と合わせることもできるのです。お酒とお酒を組み合わせるの?と思うかもしれませんが、その意外な組み合わせを紹介していきます。 2-1.日本酒と焼酎 日本酒は焼酎と1:1で割るのもおいしいのだとか。日本酒と焼酎のおいしさが喧嘩せずどちらも一気に味わえるのが人気の理由で、お酒好きに愛されているようです。焼酎はサワーなどに使われるくせのないタイプがおすすめ。アルコール度数はもちろん高くなるので飲みすぎには気をつけましょう。 作り方 簡単な作り方は日本酒と焼酎を半分ずつ、1:1の割合で注ぐ方法です。 2-2.日本酒と果実酒 日本酒はフルーツの香りが楽しめる梅酒などの果実酒とも相性抜群。日本酒が好きな人は日本酒多め、逆に果実酒が好きな人は果実酒多めで、好みに合わせて分量を変えているようです。飲みやすいので女性にも人気です。最近は、梅酒を自宅で作るときに、日本酒で作る人もいますよ。梅酒の他にも、杏子やいちご、みかん・ぶどうなど、どんな果実酒とも楽しめます。 作り方 お好みの果実酒と1:1の割合にすることで簡単に楽しめます。いろいろな果実酒を試してみるのも楽しいかもしれません。 2-3.日本酒とビール 日本酒と焼酎はアルコール度数が高すぎて…という人に人気なのが、日本酒のビール割り。ビールは5%程度なので、飲みやすいと好評です。日本酒は甘いものだけではなく、苦味のあるものとも相性がいいのです。 作り方 ビールも割合は1:1です。半分を日本酒、半分をビールにすることで飲みやすいビール割りの完成。 2-4.日本酒と甘酒 飲む点滴といわれている甘酒は栄養たっぷりで魅力的な飲み物。日本酒と割るとどぶろくのような味がするという人もいます。日本酒と甘酒は、どちらも冷たくても温めてもおいしい飲み物。夏は冷たく、冬は温めて楽しむことができるのも人気の理由です。 作り方 冷たくするか、温かくするかを決めてから日本酒と甘酒を1:1で割って完成です。 3.日本酒の変わった楽しみ方 日本酒には、まだまだ変わった楽しみ方が!騙されたと思ってチャレンジしてみたら意外とおいしかったという日本酒の楽しみ方もご紹介します。 3-1.日本酒とアイス 日本酒はアイスにかけて楽しむことができます。甘いバニラアイスと相性がいいのだとか。バニラアイスにレーズンやチョコレートを日本酒と一緒にかけるのもおすすめで、大人のデザートを楽しむことができます。最近は日本酒入りのチョコレートもよく見かけますよね。 3-2.日本酒とコーヒー 日本酒とコーヒーの組み合わせは、サムライコーヒーという名前がつけられています。日本酒とコーヒーを混ぜるだけではなく、氷を入れたグラスに注いで、ガムシロップやミルクなどを入れてアイスコーヒー感覚で楽しむ人が多いようです。アツアツのコーヒーに、少しだけ日本酒を入れて体を温める人もいますよ。 3-3.日本酒とレッドブル 翼をさずけるでお馴染みの定番エナジードリンク、レッドブル。焼酎やウォッカを割ってもおいしいと好評ですが、日本酒を割るのもおすすめなのだとか。まろやかで飲みやすいのが特徴です。普段は少しずつ楽しむ日本酒がゴクゴク飲めてしまうので、飲みすぎには注意が必要です。 4.割らずに飲むか、割って飲むか 日本酒にはさまざまな楽しみ方がありますね。日本酒のすごいところは、苦味があるものでも、甘味があるものでも相性がいいところ。 楽しみ方は人それぞれですが、日本酒はもちろん割らなくても楽しめるお酒です。日本酒本来の味がわからないうちに、飲みやすいからといってさまざまなもので割ってしまうのはもったいないです。まずは日本酒だけで飲んでみて、自分の好きな日本酒を見つけてみるといいでしょう。苦手だな…という日本酒は、さまざまなもので割ってみて飲みやすい方法で消費するといいかもしれませんね。 5.まとめ 日本酒にはこんなにたくさんの飲み方があったのですね。「どんな方法でもいいから日本酒が飲めるようになりたい!」という人は割って楽しむのもありですが、まずは日本酒の味を理解することが大切です。日本酒といっても甘口や辛口など、種類によってまったく違うのです。日本酒の基本を知ってから、ときにはアレンジも楽しんでみるといいでしょう。

飲み飽きない日本酒で知られる竹鶴、実はニッカウィスキーの創業者のルーツだった?

お酒で「竹鶴」といえばウィスキー!と思ってはいる人も多いのではないでしょうか。 実は、ニッカウィスキーの創業者である竹鶴政孝氏の生家は老舗の酒蔵。その酒蔵で造られる日本酒「竹鶴」は、辛口純米酒として全国で高い人気を得ているのです。 「飲み飽きない日本酒」として好まれる竹鶴は、日常酒としての「1本」をお探しの方に最適。今回は「竹鶴」の魅力と種類、購入方法などについてご紹介します。 1. 日本酒の竹鶴とは 日本酒の竹鶴について、酒造元や「竹鶴」の由来などを紹介していきます。竹鶴のことをより深く知ることで、もっと日本酒を楽しむことができるようになるかもしれません。 1-1. 酒造元について 「竹鶴」を代表銘柄とする竹鶴酒造は、ニッカウィスキーの創業者、竹鶴政孝氏の生家としても知られる老舗の酒蔵です。 蔵元のこだわりは、日本酒のもととなる酒母(しゅぼ)と麹をしっかりと造り、醪(もろみ)の健全発酵を第一とした「放し飼いの酒造り」。放し飼いとはいえ、必要以上に人工的な管理をしない酒造りは難しく、通常より2倍の人員の手間と時間が注がれています。 「 どんな料理にも合う「ごはん」のような、料理を選ばない食中酒」を目指して造る竹鶴は、「冷やでも燗でも、料理と合わせて日本酒を楽しみたい」という方にぜひオススメしたい銘柄です。 1-2. 竹鶴という名の由来 本来は、「小笹屋」という名で製塩業を営んでいた竹鶴酒造。ある日、家の裏にやってきた鶴が竹やぶに巣を作り始めます。 「松に鶴の取り合わせは古くからあるものの、竹に鶴とはなんとも珍しい」との想いから、新たに生まれた屋号が「小笹屋竹鶴」。以来、酒蔵は「竹鶴」を代表銘柄に現在まで人々に愛され続けてきたのでした。 2. 竹鶴の種類と値段について 竹鶴は、その味わいもさることながらコストパフォーマンスの良さが人気の日本酒です。 竹鶴酒造は公式サイトがないため公式価格を確認することはできませんが、オンラインショップなどによる一般的な販売価格は以下のとおりとなっています。 にごり酒などは製造年により価格が変動することもありますが、ぜひ購入時の参考になさってください。 純米 1800ml 2,400円(税別) 純米 純米吟醸 生 720ml 1,700円(税別) 1800ml 3,800円(税別) 純米 八反 1800ml 3,000円(税別) 純米酒 秘傳(ひでん) 720ml 1,350円(税別) 1800ml 2,700円(税別) 純米 にごり酒 雄町 720ml 1,650円(税別) 1800ml 3,600円(税別) 2-1. 純米 竹鶴のスタンダードとなるのが「純米酒」です。使用するのは、広島県の酒造好適米「八反錦」と「一般米」。地元の酒米を使用することで、コストパフォーマンスをおさえながらも優れた酒質を持つ1本に仕上がっています。 辛口の純米酒は冷やしてそのキレ味を楽しむ他、燗酒でふくよかな米の旨味を味わうのもオススメですよ。 (出典元:いまでやオンラインストア) 評判 「竹鶴 純米」は、深い味わいの中にどこか力強さを感じさせると評判の銘柄。竹鶴の日本酒の中では珍しく加水をして仕上げられているため、食中酒としてすいすい飲み進めることができます。 素材の味を楽しむお刺身のような料理はもちろん、トンカツや唐揚げのような揚げ物との相性も抜群。安定したおいしさと割安感から、日常酒として日本酒好きに愛されています。 2-2. 純米 純米吟醸...

グルメ天国・福岡で楽しめる日本酒バー7選をご紹介!

福岡は美味しいものがたくさんあることで有名な場所。みなさんも福岡に美味しいものを食べに行ったことがあるかもしれませんね。ですが、福岡は食べ物だけでなく、お酒を楽しめるお店もたくさん!特に日本酒は福岡名産の銘柄が多くオススメ。 今回の記事では福岡で日本酒を楽しめるバーを紹介。それぞれのシチュエーションに合わせてお店を紹介するので、ぜひ参考にしてくださいね。 1.リーズナブルな福岡の日本酒バー2選 「お小遣いがギリギリ...」「飲み会続きで予算が厳しい...」など少しでも安く日本酒を楽しみたい方は多いと思います。 そんな方には、リーズナブルに日本酒を楽しめるお店がオススメ。予算が厳しい方でも低価格で日本酒を楽しめるお店を紹介するので、お財布に優しく日本酒を楽しむことができます。 1-1.日本酒BAR TOKKURI 2020年の3月にオープンしたばかりの「日本酒BAR TOKKURI」は日本酒をリーズナブルに楽しめるお店の1つ。 日本酒は全国各地の銘柄22種類以上を取り揃えています。初心者にも分かりやすく味わいごとに分けたメニュー表を準備しているので、日本酒をあまり飲んだことがない方にもオススメ。 シアタールームがある個室もあるので、ちょっとした集まりにも使えるお店となっています。 住所:〒812-0016 福岡県福岡市博多区上川端町4−202 電話番号:092-271-1345 アクセス:地下鉄空港線 祗園駅より徒歩5分、地下鉄空港線 中洲川端駅より徒歩6分 1-2. 酒の九州 「酒の九州」は博多駅構内にある日本酒が楽しめるバー。博多駅の地下にあるお店でアクセス抜群です。 このお店は九州の銘柄を月替わりで提供しています。選ばれた銘柄はその時期に合わせた銘柄を選定しているため、フレッシュな日本酒を楽しめるのがポイント。 出張や旅行の合間にも行ける場所にお店があるので、福岡に行った際は覗いてみてください。 住所:〒812-0012 福岡県福岡市博多区博多駅中央街1−1 アミュプラザ博多 B1 電話番号:092-433-5285 アクセス:各駅博多駅より徒歩1分 2.デートに最適な福岡の日本酒バー3選 「デートで日本酒を楽しみたい!」なんて思っている方もいるかもしれません。 福岡にはデートに最適な日本酒のバーがたくさんあります。 今回は2店舗紹介するので、デートで使える日本酒バーを探している方は確認してみてください。 2-1.和酒 結 「和酒 結」はおしゃれに日本酒を楽しめるお店でデートにオススメのお店。 このお店の1番のポイントはお酒を楽しみながら夜景を一望できること。川の近くにお店があるため、光が反射してキレイな夜景を楽しむことができます。 日本酒も常時10種類以上を取り揃えているため、満足できること間違いなし。もちろん美味しい料理もあるので、お腹も満たされますよ。 住所:〒810-0003 福岡県福岡市中央区春吉2丁目4−14 ザ・博多テラス2F-E カンデオホテルズ 電話番号:092-753-7645 アクセス:地下鉄七隅線 渡辺通駅より徒歩9分、地下鉄空港線 中洲川端駅より徒歩12分 2-2.うわのそら 結婚記念日や誕生日などの特別な日に使ってほしいのが「うわのそら」。 同じく福岡にある酒屋「とどろき酒店」さんが経営しているお店です。日本酒は季節のものを中心に約60種類ほどを提供。酒屋さんが経営しているお店はたくさんの銘柄があるのが嬉しいポイントですよね。 お酒のことをよく理解しているお店では、お酒に相性の良い料理もたくさん用意しています。 また、店内の雰囲気は落ち着いているので、腰を据えて日本酒を楽しめます。デートにもうってつけですよ。 住所:〒810-0003 福岡県福岡市中央区春吉3丁目12−24 電話番号:092-761-1160 アクセス:地下鉄七隅線 天神南駅より徒歩4分 2-3. 雲レ日(くもれび) デートにもオススメで、ぜひ日本酒好きなら1度は訪れたいのが雲レ日。博多の中洲の川沿いにあるカウンター12席の隠れ家的な日本酒バーで、扱っている日本酒の種類は年間1,500種もあるといわれています! 扱っている銘柄も、オーナーのこだわりが感じられ地元の銘酒も多く取り揃えられています。また、基本的に日本酒は1本ずつ仕入れているそうで、訪れるたびに新しい日本酒との出会いもあって、日本酒好きにはたまらないですね。 住所:〒810-0003 福岡県福岡市中央区春吉3-15-3 テソロ天神1F-B 電話番号:092-715-9032 アクセス:地下鉄七隅線 天神南駅より徒歩4分 3.迷った時に選びたい福岡の日本酒バー2選 「日本酒を飲みたいけど、お店選びに迷う...」と思っている方にオススメのお店が「福蔵(ふっくら)」と「ツンノーデ」。 編集部オススメのお店ですので、お店選びに迷った時は参考にしてくださいね。 3-1.福蔵(ふっくら) 迷った時に行ってほしいお店の1つが「福蔵」。このお店のポイントは福岡にある酒蔵の銘柄のみを提供していることです。 提供している日本酒の銘柄は100種類以上とかなりの種類があります。 自分で銘柄を選ぶこともできますが、福岡の銘柄が分からなければ店主の方が相談すると優しく教えてもらえるので、銘柄が分からない方にも安心できますよ。 住所:〒810-0002 福岡県福岡市中央区西中洲11−1 1...

海外からも高い人気!「水のようにピュア」な上善如水をご紹介

日本酒を飲んだことがないという初心者にもおすすめの「上善如水」(じょうぜんみずのごとし)。透明でスタイリッシュなデザインのボトルは、スーパーやコンビニで目にしたことがある方も多いのではないでしょうか。 純米吟醸「上善如水」は、上質でありながらアルコール度数が低く、すっきりとした飲み口が人気のお酒。こちらでは、「上善如水」の銘柄や酒造元、おいしい飲み方についてご紹介します。 1. 日本酒の上善如水とは 上善如水は、すっきりとした飲みやすさが特徴の日本酒です。「水の如し」という名前のとおり、まるで上質の水のようにすいすい飲める味わいは、日本国内だけでなく海外からも高い支持を得ています。 アルコール度数は、日本酒では低めの14度以上15度未満。ボトルのラベルデザインには、清酒業界で初めてワープロ字体が採用されました。 クセのない味わいはどんな季節、どんな料理にも合わせやすく、日本酒初心者や女性などから広く親しまれています。 1-1. 酒造元について 上善如水を造るのは、新潟県魚沼地方に位置する白瀧(しらたき)酒造です。創業は今から約150年前。旅人や行商人を相手に酒を提供したのが蔵のはじまりでした。 「トンネルを抜けると雪国だった」という川端康成の小説「雪国」の舞台にもなった越後湯沢は、日本有数の豪雪地帯。冬にたっぷりと降り積もった雪は、春には清らかな雪解け水となり、50年の年月をかけきれいな地下水へ生まれ変わります。 白瀧酒造の仕込み水は、3本の井戸からくみ上げる酒造りに最も適した軟水です。こだわりの水で造られた上善如水は、1990年に発売されました。 淡麗辛口の日本酒がブームの中、フルーティーですっきりとした飲み口の上善如水は一気にブレイク。たちまち白瀧酒造の代表銘柄となります。 クセのない味わいは日本酒ビギナーからの評価も高く、2001年には海外展開を開始。現在は香港や台湾、アメリカ、オーストラリアなど輸出先は世界約30ヵ国へ広がりました。商品のバリエーションも多く、国内はもちろん海外での活躍にもますます目が離せない酒蔵です。 1-2. 上善如水という名の由来 「上善如水」(じょうぜんみずのごとし)という名は、古来中国の哲学者、老子の言葉に由来しています。 「上善は水のごとし、水はよく万物を利して争わず、衆人の恵み所に宿る」 老子は、人間の理想的な生き方は、さまざまな形に変化する水のような柔軟性を持つこと。他と争うことなく、自然に流れるように生きることだと説きました。 上善如水は、白瀧酒造が目標とする水のようにピュアな酒造りの中で生まれているのです。 2. 上善如水の種類と値段について 上善如水は、商品の豊富ラインアップが魅力です。定番である純米酒から季節の限定酒、スパークリング酒まで味のバリエーションに溢れています。こちらでは、公式サイトをもとにした上善如水の種類と値段についてご紹介します。 上善如水 純米吟醸 180ml(ボトル・菅)/286円 300ml/583円 720ml/1,305円 1800ml/2,600円 熟成の上善如水 純米吟醸 180ml/324円 300ml/648円 720ml/1,429円 1800ml/2,972円 上善如水 純米大吟醸 180ml/477円 300ml/858円 720ml/2,500円 1800ml/5,000円 2-1. 上善如水 純米吟醸 1990年の発売以来、多くの人に愛され続けている白瀧酒造のスタンダード。無色透明のお酒は味のバランスに優れ、まさに「水の如し」と呼ぶにふさわしい1本です。 精米歩合 甘辛 おすすめの飲み方 60% 辛口 冷◎ 室温〇 熱燗△ 評判 白瀧酒造が誇る純米吟醸は、キレのある味わいと果実のように華やかな香りが魅力。後口には純米特有のまろやかな余韻が残ります。どんな料理とも相性良く、日常酒としておいしいお酒を楽しみたい方にぴったりの銘柄です。 2-2. 熟成の上善如水 純米吟醸 約3度に保たれた低温貯蔵タンクで、1年間じっくりと低温熟成させた上善如水。熟成させることを考慮し、酒米は通常より精米歩合が良いものを使用。ほんのりピンク色のラベルは女性にも好評です。 精米歩合 甘辛 おすすめの飲み方 55% やや辛口 冷◎ 室温〇 熱燗△ 評判 熟成することで生まれるまろやかな香りは、まるで熟れた桃のよう。なめらかな旨味と甘みがありながら、適度な酸味が後口をすっきりと引き締めます。和食だけでなく、コクのある洋食との相性もぴったりのお酒です。 2-3. 上善如水 純米大吟醸 米を45%まで磨いて仕込んだ上善如水の最上級品です。ボトルには酒蔵オリジナルの瑠璃色の透明瓶を採用。高級感溢れる大吟醸は、お中元やお歳暮といった贈り物にもおすすめです。 精米歩合 甘辛 おすすめの飲み方 45% 中口 冷◎ 室温〇 熱燗△ 評判 気品ある香りと酸味、水のやわらかさが一体となった大吟醸は上善如水の中でも特別なお酒。すっきりと澄んだ味わいは洋食との相性も良く、2120年には「カマンベールチーズと合う日本酒大show」でプラチナ賞を受賞しています。 2-4. なまの上善如水 純米吟醸 搾った日本酒を加熱殺菌せず、そのまま瓶詰めした生酒。上善如水が持つ飲みやすさはそのままに、フレッシュな美味しさを体感することができます。 精米歩合 甘辛 おすすめの飲み方 60% 辛口 冷◎ 室温△ 熱燗× 評判 もぎたての果実のような香りとしっかりとした旨味が人気のお酒。「第1回酒ともグランプリ2017夏」では、まぐろの漬けとの相性が評価され、準グランプリを受賞しています。まるでラムネ瓶のように爽やかなラベルに、夏気分が盛り上がる1本です。 3. 上善如水の購入方法 白瀧酒造の公式オンラインショップでは、限定品を含む全商品がケース販売されています。1本ずつ手軽に楽しみたいという方は、スーパーやコンビニエンスストア、酒販店での購入がおすすめです。 3-1. 上善如水が購入できる実店舗 上善如水は上質な吟醸酒でありながら、スーパーやコンビニエンスストアで手軽に購入できるお酒です。容量も180mlからと、日本酒を飲みなれない方でも試しやすいサイズが人気。 酒造量販店であれば、季節の限定品やスパークリング酒を購入するチャンスもありますよ。 3-2. 上善如水が購入できる通販サイト 上善如水を造る白瀧酒造では、オフィシャルショップをはじめとする5つのショッピングサイトを運営しています。価格帯はどのショップも同じなので、普段よく利用するショッピングサイトでポイントを貯めたい方にもおすすめです。 白瀧酒造オフィシャルショップ https://www.jozen.shop/ amazon https://www.amazon.co.jp/s?me=AK2123KN9EWKS&marketplaceID=A1VC38T7YXB528&redirect=true Yahoo!ショッピング https://store.shopping.yahoo.co.jp/minatoya/ 楽天市場 https://www.rakuten.co.jp/jozen/ au Wowma! https://plus.wowma.jp/user/50432853/plus/ 4. 上善如水の美味しい飲み方・楽しみ方 上善如水は、初めて日本酒を飲む方でも楽しむことのできるお酒です。吟醸酒のフルーティーな香りは、きりっと冷やすことでより一層引き立ちます。 また、上善如水の人気のひみつは幅広い料理との相性の良さ。新鮮なお刺身やあつあつの天ぷら、洋食だけでなく、ポテトチップスのようなスナック菓子とでもおいしく楽しむことができますよ。 「日本酒は苦手」「日本酒は和食と楽しむもの」と思っている方こそ、ぜひ気軽にその味わいを試してみて下さいね。 4-1. -5度で保管? 上善如水は、フルーティーな香りが魅力の純米吟醸酒。厳選した酒米と米こうじ、こだわりの水で造られる味わいは、低温管理が基本となります。 瓶詰めされたできたての味わいをキープするため、最も適した温度は-5度。特に、火入れで加熱殺菌していない「生酒」は生鮮食品同様。酵素の働きをストップさせるためにも、低温貯蔵を欠かすことはできません。 さわやかな香りとすっきりした飲み口が命の上善如水は、ぜひ冷蔵庫で保管し、冷やかぬる燗でお楽しみください。 https://sake-5.jp/sake-how-to-save/ 5. 上善如水のスパーリング 2006年から発泡性清酒の研究を続けてきた白瀧酒造は、2015年、ついにスパークリング酒を発売します。エレガントなデザインのボトルは、まさにスパークリングワインそのもの。杜氏自らが「もはや日本酒ではない」というほど、日本酒のイメージからかけ離れたお酒です。 シュワシュワと立ち上がる泡から広がるのは、花のように甘くスパイシーな香り。贅沢な甘さの後にはほんのりとした苦さが残ります。 日本酒の枠を超えたスパークリング酒は、ケーキやチョコレートとの相性もばつぐん。ぜひ気の合う仲間とパーティーで味わってみてくださいね。 6. ロック酒の上善如水とは? 夏に飲む日本酒といえば生酒や冷酒というイメージですが、上善如水はそれだけではありません。なんと、グラスにたっぷり氷を入れてオン・ザ・ロックで楽しむための日本酒があるのです。 氷で薄まっても負けないよう、ロック酒は強い甘みと酸味が特徴。低アルコールなので、熱い夏にゴクゴクお酒を楽しみたい方に最適です。ロックグラスを片手に持ったペンギンラベルもなんともキュート。 今年の夏は「夏と言えばビール!」の代わりに「日本酒オン・ザ・ロック!」を楽しんでみてはいかがでしょうか? まとめ 上善如水は日本酒特有のクセがなく、初心者でもとにかく飲みやすいお酒です。純米吟醸酒でありながらコストパフォーマンスも良く、身近なお店で手軽に購入することができます。 熟成酒やスパークリング酒、季節のロック酒と楽しみ方のバリエーションも実に豊富。水の如く清らかな清酒を目指して造られたお酒、上善如水をきっかけに、ぜひ日本酒の楽しみ方を広げてみて下さいね。

日本酒を有名銘柄を一挙紹介!味や風味から評判まで検索数順で紹介!

「初めて日本酒を飲む。」という人は、膨大な数の日本酒に迷ってしまいますよね。 また、「日本酒を飲んでみたけど、どれもイマイチ・・・」という日本酒初心者もいるでしょう。しかし日本酒には様々な種類や味、そして甘口や辛口といった違いなどがあるため、自分にぴったりの日本酒を探すのも楽しみ方のひとつです。 この記事では、あまり日本酒を飲まない人でも一度は聞いたことのあるような有名銘柄の特徴と評判、そして楽しみ方をまとめています。ぜひ自分にぴったりの日本酒を見つけてみてください。 1. 獺祭 月間の検索エンジンでの検索数:約90000回 獺祭(だっさい)は最も有名な日本酒といっても過言ではありません。山口県の旭酒造で作られている日本酒です。獺祭は精米歩合によって種類がわけられており、スパークリングタイプや焼酎なども発売されています。 (出典元:amazon.com) 1-1. 獺祭は甘口な日本酒 獺祭はフルーティーでまろやかな日本酒で、初心者さんや女性にも飲みやすくおすすめです。獺祭は熱燗には向かないので、冷やで飲むといいでしょう。 1-2. 獺祭の評判 甘口でも後味はキレがいいので食事にもぴったりと好評です。グラスは小さめのグラスやワイングラスなど、飲み口が薄いものを使うと味も香りも充分に楽しむことができるのだそう。獺祭はお酒以外にもアイスやチョコレートなどのお菓子もあり、日本酒が飲めない人にも人気です。 1-3.獺祭の楽しみ方 獺祭は先述の通り熱燗には向いていませんが、種類によって飲み方を変えてみるとより楽しむことができます。たとえば獺祭の二割三分などは10度から常温くらいの温度で飲むのがオススメ。 またスパークリングタイプは氷水で冷やして飲むことで、より飲みやすくなります。日本酒をあまり飲んだことがない人でも楽しめるようになりますので、こちらもオススメです。 https://sake-5.jp/sake-dassai/ 2. 美少年 月間の検索エンジンでの検索数:約75000回 美少年は熊本県で作られており、江戸時代から続く歴史ある日本酒です。大吟醸・純米吟醸酒・純米酒があります。米は地元の農家さんが育てた肥後米、水は日本名水百選にも選ばれた菊池渓谷の伏流水を使用しており、地元の恵みにこだわった日本酒です。 (出典元:amazon.com) 2-1. 美少年の口当たりは辛口 美少年は辛口ですが、さらっとした飲み口で上品な香りがほんのり残ります。甘い日本酒が苦手な人におすすめで、初心者でも飲みやすいです。 2-2. 美少年の評判 冷やで飲むときはキンキンに冷やして飲むのがおいしいといわれています。夏にぴったりの日本酒ですね。逆に熱燗にするときはぬるめがおすすめ。シンプルで主張が強くないので、毎日飲んでも飽きないと評判のいい日本酒です。 2-3.美少年の楽しみ方 美少年を飲む場合には、冷やして楽しむ冷酒や温めて楽しむ熱燗といったそれぞれの方法によってさまざまな味わいを堪能することができます。 たとえば冷やして飲む冷酒にした場合には美少年が持つ香りがより引き立たされ、スッキリとした味わいを感じることができます。 また温めて飲む場合にも、少し温めた場合には甘みが強調され、しっかりと温めた場合には旨味が引き出されるなど、温度によって味わいが違うためいろいろな飲み方で楽しむことをオススメします。 https://sake-5.jp/sake-bishounen/ 3. 久保田 月間の検索エンジンでの検索数:約60000回 新潟県の朝日酒造で作られている久保田は高級な日本酒としても知られていますが、バリエーションが豊富。手頃の価格で毎日飲めるシリーズから高級品まであります。 (出典元:amazon.com) 3-1. 久保田は辛口な日本酒 キレの良さはそのままで手頃な価格で買うことができる百寿は特別本醸造。初めてクボタを飲むときにもおすすめの一品です。他にもシンプルな味わいの千寿(吟醸)、甘さと酸味のどちらも感じることができる紅寿(純米吟醸)、軽いのどごしなのに酸味が少ないのでコクも感じることができる手間暇のかかった碧寿(山廃純米大吟醸)もあります。クボタの最高峰といわれている味わい・香り・舌触りとすべてのバランスが取れた萬寿(純米大吟醸)はお祝い事にもぴったりです。 3-2. 久保田の評判 年齢・性別問わず人気のクボタ。萬寿は最高峰ということもあり、大人気で誰もが認めるおいしい日本酒です。冷やしても常温でも熱燗でもおいしく飲むことができます。千寿はフルーティーさを感じられることから女性人気が高めです。 3-3.久保田の楽しみ方 久保田は少し温めて飲むことで香りが際立ち、料理と一緒に楽しむことでより美味しく飲むことができます。 また最初は12度くらいの冷やから飲んでみて、少しずつ温度を上げていくことで香りが増していることに気付くことができ、その変化をじっくりと楽しむことでより久保田を深く感じることができます。 飲むたびに温度を少し上げてみる、という楽しみ方がオススメです。 4. 八海山 月間の検索エンジンでの検索数:約30000回 八海山の名前の由来はその名のとおり山の名前から。新潟県の八海醸造が作っており、「八海山」、「越乃寒梅」、「雪中梅」は新潟の三大銘柄と呼び名の高い日本酒です。種類は、普通酒・特別本醸造酒・吟醸酒・純米吟醸酒などがあります。 (出典元:amazon.com) 4-1. 八海山はキレの良い辛口 香りはフルーティーですが、雑味がなくキレのよい辛口です。八海山はどんな料理にも合うので食事中に日本酒が飲みたい人におすすめ。吟醸酒や大吟醸酒は冷やか常温がいいといわれることも多いですが、八海山は冷やでも熱燗でも楽しめます。熱くしすぎると香りが感じられなくなってしまうのでぬるめに作るのがポイントです。 4-2. 八海山の評判 日本酒好きからも初心者からも好評な八海山。どんな料理ともおすすめですが、とくに魚料理と相性がいいと評判です。八海山には焼酎や梅酒、ライディーンビール、あまさけなどのラインナップも人気です。 4-3.八海山の楽しみ方 八海山は「料理の味を引き立てるような淡麗な酒質」を目指して作られていることもあって、食事と一緒に楽しむ方法がオススメです。 また常温や冷やして食べる料理に合わせる場合には冷やで飲み、温かい料理に合わせる場合には常温から熱燗の間で好みに仕上げます。 高級酒にあたる吟醸酒や大吟醸酒は一般的に燗に向かない、と言われることもありますが八海山の高級酒は燗で楽しむことができます。(熱くしすぎないことがポイント) https://sake-5.jp/sake-hakkaisan/ 5. 住吉 月間の検索エンジンでの検索数:約25000回 山形県の樽平酒造で作っている住吉は、個性的で好き嫌いがわかれるタイプですが、熱狂的なファンも多い日本酒です。 (出典元:amazon.com) 5-1. 住吉は辛口・超辛口な日本酒 杉の木の香りが特徴的な辛口の住吉。日本酒なのに透明ではなく黄色っぽい色がついている不思議な見た目ですが、炭素ろ過をしておらず添加物の入っていない純米酒の証拠なのです。山田錦で作られた辛口、ササニシキで作られた辛口と、山形県契約栽培米のササニシキで作られた超辛口タイプがあります。 5-2. 住吉の評判 濃厚な味わいで、独特の杉の木の香りと独特の酸味にはまり、住吉以外飲めなくなってしまったという人もいるのだそう。じっくりと日本酒を味わいたい人におすすめです。 5-3.住吉の楽しみ方 住吉の酒造元は「常温で飲み比べること」を推奨しています。なぜなら、日本酒本来の風味を楽しむためには常温が最適であるためです。 まずは常温で住吉を楽しんでから、夏には冷酒にして、冬には熱燗にして、その違いを楽しむ方法がオススメです。 それぞれ風味や香りの違いを感じることができるため、季節ごとに一年を通してさまざまな「住吉」を楽しむことができます。 https://sake-5.jp/sake-sumiyoshi/ 6. 菊水 月間の検索エンジンでの検索数:約22000回 菊水も新潟県で作られている日本酒です。新潟県のお米を100%使用しています。火入れはしぼったときの一回のみで、生のまま容器に詰める「生詰製法」のため旨味がたっぷりと濃縮されています。 (出典元:amazon.com) 6-1. 菊水は辛口な日本酒 甘口の日本酒が人気だったころから、時代の変化を読み取り、辛口の日本酒をいち早く作ったのが菊水。三食続いても飽きないようにと作られた菊水は、どんな料理にもぴったりでキリッと引き締まった味わいです。冷やでも熱燗でも楽しめます。温めるときは人肌程度がおすすめです。 6-2. 菊水の評判 酸味が少なく飲みやすいという人もいますが、辛口でとにかく濃厚なので、あまり初心者向けではないようです。少し日本酒に慣れてからトライしてみるのがいいかもしれません。 6-3.菊水の楽しみ方 菊水は辛口が有名ですが、その引き締まった味と香りを堪能するには季節に合わせた温度で飲むのがオススメです。 たとえば暑い季節には冷やにしてキレのある辛口を楽しみ、寒い季節には燗にして深い味わいで温まるなど、幅広い楽しみ方ができます。 オススメは熱燗よりも人肌燗くらいの温度で、より風味を感じることができます。 https://sake-5.jp/sake-kikusui/ 7. 十四代 月間の検索エンジンでの検索数:約20000回 十四代は山形県の高木酒造で作られており、人気すぎてなかなか手に入らないといわれている幻の日本酒です。 (出典元:amazon.com) 7-1. 十四代は甘口でフルーティ 吟醸酒は辛口が多いですが、十四代は甘口。今まで20種類以上の十四代が発売されていますが、どれも甘口でキレがよく、フルーティーな香りが特徴です。 7-2. 十四代の評判 りんごやメロン、いちごなどのフルーツのような香りにハマる人が続出!普段辛口派の人もキレがいいので飲みやすいと好評です。 7-3.十四代の楽しみ方 なんといっても特徴的な香りや旨味を感じることができる飲み方は冷やです。 十四代は冷酒にして味わうことで、繊細な味わいをしっかりと感じることができます。 冬には本醸造系のシリーズをぬる燗くらいの温度で楽しむ方法も、地元山形ではお馴染みの楽しみ方なんだとか。 https://sake-5.jp/sake-juyondai/ 8. 明鏡止水 月間の検索エンジンでの検索数:約19000回 長野県の大澤酒造で作られている明鏡止水は、純米吟醸や辛口本醸造が通常商品ですが、季節商品も人気で目が離せない日本酒です。 (出典元:amazon.com) 8-1. 明鏡止水は辛口でキレのある日本酒 さっぱりとしたキレのある日本酒なので飲みやすく、気をつけないとついつい飲みすぎてしまうほど。なかでもラビアンローズは純米酒ですが、アルコール度数が低めで、お酒に弱い人にもおすすめです。 8-2....

コンビニ日本酒は飲みきりサイズで家飲みのお酒にピッタリ!

24時間365日、営業してくれている「コンビニ」。『仕事で遅くなってしまったけど、少しだけ日本酒を飲んでから寝たい!』といったときも、その願いを叶えてくれるのがコンビニのいいところ。 今回はコンビニで買える日本酒や、コンビニで日本酒を買うなら一緒に購入したいおすすめおつまみなどもご紹介します。 1.自分好みの日本酒を探すならコンビニがおすすめ! 普段酒屋さんで日本酒を購入している人も、新しい日本酒に挑戦したい、自分好みの日本酒を探しているというときはコンビニがおすすめ。なぜならコンビニの日本酒はほとんどが小さい飲みきりサイズのボトルだから。 残さず飲めるので保管に気を使うことなく、万が一残してしまっても小さいボトルなので立てたまま保管することが可能で、とても便利なのです。日本酒は好きだけどたくさんは飲めないといった人もコンビニサイズなら安心ですね。 1-1. 小さいサイズでも質は同じ! 瓶じゃないお手頃なパッケージだから、「味が落ちてるんじゃないか」と少し不安になる方がいるかもしれませんが、コンビニだから、小さいボトルだからといって、日本酒の品質が落ちているなんてことはありません。同じ銘柄であれば、全く同じ日本酒なのでご安心ください。 コンビニでお酒を買うときは、日本酒に限ったことではないですが、年齢確認タッチパネルや、身分証の提示を求められることがあります。タッチパネルは「20歳以上ですか?」という質問の下に「はい」というボタンがあるので押すだけです。気軽に小銭だけ持って、またはキャッシュレスでスマホだけ持ってコンビニへ行くと、身分証を求められた場合ないといったこともありますので、幼く見られてしまうという人は年齢確認ができるものを忘れずに持って行きましょう! https://sake-5.jp/about-sake-in-packs/ 2.コンビニで買えるオススメの日本酒5選 コンビニで日本酒を買ったことがない人は、どんな銘柄が置いてあるのか想像もつきませんよね。コンビニで買えるおすすめの日本酒をご紹介します。 2-1.ワンカップ大関 コンビニの日本酒といえばワンカップ大関を思い浮かべる人も多いのではないでしょうか。我慢できず電車の中で飲んでいる人を見ると羨ましく感じますよね。 ワンカップ大関は1964年の東京オリンピックに合わせて発売されたロングセラー商品。飲み飽きないすっきりとした日本酒で、冷やしても常温でも温めても美味しく、料理の邪魔もしません。 ワンカップ大関には種類やサイズによって価格に差はありますが、150円前後で手に入るというのもうれしいポイント。まずは王道から飲んでみてはいかがでしょうか。 (出典元:amazon.com) 2-2.上善如水 居酒屋さんやスーパーなどでもよく見かける上善如水は、飲みやすく初心者にもおすすめの日本酒です。新潟県の南魚沼にある白瀧酒造で作られています。 上品でスタイリッシュな瓶は女性も手を伸ばしやすいですよね。純米吟醸なので、米の旨味をしっかり感じることができますが、口当たりは柔らかく水のように飲めると人気を集めています。価格は275mlで500円程度です。 2-3.上撰 白鶴 生貯蔵酒 フルーティーな生酒で飲みやすいと人気の「上撰 白鶴 生貯蔵酒」。生酒は長期保存には向かない商品が多いため、コンビニで飲みきりサイズが手に入るのはうれしいですよね。 冷やすとさらに飲みやすく美味しいと人気の日本酒なので暑い夏にもぴったりです。300mlで346円(税抜)となっています。 (出典元:amazon.com) 2-4.越後桜 大吟醸 「越後桜 大吟醸」は米の旨味がしっかりと感じられ、甘味と酸味のバランスがいいと人気の日本酒です。冷やして飲むとすっきりとした酸味を強く感じることができます。逆にぬる燗くらいにすると米の旨味と甘味が感じられるので、その日の気分や季節によって温度を変えて楽しめる日本酒です。300mlで500円程度となっています。大吟醸なのにこの価格はコスパ◎ですね。 (出典元:越後桜酒造の商品ラインナップ) 2-5.菊正宗 上撰 樽酒ネオカップ 酒樽に貯蔵した珍しい日本酒もコンビニで買えちゃいます。 木の香りを感じることができるのは菊正宗 純米樽酒だけかもしれません。キリッとしたのど越しと米の豊かな余韻がたまりません。ゆっくりと味わいたい日本酒です。価格は、180ml で250円程度です。 (出典元:amazon.com) 3.コンビニで買える日本酒のつまみ 日本酒だけ買うつもりだったけど、コンビニに入るとついついおつまみも買っちゃおうかな?と思ってしまう人も少なくありません。珍味などもありますが、コンビニといえば、やはり「おでん」。冬はこれで決まりといっても過言ではないかもしれませんね。 他にもお肉系のおつまみも外せません。ローソンには定番の「からあげクン」、ファミリーマートにはお母さん食堂でお馴染みの「じっくり煮込んだ豚角煮」が日本酒と相性抜群。 またセブンイレブンには日本酒にぴったりの三角おつまみシリーズがあります。イカ焼きや焼とうもろこし、枝豆など今すぐ食べたいおつまみがそろっています。 4.コンビニの日本酒はコスパが良い? 上善如水は1800mlだと2,600円ですが、コンビニサイズの180mlだと286円なので、少しだけ小さいサイズの方が高め。越後桜 大吟醸は1800mlだと2,467円ですが、コンビニサイズの300 mlだと503円なのでこちらも小さい方が高め。 上撰 白鶴 生貯蔵酒は、元々大きいサイズはないのですが、500mlのボトル缶は500円、180ml瓶は211円となっているのでやはり量が多い方が少しお得。値段だけで見ると大きいサイズを買ったほうが当然ですがお得ですね! ただ1つ1つが少量なので、自分の好みの日本酒を探すという観点で考えるとコスパが良いといえるのではないでしょうか!また、美味しい日本酒を無駄にせずに楽しみきれるというのも良いところですね。 5.まとめ コンビニだからと侮ってはいけません!コンビニには魅力的な日本酒がたくさんあります。今すぐ日本酒が飲みたい、いろいろな種類の日本酒をちょっとずつ飲みたい、お気に入りの日本酒がなかなか見つからないな…なんてときはコンビニで日本酒を探してみては?

人気の記事

最新の投稿

読んで日本酒をもっと楽しく