日本酒のビールカクテル「サケボム」を紹介!

ビール

皆さんは「サケボム(サケボン)」という日本酒を使ったカクテルをご存知でしょうか?

近年、「サムライ・ロック」を始め、さまざまな日本酒を使ったカクテルが登場しています。

サケボムとは日本酒をビールで割ったカクテルになります。

サケボムという不思議な名前の由来や、その味などサケボムの魅力についてこの記事では紹介します。

1.日本酒とビールのカクテル、通称”サケボム”とは

サケボムの発祥は欧米の宴会芸である「Sake Bomb」からきています。

Sake Bombがどのような宴会芸かというと

  1. 日本酒をおちょこに一杯用意する
  2. ビールジョッキに3分の2ほどビールを注ぐ
  3. お箸2本をビールジョッキの上に置く
  4. 2本のお箸のうえに日本酒の入ったおちょこを置く
  5. かけ声に合わせて、机を両手で叩いて揺らし、箸の上のおちょこをビールジョッキの中に落とす
  6. 勢いに任せてSake Bombを飲む

このような欧米での宴会芸をSake Bombといいます。

このような宴会芸自体はビールや日本酒を造っている造り手の方々に失礼なので真似をしてはいけません。

1-1.サケボムの味わいとは

ただ、このサケボム、味自体はかなりいけるのです。

味わいは日本酒の甘さとビールの苦味がうまいことバランスが良く、とても飲みやすくなります。

度数はベースに使用する日本酒によって変わりますが、お酒をお酒で割っているため10〜15度前後と高めになります。

おいしくてゴクゴク飲めるからといって、アルコール度数は高めなので飲み過ぎには要注意です。

ビールの苦味や日本酒の癖が苦手という人にもおすすしめたいカクテルです。

ビール

2.サケボムの材料と作り方

サケボムの材料と、簡単なレシピをご紹介します。

・日本酒 …50ml
・ビール…50ml

使う日本酒はなんでも大丈夫です。

割合は1:1が初心者の方にはおすすめですが、人によって好みはありますので、ビールを増やしてみたり日本酒を増やしてみたりして一番おいしい割合を探してみましょう。

作り方はとてもかんたん。日本酒50mlにビール50ml加えてステアするだけです。

まとめ

欧米の宴会芸から生まれたカクテル「サケボム」。

日本酒とビールのカクテル、サケボムはお互いの癖のある部分を打ち消し美味しい部分を楽しめるカクテルです。

日本酒が苦手な方はもちろん、、新しい味わいに出会いたい方はぜひ作ってみて下さいね。

こちらの記事もオススメ