日本酒に炭酸を感じる?しゅわしゅわの日本酒があるって知ってた?

日本酒を飲んでいると、たまに炭酸を感じる銘柄に出会うことがあります。お店でたまたま炭酸感のある日本酒を飲んで、「え?日本酒って炭酸があるんだ・・。」と驚いた人もいるのではないでしょうか?

今回は、日本酒なのに炭酸が感じられる理由と、炭酸味のあるおすすめの日本酒もご紹介していきますので、ぜひ参考にしてくださいね!

1. 日本酒なのに炭酸の感じがあるのは、大きく3種類!

日本酒にはしゅわしゅわと炭酸を感じる銘柄があるのを知っていましたか?初めて飲んだ人は(日本酒なのになぜ炭酸が・・?)と驚いた人もいるでしょう。

日本酒に炭酸を感じるものには、製造上の過程で二酸化炭素が発生して発泡するものや、人工的に炭酸を追加している場合があり、大きくわけると次の3種類。総称して発泡日本酒や、スパークリング日本酒とも呼ばれることもあります。

1-1. 活性にごり

とろとろとしたにごりのあるのが特徴活性にごり。日本酒をもろみの状態、すなわち酵母を生きたまま瓶に詰めており、米や水、麹などの力で自然に瓶の中で発酵し、炭酸が生まれます。

生酒に該当する日本酒で、一気に栓をあけると中身が吹き出してしまい、せっかくの日本酒が無駄になってしまうので、慎重に少しずつ空けて、中身が溢れそうになったらすぐに締めて、ガスをちょっとずつ抜くようにしてくださいね

1-2.瓶内二次発酵

瓶内二次発酵タイプは、活性にごりと同じく瓶内で発行するタイプですが、発酵する力がないので、できあがった日本酒にあとからもろみや酵母、糖を加えたものです。微炭酸でまろやかな炭酸が特徴。シャンパンもこの方法で作られています。

1-3.炭酸ガス注入

炭酸ガスをあとから日本酒に入れるタイプ。活性にごりや瓶内二次発酵と違い、炭酸の量を調整することができ、低コストで製造することができるので、価格も抑えられています。発酵したものとは違うしゅわしゅわ感が楽しめます。品質も安定しているので、開封前は常温での保存も可能な商品が多いのが特徴です。

下記にもスパークリング日本酒をまとめています!

日本酒にも泡モノが!手軽に手に入るスパークリング日本酒6選

ここがPOINT!

  • 日本酒に炭酸を感じるものには、大きくわけると3種類
  • ①活性にごり:とろとろとしたにごりのあるのが特徴。栓を開けるときは中身が吹き出さないように注意!
  • ②瓶内二次発酵:微炭酸でまろやかな炭酸が特徴。
  • ③炭酸ガス注入:炭酸の量を調整することができ、低コストで製造することができるので価格も抑えられてる。開封前は常温での保存も可能な商品が多いのが特徴

炭酸

2. 活性にごりの日本酒3選

2-1.山間 ORIORI ROCK 特別純米活性にごり

日本酒といえば新潟県!新潟第一酒造で作られている「山間 ORIORI ROCK 特別純米活性にごり」は、新潟県産の五百万石が使われており、低温でゆっくりと米を溶かすため、出来上がる量が少なくとっても貴重な日本酒です。濃厚でクリーミーですが、炭酸のおかげで切れ味があり、飲み始めるととまらないという人が多いのだとか。

山間 ORIORI ROCK 特別純米活性にごり

(出典:楽天市場

2-2.仙禽 雪だるま 活性にごり

栃木県の仙禽(せんきん)が作っている「雪だるま」は、活性にごり。ラベルに雪だるまが描かれており、見た目も可愛らしい日本酒です。とろみがあり、炭酸とともにさっぱりとした酸味が感じられ、まるで乳製品を飲んでいるかのよう。

仙禽 雪だるま

 

(出典:IMADEYA

2-3.神亀酒造『純米活性にごり酒』

米の味をしっかりと感じられるのに後味がすっきり辛口の神亀酒造の「純米活性にごり酒」。にごりの部分を混ぜて飲んでももちろんOKですが、混ぜずに別々に楽しむのもあり!にごりの部分をより濃厚に感じることができます。アルコール度数は高めですが、苦手な人でも炭酸のしゅわしゅわ感で飲みやすいと好評です。

神亀酒造『純米活性にごり酒』

(出典:amazon

3. 瓶内二次発酵の日本酒2選

3-1.一ノ蔵 発泡純米酒 すず音

知名度の高い宮城県の一ノ蔵にも炭酸の日本酒があります。「一ノ蔵 発泡純米酒 すず音」は、瓶内二次発酵で、シャンパンやスパークリングワインが好きな人にも人気。甘酸っぱい優しい味わいで、アルコール度数も5度なので、デザート感覚で楽しめる日本酒です。グラスに注いだときの音が鈴の音のようで名づけられたといわれています。

発泡純米酒 すず音

(出典:IMADEYA)

 

3-2.獺祭 純米大吟醸45 スパークリング

山口県の旭酒造で作られている獺祭シリーズにも炭酸が楽しめる「獺祭 純米大吟醸45 スパークリング」があります。純米大吟醸にごりは甘すぎず、ある香りを楽しみながら、繊細な泡を堪能できます。

純米大吟醸45 スパークリング

(出典:IMADEYA

4. 炭酸ガス注入の日本酒2選

4-1.澪(京都/宝酒造株式会社)

最近はコンビニでも見かける澪」アルコール度数も5度なので飲みやすく、マスカットのような風味の澪の他に、甘さ控えめのりんご風味のタイプもあります。夏は期間限定でにごりタイプも発売されています。

澪

 

(出典:amazon

 4-2.うたかた(京都/月桂冠株式会社)

月桂冠の「うたかた」甘めですが、のどごしすっきりの微炭酸。アルコール度数は5度なので、お酒の弱い人や女性にも人気です。

うたかたの瓶は、京都で和装・家具・和菓子などのオリジナルテキスタイルブランド「SOU・SOU」とのコラボデザインでとてもおしゃれ。おうち女子会にもぴったりですし、飲み終わったあとも一輪挿しにして使うという人もいるのだとか。

うたかた 月桂冠

(出典:amazon

 

5. 手に入ったらぜひ飲んでほしい!炭酸感の残る有名日本酒

5-1. 風の森

炭酸の日本酒で一番知名度の高い「風の森」。奈良県の油長酒蔵で作られています。

開けたばかりのときは炭酸が強くフレッシュな味わい数日経つと炭酸が抜けて米の旨味をしっかりとしていて、果実のような香りと酸味が感じられる1種類で2度楽しめる日本酒です。

飲みやすくお酒に弱い人や女性にも人気の日本酒。「風の森」は希少価値が高いのでなかなかないので見かけたらぜひ飲んでみてください。

風の森

(出典:amazon

5-2. 山間

「山間(やんま)」は新潟県の新潟第一酒造で作られています。

いい複雑味があるのが特徴で、強い甘味と炭酸のしゅわしゅわ感が刺激的な日本酒。こちらも希少価値が高いので、見つけたら買ってみましょう。

同じ山間でも2-1.ででてきた「山間 ORIORI ROCK 特別純米活性にごり」とはまた違った炭酸感があります

山間

(出典:楽天市場

 

5-3. 澤屋まつもと

京都府の老舗である松本酒造で作られている「澤屋まつもと」は、こだわりの兵庫県の山田錦と伏見桃山の伏水で作られた日本酒。柑橘系のすっきりとした香りと、スパークリングワインのような酸味が人気の一品です。

澤屋まつもと

(出典:amazon

5-4. 自然郷

福島県の大木代吉本店で作られている「自然郷」は、 最近日本酒界隈で人気の「楽器正宗」のルーツといわれている日本酒です。しゅわしゅわとした炭酸と、フルーティーな甘味と米の旨味を感じることができ、ほどよい苦味が少しだけ残ります。楽器正宗よりも自然郷の方が、少しだけ酸味が強いのが特徴です。

自然郷

(出典:楽天市場

5-5. 鳴海

「鳴海(なるか)」は千葉県の東灘(あずまなだ)醸造が作っている日本酒。自然発酵の炭酸をぴりっと舌先に感じることができ、赤は甘口でいちごのような香り、青はキリッと飲みやすくマスカットのような香り、白は酸味が強めのメロンのような香りが楽しめます。

鳴海

(出典:IMADEYA

まとめ

炭酸を含んだ日本酒は飲みやすく、普段日本酒を飲まないという人やお酒に弱いという人にもおすすめです。今回ご紹介した日本酒以外にも炭酸を感じられるものがありますが、どれも人気で期間限定商品などもあり希少価値が高いので、見つけたらぜひ飲んでみてくださいね。

ここがPOINT!

  • 日本酒に炭酸を感じるものには、大きくわけると3種類
  • ①活性にごり:とろとろとしたにごりのあるのが特徴。栓を開けるときは中身が吹き出さないように注意!
  • ②瓶内二次発酵:微炭酸でまろやかな炭酸が特徴。
  • ③炭酸ガス注入:炭酸の量を調整することができ、低コストで製造することができるので価格も抑えられてる。開封前は常温での保存も可能な商品が多いのが特徴