日本酒ビギナーでも楽しめる熱燗の魅力をご紹介!

日本酒は冷やしたり温めたりすることで、温度による味の変化を楽しむことのできるお酒です。米の旨味たっぷりの甘口日本酒も、キレのある辛口日本酒も、燗酒にすることでより一層その風味を引き出すことができます。

しかし、日本酒を飲み慣れないうちは「熱燗はアルコールが強そう」「そもそもお燗のやり方が分からない」と思われることも多いのではないでしょうか。

そこで今回は、日本酒ビギナーでも楽しめる熱燗の世界をご紹介します。熱燗を楽しむポイントからおすすめの銘柄まで、ぜひゆっくりとご覧ください。

1.日本酒の熱燗を楽しむポイントは温め方!

日本酒は、温度によって味や香りが大きく変化するお酒です。そのため、熱燗で日本酒の美味しさを引き出すためには温め方が大事なポイントになります。

より美味しく熱燗を楽しむために、まずは熱燗の温度や手順について確認していきましょう。

1-1.熱燗の温度はどれくらい?ぬる燗とは?

ひとくちに「熱燗」と言っても「一体どのくらい熱ければいいの?」と疑問に思ってしまいますよね。実は日本酒は、温められた温度によって呼び方の表現が異なるのです。

一般的に「熱燗」は50℃前後に温められた日本酒を指します。

熱燗から徐々に温度が低くなるにつれ、「上燗(じょうかん)」「ぬる燗」と呼び名が変わっていくのです。熱燗をより温めた日本酒は「飛び切り燗」と表現されるのもなんだかおもしろいですよね。

また、日本酒を温めたものは全て「燗酒(かんざけ)」と呼ばれています。お店で燗酒を注文する時にも、それぞれの呼び名を使えばより好みの温度で日本酒を楽しむことができますよ。

飛び切り燗 55~60℃
熱燗 50℃
上燗 45℃
ぬる燗 40℃
人肌燗(ひとはだかん) 35℃
日向燗(ひなたかん) 30℃

 

1-2.常温と熱燗による味わいの違い

日本酒は、常温から熱燗へ温めることでより一層香りが華やかになり、味わいがまろやかに変化します。日本酒が持つ米本来の旨味やコクを引き出すことができるため、日本酒通にも好まれている飲み方です。

特に、純米酒や本醸造酒は熱燗に適したお酒。米と麹、水のみで造られている純米酒は、温めることで原料そのものの味わいをより強く感じることができます。

本醸造酒は辛口のスッキリとした味わいを持つお酒のため、熱燗にすることでキレが増し、より淡麗辛口の旨味を堪能することができますよ。

1-3.日本酒を熱燗にする手順

日本酒を熱燗にするためには、湯煎でゆっくりと温めていくのが理想的です。アルコールの沸点は78度。そのため、鍋に日本酒を入れて直接火にかけたりすると、すぐに香りと風味が飛んで行ってしまいます。

美味しい熱燗を作るためには、まずは鍋に湯煎ようの水を入れ、沸騰するまで沸かしたら一度火を消しましょう。湯煎の間ずっと火をつけたままにしていると日本酒の温度が急激に上がってしまうため、ここで火を止めるのは大事なポイントです。

日本酒はお好みのお銚子(ちょうし)や徳利(とっくり)、または「ちろり」と呼ばれる銀製の容器に入れ、肩まで湯煎につけてあげます。

後は日本酒がお風呂の中でじんわり温まるようなイメージで、ぬる燗であれば2分半、熱燗であれば3分程度を目安に待つだけ。

こうして湯煎で温めることで、口当たりがまろやかで、アルコールの刺激の少ない美味しい熱燗ができあがるのです。

「もっと手軽に熱燗を楽しみたい」という方には、電子レンジで温める「電子レンジ燗」もおすすめ。1合(180ml)あたり500wで約60秒温めれば、電子レンジでも美味しい熱燗ができあがります。

電子レンジ燗のポイントは、加熱ムラを防ぐこと。容器の上と下では温度に差ができやすいため、呑む前にはマドラーなどで必ずひと混ぜすることを忘れないようにしてくださいね。

2.熱燗にオススメの日本酒5選

原料や製法によってさまざまな味の変化が生まれる日本酒は、銘柄によって美味しく飲むための温度が異なります。そのため、美味しい熱燗を飲むためには燗酒に適した銘柄を選ぶのがポイントです。

ここからは、熱燗にぜひオススメしたい日本酒銘柄5選をご紹介していきます。

2-1.桃川 純米酒

「桃川」は、全国新酒鑑評会で12年連続金賞を受賞している老舗の酒蔵です。国産の米と米麹のみを使用した純米酒は、まろやかでコクがありながらもやや辛口の味わいが特徴熱燗にすることで、米の旨みがふわっと湯気に立ち上ります。

1800mlあたり2000円台とコストパフォーマンスに優れ、全国熱燗コンテスト2019では「お値打ち熱燗部門」で最高金賞を受賞。毎日の晩酌に熱燗でほっと一息つきたいという方にもおすすめの1本です。

2-2.三諸杉(みむろすぎ) 純米酒 切辛(せっから)

奈良県の今西酒造が造る「切辛」は、その名の通りキリッと辛口の味わいが魅力のお酒。「ただ辛いだけではない、米の旨味を感じることのできる辛口酒を造りたい」という酒蔵の想いを乗せ、10年の歳月をかけて誕生した極上の1本です。

口に含むと広がるのは、純米酒ならではの米のふくよかさ。後口にはすっきりとした辛さの余韻が残ります。燗酒にしても辛さの輪郭が消えることはなく、淡麗辛口のお酒を好まれる方に人気の銘柄です。

2-3.竹葉(ちくは) 能登上撰

数馬酒造の代表銘柄となる「竹葉」は、地元石川県で愛され続ける日本酒です。原料には能登産五百万石という酒米を使用し、祝いの席や地元の祭りでは欠かすことのできない存在になっています。

熱燗はもちろんのこと、ワイングラスで美味しい日本酒としても数々の賞を受賞。720mlあたり800円台という手頃な価格の普通酒でありながら、その質の良さはあなどることができません。

43度あたりのぬる燗から上燗まで温めることでより一層まろやかな風味が引き立つため、ぜひお好みの温度でお楽しみください。

2-4.ゆめほなみ 本醸造

ゆめほなみ(夢穂波)は、岩手県の蔵元「浜千鳥」が地産地消を目指して造ったお酒です。原料には、地元・大槻町宮ノ口で作られた岩手オリジナルの酒米「吟ぎんが」を使用。銘柄とラベルデザインも大槻町の青年団体が手掛けるなど、地元を愛する人々の想いが込められた1本になります。

飲み口は、陸中海岸の澄み切った空を海を思わせるようなスッキリとした味わい。熱燗にすれば、米のほのかな甘い香りを楽しむこともできます。新鮮な海鮮料理と一緒に、ゆっくりと味わいたくなる銘柄です。

2-5.花垣 山廃純米

福井県の蔵元「南部酒造場」が、伝統の技である山廃仕込みで造ったお酒です。

山廃仕込みとは、米をすりつぶさずに、自然の力で酵母を発酵させて造る日本酒のこと。「花垣」は、山廃ならではの柑橘類のような酸味と、熟成させることで生まれる濃厚な甘みを持つ日本酒に仕上がっています。

コクのある酸味は、燗酒にして楽しむのにぴったりの味わい。日本酒通をうならせるこだわりの1本です。

3.まとめ

ワインのようにきりっと冷やしたり、お燗でゆっくり温めたりさまざまな楽しみ方ができる日本酒。熱燗は日本酒通向けの飲み方だと思われがちですが、適した銘柄を選べば初心者でもその美味しさを堪能することができます。

湯気にふんわり甘い香りが立ち上る熱燗は、おでんにお鍋、焼き鳥のような料理との相性もばつぐん。ぜひ熱燗にチャレンジして、日本酒の世界を広げてみてくださいね。