「道灌 特純山廃カップ」山廃仕込みの香り高いワンカップ

「道灌 特純山廃カップ」山廃仕込みの香り高いワンカップ

今回は「ワンカップシリーズ」第14弾、滋賀県草津市で江戸末期創業の太田酒造「道灌 特純山廃カップ」です。

太田酒造について

江戸城を作った太田道灌の末裔である太田家は江戸の初期、道灌公の末流太田若狭守正長が越前福井藩から海道の要衝近江の草津に移り、代々関守をつとめていましたが、その後酒造りを始め、遠祖の名に因んで「道灌正宗」と名付け、現在のメイン銘柄は「道灌」となっています。その太田酒造が念願だった灘に作った蔵に千代田蔵があります。

「道灌 特純山廃カップ」

近江酒造好適米玉栄使用で60%精米です。ワンカップには珍しい純米ですね。ですが、山廃仕込みのせいでしょうか口に含むと熟成感を感じる香りが広がります。辛口というには微妙で、スッキリした旨口の辛めという感じでしょうか。キレはありますので、後口はスッキリです。冷やして呑んでしまいましたが、温めたほうがよかったかもしれません。

「ワンカップシリーズ」も残り少なくなってまいりました。どんな味わいを愉しめるのか期待したいです。

このページは、情報提供元サイトとのRSS連携により自動で配信しております。
当メディアへの自動連携による告知をご希望の方は、こちらをご確認ください。

日本酒ラボでは、日本酒に関するプレス配信を無料で承っております。

  • 日本酒の新商品の販売告知
  • 酒店や飲食店での日本酒イベント
  • その他、日本酒に関係するニュース

このような告知したい情報がありましたら、ぜひ情報をお寄せください。

※取材や掲載を保証するものではございませんので、あらかじめご了承ください。
※掲載に至る場合はこちらからご連絡をさせていただきます。

詳しくはこちらのURLからご覧いただけます。
https://sake-5.jp/pressrelease-form/