日本酒の当たり前を変える、新宅配サービス開始。マイナス5℃で熟成させた日本酒で、自宅にいながら全国旅行

日本酒専門の酒販店・株式会社さくら酒店(本社:岐阜県大垣市 代表取締役:近藤悠一・駒澤健)は、全国各地の日本酒を「マイナス5℃」で熟成させてお届けする新サービスを加えた、「日本酒おまかせ便 酒標(さけしるべ)」を8月10日から開始すると発表した。

酒標 URL: https://colorme-repeat.jp/8/2c65cae9/sakeshirube

 

「日本酒おまかせ便 酒標(さけしるべ)」は全国の日本酒を「マイナス5℃」という、お酒の未知なる味わいを引き出す氷点下の温度で熟成させ、毎月定額でご自宅へお届けするという新サービス。

本サービス開始の前に取り組んだMakuakeでのクラウドファンディングでは、公開初日の開始から6時間ほどで目標金額に達し、最終達成率は675%(6,751,390円)をなっている。

Makuake URL: https://www.makuake.com/project/sakurasaketen/

<主な特徴>

① 全国各地の銘酒をマイナス5℃で熟成させ、飲み頃になったものを月に1本お届けします。
毎月お酒(地域)が変わりますので、ご自宅にいながら帰省や旅行をする気分も味わえます。

② 「マイナス5℃」は日本酒の劣化の主な原因である、お酒内の酵母や酵素の活動を最小限に抑える温度と言われています。お酒が凍り始める一歩手前の環境下に置くことで、お酒本来の味わいを損ねることなく、綺麗に熟成させることができます。
これまでの日本酒の管理の常識は「冷蔵」か「常温」しかなく、残念ながら味わいが劣化した商品も多く流通していました。「マイナス5℃」では、本来の味わいをベースに、フレッシュさと熟成感を兼ね備えた新感覚の味わいを楽しむことができるようになります。
マイナス5℃の氷温倉庫でじっくり熟成

③ 流通システムの簡略化によってベストな状態のお酒をお求めやすい価格(定額制)でご提供できるようになりました。

【どうしてマイナス5℃なのか】

温度が高いと化学反応の速度が速まり、温度が低いと遅くなることを「アレニウスの法則」と言います。
お酒の中には味わいや香りを形成する様々な成分がありますが、温度が高いとこれらの成分が変化するスピード、つまり味わいが崩れるスピードは速くなります。特にお酒の中に含まれる酵母や酵素は、温度が高いほど活発に活動し、味わいの成分を著しく変化させてしまいます。これらの活動を最小限に抑え、かつ味わいのバランスを最も良く保つには、お酒が凍る一歩手前の、できるだけ低い温度で保管することが必要になります。その温度こそが「マイナス5℃」なのです。
日本酒はアルコール度数が高いので、マイナス5℃でもぎりぎり凍りません。

【お届けする日本酒の一例】
※画像はイメージです。

射美(杉原酒造=岐阜県揖斐郡)

「日本一小さな酒蔵」という番組がきっかけで、日本酒ファン垂涎の的になった幻の酒。
今やほとんど市場に出回らない「射美」を醸す5代目蔵元の杉原慶樹さんは、青年海外協力隊を経て、日本の文化である日本酒を守りたいと廃業寸前の蔵を立て直しました。農業試験場の職員と共同開発したオリジナル酒米で独創的な酒を醸します。


白麹を使った「射美 WHITE」のマイナス5℃熟成

作(清水清三郎商店=三重県鈴鹿市)
G7伊勢志摩サミットでの乾杯酒にも選ばれた、今最も評価の高い銘柄のひとつ。
日本最大規模の利き酒審査会・SAKE COMPETITIONでの歴代日本一を始め、全米日本酒歓評会グランプリ、フランスKURA MASTERプラチナ賞など、そうそうたる受賞歴を誇ります。


「作 雅乃智 中取り 純米大吟醸」のマイナス5℃熟成

【会社概要】

株式会社さくら酒店
代表取締役:近藤 悠一・駒澤 健
本社所在地:岐阜県大垣市開発町3-183
事業内容:日本酒の小売(通販含む)・卸売・輸出
公式HP:https://sakurasaketen.com

代表コメント

大学時代の同級生2人で立ち上げた日本酒専門店です。在学時、一緒にアルバイトをしていた日本酒バーで手造りの日本酒の魅力に惹かれ、お互いの海外留学をきっかけに「日本の文化である日本酒を世界に広めよう」と意気投合。その後、東京の「はせがわ酒店」、大阪の「山中酒の店」でそれぞれ修業を積み、2013年に起業しました。

さくら酒店の一番のこだわりは輸出と品質管理です。それは2人が留学時代に現地のレストランで飲んだ日本酒が、本来の味とはかけ離れて美味しくなかったという経験から来ています。ワインはしっかり温度管理されて美味しい状態で出てくるのに、日本酒は何年も前に造られたものが常温で放置されている現状を目の当たりにしました。あれではせっかく蔵元が美味しいお酒を造っても、お客様に飲まれる頃には完全に劣化してしまう―。

そこで、各国の日本酒に精通した販売者たちとタッグを組み、酒蔵から海外の消費者の元に届くまで徹底した冷蔵流通を実現させました。現在は13の国と地域へ輸出しています。

国内においても、いまだ常温流通がまかり通っている中、マイナス5℃の氷温倉庫を自社で作り、毎日ベストコンディションの日本酒を全国のこだわりの飲食店・日本酒ファンの元にお届けしています。

近い将来、世界中の名だたるレストランでワインと同じように日本酒が本来の味わいで提供されること、そしてその価値観の「逆輸入」により低迷する国内の日本酒消費を底上げすることを目指し、ご自宅でも本物の日本酒が楽しめる環境づくりに邁進しています。

 

【実績】

  • 賛否両論、ミシュラン掲載店をはじめ国内500軒超の飲食店への日本酒提供
  • 13の国と地域への日本酒の輸出
  • フランス大使館およびルーマニア大使館でのイベント出展
  • 「岐阜の地酒で乾杯」(3000人規模、岐阜最大の日本酒イベント)主催
  • 全国商工会連合会によるドイツ、イタリア、フランスの国際展示会への國酒出展事業を支援
  • NHK文化センター、毎日文化センター、阪急百貨店、グローバルビジネスカレッジでの日本酒講座師
  • オンライン酒蔵見学ができる「オンライン飲み会with蔵元」を開催中


日本酒おまかせ便「酒標」マイナス5℃熟成コース(イメージ)