「SASTAINABLE SAKE PROJECT 地球に優しいお酒」無洗米を使った酒

「SASTAINABLE SAKE PROJECT 地球に優しいお酒」無洗米を使った酒

今回は、前回に引き続き東京都港区で1952(昭和27)年創業の株式会社若松が2011(平成23)年に酒造業を始めた東京港醸造「SASTAINABLE SAKE PROJECT 地球に優しいお酒」です。

東京港醸造については、こちらをご覧ください。

「SASTAINABLE SAKE PROJECT」について

よく聞く「サスティナブル」には「持続可能な」とか「ずっと続けていける」などの意味があります。世界中の人々が「サスティナブルな社会」の実現に取り組んでいますが、東京港醸造は、水不足や環境汚染などの環境問題に酒造りの観点から取り組んでいくということなのです。

そこで日本酒造りの過程に欠かせない「洗米工程」に注目し、米1リットルに対して10リットルもの水を使って洗米しているものを「無洗米」に変え、水の量を10分の1にすることができたということです。

「SASTAINABLE SAKE PROJECT 地球に優しいお酒」

雄町100%使用で60%精米の純米吟醸原酒です。柑橘系の香りで、苦味が立っています。フルーティでおさえめな甘さ、グリーンガム風味が若干あります。雄町ですが軽快な味わいで、最後まで残る苦味で切れていきます。

第2弾ということで雄町ですが、最初は山田錦だったそうです。

洗米工程が簡略化されているので苦味が立つのでしょうか。環境問題への対応でいろいろな取り組みがあるようですね。

このページは、情報提供元サイトとのRSS連携により自動で配信しております。
当メディアへの自動連携による告知をご希望の方は、こちらをご確認ください。

日本酒ラボでは、日本酒に関するプレス配信を無料で承っております。

  • 日本酒の新商品の販売告知
  • 酒店や飲食店での日本酒イベント
  • その他、日本酒に関係するニュース

このような告知したい情報がありましたら、ぜひ情報をお寄せください。

※取材や掲載を保証するものではございませんので、あらかじめご了承ください。
※掲載に至る場合はこちらからご連絡をさせていただきます。

詳しくはこちらのURLからご覧いただけます。
https://sake-5.jp/pressrelease-form/