特別な日のプレゼントに!プレゼントにおすすめな高級日本酒6選

特別な日のプレゼントに!プレゼントにおすすめな高級日本酒

お酒が好きな大切な人へプレゼントするため、高級な日本酒を…と考えても、普段はなかなか手を出しにくく、希少価値も高いため見つけにくい、どうやって探したらいいのかわからないという人も多いのではないでしょうか。

今回は普段なかなかお目にかかれない、プレゼントにおすすめの高級な日本酒をたっぷりとご紹介します。

1.プレゼントに最適なのは四合瓶サイズ!

プレゼントにおすすめなのはずばり「四合瓶(720ml)」です。一升瓶は量が多いので、好みでない日本酒の場合は困ってしまいますし、たとえ好きな日本酒だとしても、置き場所や美味しい期間中に飲み切らない可能性もあるので、四合瓶がぴったりなのです。

四合瓶1本では物足りないというときは、違う種類の日本酒の四合瓶を2本セットで贈るのもおすすめですよ。

2.普段はなかなか手がでない!プレゼントにおすすめな高級日本酒6選

日本酒に限らず、普段自分でなかなか買うことのできないものはもらうととてもうれしいものです。今回は希少価値の高いプレゼントにおすすめの高級日本酒をご紹介します。

2-1.醸し人九平次 純米大吟醸 彼の岸(ひのきし)

愛知県の萬乗醸造で造られている「醸し人九平次 純米大吟醸 彼の岸(ひのきし)」。香りが特徴的なこの日本酒はぜひワイングラスで味わってほしい一本

最初はみずみずしいフルーティーな香りですが、時間が経過してくると洋ナシやジャスミンを思わせる上品な香りのあとに、スパイシーな白胡椒のような香りに変化してきます。口当たりがよく透明感のある甘味と、その奥に少しだけ酸味を感じることができ、とても長い余韻が特徴です。

熟成された日本酒が好きな人や、大切な人へのお祝いにぴったりの日本酒です。

醸し人九平次 純米大吟醸 彼の岸

(出典:KIMIJIMAYA)

2-2.菊理媛(くくりひめ)

有名な漫画、美味しんぼでも紹介されたことがある「菊理媛」は、石川県の菊姫で造られています。吟醸酒を十余年の歳月をかけてじっくりと熟成させた希少価値の高い日本酒。老ね香や老ね味がのることで、従来品とは違う価値観が生まれました。

年に2回だけの発売で、限られた場所でしか買えないため、見つけたらすぐにGETしたいところ。本物の日本酒がわかる人への贈り物に選ばれています。

菊理媛

(出典:KIMIJIMAYA

2-3.来福 超精米八% 純米大吟醸

茨城県の来福酒造で造られている「来福 超精米八% 純米大吟醸」は、その名のとおり精米歩合8%まで磨き上げた究極の日本酒。最初は15%だったのですが、毎年精米度が上がっていきなんと8%までたどり着いたのです。

来福酒造は花酵母を使うのが得意で、「来福 超精米八% 純米大吟醸」にはアベリアの花酵母が使用されています。米の旨味は薄めですが、繊細で甘くフルーティーな香りと切れの良さが楽しめます

こんなに贅沢な日本酒は自分ではなかなか買えません。プレゼントとしてもらえたら喜んでもらえること間違いなし!

来福 超精米八% 純米大吟醸

 

(出典:IMADEYA

 

2-4.仙禽 醸(かもす) 30BY

フランスのボルドーの技法であるアッサンブラージュを使って、山田錦・亀ノ尾・雄町の3種がブレンドされた珍しい日本酒「仙禽 醸(かもす) 30BY」。栃木県のせんきんで造られています。

巨峰や白桃、洋ナシのような香りに華やかな花の香りも感じることができます。繊細ながら厚みのある複雑な味わい。山田錦の「品格」、亀の尾の女性的だが「野性的」な一面、雄町の男性らしい「力強さ」が表現された高級な1本です。

仙禽 醸(かもす) 30BY

(出典:IMADEYA

 

2-5.久保田 萬寿 自社酵母仕込

2020年に新潟県の朝日酒造は創立100周年、久保田の発売から35周年を迎えます。その記念に造られたのが「久保田 萬寿 自社酵母仕込」。

五百万石は磨きすぎると崩れてしまうため、50%以上の精米は難しいといわれていますが、丁寧に時間をかけて40%まで磨き上げることに成功しました。長年かけて自社開発した酵母で仕込んでいます。

エレガントな香りで、深い味わいですが、切れ味はクリアな仕上がり成人式や結婚式、還暦など特別な節目にふさわしい日本酒です。

久保田 萬寿 自社酵母仕込

(出典:IMADEYA

 

2-6.獺祭 磨きその先へ 純米大吟醸

山口県の旭酒造で造られている有名銘柄「獺祭」。磨き二割三分を超える高級酒が「獺祭 磨きその先へ 純米大吟醸」なのです。

山田錦を原料米にしていることは公表していますが、それ以外は謎のベールに包まれています。美しい香りと複雑味がありながら米の旨味を感じることができ、長い余韻が特徴獺祭好きに贈るにはおすすめの高級酒です。

獺祭 磨きその先へ 純米大吟醸

(出典:IMADEYA

3. プレミア価格でやり取りされる日本酒

高級な日本酒の中には希少性が高く「プレミア価格」と呼ばれる価格で取引されることもあります。しかし、プレミア価格で日本酒が売れたとしても、製造元である蔵元にメリットはありません。

貴重な日本酒ほど入手したくなるものですが、あくまでもお酒は正規代理店で購入するように心がけましょう。

 

まとめ

自分ではなかなか飲めませんが、高級酒の味を知れることはうれしいことです。大切な人へ贈る、絶対に外せない大切なお祝い事の際には、ぜひ高級な日本酒を選んでみてはいかがでしょうか。