究極の食中酒、「伯楽星」を解説!

「伯楽星(はくらくせい)」は宮城県を代表する日本酒です。

食事中に日本酒を楽しみたい人のために造られたといわれています。

今回は、究極の食中酒と呼び名の高い伯楽星のラインナップや魅力にせまります。

1.日本酒の伯楽星(はくらくせい)とは

「伯楽星(はくらくせい)」は、食中酒として造られた日本酒で、荒城の月の作詞をした土井晩翠も愛飲者の一人。まずは酒造元や名前の由来を見ていきましょう。

1-1.酒造元について

「伯楽星(はくらくせい)」は、1873年に創業した、宮城県の新澤醸造店で造られています。全国最年少杜氏がいる、若い人が活躍している酒造です。

新澤醸造店の日本酒はすべて生詰めで、瓶燗火入れ、瓶貯蔵。酒質が少し若い未熟な状態で出荷されています。 それはもちろん理由があってのことで、消費者が口にするまでの時間を逆算して造られているのです。そのため、しっかりと冷蔵管理のできる販売店でしか、伯楽星を扱うことができません。

新澤醸造店には伯楽星の他に、あたごのまつという日本酒も製造されています。

1-2.伯楽星という名の由来

伯楽星の名前の由来は、三本木地方に古くから伝わる「伯楽が大切に育てていた名馬が天に昇った」という伝説から名づけられました。

2.伯楽星の種類と値段について

伯楽星は食事中に飲んでいても疲れない日本酒を目指しています。3杯目も日本酒を飲もうとついつい手が伸びてしまう伯楽星のラインナップをチェックしていきましょう。

2-1.純米吟醸

精米歩合 酒米 価格
55% 蔵の華 720ml  1650円(税込)

1800ml  2997円(税込)

評判

2019年に開催されたG20大阪サミットでふるまわれたのが伯楽星の純米吟醸。

バナナのような優しい香りで、口当たりがよく甘味の中にほどよい酸味が感じられる日本酒です。食事中に飲んでも飽きないように作られており、野菜や豆腐など繊細な和食とも相性がいいのが特徴です。

伯楽星 純米吟醸

(出典元:はせがわ酒店

2-2.特別純米

精米歩合 酒米 価格
60% 山田錦 720ml  1430円(税込)

1800ml  2750円(税込)

評判

伯楽星の特別純米は、日本酒コンペティションであるSAKE COMPETITIONで、2014~2017年と4年連続で純米酒部門GOLDを受賞した日本酒です。

食事中は甘い日本酒は苦手という人には特別純米がおすすめ。甘さ控えめで爽やかな酸味を感じることができます。温めるとより淡麗になります。

伯楽星 特別純米

(出典元:はせがわ酒店

2-3.純米大吟醸

精米歩合 酒米 価格
40% 雄町 720ml  2750円(税込)

1800ml  5390円(税込)

評判

純米大吟醸は、伊勢志摩サミットの夕食会でふるまわれた日本酒です。開けたときの香りはほんのりと感じる程度ですが、口に含むとマスカットのようなジューシーな香りと、パイナップルのようなすっきりと甘い酸味が広がります

伯楽星 純米大吟醸

(出典元:はせがわ酒店

 

3.伯楽星の購入方法

 

3-1.伯楽星が購入できる実店舗

伯楽星は直売を行っておらず、地酒専門店に卸しています。購入できる店舗は現在40件程度で全国にありますが、新澤醸造店の公式ホームページが存在しないため、取り扱い店舗の一覧は存在しません。しかし、宮城県の人気ナンバーワン銘柄といっても過言ではないので、近くの酒屋さんに問い合わせてみてはいかがでしょうか。

 

3-2.伯楽星が購入できる通販サイト

伯楽星は大手通販サイトでも購入できますが、正規の価格ではない価格で販売されていることがあるので注意が必要です。また、日本酒を専門に扱っていないお店では、品質管理が行き届いていない場合もあります。

直接商品を手にすることができない通販サイトは、日本酒に適した保存管理を行っている専門ショップを選ぶのがおすすめ。酒蔵が求める酒質そのままの、本当に美味しい伯楽星を購入することができますよ。

はせがわ酒店

4.伯楽星の美味しい飲み方・楽しみ方

冷やしても温めても常温でも美味しい伯楽星ですが、食事と一緒に楽しむことが一番。究極の食中酒と呼ばれている伯楽星は、味が料理に合ってくれる不思議な日本酒なのです。どんな料理ともぴったりで、食べるものによって味が変わるので、ぜひ試してみてください。

4-1.-5度で保管?

購入した伯楽星を美味しく保管するためには、温度管理がポイントとなります。日本酒は温度による酒質の変化を受けやすいお酒。蔵直送の味わいをキープするために理想的な温度帯は、酵母の働きがストップする-5℃だと言われています。

とはいえ、家庭用の冷蔵庫では-5℃をキープするのは簡単なことではありません。そこでおすすめしたいのが、日本酒専用に開発された冷蔵庫「日本酒セラー」です。日本酒に大敵な紫外線を避けつつ、-5℃をキープできるセラーなら、一度開栓した日本酒も美味しいまま保管できます。

日本酒セラーがない場合には、紫外線のあたらない冷暗所で縦置きで保管するのがおすすめ。日本酒は空気に触れると酸化しやすくなるため、開戦後はなるべく早く飲みきるように心がけてくださいね。

日本酒の正しい保存方法を学ぶ!マイナス5度が最適って知ってた?

5.伯楽星の期間限定品

伯楽星には期間限定品があります。毎年2月に少量生産されるしぼりたて生原酒、「純米大吟醸 雪華 おりがらみ本生」。岡山県産のお米、備前雄町を使用しています。バナナやメロンのような香りに、爽やかな酸味が雪解けのようにさっと消える透明感のある日本酒です。

6.まとめ

伯楽星は食事中に日本酒を楽しみたいという人におすすめの日本酒です。日本酒通になるには欠かせない、日本を代表する銘柄ともいえる伯楽星。温度を変えて、料理を変えて、さまざまな飲み方を楽しみましょう。