ホーム 未分類 日本酒を気軽に楽しめる「角打ち」を知っていますか?

日本酒を気軽に楽しめる「角打ち」を知っていますか?

0
日本酒を気軽に楽しめる「角打ち」を知っていますか?

いまはあまり見なくなった「角打ち(かくうち)」。

角打ちという言葉を知らない、聞いたこともないという人も若い人のなかでは結構いるのではないでしょうか。

今回は「角打ち」について紹介していきます。

1.「角打ち」とは

1.酒屋の店内において、その酒屋で買った酒を飲むこと。また、それができる酒屋のこと。
2.また上記意味合いから、安く飲むことができる立ち飲み屋を「角打ち」と表現する店もある。
3.枡で酒を飲むこと

(出典元:Wikipedia

基本的に角打ちとは、「酒屋の店内において、そのお店で買った酒を店内で飲むこと」を指しています。

3の「枡で酒を飲むこと」というのは、角打ちの歴史からそのような解釈が生まれています。

1-1.「角打ち」の語源

角打ちの語源は諸説あると言われていますが、「枡を使って量り売りされている日本酒を、枡の角に口をつけて飲むこと」「酒屋の店の隅(角)で飲むこと」などから由来すると言われています。

2.角打ちのできるお店3選

角打ちできるお店は以外にもたくさんあります。

角打ちできるお店を紹介します。

2-1.スタンディングルーム鈴傳

「スタンディングルーム鈴傳」は、昔は良く見られた酒屋の「角打ち」を原型としており、現在の“立ち飲み居酒屋”の草分け的存在となっているお店です。

日本酒は店内の在庫に基づいて毎日変わり、値段は450円から楽しむことができます。

おつまみも名物牛すじが火曜日、名物レバーが水曜日、煮玉子・串カツが金曜日、その他手作りのおつまみが400円~450円で日替わりで楽しめます。

住所 東京都新宿区四谷1-10
営業時間 平日17:00〜21:00(自粛期間16:00~20:00)
サイト http://suzuden-sake.com/

 

2-2.銀座 君嶋屋

銀座と東京駅の間、外堀通り沿いの銀座1丁目にある「銀座 君嶋屋」です。

スタンディングバーで10種類以上の日本酒を楽しむことができます。

週末には飲み比べセットや特別なワインも楽しむことができるので、いろんな日本酒やお酒を楽しみたいという方におすすめです

住所 東京都中央区銀座1-2-1紺屋ビル1F
営業時間 月〜金 10:30〜21:00
土 10:30〜20:00
日祝 10:30〜19:00
サイト https://kimijimaya.co.jp/shop/ginza


2-3.KURAND SAKE MARKET 池袋店

「KURAND SAKE MARKET」池袋店は、3000円の前払式でなんと日本酒約100種類が飲み比べし放題のお店です。

時間制限もないので、心ゆくまで様々な日本酒を飲み比べて楽しむことができます。

お料理は持ち込みやデリバリーで調達が可能です。途中の入退店も可能ですが、自分の好きなおつまみを用意してからお店を訪れるとスムーズに楽しめます。

住所 東京都豊島区西池袋3-27-3 s&kビル4階
営業時間 平日17:00~22:30(LO 22:00)
土日12:00〜16:00(15:30LO)
17:00~22:30(LO 22:00)
サイト https://kimijimaya.co.jp/shop/ginza

 

まとめ

「角打ち」の紹介でした。

今では「酒屋で買ったお酒を飲む」というよりかは「ふらっと気軽に立ち寄ったら気軽に飲めるお店」としての使われ方、ニュアンスが主となっておりますね。

ぜひ、仕事帰りなどにふらっと立ち寄ってみてはいかがでしょうか?