ホーム 日本酒を知る 日本酒度とお酒の甘口・辛口の関係とは?

日本酒度とお酒の甘口・辛口の関係とは?

0
日本酒度とお酒の甘口・辛口の関係とは?

プラスとマイナスの数字で表される「日本酒度」は、お酒の甘い、辛いの目安になるものです。一般的には、日本酒度がプラスであるほど辛く、マイナスであるほど甘いお酒と判断されます。

今回は、「日本酒度って何?」という方に向け、数字の見方や味を構成する酸度などについて解説!後半では、日本酒度プラス・マイナスのお酒も紹介します。味のバリエーションの広さこそ日本酒の大きな魅力。日本酒度について理解すれば、自分好みのお酒がもっと見つけやすくなりますよ。

1.日本酒の甘さ・辛さの基準となる「日本酒度」

「日本酒度(にほんしゅど)」とは、日本酒の甘さや辛さの基準となる数値です。数字の意味を知れば、日本酒の楽しみ方がより一層広がります。

また、日本酒の味わいには、日本酒度だけでなく「酸度」が関係しているのが特徴です。まずは、日本酒度の数字の見方とともに、日本酒の酸度について確認していきましょう。

1-1.日本酒度とは?

日本酒度は「0」を基準に、甘口であるほど「-(マイナス)」、辛口であるほど「+(プラス)」で表記されます。

日本酒度

日本酒度は、日本酒を注いだシリンダーに「日本酒度計」と呼ばれる重りのついた浮秤(うきばかり)を浮かべて計測します。

糖分の多い日本酒は水よりも重たくなるため、水の方が軽いことを示す「-」。反対に、糖分が少ない日本酒は軽く、水の方が重たくなるため「+」表記になるというわけです。

ただし、日本酒度はあくまでも甘辛の度合いを示すひとつの目安でしかありません。そもそも日本酒度は、蔵人が「もろみを搾るタイミング」を計るために計測するもので、一般消費者に味を示すためのものではないからです。

同じ銘柄であっても仕込んだタンクごとに日本酒度が違ったり、瓶詰めしてからの微生物の働きによって味わいが変化したりする可能性もあります。

1-2.日本酒度とセットで覚えておきたい日本酒の酸度

日本酒度とセットで覚えておきたいのが、日本酒の「酸度」です。酸度とは、酸っぱさではなく「芳醇(ほうじゅん)」や「淡麗(たんれい)」といった旨味やキレを表す数値のこと。およそ1.5~1.7を基準に、数値が高いほど濃醇、低いほど淡麗な味わいの日本酒に仕上がります。

酸度

さらに、日本酒の複雑な味わいは、日本酒度と酸度の組み合わせによって生まれます。つまり、日本酒度と酸度の数字の意味を知れば、日本酒の大まかな味わいがわかるというわけです。

日本酒度

すべての銘柄ではありませんが、日本酒度や酸度はラベルに記載されていることがあります。日本酒選びに迷ったら、これらの数字を参考に味わいをイメージしてみてくださいね。

2.味わいの感じ方は人それぞれ

一定の指標はあるものの、日本酒の「甘い」「辛い」といった感じ方は人それぞれです。同じお酒を口にしても「甘いお酒」と感じる人もいれば、「キリッとした辛口のお酒」と感じる人もいます。

その理由は、日本酒度や酸度以外にも「アミノ酸度」や「香り」が味わいに影響するからです。アミノ酸度は、日本酒に欠かせないコクと旨味を生み出します。また、フルーティーな香りのお酒は「甘いお酒」という印象を飲み手に与えやすいのが特徴です。

前述したように、数字はあくまでも味の目安のひとつです。日本酒度や酸度を気にしながらいろいろなお酒を楽しめば「自分は日本酒度が甘口寄りのお酒がすきなんだな」といった好みが見えてくるかもしれません。

日本酒のなかには、日本酒度が極端に高い「超辛口」をうたう銘柄もあります。自分好みのお酒がいつも日本酒度プラスであれば、そんな銘柄にチャレンジしてみるのもいいですよね。

日本酒は、多くの人に寄り添う味の幅の広さが魅力です。数字を参考にしつつ「どっしりとコクのあるお酒がすき」、「冷やして飲むスッキリタイプのお酒がすき」など、ぜひ自分好みの味わいを見つけてみてください。

3.日本酒度がプラスのお酒、マイナスのお酒

ここからは、日本酒度が大幅にプラスのお酒、マイナスのお酒を紹介します。「日本酒度でそんなに味が違うの?」と気になったら、はっきりと違いがわかる銘柄を試してみるのがおすすめです。

後味がスパッとキレる日本酒度プラス(辛口)のお酒は、新鮮な刺身や冷奴、鍋物といった淡白な味わいの和食に良く合います。日本酒度マイナス(甘口)のお酒はキリッと冷やして楽しむタイプが多く、アルコール度数が低いものは白ワイン感覚で楽しむのもおすすめです。

3-1.日本酒度がプラスの辛口のお酒

くどき上手 ばくれん 吟醸酒 超辛口

こちらは日本酒度プラス20の「超辛口」にあたるお酒です。フルーティーな吟醸香(ぎんじょうこう)を持つ吟醸酒のため、品の良い香りも楽しめます。スイスイと飲み進められるライトな味わいは、食事と合わせるお酒におすすめ。「好みのお酒はいつも辛口寄りなんだよなぁ」という方は、ぜひ一度試してみてくださいね。

くどき上手 ばくれん 美山錦 吟醸 超辛口

(出典元:IMADEYA ONLINE STORE

春鹿 純米 超辛口

辛口酒として人気の高い銘柄がこちら、奈良県生まれの「春鹿 超辛口」です。日本酒度はプラス12度。「超辛口」という言葉を初めて誕生させた銘柄でもあります。可愛い鹿のシンボルマークとは裏腹に、その味わいはドライでシャープな印象。180ml容量から販売されているため「超辛口をちょっと試してみたい」という方にもおすすめです。

春鹿 純米 超辛口

(出典元:CRAVITON

日高見 超辛口 純米酒

魚でやるなら日高見だっちゃ!が合言葉のお酒「日高見(ひたかみ)」は、米と米麹のみで作られた純米酒です。日本酒度はプラス11度と、超辛口でありながら米の旨味とコクも楽しめます。合わせる料理はもちろん、新鮮な魚介類がおすすめ。青魚から赤身の魚まで、食材の魅力を一層引き出してくれます。

日高見 超辛口 純米酒

(出典元:IMADEYA ONLINE STORE

3-2.日本酒度がマイナスの甘口のお酒

富久錦  Fu.

日本酒度マイナス60と極甘口にあたる数値でありながら、自然の甘みと酸味を堪能できるお酒です。アルコール度数は8%と通常の日本酒より低く、軽やかな味わいを楽しめます。おすすめはキリッと冷やしてワイグラスに注ぐスタイル。思わずふふっと笑みがこぼれるような優しいおいしさですよ。

富久錦Fu.

朝日山 香里音プレミアム

「香里音(かりね)プレミアム」は、日本酒度マイナス45、酸度は2.8と濃醇甘口タイプにあたるお酒です。後口のしっかりとした酸味が品の良い甘さを引き立てます。香り穏やかな甘口タイプの香里音は、洋食とのペアリングもおすすめです。チーズを使った料理や、チョコレートスイーツなどとあわせて楽しんでみてください。

朝日山 香里音プレミアム

(出典元:朝日酒造

亀泉 純米吟醸 生原酒 CEL-24

「CEL-24」は、お酒造りに使用する酵母の名前です。日本酒度をはじめ、酸度、アミノ酸度などが書かれたラベルに酒蔵の心意気が感じられます。高知酵母CEL-24由来の香りは、甘く華やか。火入れと呼ばれる加熱殺菌処理をしていない生酒のため、みずみずしい口当たりを堪能できます。

亀泉 純米吟醸 生原酒 CEL-24

(出典元:はせがわ酒店

まとめ

お酒を飲み始めると耳にする「甘口」、「辛口」という言葉。日本酒度は、それらに深く関係する数値です。必ずしも味を断定するわけではないものの、ラベルに記載されているときは日本酒選びの参考になります。

「日本酒の辛いってどういうこと?」と疑問に感じるときは、日本酒度プラスの大辛口のお酒を試してみるのもおすすめです。ぜひ、思い思いに日本酒の世界を楽しんでみてくださいね。

shiho
お酒とねこでできているライター。日本酒、ウイスキー、ワイン…すべてのお酒をこよなく愛す。酒好きが高じて利酒師免許を取得。 blog「わたしの酒棚」 https://sakadana.net/