コンビニ日本酒は飲みきりサイズで家飲みのお酒にピッタリ!

24時間365日、営業してくれている「コンビニ」。『仕事で遅くなってしまったけど、少しだけ日本酒を飲んでから寝たい!』といったときも、その願いを叶えてくれるのがコンビニのいいところ。

今回はコンビニで買える日本酒や、コンビニで日本酒を買うなら一緒に購入したいおすすめおつまみなどもご紹介します。

1.自分好みの日本酒を探すならコンビニがおすすめ!

普段酒屋さんで日本酒を購入している人も、新しい日本酒に挑戦したい、自分好みの日本酒を探しているというときはコンビニがおすすめ。なぜならコンビニの日本酒はほとんどが小さい飲みきりサイズのボトルだから。

残さず飲めるので保管に気を使うことなく、万が一残してしまっても小さいボトルなので立てたまま保管することが可能で、とても便利なのです。日本酒は好きだけどたくさんは飲めないといった人もコンビニサイズなら安心ですね。

1-1. 小さいサイズでも質は同じ!

瓶じゃないお手頃なパッケージだから、「味が落ちてるんじゃないか」と少し不安になる方がいるかもしれませんが、コンビニだから、小さいボトルだからといって、日本酒の品質が落ちているなんてことはありません。同じ銘柄であれば、全く同じ日本酒なのでご安心ください。

コンビニでお酒を買うときは、日本酒に限ったことではないですが、年齢確認タッチパネルや、身分証の提示を求められることがあります。タッチパネルは「20歳以上ですか?」という質問の下に「はい」というボタンがあるので押すだけです。気軽に小銭だけ持って、またはキャッシュレスでスマホだけ持ってコンビニへ行くと、身分証を求められた場合ないといったこともありますので、幼く見られてしまうという人は年齢確認ができるものを忘れずに持って行きましょう!

日本酒の美味しいパック酒6選!瓶とパック酒では味は落ちるの?

2.コンビニで買えるオススメの日本酒5選

コンビニで日本酒を買ったことがない人は、どんな銘柄が置いてあるのか想像もつきませんよね。コンビニで買えるおすすめの日本酒をご紹介します。

2-1.ワンカップ大関

コンビニの日本酒といえばワンカップ大関を思い浮かべる人も多いのではないでしょうか。我慢できず電車の中で飲んでいる人を見ると羨ましく感じますよね。

ワンカップ大関は1964年の東京オリンピックに合わせて発売されたロングセラー商品。飲み飽きないすっきりとした日本酒で、冷やしても常温でも温めても美味しく、料理の邪魔もしません。

ワンカップ大関には種類やサイズによって価格に差はありますが、150円前後で手に入るというのもうれしいポイント。まずは王道から飲んでみてはいかがでしょうか。

(出典元:amazon.com)

2-2.上善如水

居酒屋さんやスーパーなどでもよく見かける上善如水は、飲みやすく初心者にもおすすめの日本酒です。新潟県の南魚沼にある白瀧酒造で作られています。

上品でスタイリッシュな瓶は女性も手を伸ばしやすいですよね。純米吟醸なので、米の旨味をしっかり感じることができますが、口当たりは柔らかく水のように飲めると人気を集めています。価格は275mlで500円程度です。

2-3.上撰 白鶴 生貯蔵酒

フルーティーな生酒で飲みやすいと人気の「上撰 白鶴 生貯蔵酒」。生酒は長期保存には向かない商品が多いため、コンビニで飲みきりサイズが手に入るのはうれしいですよね。

冷やすとさらに飲みやすく美味しいと人気の日本酒なので暑い夏にもぴったりです。300mlで346円(税抜)となっています。

(出典元:amazon.com)

2-4.越後桜 大吟醸

「越後桜 大吟醸」は米の旨味がしっかりと感じられ、甘味と酸味のバランスがいいと人気の日本酒です。冷やして飲むとすっきりとした酸味を強く感じることができます。逆にぬる燗くらいにすると米の旨味と甘味が感じられるので、その日の気分や季節によって温度を変えて楽しめる日本酒です。300mlで500円程度となっています。大吟醸なのにこの価格はコスパ◎ですね。

越後桜 大吟醸

(出典元:越後桜酒造の商品ラインナップ

2-5.菊正宗 上撰 樽酒ネオカップ

酒樽に貯蔵した珍しい日本酒もコンビニで買えちゃいます。

木の香りを感じることができるのは菊正宗 純米樽酒だけかもしれません。キリッとしたのど越しと米の豊かな余韻がたまりません。ゆっくりと味わいたい日本酒です。価格は、180ml で250円程度です。

(出典元:amazon.com)

3.コンビニで買える日本酒のつまみ

日本酒だけ買うつもりだったけど、コンビニに入るとついついおつまみも買っちゃおうかな?と思ってしまう人も少なくありません。珍味などもありますが、コンビニといえば、やはり「おでん」。冬はこれで決まりといっても過言ではないかもしれませんね。

他にもお肉系のおつまみも外せません。ローソンには定番の「からあげクン」、ファミリーマートにはお母さん食堂でお馴染みの「じっくり煮込んだ豚角煮」が日本酒と相性抜群。

またセブンイレブンには日本酒にぴったりの三角おつまみシリーズがあります。イカ焼きや焼とうもろこし、枝豆など今すぐ食べたいおつまみがそろっています。

4.コンビニの日本酒はコスパが良い?

上善如水は1800mlだと2,600円ですが、コンビニサイズの180mlだと286円なので、少しだけ小さいサイズの方が高め越後桜 大吟醸は1800mlだと2,467円ですが、コンビニサイズの300 mlだと503円なのでこちらも小さい方が高め

上撰 白鶴 生貯蔵酒は、元々大きいサイズはないのですが、500mlのボトル缶は500円、180ml瓶は211円となっているのでやはり量が多い方が少しお得。値段だけで見ると大きいサイズを買ったほうが当然ですがお得ですね!

ただ1つ1つが少量なので、自分の好みの日本酒を探すという観点で考えるとコスパが良いといえるのではないでしょうか!また、美味しい日本酒を無駄にせずに楽しみきれるというのも良いところですね。

5.まとめ

コンビニだからと侮ってはいけません!コンビニには魅力的な日本酒がたくさんあります。今すぐ日本酒が飲みたい、いろいろな種類の日本酒をちょっとずつ飲みたい、お気に入りの日本酒がなかなか見つからないな…なんてときはコンビニで日本酒を探してみては?