会津の水、会津の米、会津の人々で造る正真正銘の地酒。「末廣」を解説!

末廣は福島県の歴史ある日本酒です。

有名な銘柄なので、名前は聞いたことがあるけど飲んだことはないという人も多いのでは?

今回は種類が豊富な末廣の魅力とたっぷりとご紹介していきます。

1.日本酒の末廣とは

末廣はG20大阪サミットの首脳夕食会で振舞われたり、SAKE COMPETITION 2017の純米大吟醸部門でGOLDを受賞したりと、世界的に注目されている日本酒です。どこで造られているのでしょうか?また名前の由来も見ていきましょう。

1-1.酒造元について

「末廣」は福島県の末廣酒造で造られています。仕込み水には蔵の地下に流れている天然水を使用米も仕込み水と同じ水、または仕込み水が湧く大地に育つ米とこだわりを持っています

江戸時代の1850年に創業した末廣酒造の嘉永蔵は、会津若松市歴史的景観指定建造物に指定されており、無料で見学することもできます。酒蔵のお酒がそろうショップや、酒蔵カフェの杏(きょう)もあるので、日本酒はあまり飲まないといった家族や友人といっても楽しめるスポットです。

1-2.末廣という名の由来

末廣の名前の由来は記されていませんが、おそらく酒造の名前から名づけたのでしょう。江戸時代の末期に、会津藩の御用酒蔵だった新城家から創業者の猪之吉が分家してできたのが「末廣」。創業したときは「大喜界」という銘柄などもありましたが、そのあと誕生した「末廣」が広まっていきました。

「末廣 大吟醸 玄宰」の「玄宰」は、会津藩大老の田中三郎兵衛玄宰から名づけられたといわれています。

2.末廣の種類と値段について

末廣にはさまざまな種類があります。酒は食と楽しむものというコンセプトがあるため、いろいろな料理やデザートと合うように種類が豊富なのです。値段と一緒にチェックしていきましょう。

2-1.大吟醸 末廣

精米歩合 酒米 価格
35% 兵庫県産山田錦 720ml:3300円(税込)

1800ml:6600円(税込)

評判

「大吟醸 末廣」は華やかな香りですが、キレがいいのでどんな料理と合わせても合います。旨味と酸味、甘味のバランスがとれた癖のない日本酒です。

大吟醸 末廣

(出典元:會津の酒 末廣

2-2.純米大吟醸 末廣

精米歩合 酒米 価格
35% 兵庫県産山田錦 720ml:3300円(税込)

評判

「純米大吟醸 末廣」は、口当たりがよく、ふくよかな米の旨味が広がります。透明感のある雑味のない綺麗な味わいです。

純米大吟醸 末廣

(出典元:會津の酒 末廣

2-3.純米大吟醸 玄宰

精米歩合 酒米 価格
35% 山田錦 720ml:8800円(税込)

評判

「純米大吟醸 玄宰」は末廣を代表する有名銘柄です。りんごのキャンディやジャムを思わせる柔らかく甘酸っぱい香りが特徴。しかし飲むと裏切られたというくらいキリッとすっきりとした味わいで、甘味と酸味のバランスが取れています。

食事中に合わせるのもいいですが、ナッツやドライフルーツをつまみながら飲むのもおすすめです。

純米大吟醸 玄宰

(出典元:會津の酒 末廣

2-4.伝承山廃純米 末廣

精米歩合 酒米 価格
60% 国産米 300ml:528円(税込)

評判

山廃とは、酵母を育成する技術のこと。生酛(きもと)造りで行う米や米麹をすり潰す山卸しという作業を行わず、自然界から乳酸を呼び込み酵母を育てています。

「伝承山廃純米 末廣」は、そんな山廃造りを創始した嘉儀金一郎氏が伝承した貴重な日本酒。香りは穏やかで、甘味と酸味のバランスが取れた日本酒は熱燗がおすすめです。

伝承山廃純米 末廣

(出典元:會津の酒 末廣

2-5.末廣 吟醸生

精米歩合 酒米 価格
60% 国産米 300ml:495円(税込)

評判

「末廣 吟醸生」は、会津の雪どけをイメージして造られたキレのいい生酒すっきりとした甘味とフルーティーな香りが広がります。300mlの飲み切りサイズで、リーズナブルな価格なので毎日飲みたくなる日本酒です。

末廣 吟醸生

(出典元:會津の酒 末廣

3.末廣の購入方法

3-1.末廣が購入できる実店舗

末廣が購入できる店舗の一覧などは公表されていませんが、百貨店の催事場で試飲会などが行われています。また末廣が飲めるお店も、ホームページからチェックできるので見てみてくださいね。

https://www.sake-suehiro.jp/nominication/nominication.html

3-2.末廣が購入できる通販サイト

末廣は大手通販サイトでも購入できますが、正規の価格ではない価格で販売されていることがあるので注意が必要です。また、日本酒を専門に扱っていないお店では、品質管理が行き届いていない場合もあります。

直接商品を手にすることができない通販サイトは、日本酒に適した保存管理を行っている専門ショップを選ぶのがおすすめ。酒蔵が求める酒質そのままの、本当に美味しい末廣を購入することができますよ。

會津の酒 末廣

4.末廣の美味しい飲み方・楽しみ方

末廣はそのまま飲んでも美味しいですが、食事中に飲むことを計算して造っているので、料理と合わせて楽しむのがおすすめ。

また基本的には冷やして飲むか常温が香りも味もバランスよく感じられるのでおすすめですが、山廃純米は酸味がすっきりとする熱燗でゆっくりと味わってみるのが◎。

4-1.-5度で保管?

購入した末廣を美味しく保管するためには、温度管理がポイントとなります。日本酒は温度による酒質の変化を受けやすいお酒。蔵直送の味わいをキープするために理想的な温度帯は、酵母の働きがストップする-5℃だと言われています。

とはいえ、家庭用の冷蔵庫では-5℃をキープするのは簡単なことではありません。そこでおすすめしたいのが、日本酒専用に開発された冷蔵庫「日本酒セラー」です。日本酒に大敵な紫外線を避けつつ、-5℃をキープできるセラーなら、一度開栓した日本酒も美味しいまま保管できます。

日本酒セラーがない場合には、紫外線のあたらない冷暗所で縦置きで保管するのがおすすめ。日本酒は空気に触れると酸化しやすくなるため、開戦後はなるべく早く飲みきるように心がけてくださいね。

日本酒の正しい保存方法を学ぶ!マイナス5度が最適って知ってた?

5.末廣の期間限定品

末廣には季節限定の日本酒があります。「しぼりたて純米吟醸原酒生」は、できたばかりの純米吟醸酒を火入れや割水をせず瓶詰するので、フレッシュな状態の日本酒を味わうことができます。11月中旬頃からの販売です。

「ひやおろし純米吟醸原酒」は春にできた純米吟醸を、夏の間タンクで熟成し瓶詰します。米のまろやかな旨味がたまりません。こちらは9月上旬頃から販売されます。

6.まとめ

末廣は種類がとても豊富なので、自分好みの日本酒が見つかること間違いなしです。料理と合わせて日本酒と楽しみたい人は、末廣を飲んでみてはいかがでしょうか。また日本酒通というなら「伝承山廃純米 末廣」は欠かせないところ。寒い季節に熱燗で味わいたいですね。