日本酒の二合瓶は300ml~360mlでウチ飲みにベストなサイズ!

日本酒には、さまざまなサイズがありますが、一般的には四合瓶や一升瓶のイメージが強いですよね。実は日本酒には二合瓶といったサイズもあるのですが、どのくらいの量が入っているのかよくわからないで方も多いのでは?今回は日本酒の二合瓶についてご紹介していきます。

1.日本酒の二合瓶とは?

日本酒に限らず、お酒にはたくさんのサイズがあってわかりにくいですよね。日本酒の二合瓶はどのくらいの量なのでしょうか。

1-1.一合の量について

日本酒の1合の量は180ml。缶コーヒーのショート缶より少し少ない量。ちなみに1合の徳利は、8割ほどの量が入っている飲食店が多いため150mlが一般的です。ちゃんと計っているお店で日本酒を飲みたいという人は、「正一合」と記載がある店で。しっかりと計量していますという意味なので安心して飲めますよ。

なぜか二合瓶は360ミリリットルではない?

1合が180mlであれば、2合は倍の360mlと考えるのが自然です。しかし「二合瓶」と呼ばれている日本酒は、300mlや330ml しか入っていないことも。一回で飲むのにちょうどいい量だからという理由なのだそう。

ちなみに四合瓶は720ml、一升瓶は1800mlです。二合瓶だけ量が違うんですね。

2.日本酒の二合瓶を用いる場面

四合瓶や一升瓶はよく見かけますが、二合瓶は馴染みがないという人も多いのではないでしょうか。二合瓶の日本酒はどんなシーンで使われるのでしょうか。

2-1.上棟式に日本酒の二合瓶を開ける

地域によって多少違いはありますが、日本酒の二合瓶は上棟式で使用されます。二合瓶の日本酒を御神酒(おみき・ごしんしゅ)と呼び、神様に捧げるときは左から水・酒・米・塩と並べて置きます。

ちなみに上棟式とは日本で新築の建物を建てるときに工事関係者と一緒に無事に完成するように願う式典のこと。必ず行わなくてはいけないといった決まりはありません。

上棟式で引出物を渡す習慣がある地域では、お赤飯などと一緒に日本酒の二合瓶を渡すことが多いです。

3.日本酒の二合瓶は健康的?

日本酒の二合瓶は、ついつい飲みすぎてしまうという人におすすめのサイズなのです。その理由を見ていきましょう。

3-1.アルコールの適量は一日に約20g

一日に適量とされているアルコールの摂取量は約20gといわれています。個人差があり、一般的に女性の方がアルコールを分解する速度が遅い傾向があります。この量は、日本酒だと1~2合。二合瓶は飲みすぎを防ぎたいという人にぴったりのサイズといえます。

日本酒はアルコール度数が15度程度の場合、1合で約20g。つまり2合は倍の40gになります。最近はアルコール度数が低めの女性やお酒に弱い人でも飲みやすい日本酒も増えてきていますし、二合瓶は300ml程度なので少しアルコール量は減りますが、基準値を守るためにも2合以内がいいといえます。

四合瓶や一升瓶で買ってしまうと、飲みすぎとわかっていても、ついついあとちょっと…と手が伸びてしまうことがありますが、二合瓶であれば量をしっかり守れますね。またフレッシュなうちに日本酒を飲み切ることができるのも魅力的。

健康的にお酒を楽しむためにも、アルコールの適量を守りたいものですね。また、その日の体調によって量を調整したり、飲み方を工夫したりすることも大切。空腹時に飲むと胃への刺激が強いため、食事と一緒に日本酒を楽しんだり、水と一緒に飲んだり、毎日飲む人は休肝日を作りましょう。

4. おすすめの二合瓶の日本酒を紹介!

一升瓶や四合瓶で多く流通している日本酒、300mlなどの二合瓶は有名な銘柄でも取り扱いがないこともしばしば。。そこで、いくつか二合瓶サイズの日本酒のオススメをピックアップしましたので、ぜひこちらの記事も参考にしてみてくださいね!

300mlの日本酒は家飲みに最適!ちょうどいい家飲みサイズの日本酒6選

まとめ

日本酒の二合瓶は健康的なアルコールの摂取量をきっちりと守りたい人にはジャストサイズ。少ないと美味しくないなんて話をする人もいますが、同じ銘柄であれば、量が違うだけで味が落ちるわけではありません。飲みきりサイズがいい、初めての銘柄を試すときにも活躍します。冷蔵庫にも保管しやすいのもありがたいですね。