日本酒を楽しむのにオススメの温度は?温度による呼び方の違い/魅力を解説

日本酒はそのまま飲んでもおいしいですが、種類によっては冷やしたり、温めたりしても、また違った味わいが楽しめます。

冷やす、温めるといっても温度によって呼び名が違う奥の深い日本酒。今回は日本酒と温度の関係を見ていきましょう。

1.日本酒は冷やす?温める?常温?それぞれの魅力を紹介

日本酒は冷やした方が美味しいのか、それとも温めた方が美味しいのか?実はそのどちらも楽しむことができるのが日本酒の面白いところです。

銘柄によって冷やした方が美味しい、温めた方が美味しいといった差はありますが、それぞれの魅力を紹介していきます。

1-1.冷やして飲む場合

冷蔵庫で冷やし、10度前後になっている日本酒は冷酒と呼びます。日本酒独特の香りが抑えられすっきりとした味わいなので初心者でも飲みやすいのが特徴です。

生酒、生貯蔵酒、吟醸酒は特に冷やして飲む方法がおすすめです。

1-2.温めて飲む場合

温めて飲む日本酒は、香りも強くコクがあり、繊細な味を楽しむことができる飲み方。一般的には湯煎や電子レンジを使って温めます。温度は30~55度と日本酒の種類や好みによって変わります。

温めるときは純米酒や本醸造酒など味がしっかりとした日本酒が向いているといわれており、逆に香りが強い大吟醸酒などは温めると香りが飛んでしまうため注意が必要です。

1-3.常温で飲む場合

冷やすことも温めることもしないそのままの状態が常温です。温度は20~25度といわれています。純米酒や吟醸酒におすすめの飲み方。

食事中に日本酒を飲むときは、料理の温度を邪魔しないので常温がいいと言われることもあります。

2.冷やす飲み方(雪冷え、花冷え、涼冷え)の紹介

それではまずは冷やして飲む時の呼び方や温度、その特徴について解説していきます。暑い季節はもちろん、寒い季節に温かいお料理と一緒に楽しむのもオススメです。

温度の目安
雪冷え 5度前後
花冷え 10度前後
涼冷え 15度前後

2-1.雪冷え

雪冷えは5度前後の日本酒で、冷蔵庫ではなく冷凍庫や氷水で冷やした状態のことをいいます。冷やすと甘味よりも酸味を感じやすくなるため、酸味が特徴的な日本酒やすっきりとした日本酒が飲みたいときにおすすめ

冷凍庫で長時間冷やしすぎると風味が失われたり、ビンが破損したりする可能性があるので注意してくださいね。

2-2.花冷え

花冷えは10度前後の日本酒のことをいいます。一般的に冷蔵庫に入れると花冷えの状態になります。

甘味と酸味のバランスが取れた日本酒がおすすめです。クリアなのどごしで夏にもぴったり!

2-3.涼冷え

涼冷えは15度前後の日本酒で、冷蔵庫で冷やすと冷えすぎて花冷えになってしまうので、流水などで冷やすのがポイント。常温だと飲みにくいな…と感じる日本酒も涼冷えにするだけでまろやかになることも

3.温める飲み方(飛び切り燗、熱燗、上燗)の紹介

寒い日に温まる飲み方といえばお燗。温めて飲む日本酒の楽しみ方を紹介していきます。

温かさによっては日本酒にあまりおすすめされていない温度もありますが、いろいろな温度で楽しんでみてください。

温度の目安
飛び切り燗 55度前後
熱燗 50度前後
上燗 45度前後

3-1.飛び切り燗

飛び切り燗は55度前後の日本酒のことで、一般的にはあまりおすすめされていない温度です。なぜなら香りも強すぎて味のバランスが悪くなってしまう日本酒が多いからです。飛び切り燗が向いているのは、ヒレ酒や骨酒などアレンジを加えた日本酒です。

3-2.熱燗

熱燗は50度前後の日本酒です。熱燗は香りや味を楽しむというよりは、飲んで温まりたい!といったときに適した温度

酸味が特徴的な日本酒や繊細な日本酒にはあまり向きませんが、寒い夜に体を温めてゆっくり眠るには最適な飲み方です。

3-3.上燗

上燗は45度前後で日本酒を温めて飲むときに一番適している温度といえるでしょう。甘味が強い日本酒が好きな人におすすめ。

温かさも味と香りのバランスもどっちも欠かせないという人は上燗にしましょう。

4.常温の飲み方(日向燗、人肌燗、ぬる燗)の紹介

最後に、常温の呼び方と温度について紹介していきます。常温は冷やしたり温めたりするのと違い、日本酒本来の味わいを感じやすい温度でもあります。

温度の目安
日向燗 30度前後
人肌燗 35度前後
ぬる燗 40度前後
冷や 常温

4-1.日向燗

30度前後の日本酒を日向燗といいます。酸味や甘味をバランスよく楽しむことができ、香りも感じることができます。

日本酒本来の味わいが一番よくわかる温度でもあるので、初めて飲む銘柄などはまず日向燗で味わってみて、それから冷やしたり温めたりを好みで選ぶのがいいかもしれません。

4-2.人肌燗

35度前後の人肌燗は、口に含むとほんのりと温かみを感じることができ、味も香りも丸みを感じることができ、優しい口当たりを感じることができます。

4-3.ぬる燗

香りが最も広がりを持ち味わいにもふくらみがでるのがぬる燗の40度前後といわれています。

温かい日本酒が好きだけど、味や香りを壊したくないという人はぬる燗がおすすめ。日本酒用の温度計もあるので、計りながら温めてみてはいかがでしょうか。

4-4.冷やさない「冷や」とは?

日本酒の初心者は、冷やと聞くと「冷酒」のこと?と思ってしまいますが、実は冷やは「常温」のことをいいます。

なぜ「冷や」なのに常温なのかというと、昔は冷蔵庫がなかったので冷酒を作ることが難しく、そのまま常温で飲むか温めて飲むかのどちらかしか楽しむことができませんでした。

そのため温めて飲まない日本酒は冷たい状態という意味から「冷や」という呼び名がついたとされています。

冷蔵庫などが登場し、常温よりもさらに冷やすことができるようになった現代でも、常温のことを変わらず「冷や」と呼んでいるのです。

5.まとめ

日本酒は温度によって、こんなに細かく呼び名がわかれているのです。

たった5度の差でも日本酒の味は変化します。同じ種類でも温度によって変わる日本酒の味や香りを楽しんでみては?