日本酒の酒器について解説します!種類から選び方のポイントも

日本酒を飲むとき、皆さんはどのような器を使っていますか?

とりあえずその辺にあるグラスで適当に…という人は見直した方がいいかもしれません。実は日本酒は飲む器によって味が変わるのです。

今回は繊細な味を楽しめる大人になれる、日本酒の酒器選びについてご紹介します。

1.日本酒を楽しむ酒器の種類

日本酒を楽しむために酒器をそろえるのはとても楽しいですし、自分だけではなく日本酒が好きな人へのプレゼントにもいいですよね。

日本酒の酒器には、陶器や磁器、ガラス、金属などさまざまな素材で作られているものがあります。そして形は大きくわけると「おちょこ」と「ぐい吞み」の2つがあるのです。どのような器なのか見ていきましょう。

1-1.おちょこ

おちょこは漢字で書くと「猪口」となり、これは「ちょっとしたもの」といった意味や、「安直」、「直」に関連するともいわれています。基本的には1口で飲める量が入るサイズがおちょこといわれています。

1-2.ぐい呑み

おちょこよりも一回り大きいぐい吞み。おちょことぐい吞みの境目は、明確に決められているわけではありません。おちょこのように1口では飲み切らないサイズで、3~4回にわけて飲む量が入ります。

グイッと飲む、グイグイ飲むといった意味からその名がついたともいわれていますが、諸説ありくわしいことはわかっていません。

2.最初に日本酒を移す酒器

日本酒は瓶のまま直接注ぐのではなく、「徳利(とっくり)」または「片口(かたくち)」に移してから、おちょこやぐい吞みに注ぎます。

2-1.徳利(とっくり)

徳利は小さな瓶の形をした注ぎ口がきゅっと細くなっている器です。スタイリッシュな細長いものから、丸い可愛らしいフォルムのものまで、さまざまな形があります。諸説ありますが、お酒を注ぐときの音が「とくりとくり」と聞こえるからともいわれています。

2-2.片口(かたくち)

片口は徳利のように首がなく、注ぎ口が片側だけについています。口が広いので片口に入っている状態のときから香りが楽しめるのが特徴です。

片口は徳利よりもたっぷりと入るものが多いので、大人数で飲むときやたくさん飲みたい人にもおすすめです。逆に一人でゆっくり飲みたいというときは、片口を使うと日本酒が空気に触れる面積が多いため劣化が早いので、徳利がいいでしょう。

3.日本酒は酒器で楽しみ方が違う

「おちょこ」や「徳利」は絶対にこの形でなければならないと決まっているわけではないので、さまざまな形があります。形によってどのように日本酒が楽しめるのか見ていきましょう。

3-1.酒器の口の広さ

酒器は口の広さによって香りの感じ方が変わってきます。おちょこも徳利も、口が広い方が香りもふわっと広がり、逆に口が狭くなると香りが抑えられすっきりと飲むことができます。フルーティーな香りが特徴的な日本酒は広い口の酒器で楽しみましょう。

3-2.酒器の形状

酒器の形状は、持ちやすさや見た目で選んでいる人も多いですが、実は味や香りにも影響します。徳利は注ぎ口が狭く丸みを帯びたものは、旨味をぐっと引き立ててくれるため、純米酒など米の旨味をしっかりと感じたいときにおすすめ。セットで購入するときはおちょこやぐい吞みも丸いものを選びたいですね。

縦長な徳利は、首はありますが全体の太さがあまり変わらないため、香りが広がりやすいという特徴があります。おちょこも縦長でラッパ型に広がっているタイプで飲むと、口に近づけただけで香りをダイレクトに感じることができますよ。

3-3.酒器の内容量

酒器の内容量は自分の飲みたい量ではなく、温度で選ぶのがポイント。温度が変化しないうちに飲み切りたいときは小さめの酒器を。逆に熱燗からぬる燗までの味を楽しみたい、つまり温度変化による味の変化を感じたいときは大きめの酒器を選ぶといいでしょう。

たくさん飲みたいから大きい酒器!ではなく、たくさん飲みたくても冷たいうちに、熱いうちに飲み切りたいときは、小さい酒器を選ぶのが日本酒通です!

4.酒器の素材

酒器は形だけではなく、素材でも味が変化するのです。酒器の素材による特徴もチェックしておきましょう。

4-1.ガラスの酒器

ガラスの酒器は見た目がさわやかで、冷たい日本酒にぴったり。最近ではワイングラスやシャンパングラスで日本酒を楽しんでいる人もいます。

辛口の日本酒はすっと飲める薄いガラスの酒器を、逆に甘口や濃厚なにごり酒、微炭酸を感じることができる日本酒などは少し厚手のガラスの酒器がおすすめ。香りが特徴的な大吟醸や吟醸酒は、口の広いガラスの酒器で楽しみたいですね。

4-2.陶器の酒器

陶器は土でできています。日本酒は米と水からできているため、大地を感じさせるこの組み合わせはベストマッチといえるでしょう。

濃厚な旨味をゆっくり味わいたいときは、陶器の酒器がおすすめです。甘くまろやかな口当たりにしてくれます。

5.まとめ

日本酒だけではなく、お酒は酒器によって味わいが変化します。何で飲んでも一緒でしょう?と思っている人は一度試して見てください。また自分で日本酒の酒器を購入するときは、見た目だけではなく、好みの日本酒や自分の飲み方に合わせて形や素材に注目して選んでみてくださいね。