日本酒の甘口と辛口の違いは日本酒度?味わいについても解説!

日本酒のラベルにはよく甘口・辛口といった味の特徴が記載されていますよね。しかし、一般的な味の感想でいう甘さ、辛さとは違ったニュアンスです。甘口の日本酒だからといって、砂糖のような甘さがあるわけではありません。

一体どういった意味で使われているのでしょうか。今回は日本酒の甘口・辛口の違いについて解説していきます。

1.甘口の日本酒、辛口の日本酒とは?

日本酒は甘口・辛口に分けるためにある程度の指標があります。具体的には以下のとおりです。

1-1.日本酒度について

日本酒の甘口・辛口を見分けるとき、重要となるのが「日本酒度」です。日本酒度は日本酒のなかに含まれる糖分を表す目安。-3度、+5度といった感じでプラスマイナスで表記されます。糖分が多いほど、日本酒度の数値が下がり、多ければ逆に数値が増える仕組みになります。

一般的に日本酒度がマイナスであれば甘口。5より上の数値であれば辛口に分類されることが多いです。

1-2.酸度について

甘口・辛口の目安として酸度もあげられます。酸度は日本酒に含まれるクエン酸や乳酸といった酸の量を表したもの。酸の量が多ければ多いほど、いわゆる”キレ”が増します。口当たりやのど越しに関係する数値といってもいいですね。

基本的に酸度が低ければ甘口、高ければ辛口に感じます。そのため、日本酒度が同じでも、銘柄によっては甘口・辛口が違うことがあるので注意しましょう。

2.甘口と辛口の違い

2-1.アルコールと米を醸する比重

日本酒の甘口・辛口はそれぞれアルコールと米の比重が違います。日本酒は米を醸す、つまり発酵させて作られるお酒。その過程で米の養分が多く蓄積し、水よりも比重が重いものは甘口といわれています。逆に米の養分にたいしてアルコールが多く、水より比重が軽いものは辛口の傾向です。

2-2.甘口=糖分が高いわけではない?

日本酒の甘口・辛口を比重だけで判断すると、糖分の量は関係ないということになります。つまり、糖分が少なくても比重が重ければ甘口です。

そのため、同じ甘口の日本酒でも銘柄によって味わいは千差万別。実際に飲んで甘口と感じるかは個人差もあるため、あくまでも味わいの目安となります。

3.日本酒の甘口と辛口の味わい

日本酒における甘口・辛口はさらに「淡麗」「濃醇」に分かれていることがあります。以下では各味わいの特徴を記載しているので、参考にしてみてください。

3-1.甘口の味わい

甘口の日本酒は基本的に口当たりの良さ、深いコクが特徴です。その特徴をどのように伸ばすかによって淡麗と濃醇に分かれます。

淡麗の甘口

淡麗の甘口は口当たりの良さに磨きをかけた銘柄が多いです。お酒が苦手な人でもスッと飲むことができ、甘口ならではの深いコクを残します。同時に後味がスッキリしているのが特徴。口に甘さが残らず、料理の味を邪魔しません。

塩気のある天ぷら、唐揚げなどと相性がいいです。脂っこさをリセットし、食を進めてくれます。

濃醇の甘口

濃醇の甘口は甘口特有のコクをより複雑にしたイメージです。舌の上に重さを感じるような濃い味わいが広がります。強い香りを放っている銘柄が多いのも特徴。人によっては洋酒に近い味と感じるかもしれません。

濃醇の甘口はお酒自体が強いため、濃い味付けの料理にあわせやすいです。チーズ系のおつまみや、肉料理と一緒にいただくといいでしょう。

3-2.辛口の味わい

辛口の日本酒はのど越しの爽快さ、日本酒独特のクセを味わえる銘柄が多いです。飲みやすさをどうアレンジするかによって淡麗、濃醇に分かれていきます。

淡麗の辛口

淡麗の辛口は日本酒特有のクセを抑え、万人向けに仕上がっているのが特徴。通常の辛口よりも飲み口が柔らかくなったものが多いです。しかし、喉を通るときはこれぞ辛口といえるキレを感じさせます。

定番のおつまみは魚介料理や珍味。豊かな米の風味は磯の香りと相性がよく、軽く飲みたいときにぴったりです。

濃醇の辛口

濃醇の辛口はガツンとくる刺激があります。飲んだ瞬間から米の豊かなコクを感じる強い味わい。玄人が好む日本酒といった存在です。クセが強すぎて飲めないこともありますが、慣れてくれば原料の味をしっかり感じられます。

濃醇の辛口は味が濃いため、同じくクセの強い漬物のようなアテが最適。通の飲み方をしたい人におすすめです。

4.まとめ

日本酒の甘口・辛口の違いについて解説してきました。甘口・辛口は含まれている糖分を表す日本酒度、酸の量などによって分けられています。アルコールと米の比重が違うこともわかりましたね。

甘口・辛口では味わいの特徴が違うので、日本酒選びの参考にしてみてください。日本酒にこだわりたい人は淡麗、濃醇といった記載にも注目してみるといいでしょう。