まるで鮮魚そのもの!「あおもりの肴」プロジェクトの為に「盃」を作りました! 【津軽びいどろ】

1949年、漁業用の浮玉(うきだま)製造から始まった北洋硝子株式会社(青森県青森市 代表取締役社長 壁屋知則)は、青森県の「あおもりの肴」プロジェクトとのコラボレーションにより「あおもりの肴盃」を発表した。

‟裸エプロン漁師カード”で話題の「あおもりの肴」は、「青森の漁師が獲った旨い魚をもっと知って欲しい」という想いで始まったプロジェクト。青森のガラス職人がそれぞれの魚に合わせ調合した色ガラスを駆使し、生きているかのような「盃」を制作した。

あおもり肴盃セット(盃4種/鯛・鮪・鯖・鮃のセット、ギフトボックス入り、価格¥5,000 税別)

あおもりの肴盃「鯖」

真鯛




あおもりの肴盃セット

ギフトBOX

「あおもりの肴盃」は全4種類(2020年8月現在)。大ダイが釣れることで日本全国から釣師が集う陸奥湾を代表する釣魚でもあるマダイ。体側の青く鮮やかな青色班をも忠実に再現しています。黒いダイヤと称される大間のマグロはその背の色を表現する為に、青森マイスターに認定された工場長の中川が、渾身の新色を調合しました。そして高級サバ缶で有名な八戸前沖サバ。その背中のサバ紋をイメージし、色ガラスを練り上げ仕上げています。4種目は県の魚に制定されるヒラメです。砂地の海底に潜むヒラメ同様、砂浜の上ではもしかすると見失ってしまうほどのリアルさを追求。
あおもりの肴イメージ 青森県農林水産部水産局水産振興課

※「あおもりの肴盃」ギフトセットは2020年8月から、青森市ふるさと応援寄付制度(ふるさと納税)進呈品の取扱いも決定しています。

■あおもりの肴 ロゴマーク

あおもりの肴 ロゴ

■津軽びいどろ ロゴマーク

津軽びいどろ ロゴ

■津軽びいどろブランドサイト
https://tsugaruvidro.jp/

■石塚硝子ハウスウェアカンパニーHP
https://www.ishizuka.co.jp/
※津軽びいどろを作る北洋硝子株式会社は、石塚硝子株式会社のグループ企業です。

(情報提供:PR TIMES