疲れを癒す旨い酒。「雪中梅」を解説!

雪景色の中にほころぶ梅の花を思わせる日本酒「雪中梅」(せっちゅうばい)。雪中梅は、米どころであり酒どころでもある新潟県の地酒です。淡麗辛口の地酒が多い中、甘く芳醇な味わいを守り続ける酒でもあります。

こちらでは、雪中梅の特徴やおすすめ銘柄、購入方法をご紹介!芳醇甘口の味に込められた蔵の想い、究極の晩酌酒と言われるその魅力をぜひお楽しみください。

1.日本酒の雪中梅とは

雪中梅は、芳醇旨口な酒として知られる新潟県の日本酒です。原料米には、主に地元上越地方で栽培された米を使用。「こいしぶき」は、主食として飯米にもなる品種です。現在、各地で使用されている「五百万石」は、昭和32年に新潟県が開発した酒米でもあります。

雪中梅の甘口の味を定めたのは、戦後に蔵を復活させた4代目・丸山三郎治氏。当時、清酒の一升は大工の日当よりも高値の時代でした。

「一日の重労働の疲れを癒すには、甘口の酒が良いだろう。しかし、飲みすぎてはいけない。次の日に残ってもいけない。2合ほどで満足できる味の酒を」

しっかりとコクがある甘口の味わいは、三郎治氏の地元の人を想う心から生まれたのです。仕込み水に里山の軟水を使用したお酒は、現在も昔ながらのやわらかな味わい。飲み方や酒の肴を選ばない、懐の広い酒として多くの日本酒ファンに愛されています。

1-1.酒造元について

雪中梅を作る丸山酒造は、明治30年から酒造製造を始めた酒蔵です。本来、麹づくりを生業としていた丸山酒造は、かつては遠く長野県まで販路を広げていたと言います。

蔵で製造する酒の70%以上は、代表酒となる普通酒や本醸造酒。その全てを手間のかかる手造り製法で造った麹(こうじ)で仕込みます。普通酒と純米酒は箱麹法、それ以外の商品は蓋麹法と、製法を使い分けているのは前進が麹屋だった酒蔵ならでは。温度管理や道具の手入れ、衛生管理など、そのどれもが細かい気配りと手間が必要な仕事です。

「飲み手の疲れを癒し、明日への希望につながる酒であること」。蔵では酒造りを始めた当初からの信条を胸に、日々ていねいな酒造りが続けられています。

1-2.雪中梅という名の由来

「雪中梅」は、その名のとおり冷たい雪の中で咲く梅の花を意味した名前です。「雪中梅」という銘柄を使用したのは昭和の初期から。のちに第二次世界大戦から復員し企業整理で休ませられていた蔵を再開した丸山三郎治氏(丸山氏10世、4代目社長)が、すでに権利の失効していた商標の中から見つけて、「雪中梅」という言葉の雰囲気が気に入り、自社の酒に付けたものと言われています。

2.雪中梅の種類と値段について

雪中梅では、通年商品として普通酒と本醸造、純米酒の3種類を販売しています。代表銘柄である普通酒は、720ml・900円台と晩酌酒にふさわしい価格も魅力のひとつ。こちらでは、それぞれの味の特徴や価格をご紹介していきます。

2-1.雪中梅 純米

精米歩合 酒米 価格
63% 五百万石 720ml:1400円(税別)

評判

雪中梅ならではのきめ細やかな味わいが楽しめる純米酒です。原料米には、新潟県頚城産の「五百万石」が使用されています。

香りはおだやかで、米の旨味を活かしつつも口当たりは軽やか。合わせる料理の味をより一層引き立ててくれます。ほどよく冷やしても、ぬる燗でも楽しめる銘柄です。

雪中梅 純米

(出典元: 新潟上越 地酒の店 かじや

2-2.雪中梅 本醸造

精米歩合 酒米 価格
63% 五百万石・越淡麗・山田錦 720ml:1200円(税別)

評判

新潟県産の「五百万石」「越淡麗」、兵庫県産の「山田錦」を使用した本醸造酒です。芳醇なコクがありながらも、後味はなめらか。ほのかな苦みと渋みが心地よい銘柄です。

四合瓶(720ml)・1000円台とコストパフォーマンスにも優れ、日々の食卓に合わせる日本酒にもぴったり。上越を思わせる寒い冬には、燗酒にしてやさしい味わいを楽しむのもおすすめですよ。

雪中梅 本醸造

(出典元:新潟上越 地酒の店 かじや

2-3.雪中梅 普通酒

精米歩合 酒米(麹米/掛米) 価格
68% 五百万石/コイシブキ 720ml:900円(税別)

評判

丸山三郎治氏が「地元の人に少量で満足してもらえる美味しいお酒」を目指し誕生させたお酒です。味わいはまろやかで、甘口でコクがあるのが特徴。出荷量の70%近くを占め、蔵の代表酒、そして新潟県の代表銘酒として全国に知られるお酒です。

純米酒や大吟醸といった特定名称酒にあたらない「普通酒」ありながら、高い酒質を誇るのも人気の理由。日本酒好きからも高い支持を得ているお酒です。

雪中梅 普通酒

(出典元:新潟上越 地酒の店 かじや

2-4.純米吟醸 美守(ひだもり)

精米歩合 酒米 価格
50% 三和区塔ノ輪産 五百万石・越淡麗 720ml:2200円(税別)

評判

「美守」(ひだもり)とは、蔵の建つ土地「三和区塔ノ輪」の古名に由来しています。かつて大和王権と蝦夷の境界地域であった土地は、古くは夷守(ひなもり)郷と呼ばれた地域でした。

地域の古い名前を冠し、三和区塔ノ輪産の酒米で造られる「美守」は、蔵が試行錯誤を重ねて誕生させたお酒。穏やかな香りと酸味の中に、ほのかな辛みを感じる純米吟醸です。

雪中梅 純米吟醸「美守」

(出典元:新潟上越 地酒の店 かじや

2-5.大吟醸

精米歩合 酒米 価格
40% 五百万石・山田錦 720ml:3500円(税別)

評判

毎年11月に発売される、季節の限定酒です。上越産の「五百万石」、兵庫県産の「山田錦」を使用し、数量限定で生産されています。

酒類鑑評会出品用のお酒のため、一度に仕込むのは600kgのみ。秋の関東信越国税局酒類鑑評会では、11年連続金賞を受賞している銘品です。ほのかな吟醸香が活きたお酒は、ぜひ適度に冷やしてお楽しみください。

雪中梅 大吟醸

(出典元:新潟上越 地酒の店 かじや

2-6.特別純米

精米歩合 酒米(麹米/掛米) 価格
55% 五百万石/山田錦 180ml:2800円(税別)

評判

7月から9月にかけて販売される、夏季限定の雪中梅です。普通酒や本醸造を造る蔵の中でも、希少な特別純米酒になります。雪中梅ならではの甘みを引き立てるのは、純米酒特有の酸味と旨味。軽やかな味わいが夏にぴったりの銘柄となっています。

雪中梅 特別純米酒

(出典元:立原酒店

3.雪中梅の購入方法

新潟県の地酒「雪中梅」は、全国の正規取扱店や通販サイトで購入できます。美味しい雪中梅を購入するためには、日本酒を適切に管理しているお店を選ぶのがポイントです。こちらでは、雪中梅を購入できるお店の一部をご紹介します。

3-1.雪中梅が購入できる実店舗

雪中梅は、新潟を中心とする取扱店で購入できます。その他の地域では取扱店も少なく品切れになっている場合もあるため、購入の際は事前に確認してからお出かけくださいね。

丸山酒店 取扱店一覧(新潟県)
和田酒店 大阪府豊中市服部本町4-5-38 06-6863-6471
降矢酒店 東京都清瀬市中清戸4-907 042-491-2331

 

3-2.雪中梅が購入できる通販サイト

雪中梅は大手通販サイトでも購入できますが、正規の価格ではない価格で販売されていることがあるので注意が必要です。また、日本酒を専門に扱っていないお店では、品質管理が行き届いていない場合もあります。

直接商品を手にすることができない通販サイトは、日本酒に適した保存管理を行っている専門ショップを選ぶのがおすすめ。酒蔵が求める酒質そのままの、本当に美味しい雪中梅を購入することができますよ。

新潟の地酒 かじや

酒の新茶屋

4.雪中梅の美味しい飲み方・楽しみ方

雪中梅は、一日の終わりにホッと心を解きほぐしてくれる味わいが魅力のお酒です。芳醇甘口のバランスは温めても崩れることがなく、燗酒にすることで米の香りがふんわりと広がります。

酸味がある軽い味わいの「純米酒」は、生牡蠣や塩気の強いチーズと相性の良いお酒。晩酌酒として人気の代表銘柄「普通酒」は、煮魚に漬物など合わせる料理を選びません。季節限定の特別純米酒は、適度冷やして香りを楽しむのがおすすめ。枝豆や苦みのある鮎と合わせても美味しく楽しめる1本です。

4-1.-5度で保管?

購入した雪中梅を美味しく保管するためには、温度管理がポイントとなります。日本酒は温度による酒質の変化を受けやすいお酒。蔵直送の味わいをキープするために理想的な温度帯は、酵母の働きがストップする-5℃だと言われています。

とはいえ、家庭用の冷蔵庫では-5℃をキープするのは簡単なことではありません。そこでおすすめしたいのが、日本酒専用に開発された冷蔵庫「日本酒セラー」です。日本酒に大敵な紫外線を避けつつ、-5℃をキープできるセラーなら、一度開栓した日本酒も美味しいまま保管できます。

日本酒セラーがない場合には、紫外線のあたらない冷暗所で縦置きで保管するのがおすすめ。日本酒は空気に触れると酸化しやすくなるため、開戦後はなるべく早く飲みきるように心がけてくださいね。

日本酒の正しい保存方法を学ぶ!マイナス5度が最適って知ってた?

5.雪中梅の期間限定品

雪中梅の季節の限定品が冬季に販売される「大吟醸」「特別本醸造」、夏季限定の「特別純米造」です。それぞれが通常品と同様の手造り製法の麹を使用し、こだわりの酒米によって造られています。

その他、「雪中貯蔵 純米原酒」は不定期販売されるお酒。新潟に降り積もった雪の中で、3カ月以上貯蔵したものです。温度変化がゆるやかな雪室(ゆきむろ)で寝かせたお酒は、よりまろやかな味わい。後口にはスッキリとした余韻が残る純米原酒です。

6.まとめ

雪中梅は、ほんのりと甘口で芳醇な旨味が人気の日本酒です。その価格や味わいには、4代目三郎治氏の地元への想いが込められています。

家庭料理と合わせて楽しめる雪中梅は、日々の晩酌は欠かせないという日本酒好きにおすすめの1本。1日の終わり、癒しのひとときのおともに、ぜひ雪中梅を合わせてみてはいかがでしょうか。