冷蔵庫の野菜室で日本酒を保存して良い?各部屋の違いからベストを解説!

冷蔵庫を開ける女性

「日本酒って野菜室での保存でもいいの?」「冷蔵庫の中だったらどの場所がいい?」この記事ではこのような日本酒の保存方法についての疑問についてお答えしていきます!

日本酒の正しい保存の仕方から、冷蔵庫で日本酒を保存するときの一番良い方法まで解説するので、日本酒を手に入れた際はぜひ参考にしてみてくださいね。

1. 日本酒は冷蔵庫の野菜室で保存してもいいの?

1-1. 日本酒の正しい保存方法は冷暗所で縦置き

日本酒は冷暗所で縦置きするのが基本の保存方法。スーパーの日本酒売り場などでも、日の当たる窓際には決して売り場を作らず、全て日本酒を縦に並べて売り場を作っています。

家庭で保存する場合でも同じように「冷暗所で縦置き」にするのが、正しい保存方法です。特に最も温度的に良いのは、−5度だと言われています。

日本酒の正しい保存方法を学ぶ!マイナス5度が最適って知ってた?

収納場所の形によっては寝かせて保存してしまいがちですが、開封後の日本酒を寝かせておくと瓶の中で空気に触れる面積が増えてしまい、劣化が進んでしまうため、空気に触れる面積が一番少ないように縦に並べて保存しましょう。

1-2. 縦置きで保管できれば、野菜室は日本酒の保管に適してます!

冷蔵庫の野菜室は、日光があたる心配がなく紫外線による劣化が抑えられて温度も低く、かつ開け締めが頻繁ではないため、日本酒の保管に適している保管場所といえます!

冷蔵庫の野菜室のサイズ的に、日本酒の瓶が縦置きで保存できないことも多いですが、大きめのファミリーサイズの冷蔵庫を使っていて、もし縦置きができるのであれば、日本酒を保存に適した環境です!

ここからは、冷蔵庫内で最も日本酒の保存に適した部屋はどこなのか?について深堀りしていきます!

ここがPOINT!

  • 日本酒は「冷暗所で縦置き」にするのが、正しい保存方法(温度はマイナス5度が最適)
  • 冷蔵庫の野菜室は、日本酒の保管に適している保管場所

 

冷蔵庫 野菜室

2. 冷蔵庫で日本酒の保存に最も適しているのはどこ?

2-1. 冷蔵庫のそれぞれの部屋の温度

冷蔵庫の各部屋では、ぞれぞれ温度が以下のようになっています。

温度
パーシャル室 −3度
チルド室 0度
冷蔵室 3度
野菜室 5度
冷凍室 −18度

 

パーシャル室とチルド室は混同してしまいがちですが、パーシャル室はチルド室に比べて温度が低く、食材を半冷凍状態に維持する役割。逆にチルド室は食材が凍らないような温度を維持しているので、ヨーグルトや加工肉食品など、温度を低く維持したいけど凍らせたくはないものを入れることが多いです。

野菜室は冷蔵室よりも高い湿度を保っています。野菜が乾燥しすぎないような環境に整っているのです。

2-2. 温度的には、日本酒の保管場所は パーシャル or チルド室 が最良!

日本酒を保存するのに最適な温度ではパーシャル室かチルド室がおすすめ。ただ、パーシャル室やチルド室 は特殊な冷蔵庫でもない限り、狭いので横置きになってしまうのが難点

なので温度面を重視して考えると、冷蔵庫で最も日本酒の保存に適しているのは、パーシャル室とチルド室、その次に冷蔵室が良いといえますね。

ちなみに、冷凍庫を使うとみぞれ酒が作れる反面、場合は瓶が割れる可能性があるのでご注意ください。

日本酒は冷凍すると瓶が割れる可能性有り!保存方法〜みぞれ酒の作り方を解説!

2-3. 低温✕縦置きで確実に保存できるのは冷蔵室!

日本酒の保存は、前述の通り「冷暗所で縦置き」が良いとされています。その考えでいうと、冷蔵室であればおよそ3度で縦置き保存ができるので、日本酒の正しい保存場所としてのポイントを全てクリアしているといえます。

ただ、0度での横置き保存と、3度での縦置き保存、どちらが良いという断定はできないので誤差と割り切って好みで考えても良いかと思います。

横置きで保存すると、瓶のフタのニオイ移りや空気による酸化が起こりやすかったり、中身が漏れてしまう可能性などが指摘されていますね。そういった面を気にされるのであれば、冷蔵室での縦置きをおすすめします!

ここがPOINT!

  • 温度面では、パーシャル室(−3度)>チルド室(0度)>冷蔵室(3度)>野菜室(5度)の順で最適
  • 0度での横置き保存と、3度での縦置き保存、どちらが良いという断定はできない→お好みで

日本酒をもってOKサインを出す女性

まとめ

縦置きで保管できれば、野菜室は日本酒の保管に適していますが、「低温✕縦置き」で考えると冷蔵室の方が保存に適している。というのが見えてきました。

ただ、開閉数が多いため若干の紫外線による影響が気になったり、0度での横置き保存と、5度での縦置き保存でどちらがベスト。という断定は難しいので、細かい部分は好みになってしまうと思います。

また、縦置きにすることで空気による酸化を防ぐことにつながりますが、中には酸化により口当たりが変化した日本酒の方が好みだという方もいますので、ご自身やご家族の好みに合わせた保管方法を選んでみてくださいね。

ここがPOINT!

  • 日本酒は「冷暗所で縦置き」にするのが、正しい保存方法(温度はマイナス5度が最適)
  • 冷蔵庫の野菜室は、日本酒の保管に適している保管場所
  • 温度面では、パーシャル室(−3度)>チルド室(0度)>冷蔵室(3度)>野菜室(5度)の順で最適
  • 0度での横置き保存と、3度での縦置き保存、どちらが良いという断定はできない→お好みで
  • 温度を気にするなら、パーシャル室(−3度)やチルド室(0度)
    縦置きを気にするなら、冷蔵室(3度)や野菜室(5度)で保存しましょう!