プレゼントに!ラベルがおしゃれでおいしい日本酒10選

日本酒は、香りや味も大切ですが、贈り物にするときはやはり「見た目」も大切。瓶やラベルがおしゃれな日本酒をプレゼントにしたいですよね。

今回はプレゼントにぴったりな飲み切りサイズの四合瓶で、おしゃれな見た目の日本酒をたっぷりご紹介します。

1.センスが良いと思われる!おしゃれでプレゼントにおすすめの日本酒10選

日本酒は香りや味も大切ですが、プレゼントするのであれば見た目にもこだわりたいものです。今回はプレゼントのサイズとしてちょうどいい、四合瓶(720ml)のおしゃれな日本酒を集めてみました。

1-1.勝山 特別純米 鴒(れい)

「勝山 特別純米 鴒」はまるでワインボトルのようなおしゃれな瓶に、青のラベルが映えるおしゃれなデザイン。宮城県の勝山酒造で造られています。

マスクメロンを思わせる上品な香り、貫禄のある甘味の日本酒。アルコール度数は12度とやや低めで、甘いふくよかなタイプですが口当たりがよく飲みやすいのが特徴。濃い味の料理とも相性がよく、食後にじっくりとデザートのように味わうこともできる日本酒です。

日本酒は好きだけど、たくさんは飲めないといった人や、日本酒初心者、女性にもおすすめの贈り物です。

勝山 特別純米 鴒

(出典:KIJIMAYA

1-2.出雲富士 白ラベル 純米酒

島根県の富士酒造で造られている「出雲富士 白ラベル 純米酒」。黒に近い濃い色の瓶に、白のラベルに「IZUMOFUJI」の文字がモノトーンでかっこいいスタイリッシュな見た目の日本酒です。

島根県産の山田錦を使用しており、米の旨味をしっかりと感じることができます。ほどよい酸味も心地よく、和食と相性がいい日本酒です。冷やしても常温でも温めても楽しめるので、相手の好みが詳しくわかっていなくても外さないプレゼントにぴったりの日本酒です。

出雲富士 白ラベル 純米酒

(出典:KIJIMAYA

1-3.萩の鶴 メガネ専用 特別純米酒 H30BY

メガネをかけた顔と視力検査でお馴染みのマークまで描かれた「萩の鶴 メガネ専用 特別純米酒 H30BY」。10月1日は日本酒の日ですが、メガネの日でもあることから、メガネをかけた蔵人さんたちがレンズを曇らせながら一生懸命作りました。

宮城県の萩野酒造で造られています。マスカットのような香り、ほのかな甘みと特徴的な酸味のあとに少し残る苦味がまるで柑橘系のようなさわやかさ冷やして飲むのがおすすめですが、氷を入れてロックも美味しいです

メガネがトレードマークの人に贈るのも面白いですが、もちろん裸眼やコンタクトレンズの人にも飲んでほしい一品。変わった日本酒が好き、新しいものが好きといった人の贈り物におすすめです。

萩の鶴 メガネ専用 特別純米酒

(出典:KIJIMAYA

1-4.Ohmine Junmai 3grain 火入れ

山口県の大嶺酒造で造られている「Ohmine Junmai 3grain 火入れ」は日本酒には珍しい透明の瓶。お米の粒のような瓶のデザインはヨーロッパのデザインチームにお願いしたのだそう。

山口県の名産である20世紀梨のような甘味と酸味を感じることができ、同時に米の旨味も口の中に広がりますプレーンなタイプの日本酒なので飲みやすく万人受けすることでしょう。

Ohmine Junmai 3grain 火入れ

(出典:IMADEYA

1-5.Mizubasho Artist Series 2020 片岡鶴太郎

「Mizubasho Artist Series 2020 片岡鶴太郎」はその名のとおり俳優の片岡鶴太郎さんがデザインしたラベル。指で描かれたソフトタッチの水芭蕉が素敵です。飲み終わったあとも瓶を飾っておきたいくらいなので、女性へのプレゼントにもおすすめ。

グレープフルーツのような柑橘系の香りと、ライチやパッションフルーツのような甘味が特徴的な日本酒です。食事よりもスイーツや果物などと合わせてデザート感覚で楽しみたい1本です。

Mizubasho Artist Series 2020 片岡鶴太郎

(出典:IMADEYA

1-6.風の森 みんなで花火を打ち上げるお酒

奈良県の油長酒造で造られている「風の森」。有名な銘柄なので一度は聞いたことがあるのではないでしょうか。「風の森 みんなで花火を打ち上げるお酒」は、大きな花火が夜空に打ち上げられた様子が描かれたおしゃれなラベル。

奈良県産露葉風100%使用しており、酸味や渋味のバランスがいい日本酒です。アルコール度数は14度と少し低めのため、初心者にも飲みやすいです。

コロナ禍で中止になってしまった夏祭りの風物詩である花火大会。そんな悲しい気持ちを吹き飛ばすために、この日本酒は造られました。10月1日にYouTubeで花火大会をする予定。夏のイベント好きの人に贈り、この日本酒と一緒に花火大会を楽しんでもらってはいかがでしょうか。

風の森 みんなで花火を打ち上げるお酒

(出典:IMADEYA

1-7.AKABU 純米大吟醸 極上ノ斬

インパクトのある武士が描かれている、岩手県の赤武酒造で造られている「AKABU 純米大吟醸 極上ノ斬」。岩手産の最高峰「結の香」を使用しています。旨味と究極のキレにこだわっており、超低温発酵で-1℃の氷温にて搾り、丁寧に仕上げた一品。

フルーティーな香りで、甘く口当たりがいいので、濃厚ですが飲みやすい日本酒です。希少価値が高いので贈り物としても喜ばれます。

AKABU 純米大吟醸 極上ノ斬

(出典:IMADEYA

1-8.百年貴醸酒 2016

スタイリッシュな黒の瓶の「百年貴醸酒 2016」は福島県の仁井田本家で造られており、創業300年となる2011年からうなぎのタレ方式、つまり継ぎ足していく方式で造り始めた貴醸酒。創業400年目のときには100年分継ぎ足されているという思いがラベルに込められています。さらにラベルを見ることで何年目かわかるようになっているのです。

甘めな口当たりですが、ほのかな余韻が癖になります。常温がおすすめですが、温めると少し紹興酒風に。長くお付き合いをしたいという意味を込めて、毎年「百年貴醸酒」を贈るのもいいかもしれません。

百年貴醸酒 2016

(出典:IMADEYA

1-9.一ノ蔵 Madena(までな)

宮城県の一ノ蔵は飲食店でもよく見かける定番の日本酒です。「一ノ蔵 Madena」は、世界三大酒精強化ワインと呼ばれているマデイラワインの製法を応用して3年間熟成し完成しました。

ラベルは一ノ蔵のロゴマークであるひし形をモチーフにしており、琥珀色・芳醇な香り・濃厚で深みのある味わいなど商品の特徴を表しています。チーズやナッツなどと相性がよく、ワイン感覚で楽しめます。日本酒好きだけではなく、お酒が好きという人にもおすすめのプレゼントです。

一ノ蔵 Madena

(出典:IMADEYA

1-10.雨後の月 大吟醸 月光

「雨後の月 大吟醸 月光」は三日月がきらっと輝くラベルが目を引く高級感のある日本酒です。広島県の相原酒造で造られています。

フルーティーな香りとバランスの良い甘味と酸味が広がり、透明感のある切れ味が特徴です。癖がない日本酒なので男女問わず贈り物にぴったり。

雨後の月 大吟醸 月光

(出典:IMADEYA

まとめ

ラベルがおしゃれな日本酒をご紹介しました。たかが見た目されど見た目。せっかくプレゼントするなら飲む前から楽しめるおしゃれなラベルの日本酒を贈ってみてはいかがでしょうか。