日本酒でよく聞く「純米大吟醸」とは?オススメの銘柄10選もご紹介!

純米大吟醸と聞くと、どのようなイメージをお持ちですか?多くの方が、「高級そう」「美味しそう」だと思われるのではないでしょうか。

ここでは、純米大吟醸とは何か?そもそも吟醸とは?から、純米大吟醸と大吟醸の違いについてもお伝えしていきます。そして最後には、日本酒好きの方から日本酒が苦手な方まで楽しんでいただけるオススメの日本酒をご紹介したいと思います。

1. 日本酒でよく聞く「純米大吟醸」とは何?

日本酒には、原料や精米歩合などが定められた特定名称酒と呼ばれる種類があり、その中の一つに純米大吟醸があります。(精米歩合とは、米を削った割合のこと。米は中心部ほど甘く、削るほどに雑味が減り、スッキリとした味わいになります。)

原料 精米歩合 造り
純米酒 米、米こうじ
特別純米酒 60%以下、または特別な製造方法
純米大吟醸酒 米、米こうじ、醸造アルコール 50%以下 吟醸造り
純米吟醸酒 60%以下
吟醸酒 60%以下
大吟醸酒 50%以下
本醸造酒 70%以下
特別本醸造酒 60%以下、または特別な製造方法

 

純米大吟醸は、水と米と米麹のみで造られ、原料であるお米をたくさん削って低温でゆっくりと発酵させているため、コメ本来の旨みや甘みを感じられ、雑味がないものになっていきやすいです。

1-1. 純米大吟醸の”純米”は「原料が水と米、米こうじだけ」という意味

日本酒の種類は大きく「純米酒/吟醸酒/本醸造酒」の3つ!わかりやすく解説

 

特定名称酒の表を見ると「大吟醸」と「純米大吟醸」が別になっているのがわかりますよね。まず、純米大吟醸に含まれる「純米」という言葉について解説します。

この違いは使用原料にあり、醸造アルコールを使っているかいないかの違いで、大吟醸は香りを引き立てる効果のある醸造アルコールが使われており、純米大吟醸は純米という名の通り、米と米麹だけで造られています。

大吟醸よりも純米大吟醸の方がランクが上だと思われる方も多いですし、値段設定がそうなっているケースもありますが、醸造アルコールは味や風味を整えて、より美味しくするために考えて添加されているものなので、一概にどちらが上という判断をせずに、どちらもたくさん高いお米を削って、美味しく造られた日本酒だと考えていただきたいです

自分好みの日本酒を探すこともまた日本酒の魅力でもあります!

1-2. 純米大吟醸の「大吟醸」とは、お米を50%以上削って丁寧に造られたという意味

吟醸とは読んで字のごとく、吟味した原料を用い丁寧に醸造することをいい、日本酒もまたこの製法によって造られています。

この製法で造られた日本酒を″吟醸酒”と呼び、日本酒作りに適した白米を4割以上削り(精米歩合60%以下)、選び抜かれた優良な醸造酵母と合わせ、5〜10度ほどの低温で長期間じっくりと発酵させるなど、特別に吟味して製造されています。これを「吟醸造り」といいます。

「吟醸造り」によりできた吟醸酒は、吟醸香といわれるりんごやメロンのようなフルーティーで華やかな香りに特徴のある銘柄も多く、滑らかでみずみずしくスッキリとした印象になります。

1-3. 特定名称酒の見分け方はカンタン!「純米」と「吟醸」だけ覚えよう!

特定名称酒についての見分け方は、純米がついていれば材料が水と米と米麹。純米と付いていなければ醸造アルコールなどがお酒を整えるために添加されている。吟醸がついていれば、たくさんお酒を削って、低温で発行させている。という点だけ覚えておけばOKです!

造りは重要な要素であることは間違いないですが、「普通種だからマズい」「大吟醸だからウマい」という意味ではありません!

2. 純米大吟醸の日本酒でオススメの人気銘柄10選

2-1. 加茂錦(かもにしき)

  • 精米歩合:50%
  • 酒米:山田錦
  • 醸造元:加茂錦酒造(新潟)

特徴:飲み飽きることのない抑えた甘さとフレッシュ感、やわらかさのバランスが魅力。

2-2.  大七 箕輪門(だいしち みのわもん)

  • 精米歩合:50%
  • 酒米:山田錦
  • 醸造元:大七酒造(福島)

特徴:スッキリとした飲み口ながら旨みもしっかりあり、上品な香りとやわらかな舌触りは絶品。

2-3. 青煌(せいこう)

  • 精米歩合:40%
  • 酒米:愛山
  • 醸造元:武の井酒造(山梨)

特徴:バラの花から分離された酵母を使用し、キレの良い酸により爽やかな味わい。

2-4. 醸し人九平次(かもしびとくへいじ)

  • 精米歩合:50%
  • 酒米:山田錦
  • 醸造元:萬乗醸造(愛知)

特徴:熟した果実味をベースとした爽やかな香りと綺麗な酸味。魚介類との相性は抜群。

2-5.松の司 (まつのつかさ)

  • 精米歩合:50%
  • 酒米:山田錦
  • 醸造元:松瀬酒造(滋賀)

特徴:爽やかで深い香りと熟したリンゴのような果実味のある濃厚な味わいが特徴。

2-6.月の桂 (つきのかつら)

  • 精米歩合:50%
  • 酒米:祝
  • 醸造元:増田德兵衛商店(京都)

特徴:にごり酒の元祖蔵元。フレッシュでシャープな味わいの”米のスパークリング”。

2-7. 紀土 —KID—(きっど)

  • 精米歩合:50%
  • 酒米:山田錦
  • 醸造元:平和酒造(和歌山)

特徴:華やかな甘みはもちろん、後味にキレがあり、飲み飽きることのないスパークリング清酒。

2-8.龍力 (たつりき)

  • 精米歩合:35%
  • 酒米:兵庫県特A地区秋津産山田錦
  • 醸造元:本田商店(兵庫)

特徴:リンゴや洋ナシのような香り高くまろやかで、後味はハーブのような爽やかな甘口酒。

2-9.石鎚(いしづち)

  • 精米歩合:50%
  • 酒米:山田錦
  • 醸造元:石鎚酒造(愛媛)

特徴:酸味のしっかりとした味わいでバランスがよく、程よい香りと米の旨みが感じられる。

2-10.東一(あづまいち)

  • 精米歩合:39%
  • 酒米:山田錦
  • 醸造元:五町田酒造(佐賀)

特徴:南国のフルーツのような香りが味に溶け込んだ、爽やな深い味わいが楽しめる。

まとめ

純米大吟醸とは、水と米と米麹のみで造られたとてもシンプルな日本酒ですが、特別に吟味され丁寧に造られた日本ならではのお酒だということが、お分かりいただけたかと思います。

フルーティーな香りが楽しめ米本来の甘みを感じられる物も多く、想像していたよりも飲みやすい!と、日本酒の魅力にハマる方も多くいらっしゃいます。

価格帯もそれぞれなので、日本酒初心者という方にも、純米大吟醸はぜひ飲んでいただきたい日本酒です。