日本酒セラーの温度はどのくらい?おすすめの日本酒セラー2選!

日本酒の正しい保管の仕方をご存知ですか?

常温?冷蔵庫で冷やした方がいいの?とよくわからないという人が多いのではないでしょうか。

実は日本酒の保管に適した温度は「-5度」。インターネット上にはさまざまな温度が出ていますが蔵元さんの間では-5度が常識なのです。

しかし、家庭で-5度の環境を作るのは難しく、そんなときにおすすめなのが今回ご紹介する日本酒セラーです!

1.日本酒セラーの温度設定はどれくらい?

日本酒セラーの温度設定は、セラーの種類にもよりますが、基本的には-10度から10度まで設定できるものが多いです。日本酒は-5度で保管することが理想なので、日本酒専用のものは-5度に設定できるようになっています。

2. 冷蔵庫とはひと味違う。日本酒セラーの3つのメリット

冷蔵庫に保管しておけば充分だと考える人もいますが、ワインはちゃんとワインセラーにしまうのに日本酒は冷蔵庫というのは少し理不尽な気がしませんか?美味しい大切な日本酒だからこそ日本酒セラーに保管しましょう。

日本酒セラーを持つことでさまざまなメリットがあるのです。

2-1. 冷蔵庫に比べ温度が安定する

冷蔵庫は、部屋ごとに設定温度が違います。パーシャル室やチルド室が-3~0度くらいに設定されており、日本酒の理想である-5度に近いですが、縦置きが基本であるため、うまく保管できないことも。

日本酒セラーがあれば、庫内全体の温度が自分で設定した温度になるため、安定した環境で日本酒を保管することができます。日本酒セラーは日本酒を出し入れするときだけに開けるので、冷蔵庫のように頻繁に開け閉めすることで温度変化が起こるといった心配がないのです。

2-2. 縦置きできる本数が多い

一般的な家庭用冷蔵庫は棚が付いており、一升瓶を縦置きできるスペースは限られています。棚のせいだけではなく、他の食品も入っているのでいきなり日本酒の一升瓶のみならず四合瓶ですらスペースを確保するのは大変なときもありますよね。

日本酒セラーは細かく庫内を仕切っているわけではないので、一升瓶も余裕で収納できます

2-3. 日本酒に適した温度で保管できる(理想マイナス5度)

冷蔵庫で最も日本酒の保管に適している部屋は、約-3度のパーシャル室。しかし、パーシャル室は一升瓶を縦置きできるスペースはないのが一般的です。

日本酒セラーがあれば、庫内全体を日本酒の理想の温度である-5度で保管をすることが叶います。

 

すぐに日本酒セラーを買うことはできないという人は、冷蔵庫での日本酒の保管についてくわしく掲載しているのでこちらをご覧ください。

ここがPOINT!

  • 日本酒セラーは冷蔵庫に比べて温度が安定する
  • 縦置きできる本数が冷蔵庫よりはるかに多い(一升瓶も余裕)
  • 冷蔵庫はマイナス3度が限界だが、日本酒セラーは理想の温度であるマイナス5度で保管できる

冷蔵庫の温度から考える日本酒の保存場所選び!

3. マイナス5度で保管が可能!オススメの日本酒セラー2選

日本酒セラーは、ワインセラーと比べると、まだまだ種類が少ないのが現状。これは日本酒の保管に適した温度が-5度と知られていない証拠なのです。

日本人だからこそ、日本酒が好きだからこそ、適正な温度で保管して美味しく飲みたいものです。今回は真の日本酒通におすすめの日本酒セラーを2つご紹介します。

3-1.アクア 「SAKE CABINET CSR-15H」

温度設定:-10℃、-5℃、0℃、5℃、10℃
(5段階で設定可)
収納本数:四合瓶 約12本(上段) + 一升瓶 9本(中段) + 小物(下段)
紫外線防止:密閉型 縦置き:可能

日本酒をある程度多く保管したいけど場所は取りたくないという人におすすめなのが、アクア 「SAKE CABINET CSR-15H」。スタイリッシュで部屋の雰囲気も壊さないのでインテリアにこだわりのある人にもおすすめ。

3-2. SAKE CELLAR

温度設定:−5℃~20℃
(1度単位で設定可)
収納本数:一升瓶 60本、四合瓶 104本
紫外線防止:密閉型 縦置き:可能

大量保管が叶う本格的な日本酒セラー。左と右で温度設定を変えることができるので、ワインも一緒に保管したいなど、別のものも保管ができます。見た目もおしゃれで上級者向きの日本酒セラーです。

セラー、冷蔵庫


まとめ

日本酒の保管に適した温度は-5度。日本酒好きなら最後の一滴まで美味しく飲みたいですよね。真の日本酒通になるために、飲み方だけではなく、保管にもこだわりをもちましょう。そして冷蔵庫でうまく保管ができないと悩んでいる人は、日本酒セラーを購入を検討してみてはいかがでしょうか?