イケてるラベルの日本酒10選をご紹介!カッコいいから可愛いまで

日本酒といえば好みの味、産地などで選ぶ方が多いのではないでしょうか。しかし、昨今では日本酒のラベル、パッケージだけを見て選ぶ人が増えています!

なぜ、ただのラベルが購入の決定打になるのでしょうか。今回は日本酒のラベル事情について解説していきます。

1.日本酒のラベルデザインが今注目されている!

日本酒のラベルといえば、和風フォントで銘柄名が書かれたシンプルなものが一般的、でした。しかし、昨今ではラベルデザインに凝った銘柄が次々と現れています。そのため、日本酒の選び方も昔とは違う一面が出てくるようになりました。詳細は以下のとおりです。

1-1.ジャケ飲みとは?

凝ったデザインのラベルが増えたことで、日本酒の「ジャケ飲み」をする人が増えています。ジャケ飲みとは、日本酒のパッケージのデザインに惹かれて飲むこと。本やCDなどのいわゆる「ジャケ買い」と似たようなものです。

日本酒初心者の場合、自分好みの銘柄、味の系統がわかっていません。そのため、パッケージの雰囲気を見て日本酒選びを行っているのです。

1-2.つい飾りたくなるデザイン

凝ったラベル、パッケージの日本酒はファッション性が高いのも特徴です。オシャレな部屋に飾っても、違和感なく溶け込むデザインが多くあります。飲み終わってからもインテリアとして使えるので、コレクターにはたまりません。

デザインの幅もモダンなものから、かわいいものまで多種多様。もはや日本酒は味だけではなく、ラベルのデザインも重要な要素となっています。

2.カッコいいラベルの日本酒4選

では、実際にラベルデザインに優れた日本酒にはどのようなものがあるのでしょうか。まずはカッコいいラベルの日本酒から見ていきましょう。

2-1.金紋秋田酒造 熟成古酒

(出典元:amazon.co.jp

「金紋秋田酒造 熟成古酒」は黒を基調としたラベルがカッコいい古酒。金色のアクセントカラーが華やかなデザインです。高級ワインのようなモダンなパッケージは、部屋に飾ると大人の雰囲気を演出します。

味のほうは古酒特有の深みのあるコクが特徴。濃厚な旨味はクセの強いチーズ、珍味とよく合います。上司や両親など、大人同士の宅飲みで開けたい一本です。

2-2.リンク8888

(出典元:amazon.co.jp

「リンク8888」は「8」をモチーフにしたスタイリッシュなラベルが人気の日本酒。富山の地酒「満寿泉」と、ウィスキーの銘柄「シーバスリーガル」のコラボ商品です。ウィスキーに使うオーク樽で貯蔵したユニークな銘柄。ラベルのデザインだけではなく、中身も希少なボトルです。

グラスに注げばオーク樽のフルーティーな香りが広がります。甘みのある味わいで、飲みやすいのも特徴。プレゼントに贈っても喜ばれやすいでしょう。

2-3.爽醸 久保田 雪峰 純米大吟醸

(出典元:amazon.co.jp

シンプルにかっこいいラベルの日本酒が「爽醸 久保田 雪峰 純米大吟醸」です。純白の言葉が似合う気品のあふれたパッケージ。上質な日本酒として名高い「久保田」が雪解けをイメージして作った日本酒です。ボトルに書かれた銘柄名の雪を思わせるフォントが印象的。

封を開ければ、新鮮な米の香りが漂います。ほのかな酸味があり、雪のように冷やして飲むとおいしい銘柄です。

2-4.玉川酒造  玉風味イットキー It’s the key

(出典元:amazon.co.jp

「玉川酒造 イットキー It’s the key」は鍵をモチーフにしたラベルがクールな銘柄。「日本酒の新たな扉を開く」という意味が込められているそうです。オシャレなボトルは見た目だけで手に取りたくなります。

中身は純米酒ですが、一般的なものより甘み、酸味が強め。人によってはワインのように感じられる味わいです。食中酒として飲みやすいといえます。

3.かわいいラベルの日本酒3選

日本酒といえば、古風、大人の雰囲気といった印象があります。しかし、最近ではかわいいラベルで若者、女性の注目を浴びる銘柄も豊富。以下ではかわいいラベルの日本酒を紹介していきます。

3-1.千代菊 純米 ねこと朝日米

(出典元:amazon.co.jp

「千代菊 純米 ねこと朝日米」はラベルにプリントされた猫のシルエットが好評の純米酒。ボトル中腹には猫の足跡もあしらわれています。見た目にかわいらしく、女性でも手に取りやすいデザインです。

中身の純米酒は口当たりがよく、お酒が苦手な人でも飲みやすさがあります。女子会などのパーティで出しやすい銘柄です。

3-2.月うさぎ ブルーベリー

(出典元:amazon.co.jp

まるでリキュールのようなボトルなのが「月うさぎ ブルーベリー」です。月をモチーフにした銀の装飾がかわいいと好評。女性の部屋に飾っても違和感なく、溶け込めます。オシャレな雰囲気をプラスできると好評です。

中身は日本酒にブルーベリー果汁をブレンドした甘いお酒。発酵の過程で細かい泡が生まれており、スパークリングワインのような感覚で飲めます。

3-3.環日本海 発泡性清酒 泡ブタ

(出典元:amazon.co.jp

「環日本海 発泡性清酒 泡ブタ」はミニボトルに入った発泡性清酒です。ラベルはブタのキャラクターに泡をイメージした模様のデザイン。ポップな印象で若者でも手に取りやすい日本酒となっています。

かわいい雰囲気ですが、味は日本酒特有のキレが抜群。泡の爽快なのど越しがたまらない銘柄です。

4.斬新なラベルデザインの日本酒3選

日本酒のラベルには今まで見たことのない一風変わったデザインもあります。作り手の遊び心が伝わるようなものばかり。以下では斬新なラベルデザインの日本酒を紹介していきます。

4-1.小玉醸造 太平山 生酛純米 神月

(出典元:amazon.co.jp

「小玉醸造 太平山 生酛純米 神月」は紙でラッピングされた純米酒です。一見、ただの新聞紙に包まれていますが、よく見ると英字新聞。和風フォントの銘柄名と、英字がうまく融合した斬新なデザインです。

肝心の中身は雑味がなく、米の旨味だけを抽出した本格派純米酒。のど越しのキレもよく、玄人好みの仕上がりになっています。

4-2.ほまれ酒造 うつくしま夢酵母純米酒アラジンボトル

(出典元:amazon.co.jp

「ほまれ酒造 うつくしま夢酵母純米酒アラジンボトル」は末広がりのボトルが特徴的な純米酒です。ランプのような形状と、青のカラーはオシャレな化粧水のよう。フタの部分はお猪口として使える機能性もあります。

中身の純米酒は口当たりがよく、フレッシュな香りが特徴。見た目の意外性と、飲みやすさからギフトにぴったりな銘柄です。

4-3.高垣酒造 電球の酒 てんきゅう

(出典元:amazon.co.jp

驚くほどユニークなデザインで話題なのが「高垣酒造 電球の酒 てんきゅう」です。その名のとおり、電球型のボトルに入った上撰酒。インテリアとしても置いておける面白いデザインです。意外性があるので、友人などに贈ると場が盛り上がるでしょう。

見た目とは裏腹に中身は高垣酒造の伝統ブランド。複雑なコクがある飲みごたえ抜群の清酒です。

5.まとめ

日本酒のラベルについて解説してきました。日本酒のラベルといえば地味な印象を持っていた人が多いことでしょう。昨今ではスタイリッシュでこだわりのあるデザインが増えています。好みのラベルで日本酒を選ぶという、新たな楽しみ方が生まれたといえるでしょう。

ぜひ、みなさんも日本酒のラベルデザインに注目してみてください。部屋に飾りたくなるお気に入りのデザインが見つかるはずです。